新しい上司の発言に怒りが爆発しそう

レス82
お気に入り113
トピ主のみ6

真剣白刃取り

男性発

40代の男性サラリーマンです。
相手は4月から上司として異動してきた6歳上の部長です。

私は工場で安全衛生関係の業務を課長の立場で行っています。
同時に、プライベートではある競技を行っています(種目等はぼかします)
選手登録して正式に大会に出ておりますが、スポーツ全般いに言えることですが、怪我の可能性は否定できません。
一度、骨折で入院したことがあります。

新しく来た上司は
「安全やっている課長が骨折してもそれを辞めないのはおかしい。すぐやめろ」
とことあるごとに口を出します。
その上司はとにかく「普通」を口にする人で、車の色もちょっと変わった色
(黄色とかオレンジとか)の車に乗っている人がいると
「どうしてあんな変な色の車乗ろうと思うのかな」
というくらい、一般的なもの以外は認めようとしません。

先日、また言われたのでついむっとして(でも理性で少し言葉を抑えて)
「趣味で怪我するのがダメなんですね。でも部長は趣味のドライブで一度入院していますよね。じゃあ生活に必要じゃない運転は辞めるべきじゃないですか」
と言ったら「それとこれとは話が違う。趣味のドライブなんて誰でも普通にやっていることだから怪我したからやめる必要はない。お前の競技は社内どころか知り合いでもやっている人なんていないような特殊なものなんだから話は別だ」
とイライラした調子で話を打ち切りました。

正直次に言われたら理性でとどまる自信がありません。
「部長は喫煙者ですけど、衛生を管理する部長が喫煙なんておかしくないですか」
「そもそも、スポーツを「アハハオホホ」レベルでしか経験していないチャラついた人に競技について語ってほしくないです」
「じゃあ会社の飲み会で酒で失敗した人は全員禁酒ですね」
とか言ってしまいそうです。

皆さんは私の大人げない反論ふくめてどう感じますか?

ユーザーID:8187806065

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数82

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを停止しました
  • そろそろお気づきかと思いますが

    その上司にご自身の考えを理解させようとしても
    無駄ですよ。

    かなり非生産的なお話しをされているように思います。

    その上司の一言で職場の皆が楽しみとしている
    競技活動がなくなってしまう可能性があるなら戦うべきですが
    あなた一人ではどうしようもできないように思います。
    ならば同志をつのり、上司に正式に面と向かってみなでお話をすべきです。

    あくまでも、その方があなたの
    上司です、何を意見してもそれは「口答え」ですよ。

    ユーザーID:7997786036

  • 率直な感想

    気持ちはわかりますが、あなたのやろうとしていることは組織人のそれではない。
    上司と部下の関係性というのは日本は縦社会ですから、納得いかなかろうが不条理だろうが表面上は流し、仕事に集中し、愚痴はプライベートで発散するのが賢いやり方だと思いますね。

    上司だから全て人格者とは限りません。
    当方、超エリート管理者が定期的に赴任してくる職場にいましたが、正直おかしなやつら(失礼)のほうが多かったくらいです。
    それに一々ムッとして口答えしていたらキリがないし意味もない。
    それで変わるくらいの人間ならば最初からもっとまともですよ。

    あなたが言い返した件も「それとこれとは話が違う云々」と言われたみたいですが当然。
    あなたの立場を悪くしただけじゃないのかな。
    まあ内心、上司に一太刀浴びせることはできたのかもしれませんが。

    その後の「これも言っちゃいたい」という言葉の数々、あなたの言葉どおり完全に「大人げない」の極み。
    なんで流せないんだろうこの人は、幼いな、という印象ですね。職場の上司と部下なのに。

    ユーザーID:2061399323

  • 上司なら私生活を拘束してもいい?

    これって、日本の会社特有の問題ですよね

    個人が休日にやってる趣味まで、上司が口出しするのはおかしい。
    何も違法なことをしているわけじゃないのに。

    出勤時間、仕事を頑張れば十分じゃないですか
    365日、休日まで会社のためにささげなければならないのでしょうか?

