イギリス人の義母について

レス22
(トピ主1
お気に入り56

家族・友人・人間関係

Sherry

レス

レス数22

レスする
  • イギリス人であることは関係ないような気がする

    この件で義母がイギリス人であることは関係ないですよね
    ご主人が手伝ってほしいといったのではない限り

    仮に手伝う気持ちがあっても
    手伝ってほしいと言われてないことを
    息子夫婦の家で勝手に判断して
    パントリーを引っ掻き回すのは失礼ですよ

    そうご主人がら義母さんに伝えもらうしかないですね

    ユーザーID:6196443640

  • そこまで落ち込まないで

    ごめん、そこまでショックを受けることかなと思ってしまいました。
    うーん、でもなあ。私も新婚だったらそうだったかなー。
    結婚して子供もでき何年も経ち、義母との関係も長くなるとそれくらいなんでもないです。
    特に外国人は日本人と違って、よその家のキッチンに入るのは礼儀知らずという事は無いからね。
    期限の切れている食品をそのようにされたら「あ、いっけなーい」ってなるだけです、私なら。やば、、、、、みたいな。

    でもご主人がお母さんの頭を撫でていたのは確かに嫌ですね。。
    そういう親子関係なんだと受け入れるしかないかなあ。
    イタリア系などはそういう親子のスキンシップは何歳になってもあるみたいですけども。。

    ユーザーID:8740137516

  • 性格

    つまり、あなたの領域に、義母が足を踏み込んだので、あなたが驚いたと言うことでしょうか。旦那さんも納得していて、さらに驚いた。前日に産休の話「こう言う話は、義母を含めてしますか???」をしたので、何か手助けしようと思ったのでしょう。別に深く考えず、やり過ごすのが一番かと思いますよ。。。出ないと、上手くいかなくなるのが見えてます。。。

    ユーザーID:8484480452

  • 嫁いびり

    善意を盾にした軽度の嫁いびりだと思います。

    私は、フランスでフランス人夫と子供1人と生活していますが、私も義母にそれやられたらショックです。ただ、フランスでは良くも悪くもあまり他人に干渉しないので、このような事態は起こりにくいですが。。。

    イギリス人の知り合いが何人かいますが、言葉は丁寧なのに、腹黒いというか、思いやりがないなぁと思ったことが何度かあります。出てくる言葉は丁寧なのに、心がないというか、表面と中身が一致しないんですよね。本音と建前の文化は日本と近いところがあるように思います。
    ただ、全員が全員同じでないように、本当の親切心で、パントリーの片付けをしたいと思った可能性もなきにしもあらず?
    でもそうだとしたら、他に手伝うところあるだろっとツッコミたくなりますが。。。

    それから、旦那さんが義母の頭を撫でるようなスキンシップが気持ち悪いと思ってしまうのも同感です。旦那さんが義母を大事に、好きでいることは大変いいことだと思いますが、少し行き過ぎ?だから、旦那さんは義母の言うこと成すことに鈍感なのかも。

    まずは、Sherryさんの気持ちが落ち着いてから、旦那さんにSherryさんが抱いた違和感を説明して、理解してもらったほうが今後のために良いのではないでしょうか。
    海外で家庭を築くのは多かれ少なかれ、色々ありますよね。なので、少なくとも旦那さんにはSherryさんの良き理解者になってもらえるよう話し合いを。

    ユーザーID:6937941635

  • イギリスでは賞味期限の事情が違う

    日本は賞味期限と消費期限と2つあって。しかもかなり厳しい設定にしてあり、しばらく過ぎても問題ないですが、、

    住んでましたがイギリスにかかわらず、他の国だと、スーパーで値引きされたパンとかは「やばい」ヤツです。。。食べたらお腹壊すようなことがあります。賞味期限もすぎるとやばいのでは。可能性はかなりあると思います。

    お国事情は結構違うので、日本の食品の賞味期限はかなり厳しく、過ぎたもの食べても大丈夫なこと義母さんにお話したほうがいいと思います。

    ユーザーID:3456502093

  • 親しき中にも

    国際結婚、海外在住者です。
    私と義母、うまくいっている方だと思います。
    近居なので、昼間ウチによんで一緒にお茶を飲んだり、多分夫が義母に会う時間よりも私の方が多いです。
    それでも、義母は我が家のキッチンの冷蔵庫を勝手に開けたり、棚や引き出しを開けたりすることは一切ないですよ。
    義母は例え自分の息子の家でも、その辺はきちんとわきまえています。

