子供の頃には意味を気付かなかった「演歌」の歌詞

レス23
お気に入り81
トピ主のみ2

はやし

話題

こんにちは、はやしです。

私は子供の頃に「ベストテン」とか「夜ヒット」とかを観ていた世代です。

先日BSで演歌の番組があり何気なく観ていたのですが、
「長良川艶歌」の歌詞って実はすごいんですね。
子供の頃には全く気が付きませんでしたが、旅人とのワンナイトラブの歌の様です(あくまで私の解釈)。

そういえばテレサテンさんの曲(演歌?)の歌詞とか、いかにも「大人」な歌詞が多いですね。

皆さんは子供の頃には意味を気付かなかった昔の演歌の歌詞ってありますか?

また、気になって昔の演歌で耳に残っていた曲の歌詞を数曲調べたのですが、なぜか女性が待ってたり、捨てられたり、追いかけたり。

出てくる女性が皆な不幸なんです。

なぜなんでしょう?

ユーザーID:6066430380

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数23

レスする
  • 森昌子

    「せんせい」を子供の時歌っていたのですが、
    「幼い私がむねこがししたいつづけた人の名は・・・」
    と歌っていましたが、「胸焦がし」「慕い続けた」の
    意味が全く分かっていませんでした。

    ユーザーID:7436014414

  • なみだの操

    中学1年生の時、初めて買ったレコードが”なみだの操”。
    あの曲の歌詞が大好きだったんです(笑)
    もちろん。意味は全然わかっていませんでした。

    あと、
    渡哲也さんの”くちなしの花”
    ♪今では指輪もまわるほど〜♪の部分を
    体に指輪がはまるほど痩せたのだと思い込んで
    想像しながら、
    「どんだけ痩せてん・・」と思っていました。
    そんなわけないですよね(笑)

    ユーザーID:0232900548

  • 演歌じゃないですか…

    ちょっと趣旨は違いますが、五輪真弓の
    「恋人よ」
    これも、何気なく歌ってましたけど、大人になってから聞くと、染みる


    あと、変わり種だと、
    「あんぱんまんマーチ」

    よく聞くと泣けてきます。
    子供にはわからない歌詞の意味。
    「何がきみの幸せ、何をして喜ぶ?わからないまま終わる、そんなのはいやだ」
    一度、じっくりはきいてほしいです。

    ユーザーID:3782699072

  • 風雪ながれ旅

    子供の頃に意味に気づかなかった曲と言えばコレです。

    この曲に出てくる流しの三味線引きのモデルは
    高橋竹山さんという視覚障害者の津軽三味線奏者なのですが、
    それで歌詞には全く雪中の風景が出てこず、
    それ以外の五感、
    聴覚、触覚、味覚、嗅覚に特化した表現になってるのですね。
    特に3番の「髪の匂いもなつかしい」
    など秀逸な表現だと思います。

    ユーザーID:0314248818

  • 昔の名前で出ています

    この意味がわかっていた子どもがいたらすご過ぎるなぁと大人になってやっとわかりました

    岸壁の母なんてのは、いい年になってこの母の気持ちがしみじみわかる、ぐっと来るようになりましたね

    テレサテンと言えば
    今はあなたしか愛せない〜〜って、不倫ですよね?すごい開き直り
    よく考えもせずにカラオケで歌ってました
    それでも若い頃は実感が湧いてなくて
    歌いやすい歌〜って朗々と歌っていたものです

    演歌は昔は飲み屋の女の人ウケも狙ってたんじゃないですか
    カラオケもそういう店にしかなかったですし
    そういうところでの客との疑似恋愛ソング的な意味もあったり
    客もそういう雰囲気で酒が進んだりしてね
    キャバクラが増える前は玄人の女の人ってやたらと薄幸なイメージだったような気がしますしね

    ユーザーID:6768175641

  • 私が思うに

    酒場には、有線が有り、酒場には不幸な女性が多かったからではないですか?
    飲みに行く方ではなく、接客する方です。

    昔は、今の様にインターネット配信や動画サイトも無かったですから、有線・ラジオ・テレビで流れて、人気に火が付く訳です。
    そして、演歌歌手の営業と言えば、レコード店回りと酒場まわり。スナックなどで、歌う訳です。

