愛猫の最期

レス11
(トピ主0
お気に入り34

生活・身近な話題

さきこ

先日、14年間一緒に暮らした愛猫を亡くしました。
すり寄ってきたり、気分のいいときは出迎えてくれたり、甘えてくれることもありましたが、抱っこがあまり好きではなく、ベタベタしすぎると、怒って何度も噛まれました。

私はそんな彼女が大好きでした。愛おしくて、大切で、ある意味、尊敬に近い気持ちもありました。

体調が悪くなってからは、ずっと横になっていて、元気だった頃のように、出迎えてくれたりはしなくなりました。
彼女の最期の日、家族に任せて私は、会社に行きました。会社から急いで帰ってくると、起き上がって、ふらふらになりながら、私のところまできてくれました。
今日は気分がいいのかなと嬉しく思っていましたが、その2時間後、亡くなりました。

いつも寝ていたベッドではなく、私の部屋に行きたがったので抱っこして連れて行くと安心したように逝きました。

恥ずかしい話ですが、私は最期の彼女の行動で私のことを好きでいてくれたことに気づいたんです。
苦しい中、私の帰りを待ち、最期の力を振り絞って、私と過ごした部屋を最期の場所に選んでくれたこと、安心したような表情、全部が悲しいはずなのにとても感謝してるんです。

腕にはまだ、彼女に噛まれた傷あとが残ってます。このまま治らず、跡になってほしいです。
見るたびにあの頃を思い出したいです。

私はまた、立ち直ることができますか?
涙が止まる日はきますか?

ユーザーID:3512676588

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数11

レスする
  • 別に急に立ち直らなくても

    別に忘れる必要はないし急に元気に立ち直る必要もありません。
    時間が必要なことだしゆっくりと普段の生活に戻ればいいだけです。
    それに14年もきちんと飼ってもらえたペットは幸せだったに決まってますから。

    ユーザーID:7910578215

  • 私も

    小町歴は長いのですが、読みながらこんなに号泣したのははじめてです。
    半年前に15歳の猫を亡くしました。
    私もふとした拍子に、何度も何度もあの子の愛情の深さを思い知ります。

    半年たっても、年甲斐もなくまだまだ声をあげて泣いてしまいます。
    トピ主さんがおっしゃるように
    ほんとうにこの悲しみから立ち直る日なんてくるんでしょうか。

    ただ、悲しいってことは、その分、私は幸せだったんだなとも思うんです。
    後悔や心残りは考えればきりがないですが
    あの子との思い出を、悲しみだけで塗りつぶしたくない。
    そんな気持ちで毎日なんとかがんばってます。

    ユーザーID:0086611232

  • いつも側にいますよ

    はじめまして。

    虹の橋を渡ったのですね。
    大好きな貴方の側で。
    私も2年前に12歳の仔を見送りました。
    後何日、生きていてくれるだろうか。。。
    話しかけると、しっぽで返事をしてくれていました。
    たくさん思い出を話しかけました。
    ある夜、
    私のパートナーの帰りを待ち、
    あの仔と川の字で寝て、
    ふと。。。深夜に顔を覗くと、
    安らかな顔のまま召されていました。
    今でも側に居る気がしますよ。

    ユーザーID:6993499676

  • この痛みも受け入れよう

    私は犬でした。15年生きてくれて幸せだけをくれた子です。死んだ時は後悔と感謝とあらゆる感情が渦巻きました。あれから何年経ってもその気持ちは消えないんです。

    でもこの痛みもあの子がくれる痛みなんだと受け入れてます。忘れるよりはずっと良いと思ってます。

    ユーザーID:7627308314

  • 涙を止めることはないです

    私も10年以上前に亡くした猫の最期を思うと
    今でも涙が溢れてきて言葉が出てこなくなります。

    ただ、今は悲しいと言うより
    いい思い出をたくさん残してくれたし
    何より今でも涙するほどの愛情を持たせてくれたと
    感謝しています。

    主さん、立ち直ることは間違いなくできますが
    涙を無理に止めず
    たくさん思い出してあげてください。

    ユーザーID:8430578081

  • つらい・・・

    自分もこういう日が近いうちに来るのかと思うと、他人事とは思えず。
    トピを読んで涙がでます。

    我が愛猫15歳。膵炎と初期の腎不全。
    一時食欲落ちたけど、今はいたって元気。
    毎日一緒にいるのが当たり前の日々がなくなるのかと思うと・・・だめだ、書いている傍から涙が出てきます。