    ただ、長々反論しても上司は理解しないし、トピ主さんが書いておられるように大人げなく見えるかもしれません。
    もし今度、上司に言われたら、「個人の休日の過ごし方や趣味まで会社が縛るのはおかしい」と、一言で済ませるようにしましょう。

    ユーザーID:1285773928

  • 普通って大事

    スポーツを止めろって言われるのは腹が立ちますよね。
    なんの権限があってプライベートにまで口を出してくるのかってことですが、
    上司としては気持ちはわかります。私もよく怪我する武道をしているので言われますし、私の部下が怪我するようでは困りますし心配です。
    それに、いくら多様な社会って言っても、やっぱり普通って感覚は大事。普通ってなんやねんってのもありますが、あきらかに普通じゃないってのもあるわけで、みんな自分は普通だと思っていますが、実は普通じゃないこともある。だから、普通って間隔は大事で、あきらかに普通じゃない人が権利を主張してくるとそれ以外のひとが困るんですよね。
    だから、上司としてはたくさんの部下を見ていくには普通って尺度で見ないといけなくなるんですよ。逆にそれがないとなんでもありってことになっちゃいますから。
    腹が立つのは分かりますが、特殊なスポーツと車の運転を一緒にしたらダメですよ。それは普通なことではありません。
    社会人である以上、怪我しないのも責任感ですよね。
    上司は嫌がらせで言っているのではなく、あなたを心配して、もしくはあなたが必要な人だから、そう言うのではありませんか?

    ユーザーID:4157909581

  • それ、ハラスメントですよ

    録音しておいて、
    その発言(スポーツをやめろ)、ハラスメントですよ。

    と言う。
    どんな反論しても、通じない人には通じません。
    でも、ハラスメントくらいは知っていると思うので、これが一番ではないでしょうか。

    ユーザーID:8572723731

  • そうムキにならないで

    その反論は封印した方が良いと思います。
    そう言われると上司も余計意固地になりそう。

    私と主人も怪我の多いスポーツを永年やっています。
    主人が怪我をした時(ちょっとした捻挫)、上司に辞めろと言われましたが、のらりくらりと交わしてお終いでした。

    真面目に対応するからムッとするんじゃないでしょうか?

    「すみません、気をつけます」でいいのでは?


    勿論、入院しないといけないような怪我だと迷惑をかけますのでヘラヘラという訳にもいかないでしょうが、今怪我していないのに過去の事を持ち出してウダウダ言われる事に対しては軽く聞き流せばいいと思います。

    スポーツに怪我はつきもの、怪我しないように柔軟性や筋力をつけ、ウォーミングアップやクールダウンも入念にし、配慮しながらスポーツを楽しみましょうよ。
    まぁ、きちんとしていても怪我する時はしますが(失笑)、意地でも怪我しないぞという気持ちで。

    「屁理屈」「ああ言えばこう言う」と取られるような反論はしない方が良いと思います。

    ユーザーID:9675637795

  • それで何か解決しそう?

    ムカムカする貴方の気持ちはわかりますが。

    ただ、貴方がそんな反論して何か進展がありそうでしょうか?
    貴方の「理屈」を聞いた上司が、「なるほどそれも一理あるな」と考えや発言を改めてくれるでしょうか?

    それならまあ言ってみることに意義があると思うが、単に「売り言葉に買い言葉」「余計互いにムカムカして関係がギクシャクし、仕事にも差し支える」状況にあるなら、もう少し考えてから発言した方が。

    「反論することでムカついた気持ちが多少スッキリ」と「言った結果のマイナス面」を考えて言うことがどの程度得策なのかどうかと。

    どうせ辞めるから最後に言いたいことを言ってやるというならともかく、当面、その上司と仕事をしないといけない仲なら。

    部長の発言を苦々しく思い、貴方の方に同情してくれる第三者がいても、貴方のその「反論」を聞けば「どっちもどっち」と思い、貴方をよく評価してくれるとは思えない、

    ユーザーID:2074806557

  • キレやすい人?

