電話をつかいこなせない母親へ。

レス78
お気に入り71
トピ主のみ1

ライリー

ひと

20代社会人男性です。実家の母親が携帯電話を使いこなせないことに不安と怒りを感じています。

母は仕事柄、携帯電話(スマホではないガラケー)をロッカーに閉まって一切触らないのですが、家でも意識が携帯電話に向かないのです。

母に電話してもまず出ないので父に電話して替わってもらうことがほとんどです。

父が家にいない場合、出るまで5分後、20分後と間隔をあけて何回もかけるしかありません。

母は携帯電話を常に鞄に入れっぱなしにしています。

かばんの中に入れていると着信音も聞こえにくいので、例えお茶の間にいても皿洗いをしていたり、テレビを視ていたりすると電話の着信音に気が付きません。

ゆずのコンサートを見に行った時などは父親に言われて事前に電源を切るのですが、電源を切ったまま三日も四日も放置します。自分が使う段階にならないと電話に意識がいかないようなのです。

当然メールも読みません。バッテリー切れになっても気付きません。

私だけでなく兄や妹の電話でも同様に出ないらしく、着信履歴を見ると不在着信の件数が異様なことになっていました。

固定電話はあるのですが、二世帯住宅で祖父母の方に設置してあります。祖父母が不在だった場合、父母のところまで着信音は届きませんので気付くことが出来ません。

もしも父親が事故に遭って病院からの連絡だったら?と思うと不安になります。

「そういう緊急事態もありうるからちゃんと携帯電話は鞄から出して見えるところに置いて。着信音に気が付かなくてもランプの点滅で着信があったことに気付いており返せるようにしないと」と何回も言って「ごめん。気を付けるから」と返答されますが改善されません。

携帯電話を置く為のスタンドを買って「鞄に入れっぱなしにしないでここに置くようにして」と伝えましたが効果はありませんでした。

愚痴に近いですが意見を頂きたく思います。

ユーザーID:2247896898

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数78

レスする
  • 解約おススメ

    いや、無理ですよ。

    例えていうと

    歩いて20分自転車で10分の距離のスーパー。
    便利だからと軽自動車購入(免許あり、駐車場あり)。
    しかし使わない。
    使って欲しいと言われても、意味ないから使わない。
    そういうことです。
    なくても問題ないんです。それが必需品であると、思わない人は思わないんです。

    私の母(80歳)にも持たせてましたが、見事振り込め詐欺(還付金)に引っかかったのは
    「携帯電話を持っていたから」と断言できますね。
    持っていたがために、ATMまで誘導されちゃったんですから。
    母が携帯を解約したのはそのあとすぐです。

    トピ主さんが心配する事態は昔なら普通にありました。
    ていうか、ごめんなさい、父が倒れた母連絡付かずという事態で自宅に行って様子を見るとか母親拾いに行くとかしないんですか?

    うちだったら連絡付かなかったら確実に行くので。
    もし母親がショックで倒れていたらシャレにならないから。

    多分、そういった事態で間に合わなかった場合は「仕方ない」で済むと思います。

    ユーザーID:6142983139

  • 私も、原因はお母様の内部にあると感じます

    つまり、「電話が鳴っているのに気付かない」のではなく、「出たくない」「通話というものをしたくない」ということ。

    出る気があれば、なんとでも方法はあります。
    「自分が気付けるような所に携帯を出しておく」「着信音量を上げる」などなど。
    まして家に年寄りを抱えているなら、誰よりもそういう連絡というものに敏感であるはずの立場ですから。
    それでも出ない、改めないというのは、やはり出たくないとしか考えられません。

    お母さまはどんなタイプの人ですか?
    社交的ですか?
    人見知りをする方ですか?
    言葉にクセというか、どもったり方言が目立つ(今住んでいる所がお母様にとって故郷でない場合)などの問題はありませんか?