    そこで働く女性達の心に刺さったり、女を不幸にした男達の武勇伝心をくすぐって、「また聞きたい」と有線やラジオにリクエストする。
    リクエスト回数が上位になれば、レコード店も仕入れるので、それを買う人が多くなればヒット曲としてテレビに出られる。
    有線やラジオで、ヘビロテになれば、昼間働く人達の耳にも触れますよね。(特にラジオ)

    そんな感じだったのではないでしょうか。
    昭和は、アイドルの歌も歌詞が大人っぽかったり、大人向けも際どい歌詞が多かったですよね。

    ユーザーID:5531143710

  • いっぱいあります!!

    私も最近、昭和の曲をじっくり聴くようになり
    歌詞の意味を理解して驚くことが多いです。

    数ある衝撃作の中でも私が最初に驚いたものが

    小坂明子「あなた」です。

    「もしも〜、わたしが〜、家を建てたなら〜」耳に残るフレーズ。
    幸せを描いた良い歌だ〜くらいの感覚でしたが、最後のオチが…

    え? 妄想???

    悲しい…というより、現在ならストーカーを連想しちゃいます。

    いろ〜んな昔の流行歌。大人になった目線で違う角度から楽しめますよね。

    ユーザーID:2151391774

  • 切ない情愛をうたうなら

    >なぜか女性が待ってたり、捨てられたり、追いかけたり。

    なぜ女性?かは どなたかが解説してくれそうなので省略します。

    他については
    切ない心や報われない想い…などの情愛を歌詞にするなら、わかりやすくするために そうなる、かな?追加で説明とか出来ないしねぇ。
    一曲で大衆の心を掴むとなれば。

    >出てくる女性が皆な不幸なんです。

    そうとも限らない。
    歌は「その時の感情」を切り取った?というかクローズアップしているから、案外 過去話の一部とかで今や現状は また別かも知れない。

    叶わなかったり実らなかった切ない想い。
    私でさえ何かの曲をきっかけに泣く時あります。
    すごく昔の「その時の気持ち」を思い出して。

    >「ベストテン」とか「夜ヒット」

    同世代ですね。
    アイドル系が見たいのに何週も居残る演歌があり、はぁ〜って見てた。でも聴いてた。
    で、思い出しました。

    あるじゃないですか、男性切ない系!
    ・さざんかの宿 大川栄策

    あれは しぶとかった。笑

    ユーザーID:0079278006

  • 大津好子さんの

    60代後半です。
    歌手の大津好子さんを覚えていらっしゃる方は60代後半以上でしょう。

    ラジオから流れる大津好子さんの 「♪どうせ拾った恋だ〜も〜の〜」 が
    意味が分からず 「♪どうせ拾ったこいの〜ぼ〜り〜」と歌っていました。

    5歳になったばかりのちょうど季節が5月。
    そばにいた大人が「違うよ、恋だ〜も〜の〜だよ」と教えてくれたのですが
    ラジオからは「こいのぼり」にしか聞こえなかったのです。

    当時着ていたチューリップの絵柄のワンピーまで鮮明に覚えています。

    ユーザーID:7955109684

  • レスします。

    「あなたをたずねて南へ歩く」

    ずっと方角の南、御堂筋という道路があって、その道を南へテクテク歩いていく意味だと思っていました。

    大人になってから、大阪の繁華街キタとミナミの「ミナミ」でもあるのだと知りました。
    その「ミナミ」がどんな街だか知っている人には、ただ人探しをした雨の日の歌というだけではなくて、愛する人のためなら一人でその街へと飛び込んでいくことも厭わない、女性の愛と悲しみと覚悟が想像される歌なのだそうです。

    ユーザーID:4274727925

  • 演歌は恋愛依存の世界観

    昔は女性が虐げられてきた時代だったし、集合意識がそういうものを求めていたからでしょうね。

    私は美空ひばりさんの「みだれ髪」をよくカラオケで歌いますが、捨てられた女性が捨てた男性の幸せを祈ってたり、都はるみさんの「北の宿から」でも、着てももらえないセーター編んじゃってます。