    あなたの義母の行動は、確かにあなたを思って、の行動なのかもしれませんが、自分の家以外で勝手をしてはいけないと思います。
    私が義母に同じ事をするような人だったら幻滅するし、今のような関係にはならなかったと思います。 

    >> その後夫が母親の頭をまるで私にするように撫でているのを見てびっくりしました。 

    ラテン系の家庭はそう言う事もあるようですが、我が家は違うし、私もイヤです。

    ユーザーID:1470239827

  • ないな…

    息子夫婦の家の食材をほじくり返すって…聞いたことないわ。
    一人暮らしの娘の家でもやらないと思いますけどね。
    息子が母親の頭を撫でる、ってのもナイナイ。
    ご主人はイタリア系のマンモーネさんですか?
    というか、私の知っている義母世代だと思われるいい年齢のイギリス人女性は、たとえ相手が実子だろうと子作りの予定なんて話題に出さないし。

    トピ文では誰から話題を振ったのかわからないですけど、義母とそんな話をできる時点でSherryさんも私の感覚からズレてます。
    私の義母もイギリス人ですが、うちの台所に入っても冷蔵庫すら確認してから開けますし、10年待たせましたけど、その間孫の予定とかなんて聞いてきませんでしたよ。
    生まれてしばらくしてから「実は孫のいる友達が羨ましかった」と、言われましたけど、それっきりです。

    ケンカしろとは言いませんが、ご主人の母親に対する距離感は日本人の自分とはかなり違って受け入れがたい、ってちゃんと伝えてみては?
    義母にとっては息子の家だけどSherryさんの家でもあって、手伝って欲しいことがあればきちんと言うから、やってもらえるのは有難いけどまずは確認してからにして欲しいって。
    言い方間違えると大げんかになるから気をつけて。

    ユーザーID:4073895170

  • ちょっとあけすけに話しすぎたかな?

    もうすぐ子供を作るというような事を義母さんにあけすけに話すというのはちょっと理解できないです。
    義母さんの自国なので産休の取り方など聞いておきたかったのか知れませんが。

    なのでそんな話も自分にしてくれるあなたを身近に感じ義母さんはキッチンのあれこれを触ったのだと思います。

    他の方も書いていらっしゃいますが賞味期限と消費期限のある日本と違いあちらでは即食べないと体調不良になるモノまでがある。
    妊娠しようとしているならそれは危ないと思ったのかもしれませんね。

    ユーザーID:4056470417

  • 怖い・・・

    >賞味期限が切れている、もしくは切れかけのパスタや粉やスパイス類などが、全て、キッチンのカウンターの上に並べられていた

    怖すぎます。私は義家族や友人が台所に入っても気にならないタイプですが、これは嫌です。実の母親にやられても嫌です。

    動機が何だろうが、家の主がその場にいない時にその家の物を隈なく調べるという行いは決して褒められたものではありません。手伝いたければ一緒に料理でも片付けでも、他にやれる事はいくらでもあるでしょう。

    義母を見て本当に悪気がないようなら、「気持ちはありがたいが、勝手に色々開けないで欲しい」と伝えるべき事だけ伝え、今回は大目に見る事ですね。

    頭を撫でるというのは、私が住んでいる国では子供に対してやるイメージが強いです。それを妻にも母親にもやるという事は、ご主人のクセなんでしょうか…

    そこそこ長い結婚生活を送っていますが、義母がうちの台所に入る事はまずないです。主人が義母の頭を撫でるというのも想像できないですね。

    ユーザーID:2519989585

  • 嫌なことは喧嘩腰にならずにハッキリ伝える

    私はマンモーネの国で国際結婚している在外組ですが...

