電話をつかいこなせない母親へ。

レス78
(トピ主1
お気に入り71

家族・友人・人間関係

ライリー

レス

レス数78

レスする
  • もう一つ新電話番号を作り固定電話を設置する

    >固定電話はあるのですが、二世帯住宅で祖父母の方に設置してあります。祖父母が不在だった場合、父母のところまで着信音は届きませんので気付くことが出来ません。

    父母の部屋にもう一つ新電話番号を購入して固定電話を付ければよいのでは?上記状況から察するに父母の部屋の電話が鳴っても祖父母の部屋には着信音は届かないってことでしょう?それなら祖父母が電話をとることもないわけで。

    新しく買った固定電話はでよく出入りするドア付近に腰以上の高さに設置するのがいいです。留守電がピコピコ赤いランプが点灯するのでさすがに気づくでしょう?
    もっと言えばFAX付きのにすれば電話機が大きくなって存在感もでるししFAXという連絡手段も増えるからお母さんが気付く効果が倍増します。

    まあお金はかかりますし、必ず効果がでるとは限らないけれど、やってみては?携帯やスマホはきっとお母様には向かないんだと思います。

    ユーザーID:9398551992

  • 人の意識は変わりません

    お母様ご自身にとって携帯電話の必要性が高くない以上、何を言っても意識は変わらないと思います。

    人の意識を変える事なんてできません。

    少しでも連絡がとれる環境を増やすという意味では、祖父母と別契約で固定電話を引くのも一つの方法ですが、お母様の意識の問題なので外堀をかためても有用ではないと思います。

    ユーザーID:9636253752

  • 孫ができたら解決!?

    孫ができたら、スマホでLINEを始めるでしょう。
    しょっちゅう画像や動画を送ってあげれば、まず間違いなく手元に置くようになると思いますよ。
    今すぐの解決策ではないですが。

    ユーザーID:6286989812

  • 固定電話ですが

    私も、読んでいて固定電話をかえたらいいんじゃないと思ったのですが、トピ主さんが

    「固定電話にかけて母が出ずに祖父母が電話を取った場合、祖父母に母親を呼びに行ってもらう、または子機を持っていて貰うことになりますが、膝が良くない二人にそれをやってもらうというのは気が引けます。」

    これ大丈夫ですよ。

    固定電話、親機から子機を呼び出したり、子機から子機呼び出したりできますよ。
    なので、わざわざもっていかなくても、受信した電話機から、別の子機(または親機)の番号を押して、上の電話を鳴らしたらいいんです。

    うちの母親も、カバンの中に入れっぱなし、充電しないままといった感じでした。
    どうやらどうせあまり着信ないしと思っているところもあるみたい。

    ひょっとしてトピ主さん宅もそんな感じかもしれないので、毎日メールをしてみるとかしてみてはどうでしょうか(安否確認を兼ねて)
    そしたら少しは、携帯を見てみようかという気にもなるかもしれないです

    ユーザーID:4699808882

  • あきらめましょう

    祖父母の緊急事態に間に合わない、これも運命です。
    仕方ありません。
    あなたはこういったところにも相談し、やるだけやりました。
    何が起きるにせよ、お母様にはそれだけの覚悟があるのです。
    今後は放置一択でよろしいかと思います。

    ユーザーID:2784229008

  • 固定電話つけては。

    私も2、3日放置してることがあります。たまに固定電話に生きてる?と電話があることも。
    50代ですが。
    スマホですごく使ってるけど、気が向かない時はほっといてしまうから。
    ご両親のところに固定電話ないのですか。付けとけばこの話は解消しませんか。

    ユーザーID:2702769995

  • 2階用にもう1本の自宅電話回線を引く

    2階の両親世代用にもう1本電話回線を引く。
    電話番号が1階と変わりますが、そこは大した問題ではないですよね。
    たぶん1階はNTTですよね。同じNTTでもう1本でも良いし、携帯がauとかなら、携帯とセット割引でKDDIでも固定電話回線引けますよ。
    他人を変えることは難しいです。
    母親の携帯電話は解約して、家電話を2階用に引きましょう。

    ユーザーID:0710561655

  • 携帯との付き合い方もこれだけ違うのですね

    >主婦は携帯を肌身離さず持つなんてことはしません
    >でも家電には出ます

    肌身離さずは別にして、家にいる時も基本的な置き場所を決めていて、イヤでも気付く所に置いてあります。
    ポケットに入れるなどしてそれこそ肌身離さず持っていると、水仕事をする主婦はうっかり水没させてしまう可能性があるので、そういう意味では私も肌身離さずではないです。

    しかし今どき、大事な電話(家族や仕事の連絡など)は、まず携帯に来ませんか?
    もっともほとんどがLINEかメールで、通話は緊急の時くらいですが。
    却って家電の方がセールスや銀行からの投資勧誘の電話など、出なくても差し障りのない物が多いのですが。

    高齢者ばかりの家など元々携帯そのものを持っていないケースならともかく、自分の意思で携帯を持ちながらすぐ出られるあるいは気付ける所に置いていない、家電の比重の方が高いというのがどうもわからないのです。
    携帯が普及しだしたばかりの頃なら、使う本人も慣れなくてうっかり携帯の存在を忘れる…というようなこともありましたが、この現代において「携帯に出てもらう」というたったそれだけの事にここまで家族が苦労するというのも気の毒に思います。

    我が家では、離れている子供もよくやり取りしていた学生の頃からの延長で、帰宅後だけ「今帰ったよ!」という意味のスタンプを一通送ってくるので、それを見て「今日も元気に働いてきたのだな」とささやかな安心感を得ています。
    また、夫とも出先で少しはぐれた時などすぐに居場所が確認出来たり、とある手続きを依頼した時の弁護士さんともすべて携帯でのやり取りでした。
    連絡はメールで。文案の確認などはPDFにして送って下さるので非常に便利でした。

    トピの趣旨から外れましたが、中高年ももう少し柔軟に機器を活用することを覚える方が結局皆が助かると思うのですが、無理なのでしょうか…

    ユーザーID:3115304302

  • もう一本、固定電話を引く

    二世帯住宅なのでしょうか?
    若い人と違って、主婦は携帯を肌身離さず持つなんてことはしません。
    でも家電には出ます。
    現在の固定電話は祖父母専用として、もう1本、ご両親の住居エリアに固定電話引くのはいかがでしょうか?

    ユーザーID:6350418383

  • 2回目です

    根本的に電話が嫌いなのでしょうね。そして、重要だと思うこともないのでしょう。他人の勝手な用事でかかってくるという感じかもしれません。やはり、固定電話をもう一回線引くのがいいと思います。

    いまの電話の子機を増やすという方法もありますが、祖父母さんが電話をまわす方法を教えるのも大変でしょうし、それよりお母様は子機があっても電話は取らないと思います。いまは電話の呼び出し音が聞こえないからとありますが、音が聞こえていても取らないはずです。その電話は祖父母世帯の電話であるという意識があるからです。彼らのものという意識があるので、たとえ音が聞こえたとしても、電話は取らないでしょう。自分にはまったく関係ないと思っていれば、いくら鳴っても気にしないのではないかと思います。だから、子機を設置しても、状況が改善するとは思えません。

    ユーザーID:5169933010

  • いい悪いではなく、無理な人には無理だということ

    若いトピ主さんには納得いかないでしょうが、それが「人」というものです。

    決してトピ主さんに説教している訳ではないのですよ。
    むしろ、個人的には同情しています。トピ主さんに。
    私はまさにあなたのお母さんと同世代ですが、こういう人は理解できないんです。本音で言うと。

    だって「覚えればいいじゃない?」と思うので。
    人間、何だって「初めてのこと」というのはあります。
    子供だってそうですよね?

    たとえば初めての自転車。補助輪を外して乗りこなせるまでには何回も転んで痛い思いもして、そうして乗れるようになる。
    会社員のパソコンなんてその典型です。
    うちの子供も同様、トピ主さんたちは学校のカリキュラムの中にパソコンが組み込まれていたでしょう?
    でも私達の世代は大人になってから導入されたので、世のおじさんもおばさんも皆必死で覚えたものです。
    それでもわからないことは次々と出てくるのですが、その度にテキストを見たり若い人に教えてもらったりして使えるようになりました。

    携帯(スマホ)も同じく、慣れれば資料や写真は送れるし、音声で聞けば答えてくれるし、まさにスマート(賢い)な電話だと思います。
    でも、初めて購入した時はぐったり疲れました。
    それまでのガラケーとは全然勝手が違ったので。
    しかしそこを頑張って覚えれば、自分も周りも生活の充足度が想像以上に広がります。

    無論、最初から「私は携帯なんていらない。固定電話と公衆電話でいいの」と言う人はいいのですが、お母さんは自らガラケーを持ったのですよね?
    なのに「出ない」「出れるように工夫しない」「気を付けない」という辺りが正直いって理解不能です。
    それでも、やらない人はやらないんですよ。
    電話に限らず片付けでもなんでもそうです。
    周囲がそれで迷惑しても、本当にやりません。
    でもそれは諦めるしかないのだと思います。

