現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

退職後の趣味の世界について

マリンバ
2019年7月4日 18:41

高校の英語教員で55歳です。英語大好きで打ち込んできましたが、気が付けばあと10年で定年退職という年になりました。

今は仕事にやりがいもあり、充実していますが定年後の日々は毎日サンデーだという先輩の先生方のお話を聞き、少しずつ準備していきたいと思っています。

1年半位前に母が打ち込んでいる囲碁のサークルに私も入って手ほどきを受けました。教えてくださる先生はとても優秀で親切な方で親身に教えてくださいました。何とか基礎は身につきましたが、その後囲碁にかける時間や努力が足りないためか、上達を実感するところまではとても到達しません。

仕事である英語のブラッシュアップもしなければと思うので、今一つ囲碁に集中して打ち込めていないからかと思うのですが。

こんな中途半端な自分を反省しています。
定年後の趣味の世界を充実させるために、現役の今からどんなことを心がければよいのかアドバイスいただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

ユーザーID:0870416620  


お気に入り登録数:42
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:33本

タイトル 投稿者 更新時間
一生懸命にしないことです
ponpon
2019年7月4日 19:31

トピ主さんは真面目過ぎるのではないでしょうか?

仕事なら給料を貰うために、一生懸命に働かなくてはなりません。
けど、定年後の趣味なんですよ! そんなに固く考えていては何をしても面白くないと思います、そして何をやっても長続きしないでしょう。

もっと気楽に生きましょう。
「 何もしない 」 も趣味のうちです。
いろいろやってみたら、面白いことが見つかるかもしれません。 定年後だからブラブラしてても何の支障もありません。

私は、定年前に退職しましたが、寝たいときに寝て、起きたいときには起きる、そしてカメラを持ってバイクに乗って、うろうろしています。
退職後、すでに10年ほど経ちますが、いまだに毎日が楽しいですよ! もっと気楽に生きましょう。

ユーザーID:4454378460
私は何か役目が欲しかった
秋月
2019年7月4日 19:32

定年後は趣味三昧で楽しめる人ならそれでも良いのですが。

私は不満でした。
趣味って仕事や子育てや介護の間にやるからこそ楽しめるものであって、一日中趣味ばかりだと一気に趣味の魅力が色あせてしまいました。
何か役目が欲しい。
人に必要とされたい。
隠居生活に入るには早すぎる、そう思いました。

今は短時間のアルバイトとボランティアをやってます。
趣味はその隙間時間に十分楽しめます。

トピ主さんはせっかく英語のスキルを持っているのですから、それを生かした社会貢献を考えることはありませんか。
学童やフリースクールの子供たちに勉強を教えるボランティア募集を見たことがありますよ。

ユーザーID:8116296212
ありがちな話題ですが
パッカ〜ン
2019年7月4日 20:25

若いころからの趣味志向があってその延長線上でというのなら分かりますが、その時になって「探す」ものでしょうか?

囲碁はお好きですか?

英語が堪能ならそれを活かすのも悪くないと思いますけどね。

もちろん何事もチャレンジして、その中で見つけるというのもありです。

ユーザーID:3569336648
英語で囲碁
生ハム
2019年7月4日 20:28

・英語
・囲碁
この二つしかキーワードが出ていないので、英語で囲碁を学ぶ手助けをされてはいかがでしょうか。
外国人観光客を相手に1日ワークショップをするもよし、日本に住んでいる方を相手にするもよしです。

ユーザーID:0799536630
英語での文化を楽しむ
映画ファン
2019年7月4日 22:08

英語のレベルが或る程度であれば、英語で楽しむ文化が途方もなく広がっていきます。一番薦めるのは英語での観劇。これは生ではちょっと難しいので、DVDとか動画サイトで楽しめます。シェークスピアとかテネシーウィリアムスとか沢山ありますね。勿論、良い映画も古い物から片っ端制覇してください。

それから、英語で読書する事。これも、サッサと読めたら、かなり楽しくなります。日本語訳で出版される前に英語の本は存在しますので、誰よりも先にベストセラーなんか読みたいですよね。

