現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

家計診断お願いします。40歳独身。

岡島
2019年7月6日 2:49

ご覧いただきありがとうございます。
家計診断をお願いします。特に生活が苦しいというわけではありませんが、みな様からの客観的な意見をいただきたいのと、見直すべきところは見直そうと思い投稿いたしました。
率直なご意見をお待ちしております。

40歳 男 独身 独り暮らし 大手メーカー勤務13年目(役職なしの平社員)

年収 550万円(総支給)年間を通してほぼ残業なし
関東在住

収入/月
月収(手取り) :23万円

ボーナス(年2回手取り合計):100-130万円(業績連動型)


支出/月
家賃      :7800円(会社の独身寮。定年まで住める。)
食費+光熱費   :35000円(寮の食堂。自炊は禁止なのでできない)
携帯代     :1900-2500円
ネット代    :3880円
自動車保険   :9800円(自分と実家の車、計2台分)
医療保険(終身):15900円(65歳払い込み満了)
ガソリン代   :7000-12000円
会社の持ち株会 :20000円(会社から拠出額の10%補助あり。毎月合計22000円分の自社株購入)。

その他の支出:あまりないが飲みに行けば1回あたり20000-30000円程使うこともある。4か月に1回は車のオイル交換で10000円。車検は1回で20-40万円。
洗剤や歯ブラシ等生活に必要なものはその都度購入。
年末年始、GW、お盆の年3回は関西へ帰省し、交通費+交遊費で帰る度に10万円ほど使う(計30万円/年)。

その他の支出も合計すると月あたりの支出は15-20万円程。


金融資産
日本株   :1000万円程(配当収入10万円程/年)
会社の持ち株:150万円程(配当収入5万円程/年)
普通預金  :230万円

企業年金あり

ユーザーID:0726157507  


お気に入り登録数:14
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:5本


タイトル 投稿者 更新時間
どうしたいのかな
mintu
2019年7月6日 12:48


あのー、トピ主自身がどうしたいんですか
その家計が健全であるといったら安心でしょうか・・・

はっきり言って、その年齢でその貯蓄は不安です

切り詰める所はざっくり切り詰めるべきですね

貯めたいのか、定年までこのままでいいのか
定年後、年金だけで何とかしようと思っているのかですね

寮とあるので、定年後はそこを出ることになりますが
定年後の住まいは考えていますか?

その寮にいるときが貯め時なんです

金融資産、年合計が15万のようですけど、それは貯蓄ですか?
でも年15万の貯蓄ではこの先不安です

つまり、トピ主の家計は老後不安という事になります

この際、家計を見直してみては?

ボーナスを全額貯蓄してみるとか
車の所有を見直してみるとか
いくらでもやり方がありそうです

 

ユーザーID:6440092184
年間貯蓄額は?
匿名
2019年7月6日 14:03

トピに年間貯蓄額が書かれていませんけど、月の支出が平均20万として、年間支出が240万。
手取りは400万程度でしょうから、差し引き160万は毎年貯金できてるということですか?
定年まで30年働いてあと3000万強貯められますし、大手なら退職金もしっかりあるでしょうし、定年後はキャッシュで小さなマンションの一部屋でも買って、定年後も無理のない範囲で働けるうちは働きつつやっていけば困らないのでは?

でも、寮住まいでさりとて飲みに行くわけでもないのにその貯金額はちょっと少ないですね。
何に使っているのでしょう?

私も同じくらいの年収(昨年度額面540万、手取り400万ちょっと?)の独身30歳女ですが、
補助なしで一人暮らしなので、家賃だけで年間100万強出て行きますが、
年間100〜150万貯金してます。
それでも、毎年国内旅行か海外旅行、飛行機の距離の帰省年1回、外食が好きなので週2回は外で美味しいもの食べるなど、そこそこ贅沢に生活していると思っています。
何にお金が消えているのでしょうね。

ユーザーID:7699118880
医療保険
すずめ
2019年7月6日 14:10

医療保険料が高いですが、それ必要ですか?
入院保障だけなら月2千円の共済保険もありますよ。
国民健康保険の高額療養費制度もあるので、保険料を削ってその分を貯金に回す方が良いのではないですか。
トピ主さんは独身で扶養する家族がいないので死亡保障もいらないです。

ユーザーID:6464354709
老後に備える
うさ
2019年7月6日 16:54

トピ主さんの目標は定年後の生活の安定だと思います。

定年までに住居と生活費を工面せねばなりません。
株を多くお持ちですが、今後は住居を購入に向けて貯蓄した方が良いです。
高齢になったら株の売買も的確にはできなくなるでしょう。
定年までに現金化して住居購入費に充てた方が良いと思います。
車は仕事で必要ですか?
その割にはガソリン代の補助などがないようですから、趣味でしょうか。
車は手放して、浮いたお金は財形年金などに回して老後の生活費に備えましょう。

今は家賃食費が格安でとても恵まれた環境ですので、その気になればすぐに貯蓄は増やせるはずです。

ユーザーID:7914314023
いろいろまずいのでは
のとてす
2019年7月6日 21:13

当初女性の方かと思ったので、
全て食べ物が賄いだと人生が楽しくないから、
住まいを購入されてはと思ったのですが、
男性だと「便利でよい」があるかもしれません。

それにしても
衣…はともかく食住を月5万円で賄って
年収550万円(手取り400万円位?)を13年続けて
(それより前はの分は昇給はあったと思いますがそこと相殺とするして)
貯金相当が1500万も無いって絶望的ではないでしょうか。

かなりがっさりと計算すると
収入が今までで5000万円位
宿舎と賄いで800万円位、
貯金が1500万円位(そんなにない)とすると
それ以外で一年に200万円位使っていることになると思います。
(トピ主さんの試算「月あたりの支出は15-20万円程」ともだいたい一致)

仮に定年が65歳で85歳まで生き、
楽観的に考えて大きな病気等はせずに死亡できると
すると貯金(+年金)で生活するのが20年、
年金が仮に月10万円とすると、

・今の生活スタイルから帰省と保険等がなくなる
 →年間200万円から年間150万円へ

・宿舎と賄いが無くなる
 →月5万円から月15万円へ

年350万円位が「最低限の生活費」になって、
年金で年120万円補填する場合には、
毎年240万円位で貯金で賄わないければならないので
…今の貯金では数年しか生きられません。

※全体的に楽観的な方に倒しています。
 あと保険は個人年金?や配当があると思います。

同様に独身で寮に入っている中では、
自覚的という認識でトピックを立てたと思うのですが、
自分の身内にこういう将来自分に迷惑がかかり
そうな人が居なくてよかったというレベルです。

車の比重が多いようですが、これは趣味・生きがいだと
思いますので、他のところでどうにかされては。
ご両親からの遺産等があれば逃げ切れるのかな。

ユーザーID:1401623963
 


現在位置は
です