「介護の現場はキレイゴトじゃすまない」って…

レス55
お気に入り108

ナナハナ

話題

どうしようもないことですが、吐き出させてください。

私は数年前、ホームヘルパー2級講座(現・初任者研修)を受講しました。
就活の一環ではなく、親を在宅介護するためです。
最後の講習は、老人病棟での施設実習でした。
食事介助をすることになって、患者さんの席につき、スプーンで流動食を食べさせました。
講座で教わったとおり、「食物が口の中に残っていないことを確かめてから、次を食べさせる」を実行していました。
そのとき、そばにいたヘルパーさんが、私の手からスプーンを取り上げて、患者さんの口にどんどん押し込み始めたのです。
私はびっくりして固まってしまい…。もしかすると、非難の目を向けていたのかもしれません。
ヘルパーさんは、私の視線を撥ね返すように言いました。
「現場はね、キレイゴトではすまないの! マニュアルどおりに食べさせてたら、終わるころには次の食事の時間になっちゃう」
そして、はい次! はい次! という感じで、あっという間に食べさせてしまいました。
皿の上で別々のくぼみに分けてあった、かぼちゃのペーストもホウレンソウも、最後は一緒くたに混ぜて。
患者さんは、嫌そうな顔をしていました。

彼女の言いたいこともわかります。
少ない人数で、たくさんの患者さんの世話をしなくてはならない。時間だって、限られているんです。
私たち実習生は、足手まといになりこそすれ戦力にはならず、さぞイラッとしたことでしょう。
それでも、患者さんを人間扱いしないかのような介助は、あんまりだと思いました。
介護の現場が、あんな非人間的な場所になってしまうのは、いったい誰が、何が悪いんでしょう?
親を無事みとり終えた今も、あのときのことを思うとやりきれない気持ちになります。

ユーザーID:4924967685

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数55

レスする
  • たしかにね

    キレイ事じゃすまないでしょうね
    人手不足でキツい仕事だと思うし
    これだけ老人が増えれば・・・
    今50代の私は自分が介護施設にお世話になるころには
    ロボットが食べさせてくれるのかも
    と思ってます
    仕方ないです
    長生きはしたくない

    ユーザーID:4685395790

  • 1箇所見ただけで判断しないでください

    病院は特にまた人数足りない現場では、そうなりがちかもしれません。

    ですがどの現場もそんなやり方をしているわけではありません。
    少なくとも、私自身14年介護現場で転職を含め色んな部署をいきましたが、非人道的な介護をしている現場はありませんでした。

    誰が悪いかですか?
    皆悪いんですよ。
    子供が減ってきて、社会保障が不十分になって、介護に限らず人が足りなくなることも30年以上前に予測出来でたのに未来に備えてきていない。

    病気になる人、介護が必要になる人が少なくなるように努力もしてこなかった。
    今の日本の現状です。

    ユーザーID:4540646708

  • あなたが正しいと思う

    私の今は亡き父は、長期の入院生活の後、介護施設に入所しました。

    入院時は、父を励ますため、頻繁に病院に通っていました。

    当然食事時にもあたった事もあります。父は、自力で食事はできました。食事時は、私は横に座って手助けはしましたが、基本本人が勝手に食べていましたので、私は手持ち無沙汰で、同室の他の患者さん達をぼんやり見ていました。
    大部屋だったため、同室の他の患者さんは、自力で食事できない方も多く、そんな方達には、ヘルパーさん達が食事の介助をされていました。

    ヘルパーさんたちは、端で見ていても、関心するくらい、優しく、患者さんに丁寧に接していましたよ。

    最初にベッドを起こしてから、例えば、「まず、お茶を一口飲みましょうね。どのおかずから最初に食べますか? ご飯に載せる? それとも混ぜる? サラダも食べましょうね。このデザートは好物でしょ?まあ、今日は頑張って、全部食べましたね。よかった。」そして、服薬や歯磨きもさせてました。

    てな感じでした。手際よく、テキパキはしていましたが、決してぞんざいな扱いではなく。毎日、毎日、毎食事毎に。

    その後の介護施設でも、ぐいぐいスプーンで口に突っ込むようなスタッフは見かけませんでしたよ。

    施設にも拠るのでしょうか。人手不足の施設だと、どうしても流れ作業的になってしまうのかもしれません。
    でも、ただでさえ、咀嚼・嚥下能力の低下しているお年寄りに、乱暴に食べさせたりしたら、それこそ事故の原因になりそうですがね。
    個人的には、主様のような優しい方に世話していただきたいと思います。

    ユーザーID:9713244692

  • 一度働いてみられては、如何でしょう?

    座学や短期間の実習だけでは分からないことがたくさんあります。

    そのヘルパーさんの言動は極端かもしれませんが、それもまた一つの現実であり、その方が、そういうことを全て良しとしていたのか、今となっては分かりませんよね。

    それでありながら、
    >それでも、患者さんを人間扱いしないかのような介助は、あんまりだと思いました。
    こういう分かった風なことを仰るのは、どうかと思います。

    講座を受けられ、親御さんも看取られたのであれば、ご自分が実際に現場で働かれてから、批判も含めて、様々なことを考えられては如何でしょうか?

    ユーザーID:2574603093

  • その人だって、新人の時には主さんと同じ意見だったと思うよ

    どんどん食べさせた介護士さんだって、新人の時には、主さんと同じように思って
    なぜベテランの人は、こんなに雑なのか?と怒ってたと思うよ

    それから、色々なことが、本当に毎日毎日色々あって、
    こんな事なら、もうやめようかな?って、毎日毎日自分に問いかけながらも、辞めずに来たのよ

    自分でも、こんなふうにやりたくないけど、やらないと仕事が回らないと割り切るまでに
    何年も何年も悩んで、人に怒られ、自分でも色々工夫もして、そこにたどり着いたんだよ


    そういう色々な葛藤を抱えて、その人は今でも工夫と修行の真っ只中なの


    それがプロになるって事です



    主さんは、プロにはならないらしいので、わかってもらえないかもしれないけど
    教えてもらって、ちろっと5分間経験したくらいで、長年やってる人の気持ちも努力も察せず、簡単に批判するって、とは思う

    ユーザーID:9459165508

  • 障害者施設で働いていました。

    障害者施設で介護などもしていました。
    その施設は最悪だな、と思うのと同時に、きれいごとですまない、と言った人の気持ちもよくわかります。
    理想とする支援はわかっている。
    けど、実際は業務に追われて実現できない…
    ということは良くありました。
    それに、ご飯の支援も、トピ主さんの言うとおりなのですが、ある程度元気な人なら、私もサクサクと口にご飯を運んでました。だって、その人だけに構えないから。

    誰が悪いんでしょうね。
    人手不足?資金の不足?賃金の安さ?運営側の責任?
    私が勤めていたところは、まともな人から辞めていって、やばい人ばっかり残りました。

    私も、正社員として、理想とされる支援をするために頑張りました。
    業務改善、効率化、職員との面談、利用者との面談、ご家族からのクレーム処理、事務処理、部下の育成、マニュアルの整備、人員確保のための営業、人手不足を解消するための諸々…
    もちろん利用者さんの支援
    利用者の、暴力、罵詈雑言
    それにメンタルをやられた職員のフォロー

    結果、ぶっつぶれて、福祉から足を洗いました。
    今は事務職ですけど、前よりお給料もよくて人間らしく働いています。

    誰が悪いんでしょうね。
    私がわるかったのかな、とも思います…
    施設も悪かったのかもしれない。
    いわゆる高級老人ホームでは、そういのないとも聞きましたし。

    逆に聞きたいんですけど、
    誰が悪いと思います?どうしたらいいと思います?
    福祉の仕事は、大好きでした。
    過去形です。

    答えをお求めなら、一度福祉業界で働いてみてはいかがですか。
    答えがえるかもしれませんよ。

    ユーザーID:7014119082

  • お気持ち痛いほど分かります

    この10年ほど親の介護を通じて、施設や病院の実態を見た者です。トピ主さんのお気持ちは痛いほど分かります。

    高齢者を一列に並ばせておいて、片端から順に食べ物をお年寄りのお口に放り込むような施設もあると聞きました。

    私は母を病院に預けていた時、一日3回のお食事介助に通っていました。現場は到底一人の病人のために、ゆっくりと時間を取れないと思ったからです。また、せかすように食べさせると、誤嚥性肺炎のリスクがありました。