    欧米でのコミュニケーション伝達度というのは、基本「10を聞いて1を知る」だと実感しています。「1を聞いて10を知る」は、余程長年連れ添った夫婦でない限りあり得ません。
    ですから、今回嫌だったことは冷静に、「私はこういう事は好まない」と伝えましょう。


    それから、他の方のレス文を読むと、

    トピ主夫婦は日本在住
    パスタや粉やスパイス類は日本製
    義母に子作り宣言をした

    と読み取られているようですが、私は

    トピ主夫婦はイギリス在住 >海外で頑張って働いて良くやっている、という義母の言葉
    パスタや粉やスパイス類はイギリスで購入 >義母が日本語を解読したとは思えないの
    義母に産休についてのサジェスチョンを乞うた >そろそろ子供を考えているので

    と読み取りましたが、違うのでしょうか?



    ところで、消費期限切れ(賞味期限ではない)のパスタや粉類についてですが
    乾麺パスタ...製造から2年が基本だが、それを過ぎても問題なし
    生パスタ...カビていなければ基本的には問題なしだけど...なるだけ早めに
    粉類...期限より、虫が湧いていないかに気を付けて
    スパイス類...風味が落ちるが保存状態が良ければ問題なし
    と、イタリアのサイトに書かれていました。

    パスタの国がそう言うのですから、パスタに関しては、まぁ、信用しても良いのではないかと思います。


    義家族(昔義母、現在娘夫)のキッチン利用については、家庭によるとは思いますが、うちの場合は遠慮なく使いますし、使わせます。「これ、期限切れそうだから先に使ったよ〜」と声掛けしたり。

    母親の頭をなでる(いい子いい子)、ポンポンする、は我が家の子供たちもしますね。息子も、娘も。ハグよりずっと軽い感じです。
    吐き気がするほど気持ち悪いですか?

    ユーザーID:8339100214

  • 確か、賞味期限切れ食品のニュースがありましたね

    アメリカのスーパーのオーナーしてる人が、
    賞味期限切れの食品ばかり、1年間(?)食べても、どうもなっかった、とか。
    乾麺の類(カップ麺も)だと数ヶ月過ぎても、平気だとか、、、。
    最終的には、臭いと食味で判断して、
    家族も自分も体調不良になったこともなかった、と。
    (総菜パックものは、別という事でしたが)

    どちらかというと、義母さんは、逆の意味で「賞味期限」にこだわられたのでしょうが、
    世界の流れでは、「食品」限られた資源を大事にしよう、
    賞味期限を考え直そう、という流れになっていきそうです。

    一度、開封したら、早く処分するべきだとは、思いますが、
    一緒に住む訳でもないなら、「そういう人なんだなぁ」でも、良いのでは。

    今度、義母宅におじゃました時に、
    ちょっと、義母宅の食品の賞味期限を観察されてみては?
    キッチリ、期限近くの物もなければ、そういう人なんだという事ですし、
    期限切れがあれば、似たり寄ったりじゃないかと、溜飲を下げましょう。


    私は海外(洋物)ドラマが大好きで、欧米ドラマをよく見ますが、
    ちょっとした知り合いでも、ハグしたり、タッチしたり、よく見かけるので、
    そんなものかなぁと、思ってしまいましたが、、、。

    ユーザーID:2661588188

  • 多分本音でしょうね

    夫の主張は多分姑さんの本音でしょう。
    それが正しいか間違ってるかはさておいて、少なくとも善意だったんでしょう。

    私は同居嫁だったので嫁の気持ちはわかってるつもりですが、姑の立場になると常に気を付けてないとうっかりをやらかしそうになるのです。
    散々泣いた過去を持つ元嫁でさえこれなんだから、姑に泣かされた経験の少ない嫁ならますますうっかりが増えるでしょう。

    まあトピ主さんが傷ついてしまったのは無理からぬことでしょうが、嫌味を言われたのでなければ嫁いびりと解釈するのは止めましょう。

    姑は気配りを忘れてはいけない。
    嫁は図太くならなくてはいけない。
    この両方が成り立ってはじめて嫁姑はうまく行くのです。

    ユーザーID:2035111535

  • はっきり自分の感じたことを主張するべき

    他の方が書いておられるように、たとえ息子達の家であっても、勝手にお台所をゴソゴソ覗くのは非常識だと思います。
    トピ主さんは、不快に感じ、今後はやめてほしいと、義母さんに「自分で」お伝えするべきです。
    トピ主さんしかそれは出来ない事で、くれぐれもご主人が代弁なさらないように。
    できればすぐにお伝えになって、義母さんには代わりの賞味期限たっぷりの食材を買ってきてもらいましょう!
    頭なでなでは、うーん あまり見ない親子関係ですねぇ… しばらく観察してみては。

    ユーザーID:0910636146

  • ?カウンターに置いてどうしろと?