    トピ主さんも十分ご理解なさってるように、その上司は自分の価値観でしか物事を測れない、独善的な人です。そういう人をまともに相手にして、納得させられるはずはないことくらいは、トピ主さんもあきらめはつきませんか?

    競技についてあれこれ言われても「そうですねー、自分でもそろそろ潮時かとは、毎回思うんですけどねー」などと言って、適当に流しておけばいいんじゃないでしょうか。実際には私生活のことなので、業務命令でどうこうできることでもありませんし。

    トピ主さんももう新入社員ではないので、上司部下問わず、いろんな人がいるのを飲み込んで、ある程度流しながら、それぞれの人の長所を業務に活かせるように工夫できるようになっていいくらいのキャリアです。
    自分は部下だから一方的に使われるほうと思わないで、環境の中で自分の業務を最適化していける技能を磨くことを意識したほうがいいですよ。

    ユーザーID:1263032278

  • 上司の意見に一票

    トピを拝見しましたが、
    私はどちらかといえば上司の方の意見に近いです。

    以前、テレビに出ている有名人が、
    スポーツの事故や大型バイクの事故で
    番組に出演できず迷惑をかけました。

    彼らは大いに反省し、それらの趣味を封印したと聞いています。
    それは責任ある大人の対応だと思います。

    トピ主さんも仕事をしている以上、
    危険なスポーツは避けるほうが良いと私は思いますね。
    (というか、賢い人はそうしています)

    もちろん、むやみに意見したりしないとは思いますが、
    上司の意見に一票入れさせてもらいます。

    ユーザーID:6889706500

  • 色眼鏡が恐い

    昔話で恐縮です。

    昔、バイクブームがあって、素人ライダーがこぞってサーキットに通っていました。
    私もその一人。
    まあ、ニュースでレースでの事故が盛んに報道されてました。
    それほどケガをする人も多かった。
    レース人口が増えた一時期ではありますが。

    で、まあ当時の上司に言われたのです。
    自分が急にいなくなっても大丈夫な程度の仕事しかしていないのかね?
    ドキっとしたね。
    レースをしていると、かわりなんていくらでもいる程度の仕事しかしない奴って色眼鏡で見られるんだなーって思うとね。
    なんかイヤな気分になったものです。
    まあ、ブームも去ったし金銭的に厳しくなったので自然にやめちゃいましたけどね。
    ま、レジャー保険に割り増しを払わなくちゃいけないような危険なスポーツは、なんか言われても馬耳東風くらいの気持ちでいかないとね。
    なんかあったら仕事に穴をあけるのは事実だし。
    ドライブやタバコと一緒にゃならんでしょう。
    ドライブで入院する確立は飛行機で事故に遭う確率と大差ないし、タバコによる癌はゆっくり進行する病気だから突然仕事に穴をあける訳でもない。
    性質の違いは上司の言う通り。

    ユーザーID:2908485713

  • 面白い。が、心の中で…

    トピ主さんの妄想の反論、めちゃくちゃ面白いですよ。
    これまで通り、その反論したところを想像してニヤニヤしてましょうよ。

    その上司はつまんないオジサンですから反論などしようもんなら…わかりますよね。

    私の経験では、登山やモータースポーツなどの趣味を持った社員周りにたくさんいましたが、プライベートの趣味と職務を絡めて批判された例は聞いたことありませんでした。

    誰かが怪我で不在になって仕事が回らなくなる職場の方が問題なんですよ、スポーツやってなくたって、病気や事故の可能性は誰にでもあるのだから。

    それより職場で禁煙推進運動を始めてはいかがでしょうか。確実に身体を傷めてるのは禁煙ですから。

    ユーザーID:0084981618

  • 上司の言う「普通」に説得力はない

    トピ主がやっているスポーツが、他のスポーツや日常生活と比較して、負傷リスクが極端に高いのであれば、「リスクマネジメント」の観点から「普通ではない」と主張するならわかります。
    極端に負傷リスクが高いスポーツへの参加を業務上のリスクを考慮して控えるというのなら筋の通る考えです。

    しかし、競技人口が少ないことを以て「普通でない」と主張することと、今回の論点である「負傷リスク」とは全く関係のないことであり、ロジックが破たんしています。明らかな不条理ですよ。

    感情的にならずにロジカルに反論し、ロジカルな返答が得られなければスルーで構わないのではないですか?