    あるいは、発達障害のような一面があって、電話の内容を正確に聞き取れないとか、伝えられないなどの傾向は?
    一度そういう目でお母さまを観察してみて下さい。

    ユーザーID:3115304302

  • お母さん状態でした

    電子音が肌に合わない。
    場所により突然の呼び出し音は、困るので常にマナーモード。
    ちまちまとした、指での操作が億劫。
    画面の光が目に刺さる。
    黒電話の受話器のような安定感がない(物足りない)。
    充電が面倒。
    置き場所を忘れないよう、カバンに入れっぱなし。

    携帯持たされたても、24時間スタンバイはつらいよ。
    不在着信が山なら、家の留守電に用件入れておいてよ。

    【重要】たま〜に電話が鳴るから、緊急の要件だと思うのよ。

    以上、アナログ母は、わが息子にも、言いたい。

    ユーザーID:0516994269

  • やはり携帯電話は持っててほしい

    固定電話でいいじゃないという意見が散見されますが、私は携帯電話を持っていてほしい気持ちがわかりますよ。
    私自身が携帯電話を初めて持った理由が2度の大地震でした。もしその時に家にいなかったり、家の電話が壊れたり、電話機に辿りつけないくらい家が壊れたら、何日も家族と連絡とれずに「死んだのでは」と心配したりされたりすることになるかもしれないんだな、と思ったら怖くなりました。箪笥に乗られてたりして、助けを呼ぶ手段がなくて死んでいくかもしれないなんて、想像するだに悲しい。

    でも私は大地震の恐怖を味わうまで想像がつかなかったわけで、トピ主さんの親も想像できてないのが困りもの。いい方法が提案できればいいんですけど。

    ユーザーID:0522858815

  • 宅内インターホンをつけるか電話回線を増やす

    タイトルの通りですが、子機をもう一台増やして
    更に宅内インターホンを設置する。
    そうすれば膝の悪いお祖父さん、お祖母さんが呼びに行く必要は
    なくなります。

    ただ、膝が悪いなら電話に出る回数も減らした方がいいですよね。

    というわけで、電話回線をもう一つ増やすのが一番いいかな、と
    思います。

    因みに私はトピ主さんのお母さんタイプです。
    ガラケーなのですが、電話を持って出かけることもよく忘れます。
    携帯の意味なし…。

    非常時に連絡があるかも、ということはわかっているのですが
    それ以外に必要性を感じない。

    恐らくお母さんは使いこなせないのではなく、携帯電話に意識が向かないんです。
    なので外出先から戻っても携帯はそのままカバンの中。
    今後もそれが改善されることはないでしょう。

    というわけで、固定電話をもう一つ引く。
    子機付きの電話にして、子機をお母さんが目につく場所に置いておく。
    一度試してみて、と言うにはちょっと負担が大きいでしょうが
    どうしても電話に出て欲しいならやってみるしかないでしょう。

    ユーザーID:4338389935

  • 必要性を感じないと

    私も、特にガラケーの頃はあまり電話に頓着していませんでした。

    でも、何かしら「持っていないといけない」という状況になれば、気を付けて持ち歩き、まめに見るようにはしていました。

    お母さまは今のところ、電話をこまめにチェックしなければいけないという状況にないとお考えなのでしょう。トピ主さんの連絡も、そんなに喫緊の連絡でもないと判断しているのだと思います。だって、そんなにどうしても、すぐに連絡が欲しいなら、お父様の携帯でも祖父母の固定電話でも会社へでも、なんでも連絡をとる方法はあるのですから。三日も四日も、出ない携帯に連絡するだけで済ませられるくらいなのですから、「そこまで緊急でも重要でもない」という判断なのでしょう。

    固定電話に掛けることも、祖父母の足腰のことを心配しているようですが、緊急事態なんてそうそうあるわけでもないし、一度緊急事態になったら以降は電話にも気を付けるでしょう。

    ちなみに、私はスマホに変えてから、手放せなくなりました。チケット取ったり好きな場所で動画を見たり、いろいろできて便利ですし。フリック入力も最初は苦手でしたが、今は(子どもには「おっそ!」と言われますが)なんとかできるようになりました。ライブに行かれるようなお母さまなら、「これからはデジタルチケットが主流になるからスマホにしたら?」と勧めてみたら?(とはいえ、数時間マナーモードにしっぱなしで気づかないこともまだありますけど)

    ユーザーID:7332262099

  • 必要ない

    家族が事故に遭って緊急連絡が必要な場合でも使わないでしょう。
    昔は皆そうだったから、それで親族の承諾が得られなくて手術ができないとか、最悪死に目に会えないなんて事になっても、お母さんにとっては「普通」なのです。
    トピ主さんが緊急事態と考えることもお母さんには「そうではない」と理解して下さい。
    必要なら職場に連絡するとか、父祖父母に連絡をするとか、固定電話(子機でOK)を設置して何十回でも出るまで電話する、電報を使う等で対処して下さい。

    ユーザーID:1206802756

  • いい悪いではなく、無理な人には無理だということ

    若いトピ主さんには納得いかないでしょうが、それが「人」というものです。

    決してトピ主さんに説教している訳ではないのですよ。
    むしろ、個人的には同情しています。トピ主さんに。
    私はまさにあなたのお母さんと同世代ですが、こういう人は理解できないんです。本音で言うと。

    だって「覚えればいいじゃない?」と思うので。
    人間、何だって「初めてのこと」というのはあります。
    子供だってそうですよね?

