住宅購入の資金援助

レス6
お気に入り12
トピ主のみ1

アジサイ

ひと

現在は、アパート暮らしですが、この度、義両親の敷地に、私たち家族の家を建てることになりました。敷地内同居ということになります。
結婚が決まった頃は、長男である主人は、口うるさい両親だから、いつかマイホームを持つ時は、なるべく離れて暮らしたい。と申しており、義両親も、好きにしてよい。とのことでした。
しかし、結婚を機に親元を離れた主人は、両親への煩わしい感情もすっかり薄れ、敷地内に建てではどうか。という提案を快く受け入れました。
主人は多趣味で車好き。そこに費やす資金は妥協できず、土地があるなら、甘えよう。という考えになっていました。

そして、住宅購入の話しが始まりましたが、業者との話し合いには、初回から毎回、毎回、義両親が同席し、口を出します。メインで話を聞くのは、主人ではなく義父です。私は、同居でもするんじゃないのか。といつもヒヤヒヤして、居心地悪く感じていました。

主人には、インテリア、内装関係は、なんとか夫婦2人で業者と話せないかと、お願いをしていましたが、契約日前日に、総費用の半分の資金援助をしてくださるという話しがあり、口を出してくることに、ノーとは言えないのでないか、と 先行き不安になってきました。
口出しの内容は、納得がいくことだったり、参考になることばかりですが、義両親がメインで話を聞いたり、私たち抜きで、設計士と面談したりするのが、気分的にとでもイヤです。(主人は、全くイヤがっていません。)

イヤなら、援助は拒否すべき。援助を受けるなら、口を出してくることは、受け入れなければならないのでしょうか。
夫婦2人で、業者と話し合い、その都度事後報告するのではダメか。と提案したいのですが、主人は、否定的です。資金援助の金額が大きいからだと思います。
ちなみに、義父義母、それぞれが口を出すので、打ち合わせは、いつも半日コースの上、なかなか決まっていきません。

ユーザーID:0846238624

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数6

レスする
  • 急がないと!

    離婚覚悟で撤回しましょう。傷が浅いうちに対処しないと!

    ・婚約時の約束が守られていない事
    ・散財癖のあるご主人には戸建は分不相応であること
    ・義両親の口出しには耐えられない事。

    ・もし敷地内同居したら妻の心が壊れる可能性が高い事
    ・間に挟まれて逃げられずストレスで夫も心が壊れる可能性が高い事(こういうタイプは、下手したら外に癒しを求めて浮気する可能性も)
    ・遅かれ早かれ離婚になる事。(妻と親とどっちが大事か、熟慮して貰いましょう)

    これらを理由に、撤回しましょう。
    業者には、違約金も払いましょう。主さんの貯金から払う!と、覚悟を決めましょう。(無ければ主さんの実家から借りましょう)

    もし出来なければ、実家に逃げて別居。そのあと離婚しましょう。
    もうそれしかないです。

    もし「家作りの話し合いに親の口出しはさせないから」と、目先のごまかし作戦に出る場合も、ダメです。
    そういう問題では無い!と、一喝しましょう。

    土地を借り、家の購入資金半額を親に出させているだけで、もうアウトなのですから。
    その上散財癖は直せなず、親に逆らえないダメダメ男です。

    早く見切りを付けましょう。

    ユーザーID:1930075475

  • トピ主です

    皆さま、早速のご回答ありがとうございます。

    私も、最初は、敷地内同居でいいと思っていましたが、ネットで色々調べてみると、うまくいってるケースが非常に少ない感じています。
    しかしながら、住宅購入において、妥協できない、妥協したくない部分も多く、土地代を浮かせて、住居にお金をかけようと夫婦で決めたことなので、受け入れております。
    義両親の近くで、土地も探しましたが、思うようでなかったり、交渉がうまくいかなかったりで、縁がなかったんだな。と思っています。