    ユーザーID:3282645515

  • 腹立ちますよね

    トピを読んでてその上司にムカムカしてしまいましたが、トピ主さんの「とか言ってしまいそうです」の反論を読んでちょっとスッキリしました(笑)
    「アハハオホホ」(笑) 今度どっかで使います(笑)

    でもトピ主さん、実際はそれを言っても上司は無茶苦茶な理論を振りかざしてくることもわかっていますよね。
    「やめろ」と言われたその場ではグッと我慢して言ってないなら、十分大人だと思いますよ。

    辞表片手になら、トピ主さんの反論をそのまま言っちゃうかも。
    でも、辞めるつもりがないなら録音してさらに上の上司か、ハラスメント担当の部署に相談がいい気がします。

    ユーザーID:0630987571

  • 子供のケンカ

    本当の問題は人間関係。
    感情的な対立をリクツでやり込めることは出来ません。
    そこが対立点では無いからです。言い争うほど対立は深化します。

    そもそも職場なのですから趣味の事であらそう意味がありません。適当に受け流す
    度量を持ちましょう。

    ユーザーID:6120376948

  • 気持ちはわかる。とても良くわかる。

    趣味を辞めろなんて、パワハラもいいとこ。
    腹立ちますね。

    でも子供の口喧嘩と同じレベルで言い返しては、トピ主さんの正当性も株も下がってしまいます。
    上司に対して言える事は

    「何が原因で怪我しようとも、それはあくまで私生活で起きたことです。
     私には自分のプライベートな時間を好きに使う権利があるし、
     そのプライベートな時間に怪我をすれば、会社を休む権利を行使するだけです。
     部下の私生活にまで口出しするのは上司の権限を超えていますよ。
     パ ワ ハ ラ です!」

    ではないでしょうか。

    ユーザーID:6442104213

  • 上司に一理

    何でも普通と言う上司の感覚・姿勢には賛成しかねますが、怪我をする可能性の大きな趣味のスポーツを止めろと言うのには一理あります。サラリーマンは自分の仕事のプロでありますから、仕事の邪魔になるような事は極力避けるべきです。

    例えば大事な会議・出張が控えている時は、中り易い食べ物を避けたり、暴飲暴食をせず、体調管理に努めるのは当たり前です。仕事に支障を来たす可能性の高い趣味は止めるべきでしょう。定年退職後に楽しむもの。トピ主さんはそのご趣味の競技のレヴェルに誇りがあるようですが、いっそのこと会社を辞めてプロになったら如何でしょうか。

    ユーザーID:5432917676

  • ご意見ありがとうございます。

    皆様。ご意見ありがとうございます。

    上司がおかしいというご意見。上司に賛同する意見。分かれていますね。
    上司がおかしいというご意見は、私と同じなのでうれしい限りです。
    上司に賛同する意見については、上司に変に反論できない現状から代わりにお聞きしたい部分があります。

    まず、私のやっている競技は危険度から言えばサッカーや野球、テニス等とそんなに変わりません。
    保険会社でも「特に危険があるスポーツだから加入できない(割増になる)」と言われたことは一度もありませんし、
    以前の怪我の時も、普通に保険金が支払われています。
    過去にこれらで怪我をして会社を休んだ人も何人かいます(上司はそれらのメジャーな競技については何も言いません)
    ここで上司と同じく「危ない競技は辞めろ」という人は、世の中のサラリーマンはサッカーや野球などの怪我の可能性のあるスポーツは辞めるべき。
    社会人野球やサッカーとかは本業がある人がやっているんだから廃止すべき。
    そういうことでしょうか?
    世の中のスポーツは学生とプロとご老人の認知症防止だけで十分で、社会人のスポーツはサラリーマンのプロとして怪我をしないために避けるべき。
    そういうお考えとしか思えませんが、どのような意図で発言なさっているか、上司の思考回路を知りたくて質問させていただきます。
    「プロになればいい」という人は、大半のスポーツは日本代表レベルでもプロとして食えないことを理解してるんでしょうか。