そして、海外旅行。英語はインターナショナル言語ですので、どこに行っても会話が出来て、その土地の人達と意思疎通が簡単でとっても楽しく満足がいきます。

英語が仕事でラッキーでしたね。

ユーザーID:8253186517
中途半端で良い
海坂
2019年7月4日 22:40

定年後、趣味もなく時間を持て余すのは寂しいものです。

定年前に、趣味を持って慣れておくのもいいと思います。

トピ主さんは、趣味の囲碁で上級者となり活躍したいのですか。

今は現職なのだから、仕事中心で趣味は中途半端でいいではないですか。

定年までにまだ10年もあるのに、趣味の世界を深めておきたいだなんて完璧主義者なのでしょうかね。

趣味は、楽しむものです。

私は絵画鑑賞は好きですが、鉛筆画すら全然やってはいませんでした。

そんな私が、定年後に油絵教室に入会したので家族も友人もびっくりしていました。

もちろん、油絵は下手です。

でも、競うものではなくて楽しむものだと思っているので、7年間続けています。

トピ主さんは、仕事にやりがいを感じ充実しているのだから、定年まで生徒のために素晴らしい授業を続けてください。

趣味なんか、いつでも始められますよ。

ユーザーID:0235561105
心の底からやりたいことを趣味にする
チュン夫
2019年7月4日 23:53

私は60歳で定年退職して2年目です。

若い頃からやっていた複数の趣味三昧・・と言いたいところですが、家族の用事や通院などもあって、なかなか思うようには楽しめません。でも、ちょっと空いた時間を使っては趣味を楽しんでいます。

自分が心の底からやりたいこと、やると楽しいことを趣味にしているからできるのでしょう。

趣味を始めたころは、なかなか上達しなかったり、やりかたを学習する必要もありました。

でも、「やりたい」ことだから下手でも楽しめます。普通なら「面倒な勉強」でも「やりたい」と思い「知ると楽しくなる」から、ついつい寝る間も惜しんで学習してしまいます。(学校の勉強では、ありえなかったことです)

最近退職した友人も「やりたいことがたくさんありすぎて暇がない。スケジュール表がビッシリ埋まる」と言ってます。

トピ文を読むと、囲碁をさほど楽しんでいるわけでもなさそうです。

趣味は、仕事を(一応)ちゃんとこなした上で、自分で工夫して、趣味に打ち込めるだけの時間を作って楽しむものだと思います。

旅行で3日間の休暇が必要な場合だと、3連休を利用して木曜日に会社が終わったらすぐに出発し、日曜の深夜までに帰宅し、月曜朝から普通に出勤するとか。

会社の仕事で自己研鑽が必要なら、他の休日や平日にやるはずです。

トピ主さんは囲碁が心の底から楽しいと思う段階まで達してないか、トピ主さんに合わない趣味かもしれません。

それと「上達を実感」できない。そんな「前向き指向」は仕事と同じ感覚であり、趣味の世界とは異なります。

趣味だから下手でも楽しければ良いのです。楽しくやっていれば、いつのまにか上達するはずです。

下手だと楽しくないのなら「やりたい」と始めた動機が弱すぎると思います。

誰でも「上達したい」とは思いますが、下手でも下手なりに楽しめるものを趣味にするべきだと思います。

ユーザーID:8737425084
トピ主です。アドバイスありがとうございます。
マリンバ(トピ主)
2019年7月5日 8:00

親身になってレスを下さりありがとうございます。

ponponさん、自由闊達な生き方が素敵ですね。私もそんな風に柔軟に生きられたらとうらやましいです。自然にしていればご縁のあるものが身につくということですよね。
私も肩の力をもう少し抜いてみますね。

秋月さん、英語を活かすということについてのためになるご意見ありがとうございます。そうですね、ボランティアで社会貢献できればやりがい、生きがいになりますよね。ぜひ今から考えてみたいと思います。