    賞味期限が切れた、切れかかったモノをわざわざ引っ張り出してカウンターに並べてどうしろと言うんですかね。捨てろ?もしくは早く食べなさい、どっちなんだろか。

    トピ主夫の言い訳を私的に翻訳すれば

    何か手伝ってあげたいからあなたの至らないところを視覚化してあげたわ ですが。

    以下私の妄想↓

    お礼に義母さんの健康を助けたいと思うの。
    彼女の化粧品とか口紅とかチェックして古そうなヤツや汚れてるヤツをカウンターに並べておいてさし上げるの。

    トピ主、頑張れ。鈍感力もアップさせてさ、今後は止めてほしいって言えるといいね。

    ユーザーID:8611936346

  • もしこれがアメリカ人だったら

    毒姑決定です。

    独立した子ども世帯の家は、自分の家ではない、が徹底しています。息子(娘)の家では息子(娘と義理の息子)んちルールに従わなくてはならないのが嫌で行かないという偏屈老親がいるほどです。その場合、会うのは老親の家か外食のみ。

    普段は遠くに住む親が泊まりに来て最初に家中のツアーをした時に、冷蔵庫は自由に開けてもらって構わない、コップはここ、など日本よりもずっとオープンに戸棚など開けて見せますが。トピ主さんの義母がやった事はアメリカ人同士でも一線を越えた失礼な姑です。

    トピ主さんを手伝いたい+息子に久し振りにママの味を味わって欲しいならば、火を使う調理をしたいと前夜に話があるべきです。

    消費期限切れやもうすぐ切れる乾物と調味料を選別して出しておく姑なんて、アメリカ人妻でも嫌でしょうよ。

    残念ながら私の姑がそれタイプ。近所に住む息子(夫の兄)宅へ孫に会いたいと訪問中、嫁が1時間ほど買い物に出た隙に、キッチンに収納されている物を「使いやすいように」「良かれと思って」入れ替えること数回!そう、注意されても何度もやってきた人です。もちろん消費期限切れ乾物はこれ見よがしにカウンターに並べて。私が結婚した時に「気をつけて」と義姉から注意あり。その後結婚した弟宅でもやらかして、最近では新婚の孫宅でもやらかして。キッチンを引っ掻き回す以外にも沢山やらかしていますので、義母を共通の敵とする女たちで仲良くしているのが怪我の功名。夫は実両親特に母親が苦手です。

    賞味期限切れには今後気をつけるけれど、ここは私と夫の家で、貴女の家ではありませんので、パントリーを検査されるのは良い気持ちがしないと落ち着いて、でもしっかりと話すべきです。夫の了解や応援は必要ありません。

    頭撫でるのは、私の義家族には見られない行動なのでわかりませんが、気持ち悪い感覚はトピ主さんと同じです。

    ユーザーID:5466157918

  • いやですね

    我が家の健康を心配してくれてありがとう……と思いたい。
    おっとどっこい、あちこち、調べまくってますね。
    キッチンに限らず、ゴミ箱までのぞいているでしょう。
    ほぼ、間違いなく、家中ですね。
    カウンターに並べる???強烈な嫌がらせです。
    私だったら、夫に猛抗議です。
    夫にしっかりと義母に注意してもらいます。
    勝手にこんなことをするなら、もう来ないでといいますね。
    このさお、本人に行った方が良いです。
    大げんかになるかもしれないけど、最初が肝心。
    それで、ご主人が、親の方につくなら、ちょっと…ですね。
    イギリス人とか関係ないですよ。
    そういう義母と思って、相手することです。
    ありえない話です。