    どんだけ恋愛依存なんだと思いますよね〜。

    ユーザーID:2600581104

  • 失恋は文化芸術を産む。

    クラシックとか詩も失恋からうまれてますよ。
    それだけ甘苦しいのでしょう。

    日本では男性の未練はあまり
    カッコ良いものとはされませんでした。

    シャンソンは男女問わずかな。

    ユーザーID:2075333967

  • 捨てちゃえ、捨てちゃえ

    露天風呂好きさん。
    私の最初の記憶にある演歌も、その歌です!

    私は、拾った鯉なんか腐ってて食べられないよね、捨てるしかないじゃん、と思っていました。

    演歌に不幸な女が多いのは、幸せだったらいろいろやることがあって忙しくて、歌なんか歌ってる場合じゃないからじゃないですか?

    孤独な夜に一人しみじみと歌うには不幸な演歌がいいのかも。

    ユーザーID:9372345837

  • 小指の思い出

    だいぶ古いですが、伊東ゆかりさんの「小指の思い出」。
    “あなたが噛んだ 小指が痛い きのうの夜の 小指が痛い”

    ケンカしたんだなあ、そりゃ噛めば痛いだろう なんて。
    でも子ども心にも、それだけではなさそうな気はしてました。
    とても色っぽい歌詞だったのですね。
    昭和歌謡 いい歌がたくさんありました。

    ユーザーID:3804997800

  • トピ主です。

    早速レス頂きました皆さん、ありがとうございます。

    >同世代ですね。
    アイドル系が見たいのに何週も居残る演歌があり、はぁ〜って見てた。でも聴いてた。
    で、思い出しました。

    私もそうです。アイドルの時はテレビに釘付けなので、演歌の時にトイレとか行ってました(笑)。
    当時は演歌はほぼ全て同じように聞こえていたのですが、唯一「氷雨」は子供ながらに、良い歌だな〜、と思っていました。

    都はるみさんの歌(「北の宿」「大阪しぐれ」など)は、「尽くす」「未練」などのディープなワードば多く出てきたように思います。特に岡?さんとデュエットされていた歌(すみませんタイトル忘れました)は、「あんた遊びなはれ」とかいうセリフもあって、私の中で勝手に「ザ・大阪の夫婦」というイメージでした。

    また当時は石川さゆりさん、森昌子さん、シルビアさんなど、とても大人に見えていたのですが、今となれば自分と年齢的にそんなに変わらなくビックリです。

    ユーザーID:6066430380

  • 雨の御堂筋

    僭越ながらどなたかの言説を訂正いたします。

    「あなたをたずねて南へ歩く」
    御堂筋という道があって、その道を南に歩いて行くという意味です。そして目的地は「ミナミ」なのでしょう。
    「梅田新道」「本町」「心斎橋」と、キタとミナミの間にある地名が出てきます。そして舗道が淋しく光るんだから、舗装された地面が街の光が反射しており、そんな御堂筋を南方向(梅田→難波)に歩いている情景に他なりません。御堂筋は南向きの一方通行だから、赤いブレーキランプが地面に反射しているのでしょう。
    なお、「ミナミ」は、標準語の「南」とも大阪弁の「南」ともイントネーションが異なります。

    ユーザーID:4250889610

  • そうなんですよね

    不倫願望と捨てられた女の涙ばっかりですよね。 尤もオペラも似たようなもので「カルメン」はストーカーに刺し殺されるストーリー。 「トスカ」は復讐劇。 「チョウチョウ夫人」は捨てられた現地妻の涙。 あー!