    結局手厚い介護をするには、お金が必要なのです。私は先輩のヘルパーさんを責めることはできません。皆、いっぱいいっぱいなのです。

    今の社会は、特に子供と高齢者にとって過酷です。未来を託す子供たちと社会を担ってきたお年寄りに笑顔が見られる世の中であってほしいです。

    この現状をどうすればいいのか・・今の私には答えが見つかりません。

    トピ主さま、親御さんの介護お疲れさまでした。私も両親の介護と看取りを終えた者です。今は仕事や趣味の傍ら、高齢者施設で細々とボランティアを続けることによって、トピ主さんの提示された問題に私なりの答えを出そうとしています。

    ユーザーID:2591695051

  • 現実問題として

    >「現場はね、キレイゴトではすまないの! マニュアルどおりに食べさせてたら、終わるころには次の食事の時間になっちゃう」

    これが事実なら、マニュアル通りに食事をさせていたら、ご飯を食べ損ねてしまう患者さんがいる、ってことですよね。

    そうでなくても、お腹を空かせたまま何時間も待たされる人が出てくる。
    人によっては4時5時にお昼食べさせられるってことでしょう?
    じゃあ夕飯は夜中になりますよね。

    それはそれで不公平だし、下手すれば虐待ですよ。

    トピ主さんの言い分は分かりますけど、食事を抜かされる方が患者さんには辛いんじゃないですか?

    それに、食事だけに何時間もヘルパーさんの手が取られていたら、トイレや入浴介助はどうするんですか?
    トイレはおむつしろ?
    入浴は夜中になっても良いだろうって?

    ヘルパーさんの負担、患者さんの負担を考えれば、それこそ「綺麗事では済まない」んだと思います。

    ユーザーID:1954719691

  • 誤嚥性肺炎

    飲み込みが悪い人に次々口に入れたら誤嚥して肺炎起こして亡くなることもある、危険ですよ。

    ユーザーID:1032401581

  • 誰が悪いかより、ではどうするかを考えていく

    告発するのは如何でしょうか?
    一つの施設から、注目を浴びれば
    少しずつ、本当に少しずつだけど変わっていくんじゃないかなと感じました。

    そういう風にしか、色んな習慣って変わって来なかったと思う。でも痴漢だってパワハラだって、時代的におかしく見られても声を上げてきた人がいたから、今の時代があると思うんです。

    ユーザーID:9583926139

  • 要は人手不足ってことですよね

    待遇改善からですかね。

    ユーザーID:0622553105

  • マニュアルを現実に合わせましょう

    これは理想と現実という問題ではなく

    守れないとわかっているマニュアルを変えない運営の問題なのではないかと思います。

    「食事は患者さんの口にどんどん押し込んで食べさせる」

    とマニュアルに書けばいいんですよ。

    その方が議論もしやすいですし。

    悪いのはトピ主さんでもそのヘルパーさんでもありません。

    ユーザーID:2425385312

  • 理想と現実

    グループホームでパート介護職の経験があります

    現場はいつもやることと時間に追われ1時間の昼休みは、記録付け、薬の準備、洗濯に追われ休憩が取れない状態でした。

    次々に職員が入れ替わりました。

    労働に見合うやりがいや、賃金が合わないせいだろうと思います。

    自分は居室の掃除中、お年寄りと話す時間が好きでした。腰を据えて、お話を聞く時間なんてなかったんです。

    ユーザーID:1527545565

  • きもち

    わかるよ。私も実習に行ったときに、「研修で習ってきたことと違う」と思いました。

    >介護の現場が、あんな非人間的な場所になってしまうのは、いったい誰が、何が悪いんでしょう?
    現場の人手不足。なぜ人手不足かというと、法定の人員しか配置しないから。で、なぜ法定人員しか配置しないかというとお金がないからでしょうね。

    高額なお金を支払っている方々がはいっているような高級老人ホームでは人員がたっぷり配置されているので、一人ひとりに向き合える時間の余裕が生まれるのだろうと思います。

    というわけで、給与も低いし現場でも私にはつらいしで介護業界への就職はやめました。

    ユーザーID:1377946087

  • 私の研修先も同じでした

    施設によって色々あると思いますが
    私の研修先もトピ主さんの行かれたところと同じ感じでした

    もうね、人手が足りなすぎて
    時間時間で決められていて、次の業務に入らないと支障が出てくるんです

    トピ主さんが見た食事介助を私も見ました
    なので、私は施設勤務を選択しないで、訪問介護への道をとりました

    無理やり、何もかも混ぜたものを口に入れられて・・・
    車椅子に乗せたまま放置状態で、走り回る介護員の方々

    でも・・・だれも責められない
    致し方ないのかなって思います

    ただ、私の親は施設へは絶対行かせません
     

    ユーザーID:2406389885

  • それはひどい

    ここでトピ主さんを非難する人がいることに驚きます。トピ主さんの気持ちはもっともだと思います。

    人手不足で本当にたいへんな職場でしょう。
    でもだからって、実習生にそんな言い方をしますか?
    それが事実だとしても、
    「ごめんなさいね。こんなやり方、私も辛いのだけれど、他の利用者さんもたくさんいて、どうしてもこれくらいのペースでないとやっていけないの。悲しいことだけど…」
    せめてこんなひとことがあったら、トピ主さんの感じ方も違ったのではないでしょうか?

    こんなことを書くと、「どんな言い方をしてもやってることは同じ」って言われそうだけど、言い方って大事だと思う。
    なにより利用者さんに、(わかってもわからなくても)申し訳ないと伝えるべきだろうし。

    実習生に、「いい職場だな」って思ってもらえなくてどうするんだろう。

    ユーザーID:2050270179

  • 実際に勤務してみたら良いと思います

    昔、本当に短期間ですが、介護の仕事を経験しました。
    本当に短期間なので、とても語れるほど知識があるわけでないので、実はリアルフレンドにも話していません。
    ただ、それから何年も経ち、デイケアセンター併設の医療機関の事務職を務めましたので、トピ主さんよりは介護現場に就労する方の本音はわかります。

    まず、人手不足と離職率の高さと昇給の望み薄(低賃金も含め)がいつまで経っても解消されない高齢化社会って大丈夫なのかと思います。
    人の役に立ちたい、お年寄りをお世話したいと夢を抱き就職した方々も、その報われない現実を知るのが早いから、高い離職率なんだと思います。
    いわゆる、新人さんを教育する方というのも、あまり経験があるわけではなく(離職率が高いから、残ってる人も大して長い経験はない)、悪い言い方ですが、意地も悪かったです。
    トピ主さんが、実習で行ってるだけなのに、ガチできつい台詞を投げられたあたりなんかは、常に時間に追われる疲労と苛立ちだけじゃなく、その人自身が、先輩から優しくされなかったからでしょう。
    トピ主さんの気持ちは、とても大切な基本だとは思います。
    だけど、現場の方々も「だったら、どう回したらいいんだ!?人は足りない。やること多すぎる。時間割通りにいけない」と、常に心身が疲れてるはずです。

    一度、働いてみるとわかりますよ。
    私の友人も、ヘルパーの資格を取るまでは希望有りでしたが、実務で、少し先に入った人からクスクス笑いされたり、人間関係が嫌ですぐ辞めました。
    一見、単に人間関係の問題で、介護と関係ないと思いがちですが、結局、まともにスタッフを管理する頼れる責任者がいない環境も、私は新人さんの離職に繋がりやすいと思うので書きました。