    ユーザーID:3115304302

  • 必要ない

    家族が事故に遭って緊急連絡が必要な場合でも使わないでしょう。
    昔は皆そうだったから、それで親族の承諾が得られなくて手術ができないとか、最悪死に目に会えないなんて事になっても、お母さんにとっては「普通」なのです。
    トピ主さんが緊急事態と考えることもお母さんには「そうではない」と理解して下さい。
    必要なら職場に連絡するとか、父祖父母に連絡をするとか、固定電話(子機でOK)を設置して何十回でも出るまで電話する、電報を使う等で対処して下さい。

    ユーザーID:1206802756

  • 必要性を感じないと

    私も、特にガラケーの頃はあまり電話に頓着していませんでした。

    でも、何かしら「持っていないといけない」という状況になれば、気を付けて持ち歩き、まめに見るようにはしていました。

    お母さまは今のところ、電話をこまめにチェックしなければいけないという状況にないとお考えなのでしょう。トピ主さんの連絡も、そんなに喫緊の連絡でもないと判断しているのだと思います。だって、そんなにどうしても、すぐに連絡が欲しいなら、お父様の携帯でも祖父母の固定電話でも会社へでも、なんでも連絡をとる方法はあるのですから。三日も四日も、出ない携帯に連絡するだけで済ませられるくらいなのですから、「そこまで緊急でも重要でもない」という判断なのでしょう。

    固定電話に掛けることも、祖父母の足腰のことを心配しているようですが、緊急事態なんてそうそうあるわけでもないし、一度緊急事態になったら以降は電話にも気を付けるでしょう。

    ちなみに、私はスマホに変えてから、手放せなくなりました。チケット取ったり好きな場所で動画を見たり、いろいろできて便利ですし。フリック入力も最初は苦手でしたが、今は(子どもには「おっそ!」と言われますが)なんとかできるようになりました。ライブに行かれるようなお母さまなら、「これからはデジタルチケットが主流になるからスマホにしたら?」と勧めてみたら?(とはいえ、数時間マナーモードにしっぱなしで気づかないこともまだありますけど)

    ユーザーID:7332262099

  • 宅内インターホンをつけるか電話回線を増やす

    タイトルの通りですが、子機をもう一台増やして
    更に宅内インターホンを設置する。
    そうすれば膝の悪いお祖父さん、お祖母さんが呼びに行く必要は
    なくなります。

    ただ、膝が悪いなら電話に出る回数も減らした方がいいですよね。

    というわけで、電話回線をもう一つ増やすのが一番いいかな、と
    思います。

    因みに私はトピ主さんのお母さんタイプです。
    ガラケーなのですが、電話を持って出かけることもよく忘れます。
    携帯の意味なし…。

    非常時に連絡があるかも、ということはわかっているのですが
    それ以外に必要性を感じない。

    恐らくお母さんは使いこなせないのではなく、携帯電話に意識が向かないんです。
    なので外出先から戻っても携帯はそのままカバンの中。
    今後もそれが改善されることはないでしょう。

    というわけで、固定電話をもう一つ引く。
    子機付きの電話にして、子機をお母さんが目につく場所に置いておく。
    一度試してみて、と言うにはちょっと負担が大きいでしょうが
    どうしても電話に出て欲しいならやってみるしかないでしょう。

    ユーザーID:4338389935

  • やはり携帯電話は持っててほしい

    固定電話でいいじゃないという意見が散見されますが、私は携帯電話を持っていてほしい気持ちがわかりますよ。
    私自身が携帯電話を初めて持った理由が2度の大地震でした。もしその時に家にいなかったり、家の電話が壊れたり、電話機に辿りつけないくらい家が壊れたら、何日も家族と連絡とれずに「死んだのでは」と心配したりされたりすることになるかもしれないんだな、と思ったら怖くなりました。箪笥に乗られてたりして、助けを呼ぶ手段がなくて死んでいくかもしれないなんて、想像するだに悲しい。

    でも私は大地震の恐怖を味わうまで想像がつかなかったわけで、トピ主さんの親も想像できてないのが困りもの。いい方法が提案できればいいんですけど。

    ユーザーID:0522858815

  • お母さん状態でした

    電子音が肌に合わない。
    場所により突然の呼び出し音は、困るので常にマナーモード。
    ちまちまとした、指での操作が億劫。
    画面の光が目に刺さる。
    黒電話の受話器のような安定感がない(物足りない)。
    充電が面倒。
    置き場所を忘れないよう、カバンに入れっぱなし。

    携帯持たされたても、24時間スタンバイはつらいよ。
    不在着信が山なら、家の留守電に用件入れておいてよ。

    【重要】たま〜に電話が鳴るから、緊急の要件だと思うのよ。

    以上、アナログ母は、わが息子にも、言いたい。

    ユーザーID:0516994269

  • 私も、原因はお母様の内部にあると感じます

    つまり、「電話が鳴っているのに気付かない」のではなく、「出たくない」「通話というものをしたくない」ということ。

    出る気があれば、なんとでも方法はあります。
    「自分が気付けるような所に携帯を出しておく」「着信音量を上げる」などなど。
    まして家に年寄りを抱えているなら、誰よりもそういう連絡というものに敏感であるはずの立場ですから。
    それでも出ない、改めないというのは、やはり出たくないとしか考えられません。

    お母さまはどんなタイプの人ですか?
    社交的ですか?
    人見知りをする方ですか?
    言葉にクセというか、どもったり方言が目立つ(今住んでいる所がお母様にとって故郷でない場合)などの問題はありませんか?

    あるいは、発達障害のような一面があって、電話の内容を正確に聞き取れないとか、伝えられないなどの傾向は?
    一度そういう目でお母さまを観察してみて下さい。

    ユーザーID:3115304302

  • 解約おススメ

    いや、無理ですよ。

    例えていうと

    歩いて20分自転車で10分の距離のスーパー。
    便利だからと軽自動車購入(免許あり、駐車場あり)。
    しかし使わない。
    使って欲しいと言われても、意味ないから使わない。
    そういうことです。
    なくても問題ないんです。それが必需品であると、思わない人は思わないんです。

    私の母(80歳)にも持たせてましたが、見事振り込め詐欺(還付金)に引っかかったのは
    「携帯電話を持っていたから」と断言できますね。
    持っていたがために、ATMまで誘導されちゃったんですから。
    母が携帯を解約したのはそのあとすぐです。

    トピ主さんが心配する事態は昔なら普通にありました。
    ていうか、ごめんなさい、父が倒れた母連絡付かずという事態で自宅に行って様子を見るとか母親拾いに行くとかしないんですか?

    うちだったら連絡付かなかったら確実に行くので。
    もし母親がショックで倒れていたらシャレにならないから。

    多分、そういった事態で間に合わなかった場合は「仕方ない」で済むと思います。

    ユーザーID:6142983139

  • 意味ないもの持たせたいなら、持ってもらう工夫が必要

    お母様は、自分ではいらないけれど家族が言うから持ち歩いてる程度のものでしょう。

    つまり、妻にすっごい効果あるパワーストーンだから肌身離さず持ってて、と言われて、自分はそういうの興味ないけど、好意なのは分かってるから持ち歩く感じ。貴方は、妻が本気で信じてるパワーストーン、いつでも持ち歩けますか?
    うっかり、ズボンに入れっ放しにしたり、置き忘れたりしないでいられますか?

    貴方がお母様に求めてるのは、そういうレベル。

    それでも出てほしいなら、協力してくれる気はあるようなので、トピ主さんが工夫しましょう。ネックストラップはいちいち面倒だし重いから肩こりそうだし、よく使う人だって嫌じゃありません?

    毎日決まった時間に電話するから、と宣言して、実際に毎日掛ければ、少なくともその時間近くには、はっと思い出すでしょう。

    冷蔵庫や洗濯機、食器棚やトイレットペーパー蓋なんかに、携帯の図か写真付きで携帯出した? という紙貼っ付けておいたっていい。食卓に充電ホルダー固定して、携帯入れて、という旗持たせておくのなんかでもいけるでしょう。

    それでも意識しないなら、家の鍵付きストラップを付けてしまえば、否が応でも外出前後に取り出しますよね(これは流石に嫌がりそうですけど)。

    バッグの中で見えないから忘れるってんなら、外付けの携帯ホルダー付けて視覚的に見える様にあげれば、気にする気がある五十代なら思い出してくれると思います。

    貴方にとって必須であろうが、お母様は、使いたい時だけ思い出せばいいだけとしか思えないのですから「どうでもいいものを忘れずにいられる工夫」をしてくださいな。

    因みに、親子機なんて、一旦親機でとっても、保留で戻して子機2を呼び出せば呼び出し音なるから、子機持っていく必要ないのに、何故に膝悪い人を歩かせるなんて話に?

    ユーザーID:9535888606

  • しばらくの間

    兄とトピ主と妹さんの3人がおられるのですよね?