    今でも、違う土地ならなぁと気が重い心境ではありますが、今さらどうにもなりませんね。

    先行き不安ですが、ローン返済の負担軽減をメリットと捉え、なんとかやっていくしかないですね。

    ユーザーID:0846238624

  • これは負け戦

    土地と建設費用の半分を親が負担するとなれば
    プランに口を出してくるのは当たり前、
    その結果は住まいの独立性が守れなくなるでしょう。

    さらには夫は親に負い目を感じる反面で
    生活全般を同居の親に頼るようになり
    身軽になった分は趣味に没頭。

    結局は義実家の干渉が増えて妻のストレスは限界値を超える。

    こんなストーリーが目に見えるようです。
    でも、今更白紙撤回はできないでしょうね。
    さすれば残念ながら万が一に備えて今から自活力を身につけることです。
    そうでなければ今後も夫に依存してガマンの人生です。

    ユーザーID:4137418246

  • レスします

    ご主人を説得するのはかなり難しいと思います。

    土地代不要。総費用の半分の資金援助。
    このお陰で同僚や近所の同年代の人達が住宅ローンだ教育費だと苦労している中、
    それほどの苦労もせず、しかも趣味である車にもお金を使える。
    両親が近くにいれば子供を預けたりもできる。
    敷地内同居のメリットしか頭にないんでしょうね。
    それくらい家を建てる事に夢中になっているのでしょう。

    実際に暮らし始めて口うるさかった両親の事を思い出す事になるのではないですか?

    総費用の半分の資金援助なんて言われたら誰だってグラっときますよ。
    でもそこでお金の面だけではなく、
    自分や妻が本当に幸せになれるであろうかを立ち止まって考えるべきですよね。

    ご主人が冷静になってくれる事を願います。

    ユーザーID:2000318281

  • 上手くいくはずがない。

    兄夫婦が敷地内同居しています。
    うまくいっていません。

    トピ主旦那様とは違い兄は最初から両親の近くに住みたいタイプ。
    つまり両親が好きでした。これが結婚の条件だったので義姉の反対もありませんでした。

    兄夫婦の家なのに間取りを決めたのは父です。
    私は兄夫婦に自由にさせるべきだと強く言ったのですが「あっちがそれでいいと言っているから口を出すな」と言われました。
    結果として、これは家づくりだけの問題ではありませんでした。
    生活の仕方すべてに口を出したので関係は最悪になりました。

    今後の問題は、仮にどちらかが家を売りたいと思っても二家同時でないと売れないのです。立地が良いわけでもないので売れる可能性すら怪しい土地です。
    せめて近居だったら…と今では思います。

    トピ主旦那様が勇気をもってキャンセルを言い出せますように…

    ユーザーID:7039088919

  • 色々不安ですね…

    私も敷地内同居してる者です!
    家建設中に私も義母が色々言って来ました!
    最初は離れタイプの家にしようかと思い、お風呂、キッチン、トイレどれを我満するか考えるていてどれもはずせないという事で普通の家を建てました…
    その時にお風呂は一緒にとずっと言われ…でもお風呂は絶対譲れないってなり…
    最終的に旦那さんが義理のお姉さんに言って義理両親に『二人に決めさせてあげて、口を出したらダメ』と言って下さり…
    それからは何も言われなかったですが…家建てるときに勝手に色々チェックして『壁は大丈夫か??屋根は瓦がいいから変えてもらえ、業者は大丈夫か確認して』とか色々面倒くさかったです…
    私の義理の両親は車のお金150万を貸して貰ってたのをもう返済しなくて良いとなりました、正直それはとても助かりましたが…
    他の人から家のお金出して貰ってないの?って言われます!なので半分も出してくれるのはとてもうらやましいですが、やっぱり自分達の好きにさせてほしかったのでそこは思わないようにしてます!
    出して貰うと色々言われてもいいずらいですもんね!!

    それよりトピさん…敷地内同居はあまりオススメではないですよ!!こんな事言ってスミマセン…
    トピさんの義理両親さん子供ができたら口を出されそうな感じがします…
    実際私の義理両親がそうです…今義母が色々気にしたりしょっちゅう家に来て、ノイローゼになりそうです…
    今思うと失敗したと思ってます…
    もちろん良いこともあるとは思いますが…
    本当にめんどくさいです…変えれるなら違う所に建てるか…義理両親どちらか亡くなったりいなくなってからでもいいかもです…(不謹慎な事スミマセン!)
    同居までストレスはもちろん軽いですが…人の気配とか色々気を使います…今は本当に面倒です…!
    私は子供生まれて子育ての自由ができなくて本当に後悔してます…!!

    ユーザーID:9548570685

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