    ユーザーID:4855631798

  • 実習生と現場職員

    私も思いました!
    社会福祉士の資格取得のために、福祉施設に実習に行って。
    授業では、利用者さんの人権や尊厳についてとても深く学んだのに、
    現場では、それって良いの?という事ばかり。
    そして、無事社福を取って、現場で働いて。
    そしたら、実習先で非難していた事について、なんか分かったというか。

    はっきり言って、お金なんです。
    介護現場も、障害分野も、児童福祉も。
    とにかく、人件費が低すぎるのです。
    国から出ている処遇改善手当。
    いくらか知っていますか?
    私が勤務する施設、年間で人件費がプラス400万出れば、
    もう一人正社員を雇えます。
    その分、一人一人の利用者さんに、丁寧に時間をかけて対応出来るでしょう。
    でも、実際は違います。
    低い賃金で夜勤を週に2.5日担う。
    県によっては夜勤を週1日にするよう監査で指摘されるところもありますが。
    できないんです。お金ないのでこれ以上人を雇えません。
    だから、トピ主さんの言うような、理想的なケアができません。
    それが嫌で、辞めていく人もいます。
    益々人員不足で、ひとりひとりの業務が増し、ケアが疎かに。
    悪循環です。

    私たちだって丁寧なケアしたい。余裕を持って接したい。
    でも、限界なんです。
    国が福祉施設の職員の賃金を改善しない限り、ずっとそのままです。

    ユーザーID:0794941122

  • ちょっとまって。

    話がそれていますね。
    トピ主さんは人間扱いしなくてよいのかと疑問を持ったのですよね。その返答として「マニュアルどおり丁寧な仕事ができない」というのは、おかしいでしょう。
    その方は、忙しいから人間扱いしなくて良いと考えているのでしょうか。
    被介護者は他に行き場がないため、まっとうなクレームを言えない弱みがあります。またひどい対応をしても勤務評価や収入に支障がないことに甘んじているのではないでしょうか。
    そんな罪悪感があるから「キレイゴト」とやや感情的な言葉を使ったのでしょう。適切な対応だと信じていたら、その言葉は出てこないのです。

    綺麗事じゃないから..というご意見が多いですが、これが保育や教育の現場、または飲食店だったら、どのような意見が多かったでしょうか。被介護者は冷遇されても仕方ないという気持ちの表れのように感じます。かなしいことですね。

    あわただしくて余裕がなくても、思いやりを持つことはできます。思いやりの有無は、何気ない表情や言葉で伝わるものです。

    トピ主さんは、短時間で食事を済ませなければいけない時でも、人間味のある関わりを持てる介護士さんになってください。

    ユーザーID:3420798316

  • 保育士もそうだよねえ

    考えてみて?一歳の子を保育士一人で6人見るんですよ?

    一人ずつ食事の介助を丁寧にやっていたら、おやつの時間がきてしまいます。

    泣きわめいている子をだっこしていたらどうしても残り五人には、後でね、待っててねを言ってしまいます。

    午睡のとんとんだって、足でするわけにはいきませんからね。

    イヤイヤ期にじっくりつきあいたくても、それもできない、要求になかなか応えてあげられない、そんなジレンマの毎日でした。

    結果、いったん私は子育てに専念しました。
    それが良いとか悪いとかではないのです。
    私がそうしたかったからです。

    6対1の基準も保育現場を知らないお偉い方々が決め、介護の対応人数もしかりですよね。

    現実を知ればあなたも「仕方ないんだ」と思うことも多くなるでしょう。

    ユーザーID:6239863231

  • 主様の主観による判断ですから…

    >あっという間
    >患者さんは、嫌そうな顔
    >患者さんを人間扱いしないかのような介助
    と言っても、主様は1人の患者様の1度の食事介助を、主観で判断している様ですので…
    >介護の現場が、あんな非人間的な場所になってしまうのは、いったい誰が、何が悪いんでしょう?
    介護全般まで話を広げて良いのか、私は疑問です。

    逆に私は主様の
    >「食物が口の中に残っていないことを確かめてから、次を食べさせる」を実行
    が適切な介助だったか、疑問に感じています。
    口の中を確認する事は大事ですが、咀嚼・嚥下能力によっては、そこまで1口毎に確認する必要はありませんし、時間をかけ過ぎると量が入らない内に疲れてしまう方もいます。

    >はい次! はい次!
    と食べる事が出来たなら、咀嚼は困難でも嚥下は問題の少ない方だったのでは?
    そしてペースト(流動)状なら塊ではないので、1口毎に口の中に何も残さない様にするのは困難です。嚥下が出来ている+外に出てきていない様なら…最後に確認位で十分な方が多いです。
    >講座で
    食事形態による介護の仕方の違いや注意点が異なる等の話は、ありませんでしたか?

    大抵の患者様は、食後に続けて投薬、口腔ケア、排泄等も必要で、食事に時間をかけ過ぎてグッタリしてしまうと…
    上手に薬を飲めない
    口を開けるのを嫌がる
    ケアの途中で寝てしまう
    頭の位置が維持できなくなる
    トイレ・ベッドへの移乗介助が大変になる
    等の可能性もあります。

    食事を楽しむ事も大事ですが、座位・頭位保持、咀嚼・嚥下も健康な方と比較し易疲労性がありますので…食事介助に時間をかけ丁寧にする事だけが、その方を尊重した・QOLに配慮したケアとは限りません。全て理想通り介護を提供できれば良いですが、現実は要介護者の能力にも限界がありますので…全体を見て何を優先すべきか・時間をかけるべきか、【バランスも重要】だと私は思います。

    ユーザーID:3068337893

  • ほんとはみんな答えを知っている

    >いったい誰が、何が悪いんでしょう?
    自分で食事ができない状態で無理やり流しこんで生命を長らえても、対価(例えば生産性、誰にでもかかわることの例とすれば納税)が期待できないないためだと思います。
    (食事介助が必要な高齢者に、頑張って食事介助しても、納税できる状態になる見込みがない)

    ここでも人件費の話が出ていますが、人件費といえば末端価格で東京都あれば人を1時間働かせる場合約1000円(東京都の最低時給)かかります。
    働く人にはその金額を受け取る権利がありますが、では誰が負担すべきかというと、普通はサービスを受ける本人になると思いますが、その状態ではもう期待できないと思います。
    では国が負担するという場合、トピ主さんや私が税金を払うということです。
    何に対して何円払いたいですか?

    トピ主さんが
    >在宅介護
    >みとり終えた
    ことは立派で、親御さんにもお子さんをもった価値があったと納得できる理由になる位すばらしいことだと思います。

    しかし、それは無料で無限の(トピ主さんが納得できる)リソースがあった場合となります。
    趣味的にすることと、仕事として対価に対する責任を果たすこととはまた異なると思います。
    例えばトピ主さんの例であれば、「食物が口の中に残っていないことを確かめてから、次を食べさせる」を実行していたら、他の対象者の食事ができないのかもしれません。
    トピ主さんとしてはどうすれば納得できたのでしょうか。対象者が納得して食べられれば、他の対象者は食べられなくてもよかったでしょうか。

    サービスを受ける側も個々で事情や条件が異なりますが、やはりある程度で「あきらめる」ことを認めないと、どうしようもないと思います。

    ユーザーID:2706833831

  • 安い給料で人手不足

    あんまりだと思う気持ちは分かるけど、ご存知のように介護職は人手不足なんです。
    それでいて給料も低い。
    国が抜本的な関与でもしない限り給料が上がるわけじゃないし、
    これから更に高齢化社会が進んで職員1人あたりの仕事量介護人数はもっと増えていきます。

    ユーザーID:5273654539

  • ヘルパー2級の時代ですね

    現在は実際の現場での研修・見学は行われていません。
    なぜか?
    受け入れ先の施設、病院のスタッフに壮絶な負担がかかるためです。
    本来30分で終わる仕事でも、講習受講者にかかわっていると平気で1時間2時間飛んでいきます。
    ちなみにスタッフの能力不足によって発生した残業はたいてい持ち出しです。
    結果、スタッフは受講者を邪険に扱い、受講者は介護現場に疎外感を感じる、という悪循環が起きていました。

