現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

小学校交流級の先生との関わり方

ひつじ
2019年6月27日 21:46

今年度より新一年の子供(IQグレーゾーン、自閉症スペクトラムの診断あり)の親です。特別支援学級に通わせており、科目によって交流級に通わせております。

入学してから交流級での子供同士トラブルが二件あり、その度に交流級の先生の対応にモヤモヤしておりました。トラブルの内、一件は明らかに相手の子に非があり担当の先生の対応以外は私も納得した感じで収まりました。

その時の先生の対応というのが
(私)お忙しいと思い、交流級の連絡帳に状況説明→(先生)連絡帳に返信、対応→(私)謝意→(先生)対処の詳細を記載、謝罪

私のイメージでは、対処の詳細などはお電話で頂けるかなと思っておりましたが、御多忙なんだろうと自己解決。ただ、その後、偶然校内でお会いした時に “ごめんね〜”とタメ語言われ、モヤっとしました。

二件目はちょっかいをよく出してくる子とのトラブルで、暴力?と暴言を吐かれたとの訴えが子供から続いた為、また偶然会った際に“交流級で仲良くしてくれる子が居るらしいですが、殴られた等と言っております”と簡潔に報告→支援級の先生から支援級の連絡帳に謝罪、交流級の先生からは何もなし→(子供曰く)当事者同士と交流級の先生が話し合い、先生が相手の子を叱咤、その子が泣く→翌日、学校専任、両者の先生、当事者で話し合い→一応その場は収まる、支援級の先生からお話はあったが、交流級の先生からは何もなし

そして、本日、ある授業で交流級に行ったらしいのですが、その教科は行なわれず。筆記用具が入らない授業だったので筆箱は持って行ってませんでした。他の子が、連絡帳に“好きな〇〇”を書いている間、先生からは待っているよう言われ、次は文字のドリルをやっている間もただ待っているよう言われたそうです。子供は読み書きできます。

今まで細かい事は目をつぶってきましたが…公立の先生ってこんなものでしょうか?

ユーザーID:7024319537  


お気に入り登録数:13
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:8本

このトピックはレスの投稿受け付けを停止しました。
タイトル 投稿者 更新時間
先生も優劣色々
成人当事者
2019年6月28日 2:55

ごめんねー、の一言だけでモヤる親はめんどくさいですね。
連絡帳に書いて伝わった案件はきちんと対応しているようですし。

時間が許す限り、許可を得て学校での我が子の様子を見る。
大抵何回か見るうちに特支の授業が成り立っているかどうか、感じられるでしょう。

不安要素を感じたなら、なぜなのか?
我が子が忘れ物が多いから?
他害が有る子による暴力?
他害の子の暴力の前に我が子に暴言は無かったか?

授業観察で教諭に問題のある言動が散見されれば、客観的事実のみを校長教頭なり上に相談してもいいと思います。

筆記用具不要、この連絡そのものが真実だったか?
体育以外は筆記用具は必要なはずでは??

大抵は授業の科目変更は最低でも前日に連絡帳に書いてくるだろうけれど、
当日変更有りの学校だったら、「交流級デイパック」でも用意して、体操着も筆記用具もドリルも一切合切全部持たせてしまえば
○○を持っていなかったので一人だけ待たされた、という事態だけは避けられます。

ほぼ全員待たされることは普通級でも日常茶飯事なので目をつぶりましょう。

ユーザーID:4819147959
そういうものです
にこ
2019年6月28日 4:21

公立小で教員をしています。
主さんが何に問題を感じているのか理解しかねます。
普通は、支援級担任が対応し、保護者にも支援級担任が
説明します。窓口が二つあると、ズレが生じたり、
保護者の方の手間が増えたりするからです。
交流級担任が直接連絡帳に書いたり、電話をかけて説明する
ことは稀です。そのための支援級担任です。
理解しましょう。