    ユーザーID:3805894443

  • これがイギリス人なので

    私の義母もイギリス人ですが、このケースは

    毒姑決定です。

    独立した子ども世帯の家は、自分の家ではない、が徹底しています。息子(娘)の家では息子(娘と義理の息子)んちルールに従わなくてはならないのが嫌で行かないという偏屈老親がいるほどです。
    アメリカよりも、もっと徹底していますよ

    ユーザーID:4259852424

  • 逆の立場です

    イギリス人の義母がいますが、イギリスでも日本でもない欧州第三国在住です。
    私の場合はトピ主さんと逆で、義母宅にクリスマスと夏に1〜2週間ほど滞在しますが、料理はできる人ができる範囲で担当するのもあり、義母のキッチンの戸棚・冷蔵庫・ガレージの巨大冷凍庫から賞味期限切れまたは期限が近いものを取り出して、そこから料理をやっつけていきます。
    ちなみに夫が料理を担当するときも、同じように、「先入れ先出し」の在庫チェックをしてから取り掛かります。

    義母はメニュー構成をきちんと組み立てて、私達を「おもてなし」したいスタイルなので、義母が料理をするときはテーブルは美しいのですが、どうしても半端な在庫が余ってしまいます。
    それを私か夫が料理を担当するときは、「先に食べるべき」ものから、とにかく平らげていくのでテーブルはごちゃっとしがちですが(日本の居酒屋スタイル)、冷蔵庫はきれいになります。
    長期滞在の場合、毎日「おもてなし」しなくてもいいとは思いますが、そうじゃない人もいるというのは理解できます。

    なので、これは国民性というよりも性格の問題だと思うのです。

    義母さんも、もしかしたら私や夫と同じように、「まず古いものから食べてしまわなきゃ」と完全なる善意でした可能性もあると思いますので、これから長い付き合いになることも考え、腹を割って話し合うのがいいと思います。

    ちなみにうちの夫も義母の機嫌をなだめるときなどに頭なでたりしますよ。私は別に気にしません。

    結婚10年超え、子供もいますが、この関係はお互いうまく続いています。

    ユーザーID:7536048046

  • 何人でも毒姑じゃない?

    悪気はなかったのかもしれないけど、なかったならなおタチが悪いですよ。だって善意で他人のプライバシーに入ってくる人って事だもの。今回は台所の賞味期限切れ・間近の食品だったけど、ここでハッキリ言っておかないと、今度は違う場所で善意を発揮されるかもしれませんよ。

    うちもぺんぺんさんちに比較的近いですが、お互い了承の上でそれをやるのと、同意もないのに勝手にやるのとでは違うと思うんですよね。トピ主さんにしてみれば、勝手に自分たちの領域に入られた事がショックだったんだと思います。

    頭の件は・・・撫で方にもよるかなぁ。子供にやるような”よしよし”をふざけてやるなら私は気にならないです。でも真剣な顔で愛おし気に撫でてたら引きます。吐き気を覚えたって事はそれに近い撫で方だったって事かな?

    ユーザーID:5366798234

  • 気になるので再レス

    食材の在庫を使って料理をする許可があるなら冷蔵庫を開けようが、いちいち確認して先入れ先出ししようがいいんですよ。
    許可があるんだから。
    トピ主さんのケースは許可してなさそうですよね。
    無許可で勝手に食材をチェックしてカウンターに並べただけ。
    それで料理してくれたわけでもなさそうです。
    手伝ったというよりは、ただ散らかしただけにしか思えないです。
    イギリスの食材の表記は「Best before」つまり賞味期限であって消費期限でもないし。

    あとやっぱり、イギリスで母の頭を撫でるってあんまりないことですよ。
    ハグする、ほっぺにキスするくらいはあるけど、母といえど年上の女性の頭を撫でるってだいぶ失礼だと思いますが?
    それがその家庭では許されていることだとしても、あまり一般的だとは思いません。
    ものすごい悲しみのどん底にいる母を抱きしめながら頭を撫でる、くらいのレベルならわかりますけど。

    トピ主さん宅にいる時にどなたか近い親類やご友人急逝の一報が届いた、とか。
    過呼吸を起こすぐらいパニックになっている母をなだめる、とか。
    「私にするように」カジュアルな「母の頭なでなで行為」はナイですね。

    ユーザーID:4073895170

  • 皆様、本当にありがとうございました!感謝です!