    よってトピ主さんが見た「介護の現場が、あんな非人間的な場所になってしまうのは、いったい誰が、何が悪いんでしょう?」という問いには、制度の在り方が、とお答えします。
    現在は受講者育成を現場に丸投げするという悪制は正されましたのでご安心を。

    ところでヘルパー2級の受講料ってとてもお安かったんじゃないですか?
    金額の大部分は国の助成金で賄われているんですよ。実際は数十万の研修内容です。
    受講者に働き手になってほしいという国の意思から、税金が支払われています。
    個人的な理由で受講されたようですが…できれば、無駄にしないでくださいね。

    ユーザーID:3181881607

  • 同意です。

    看護師してます。

    私も看護学校時代、介護の実習がありましたので、同じ事を思いました。
    入浴介助も、荒く、雑で可哀想でした。
    車椅子も、そんな速さで押すの?と思いました。

    看護学校では、人間の尊厳についてや、患者の気持ちにどのように寄り添うか、などという授業やディスカッションが沢山ありました。

    また、そのような介助をした場合の危険がすぐに頭に浮かびます。
    誤嚥、転倒など起こしたらどうするんでしょう…

    ユーザーID:4500229740

  • 人を批難する時は

    「自分ならこうしたらいいと思う」
    という解決策を提案してください。

    次から次から口へと入れる先輩ヘルパー。患者さんは嫌そう。

    私なら「こうしたらいいのに」と思いました。と。

    トピ主さんなら「患者さんの口がすべて無くなってからしか次のものは口にいれないべき」?

    先輩ヘルパーさんは言ってます。「終わるころには次の時間になる」
    ということは、次に次にとどんどん遅れるということ。
    次に遅れたらどうなりますか?次の方の時間が減る。もしくは遅れる。

    次の患者さんは怒るかもしれません。すねて食べないかもしれません。
    すごく無理して速く食べてもらうことになるかもしれません。
    もしくは全体的に時間が押して、次やその次の方から怒られるのはもちろん、ヘルパー側も残業となり会社から怒られるかもしれません。

    さあ、どうする?

    批難するのは簡単なんです。なんでも。
    でも皆批難ばかりで解決策の提示はない。

    批難するなら「こうしたら今のやり方以外で時間内に終わらせることができる」か「時間内に終わらせることができないが、次の方やそのあとの方への取組みをこのようにすることによって、問題なく終えることができる」という策と一緒に出してください。ぜひ書いてください。

    おそらくその策には「批難」が出ます。批難は簡単ですから。
    トピ主さんがヘルパーさんを非難するように、トピ主さんが解決策だと思って出す策にも「そんなの机上の空論」とか「できるわけない」とか非難が出ますよ。

    結果、ヘルパーさんが取った行動が「一番無難」なんだと思いますよ。

    一人の親をのんびり見るのとはわけが違います。

    私は「一人の親をのんびり介護」した側の人間ですが、そう思いますよ。

    ユーザーID:9010174137

  • 誰のせいでもないよ

    介護施設で介護士として働いていました。

    実習生を受け入れるのって、施設にとっては多少のお金が入ったりいい人がいれば職員としてスカウトしたりとの意義もあるけど、現場の職員にはまったくプラスにならないんですよね。手当がもらえるわけでもない。トピ主さんの言う通り足手まといになるだけ。一人でやればサッサと終ることもいちいち説明してマニュアル通りにやって見せなければならないし。ただ後人を育てるって大義だけ。
    それでも親切丁寧に受け入れてくれた人もいたでしょ?

    そのヘルパーさんが普段どんな介護をされているかはわかりませんが、その日たまたま不機嫌だったかもしれないし、元々そういうキツイ性格なのかも知れない。トピ主さんにイライラしたのかもしれないし(ごめんね)

    世の中に何万人もいる介護従事者の一場面だけ見て「何が悪いんでしょう?」と言われてもね。その場面も見てないしトピ主さんだけの情報じゃあなんとも言えないですね。

    実習終わりに反省会とか総括とかありませんでしたか?そういう時に施設の人にありのまま感じたまま言えばよかったと思いますよ。実習生の評判は気にしますし、注意くらいしてくれたと思います。

    ユーザーID:6979395065

  • 外部の目が入ることに意味がある

    教育関係の仕事をしていましたので、実習生を施設に送り出す側でした。

    トピ主様はいい視点を持ってらっしゃったと思います。
    それは親の介護経験があったこともあるでしょうし、子育て経験が生きたからかもしれません。
    18歳〜20歳の若者だと、他人にものを食べさせること自体が未経験ですので、授業の知識だけで現場に出ることになります。

    社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士等の実習の手配、一部指導をしてきましたが、施設も千差万別です。
    トピ主様の経験されたことが、「施設全体の問題」なのか、「その指導者個人」の問題なのか、という視点もあります。
    食事介助等は本来であれば、ヘルパー2級の方に任せちゃだめです。
    なぜなら座学で20時間程度講義を受けて、2日間現場実習すれば試験ナシで交付される資格だからです(当時の記憶なのでうろ覚え)。
    利用者さんに直接、接する介助は学生さんであっても数日間様子を見てからのことでしょう。だって何かあったら怖いじゃん。その点からしてもあまりいい指導者じゃなかったとは思いますが。

    またオムツ交換等は「随時交換(汚れたらその都度交換)」がよい、とはわかっていても、実際は「定時交換(時間を決めて交換)」しなければ仕事が回らない場合もあります。

    現場は初心者の感想は大事にしなければなりません。なぜなら長い間同じ現場にいると、それが当たり前になって気づきもなくなるから。

    同時に初心者はどうしてこのようなやり方になっているのだろう、ということをあわせて考えなければなりません。

    ユーザーID:5510500575

  • 誰が悪いのでしょう

    >介護の現場が、あんな非人間的な場所になってしまうのは、いったい誰が、何が悪いんでしょう?

    同じことなのかも知れませんが、
    誰が、何を、どうしたら、介護の現場がもっと人間的な場所になるのでしょう?
    だったら、もう少し建設的な意見も集まったかもしれないですね。

    ユーザーID:1854442470

  • お気持ちはとても分かります、が、それでは全員を守り切れない

    分かります。
    重視すべき基本は、最期までその人らしい生活を送る事、一人一人のニーズに寄り添う事。
    施設や職員の都合や時間優先であってはならないのです。

    が、時間と戦わねば利用者様全員を守れない現実があります。
    食事、入浴、排泄、最低限の生活を回す(回すなんて表現も不適切ですが)にも、全て本人のペースに合わせると間に合わず…どこまでも時間がズレ込み、結果他の介助が疎かになる又は事故に繋がる可能性も。

    遅れに遅れ現場が滅茶滅茶になっても、交代職員に投げることも、泣いて投げ出すこともできません。
    何が何でも利用者様達の一日が無事回るよう、最後まで動き続ける責任があります。

    勿論、時間が無いからと、人として寄り添う介護を諦めてはならないので、努力はしています。
    少しでもニーズに添う時間を作るため、毎日1時間前出勤、始業時間までに出来る段取り全て済ませ、1時間取れるはずの昼休憩も、食事介助しつつ自分もお弁当を食べたら終了。
    次から次へイレギュラー業務や情報が流れてくるので、合間にトイレも行く隙もなく、何度か軽失禁したり膀胱炎になった事も。
    利用者様への直接介助は何とか退勤時間(交代職員への申し送り)までに終わらせ、後回しで良い業務(汚染衣類処理や書類仕事、催事企画等)は無給残業2時間。

    これだけやってもまだ本人のペースに合う介助は出来ません。
    食事介助は大急ぎ、時間が来たら途中でも下膳
    入浴拒否し暴力を振るう方を「大丈夫ですよ〜気持ちいいよ〜」と強引に抱きかかえたり
    排泄こそ本人の訴えたタイミングで誘導しますが、手が離せず「少し待ってください」という声かけも多く…

