生活・身近な話題

「介護の現場はキレイゴトじゃすまない」って…

レス55
お気に入り108

ナナハナ

話題

どうしようもないことですが、吐き出させてください。

私は数年前、ホームヘルパー2級講座(現・初任者研修)を受講しました。
就活の一環ではなく、親を在宅介護するためです。
最後の講習は、老人病棟での施設実習でした。
食事介助をすることになって、患者さんの席につき、スプーンで流動食を食べさせました。
講座で教わったとおり、「食物が口の中に残っていないことを確かめてから、次を食べさせる」を実行していました。
そのとき、そばにいたヘルパーさんが、私の手からスプーンを取り上げて、患者さんの口にどんどん押し込み始めたのです。
私はびっくりして固まってしまい…。もしかすると、非難の目を向けていたのかもしれません。
ヘルパーさんは、私の視線を撥ね返すように言いました。
「現場はね、キレイゴトではすまないの! マニュアルどおりに食べさせてたら、終わるころには次の食事の時間になっちゃう」
そして、はい次! はい次! という感じで、あっという間に食べさせてしまいました。
皿の上で別々のくぼみに分けてあった、かぼちゃのペーストもホウレンソウも、最後は一緒くたに混ぜて。
患者さんは、嫌そうな顔をしていました。

彼女の言いたいこともわかります。
少ない人数で、たくさんの患者さんの世話をしなくてはならない。時間だって、限られているんです。
私たち実習生は、足手まといになりこそすれ戦力にはならず、さぞイラッとしたことでしょう。
それでも、患者さんを人間扱いしないかのような介助は、あんまりだと思いました。
介護の現場が、あんな非人間的な場所になってしまうのは、いったい誰が、何が悪いんでしょう?
親を無事みとり終えた今も、あのときのことを思うとやりきれない気持ちになります。

ユーザーID:4924967685

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数3

投稿する
  • トピ主です

    お返事が遅くなってしまい、申し訳ありません。
    いろいろなご意見をいただき、自分の考えがうまくまとまらず…大変失礼いたしました。


    初めの方では、私に対する批判が目に付きました。
    単なる感想を吐き出しただけのつもりでいたので、批判を受けるとは思っていませんでした。
    私の考えが足りず、言葉も足りなかったということでしょう。

    ただ…釈然としない思いはあります。
    なぜなら、介護以外のことで、そういう反応が起こるかな?と疑問だからです。
    たとえば、私がとあるコンビニで不愉快な接客をされたとして。
    ここに、「最近のコンビニスタッフ、ヒドくない?」と書いたとき、
    「ひとつのコンビニだけ見て、そんなことを言うのはおかしい」
    「コンビニの仕事を経験してみてから言えば」
    などという批判があるとは、思えないんです。
    介護の重要性を認識しているからこその反応かもしれません。
    真剣に考えられている証拠、と受け止めたいと思います。
    しかし、解決策を提示できない人間には、批判する権利はないんでしょうか?
    それでは、政治のことがよくわからない一般人は、政権批判もできないと思います。

    介護講座には公からの補助がある、ということは私も知っていました。
    ただ、無職になった身には、受講料はそれほど安くはなかったです。
    私は父母と叔父の3人を順番に、10年近くかけて看取りました。
    無給で介護する私がいたので、3人とも、介護保険はほとんど使っていません。
    父の末期のころは私も眠れなくなり、さすがに「来週からヘルパーさんを頼もう」という話が出てすぐ亡くなったので、我が家にヘルパーさんが来たこともありません。
    それで、受講料の補助ぶんくらいは節約になったのではないでしょうか?、
    面倒をみたのが自分の親族だからという理由で、私の受講がムダだとは思えないのですが。

    ユーザーID:4924967685

  • トピ主です2

    プロの介護職の皆さま、また親族を介護されたり施設に入所させた経験のある方々のご意見には、驚きや気づき、共感と、さまざまな感慨を抱きました。
    「10年前より良くなっている」という、希望を感じるお話もあれば、ショック倍増…というお話もあって。
    なるほど、現場によっても状況は違うのだな、とよくわかりました。
    また、人にもよるだろうとも。
    きつい状況の中でも最善をつくそうとする人、「しょうがないじゃん」で流す人。あるいは、これが最善と信じて、傍目には「ちょっと…」と思われても貫く人。
    本当にさまざまです。
    ただ、最善をつくしすぎると、ご本人の健康も心配ですよね。
    介護業界がブラックになることは、誰の望みでもないと思います。


    何より大きいのは、やはり「お金」の問題なのでしょうね。
    資金の潤沢な、いわゆる高級老人施設では、さすがに利用者の扱いも違うでしょう。(地獄の沙汰も金次第 という格言が浮かびました)

    予算の不足は人手不足に直結し、さらには介護の質も下げることになります。
    そして、待遇が悪い職場には、求職者が来ません。結果、「働いてくれるなら、資質は問わない」となってしまう。
    適性のない人や、もともと心根に問題のある人でも雇わねば回らないから。
    また、スタッフが疲弊して心まで荒れてしまうから、と推察します。
    本当に、命にかかわる問題です。

    また偉そうに、と思われるかもしれませんが、今回の発言については、自分が親を抱えていたからこそ、怒りもショックも大きかったのです。
    わが親が、こんな介助をされたらと思うと、いたたまれない思いでした。
    いえ、むしろ、自分が介護される側に回る日も近い。あんなふうに食べさせられるのはイヤだなあ、というのが正直な感情でした。

    ユーザーID:4924967685

  • トピ主です3

    「介護は公で」というご意見には、私も賛成です。
    営利企業に任せてよいことと、まずいことがあると思います。
    でも、何もかも公でまかなうことはできない相談でしょう。
    アメリカのように、自助努力中心で行くのか、北欧のように高い税金を納めて、国家に何もかも任せるのか。
    日本はその中間を進んでいるようです。「中庸」は立派な徳だけれど、ヘタをすると中途半端のそしりを受けかねませんね。
    日本の舵を今後どっちに切るかという話、それこそ政治家でも官僚でもない身には、口幅ったいことは言えませんが。
    でも、政治家官僚まかせにせず、みなが自分のこととして考えねばならないことではないでしょうか?(じっさい、他人事じゃないし)

    そういう意味でも、「初心者の視点はおろそかにできない」「外部の目が入るのが大事」というご意見には、感銘を受けました。
    素人は黙ってろ、というのはいちばん良くないと思います。
    できないことはできない。でも、それが正しいわけじゃないと、肝に銘じているかどうか。
    開き直ったような、あのときのヘルパーさんの態度は、やはり「違う」と思ってしまいます。
    まとまりのないレスになりましたが、真剣にご意見くださった皆さんに、心から感謝いたします。

    ユーザーID:4924967685

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