    しばらくの間、毎日3人が各一回、
    必ず母の携帯に電話を入れるってのはどうでしょうか。

    必ず毎日、3人から3回携帯に電話があると知っていれば、
    母も携帯の存在を意識する様になるのではないでしょうか。

    いわゆる、クセづけです。

    母と同居している父親には、毎朝、母がいる目の前で母の携帯を鳴らしてもらう。
    そうすれば、電源を切ったままって問題もなくなるでしょうし、
    携帯を鳴らしているのに取ろうとしない目の前の母親に
    即、注意もできるし。

    ユーザーID:8803734367

  • 電話番の世代交代。

    祖父母さんを、電話番から引退させてあげましょう。
    そうすれば、電話による特殊詐欺対策にもなるのでは?

    固定電話の親機を、母親が日常を過ごす空間に引越しさせて、子機を祖父母スペースに設置させればよろしい。
    まだ若いあなたにはピンとこないかもしれないけど、祖父母さんたちは加齢により、難聴とまではいかないレベルで耳が遠くなっているかもしれませんし。

    ちなみにもうすぐ米寿の我が老父は、電話が鳴っているのに気がつかないし、テレビのボリュームを近所迷惑レベルまで大きくしてますから。

    ユーザーID:3304709416

  • 祖父母は子機転送を知らないの?

    別に親機で着信を受けても子機転送(内線転送のようなもの)を使えば呼びに行かなくっていいでしょう。
    祖父母に転送方法教えてあげればいいんじゃないの?

    ユーザーID:4982324055

  • 繋がらないと怖いという症状

    わたしは50代ですが、子供のころは電話が無く、小学生からやっと固定電話が
    入りました。
    携帯電話は30代から。そして今はスマホ。
    今までは「外出したらどこにいるかわからないし、つながらないのが当たり前」
    「旅行に行ったら親の死に目には会えないかも」という状態が普通だったのに、
    ケータイ時代になり「いつでもつながっていないと不安」という精神状態に
    なってしまいました。

    現代の人は気の毒とも思えます。
    繋がらないと不安なんですよね。
    繋がらないと、怒りすら感じてしまう。
    でもこれって、少し異常だと思いませんか。

    ケータイを持っていてもつながらないこと、よくあります。
    うちの親もケータイを持っていましたが、病院に担ぎ込まれた時子供は仕事中。
    電話に出られない状態でした。
    ケータイばかりに頼っていると、こういう時の対応応用力が弱くなってしまうんです。

    主さんに必要なのは親にケータイを使ってもらうことより、ケータイが
    ない場合の想定訓練だと思います。
    親の勤務先の電話、出先の連絡方法知ってますか?
    なぜまずは親の家に固定電話をひかないのですか?

    母親は一度痛い目に会わない限り、ケータイを持たないでしょう。
    それより、主さんが考え方を改めたほうが早そうです。

    ユーザーID:3168349443

  • 文明の機器

     祖父母の時代に固定電話が普及しだし、父母で固定電話が一家に一台の時代ですよね。現在は、携帯電話が普及して一人一台以上持ち、固定電話が無い家庭も多くなりましたね。時代の変化は凄いですね。

     父母の住まいにも、新たに固定電話を設置してあげて下さい。祖父母の住まいに固定電話、父母宅に子機を置いていても、祖父母が電話に出れば呼びに行くとの事なので。多くの方が、祖父母が電話に出ても、内線で呼び出せると投稿していますが、使い方が分からないから呼びに行くのではないですか?足が悪いとの事なので負担にもなりますし、双方が暮らしやすくしてあげてほしいと思います。
     それと、携帯電話や子機ですが、私の前職場の上司が相手の声が聞こえ辛いと言っていましたよ。

     別居の祖父母が通院するようになったから緊急事態になるのですか?祖父母世代なら高血圧等の慢性的な病気で通院される方が多いと思います。診察後の緊急入院よりも、自宅で倒れる事の方が多いと思います。

     病院からの緊急連絡先は、仕事中は携帯電話を持ち込めないので職場に掛けても大丈夫だと思います。携帯電話を持ち歩かずに固定電話化しても良いのではないですか?

    ユーザーID:8977305630

  • たぶん電話が嫌いなんだよ

    家の電話が鳴ってもでないんでしょう?
    多分使いこなせないんじゃなくて、嫌いなんですよ電話自体が。
    携帯の音やメールに気が付かないんじゃなくて、黙殺したいんだよ。
    あなたにとっては携帯は必須で楽しいものかもしれないけど、そうではない人もいるのよ。
    憶測だけど、仕事も電話に出なくていいものを選び、見たくもないから鞄に入れっぱなし、夫が電源切ってくれたらこれ幸いで放置♪

    普通のウチは、電話がかかってきたら家事中でも「おーい電話だよーでろー」って夫や舅姑はいいますからね。
    その夫や舅姑があきらめて電話に出て、お母さんに「電話だよ」ってつなぐ状態なんだもん。
    社会人でよそで暮らしてる息子が言っても無理ですよ。

    ただ、取り次げば電話に出られるし、自分が使う必要があれば電話されるんでしょう?だったら必要になったらちゃんと使うと思いますよ。
    今、電話使え!電話に出ろ!ってあんまり圧力を掛けると、祖父母さんより先に、お母さんがストレスで入院することになっちゃうよ。

    声を聴きたいときに出ないんだからー、お母さんにだけ用事があるのにーってイライラが本心ならわかるけど、本気で緊急事態に備えて!って思ってるならお母さんよりあなたの方が心配ですよ。

    ユーザーID:9629949586

  • そりゃイライラするわ

    お母様、50代??ワタシ同年代ですが、てっきり80代ぐらいのお母さんの話かと思ってました。

    私の母は80ですが最近やっとスマホに変えてくれました。父は90近くでもかなり前からスマホで私より買い替え頻度が高いぐらい笑

    おじいさま、おばあさまのことを思うと、確かにもっと危機感を持って携帯電話ぐらい使えるようになっておかないと結局自分が痛い目を見ます。
    よく主義で携帯電話持たない人がいるけど、誰にも迷惑かけないならいいですが、実際連絡が取れなくて周囲に迷惑になっていることが多いです。

    私は母をなかば脅して携帯電話を使えるようになってもらいましたよ。母が70代の時です。
    そういうのは嫌いだから、で通すのはいいけど、連絡や情報が取れないために助かる命が助からなかったりするんだよ?
    何かあったら、ほら携帯すらもってないから、と周りに責められて誰も同情してくれないよ?
    毎週来ておしえてあげるからさ、って。これが効いたかな。

    あなたはお母様にしょっちゅう会って教えてあげることはされたのですか?
    やっぱり子供に迷惑かけたくないし、子供に会えるんだったらおぼえようかなって思うものじゃないかしら。

    それでもダメなら、一度痛い目にあう他方法はありません。

    あなたのイライラはわかります。あなたの批判をする人たちって困ったことがないんでしょうね。
    他人ならともかく、親の場合、やっぱり子供がちゃんとケアして現代の生活についていけるようにしないと。
    私の親は今ではすっかり覚えて、食事の約束とかグループラインで連絡しあって、前よりも交流が増えて楽しそうです。写真も送れますしね。
    散歩してて綺麗な花をみつけたよって写真送ってくれる。

    わたしは、お年寄りこそスマホを使った方がいいと思う。何歳でも新しいことをするのは脳の活性化になる。
    あなたもあきらめないでがんばってね。

    ユーザーID:1995818006

  • 痛い目を見ないとわからない

    私もガラケー10年以上使っていますが
    常に「お母さんの電話って一度で出たためしがない」って言われます。
    友人達にも「基本、電話に出ないのでメールで」とお願いしています。
    電源だけは入れておくようにしているのですが、どこかに置き忘れってこともしょっちゅうです
    ・・・と言うか「でした」ですね

    実を言うと娘がメンタルを病んだ時、
    娘との連絡が携帯でしかできなくなった事があります。
    私は以前は上記のような状態で、娘から連絡があっても気がつかない状態でした。
    でも、家を出て行ったまま娘が帰ってこない状態になって
    必死になって何度も何度も電話したり、メールをしたり
    その時に、連絡のつかない恐ろしさを実感しました。
    ある意味、それは強迫観念になってしまったのですが
    でも、それ以降は、常に携帯は持ち歩いているし、マナーにすら怖くてできません。

    トピ主さんのお母さんは今の所、そんな逼迫した状況ではないのでしょう。
    私は心配性で子どもの携帯にしょっちゅう電話をしていたことがあります。
    「何かあったら心配で」と言うと息子は
    「何かあったときにはもう手遅れなんだから電話が繋がっても繋がらなくても変わらない」とまで言われてしまいました。
    ある意味、そう言うこともあるのかな、と思ったりもします。

    ユーザーID:7173842930

  • 固定電話を

    もう1つ、別の番号の固定電話を引けばいいだけじゃない?

    それなら、音が聞こえないということも少なくなると思う。

    ユーザーID:9126134277

  • 子機で良いんじゃないの?