    だらだら仕事している訳ではないし、段取りも組んで計画を練っていますが、この有様…ひとえに人手不足です。
    やり甲斐はあります。
    給料低くていい、無給残業があってもいい、でも人手だけは増やして!と国に訴えたい。

    ユーザーID:2240528632

  • 介護職です

    はじめての食事介助をした時
    教科書通りにやり、
    口腔ケアの時間も含めて1時間かかりました。
    そこまで時間かかってしまうと、利用者さんも疲れるんですよ。
    だんだん目がトロンとしてきて、やがて
    目は閉じられ、口だけ動かしてる状態になってしまいました。
    逆に誤嚥の危険性高くなってしまいました。
    看護師さんにも仕事が遅い、利用者疲れちゃって目が閉じちゃったよ!
    誤嚥しちゃったらどうするのと注意されました。
    その日1時間残業しました。福祉に多くの現場は労働基準法無視が当たり前なのですが
    まぁ、うちも例外ではなく。

    ちなみに初任者研修で習った利用者に対する声がけの仕方は
    現場では悪い対応扱いでした。
    クッション言葉に、疑問符で聞くっていうのを習ったのですが
    認知症の人にとって、
    クッション言葉+疑問形で物事を聞くっていうのは
    難しく、理解しづらいんです。
    言葉は短く簡潔にわかりやすくっていうのが
    良いと教わりました。

    実際、研修で教わった声がけの対応をしても
    うまくいかないことが多かったです。

    ユーザーID:8234965934

  • 2回目です、追記ですみません

    トピ主さんの担当のその職員さんは、実習生に対しそのような発言をしてはならなかったと思います。
    時間との戦い方は現場に入ってからその人なりに身についていきます。

    実習生の方に教える時は、自分も初心を思い出して、利用者さんにゆっくり寄り添おうとする気持ちを尊重すべきだと思います。
    実習生や新人さんの動きを見ていて「そうだよね、普通はこうするよね、私は現場に慣れてしまって感覚が麻痺している部分があるな」と思うことは実際あります。

    理想やマニュアル通りの動きで現場が回るか否かは別問題として、「現場を知らない人が見たらどんな光景か」「本来こうあるべきではない」を意識することは常に必要ですね。
    その上で出来る努力をする、それを忘れてはならないと思います。

    ユーザーID:2240528632

  • 将来施設にお世話になりたくなくなりました

    そんな扱い,きっと一事が万事でしょうね。
    入浴も,ご飯も,着替えも,車いすへの移動,ベットへの移動も,
    効率優先。

    体が痛くても,苦しくても,寝返りを打ちたくても,痰が絡んで苦しくても,
    なかなか来てくれない。

    待っても待っても放置される。

    そんな将来が目に浮かびます。
    希望が持てません。

    ユーザーID:3366261681

  • たしかにね・・・

    綺麗ごとじゃ済まないってたしかにそうかもしれませんが、
    職務としては間違っていますよ。その人は。
    そもそも実習生の前で言う話じゃないでしょうに。

    単純に言えば、介護職にとって、入所者は「お客様」と同じはずなんですけどね。
    でも家族が罪悪感があって施設の言いなりだし、認知症を患っていたりしたら
    入所者の人権なんてそもそも無視されてしまうんでしょう。
    そういう施設の姿勢が根底にあると思います。

    言うことをきかない我が儘なお年寄りもたくさんいるとは思いますが、
    言いたいことのひとつも言えない忍耐強い方だってたくさんいるでしょう。

    私も身内の介護をしたことがあるので、介護をする側の大変さは実感としてあります。
    身内ですら大変なのだから、大人数のお世話をしなければならないのは想像を絶する仕事です。
    それでもその人たちは自分でその仕事を選び、対価を得ているはずです。
    ご自分たちはそれを相応な対価とは思っていないということもあるんでしょうね。

    介護保険ができてだいぶ経つのに、なんだかうまく機能していないように感じます。
    介護をビジネスにしてしまった報いでしょう。やはり福祉に営利を求めてはいけないと思います。
    民間ではなく、役所などが施設を運営して収入はすべて介護職で働く人に還元し、働き手を増やすべき。

    トピ主様のご両親はお幸せです。
    無理をしないように、できるだけのことをして差し上げてください。

    ユーザーID:9981474968

  • 誤嚥性肺炎の危険性があり、恐ろしいですね

    同じ業界にいますが、ハズレ事業所だと思います。
    うちには栄養の認定看護師もいて、食事を非常に大切にしますので、そんな無茶はしないです。スプーンのサイズや形までご利用者によって変えていますよ。
    高齢者は嚥下機能が若い人よりおちていますから、うっかり誤嚥してしまうリスクはとても高いです。
    運が悪ければ誤嚥性肺炎になるかもしれません。抵抗力がおちていたり、適切な治療が間に合わなければ、最悪の結末が待ってるかもしれない。

    現場は綺麗事で回らないなんて言っている方がいるかもしれないですが、まともな研修もなければ、ご利用者ファーストの精神もないいい加減な方針だから、スタッフも定着しないんじゃないでしょうか。

    投書でもしてみたらいかがでしょうか。
    そんなスタッフが咎められもせずにいるということは、響かないかもしれませんが。

    とても恐ろしいですね。

    ユーザーID:1905597432

  • 特養に勤めています

    そういう人は少なからずいます。
    以前勤めていた高齢者専門病院では師長がそういう人でした。
    全ての食べ物を一緒くたにしてかき混ぜ大さじでどんどん口に押し込む。
    お味噌汁は時間がないと一口しか飲ませてもらえない。
    鼻息が荒く言葉も乱暴な人でした。

    今の特養では、嚥下を確認してから次の一口を介助します。
    矢継ぎ早に介助したら怒られます。
    おかずも混ぜたりしません。
    時間はかかりますが、それが当然として行われています。

    ユーザーID:3174977177

  • うーん

    >民間ではなく、役所などが施設を運営して収入はすべて介護職で働く人に還元し、働き手を増やすべき。
    収入、というのがなにかわかりませんが利用者から施設が徴収しているものを差すとして考えた場合、それを全て介護職で働く人に還元しても恐らく介護職の収入は増えなくて働き手も増えないんじゃないですか。役所など公的機関が運営していようがいまいが、介護系の施設に入所している方々の費用は今でも多額の税金の投入によって賄われていますよね。

    一時期リストラ・コストカットがもて囃されてましたので、福祉の場面にも余波がきているんだろうなって思います。デフレで景気がわるいのだから、景気が良くなるまではじゃんじゃん政府がお金を使うべき、と私は思いますので、「働き手を増やすべき。」というのには大賛成です。

    保育士こども園の不足が叫ばれて久しいですが、(あれは子供が増えている一部の幸せな自治体だけで、他の地方ではいつでも入所ウエルカムだったりします。)あれだって、お金で解決できるはずなのです。今問題になっている児童福祉施設の話でも、お金を投入して人を増やせば解決できることが沢山あるんですよね〜。老人介護施設しかり。

    政府は景気が良くなるまでは、湯水のようにお金を使え!今特に介護児童・老朽化したインフラの一新と沢山お金の使いどころはあるぞ!というのが私の意見です。

    ユーザーID:1377946087

  • 再レスします

    >ひよこ様

    >収入、というのがなにかわかりません
    施設に入所するのは無償ではなく、要介護者本人や家族は費用を請求されていますよね。
    介護保険適用のサービスに関しても、必要経費を除外した上でですが、施設の収入となりますし、
    もちろん国からの補助金もあるはずです。

    サ高住は「住宅」で、特養のような介護サービスもしないのに、月25〜30万近いお金を取っています。
    (ソースは私の親戚です。介護が必要な状態ではなく、家族が毎日様子を見に行っていますが、
     月30万近い額を家族が負担しています。初期費用や敷金礼金も必要でした。)

    特別養護老人ホームや養護老人ホームは公的機関の運営なので費用は抑えられますがそれは公的機関だからで、
    でも希望者が全員入れるほど数がある訳ではありません。
    介護保険導入時に、民間の参入を許すのではなく、ここを増やすべきだったと考えます。

