ワードvsパワポ

レス39
(トピ主0
お気に入り203

キャリア・職場

招きわんこ

レス

レス数39

レスする
  • パワポの方が使いやすい

    ワードは、小説のような長文作成推敲に向いたツールです。
    パワポは、プレゼンツールですが、Illustratorのようなドローツールに似た操作のしやすさがあります。

    ワードは、行数や文字数によって見えない方眼があり、そこに入らない画像や表の配置や調整がめんどくさいです。文字ですら、方眼とはズレた位置から打ち始めるにはテキストボックスを配置するなど、手間がかかります。
    おまけに、文字をいくつか削除した拍子に、隣にあった画像がどこかへ飛んでいって消えてしまう、という怪奇現象にも悩まされ精神安定上好ましくありません。
    一方パワポは、文字の打ち始めは必ずテキストボックス(のようなもの)を作成しますので、文字方眼はなく、どこにでも文字を配置出来ます。画像が飛んで行ってたしまうこともない。
    パワポで文書作成する人は、こういう取っつきやすさと安全性求めているのでしょう。

    個人的には、パワポよりドローツールの方が文書作成しやすいと思ってます。
    フローチャートや組織図や事務フロアの精密なレイアウト図や図入りの説明書や社員食堂のメニューや、イベントのポスターや看板も作れる。もちろん専門知識があればオフセット印刷用の広告原稿も作れる(そこまでは求めませんが)。
    オフィスツールが、ワード・エクセルだけなんて考え方が変でしょ。同僚等がエクセルで作図しているのを見ると非効率すぎて「あんたら正気か?」と叫びそうになります。
    プロ用のグラフィック作成ツールや組版ソフトとしても使用されるAdobe IllustratorやCorelDRAWは高価なので、明日から導入というわけには行きませんが、1万円前後〜数千円で買えるドローツール(代わりに商用印刷用のCMYKカラーモードには非対応)はありますので、多くの人に触れて欲しいですね。

    ユーザーID:7688869006

  • 思い違い

    MS-Wordは,もともと「一行xx文字」という考え方では作られていませんし,罫線を駆使するようにも作られていません。また,ページ単位で版数管理するには向いていません。
    一太郎とは異なり,罫線で絵を描くようなことは無理です。


    MS-Excelは,原稿用紙ではありません。
    個人的に使用する以外,あるいはそれなりに開発したものでない限り,マクロ(含むVBA)は一利はあっても,百害があります。


    PowerPointは,百ページを超えるような文書作成には向いていません。
    動画機能やページ内のスライド機能は,却って理解し辛くなります。

    ユーザーID:3096402246

  • 業界によるのでは?

    いろんな企業文化がありますので、営業先に合わせて企画書作ればいいんじゃないでしょうか。「○○でないとダメ」みたいなことを言ったところで、相手のある話ですし。

    PowerPointは1枚物で自由度が高く作れるという理由だと思いますが、私の周りでは「パワポで企画書出してくるのは中身詰めてなくて見た目でだまそうとする人」というイメージです。無意味にフォントの大きさとか配置を変えられると認知に負担がかかり、中身の理解が難しくなりますから。

    「読めばわかる企画書」じゃなくて「営業がついてきてしゃべらないとわからない企画書」って感じですかね。口で説明されると時間が拘束される上、読むより時間がかかります。説明にくる人は「口八丁で丸め込む!」という意欲があるのかもしれませんが、相手にする側にとっては時間の無駄ということもわかってほしいです。

    ユーザーID:3981059572

  • トピ主です

    更なるレス、ありがとうございます。

    Wordの「!????」パニックも私はしょっちゅうで、
    「戻る」矢印や Ctrl+z は私の必須機能です。

    Excelに文書を入力するように指定される時も、
    ちょっとした動作(コピペとか、ミスタッチとか)によって、
    私には理解不能のフリーズが起きたりするので、これも苦手ではあります。

    PowerPointで「文書」を作る作業は、
    画用紙に付箋を貼り付け続けて文字を打っている気分になり、
    これも何だかしっくりしない・・・と思っていました。

    皆様も、色々と工夫されたり、機能を活用されたり、
    またはお節介機能にウンザリしたり、なんですね。
    常に「ソフトやシステムに弱い」というコンプレックスがある私は、
    ちょっと嬉しかったです。
    (一応、地道に勉強はしていますが、
    コンプレックスにより、バグやフリーズが起きた際に
    「私、何かやっちゃった?!」とパニックになり、
    「こういうこともあるよね」という余裕が無いです。。)

    ありがとうございました。

    ユーザーID:1626423855

  • 難しいから

    簡単なことです。
    要はどのソフトも難しいからですよ。
    だから、プレゼンテーション用のソフトを使って文字だけの文書作ったり、スプレッドシートでイラスト満載のファイル作ったり…

    結局何のソフトを使ってよいかわからないから格好がつくようなことばかりやりたがる人が多いのです。
    正直、ほぼワードプロセッサでできることばかりの事です。それだけ各ソフトが機能的に「過剰」って事です。

    ちなみに私はLibreofficeというものを使っています。全く問題ありません。しかも無料。互換性もバッチリ、OSもマルチプラットフォームで手放せません。

    ユーザーID:5000066534

  • ワードが苦手な人が出世した

     長文読むのが苦手な人が出世した
    →ワードで提出される書類は嫌がられるようになった
    →みんながパワポを使うようになる
    →みんながパワポに慣れてそれが当たり前になる
    →現状

    実態としてこんなところじゃないでしょうか。
    社内でパワーのある人が推奨する、
    あるいはその人のところで引っかかりにくくするための”お作法”が
    自然と会社のスタンダードになる、というのは割によくあることだと思います。

    その”お作法”が、気が付いたら世間とは相当かけ離れていた、
    というのもよくあることですね。

    ユーザーID:1081001413

  • トピ主です

    色々と教えてくださり、ありがとうございます。
    みなさまの、ソフトの使い方に対する企業文化などの考察も興味深く読ませていただきました。

    教えてくださった使い勝手の良いソフトも、今後、自宅での作業などに使ってみたいと思います。

    先週で、PowerPoint指定の派遣先は終了になりました。
    少し休んで、別のところに勤務予定です。
    今度はどんなソフトを指定されるでしょうね。
    ちょっと楽しみになって来ました。
    みなさまのおかげです。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:1626423855

  • なるほど

    議事録やリリース文など、文書作成にはワードです。

    なぜなら、それを複数の人に見てもらう時「校閲」機能を使えば、どこをどうなおしたか一目でわかるからです。
    文字数も簡単に数えられる。

    で、パワポは使っていて楽しいですね。

    ユーザーID:4400750207

  • お絵かき好きなのでパワポ好き

    パワポの和英翻訳、好きです。
    いかにして元のデザインを変えないで同等のインパクトをだすか、
    という翻訳者冥利につきる作業だから。
    翻訳メインなら、パワポのデザイン調整までは含まれなくてもいいと思うけれど、
    日本人はなんでも十把一絡で頼みがちですしね。
    特に翻訳作業を知らない人は雑だなあ、と思います。
    私もワード、嫌いですよ。勝手にフォーマット変えるし、マシンによってデフォルト違ってたりするし。
    でもエクセルも、1セルに格納できる文字数が限られているから和文英訳すると、行数増やしてセル結合しなくちゃならなくなる。
    そうなるともう表ソフトとしては使えなくなっちゃうし。
    資料は適材適所にしてほしいですね。

    ユーザーID:0872108456

レス求!トピ一覧