    トピ主、Sherryです。皆様、沢山のレスを本当にありがとうございました。一つ一つじっくり読ませていただき、共感していただけた事や、色々な興味深い情報(賞味期限・消費期限の違いなど、全然知りませんでした!)をくださり、それを読むと言うプロセスを通して、いろいろな発見があり、励まされ、自分自身が、起こった出来事についてなぜ怒って悲しんでいるのかがやっとわかった気がしました。事実、私は、義母が何をしようが、それは確かに嫌ですが、実際どうでも良かったと思ったのでした。
    ショックの原因は、夫が、彼の妻の家の中でさえ、妻の不快感を無視して、己の母親のした事を、妻がそれを不快だと伝えているにもかかわらず、「彼女はあなたを助けたいだけなのに、なぜ妻が怒っているのか分からない」と言う事を妻に納得させる事で、さも妻側の問題にして事を終わらせようとした事でした。
    今までお互いの忙しさもあり、こう言う事は私の方もウヤムヤにして次の日生きる事を考えるだけで精一杯だった気がしますが、今回立ち止まって、冷静に話し合う事ができ、結果的に愛が深まった気がします。
    夫は上に二人の年の近い姉がいるのですが、結果的に知った事は、その兄弟三人とも、「自分の母親の性格は本当に難しい」と言う事を納得している、と言うことでした。この4年は、初めて来たイギリスで、仕事を見つけ、やっと入れた会社で仕事に慣れる事に必死で、義母との関係において、似た事は4年間で色々あったような気がしますが、本当に、それを気にしている暇がなかったのです。この事件のおかげで、今まで自分のことばかりで、夫の事もあまり気にしていなかった所があるのではないかと気づかされました。夫は、家事も分担してくれますし、私が残業中などご飯も作ってくれたりサポートしようとしてくれます。だからこれからも頑張って行こうと思いました!皆様、本当にありがとうございました!

    ユーザーID:6989554487

  • 外国人夫と姑への迷信。

    嫁姑のバトル、および夫婦の本当の問題が始まったばかりですね。

    私はアメリカ在住約40年の兼業主婦です。既婚の娘と未婚の息子がおり、3月に初孫が生まれました。

    >ショックの原因は、、、終わらせようとした事でした。

    この内容は世界共通です。日本で嫁姑問題になると、夫の多くが『母親に悪気がない、聞き逃してあげて』と自分母を庇いますよね。

    確かに欧米の男性は優しく、妻の言う事をよく聞いてくれ、妻優先してくれると言われます。でもそれは迷信の事が多いです。

    優しい夫は、通常優しい息子で、日本の夫と同じ様な事を言う夫が結構います。意外とマザコン男性が多いですよ。無言でどちらの味方もせず、その場から逃げたがる男性が多い。やっぱり母と妻の狭間に立つのは、外国人夫でも嫌なのです。

    これは自分や娘の経験および、友人知人からの愚痴話からの結論です。人種、宗教、法律、習慣や文化の違う人が集まる大都市に住んでいます。

    『個人主義の国だから、欧米の姑は息子夫婦の生活に口は出さない』これも迷信。多分日本人姑よりは少ないでしょうが、良くある話です。ただ、嫁側が『嫁』という感覚がなく、実母も『嫁に行ったのだから、相手家の習慣に合わせろ』と説得する事もほぼ無いです。娘は一生娘で、その為、息子は妻側に行ってしまうと嘆く母親が多いです。


    こちらの女性は強いです。娘も友人達も皆同様な経験をしています。『察してちゃん』は少ないです。彼女達曰く、『こと母親に関しては、旦那は母親に何も言えず、妻を守ってくれない。自分で発言して、自己防衛するしかない』です。同時に、欧米姑だって同じ女性、結構強いですよ。

    まだ新婚気分でいらっしゃるご様子。子供が出来たら、義母様の、子育てや日常生活(冠婚葬祭も含め)への口出しは増えるでしょうね。その為には自分を見失わずに、夫婦できちんと向き合う努力を続けてくださいね。

    ユーザーID:1179790736

レス求!トピ一覧