    >介護職の収入は増えなくて働き手も増えないんじゃないですか。
    運営側が公的機関であれば、民間ほど「利益を上げよう」「儲けよう」とはならないでしょう。
    福祉で儲けようという考えが、介護職や利用者へのしわ寄せに直結すると考えます。

    国の補助金で運営し、利用者から入る費用はサービスにまんべんなく還元されればいいと思うのですが。
    汗水たらして働く介護士がそれなりの保障と対価を受け取れるようになれば介護職を目指す人は増え、
    人が増えればシフトも安定し、働く人の心の余裕ができ、利用者へのサービスに還元されると思います。

    >政府は景気が良くなるまでは、湯水のようにお金を使え!
    私もそう思います。それが経済が回る原理ですし、血税はそのためにあると思います。
    福祉は水準を下げさせないためにも、公的機関(役所)が行うべきという意見です。公共の福祉の理念です。

    ユーザーID:9981474968

  • 複数の横レス失礼致します

    >体が痛くても,苦しくても,寝返りを打ちたくても,痰が絡んで苦しくても,
    >なかなか来てくれない。
    >待っても待っても放置される

    多くの施設は利用者さんからのコールの優先度は高いです。
    すぐ対応に行かなければ何が起こっているか判らないので、安全の為。放置は有り得ないです。ただし現状、
    安全>最低限の介護(食事排泄入浴)>本人の意思(イレギュラーな要望等)
    となってしまっている状況です。

    >言うことをきかない我が儘なお年寄りもたくさんいるとは思いますが、
    >言いたいことのひとつも言えない忍耐強い方だってたくさんいるでしょう

    主張が強く要望の多い利用者様は1〜3割程度、少数派です。
    残る多くの利用者様は、多少頑固だったり気が強くても、ある程度は周りのことも考えてくれる優しい利用者さんです。
    最も悲しいのは、忍耐強い利用者さんほど後回しにされ、主張が強い利用者さんほど手厚く介護される状況です。
    主張が強い方はその場ですぐに自分の要求を通す為、あらゆる手段(危険行為含む)に出るため、職員がすぐ駆けつけざるを得ない状況があります。
    優しい利用者さんは「私は後でいいよ」と明らかに我慢して待ってくれます。
    本当は全員を平等に介護したいです。

    >それでもその人たちは自分でその仕事を選び、対価を得ているはずです。

    その通り、私の場合は学生時代から志し、前回レスに書いたように、少しでもニーズに添う時間を作る為、時期に関係なくほぼ毎日4時間残業し10年間必死にやってきました。
    それでもやはり愚痴は出てしまいます…
    介護業界を取りまく状況がこのままで良いとは思っていません。
    実習生の方が現場に失望の目を向け去って行くのも悲しいです。

    人手不足の解消を第一に望んでおり、対価を増やして欲しいとは思っていません。
    しかし対価が増えなければ人員が入ってこないのが現実なのでしょうか…

    ユーザーID:2240528632

  • 昔の話ですしね

    私も10年ほど前に、ヘルパー2級の資格をとりました。
    食事介助の機会はなかったのですが、
    トイレ介助の際、入居者さんをトイレの前にずらっと並べ、
    ポケットに介助用の手袋を何枚も入れ、
    一斉に介助していました。

    実際に、現場で働いていた時も
    一人で数人の食事介助はふつう。
    入浴介助は芋洗い状態。
    男女混合も普通・・・

    などという施設もありました。

    入居者さんに食事介助しながら、下の話をしたり、
    食堂でおむつ交換していたり・・・。

    こう書くとめちゃくちゃですね(笑)

    まあ、現実はどうあれ、
    ヘルパー2級の勉強をして、
    これから頑張ろうとしている人の前で
    ”介護の現場は綺麗ごとでは済まない云々”
    としたり顔で言うのはどうかと思います。

    実習生さんの前では基本が大切。
    勉強のために現場に来られているんですから。

    >介護の現場が、あんな非人間的な場所になってしまうのは、いったい誰が、何が悪いんでしょう?

    大丈夫ですよ。
    まあいろいろな現場はありますが
    当時よりはかなり改善されています。

    少しずつですが、良くなっていると思います。

    昔は”従来型介護”と言って、流れ作業が普通だったんです。
    それが、少しずつユニットケアに移行していっていますし
    形は従来型でも、個々を大切にするケアに代わってきています。

    現場も進化しています。
    もし、その気があれば
    せっかく取られた資格ですから
    現場で生かせてみてくださいね。

    ユーザーID:4176354976

  • ある程度は

    仕方がないことではあると思います。
    でも、それを標準にしちゃいけないと思うんですよね。

    私の場合は、そんな保育園に当たったことがあります。
    1歳の子供の口に、混ぜ混ぜのご飯を押し込んでました。食育も何もあったもんじゃない。
    私も初めての保育園がそんな感じだったので、そういうものなのかと悩みながら、でもやっぱり嫌で辞めてからしばらく復職出来なかったです。
    今働いてる施設では全くそんなことないですよ。

    お年寄りも子供も、あまり本人のペースに合わせ過ぎるのもどうかと思いますけど、普通に食べてて飲み込むのも待てないとなると、ただ単にその職員が待ってあげたくないってだけの話かと。そうして上の立場にいたいのかなって感じがします。ナメられたくないというか。
    そうやってパッパと済ませる自分は優秀だと思ってるんだと思います。ベテランの人に多いんじゃないですか?
    そういうのは本人の性格だと思いますけどね。

    ユーザーID:9744463957

  • 施設次第、金次第

    残念ですが、掲題のような傾向はあるのではないでしょうか。
    実母が施設に入っています。月25万から30万。
    高級というほどではないと思いますが、普通の生活をするには十分な手当をしてもらっていると思います。
    先日、昼食時間に訪問したところ、半分眠ってしまうような女性に、我慢強くスプーンを口に運んでいました。
    これは何かなあ、胡麻和えだよ〜、おいしい?、好きじゃない〜?などと話しかけ、反応を確認しながら食事をすすめていましたし、11:30ぐらいから配膳がはじまって、13時すぎまでいましたが、その女性の前には最後に一椀とスプーンが残っていましたよ。
    ころあいを見計らって食べてもらう算段をしているのだろうと思います。
    もちろん、資力がないからといってぞんざいな扱いをされていいわけではないです。

    ユーザーID:9069853245

  • トピ主です

    お返事が遅くなってしまい、申し訳ありません。
    いろいろなご意見をいただき、自分の考えがうまくまとまらず…大変失礼いたしました。


    初めの方では、私に対する批判が目に付きました。
    単なる感想を吐き出しただけのつもりでいたので、批判を受けるとは思っていませんでした。
    私の考えが足りず、言葉も足りなかったということでしょう。

    ただ…釈然としない思いはあります。
    なぜなら、介護以外のことで、そういう反応が起こるかな?と疑問だからです。
    たとえば、私がとあるコンビニで不愉快な接客をされたとして。
    ここに、「最近のコンビニスタッフ、ヒドくない?」と書いたとき、
    「ひとつのコンビニだけ見て、そんなことを言うのはおかしい」
    「コンビニの仕事を経験してみてから言えば」
    などという批判があるとは、思えないんです。
    介護の重要性を認識しているからこその反応かもしれません。
    真剣に考えられている証拠、と受け止めたいと思います。
    しかし、解決策を提示できない人間には、批判する権利はないんでしょうか?
    それでは、政治のことがよくわからない一般人は、政権批判もできないと思います。

    介護講座には公からの補助がある、ということは私も知っていました。
    ただ、無職になった身には、受講料はそれほど安くはなかったです。
    私は父母と叔父の3人を順番に、10年近くかけて看取りました。
    無給で介護する私がいたので、3人とも、介護保険はほとんど使っていません。
    父の末期のころは私も眠れなくなり、さすがに「来週からヘルパーさんを頼もう」という話が出てすぐ亡くなったので、我が家にヘルパーさんが来たこともありません。
    それで、受講料の補助ぶんくらいは節約になったのではないでしょうか?、
    面倒をみたのが自分の親族だからという理由で、私の受講がムダだとは思えないのですが。