    ユーザーID:6939594989

  • 島倉千代子さん

    捨てちゃえ、 どうせ拾った鯉だもの♪
    カープファンが怒りそうw(私は野球奥です)

    私の場合は島倉千代子の「愛のさざなみ」ですね
    演歌調ではないし、長調の明るい名曲です。
    「この世に神様がほんとにいるなら〜♪私はあなたに〜♪」
    おとなにはいろんな事情があるんだろうと、思っていました。

    成人する頃になって
    色っぽいニュアンスが隠喩としてあるんだなと。
    作詞はなかにし礼さんです。
    洋楽っぽいっていうか、シャンソンみたいで
    くり返す愛のさざなみにやられました。

    ユーザーID:3972978040

  • ウソ情報だったようで、お詫びいたします。

    「南へ歩く」の件、

    ミドウさま、ご指摘ありがとうございました。
    ご当地ソングはやはり、現地を知ってこその描写なのですね。

    それなのに、大阪のことはよく知らないまま、昔他人から聞いた説を、そのまま書いてしまいました。
    もしかしたら、その人の独自解釈だったのかもしれません。
    それを確かめもせずに書いてしまい、トピ主様にも、読んでいただいたみなさまにも、申し訳ありませんでした。

    ユーザーID:4274727925

  • 昔の歌

    三善英史さんの『雨』

    雨に打たれても、まだ待つ人がいる
    (略)
    じっと耐えるのが務めと信じてる

    最後の歌詞は1番から3番まで3度も繰り返すんですよ〜
    雨に濡れながら小突かれちゃうんですよ〜
    どんだけ、打たれ強いんだ〜と思います。
    こんな女性を歌にするとは、そして大ヒットするとはビックリです。

    昔の歌、歌詞をじっくり聞いてみるとツッコミどころ満載で本当に面白いです。

    ユーザーID:5108288436

  • トピ主です。

    引き続きのレスありがとうございます。

    >大阪のことはよく知らないまま、昔他人から聞いた説を、そのまま書いてしまいました。
    もしかしたら、その人の独自解釈だったのかもしれません。

    ぺろりんこ様、良いじゃないですか、歌詞なんて聞く人それぞれの解釈でオッケーだと思いますよ。
    私もあまり大阪に詳しくないのでミドウ様に詳しく教えて頂いて初めて知りました。
    お二人ともありがとうございました。

    >私は美空ひばりさんの「みだれ髪」をよくカラオケで歌いますが、捨てられた女性が捨てた男性の幸せを祈ってたり、都はるみさんの「北の宿から」でも、着てももらえないセーター編んじゃってます。

    恥ずかしながら「みだれ髪」を知らなかったのですが、検索してみたら結構ヘビーな歌詞ですね(笑)。
    「捨てたお方の幸せを祈る女の性悲し」って???
    捨てられたのに「お方」って、、、。
    でも考えてみると演歌の作詞家ってほぼ男性ですよね。男性の願望なのでしょうか?

    あと、何人かの方が書いて下さった大津好子さんの「どうせ拾った恋だもの〜」は動画を探したのですが見つかりませんでした。どんな曲なのか興味があります。

    確かに演歌はお酒の場で歌われることが多いせいか艶っぽい歌詞が多いですね。さすがに子供の頃には分かりませんでした。

    皆さんのレスを見て、懐かしくなり何曲か動画を観たのですが、昔の歌手って歌が上手いですよね。

    ユーザーID:6066430380

  • 雨の御堂筋(その2)

    ぺろりんこさん、そこまで恐縮なさらなくても・・・

    実は先に書いたストーリーでも腑に落ちないところはあるんです。
    「本町あたりにあなたはいる」との噂を聞いて探して歩くのですが、梅田新道から心斎橋まで歩くと、通り過ぎてしまうのです。

    御堂筋の地名を北から南へならべると、
    梅田(駅の名前)→梅田新道(交差点の名前)→本町→心斎橋→難波
    梅田から梅田新道のあたりを「キタ」といい、心斎橋から難波のあたりを「ミナミ」といいます。

    「梅田新道心斎橋と 雨の舗道は寂しく光る・・・」
    本町どうしたの?となるのです。本町はオフィス街なので「あなた」がいそうな感じはしないですが・・・

    ユーザーID:4250889610

  • 「どうせひろった恋だもの」は初代コロンビアローズさん

    大津よし子さんも唄っていたかもしれませんが、ヒットしたのは初代コロンビアローズさん版でした。
    ネットで簡単にさがせます。

    ユーザーID:3973302820

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