ユーザーID:3848994849
支援級在籍なら
シコーサクゴー
2019年6月28日 8:39

うーん…。

我が子も特別支援学級に通っており交流学級がありますが、良いことも悪いことも支援学級担任からの報告で、交流学級の先生からの直接の報告はありません。
学校公開や行事等でお会いしたときに、こちらからお礼を言いに行くくらいですね。

支援級に在籍しているなら、トピ主さんへの対応は支援級の先生です。

そもそも交流級での活動は、その子が一人で行って問題無く活動を終えて帰って来ることが前提では?
たびたびトラブルがあるということでしたら、まずトピ主さんが交流の際に何回も見学に行き、何が起こっているがトピ主さんの目で見てから、交流を継続するか継続するならどういう形にするか、支援級の担任の先生と相談した方が良いと思います。

今のまま、お子さんの言い分のみを真に受けて、交流級にクレームを申し立てているだけでは、交流級の負担が大きすぎると思います。
お子さんへの対応はトピ主さんが一番ご存じのはず。
学校保護者子どもが一体となって、知恵を出し合い、今の問題に対応していくことが大事だと思います。

公立の先生云々は、そもそも私立学校に特別支援学級があるところはものすごく少ないですよね。
ということは、私立では特別支援教育に対応できないということです。
それほどいろいろな面で難しい特別支援教育を担ってくれている公立学校に、「公立の先生って…」などと言っても意味がないと思いますよ。

ユーザーID:5657903495
うちには家族に小学1年生がいます。
匿名
2019年6月28日 8:53

担任の先生は学年主任です。
とても厳しい先生です。

1年生の担任の先生は日々大変だと思います。
グレーゾーンの子は、各クラス何人かいると思います。

先生には悪気はなくて、ただ一日を無事にクラスをまとめて授業をこなすので精一杯だと思います。
交流級の先生に我が子に目をかけてもらうことはそれほど期待しないほうがいいと思います。

子供のけんかも、けががなければ目くじらをたてなくてもいいと思います。
あまり神経質にならなくてもいいのではと思いますよ。

なんなら空手とかテコンドーとか合気道をならわせて体力のある強い子に育てるほうが得策かと思います。

ユーザーID:8966010887
交流級の先生はそんなもん
ええと
2019年6月28日 11:10

 交流級の先生は差こそありますが、そんなものと言えばそんなものです。目をかけてもらえたらラッキーと考えたほうがいいです。そういう状況だと、支援学級の先生は何をしているんだい?ということになりますね。

 あとは…普通学級は当日の予定変更もざらにあります。なので、うちの子の場合、朝の会は交流級のものを受けて1日の予定を自分で把握し、支援学級で先生に予定の変更を報告、不測の事態で自習、授業中断があった場合は支援学級に戻る等、原則自分での対応をしていました(最初こそ手を借りていましたが、1年生のこの時期にはできていた。できない子は補助の先生がつく感じ)


 小学校で1日の予定を把握できない、自分でうまく対応できるようにならないようだと、正直今後がものすごく厳しいです。小学校の支援学級は、たまに変な先生もいますが、基本至れり尽くせりだから天国なんですよ。これになれると中学校で本当に地獄をみますよ(ただいまそれを大いに実感中)。

ユーザーID:6217037683
トピ主です
ひつじ(トピ主)
2019年6月28日 23:44

皆様、ありがとうございます。

閉める前に補足させて頂きますと、
◎子供は連絡帳で一日の流れを把握できており、これまで忘れ物はあまりなく、下敷きくらいです。授業の変更は前日はおろか、教室に行くまで知らされておりませんでした。これは一部の方が仰っている忘れ物に当たるとは思いません。実はこれが知る限り2度目で、前回は教科書を自ら取りに帰りました。今回も取りに行かせなかったのが、疑問です。

◎子供は言葉が遅いです。親の欲目でもなんでもなく、傷つける言葉は吐きません。自らちょっかいを出す事もないです。弁の立つ女の子に一方的にキライやら出て行けと言われ、何も言い返せないタイプです。

◎勿論子供の言うことを鵜呑みにはしておりません。今まであくまで 感情論でなく“クレーム”ではなく事実確認と解決を先生方にお願いしてきました。具体的な要望は特にせず。それがワガママなんでしょうか?