    ユーザーID:4924967685

  • トピ主です2

    プロの介護職の皆さま、また親族を介護されたり施設に入所させた経験のある方々のご意見には、驚きや気づき、共感と、さまざまな感慨を抱きました。
    「10年前より良くなっている」という、希望を感じるお話もあれば、ショック倍増…というお話もあって。
    なるほど、現場によっても状況は違うのだな、とよくわかりました。
    また、人にもよるだろうとも。
    きつい状況の中でも最善をつくそうとする人、「しょうがないじゃん」で流す人。あるいは、これが最善と信じて、傍目には「ちょっと…」と思われても貫く人。
    本当にさまざまです。
    ただ、最善をつくしすぎると、ご本人の健康も心配ですよね。
    介護業界がブラックになることは、誰の望みでもないと思います。


    何より大きいのは、やはり「お金」の問題なのでしょうね。
    資金の潤沢な、いわゆる高級老人施設では、さすがに利用者の扱いも違うでしょう。(地獄の沙汰も金次第 という格言が浮かびました)

    予算の不足は人手不足に直結し、さらには介護の質も下げることになります。
    そして、待遇が悪い職場には、求職者が来ません。結果、「働いてくれるなら、資質は問わない」となってしまう。
    適性のない人や、もともと心根に問題のある人でも雇わねば回らないから。
    また、スタッフが疲弊して心まで荒れてしまうから、と推察します。
    本当に、命にかかわる問題です。

    また偉そうに、と思われるかもしれませんが、今回の発言については、自分が親を抱えていたからこそ、怒りもショックも大きかったのです。
    わが親が、こんな介助をされたらと思うと、いたたまれない思いでした。
    いえ、むしろ、自分が介護される側に回る日も近い。あんなふうに食べさせられるのはイヤだなあ、というのが正直な感情でした。

    ユーザーID:4924967685

  • トピ主です3

    「介護は公で」というご意見には、私も賛成です。
    営利企業に任せてよいことと、まずいことがあると思います。
    でも、何もかも公でまかなうことはできない相談でしょう。
    アメリカのように、自助努力中心で行くのか、北欧のように高い税金を納めて、国家に何もかも任せるのか。
    日本はその中間を進んでいるようです。「中庸」は立派な徳だけれど、ヘタをすると中途半端のそしりを受けかねませんね。
    日本の舵を今後どっちに切るかという話、それこそ政治家でも官僚でもない身には、口幅ったいことは言えませんが。
    でも、政治家官僚まかせにせず、みなが自分のこととして考えねばならないことではないでしょうか?(じっさい、他人事じゃないし)

    そういう意味でも、「初心者の視点はおろそかにできない」「外部の目が入るのが大事」というご意見には、感銘を受けました。
    素人は黙ってろ、というのはいちばん良くないと思います。
    できないことはできない。でも、それが正しいわけじゃないと、肝に銘じているかどうか。
    開き直ったような、あのときのヘルパーさんの態度は、やはり「違う」と思ってしまいます。
    まとまりのないレスになりましたが、真剣にご意見くださった皆さんに、心から感謝いたします。

    ユーザーID:4924967685

  • キレイゴトじゃすまないと思います。

    職員からの暴力行為があればすぐ大問題になりますが、実際はニュースにならない所でその逆の方がたくさん起きている事。
    仕事とそうでない事の線引きが非常にしづらい職場。
    帰ろうとした時に利用者さんにあなたに悩みを聞いてもらいたいと言われ2時間でも3時間でも相手になった事も、「雑談」と言われてしまえばそれまでですし、実際利用者さん達と話がはずんで、定時が過ぎても楽しくロビーで「雑談」続けるのもまた日常茶飯だったりもします。対人間の事なので。
    あと夕方という時間帯で、入浴の時間にもかかってきたりするので、風呂に入りたくないご利用者様の対応に苦慮し「やりかけた仕事は最後までやる」という事で、定時で上がれない事も私のいた施設は多かったです。
    そんな中で事務所で作業していた時間だけ切り取って何分というわけにもなかなかいかないので、結局何もなしという事になります。
    何より困るのは、介護の現実を知らない異業種の人からの「お年寄り(障害者)を悪く言うなんて、ひどい、かわいそう、あなた好きで福祉に行ったんでしょう?介護員失格!」という感情論です。
    これがあるので介護員はむやみやたら仕事の愚痴をこぼす事もできないのです。
    私は1年くらいしか身が持ちませんでした。
    介護の仕事をしている人には尊敬しかありません。

    ユーザーID:6665035786

  • トピ主さんのレス2件拝読しました。

    私のレス、単なる愚痴が多くトピ趣旨に添っておりませんでした。申し訳ありません。

    ご両親と伯父様の介護、お疲れ様です。
    殆どの高齢者は「自宅で最期を迎えたい」と仰います。
    施設や病院に入らず自宅で看取られたご家族は幸せだったと思います。

    施設職員は毎日帰宅し現場から離れる時間があり、休日もあり、体調を崩せば交代してくれる同僚がいて、介助法について悩めば同僚に相談できます。

    しかし家族介護者はご自身の生活を犠牲にして逃げ場がなく、休日なし、睡眠すら十分に確保できず、体調を崩しても代わってくれる人は無し、他人にも相談できない。
    心身共にボロボロになる介護生活に耐え、一人で最後までご家族を看取られたトピ主さん、尊敬します。

    繰り返しになりますが、トピ題の言葉は実習生に言う言葉ではないし、現場職員としても介護施設の環境がこのままで良いと思いませんが…
    ある程度効率優先になってしまうのは、全員の安全と最低限の生活を守る為やむを得ず、それは現場職員個人個人の力で大きく変えることは難しい現状です。

    私も流石に口に押し込む・ペーストぐちゃまぜ介助はしませんが、一人で4〜5人同時進行で食事介助したり(本当に人手がない)時間が無くなると7〜8割摂取で中断してしまうことはあります。
    夜勤は職員1名に対し利用者様20名。1人の利用者様の要望の為にサービス残業していたら「無闇にサビ残しないで欲しい、皆サビ残が当たり前の環境になってしまう」と上司に叱責されました。それも最もなんです…

    本当はこんな酷い介助したくない、もう辞めたい。と思いつつ、これ以上人手が減ったら…と思うと離職できず踏ん張り続ける職員も多いと思います。
    トピ主さんの思いは正しい、でも現場の誰が悪いわけでもない。
    ただ本来あるべき関わり方は忘れず、人手がない問題が10年後には緩和されていることを望みます。

    ユーザーID:2240528632

  • トピ主のは意見ではなく批判

    興味深く本文とトピ主・皆様のレスを拝見しました。

    研修を受け入れてもらったことに対する感謝がレスにないこと、習ったとおりに食事の介助をした場合で考えられる現場の不都合の指摘があったレスに対する言及がないこと、以上から、トピ主様はご自分への批判を本心では受け入れられず、レスされたのだと私はお見受けします。

    さらに、コンビニの店員のトピを立てたら、という仮説を拝見しましたが、立てたら立てたで「親切な店員さん多いですよ」とか「そんな個人の体験を言われても」という様々な意見が寄せられたと思いますよ。

    このトピの問題は、一人の介護職の方の対応を見ただけで「介護の現場は」と、主語を「介護職全体」に大きくしていることだと思います。木を見ただけで森を見たと思い込む、その状態です。

    その上での批判。意見ではなく批判。

    どなたかも仰っていましたが「こういうことを目にしました。あんまりだと思いました。しかし皆さんは本当に忙しそうでした。そこで現場の皆さんの本音を教えてください」でしたら、もっと建設的な意見が集まったと思います。

    私の意見を書けば、介護の人手不足を解消するためにまずは介護職の方の給料を上げるよう国や自治体からの働きかけが欲しいですし、介護される方の心身のケアをするシステムが必要だと思います。更には力仕事を補助できるロボットの開発だって有効ではないでしょうか。

    最後に介護職に携わられている方に心より尊敬と感謝の念を捧げます。認知症の祖父の介護は、プロの手を借りなければ本当にできるものではありませんでした。

    ユーザーID:7885558347

  • 主様は、何の為に実習がある・あったと思いますか?

