一人暮らしの兄の住む実家の家事

レス15
お気に入り123
トピ主のみ2

ぎんねこ

ひと

トピを開いてくださってありがとうございます。

神奈川県の実家に兄が一人暮らしをしています。五部屋ぐらいある大きな家で、百坪ほどあり、庭も車庫もついています。兄は独身のため、平日は働いていて、地元の企業に勤めています。私は北関東に住んでいて、一人娘と夫と家族三人で生活しています。私は兼業主婦で週四日の短時間の仕事をしていて、月に二回ほど、二日から三日の休みを取って、一人暮らしの兄の様子を見に、公共の交通機関を使って一人で帰省して、一階から二階全部大掃除して、食事を作り(兄は平日はお弁当をとっています)と庭木の剪定をしたりしています。
今から五年ほど前に、母を病気で亡くしたため、このようなことになったのですが、兄は結婚する様子もないし、性格的に友達すらできない自閉的な傾向を持つため、それは難しそうです。
こちらも夫の親の介護が始まれば、帰省もままならないと思いますが、このまま、実家の世話を私が時々帰省して行う生活でよいでしょうか。
相続の時に入った税理士さんなどは、兄のためにいろいろしてあげることが、みんな兄のためになっているということをその時言っていましたが。

皆様から見てどう思われますか。

ユーザーID:7730914058

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数15

レスする
  • 昭和の時代の長男坊主

    実は、兄にはメンタル面の病気があって、正社員で働いていますが、週に一度ヘルパーさんに一時間来てもらっています。主に調理実習(兄が昼ご飯を作ります)と掃除を見てもらっています。そのほかは、妹の兼業主婦である私が、様子見に帰って、掃除や料理作り、庭木の剪定をしています。

    典型的な昭和の男性の育ち方で、男は勉強をしていればいいから、家事はしなくてよいというような家庭教育で、女である私は、小さいころから料理洗濯掃除などの家事をしてきました。よって、私にもメンタルの病気は少しあっても生活障害はほとんどないため、家事はできるわけです。

    なぜ、実家を買い替えないで、大きな家のまま住んでいるかというと、兄は、この実家を建てるとき、何千万も出資していて、事実上兄の家だからです。
    妹の私は、家の資金を二百万無利子で両親に貸しただけでした。

    確かに庭木の剪定は、シルバーさんなどのプロに任せたほうが、うまくいくし、私が過労にならなくて済むのですが、兄がものすごいケチなのです。そういう出費を惜しむし、向こうでの滞在費は、夕飯を作って折半です。また庭木も両親がたくさん植えていったため庭師では追い付かないというのもあります。

    今のうちは、私の自由がきくから、月に一度か二度帰省できますが、夏ミカンの収穫やら、ゆずやカボスの収穫の時は、頃合いを見計らって、帰省して、ご近所に配ったり、親せき宅に送ったりしています。
    両親が残した家があれるのが嫌だというのもあるし、風光明媚な場所にあるため、別宅代わりに帰省して気分転換にしています。

    兄の老後はというと、自分で死ぬときはだれでも孤独だと自分で言っています。出たとこ勝負な兄なんだと思います。

    ユーザーID:7730914058

  • 母親が言い残していったこと

    母親が亡くなる前に言っていたのは、兄を施設に入れよと話していました。一人でとても暮らしていけないと思ったようです。でも正社員で地元で働いているし、お隣の奥さんと話して、独り者の弁当を平日とることにして、何とか維持してきました。

    亡くなった両親は、兄妹の平等は、力のあるものがないものに手を貸すことだといい置いていったので、私が兄に力を貸し続ける結果となっています。
    二歳差しか年が違わないため、精神科医からも、あなたとお兄さんどちらがしっかりしていますか、と言われて、結局両親が言い置いたことと同じ結果になっています。

    兄は、情報社会からも置いて行かれて、スマホもパソコンも使っていません。
    電車に乗るのも時刻表、家電でしか連絡が取れません。何か親戚に不幸があった時でも、兄と待ち合わせて一緒に田舎に帰り、お葬式に出席しています。

    おそらく人を雇うということはできないでしょう。生活力がないため、母の葬式後二週間ぐらい、私が居残り、ごはんづくりしたり軌道に乗るまで、面倒を見ていました。それから月に二回ぐらい帰る生活が、五年続いています。

    もう、介護など事情ができれば、気軽に帰省もできないのですが、今年来る母の七回忌までは、面倒を見続けようと思います。
    幸い夫は、スーパーでお惣菜を買えば、ごはんは困らないし、お洗濯は娘がやってくれるので、二泊三日ぐらいで、いつも行ってこれます。

    兄以外の家族は生活力があるのが、せめて物の救いでしょうか。舅たちも九十歳になりますが、まだ姑と何とか元気に生活しています。
    兄以外の全員がすごいから、兄が病気があっても一人暮らしができるのかもしれません。

    ユーザーID:7730914058

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