    あと、喫煙は突然会社を休むことがないから違うという意見について。
    定年前の年齢で心筋梗塞や脳梗塞になる人の9割以上が喫煙者だとの統計があります。
    喫煙はそれくらい怖いと産業医講話でも話をしていただいているのですが、上司ふくめて喫煙者はまともに受け取っていません。

    さらに言うと、上司は現在も続けている野球で2度入院しています(アキレス腱断裂。鎖骨骨折)

    ユーザーID:8187806065

  • 追加でお聞きしたいこと

    >怪我をする可能性の大きな趣味のスポーツを止めろと言うのには一理あります。サラリーマンは自分の仕事のプロでありますから、仕事の邪魔になるような事は極力避けるべきです。

    >トピ主さんも仕事をしている以上、危険なスポーツは避けるほうが良いと私は思いますね。(というか、賢い人はそうしています)

    このように「仕事をしている以上、怪我のリスクのある危険なスポーツはやるべきではない」というご意見にお聞きしたいこと。
    じゃあ、社会人はどのスポーツなら許容されると考えていますか?

    サッカー、野球、テニス、ランニング。
    結構怪我する人いますけど、これらは社会人としてやるべきではないとお考えですか?
    どこで線引きすべきか教えていただけないでしょうか。
    そもそもスポーツは「通常なら危険として認められない行為を、そのリスクを受容してやっている」と判例でも出ています。
    安全に見えるゴルフだって、あんな硬いボールを何の防護柵もないところで全力で振り回す鉄の棒で打ち飛ばしているんだから、安全衛生のプロとしてみた場合は
    「即禁止して、リスク対応するまでは禁止」
    レベルの危険度ですよ(最低でも、打つ人はヘルメット、ゴーグル、プロテクター着用。そのほかの人は安全な防護ネットや壁の外に退避してからじゃないと打ってはいけない)
    野球なんて、あんな硬いボールを100キロ以上の速度で体ぎりぎりに投げてるし、ライナー性の打球は凶器同然だし、スライディングでのクロスプレーなんて怪我の温床ですからね。
    最近はバドミントンのダブルスで怪我をした件の裁判がありましたね。

    上記の発言をする人は、多分「じゃあどんなスポーツが社会人として許容されますか?」と聞いたら、絶対にきちんと答えられないと思いますよ。
    そして自分の趣味を無知な人から「プロとして不適切だからやめろ」と言われたら、不服に思うに決まっていると思うのですが。

    ユーザーID:8187806065

  • はいはい、と流す

    その上司は、自分の保身もあるんですよ。
    トピ主さんが怪我をした時に「いや〜、上司の立場としてやめろって警告してたんですけど」って言えるでしょ。
    確かに上司の論理は破綻してる部分もあるけど、それをつついて何かお得なことでも?
    そんな言動にいちいち反応するのは、自分も同レベルだって言ってるようなもんで、恥ずかしいです。

    怪我が常態化している危険な趣味が職場から白い目で見られるのは当たり前です。
    現実的には、トピ主さんが深い思い入れを語るなど、情に訴えてお目こぼししてもらうのが一番ラクなのでは?