    >父母と叔父の3人を順番に、10年近くかけて看取りました
    ご愁傷様でした。
    10年間、お疲れ様でした。

    主様は何の為に、実習がある・あったと思いますか?
    私は別資格(取得)の為に、国外含む色々な所で実習・研修等を受けています。偶に自分より経験が少ない方から、教えて貰う事もあります。

    研修開始前、自分の肝に銘じるのは、人生初の実習先・指導者の「実習中、指導者や他職員と相性が悪い事、考え方・価値観の違いを経験するでしょう。でも実習は、学校で出来ない事を学ぶ為に行われています。先輩方の良い所を見つけたら参考にし、悪い所は反面教師にすれば良いと考えてください。お互いに違い等について批判したり、ジャッジする場ではありません」との言葉です。

    後に、私も臨床指導者になり、なぜ指導者が最初にこれを言ったのか…良く分かる様になりました。
    実習生の中には
    義務を果たす前に権利の話
    自分の思い通りに行かないと指導者等の批判
    をする方がいますから…。

    >開き直ったような、あのときのヘルパーさんの態度は、やはり「違う」
    と感じるのは仕方がない事ですし、ヘルパーさんも言うべきではなかったと思いますが…前述の通り、私は主様の食事介助も正解とは限らないと思うので、一方聞いて沙汰するべきではないと考えます。

    主様は、職員の言動を評価する立場でしたか?
    実習で覚える・学ぶ所は、そこだったと思いますか?
    そのヘルパーさんや他職員から、学ぶ点は何もなかったのでしょうか?

    >コンビニ
    も深夜帯のシフト等が問題になっています。

    >待遇が悪い職場
    潜在看護師も少なくありません。

    >スタッフが疲弊して心まで荒れてしまう
    それは、何故だと思いますか?
    待遇が良ければ、心身疲弊しないと思いますか?

    5年以上前の出来事を、一方的に評価される実習受け入れ先がお気の毒だと私は思います。

    ユーザーID:3068337893

  • 一部分だけを切り取って、他国と比較する事は出来ませんよ。

    >アメリカのように、自助努力中心で行くのか、北欧のように高い税金を納めて、国家に何もかも任せるのか
    >日本はその中間を進んでいるようです。「中庸」は立派な徳だけれど、ヘタをすると中途半端のそしりを受けかねませんね
    >政治家官僚まかせにせず…

    主様は、食事介助1例から介護全般、更に海外との比較、政治まで話を広げていますけど…介護部分だけを切り取って、他国と比較しても余り意味がないですよ。

    各国、公的保険や医療・福祉制度も異なりますが、生死・延命に対する考え方・宗教観なども全く異なります。
    老い、生・死、介護の問題等を考える時には、その国や個人がどの様な社会・文化・宗教的背景を持っているのかを無視して話を進める事は出来ません。

    私はリサーチ等を多少勉強したので…
    勝手に主語を大きくしたり、一般化出来ない事を一般論として話を進める事に賛同できません。

    >初心者の視点はおろそかにできない
    >外部の目が入るのが大事
    確かに一理ありますが、その評価にバイアスがかかっていた(主観・先入観が入っていた)ら、その結果・意見には偏りが生じる可能性が高いので、どの様な【視点】か【目】か、知識や公平は判断基準も必要です。

    >みなが自分のこととして考えねばならないこと
    とお考えになるなら、もう少し広く情報収集をして(論文等を沢山読んで)、視野を広げ多角的+客観的に考える事をお勧めします。

    ユーザーID:3068337893

  • そんなものです

    福祉系の学校を出て私自身は福祉の仕事には就いていませんが、
    福祉の仕事に就いた友人達は言ってましたよ。
    「理論と実践は違う」って。
    なんだかんだ言っても現実としてやっていかないといけないし、
    どこかで折り合いをつけていかないといけないのでは?

    私は福祉の現場にいる訳じゃないので、
    どうのこうのって批判する立場でもないし、
    ただ話を聞いているだけでした。

    家族の介護をやったのは大変だったと思いますが、
    身内と施設では違うと思いますし、
    批判するなら自分も実践してみればって思いますが。

    ユーザーID:4397109637

  • 厳しい施設は実習させません

    うちの施設は、トピに書かれたような手荒な介助はしません。が、学生さんに介助もさせません。
    ヘルパー講座からの実習生は、そもそも受け入れていません。

    研修先でびっくりされたようですが、利用者さんを人間扱いするなら、ほぼ素人である実習生に食事介助などさせません。
    実習は「利用者さんにご協力いただき、行き届かない点をご容赦いただく」ことで、外部の人間が施設内に入るだけで問題といえば問題なんです。

    実習先は、それをやってもかまわないという判断で受け入れているので、うちの施設などよりいろいろ緩いところはあると思います。
    腹を立てる前に、まず資格も経験もない自分を実習させてくれた点に感謝の一言があるべきでは。大事な部分が欠けている人の意見は、説得力が弱いです。

    ユーザーID:8512885705

  • それを言うならヘルパー実習も問題

    トピ主さんが言っているのは、「私は自分の子供に合わせた教育をしたが、教育学部の実習で行った小学校は個性無視で酷かった」と言っているようなものです。個人相手と集団相手でも違うし、介護関連の環境はこの20年くらいでどんどん整備されているので、5年前にやっていた方法を今もやっているとは限りません。

    トピ主さんは一切触れていませんが、利用者視点で考えれば、実習と称して見慣れない・無資格の・外部の人間が食事介助につくこと自体、現在では問題になりかねません。キレイゴトで言うなら、正規職員でも有資格でもない実習生に実地の介助などさせられません。
    その施設は、実習を受け入れてくれて、たしかにキレイゴトじゃないんですよ。

    門外漢がちらっと見てびっくりした、という話ならともかく、実習という特殊な環境だったことまで棚上げして、全部見てきたような言い方は違うと思います。

    ユーザーID:8050320749

  • 看取り終えてまだそれですか

    ちゃんとしている施設はありますよ。
    ただ、ちゃんとしているがゆえに、実習生は入れません。
    誤嚥したら困るのはもちろん、本来は見知ったスタッフと雑談しながら楽しく過ごす時間を、実習生の拙い介助手技に耐えるだけの時間にしてしまいます。

    利用者さんは練習台ではないのに、トピの端々に
    >流動食を食べさせました。
    >足手まといになりこそすれ戦力にはならず
    などと、利用者目線ならそういう表現するかな?というのが見受けられ残念です。

    ユーザーID:0818823938

  • 反面教師にすればいいこと

    その瞬間に嫌だ、おかしいと思ったなら、それを反面教師にすればいいと思います。

    でも、いろいろな事情の入所者さんがいて、
    食事後に眠くなり嚥下機能が落ちる前に服薬させなきゃとか、
    昼寝前にトイレに行かせなきゃとか、
    午後のデイケアに出さなきゃとか、
    集団生活上の制約もあり、健康管理上の問題もありますから、
    そこまで知らないなら「自分はやらない」がせいぜいでは。

    はい次!はい次!と食べさせて、誤嚥しなかったなら、それはそれでプロの腕として見習うところもありますよ。
    かぼちゃとほうれん草の味の取り合わせがめちゃくちゃだとも思いません。
    トピ主さんがのんびりしていた分、職員が急がざるを得なかったことも考慮してください。

    食事を少ししか食べたがらず低栄養になりがちな入所者さんなら、
    最後の方はどうやっても嫌がります。
    本当にいろいろな方がいます。

    私も最近、食事介助の必要な人がいる職場にいます。
    まずは、食事介助のグッズも、介護食も、昔より豊富になっていてびっくりしました。
    スタッフさんの介助は、速いときは速いです。混ぜて問題ないおかずは、あえて混ぜていますよ。

    ユーザーID:3575549706

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