    態々、呼びに行って貰う必要はないです。
    子機には内線機能も付いてます。
    祖父母が出た場合は、一旦切ってから内線で呼び出せばいいのです。

    そして折り返し電話して貰うか、暫く経ってからとぴ主さんから電話すれば良い。

    その他には、固定電話を親世帯に置けばいいのでは?
    ネット環境が整っていれば、そんなに費用は掛からないと思います。
    それも無理だというのなら、これは最終手段ですが、家用に携帯電話を買う。
    その携帯は常に決まった場所に置いて貰っておけばいいのでは?

    ただ、外出中は通じないですがね。

    定期的に数時間おきに携帯の確認をして貰うのも良いかも知れませんね。

    ちなみに…私自身も携帯が不在になる事が多いです。
    家に居る時はまず出れない事が多い。そして、バッグから一旦だすと、外出時には
    忘れて行く事が多いです。それは避けたいので、バッグからはほぼ出しません。
    然しながら…結構聞こえますけどね…

    ユーザーID:6483023380

  • 結局、お母様が電話に出てくれないのが不満なだけ。

    >最近になってこの相談をしたのは別居している祖父母が病院に通うようになって、緊急時の連絡が母に行く可能性が高まっているからです。

    病院通いしてるからって、それがイコール「緊急」になることはほとんどありません。そう言うのは入院を勧められるようになってからです。

    別居している祖父母がお母様のご両親なら、祖父母の状況はお母様のほうが良くご存知でしょう。
    本当に危険になれば、常に電話を意識するようになります。

    >病院からの連絡に気付かなかった結果、50キロや300キロ先で働いている孫達が先に病院に到着して、すぐ近くに居る母だけが来ていない…なんてこともありえるのです。

    そもそも働いてる間はロッカーに入れてるのでしょう? 
    なら、勤務時間中には携帯に連絡が入ってもどのみち繋がらないし、家にいればタイムラグはあってもつながるのなら、300キロ先の孫が先に着く、はあり得ません。
    それに、さすがにそこまで緊急時なら家電にかけて足が悪くても祖父母に電話をつないでもらうでしょ。

    結局のところ、トピ主は「すぐに電話に出てもらえない」ことが不満なだけ。
    なんでトピ主の都合に合わせてお母様が携帯を気にし続けなきゃいけないんですか?

    もうね、そのことにイライラすること自体、お母様に甘えてるんだって気づきましょうね。


    あと、子機を増設したら二世帯の祖父母が取ったとしても保留⇒お母様の近くの子機呼び出しをするだけです。
    わざわざ子機を持ってお母様に届けに行く必要はありません。

    何のための子機増設だと思ってるんですか。

    ユーザーID:3748033200

  • わかる気がします

     私はあなたのお母さまの年頃の者です。
    また、実家から遠く、子供の立場で親を案じている者でもあります。
    私の親は耳が遠く、携帯を取っても会話が通じにくいため、大事な要件はハガキで伝えています。
    文を読むのには問題がないのが、まだしもありがたいと思っております。
     お世話になっているケアマネージャーさん等はいらっしゃいませんか?
    いないなら、地域行政に相談室のようなものはありませんか?
    実務的なアドバイス(私が思いつくには 固定電話は御祖父母様ではなく親御さんの部屋に置く、
    留守電を残して留守電があれば電話機が点滅する機器とする)、
    あるいは、あなたの御心配が伝わるような言い方のアドバイスをもらえませんか?
    「あーこの間までオムツを変えてやっていたあの子が、数十年不都合なくやってきた私に説教ねぇ、はいはい。」
    これは一般論ですが、子供が自分の都合で負荷を強いて上から説教をして・・と感じられると、
    聞く耳を持ってもらうのは難しいように思います。
     私は御近所様に、非常時には連絡をお願いするかもしれないと、
    帰省の度に挨拶をしています。

    ユーザーID:9272910135

  • えーと

    お父様が電話に出るなら別に良いのでは?
    お母様が仕事中でも、そんなに何度もかけなきゃならないほどの用事があるなら
    職場にかければ良いと思うのですが…。
    「いつでもどこでもボクの電話とってくれなきゃヤダ!」
    と駄々こねてるわけじゃないなら、お母様を変えるより自分が変わった方が早いし確実です。

    ユーザーID:7740552605

  • 愚痴とあらば

    解決策は孫が出来て孫がらみでLINEするようになれば、間違いなく手元にスマホをおくようになるでしょうな。

    ユーザーID:6286989812

  • 父母の家に固定電話を引いてあげたら?

    父母の家に固定電話を引いてあげたら?
    新規にもう一本です。
    そして母親の携帯電話は解約。
    ほぼかけないなら基本料金は携帯電話より安いんじゃないかと・・・。

    以前は資産や質屋にも入れられましたが今はそんな高額ではありませんから
    固定電話引いてあげてついでに電話機も買ってあげたら?
    多分携帯電話への意識は改善されません。
    主さんが安心するなら安い買い物ではありませんか。

    ユーザーID:9843629636

  • お母さんは使いこなせていないのではない

    お母さんは10年ガラケーを使い続けているので「使いこなせていない」のではないのですよ。
    ただ常時手元に置く必要性を実感できてないからなだけなのです。

    現状祖父母が病院通いになったからと言って、別に入院されているわけでも無いですよね。
    だからまだ必要性が実感が出来ないのです。

    もし例えばトピ主さんが旅行中、旅行先で大きな災害がありトピ主さんの安否が分からなかったら、お母さまはおそらく携帯をずっと握りしめている事でしょう。
    祖父母が入院したとしても恐らくちゃんと手元に置かれるでしょう。

    それは電話を使いこなしたからではなく、必要性があるからそうしているだけです。

    かけ続けるストレスは分かりますが、そこで悶々とする位ならもう一回線引けば解決ですよ。

    ガラケーで連絡を取る事の優先度を下げ、あくまでもサブの連絡手段とすればよいだけです。

    ユーザーID:6009791232

  • 常に携帯電話を身につけておくのが嫌な場合

    >固定電話にかけて母が出ずに祖父母が電話を取った場合、祖父母に母親を呼びに行ってもらう、または子機を持っていて貰うことになりますが、膝が良くない二人にそれをやってもらうというのは気が引けます。

    固定電話をもう一回線増やす、あるいは子機を増設するか、子機が複数台ある固定電話に買い換えれば問題ないのでは?
    祖父母用の親機か子機1で電話を受けたとして、その電話機から両親用の子機2を内線で呼び出し、取り次ぐことは可能ですよ。
    職場などでもそうしません?

    今時は、耳の不自由な方でも気付きやすいように呼び出し音が鳴ると光が点滅する電話機もありますから、そういうものをお部屋に設置して差し上げればよろしいかと。

    ユーザーID:3875529004

  • まあ、そうカリカリしなさんな。

    母上と同世代です。
    祖父母様のことで、緊急連絡の必要性が高まった時には、
    きちんと母上も携帯をカバンから出して気を付けるようになりますよ。

    今気になる心配事が無いから、携帯チェックをしないだけです。

    それこそ、誰かが入院でもしたら、
    何時でも出られるようにするし、職場でもポケットに入れるようになります。

    私の夫は寝るときはリビングにスマホ放置で、枕元に置きません。(私も)
    寝る時ぐらいはスマホから解放されたいからです。
    しかし、地震や災害時台風、夫の父が倒れた時は、枕元に置いていました。
    その後安定したらリビングへ。

    携帯の電源をいつまでも入れないのも、
    ようは心配事安否確認する必要がある懸念事項が無いからですよ。
    今少しの平安を、母上に味あわせてあげてください。

    「孫が先に到着」それはそれでいいではないですか。
    一緒に住んでいても、いざの時間に合わない事などいくらでもあります。
    毎日付き添っていたのに、ちょっと家に荷物を取りに帰っている間に、
    亡くなって死に目に会えなかった。という事いくらでもあります。

    本人に連絡手段は携帯だけではない。
    職場、近所の家、(その家の人が自宅に母上を呼びに行く。緊急ならアリ)
    電報って知ってます?懐かしいな〜!電報の使い方検索してみてください。
    デパートではぐれたら、呼び出し放送してもらったらいいですよ。
    天災級の緊急時は、携帯が通じなくなるから、貼り紙や伝言板が有効。
    最新機器に頼るばかりが能ではないと思います。

    でも、同世代だけど、のんびりした母上ですね。それはそれで微笑ましい。
    私はしょっちゅう遊びの連絡や、仕事の連絡が入るのでスマホが手離せなくて・・。
    それはそれでなんだかなあ〜。

    ユーザーID:8972113028

  • それは

    固定回線をもう一回線引けば解決すると思います。我が家は敷地内なので、固定電話のぶんは二回線使っています。昔と違い、高額の加入権はありませんし、月々の使用量もとても安いです。詳しい金額までは知りませんが(夫の担当なので)、たぶん携帯より安いんじゃないでしょうか。

    若い人は固定電話を持たずに携帯だけですますのは普通だと思いますが、ご両親の場合は、それとは明らかに違いますよね。トピ主さんがまだ家にいるときの連絡はどうしていたのだろうと、単純に疑問に感じました。祖父母さんに呼んでもらっていたのか、どうなのか。お父さんの携帯だけで用がすんでいたのか。