    真正面から上司と口論して、実際に怪我したら、トピ主さんの信用ゼロになりますよ。職場に居たたまれなくなる。
    大人ならカッとせず、いろんな想定をしておきましょう。

    ユーザーID:6548880241

  • あなたのためです

    トピを拝見しましたが、ラグビーとかアメフトとかを
    やっておられるのでしょうか。
    若いうちなら怪我も回復しますが、もう40代ならちょっと、
    仕事と両立は難しいのではないでしょうか。

    >「安全やっている課長が骨折してもそれを辞めないのはおかしい。すぐやめろ」
    この意見のどこがおかしいのか分かりません。
    あなたのためを思って言ってくれていると思います。

    トピ主さんが、上司の立場に立った時に、
    部下が趣味のスポーツで骨折して仕事に穴を開けたら、
    「よしよし、趣味のスポーツは大事だもんな。仕事のことなんか気にするな」
    って言えるのでしょうか。

    ユーザーID:6318514246

  • 私ならメモを取る

    上司に嫌みを言われたら、つかさずメモを取りましょう。日時と場所も明記して。

    「上司の言葉をメモに取る」
    これって業務上正しいやり方ですよね。

    「メモなんか取るな!」
    と言われたら。
    「なぜでしょう?」
    と尋ねつつさらに言葉を全部メモに取ります。


    その上司の言ってることはパワハラですからね。
    メモはもちろん「証拠」になるので、"メモに取ること"は"脅し"のパフォーマンスになります。

    ユーザーID:9880092197

  • 黙って天井みてれば良いです。

    部署が変わったり、昇級すると
    おべんちゃらが欲しいのですよ。

    仕事出来るやつをまず潰したいのです。
    八つ当たりの矛先がトピ主さんには見当たらないので
    趣味にケチつけるしかないのです。
    とにかく上司の立場でやっつけたい。
    それにまともに答えなくて良いのです。
    あなたが怒れば怒るほど奴は喜びます。

    趣味の話が出たら黙っていること。

    ストレスためてはいけません。

    ユーザーID:5469525700

  • 言いたいことは分からんでもないが

    どのスポーツでもケガの可能性はある。
    間違っちゃいないけど正確でもない。

    ラグビーとゴルフじゃリスクが全然違う。

    どなたかも触れていますが、自分が業務に不可欠な人材という誇りがあれば、リスクは小さくしておくという考え方に私は賛同する。
    趣味に口出しすべきではないということも一つの真理ではある。
    しかし、業務に支障をきたさないように私生活にも気を配れと言うことは、そんなに責められることな?とも思う。
    そう言われたからって無視すればいいだけの話だし、ケガして仕事に支障をきたしたら、そらみたことかという誹りは甘んじて受け入れればいい。

    でも、課長。
    中間管理職のキーマン。
    仕事を休んでも問題ない人材なのですか?という問いに対して、なんと答えますか?
    その答えによっては、そのままでいればいいし、場合によっちゃリスク回避の必要がありゃしませんかね?って話しになる。

    ま、会社の重要人物質が健康増進のためのスポーツをウォーキングやランニング、かゴルフ。せいぜいテニス程度にしておくのは、そういう事だと思うんですけどね。

    ユーザーID:6913323343

  • その上司が好きなんですか?

    好きじゃない上司が、プライベートに口出ししてきても、
    そーですね〜と聞き流したら良いだけじゃないですか?

    なぜ、好きでもない上司を説得しようとしたり、認めてもらおうと思ったりするのか?
    不思議です

    ユーザーID:2349956814

  • 何の競技ですか

    >私のやっている競技は危険度から言えばサッカーや野球、テニス等とそんなに変わりません。

    お聞きしたいという割には、具体的な競技名を隠すのはなぜでしょうか。
    サッカーや野球、テニス等とは書けるのに、
    なぜご自分の競技名は書かないのですか。それではレスしようがありません。

    ユーザーID:6889706500

  • そういう人には何を言っても無駄ですよ

    趣味のドライブで事故って入院した経歴を持つ上司に、職場に迷惑をかけるなら趣味のドライブをやめた方が良いですよねと言ったら、それとこれとは話が違うと言ってくる人には何を言っても無駄ですよ。
    自分のことは棚に上げて人には口うるさく言うのですから。
    というか、トピ主さんは上司に対してそれをよく言いましたよね。天晴れです。
    しかし、その上司にはそれも通用しなかったんですね。