ユーザーID:0870416620
子供たちに光を
esezou
2019年7月5日 9:18

私は地元で小学校をベースに理科的なボランティアをしています。

「子供たちの心に火をつける」的なものです。

ここで感じるのは、(元)学校関係者の力です。

やはり教育現場に立たれた方には色々な点でかないません。

当ボランティアも退官された方が大勢活躍されています。

是非子供たちのために力を貸してください。

専門が英語ならなお良いと思います。

ユーザーID:5536615285
そういえば、趣味って何だろう
レンのん
2019年7月5日 9:59

私はオタク趣味なんですけど

最近、新しい物は面白いと思えないし
狙ったように昔のアニメやゲームをリメイクしてわくわくするけど

購入しても積み上げるだけという感じです

仕事で忙しいとか時間がないとか、

そういうことじゃなくて、老化らしいです

結局無理に趣味を作ってもダメなんですよね

囲碁や将棋は長く付き合えると思います
趣味は片手間くらいがいいのだと思います

せっかく英語が堪能なら、生かすのが一番だと思います

一番いいのは誰かと共有する事かなと

私の趣味が続かない理由に
共有できる友人がいなくなった(子育てや転居などで)というのが大きいと思います

その点、囲碁は対戦相手が必要で
英語は話す相手が必要です

教師ならば、教える相手がいるわけで

自分がそぐわない物を無理やりやっても続きません

ユーザーID:0036612859
趣味はいくつかあります
実子
2019年7月5日 10:33

私も中・高生に英語を教える仕事をしています。英会話も習っているし、英語は趣味と実益両方の領域に入るのかしら・・。

実親の介護中に短歌を始めて8年目になります。家事や介護をやりながらの作歌でしたが、短歌は片手間でできる趣味ではありません。今のところおもしろくて仕方がなく、カフェで2〜3時間短歌関連の雑誌を読んだりしています。

他には10代から続けてきた映画鑑賞と絵画鑑賞があります。これらはほんとうに気楽な趣味で、一人できままに楽しんでいます。

・・というわけで、私の場合は英語は仕事で使うもの、短歌は本格的な趣味、映画・絵画鑑賞は楽しみというように、はっきりと使い分けています。

どの分野にも全力投球では身がもちません。半ば本気で打ち込む趣味と、気楽に楽しむ趣味と両方を持っていると、生活にメリハリがついていいと思います。今のところ私は非常にバランスのよい趣味生活を送っています。

ユーザーID:8775620354
トピ主です。貴重なご意見、ありがとうございます。
マリンバ(トピ主)
2019年7月5日 15:11

こんなにレスをいただけて嬉しいです。

皆様のご意見で、趣味というものは無理に作るような作為的なものではなく、心から楽しむものだということを心に刻みました。確かに勉強や仕事の延長のようではあまり楽しくないですよね。下手でも上達が遅くてもかまわないんですね。

ボランティア、英語を経済的に困難な生徒に教えて差し上げるなど、社会に少しでもお役に立てるといいなと思います。
英語は好きですが、今よりおばあさんになっても生徒にきちんと教えらえられるように、一定の力を保てるように心がけますね。
発音できるだけきれいに、生徒が英語を楽しめるように異文化の話題などにも興味を持ち続けたいと思います。ありがとうございます。

ユーザーID:0870416620
長続きする趣味
あめ
2019年7月7日 12:14

50代後半パート主婦です。
本当の趣味という物は、人に聞いたり探し出す物ではないのだと最近ようやく気がつきました。

若い頃から手仕事が好きで、子育てと仕事の合間に何かしら造っていました。
大学ではデザインを専攻していましたので、色の配置を考えるのが好きで
パッチワークや編み物は特に好きでした。

最近は外国語の勉強にはまっています。
学生時代は大嫌いだった勉強なのに、毎日数時間勉強しています。

サークルに入っていましたが、おしゃべりが目的の方もいるようで一向に進まず
やめて、今は独学です。

自然にやってみたいと湧いて出て来たものは長続きするような気がします。
興味が湧くようにいつもアンテナをはっておく事も大切かもしれません。

それにしてもトピ主さんは英語がお出来になるので、心底羨ましいです。
私は英語は何十回と挫折しました。
私も皆さんと同じですが、英語のボランティアをお勧めします。
成田空港でよく見かける、案内ボランティアのシニアの方達の活動は素晴らしいです。

ユーザーID:4698204702
退職後は趣味全開です
nemo
2019年7月7日 16:13

民間年金に3つ加入していましたので、早期退職しました。
退職金は70%を定期預金として貯金。

在職中は「休日には別人になろう」と着物を着るようになり、骨董市や古着屋、たまに呉服屋で着物を買いあさりタンスが溢れるほどに。
それらを元にしてリサイクル着物の店と雑貨屋を始めました。