    ユーザーID:5169933010

  • 光回線にしてもう一つ電話をつける

    20代の息子がそこまで頻繁に親に連絡するものなんですね。
    少し羨ましいような。

    もう一つ固定電話を繋げば解決ですよ。
    光回線にすれば回線増やしても安く住みます。

    ユーザーID:8861045776

  • 相手にあわせる

    もう何年もその状態なのだから、今から覚えるのは無理でしょう。
    私もお母様と同年代ですし、スマホは普通に使っていますが、
    ダメだと思いこんだら、もう無理な年齢なんですよ。

    二世帯の、ご両親の住居側に、新しく固定電話を引くのが一番。
    これなら、出ると思います。

    これから先、出先でどうしても連絡が必要な時がくるかもしれません。
    そうなったら、その時には覚えるかもしれません。

    トピ主の気持ちもわかるけど、それを押しつけても無駄だと思います。

    ユーザーID:8614102824

  • 本当の緊急時は自宅か職場に

    本当の緊急時は、自宅か職場に電話していいんですよ。

    大体、それだけやいのやいのと子供たちから電話やメールがくるのもどうかと。
    お母さんを車輪のハブにしようとするから困るんです。
    義父母さん関係のことだったら、お父さんでもいいでしょう。

    お母さんだって働いているんだし、家族の連絡関係はお父さんを主にすればいいと思います。

    ユーザーID:8061761966

  • お母さんへの接し方

    トピ主さん怒ってますね。
    文面からお母さんへの不満と苛立ちがスゴイ感じられる。

    でもね、
    人間は苦手なことやりたくない事にガミガミ言われると、
    ますます苦手で遠ざけてしまいますよ。

    ここはやはり、あなたが折れるべき。
    お母さんが使いやすいようによく意見を聞いて、
    これならできそうという方法を編み出すべきです。
    怒らず優しくね。

    折れたくないですか?自分は間違っていないのにって。
    母親だって困るだろうにって。

    でも考えてみてください。
    あなたの最終目的を。
    これがお母さんでなく頑固なクライアントさんだったとして、と。

    どんなに相手が間違っていると思っても、
    押して押してダメなら引かないとならない時もあると思う。

    ぜひ冷静に暖かく別方法(レスの皆さん考えてくれてるし)を、
    考えて実行してください。

    ユーザーID:3082123686

  • なぜそんなに携帯にこだわるの?

    追加レスを読んでも携帯以外の選択肢を見ようとしないトピ主さんが疑問です。
    携帯以外の選択肢を潰すための反論に見えます。

    そもそも、二世帯住宅なのにどうして子世帯、トピ主両親側の世帯用に子機がないの?
    お母さんの認識としては固定電話は親世帯の物。自分が出るべき電話ではないんだろうね。
    自分用の携帯を持ったのは親世帯に気兼ねなく「自分が掛けるため」だろうね。

    で、子機を増やすのが現実的じゃないとおっしゃいますが、なぜ?
    祖父母にお母さんを呼びに行かせるのが不憫だから?
    世の中の子機には呼び出し機能、内線機能ありますよ。
    それこそお母さんに用があるときに子機の内線機能で日常的に呼び出せるので祖父母たちにはこれ幸いな機能ですよ。
    (お母さんには迷惑機能だろうけどね。)

    祖父母が内線機能を使いこなせないというのなら別回線をご両親世帯に引けばそれで解決。
    どこが現実的じゃないのかさっぱりわかりません。

    ネックストラップ。
    トピ主さん家事したことある?
    女性の服装見たことある?
    男性と違って胸ポケットないんだよ。
    家事仕事に首からぶらぶらする携帯なんて邪魔以外の何物でもないですよ。
    重くて首こるしね。

    祖父母の緊急時連絡先の問題。
    この別居の祖父母って親世帯の祖父母以外のこと?
    祖父母側の固定電話に連絡入れてもらえば済む話では?
    もし、親世帯側の事だとしてもお父さんに連絡が行けば問題ないんじゃない?
    お母さんが仕事中なら会社を通せば連絡が着くよ。

    携帯でなければならない理由はどこにもないと思う。

    よく言われることだけど、人を変えようと思ったって無駄です。
    自分が変わる、自分で環境を変える方がよっぽど早いのです。

    そうそう。
    AmazonEchoなんてどうです?
    スマホで呼びかけ、通話できますよ。

    ユーザーID:1782447491

  • 子機増設プラス留守番電話機能

    深く考えずにまずは親世帯に子機を増設する。そして親にも祖父母にも常に留守電機能をONにしておくことを教育する。
    留守電機能で誰から誰宛てに電話が掛かってきているか確認してから取るようにすべきと教育すべきです。
    昨今、これだけ詐欺電話が横行しているのですから祖父母にもこれを機会に徹底した方が良いですよ。

    もしそれができなくて万が一祖父母が先に出てしまった場合でも、「お母さんにかけてるから一回切って。次は取らないで」と言ってすぐ掛けなおせばよいでしょう。それで誰もとらなければお母さんも不在だという事が分かるし。

    何でわざわざ足の悪い祖父母に母を呼びに行かせるのは気が引ける、なんて話になるのかしら。いくらでも解決方法は有るのに。

    成人した子世代が、親世代の家のインフラを整えてあげるのも子の務めですよ。技術は日々進化しているけれど親世代はなかなか自分の力では対応できないですから。

    祖父母の病院関係の緊急時などは、連絡を受けた孫達(貴方含む)が母親の職場に直接電話すれば良いでしょう。そもそも携帯をロッカーに入れているということから仕事中に携帯をいじれるような環境では無いのでしょうから。
    緊急時なんですから職場に連絡しなければならないのは致し方ない事ですから。
    逆にもしそういう事が続いて職場からクレーム受ければ(緊急時は自分の携帯にしてもらって等)、母親も携帯の必要性に気づくのではないですか。

    とにかく今の段階で母にとっては携帯は必要なものではないようですから貴方の方で対策するしか有りません。

    ユーザーID:1534168360

  • 話が変わっていません?

    トピでは、固定電話の問題は祖父母が留守の時だけだったように思うのですが。

    まず、1階と2階では、大豪邸でもない限り問題なく電波は届きます。
    子機の買い増しは、簡単です。

    どちらが電話を取るにせよ、わざわざ階段を上り下りせずとも、子機と親機間での呼び出しは可能です。
    保留・内線の操作が必要になりますから、お祖父さま、お祖母さまには抵抗があるかもしれませんが。

    前レスにも書きましたが、全く携帯を使っていないのであれば、携帯電話を2階の固定電話化することはできないのでしょうか?

    いずれにせよ、お母さまと同じくらいトピ主さんも頑固ですよね。
    お袋が携帯を使ってさえくれれば万事解決なのに!というお気持ちが透けて見えますよ。
    お母さまが変わらないなら、トピ主さんが違う対応を考えるしかないと思うのですが。

    もうひとつ。
    実は私は、最近ガラケーをスマホに変えてから、以前よりメールチェックや充電をマメにするようになりました。
    友人たちからのラインが頻繁に入るようになったからです。
    お孫さんとか、お母さまが連絡を逃したくない、遅い返事で嫌われたくない、と思うような相手はいませんか?
    そういう人に毎日メールしてもらえば、お母さまの意識も変わるかもしれませんよ。

    ユーザーID:5452807726

  • 母親専用番号を追加導入ってできない?

    もう携帯は持っていないものとして対処したらいいんじゃないですか。

    祖父母さん側に親機がある電話は子機があっても祖父母さんに負担がかかるんですよね。
    だったら、乱暴ですけどお母様専用に1番号追加導入してそれに対応する電話機の設置は出来ませんか。キッチンにのみ置くようにしておく。(配線の関係で無理かな?)

    お母様にだけでてほしい時に母専用番号へTELする。
    従来の番号に対応する電話機は当然呼び出し音は鳴りませんから少なくとも祖父母さんの負担はなくなるし、お母様の電話対応への意識も若干変わりませんか。

    電話を受けてくれる祖父母さんがいるから「連絡」というものへの意識が薄いんじゃないですか。誰かがでてくれる〜自分に関係ある時は言ってもらえるし〜みたいな。

    携帯電話を気にしなければいけない状況になった事がないからこその現状だと思いますよ。

    ユーザーID:1808853636

  • もう一個回線引けば?

    単純にもう一回線、ご両親世帯に引けば解決なような気がしますけどね。

    >別居している祖父母が病院に通うようになって、緊急時の連絡が母に行く可能性が高まっているからです。
    お父さんへは連絡がつくようですので、連絡先をお父さんにすればいいんじゃないの?

