生活保護と連帯保証人

レス16
(トピ主0
お気に入り251

恋愛・結婚・離婚

主婦

事情があって離婚します。
専業主婦なので無職です。

数カ月生活保護を受ける予定なんですけど
それには先に部屋が必要で部屋探ししてます。
しかし無職なので連帯保証人が必要なんですけど、
連帯保証人が居たとして、
連帯保証人が居るような人でも生活保護は受けれますか?

その人に援助してもらいなさい的な事になりませんか?

ユーザーID:9479857171

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数16

レスする
  • そんなに簡単にはいかないと思います

    こんにちは。
    専業主婦で無収入だから生活保護、なんて簡単に貰えるわけないと思いますが…
    既に行政機関に相談にいかれたのでしょうか?

    まず、生活保護を受ける以前に働きなさいと言われると思います。
    トピ主様の年齢や健康状態は就労困難な状態なのでしょうか?
    就労可能なのに働いていなかったり、
    預貯金や自動車、契約している生命保険等の資産となるものがあれば生活保護はおりませんよ。

    離婚されるとの事ですが、慰謝料や財産分与等はありませんか?そうしたものも資産となりますから、当然保護は受けられません。
    また、借金がある場合も、まずは自己破産をすすめられます。

    お子様がいらっしゃるか分かりませんが、もし母子家庭になるなら生活保護の前にまず母子家庭に対する補助等ですね。
    生活保護は、持っている資産を使い果たし、可能な限り就労し、利用できる他の補助金や減免措置等を利用し、血縁者等の援助を受けてもなお、生活が出来ないほど困窮している場合に限り受給出来ます。

    申請すると、「○○さんが生活保護を申請しているが、援助は出来ませんか?」といった趣旨の問い合わせが行政から親族宛にいきます。そこで皆が援助を拒否してくれればいいですが、誰かが援助すると申し出たらその分は収入ありとみなされます。
    住む賃貸物件も、家賃が高い場合は安い物件や公営住宅に引っ越すように言われます。

    数ヵ月だけ生活保護を受けるというのなら、まずは就職して収入を得るのが先です。その上で、低所得者を対象とした税金の減免や年金の免除、母子手当て等を活用してやりくりされるのが現実的です。

    ご質問の件ですが、賃貸は保証人がいなくても保証会社を利用して契約できる物件があります。でも無収入では難しいのではないかと…?
    保証人になってくれる親族がいる場合、行政からその親族あてに援助の可否について問い合わせがいくと思います。

    ユーザーID:6043467826

  • 生保の前に就業すること

    あら50既婚男性です。
    生保受給申請に先立って強く就業を勧めらます。就業できない理由をお持ちですか。
    そこから。

    ユーザーID:9671309387

  • ならないはず

    でも、保証協会を使ったほうがいいと思います。
    必要なお金はご主人か身内の方から借りて、毎月千円とかでいいので返していきましょう。
    きちんと返せば信用が返ってきます。

    不安なことがあったら、生活保護課の職員さんに相談してみてください。
    調べてみると、民間の無料相談もありますよ。
    いろいろ不安でしょうけど、問題をひとつずつ潰していけば意外となんとかなります。
    一日も早く部屋と仕事が見つかって、生活が安定するといいですね。

    ユーザーID:6275268447

  • 就職してから離婚した方がよくないですか

    いきなり、生活保護を生活の基盤にする事を前提に離婚せずに
    まず、就職して経済的に自立してから離婚したらどうですか。
    あなたのためにも、そして納税者のためにも。

    ユーザーID:8754274551

  • まだ

    生保の許可はおりてませんよね?今何処に御住まいですか?実家とかでしたら話しになりませんよ?頼る身内もなく仕事が出来ない理由があって保護されると思いますが。

    詳しいことが書いてないので、専業主婦だったので離婚して生活保護を…と何て考え甘いのでしょうとしか思えません。

    ユーザーID:5699780869

  • 離婚前に職探し。

    障害とか働けない理由がないなら、離婚前に職探しでしょう。
    専業主婦なら家事は得意でしょうし、家事代行の需要は伸びてます。
    介護施設は年中人手不足です。
    夫に泣きついて時間を貰って、離婚前に仕事に就きましょう。

    次が部屋探し。
    職場に通いやすい地域で探しましょう。

    専業主婦だからって、生活保護には簡単にはなれませんよ?
    就業困難な理由が無いなら、単に働いてなかっただけで働けない訳じゃないんだから。

    これまで税金も減免されてきたんだから、これからは勤労と納税の義務を果たしてはいかが?
    気楽に「数カ月生活保護を受ける予定なんですけど」なんて書かないで欲しい。
    連帯保証人頼めるなら、数カ月分の生活費を借りればいいじゃん?
    一般人でもそう思いますよ。

    ユーザーID:8290436018

  • ならないでしょ


    連帯保証人には、トピ主さんを援助することができないか義務でもない方なら
    制度上は援助してもらえとはならないです

    離婚してまだ夫様と同居のうちに、安いアパートでも探しましょう

    >数カ月生活保護を受ける予定なんですけど
    どういういきさつで「数か月」だけということか分かりませんし
    生活保護に関する質問をすると、厳しいレスを恐れての事かとも思います

    自治体に相談に行かれるときに、かなり厳しい対応をとられますが
    その制度がどうしても必要なら、踏ん張って受給されるといいのかな

    とりあえず、アパート探しましょう
    連帯保証人が、トピ主さんの親族であっても
    援助命令が絶対ではないです

    ユーザーID:5982677482

  • 順番が違うのでは?