◎詳細は書けませんが、事実がはっきりしていない事で支援級の先生からこっ酷く怒られ(普段から口が酷いと生徒間で有名な先生)、結果 その事件の話をするとゴメンナサイゴメンナサイとあやまったり、無表情に“〇〇さんは悪くない,仲良しだよ”と言っている子供のメンタルが心配です。色々な事を切り離して冷静にならなければならないのでしょうが。皆様のおっしゃるとおり、一般的に“些細な事”なのかもしれませんが、つみかさなるときついです。面倒な親かもしれませんが、教師が親にタメ語などもってのほかだと思います。嫌な事をされ、我慢して、へらへらと“ごめんねー”と言われたら、嫌な気はしないものなんでしょうか?

◎怪我がなければよしと、と仰ってる方がいましたが 私は疑問に思います。心の傷って大きいんじゃないでしょうか?

ユーザーID:7024319537
トピ主です
ひつじ(トピ主)
2019年6月28日 23:48

あまり補足をしておりましても、心がかえって磨耗していくように思います。勿論私が100%正しい選択をしているかというとそれも疑問です。
こちらでは感情論も加えてしまいましたが、実際は これまで穏便に済ませる努力はしてきました。ご多忙の中、細やかな配慮をして頂ける先生方もいらっしゃるのでいつも謝意を示しております。が、細かい事が積み重なるとやはり大きくのしかかってきます。
私自身、確かに小学校の壁にぶちあたってしまっているのかもしれません。もう少しメンタルを強く持とうと思いますが、困っている子供にも寄り添ってあげたいと思います。色々なご意見を頂きたく投稿致しましたが、やはり専門の第三機関に相談します。ありがとうございました。

ユーザーID:7024319537
支援級の先生としっかりコミュニケーションをとる
おばちゃん
2019年6月29日 7:25

支援級在籍の子に関して、交流級担任がその子の保護者に直接連絡することは、普通はないと思います。
支援級在籍ならその子の担任は支援級の教員ですから、支援級在籍の子の保護者への対応は支援級担任の仕事でしょう。

現在の学校現場では、支援級と交流級両方の担任が完全に統一した見解をもって保護者と関われるほど密度の濃いコミュニケーションをとるのは相当難しいと思います。窓口は支援級担任に一本化した方が良いと思います。

主様は、お子様からの伝聞で学校側の対応を判断しているようですが、そこはお子様の発言を信頼しすぎずに、支援級の先生と大人同士としてしっかり話をして判断した方が良いと思います。
また、お子さんが状況の全てを説明できているとは考えない方が良いですよ。
子どもの認知力や判断力は未熟です。子どもが語っていないことの方が重要なこともよくあります。

今回の例では、トラブルへの具体的な対応は成されているようですね。

また、小学校では様々な理由での予定変更は日常茶飯事です。
そこに自分で上手く対応できるようになることは大事ですが、1年生では難しいでしょう。

教科変更があった時、お子さんが課題に参加できなかったのは、一緒に交流級に行ってサポートする教員の配慮不足だったかもしれません。支援担当はいなかったのでしょうか。

そのあたりの具体的な事情は支援級の担任に直接聞いて確認した方が良いと思います。
「交流級に行く時に、専用サブバッグを作って、筆記用具と自由帳くらい持たせておいた方が良いでしょうか?」「交流級の机の中に筆記用具を置いておけるように、もう一セット用意しましょうか?」など提案してみてはどうでしょう。

支援級の担任が信頼できる方かどうかはまた別の問題ですし、交流級の担任の言葉遣いが気になるのは主様の捉え方の問題でしょう。先生の個性も様々です。上手に協力しあえると良いですね。

ユーザーID:1381419620
 
現在位置は
です