    もう周囲の皆さんはお母さんの意識を変えるのではなく、「お母さんは携帯電話を持っていない」と思って行動(対応)するしかないと思いますよ。

    ユーザーID:0166959134

  • 固定電話をもう1回線引く

    祖父母に母親を呼びに行かせたり、子機を持って行ってもらうことは忍びないと思うなら、両親の住居部分に固定電話をもう1回線引けばいいのではありませんか。

    加入権は昔に比べたらずっと安くなっていますし、スマホ本体よりも安いですよ。

    お母様は携帯やスマホを使いこなせないのではなく、必要ではないからなのですよ。

    仕事で日常的に使うのでもなさそうですし、子どもも自立しているなら、小さい頃のように保育園や学校からの呼び出しがある訳でもありませんしね。

    おそらく、お母様にとって携帯なんて必要ないもの、無くても何も困らないのでしょうし、意識の向きようがないのですよ。

    連絡手段としての電話が必要であるなら、お母様には携帯よりも固定電話の方が使い勝手もよく、使うことに何の不安も抵抗もないものなのではありませんか。

    1軒の家に1回線しか固定電話が引けない、という訳ではないのですし、携帯に出ない、放置しているとイライラしているなら、固定電話を引いてあげる方がずっと簡単に問題は解決できるはずです。

    ちなみに、私の実家は3回線、固定電話を引いています。
    会社用で法人契約しているもの、1回線は両親、もう1回線は敷地内同居をしている祖父母用です。

    私も携帯電話がこんなにも普及する前は、自室に自分専用の固定電話を引いていました。

    ユーザーID:5452701028

  • そういう状況なら、もう1回線引く?

    レス読みました。
    そういう状況なら、もう1回線固定電話を引くか、固定電話代わりに安い携帯電話を購入してみてはいかがですか?
    携帯電話は固定電話の子機のように、充電器の上に使ったら戻すようにして、留守番電話機能だけつけておけばいいんじゃないかな。
    携帯のなかった頃の固定電話だけの家だと思えばいいじゃないですか。
    お母様に関しては、昭和の時代の感覚で捉えればストレスたまらないと思います。

    ユーザーID:8482029262

  • トピレス読んで

    『最近になってこの相談をしたのは別居している祖父母が病院に通うように
    なって、緊急時の連絡が母に行く可能性が高まっているからです。』

    まあ、そうなるでしょうね。
    ただ、病院(かかりつけ病院ってことですね)からの連絡については、
    2つか3つの番号(連絡先)を聞かれていると思うので、
    トピ主さんあるいはすぐ連絡取れる人の番号を病院に伝えておけば
    いいのです。

    『いざという時の連絡が母に行く可能性は年々高まって行きますので、
    いい加減に使い方を憶えて貰わないとマズイ、という考えが強くなって
    きました。』

    これも確かにそうなんですが、電話に出ない人にいくら電話しても
    無意味なわけで、先に書いたように緊急事態を想定した連絡先を
    あらかじめ誰かに設定するしか対処方法はないです。

    『病院からの連絡に気付かなかった結果、50キロや300キロ先で
    働いている孫達が先に病院に到着して、すぐ近くに居る母だけが
    来ていない…なんてこともありえるのです。』

    ありえるでしょう。というかおそらくそうなります。
    が、それに何の意味があります?遠方の孫達が先に来て、
    近くのお母さんが来ていない!ってそんなにマズいんですかね?
    先にも書きましたけど、電話掛けても出ない人なんだから
    どうしようもないじゃないですか。

    子機(固定の)を増設しても、母よりも祖父母が先にとるって
    時点でおかしな話なんですよ。遠くの部屋で電話が鳴っているのに、
    膝の悪い祖父母が先に電話に出るってことが。たぶん10台子機を増設しても
    お母さんは率先して電話に出ないと思いますよ。

    携帯を使わせる、ではなく別の対処法を考えた方が早いです。

    ユーザーID:4111954245

  • レス読みましたが

    ちゃんとみなさんからのレス読んでますか?
    今時、固定電話なんて安く設置できますよね。
    子機じゃなくて単純にもう一台、ご両親の住まい側に
    固定電話を新規で設置すればいいだけでは?
    インターネットを使用しているお宅なら月500円程度の
    使用料でIP電話を設置できます。電話機も1万円以下で買えます。
    10年持っていても携帯を使うって習慣がつかないのだから
    これからもお母様の関心は携帯に向くことは無いでしょうから、
    解決するには固定電話の設置しかないですよ。

    ユーザーID:6973879218

  • 近いかも

    親世代です

    文字や写メなど 指で拡大できる便利さから スマホに替えて6年になります

    常にマナーモードにしてて、家に居るときは テーブルに載せてるので
    電話やメール来たら 音はしないけど
    画面明るくなるので わかります

    子供達はこれを知ってるので 家電かけて 「携帯とってね」の、流れです

    トピさんお母さんも 祖父宅電話を子機付き電話にして 固定電話→携帯と言う風にしたら お母さんも段々と
    携帯が近くにあると 思える様になるかもね

    海外娘宅に二ヶ月行った時
    飛行機モードをON(娘の指示)にしてLINEでのみ使用
    家族、親しい友達とはLINEしてたので
    無料でやりとり出来て助かりました

    私が趣味の繋がりの人に渡してる名刺には 自宅電話番号のみ

    友達が「何のための携帯よ」
    私「知らない番号出ないし、海外旅行とか困るし、携帯に命かけてない」
    なんて、携帯電話論争に

    娘宅から帰り 成田に着いて
    飛行機モードOFFにしたら
    貯まってたメールが一斉に画面に出て来た
    論争した友達から「ランチ行かない?」のメール
    返事ないから 4,5回入ってました

    携帯に対する思いは 人それぞれ
    家族間は工夫して 使い方決めること出来ると 良いですね

    ちなみに、私が一番便利に利用してるのは 新幹線、飛行機、ホテルの予約

    これは外せません

    ユーザーID:3601444841

  • 携帯電話より固定電話設置

     お母さんは、携帯電話の必要性を感じていないのではないのかな
     若者は、携帯電話と言えば、肌身離さず持ち、体の一部みたいな物になっていますが、お母さん世代になると、持ち歩く習慣がないのでしょう。携帯電話を持ち込めない職場のようですし。

     携帯電話に出ないからと不安や怒るよりも、父母の生活空間に固定電話(子機)を設置すれば問題が解決すると思います。それに、二世帯住宅の祖父母世帯に固定電話を設置しているのは危険ではないですか?電話で貯蓄状況を聞き出し答えてしまう事もありますよ。

    ユーザーID:8977305630

  • 携帯がない時代もあったよ?

    携帯がない時代を生きてない人には、携帯がないことなんて想像できないんですね。
    携帯がなければ緊急時がわからないのなら、昔の人は何にもできませんね。

    それより、20代の社会人の男が、母親に何をそんなに用事があるのかなと思います。
    うちの息子も20代真ん中の社会人ですが、独立して働いてます。
    滅多に電話もメールも来ませんよ?まぁそれはそれでちょっと寂しいですが、
    そんなに母親に何の用事があるのと思います。

    お母さんのほうはあなたに別にそんなに用事は無いわけですよね。
    何か母親にいろいろ依存していませんか。
    親にも自由に、人に左右されずに生きる権利があります。
    お母さんは携帯を使わなくても何の支障もないんです。

    母親ばかりを頼ってないで 精神的に独立したらどうでしょうか。
    それに働いているなら、母親のために固定電話の1台ぐらい買ってあげたらどうですか?

    ユーザーID:0216599610

  • すぐに折り返して連絡は来ないかもしれないけど

    携帯電話を持っている人全員が、頻繁に着信をチェックしているわけではありませんよ。
    自宅にいる時に気づいて欲しいのならば、誰から電話がかかってきたのか分かるようにナンバーディスプレイ付きの子機を設置された方がいいのではありませんか?

    ユーザーID:3875529004

  • 本人に必要性がないのよ

    私も皆さんと同じく、ならば家電を(2世帯の祖父の方にある家電の子機を)父母のダイニングや寝室に置きなさいよ、と思います。

    いつから使っているのかがわかりませんがおそらくはまだ長くて数年間でしょ?もし10年20年使っていて最近になっての携帯を不携帯だ、というならば、認知症等の疑いを思いますが。

    携帯を必要としていないから、必要だと思っている子ども達が繋がらなくてイライラされている、とかもちっとも響かないんですよね、きっと。本人は困ってないから。

    ならば携帯を常にそばにおけ、等とイライラし続けるよりは、
    子機を置いてあげればよいと思いますが。それならバッグにしまわないし、マナーにしっぱなしもないから、電話が鳴れば、聞こえたらとりあえず出るでしょう。

    ユーザーID:9933057252

  • 投稿者です。

    様々な意見、ありがとうございます。

    説明不足な点があったと思いますので捕捉します。

    母親は50代後半です。携帯は私が中学生だった頃、10年以上前に買ってずっと持ち続けています。そしてずっと使いこなせていません。

    スマホにしないのは母が父のスマホを借りて操作した際に自分には合わないと判断した為です。

    頂いた意見の中で多かった固定電話の子機を置く、というのは対応として現実的ではありません。
    固定電話は子機付きで祖父母の茶の間に本体、キッチンに子機という形で使用しています。
    もう一つ子機を買って設置することは出来ると思いますし、電波は中継器を使えば届きそうです。
    ですが、固定電話にかけて母が出ずに祖父母が電話を取った場合、祖父母に母親を呼びに行ってもらう、または子機を持っていて貰うことになりますが、膝が良くない二人にそれをやってもらうというのは気が引けます。

    他の案としてネックストラップを贈ったりしたのですがそれも使っていません。

    最近になってこの相談をしたのは別居している祖父母が病院に通うようになって、緊急時の連絡が母に行く可能性が高まっているからです。

    いざという時の連絡が母に行く可能性は年々高まって行きますので、いい加減に使い方を憶えて貰わないとマズイ、という考えが強くなってきました。

    病院からの連絡に気付かなかった結果、50キロや300キロ先で働いている孫達が先に病院に到着して、すぐ近くに居る母だけが来ていない…なんてこともありえるのです。

    毎度毎度30分に渡って5回や6回も電話をかけなければ繋がらないというのは大変ストレスが溜まります。

    せめて電話の必要性を理解してほしいところですが……。

    ユーザーID:2247896898

  • 固定電話の子機

    引けばいいと思うがなあ固定電話、子世帯(というのかなあ)に。

    なんか回線をケチりたいなら、祖父母世帯の固定電話を子機が二台くらいついてるのにして、
    一台は子世帯に置けばいいじゃん。

    ユーザーID:9973347532

  • 固定電話

    ウチの母は携帯電話を持っていません。
    それは固定電話で事足りるからです。

    トピ主さんのお母様も携帯電話の必要性を感じないから、着信があろうが充電が切れようが ほったらかしなのでありませんか?