    たとえば初めての自転車。補助輪を外して乗りこなせるまでには何回も転んで痛い思いもして、そうして乗れるようになる。
    会社員のパソコンなんてその典型です。
    うちの子供も同様、トピ主さんたちは学校のカリキュラムの中にパソコンが組み込まれていたでしょう?
    でも私達の世代は大人になってから導入されたので、世のおじさんもおばさんも皆必死で覚えたものです。
    それでもわからないことは次々と出てくるのですが、その度にテキストを見たり若い人に教えてもらったりして使えるようになりました。

    携帯(スマホ)も同じく、慣れれば資料や写真は送れるし、音声で聞けば答えてくれるし、まさにスマート(賢い)な電話だと思います。
    でも、初めて購入した時はぐったり疲れました。
    それまでのガラケーとは全然勝手が違ったので。
    しかしそこを頑張って覚えれば、自分も周りも生活の充足度が想像以上に広がります。

    無論、最初から「私は携帯なんていらない。固定電話と公衆電話でいいの」と言う人はいいのですが、お母さんは自らガラケーを持ったのですよね?
    なのに「出ない」「出れるように工夫しない」「気を付けない」という辺りが正直いって理解不能です。
    それでも、やらない人はやらないんですよ。
    電話に限らず片付けでもなんでもそうです。
    周囲がそれで迷惑しても、本当にやりません。
    でもそれは諦めるしかないのだと思います。

    ユーザーID:3115304302

  • 2回目です

    根本的に電話が嫌いなのでしょうね。そして、重要だと思うこともないのでしょう。他人の勝手な用事でかかってくるという感じかもしれません。やはり、固定電話をもう一回線引くのがいいと思います。

    いまの電話の子機を増やすという方法もありますが、祖父母さんが電話をまわす方法を教えるのも大変でしょうし、それよりお母様は子機があっても電話は取らないと思います。いまは電話の呼び出し音が聞こえないからとありますが、音が聞こえていても取らないはずです。その電話は祖父母世帯の電話であるという意識があるからです。彼らのものという意識があるので、たとえ音が聞こえたとしても、電話は取らないでしょう。自分にはまったく関係ないと思っていれば、いくら鳴っても気にしないのではないかと思います。だから、子機を設置しても、状況が改善するとは思えません。

    ユーザーID:5169933010

  • もう一本、固定電話を引く

    二世帯住宅なのでしょうか?
    若い人と違って、主婦は携帯を肌身離さず持つなんてことはしません。
    でも家電には出ます。
    現在の固定電話は祖父母専用として、もう1本、ご両親の住居エリアに固定電話引くのはいかがでしょうか?

    ユーザーID:6350418383

  • 携帯との付き合い方もこれだけ違うのですね

    >主婦は携帯を肌身離さず持つなんてことはしません
    >でも家電には出ます

    肌身離さずは別にして、家にいる時も基本的な置き場所を決めていて、イヤでも気付く所に置いてあります。
    ポケットに入れるなどしてそれこそ肌身離さず持っていると、水仕事をする主婦はうっかり水没させてしまう可能性があるので、そういう意味では私も肌身離さずではないです。

    しかし今どき、大事な電話(家族や仕事の連絡など)は、まず携帯に来ませんか?
    もっともほとんどがLINEかメールで、通話は緊急の時くらいですが。
    却って家電の方がセールスや銀行からの投資勧誘の電話など、出なくても差し障りのない物が多いのですが。

    高齢者ばかりの家など元々携帯そのものを持っていないケースならともかく、自分の意思で携帯を持ちながらすぐ出られるあるいは気付ける所に置いていない、家電の比重の方が高いというのがどうもわからないのです。
    携帯が普及しだしたばかりの頃なら、使う本人も慣れなくてうっかり携帯の存在を忘れる…というようなこともありましたが、この現代において「携帯に出てもらう」というたったそれだけの事にここまで家族が苦労するというのも気の毒に思います。