    生活保護受給の申請をすると、民法上扶養義務のある人に照会が行きます。

    生活状況や収入、資産状況、援助の可否などの調査があります。

    親兄弟に連帯保証人になってもらった場合、当然、親兄弟に生活保護の照会がなされますが、連帯保証人は家賃を払えなくなった時など、借主の責任が果たせなくなった時に代わりにその責任を負うということですよね。

    連帯保証人になり責任は負います、でも、生活の援助は出来ませんということを、行政がどう判断するかだと思いますよ。
    何かあった時にお金の面を含めて責任を負えるのなら、少しでも生活支援をしてくださいと、そう言われる可能性もあるのではないでしょうか。

    親族以外の人が連帯保証人なら問題はないと思いますが、でも、保証人等は親族で…という場合が多いと思います。

    まずは、トピ主さんが働くことが大前提になると思いますよ。
    数ヶ月間だけ生保を受けるということは、働けない特段の理由があるのではありませんよね。

    生活保護は、最後の最後の手段です。
    資産等も何もない、援助してくれる親族等もいない、働けない、働けても最低限の生活が出来ない場合に初めて利用出来る制度だと考えましょう。

    子どもがいれば母子家庭としての給付や、低所得者向けの様々な減免制度などの利用など優先されますし、働いたその上で、それでも補えない部分があれば、一部を生活保護で補完する程度になるかも知れません。

    離婚します、主婦でお金も仕事もないから取りあえず生活保護で…と考えているのなら、あまりにも安易であり甘いですよ。

    離婚を考えているのなら、仕事を探して収入を得ることが先だと思いますし、一時的に実家に戻ったり、多少でもお金を貯めて住居を見つけるのが順番だと思います。

    そもそも、連帯保証人がいても無収入の人に部屋を貸す人はいないと思いますし、生活保護受給者も敬遠されがちです。

    ユーザーID:6300561530

  • とりあえず、役所で相談する

    これから離婚、ということなので、まだ保護の申請すらしていないのですよね?

    アパートについては、地域によって生活保護の範囲で借りられる家賃が決まっています。まず、役所で相談してお住まいの地域では家賃がいくらのアパートまでOKかを確認しましょう。基準より高い部屋だと、基準内の部屋に引っ越すよう指導があるかもしれません。

    連帯保証人については、別に扶養義務があるわけじゃないので、連帯保証人がいることだけで「その人に養って貰え」にはならないと思います。ただ、生活保護は生活の実態を見ますから、実質的にその連帯保証人がトピ主さんを養っていると役所が判断すればダメかもしれません。

    ユーザーID:9079855248

  • 先に職探しでしょう

    離婚=生活保護、という発想が理解できません。

    就業してみて、生活していくに困るほどの賃金しか得られない、というならば、
    住居は公営住宅を申し込み、住居費を抑えたうえで、それでもさらに困れば、生活保護でしょう。

    ほかの方もレスしてくださっているように、保証会社を使うとお金はかかりますが賃貸の契約はできます。
    連帯保証人がいるなら、生活保護の申請時に役所から問い合わせがありますよ。
    助け合える人がいるのに税金は投入できません。

    どういう理由で離婚になるのかわかりませんが、「数か月生活保護を受ける予定」と言ったって、申請すれば「来月から振り込みますね」って言われるとでも思ってます?

    ユーザーID:6653600416

  • 質問にだけ

    連帯保証人がいるような人でも
    生活保護を受けることは可能です

    しかし生活保護をうける場合
    2親等かな?自分の親や子供たちに「○○は生活保護を受けるが、あなたたちで養うことはできませんか?」というような通達がいきます。

    ですので、「その人に援助してもらえませんか?」ということは
    役所で言われるかもしれませんし、もしかしたら、電話連絡などが
    いくかもしれません。どのようなご関係ですか?とかね。

    ユーザーID:6563053981

  • 離婚前に仕事を見つけて。

     専業主婦で離婚したからと生活保護申請するのは甘いですよ。
    離婚前に色々準備しないといけません。
    世の中甘く見てはいけません。

    ユーザーID:7725045325

  • そんなに簡単ではない

    福祉関係に勤めております。
    生活保護を受けるにあたっては色々な条件がいりますよ。
    資産になるようなものがあると認可がおりませんし、申請から数ヶ月かかることもあります。お身体不自由なんですか?働けるならまず働くことです。
    簡単ではありません。

    ユーザーID:9715258585

  • まずはハローワークです

    専業主婦なら離婚したら無職ですね。
    ならまず行く所は離婚前にハローワークです。
    特に体に問題無ければいきなり生活保護にはなりません。
    数ヶ月受ける予定と言っていますが、それってトピ主さんの
    脳内設定ではないですか?

    ユーザーID:6772732451

  • 大家ですが、今なら保証会社があります。

    賃貸物件を借りるだけなら、連帯保証人がいらない保証会社で代行してくれる物件があるでしょう。

    都内でも空室率10%、地方なら40%も空室がありますから借りられますよ。

    それに、生活保護の方だと、かえって大家としては滞納の心配がなくていいのではと思うのです。

    ただ、生活保護が終わった段階でまた問題は出てくるかもしれません。

    ユーザーID:7519117037

  • 生活保護をまず考える事に違和感

    賃貸物件の保証人は、代理人制度がありますから問題ナシです。

    それよか生活保護は無理だと思います。

    トピ主が障害があるとか、天涯孤独ならともかく。

    まずは仕事を探すのがいいと思います。

    ちなみに夜の仕事なら、お店が契約してる物件に住めます。

    他にも住み込みで働ける旅館の従業員とか、探せば色々あります。

    実家が受け入れてくれるなら、実家に戻って働き口を探す方法もあります。

    専業主婦だったから、生活保護って考えるトピ主にちょっと違和感。

    ユーザーID:9658806775

レス求!トピ一覧