雑貨は学生時代手芸が好きで色々作っていたため、着物をほどいて布商品を沢山作っています。お客さんが来ないときはこちらに集中。
店を開く前に家賃5年分は資本金として貯めたので、あとは光熱費のみ。
生活費は年金から出ています。
これまでひたすら仕事をしてお金をこつこつ貯めてきました。

毎日着物を着て接客し、ちくちくと針を動かす事が楽しいです。
売り上げが家賃を越える事は滅多にありませんが、資金が底をつくまではこの生活を楽しもうと思っています。

ユーザーID:9956378614
囲碁も趣味のひとつです
ももりん
2019年7月7日 19:20

まだ現役会社員(正社員)です。
囲碁は結婚時、夫に教えてもらい、へたで素質もないながら、なんとか続けてきました。
もともと数学が好きだったので、囲碁は嫌いではないけれど、熱中している人たちと違って詰碁や、棋譜ならべにあまり興味ないです。
ということは、上達がかなり遅いです。それでも、趣味って、不思議といい仲間に出会えると、なかなかやめられないです。

自分は他の趣味もいくつか続けていますが、他の趣味は基本的に大好きなことばかりです。
つまり、他の趣味は、大好きだから、自然に続けてこれた、のです。

はじめるときから、それほど好きでない趣味なら、いい仲間と出会えるかが続くか続かないかの境界線の気がします。
退職してからはじめて、めきめき上達する人(どんな趣味でも)もいますが、自分にはかなりハードル高いかな。
退職するまでに、好きそうなものをいろいろ試してみるのがいいと思います。
月一度、カルチャーセンターに通うとか。私も今複数趣味があるのに、そのうちのひとつをきわめようと試しました。
でも、みなさんのレベルが高すぎて挫折しました。 レベルが低くても一緒にやれる仲間がいることが私には大事みたい。

少しだけ年上の社員兼主婦である私からの、つたないアドバイスです。失礼しました。

ユーザーID:6894870888
トピ主です、趣味の世界って幅広く奥が深いですね
マリンバ(トピ主)
2019年7月8日 15:56

皆さま、ありがとうございます。趣味の世界は奥深く、多種多様な楽しみ方があるのですね。

私は手先が不器用で、学生時代の家庭科の成績も悪かったので手仕事ができる方が羨ましいです。
囲碁をやってみようと思ったのは、楽しみを求める気持ちとともに、頭の老化を防ぎたいという気持ちが大きかったです。脳のトレーニングとして、すごく良いのではないかと思っています。せっかく入門したのだから、もう少し頑張って楽しさが分かるくらいまでの域に到達したいものですね。
最近の仲村菫さんの活躍などにも目を見張らされています。

英語については、加齢の為に集中力、持続力が低下したためか、40代までは喜んでしていた長時間に及ぶ洋書ペーパーバックの読書が、分量、時間的にとても長くは続かなくなってしまいました。
また復活できると良いのですが。

楽しくレスを読ませていただいています。引き続きよろしくお願いいたします。

ユーザーID:0870416620
英語が苦手携帯からの書き込み
おでん
2019年7月9日 5:54

中学時代に赤点ばかりで諦めてしまい、授業についていけず英単語のスペルも全然書けません。

外国にひとりで旅行に行くようになってから、少しずつ会話を覚えて行って帰って来れるようになりました。

行く度に、次回まで上達しようと決心しても、勉強しません。苦手意識が根付いてしまい、テキストを買ってもやらないのです。
英会話教室に通っても、基本がダメ過ぎて恥ずかしくて続きませんでした。
グループレッスンは無理そうです。
でも、個人レッスンは高くて受けられません。

スカイプで実践的な英会話レッスンも考えましたが、やはり勇気が出ません。


他の外国語はテキストを買って、練習したり出来るのに、英語はスタートから躓いたトラウマで…
このトラウマはどうしたら取れますか?
質問に質問で返してすみません。
同じような方、多いと思うんです。

そういう人に向けた、お手頃価格の新しい指導方法とかを生み出していただけたら、嬉しいです。
あまり費用が掛かると本末転倒で旅行に行けなくなってしまうので。

そういった指導が構築されたら、所得が低い家庭のお子さんにも、また、落ちこぼれてしまった中学生や年齢問わずに当て嵌める事が出来ますので幅広いニーズに答えつつ、机の上の勉強とは違った実践的教育で自信や興味を持てる切り口になると思うのですが、どうでしょうか?