    仮に上司が会社のために休日も危険なことは一切せず、皆勤のお手本のような人でも、他人の休日の過ごし方に口を出すのは間違っています。
    時間は全ての人に平等にあるわけで、勤務時間以外の過ごし方についてとやかく言う権利は誰にもありません。
    言われた方も、命令、お願いにかかわらず、それを受け入れる義務はありません。
    その話をその上司と論ずることが時間の無駄、不毛なのです。
    どうせ分かり合えない人なのだから、「はいはい」言うか、「約束はできませんが努力します」とでも言っておけばいいのです。
    この場合の「努力します」は、会社に迷惑をかけないように努力しますの意です。趣味を辞めるわけではありません。

    ちなみにうちの上司もトピ主さんのところの上司と同じことを言ってきていました。
    ですから、上司がいるところでは趣味の話はしませんし、上司の部下は全員その上司との接点を極力減らしており、仕事以外の話や自分のプライベートを話すことは一切ありません。
    趣味について聞かれても、話したくないと言って以来、何も聞いてこなくなりました。
    趣味は人生に彩りを添えるもの。
    それが理解できない人はずっと孤独でいればよいのです。

    ユーザーID:5692588792

  • 双方

    極論同士がぶつかっていますね。トピ主様は 何の競技だか?自信を持ってやっているのに はなから否定されることが 納得いかず。上司は 怪我のリスクの少ないものにしろと命令口調。どっちもどっち。お互いが 嫌いだと思っているから 会わないだけ。無視すればいいのでは…?「そうですね 危ないですね。精神鍛練に良いんです。」とか平気で言えば…。六歳 違いなら 共通の話題があるはずだと思います。合わないものに合わす必要はないと思います。誇りは 捨てる必要はないと思いますが…。怪我をして 仕事に迷惑を掛けた時は 低姿勢ですね。

    ユーザーID:7327863104

  • 主さんがジタバタしているだけ。

    間に受けるのもおかしい。
    変なひとが変なこと言ってる、こいつの耳には趣味の話はしてやらん、で良いのですよ。

    運転が下手なひとは運動神経が悪いから、嫉妬ですよ。

    嫌な感情ひとつ持たず、気にしないように工夫してがんばる。
    そのうちまったく気にならなくなる。

    ユーザーID:0093963185

  • 無視。短期は損気。

    その部長は、
    ・自分にとって無価値なものは、万人に無価値
    ・自分は全く常識人で、非常識なことはない
    というタイプなんですよ。

    年配の、この手の人間を変えることは困難。
    部下という立場なら尚更。
    そんな事しても、時間とエネルギーの浪費にしかならない。

    なので「考えます」とか言ってスルーが賢明。

    どうしても、と言うなら一言だけ。
    「部長の仰る普通の定義を教えて下さい」と。
    ドライブの件からして、マトモな回答はない。
    質問攻めにするもよし、憐れみの眼差しを向けるもよし。
    それで溜飲下げませんか。

    蛇足ですが。
    スポーツ大いに結構。
    ただし、安全第一を忘れずに。
    鬼の首を取ったかのように責め立てられ、ドヤ顔され…今の数倍うっとうしくなります。
    バカな主張を裏書きしてしまいます。

    私、登山趣味です。
    下手したら命落とします。
    しかし、咎められた事などありません。

    ユーザーID:2841684614

  • マイルール

    上司は自分の考えが世間の意見と勘違いしている人間です。
    自分に甘く他者に厳しい。
    そんな人に考え方を改めるのは難しいい〜相手にしないのが1番です。
    辞めろと言われてるだけならば〜上司が禁煙成功したら辞めようかな?
    宝くじ1頭当たったら?と濁して話そらしたらどうでしょうか?
    思い込みの激しい人に真面に戦っても損するだけです。

    ユーザーID:4464746921

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