    我が家では、離れている子供もよくやり取りしていた学生の頃からの延長で、帰宅後だけ「今帰ったよ!」という意味のスタンプを一通送ってくるので、それを見て「今日も元気に働いてきたのだな」とささやかな安心感を得ています。
    また、夫とも出先で少しはぐれた時などすぐに居場所が確認出来たり、とある手続きを依頼した時の弁護士さんともすべて携帯でのやり取りでした。
    連絡はメールで。文案の確認などはPDFにして送って下さるので非常に便利でした。

    トピの趣旨から外れましたが、中高年ももう少し柔軟に機器を活用することを覚える方が結局皆が助かると思うのですが、無理なのでしょうか…

    ユーザーID:3115304302

  • 2階用にもう1本の自宅電話回線を引く

    2階の両親世代用にもう1本電話回線を引く。
    電話番号が1階と変わりますが、そこは大した問題ではないですよね。
    たぶん1階はNTTですよね。同じNTTでもう1本でも良いし、携帯がauとかなら、携帯とセット割引でKDDIでも固定電話回線引けますよ。
    他人を変えることは難しいです。
    母親の携帯電話は解約して、家電話を2階用に引きましょう。

    ユーザーID:0710561655

  • 固定電話つけては。

    私も2、3日放置してることがあります。たまに固定電話に生きてる?と電話があることも。
    50代ですが。
    スマホですごく使ってるけど、気が向かない時はほっといてしまうから。
    ご両親のところに固定電話ないのですか。付けとけばこの話は解消しませんか。

    ユーザーID:2702769995

  • あきらめましょう

    祖父母の緊急事態に間に合わない、これも運命です。
    仕方ありません。
    あなたはこういったところにも相談し、やるだけやりました。
    何が起きるにせよ、お母様にはそれだけの覚悟があるのです。
    今後は放置一択でよろしいかと思います。

    ユーザーID:2784229008

  • 固定電話ですが

    私も、読んでいて固定電話をかえたらいいんじゃないと思ったのですが、トピ主さんが

    「固定電話にかけて母が出ずに祖父母が電話を取った場合、祖父母に母親を呼びに行ってもらう、または子機を持っていて貰うことになりますが、膝が良くない二人にそれをやってもらうというのは気が引けます。」

    これ大丈夫ですよ。

    固定電話、親機から子機を呼び出したり、子機から子機呼び出したりできますよ。
    なので、わざわざもっていかなくても、受信した電話機から、別の子機(または親機)の番号を押して、上の電話を鳴らしたらいいんです。

    うちの母親も、カバンの中に入れっぱなし、充電しないままといった感じでした。
    どうやらどうせあまり着信ないしと思っているところもあるみたい。

    ひょっとしてトピ主さん宅もそんな感じかもしれないので、毎日メールをしてみるとかしてみてはどうでしょうか(安否確認を兼ねて)
    そしたら少しは、携帯を見てみようかという気にもなるかもしれないです

    ユーザーID:4699808882

  • 孫ができたら解決!?

    孫ができたら、スマホでLINEを始めるでしょう。
    しょっちゅう画像や動画を送ってあげれば、まず間違いなく手元に置くようになると思いますよ。
    今すぐの解決策ではないですが。

    ユーザーID:6286989812

  • 人の意識は変わりません

    お母様ご自身にとって携帯電話の必要性が高くない以上、何を言っても意識は変わらないと思います。

    人の意識を変える事なんてできません。

    少しでも連絡がとれる環境を増やすという意味では、祖父母と別契約で固定電話を引くのも一つの方法ですが、お母様の意識の問題なので外堀をかためても有用ではないと思います。

    ユーザーID:9636253752

  • もう一つ新電話番号を作り固定電話を設置する

    >固定電話はあるのですが、二世帯住宅で祖父母の方に設置してあります。祖父母が不在だった場合、父母のところまで着信音は届きませんので気付くことが出来ません。

    父母の部屋にもう一つ新電話番号を購入して固定電話を付ければよいのでは?上記状況から察するに父母の部屋の電話が鳴っても祖父母の部屋には着信音は届かないってことでしょう?それなら祖父母が電話をとることもないわけで。

    新しく買った固定電話はでよく出入りするドア付近に腰以上の高さに設置するのがいいです。留守電がピコピコ赤いランプが点灯するのでさすがに気づくでしょう?
    もっと言えばFAX付きのにすれば電話機が大きくなって存在感もでるししFAXという連絡手段も増えるからお母さんが気付く効果が倍増します。

    まあお金はかかりますし、必ず効果がでるとは限らないけれど、やってみては?携帯やスマホはきっとお母様には向かないんだと思います。

    ユーザーID:9398551992

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