教えてください 化粧品の成分について

レス8
(トピ主0
お気に入り17

美容・ファッション・ダイエット

もっち

化粧品で成分フリーをうたった商品、どこまで気にして購入していますか?

タール系色素・鉱物油・パラベン・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤・合成香料などなど、不使用ですいう商品は何か肌に負担が掛からない良いイメージがありますよね。でも実際のところ何をどれだけ気にしたら良いのかわかりません。

食品と同じで添加物の少ない物の方が結果肌に良いのか?
そもそも日本国内で許可を得て販売されている商品はそんなに心配する必要がないのか?
成分フリーの商品とそうでない商品の差はそれ程ないのか?
自分の肌に合っていれば基本何でも同じなのか?

成分表を見ると沢山の成分が記載されていて調べてはみるものの良くわかりません。安心とされるメーカー品でも問題があった事例もあるので、皆さんの選ぶ基準も教えていただけると参考になります。

販売されている商品対象なので、申し訳ないのですが自家製で作れば安心というご意見はご遠慮くださいませ。お願いいたします。

ユーザーID:9778538872

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数8

レスする
  • 成分について知識を持つ

    まず、化粧品の成分で自分の肌のアレルギーになる物質が入っていないか
    チェックせよとは言われますが、なかなかそこまでは出来ないですよね。
    添加物も、製品の保存や品質安定のためには必要なものです。
    基本的に、肌に合えばなんでもOKでは?
    あとは使い心地ですね。香りなども好き嫌いがありますし。

    私の化粧品選びの基準は、使い心地と、成分がシンプルで
    あまり多くの添加物がないことと、メーカーが動物実験をしていないことです。
    基礎化粧品はパックスナチュロンと華密恋を10年以上、
    シャンプーは生活の木のバオバブオイルシリーズを使っています。
    成分を見ると、良質な植物オイルや天然の保湿成分が使われていて、
    使い心地、効果、お値段とも、他の化粧品に乗り換える気になりません。

    ユーザーID:3441759203

  • 敏感肌には大事な情報

    トピ主さんが何を使っても肌トラブルの置きない体質なら、気にしなくていいと思います。(トピ文を見る限り、そういう肌質の方に見えました)

    >タール系色素・鉱物油・パラベン・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤・合成香料などなど

    これらは敏感肌・アレルギー体質・アトピー体質の人に有害となりやすくトラブル(炎症・かぶれ等)が起きやすい物質で、成分フリー表示はその人達への情報・注意喚起なのです。
    肌が丈夫な人にとっては成分フリーだろうがなんだろうが違いはないでしょう。

    私はドラッグストアの商品9割方でトラブルが起きる肌質(炎症が起き、痛みやケロイド状になります)なので、使えるものが非情に限られています。
    気をつけていることや判断基準も多すぎて書ききれないほど。普通の人には耐えられないぐらい制約がある中で生活しています。生活するだけで疲れます。

    こういう消費者が一定数いるんです。
    以前は美白したくてもどの日焼け止めも合わず泣いてましたよ。
    最近なんでも成分に気を使った商品が増えてきてとても有り難く感じています。
    こういう人のための情報、それだけです。

    ユーザーID:4963554314

  • ◯◯フリーが良いです

    成分を気にされるのであれば、
    無香料、無着色、ノンアルコール、かつ、
    ◯◯フリーという記載があるのが良いですよ。

    私はいろんな成分がたくさん入っていて、
    オールインワンジェル的な基礎化粧品を使うと、
    お肌が苦しくて耐えられません。
    (お肌にシールをされてみたいになるので)

    ハトムギ化粧水みたいな、500mlで五百円ぐらいの
    安くてさらっと単純なスキンコンディショナーを
    使うようにしています。
    たっぷり使えて、お肌も気持ち良いのです。

    「安かろう、良かろう(笑)」が私にとっては真理です。

    ユーザーID:8953475354

  • 個人的に

    パラベンとアルコールは、入っているとかゆみが出て発疹になります。

    ○○フリーは、私のようにアレルギーの人のために
    書いてあるのかとおもっていました。

    ご参考まで

    ユーザーID:1654238895

  • 成分を調べましょう

    普通のお肌の方は何を使っても大丈夫です。

    敏感肌であれば、入っている成分のうち人工的な成分や、アレルギーの報告がある成分は避けた方がいいでしょうね。

    敏感になりすぎる必要は全くありません。

    私の知人が有名化粧品メーカーで化粧品開発の仕事をしていますが、香りでも付け心地でも、なんでも自分が気に入ったものを気持ちよく使うのが一番肌にいいと言っていました。
    気持ちいい!と思うことが効果につながるんだそうですよ。

    ユーザーID:0873258431

  • レスします

    私自身は何を使っても平気なのですが、娘がアレルギーとアトピーがあり、共用で使うもの、使う可能性のあるものは、◯◯フリーを選んでいます。

    選ぶ基準ですが、まず最優先は、アレルギー検査でアレルギーがあることがはっきりわかっている成分を避けます。
    次に、過去に使ってみた結果、アレルギーを疑った商品に入っていた成分を避けます。
    後は、アトピー、アレルギーを持つ人が集まっているようなサイトから、具体的な商品名で、これは大丈夫だったよ!という情報を得て参考にしています。

    アレルギー検査までに、症状を記録したり色々調べて疲れ果てたので、大丈夫な商品を見つけたら、ひたすら同じものをリピートしています。

    他の方も書かれていますが、最近はそういうことまで考えられた商品が増えていて、本当に有難いです。症状が重い人には、まだまだなのかもしれませんが。

    ユーザーID:2382346549

  • 適度な

    あまり気にしてストレスになってもどうかと思うし、自分の使いごこちのよい、値段的にも適当な所のものを使ってみるのがいいかも。

    ユーザーID:8256850991

  • 目安のひとつ

    結局は、使ってみて肌荒れしなければよいのだと思います。

    私は許可されている成分でも肌がピリピリすることがあるので、購入前にテスターを手の甲につけて、丸1日は様子を見ます。最終的に、◯◯フリーと書いてある商品の方がハズレが少ないので、そういう商品を買っています。本当は各成分をチェックできるとよいのですが、知識がないので、理系の夫に成分表を見てもらったりします。

    美白とか、シミ予防とか、美容効果を期待すると、どうしても添加物が多くなるか、デパートコスメのように高額になってしまう印象です。◯◯フリー商品は、美容成分的には弱くて、お値段やや高めで、肌トラブルを起こさないのが重視です。

    ユーザーID:1623289712

レス求!トピ一覧