ユーザーID:6226730674
趣味ついては他人に聞くものでもない
サブロウ
2019年7月9日 11:47

趣味って探すものじゃないです。

私は子供の頃から魚釣りはやってきたし、
カメラも小学生時代から一眼レフを触ってきたし、
木工などの工作も好きだったし、
ペットの犬もいたから動物は好きだし、
料理も若い頃からしてきたし、
バイクも乗ってましたし、
アウトドアで燻製作りもしてきました。

生きている間にどれだけ、何に興味を持って、
自分でやってみたいか、が後年になって趣味として出来るか?なんだろうと思います

別に一生懸命になる必要もないし、
「あの時やっていたことを、またやろうかな」でもいい。
そして今から「探すものでもない」と思うんです。

絶対的に言えることは「やって楽しいこと」をやることです。
「下手でも楽しい」とかです。間違っても「師範を目指す」とか考えないことです。
それは趣味ではなく修行になりますから。

年齢的にバイクは怖いから乗りたくでもやめた方が
いいので乗りませんが、料理をするから包丁も研ぐし、道具にこだわったりします。

何を言いたいかといいますと、趣味は探すものではなく、
「どれだけ自分がこだわれるか」なんだろうと思います。

こだわるために高価なものを買う必要もないし、なければないで工夫する。これがこだわりなんです。

自分でまだやれるとしたら次は陶芸かな?と思ったりもしています。
料理を作って自分で作った器に盛りつける・・。
こういう想像をしています。

色んな趣味があっていいし、簡単でもいい。
もし充実させたいならそれらのいくつかが(釣ってきた魚を手料理にして自分で作った器に盛るみたいに)
「つながる」ような感じでやられたら良いと思います。

ユーザーID:7623836331
英語を生かす
おっちゃん
2019年7月9日 13:55

他の方も書いておられますが、趣味って探すものではないと思います。ずっと打ち込んでいるものが趣味なんじゃないかと思います。

折角英語がお好きでしかも得意なんだったら、英語を生かして観光ボランティアとか、お子さんに教えるとか、人の役に立てるものがいくらでもあると思います。

あなたよりちょっと年長ですが、独立したので、働いてはいますが、時間管理は自分で好きに出来る立場です。学生の頃からやっていたスポーツがあり、社会人になってからも続けて来たのですが、今は学生の部活を支援しています。

趣味と言っても、自分が楽しめるのも大事ですが、人の役に立てるというのは、特に仕事を引いてしまったら、大事だと思います。生き方にも関わるものなので、無理してなにか見付けるより、自分が好きで得意な分野を生かされたらと思います。

ユーザーID:9927478247
引き続きレスありがとうございます
マリンバ(トピ主)
2019年7月9日 17:16

皆さま、貴重なご意見ありがとうございます。感謝申し上げます。

おでん様、英語習得にご苦労なさっているご様子ですね。でもあきらめずに、何とか打開策を探していらっしゃるのはご立派ですね。
高校にも、数学など他の科目は得意でも英語は頑張っても報われない、という生徒は沢山います。それでも皆、何とか受験対策をして入試を乗り越えていきます。
おでん様は受験勉強ではなくスピーキングの力をつけたいのですよね。NHKのラジオ、テレビの語学番組がお勧めです。お金も時間もそんなにかかりませんが内容は確かなものです。
それから、洋画を字幕付きで繰り返し見てはいかがでしょうか?ディズニーなど取り組みやすいかと思います。一人の時なら一緒にせりふを口ずさんでみてください。
スカイプ英会話も良いものですよ。周りの人を気にせずに一対一で取り組み集中できます。

皆様のアドバイスで英語を使ったボランティアに関心が高まっています。何か他にも良い経験談、ご教示くだされば幸いです。翻訳などはこのAIが活用される現代では必要性がなくなってきますかね。
また、囲碁もせっかく手掛けたから、面白さが分かるところまで何とか続けたいです。囲碁についての経験談も是非お願いいたします。

ユーザーID:0870416620
 
現在位置は
です