    トピ主さんが怒るより、子機なり固定電話を置いてあげれば良いのでは?

    ユーザーID:4550816016

  • まるで少し前の私…(笑)

    ズバリ言いますね。必要性を感じてないから、ですね。

    私がそうでした。仕事上の緊急連絡も、家族からの緊急連絡もほぼないので、バッグに入れっぱなしした。

    流石に仕事関係の連絡が入るようになり、考え方を変えましたが。

    私以上にひどかった夫も今では以前よりもスマホを気にするようになりました。それもやはり必要性があってのことです。

    ですので必要だと思えばお母様も使うようになるでしょう。

    主さんはご家族とまめに連絡をとっていて素晴らしく親思いだと思いますが、もう少し理解を広げるのもご自身の成長につながるとおもいます。

    私ら携帯電話どころか留守電もない時から生きてるので、今絶対取らなければいけない電話がこの世にどれだけあるのか?と思うんですよね。

    お母様に携帯電話を使ってほしいのであれば、地道に必要性を感じるまで待つしかないし、連絡がつかないのが嫌なら、親子電話の子機をご両親側の設置すればいいと思います。

    ユーザーID:7034278259

  • 携帯電話 難解です。

    長年、「黒電話」に慣れてきた世代の人に「携帯電話」「スマートホン」に慣れることはなかなか困難でしょう。

    まずなれる前に老眼で携帯電話などの操作パネルの文字が読めないんです。

    私(62・男)は在職中、電話局で「黒電話」の開通工事をしていた世代ですけれど、最近の携帯電話機はとても使えないです。コードレス電話機の子機ですら老眼で数字が読めないですし、ボタンが小さすぎて小指の先でなんとか操作しています。

    これは体調・老化からしてしかたがないです。

    若い世代の人々には 簡単操作であってもそうでない人々も多いということをわかってほしいです。

    私が「黒電話」の開通工事をしていた時代でも、電話の受話音、ベルの音も聞こえないお客様には「福祉電話機」「付属ベル」「フラッシュベル(着信の時に閃光を発する)」を付けたものでした。

    ユーザーID:9886942815

  • あ、私だ。

    多分私もトピ主さんの親御さん世代だと思います。
    私も携帯(スマホ)持ってます。一応使い方知ってます。

    私もスマホは鞄の中入れっぱなしで聞こえなかったり、電源入れない日があったりします。
    夫にも幾ら電話しても出ないとぼやかれます。

    何と言いますか、携帯電話に執着してない、と言うのもおかしな表現ですが、肌身離さずって感じでは無いですね。
    う〜ん。固定電話で育ったせいですかね?。
    そうですね。緊急の時とか知らないなんて携帯持っている意味も無いですね。

    トピ主さんのお母様も勿論携帯電話は使えるんですよ。
    ただそばに置いておく「癖」が出来ないのですよね。
    レスして下さっている方の様に家は固定電話(子機付き)が一番いいのかも。

    ただ外出時は電源だけは入れておいてと頼むしかないですね。

    ユーザーID:2656702439

  • 本人は不自由していないもの

    トピ主さんが自分の都合にお母さんをつきあわせようとしているんですよ。

    だって携帯に出なくてもどんな連絡もまわりまわって必ず本人に届くもの。
    お母さんにとって何も不便じゃありません。
    本人にとって不要なものを持たせておいて「連絡が取れない!」と騒がれてもねぇ。

    もしもの場合、緊急事態だって祖父母方に連絡が入れば必ずお母さんに届くしね。

    そもそも、二世帯住宅で固定電話が祖父母側にしかないというのがこの家でのお母さんの立場の弱さを表していませんか?
    元から外部との連絡方法を阻害されていてそれに順応してしまったお母さんに今更携帯を使えと言われてもね。
    この家庭環境からしてお母さんは結婚してからお友達との連絡も不自由していたのではないですか?
    結果お友達とも疎遠状態で現状連絡を取り合うのは子供たちとだけなんじゃないかしら?
    携帯なんてなくても何とでもなります。
    お母さんに必要なのはお母さん世帯側の固定電話ですよ。

    固定電話を設置したくないのなら
    携帯電話を持ちださず家の中に置きっぱなしというのも手ですね。
    着信音を最大にしておいて充電しっぱなし。
    これでいいんじゃない?

    ユーザーID:1782447491

  • 固定電話をリビングに

    祖父母世帯の親機の子機を置けるなら、リビングに子機を置きましょう。子機増設が無理なら電話機を新たに買わないといけませんが。

    20代のトピ主さんのお母様なら「最近の機種が使いこなせない」のではなく、おそらく交友関係で通話やメール、LINEなど「常に繋がりを保ちたい」というのを好まないタイプなのだと思います。

    もっと上の世代でも、四六時中LINEでやりとりをしてる人たちもいますが、お母様は「本当に用事があれば電話」して用件はさっさと済ませて終わり、友人と長電話なんてしない人ではありませんか?

    そんな人に「絶えず連絡が取れるように、充電を忘れず常に手元に置き、出かける時は必ず携帯する」ことを求めても、本人が必要と思わない限り無理なのです。

    ユーザーID:1967435416

  • 私と似ているかも

    私もお母さまと同じような感じですね。
    携帯は、外で人と会うときの緊急連絡用という認識です。
    バッグに入れっぱなしにして、何回も連絡をくれた人に叱られたこともあります。
    固定電話に連絡してくれと言ってあるのに、携帯優先の人がいるので困ります。

    解決方法は、二つ。

    必要があれば機種変更をしたうえで、固定電話の子機を買う。

    お母さまが外出時も携帯を使用していないのであれば、常に充電器に置いた状態で、呼び出し音も大きめに設定して、居間や台所近くなど普段いる目につく場所に設置する。
    新しい固定電話を引く代わりですね。

    ユーザーID:5452807726

  • 固定電話の子機を

    家に在宅にもかかわらず 出ないことを解消するだけなら
    固定電話の子機を追加すればいいのでは?
    (固定電話を置き、子機を祖父母宅のがいいかも)

    普通は1階と2階で使うことが多いですが、二世帯なら可能ではないですか?

    私もお母様世代で、携帯電話に出ないと家族に言われます。
    マナー状態で鞄に入れっぱなしにしてることが多いです
    ロッカーに入れるのにマナーモードは必要と考えているので、マナーモードにするのを忘れると困るから常にマナーモード状態のことが多い。
    外出時の連絡手段としているので、持って行くのを忘れると困る(入れっぱなし)
    なので、家に居る時には固定電話でコールを家族にはお願いしています。

    ちなみにデーターSIMでタブレットを利用しているので、SNSなども利用していますが、マナーモードなので気がつかず既読が付かないと言われます。

    たぶん携帯電話の感覚としてはこんな感じではないのかな??
    とは思いますが

    事故などで病院等から緊急連絡先はトピ主さんにすればいいのでは?
    仕事中は出られないお母様に比べたら連絡が付きやすいと思われます

    喋れる状態では無い場合は、警察などで固定電話の番号は分かっても携帯電話の番号までは難しいと思いますので 緊急連絡先カードを持ち歩く必要があるかも、

    ユーザーID:4767687057

  • すみません・・・

    私40代半ばなのですが、意識が全く携帯に向いていないのでお母さまと同じ状態です。

    これは本当に「見る習慣がつかない」以外に言いようが無いのです。

    普段そこまでやり取りが無く、電話も頻繁にあるわけでは無い。スマホならまだ調べものがあったりで見る事もありますが、二台持ちしているガラケーのほうは週末は丸二日全く見ることなく過ごすこともあります。
    音が鳴っていれば存在を認識できますが、沈黙が続いている状態では思い出すことが無いのです。
    この4月から固定電話を無くしましたが、それでもなかなか携帯を手元に置くことが習慣化しません。


    私は目覚ましをガラケーにしているので、少なくともそこで一回は見ますし、そのアラームが電源オンするように設定しているので、少なくとも朝には電源が入るようにはなっています。
    これを設定してあげてはいかがでしょう。


    解決策はあまりないのですが、とりあえず急ぎの連絡が取れない件は固定電話の子機をご両親側に増設することで解決すると思います。

    お母さま自身の習慣化は、辛抱強く言い続けるか、痛い目を見ていただくか。
    またはマメに連絡を入れ続けることで習慣化を気長に図るしかないと思います。

    ユーザーID:6009791232

  • 私も使ってない

    固定電話を子機付きの電話に買い替えてあげたらどうですか?

