幸せな人には辛い人の気持ちは分からないのかな。

レス45
お気に入り114

あんぽん

ひと

私は膝の手術をしています。
膝に無理がかかり、反対足も痛くなり、この度辞めることになりました。

膝は通っている学校(夜間)で理学療法士の先生に診てもらっています。
そこで担当の先生にも仕事の相談をたくさんし退職を決意しました。
まだ半年くらいしか勤めていないこと。
仕事を続ける体力がない絶望感。
痛みがあること。
全てがのしかかりとても辛かったです。
しかし、リハビリをしないと私の足は良くならない。
だから先生に診てもらったり、言われた筋トレを機械でしていました。
筋トレは週に2、3回仕事終わりに行っていましたが、メンタル面でも体力面でも限界でした。
先生も大変だと思うと寄り添ってくれていました。

そして6月で退職をしました。先生も知っています。

その先生と退職後2日経った時にたまたまスーパーで会いました。
退職して気持ちが落ち込んでいたけど、会ったら先生には笑顔で仕事をやり終えた事を報告しよう。心配させないように振る舞おうと決めていました。

ですが、会った先生は足の事も仕事のことも一切の話をしてくる事はありませんでした。
「奥さんが妊娠中でさ、明日から里帰りなんだよね」と言ってきたので、
「おめでとうございます」と返しました。
先生は続けて子供の予定日、今いる子供のお世話についてなどを幸せそうに話していました。
未婚の私もお世話になっている先生の幸せな話が嬉しいはずなのに、最低にも心の中で(私は今までも辛かったけど、仕事を辞めての今が一番キツい。なのに先生は幸せな話をしてくるんだ…。これが先生の人生で、私の悩みに興味も関心もないし、むしろ幸せ真っ只中の先生に落ち込むようなブルーな相談はしない方がいいな)と思いました。
次会った時に前みたいに相談する気持ちになれない私は、本当どうしようもない大馬鹿ですよね。
人の幸せを素直に聞くことも出来ないなんて最低です。

ユーザーID:8450244890

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数45

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを停止しました
  • 回答ありがとうございます。

    回答にあるみたいに、公私の区別をつけたのかもしれませんね。
    私的な場だから、私的な幸せな自分の話をしたのかもしれません。
    (ちなみに周りに人はいませんでした)

    自分に同情してほしいという回答もありましたが、同情して欲しかったのではなくて脚の相談事は先生にしかしていなかったので、気にかけて欲しかったのだと思います。
    自分目線で物事を見過ぎなのかもしれませんね。
    私だったら数日前に自分が相談を受けてた内容で辛いことがあった人に対しては、(失業や身内の不幸、病気、離婚など)自分から幸せな話をしようとは思いません。
    大丈夫?みたいな声をかけると思います。
    でもこれは私目線であって、人は人。
    それに先生は仕事だから気にかけるだけ。
    それこそ公私。
    そこが分かっていませんでした。
    …もしかしたら分かってしまって、ショックなのかもしれません。
    仕事とプライベートは違うと分けるべきですね。

    ユーザーID:8450244890

  • ありがとうございます。

    依存しすぎ。との指摘がありますが、自分では依存はしていないと思っています。
    先生のプライベートに関わる気持ちはないです。患者なので。
    私はずっと、治療者と患者の立場でいたかったのだと思います。
    私の主治医と、たまたま病院内で診察外の日に会ったのですが。
    その時に、最近調子はどう?と聞かれたことがありました。
    それで少し話をしましたが、だからといって依存したわけではないです。

    病院外でも先生に先生としての対応を求めるのは、依存し過ぎてる。
    そうなのかも知れません。
    ただ指摘されるまでは、
    病院外でも、患者と先生の関係を保ちたい。友達ではないから。
    と、思っている自分もいました。

    一線を引くべきと指摘もありますが、
    一線を弾き過ぎているのは自分なのかもしれません。
    先生はプライベートな話をしても良いと思ってくれている患者なのに、私が一線を越えたくないのかもしれません。

    ユーザーID:8450244890

  • ありがとうございます。

    街中で患者さんに会った時、
    診察外で患者さんに会った時に、
    最近どうですか?や、元気にしてましたか?と聞くのは、ごく普通のことだと思っていました。
    これは大変な時にいる友達も同じです(相談されるくらいの仲が良い友達のみ)

    自分自身は、離婚して間もない人が友達でも接客相手であっても関係なく、最近どうですか?と声かけをして、話したいなら聞きますよ。という空間を作っていました。相手の出方次第では、自分の話に切り替えるけど、離婚だったら家族の話はしない。
    亡くなった話だったら楽しい話題は避ける。
    病気の話だったら、内容によっては旅行に行くなどの行動的な話題は避けるなどです。
    それが普通のことのように思っていました。

    今回たくさん回答いただき、人に期待しない。その一言だと思いました。

    ありがたいことに、こんな性格の私を頼って相談してくれる人もいます。依存ではなく、ラポールだと感じられる間柄です。
    人それぞれだから、今回の先生みたいにプライベートはプライベート。公私は分けるという考えも理解できます。
    依存されたくないから突き放した的な回答は悲しかったですが…。
    常に気にかけられたい訳ではなく、たまたまタイミングがその時だっただけです。
    離婚直後や親の不幸後、病気発覚後や転換期などのように、今この話題は私にはキツい。そう思える時だったのです。
    みなさんの回答を見て、期待しないこと。
    自分は自分であることが分かりました。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:8450244890

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