    >腕にはまだ、彼女に噛まれた傷あとが残ってます。このまま治らず、跡になってほしいです

    この一言にハッとしました。
    私も腕に残っている傷跡を大切にします。

    ユーザーID:5800399053

  • 一緒にいれてよかったにゃ

    最期の時を大好きな人と一緒に過ごせて幸せだったと思います。泣けてきました

    ユーザーID:7881716053

  • 泣ける…

    猫ちゃんの深い愛情を感じます。きっと大好きなトピ主さんの匂いに包まれて眠りにつきたかったのですね。
    うちの猫も半年前に亡くなりましたが、最期は急変して入院中に亡くなってしまいました。
    なんの慰めにもならないでしょうけれど、そんな風に最期を看取ることができたのは神様のギフトと思いますよ。

    猫って愛情表現がもうひとつ分かりづらいけど、トピ主さんのエピソードで、うちの猫もそんなふうに愛情を持ってくれてたのかなと思えました。ありがとう。
    まだまだ、いっぱい一緒に泣きましょうね。

    ユーザーID:3770343395

  • 涙や辛さは消えない、のは分かってるから形見を残しました

    最終目標は遺骨ダイヤモンドを作る事です。
    (今も生きてる子がいるし、この先飼う可能性もあるので)


    それぞれの子に対して大なり小なり後悔や会いたい気持ちは今もあります。
    ふとした時に思い出して胸がしめつけられる想いを今もしています。涙も出ます。

    でもそれって悪い事じゃないですよね。


    だから立ち直ってます!とは言えませんね。と言っても、何を持ってして立ち直ってるというのか。
    無理して立ち直る必要は無いとも思ってます。

    でもどうしたら落ち込み過ぎないかを考えた時に形見を持てば良いんだと、小学生の頃に思いつきました。
    最初に考えたのは小学生だったので親に決定権があり個別火葬は無理でしたので、親に頼んで密閉容器に体毛と爪を残しました。

    それから私は全ての子たちの体毛や爪、個別火葬できた子に関してはそれプラス遺骨、をそれぞれ大事に持っています。
    最終的には遺骨ダイヤモンドを作ろうと思ってます。

    それを目標に、今は亡くなった子達の一箇所にまとめて写真と共に大事に保管してあります。


    泣いたって良いんじゃないですか?思い出してあげるのも供養です。落ち込んでも良いんです。亡くしたばっかりなのですから。
    でも落ち込み過ぎは、愛猫が悲しむんだ、と思って楽しい事を思い出してください。

    その子達が今も傍に居る安心感を貰って慰めてもらってます。

    ユーザーID:9645146793

  • 同じ境遇

    読みながら自分のことかと思うくらい似たような猫ちゃん、死に際で年齢も14歳
    と同じで親近感を感じレスしました。
    家の猫も5/27日早朝に私のベッドで寝ながら、最後は腕の中で息を引き取りました。
    具合が悪くなってからはトイレに行くためなのかなぜなのか分かりませんが、トイレに近い隅の自分のベッドで寝ていたのにその日だけは元気だった時と同じように私のベッドで一緒に寝たそうだったので連れてきて脇で寝たのですが、寝た途端にゲップばかりしているなと気にしながらも寝入ってしまった2時間くらい後に、急に苦しそうな泣き声が聞こえて目が覚めました。もう長くないなと思って主人を起こして私が抱きかかえましたが、かえって息が苦しそうなったのでまたベッドに寝かせてしばらくして更に苦しそうに瞳孔が大きくなって来たので再び抱きかかえて少したってから息を引き取っていきました。
    亡くなった直後はああすれば良かったと後悔ばかりでしたし、今ももっと早い時期に病院に連れて行って対策を立てれば良かったと後悔は尽きませんが、私たちなりに手は尽くしたと思って割り切っています。
    人でも動物でも天命には勝てません、天から与えられた命、寿命だと思います。
    家の猫は私たち夫婦に、主様の猫は主様とご家族に出会えて幸せな時間を過ごせたことを感謝して幸せだっと思いますので、思い出を大切にしながら元気に前を向いて歩んでください、猫ちゃんも飼い主さんの幸せを祈っていると思います。

    ユーザーID:1318623308

  • 思い出して笑える日は来ます

    愛猫が旅立って2年経ちましたが、今でも思い出すと辛いです。
    でも5年前、最期に立ち会えなかった愛鼬と比べると、立ち会えた分、受け入れるのも早かったような気がします。

    涙は止まりません。
    でも、思い出して笑う時間が日々増えていきます。
    泣き笑いすることもあります。

    立ち直れたか?と聞かれると難しいですが、そばにいないけど心の中では生きています。
    たまに話しかけたり、ふたりの話で盛り上がったり、日常になってきます。

    いっぱい泣いて、悲しみに浸る時間も供養なのかなと思います。

    ユーザーID:7487851174

レス求!トピ一覧