    私は家電話に出ません。終日留守電にしていて、メッセージありの点滅サインを見て必要なら折り返しかけることにしています。
    これはセールス撃退になるし、高齢者にはお薦めだと思います。
    メッセージを吹き込んでいるのをその場で聞いて受話器を取ったりもします。

    固定電話が祖父母のところにあるのは心配じゃないですか?
    悪い人は高齢者所帯に電話で口上手く言いくるめて資産状況を聞いてきたりします。
    親機を親世帯に、子機を祖父母世帯にして、母親に留守電チェックをするように言うだけです。

    携帯電話は不要な人にはチェックする習慣は身に付きません。
    わたしなんて今年、ベッドと壁の隙間に落ちていたのを10日後に発見しましたよ。

    ユーザーID:7755389595

  • もったいないから解約しましょう

    トピ主さん的には「何かあった時のための携帯」って思っているかも
    しれませんけど、ロッカーに入れっぱなし、鞄に入れっぱなし、
    電池切れでもおかまいなし、だったら携帯を持っている意味がまったく
    ありません。

    緊急事態でもバッテリー切れてたらつながりませんからね。
    仮に充電されていても、着信鳴ってても気付かないでしょうし。
    お父さんが事故に・・っていうのも、そういう想定もしていない
    でしょうし。

    「携帯にかかってくる」ことを想定していない人には、
    何言っても無理なんです。

    うちの高齢の母も同じで携帯を最初に持たせた時はそうでした。
    携帯が固定電話化していました。

    ここ数年、家の固定電話にヘンな電話だとかセールスの電話が嫌になって
    携帯からの発着信をするようになりましたけど、何かきっかけがないと
    携帯を使わない、意識しないもんです。

    仮病でも何でもいいので、身内の誰かが倒れたとかそういう体で、
    お母さんの携帯に何度も着信を入れ、緊急事態は携帯に出ないと
    誰かの死に目にもあえない・・ぐらいの大芝居をしてみるか、ですね。

    それでも駄目なら解約ですね。
    持ってても持っていなくても困らないわけだし。

    ユーザーID:4111954245

  • わかる

    お母さまと同年代です。
     
     かばん入れっぱなしでした。外出から帰っても思い出しません。

    それでキッチンカウンターの上を普段の定位置にしました。光ったらわかります。誰かが教えてくれます。

     あと、息子が、タブレット端末?を貸してくれて、余りにも面白く、返してくれなくていいと言われています。画面が大きくていいです。おかげでラインもできるようになりました。
     両方使っています。

    ユーザーID:5685842582

  • まず固定電話をひく

    あら50既婚男性です。
     お母さま、別に携帯なくても日常生活は大丈夫なのです。
     まず2世帯住宅の固定電話を分岐するなり延長するなり工夫して
    固定電話を生活圏内に設置してあげてください。

     

    ユーザーID:9737696908

  • 固定電話の方が良いと思います

    多分、トピ主のお母様と同年代の者です。

    私たちの年代は、電話は用のある時に使う物という認識なのです。
    携帯電話を持ってても、持ってることすら忘れてしまうのです。
    なぜなら電話は居間に鎮座しているのが当たり前だから。(年代によっては玄関に鎮座)
    居間に固定電話を置けば、鳴れば出ますよ、多分。

    そう言う私は、すっかりスマホに飼い慣らされてしまいましたけどね。
    10年以上前、初めて携帯電話を持った時は、車に置き忘れる、着信に半日以上気付ないなんてザラでしたよ。

    ユーザーID:3914503756

  • 困りましたね

    トピ主さんが20代とのことでまだそうご高齢ではないと思いますが、少々認知症の気はないですか。ほんの軽いものであっても。
    きちんと理由を伝えていてそれに本人も応じているのに全く改善されないというのは少し心配ですよね。

    その他のことはどうなんでしょう。
    全てが口先だったりするタイプなんでしょうか。

    「ごめん、気をつけるから」が全く信用ならないということなので、その更に先に踏み込まないと駄目なんだろうなあ。
    何かのついでではなくて、一度しっかり向き合って話し合った方がいいと思う。
    どういうつもりなんだ?って聞いてみて下さい。お母さん、なんて答えるか。

    その返事如何でまた対応を考えるしかないですよね。
    実際、家族のコミュニケーションに不都合が生じているのだから。

    ユーザーID:0595184018

  • ワイヤレス子機付き固定電話がお勧めです

    62歳男性です。私もときどき、お母様と似たような状況になります。

    最近は母親の介護施設から携帯電話にかかることも多いので、気にするようにはしていますが、以前は携帯電話に着信が少なかったのでほとんど気にしていませんでした。

    昔父親が入院したとき、深夜に連絡があり、なかなか気づかなかったら「携帯は枕元に置いて下さい」と看護師さんに言われたので、それからは携帯電話を入れたバッグを布団の近くに置くようにしています。でも、他の部屋にいると着信音が聞こえないこともあります。

    マナーモードにしたり、電源を切ったら、その日の晩や翌日に気がつく事も多いです。

    >携帯電話は鞄から出して見えるところに置いて
    常に使う習慣がない人には無理です。

    >携帯電話を置く為のスタンドを買って
    家でスタンドに置くと、外出時に持ち忘れる場合も多いです。私の妻は充電していると、必ず持って出るのを忘れます。(バッグに入れっぱなしなのでバッテリー切れで困ることも多い)

    家に固定電話があるのなら、ワイヤレス子機付きの固定電話がお勧めです。(二世帯住宅の2階と1階で電波が届くかどうかの確認は必要です)

    ウチは普通の2階戸建てですが、子機2台付属の固定電話を買い、リビングに固定電話、食堂にワイヤレス子機、2階にもワイヤレス子機を置いています。こうすれば、固定電話の着信音は家のどこでも聞こえ、眠っていても、呼び出し音を10回鳴らしてくれれば受話器がとれます。

    ユーザーID:4849054108

  • 子機を置いたら?

    家電交換して、実家側に子機を置けばよいのでは?

    ユーザーID:6265676105

  • ガラケー?

    スマホだと、子機扱いになる端末を利用するサービスがあります。
    携帯電話会社によっていくつか種類があるようですが。
    子機を家電みたいに居間に置くとかしてはいかがですか?
    別な方法としては、定期的にトピ主さんに電話するようにしてもらうとか、
    お父さんからお母さんに電話してもらうとか、いかがでしょうか。

    ユーザーID:9864376542

  • ガラケー

    ガラケー。私もですが…。スマホ必要ないし。常時マナーモード。登録以外は出ない。用があれば再着信あるし。お母様は 携帯をいつ頃から持たれたのですか?私は 20年以上 前ですかね。この時は お母様と同じようでしたね。外出時も持たないから子供から 持つように言われも 公衆電話がある。でもね。ガラケーでも 便利を覚えるとね。違くなるのよ。これどういう意味?そこまでの行き方?あー便利と気づきました。お母様も 必要に迫られていないなかと思われます。お父様が事故に遭われる時などは 固定電話に掛かりますよね。そこから皆さんに連絡がありますよね。お母様にまずメールをしておく。見ないなら迎えに行く。此のようなことは困るし お母様に何か有ったら心配だから 一日一回は見るように話されては如何でしょうか?

    ユーザーID:7657672847

  • 使い方がわからないか困ってないか

    私はたぶんトピ主さんの母親世代(か更にちょっと上)ですが、自分の親に対してちょっと似たことを感じました。

    原因の一つは、携帯を見ていなかったために困った経験がまだないので、「別に大丈夫でしょー。」と感じていること。ちょっとゴミ出しに行くときに玄関のカギを掛けない人がいますが、あれと同じです。少ない可能性に遭遇してしまうなんてないない、と思ってしまうタイプ。

    もう一つは、携帯電話の使い方があまりよくわかっていないので、あれこれ言われてもそこに到達するまでの道のりが遠くて諦めているケース。機械が苦手と自認している人は、触っているうちに覚えるというコースをたどりません。触ったら壊れるんじゃないかと思っています。画面に出る警告メッセージや確認メッセージの意味がわかっていません。よーく読めばわかるじゃないかと思うのは若い証拠。苦手ジャンルの説明はよーく読むだけで頭が空白になっていきます。こういう人には使えるようになるまでこまめに都度都度教えてくれる人が必要です。着信ランプのことも、使えるツールになっていないよくわからない機械が光ってても目に留まらないのだと思います。

    ユーザーID:0522858815

レス求!トピ一覧