銀婚式を過ぎて初めて知った意外な真実

レス15
お気に入り30

葭葦

男性発

3年ほど前、銀婚式を迎えた頃に知った衝撃の事実。

妻はなんと料理嫌いだった!

妻にとって炊事は単なるルーチンだったらしい。

いやビックリ、というかがっかり。
そんな事考えてもみなかったので。

しかし待てよ、と。

25年間家族のために嫌いな素振りを全く見せず、愚痴ひとつ溢さずに完璧な料理を提供し続けてきたとは!
これは尊敬に値するのでは?

そもそも銀婚式を過ぎるまで、一緒にいながら気付かなかった私も大概だよなぁ・・・

そこでピコーン!と閃きました。

だったら俺がやりゃいいじゃん!

なので50の手習い宜しく料理を始めてみました。
やってみると、うん、面白い!

この3年間で妻から太鼓判を押される程に上達しました(笑)
すると、いままで気付けなかった事も見えてきました。
妻も仕事をしていたのに家事全般の負担が妻に偏り過ぎだったなと。
妻は愚痴を言わないので、長年気付く事ができませんでしたが。
今は家事の分担も上手くこなせています。

先日、二人でまったりしていたら、なんの脈絡もなく妻が突然、
「付き合ってた頃より新婚の頃より、今のあなたが一番好き」
とか言われて照れくさいやらなんやら・・・

こんなこと誰かに話したらキモがられそうだし、でも嬉しかったし、記念として、ここにこっそり書きました。

そんなの日記にでも書いとけ!てな独り言なので、もしキモかったらすみません。

ユーザーID:7889463413

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数15

レスする
  • はあ、のろけですか

    前半読んで妻への愚痴かと思いきや絶賛でしたね。
    良かった良かった。

    ちなみに私、料理は家事の中で一番面白いと思ってます。
    共感してくれる男性がいてうれしいです。
    料理で唯一苦痛なのは「365日休みなし、1日3回、時間は固定」だということです。
    頑張ってください。

    ユーザーID:4220012731

  • 衝撃ですか

    同じくらいの結婚歴だと思われますが・・

    私は一言も料理好きだとは言っていないです。
    自分の役割分担だから作っているのです。
    この役割には、家族一同の健康管理を担っているので大きなプレッシャーです。
    それも限られた予算の中で遣り繰りしなければならない。
    毎日毎日休みなく、約30年。

    料理を作るのが嫌なのではない。
    1食の献立を考えるのが苦痛なんです。
    メインメニューからバランスよく副菜数点です。
    家族個々の好き嫌いやアレルギーもあるので、それも考慮です。

    うちの夫もたま〜に料理してくれるので有難いですが、洗い物がね。。
    作ってくれたので、文句を言わずに私が片づけますけどね。

    ユーザーID:9299970625

  • あなたは素敵な旦那サマ

    その年代でこれほど思考が柔軟かつ実行力のある方はそういません。
    奥様に「付き合ってた頃より新婚の頃より、今のあなたが一番好き」と言われるだけの事はあります。

    『家事=女の仕事』と思われがちな中、だったら自分がやれば良いとのひらめき、そしてそこに面白さを見いだす手際の良さと能力!
    素晴らしいです。

    これからもどうぞお幸せに。

    ユーザーID:4657770056

  • とても素敵です

    キモくないですよ。

    家事の中で料理は面白いですよね。

    面白いけど毎回になると辛い時もあるんです。

    そんな時に助けて貰えれば嬉しいですね。

    段取り考えるので認知症対策にもなるみたいです。

    奥様忍耐強い方ね。

    私は忍耐強くないので自分から発信して
    どんどんやって貰ってます。

    年輪を重ねて仲のいい夫婦、いいですね。

    ユーザーID:0050049163

  • トピ主です

    皆様、おっさんの独り言にもかかわらず、コメント有り難うございます。


    真昼さま

    料理、楽しいですよね。
    休みがないこと、時間どおりに仕上げなければならないこと。
    仰るとおりですね。
    この苦労は、実際にやってみなければ分からない事でした。
    でも、やってみて良かったと実感してます。
    料理以外の家事についても、自ら率先して手順をあれこれ考える、という想像力が、いつの間にか身に付いたようです。


    tumaさま

    はい、衝撃でした。
    テレビは料理番組・本屋は料理コーナー、という妻でしたので、それを見ていた私としては、料理好きなのだと信じて疑った事もありませんでしたから。
    でも、結婚して25年も経つのに「私の気付く事ができなかった妻」に驚かされまして、妻の話を注意深く聞くようにはなりました(笑)


    nemoさま

    実は、妻の方に「女の役割」という固定観念があったようです。
    私はというと、仕事であろうと家事育児であろうと、どれも同じくらい大切な事だろうとは、思っています。
    ただ料理を糸口にして、これまで気付く事ができずにいた家事の諸々の手順を学ぶ事ができたようです。
    最近は妻より先回りして家事を済ませる事も多くなりました。
    私の、その努力に妻は気付いてくれる事もあれば気付いてくれない事もあるのですが、それはそれでいいとも思います。
    何故なら妻も、私が気付かないところで沢山気遣ってくれているのだ、感じるからです。


    60代半ばさま

    有り難うございます。
    これからも仲良くありたいです。
    実際、料理の話から会話もかなり増えました。
    二人きりの時は、妻はよくしゃべります。
    私「○○(妻の名)の話は、あちこち飛ぶから返事が間に合わないよ!」
    妻「仕方ないでしょ!
    聞いて欲しい話が有りすぎて頭の中がごちゃごちゃなんだから!」
    という感じです(笑)

    ユーザーID:7889463413

  • 素敵〜!

    なんて素敵な旦那さんでしょう!

    きっとそういう方だからこそ、奥さまも嫌いな料理をルーチンとして、がんばってやり続けて来られたのでしょうね。

    これからもすてきな生活を、楽しんでくださいね!

    ユーザーID:8073560853

  • いい話か?

    はー、これいい話なんですか?
    別に奥さまハナっから料理が嫌いだったわけじゃないよ
    長年かけて嫌いになっちゃったんだよ。
    何十年も時間に追われながらルーチンでやってりゃ好きもなくなるでしょ。
    奥さまには懇切丁寧に教えてくれる人も褒めてくれる人もなかったんでしょうに。
    それを手取り足取り教えてもらい褒めて育ててもらって
    3年そこらで料理面白い!スゴイオレ自画自賛ですか?
    あなたはまだ奥さまの何もわかっちゃないよ。
    大体さ、新婚の頃より今が、って。
    そのセリフでまたまたオレサマスゴイと舞い上がれる。
    ホント単純。イヤミ入ってるでしょ、ソレ。
    入ってないとしてもナゼそれで喜べる?
    ほーんとあなたおめでたい人だな、と思いました。

    ユーザーID:4950666932

  • 幸せですね。

    トピ主さん、いろいろ余裕ができて、
    奥様を思いやれるようになったのですね。
    まぁ、これも奥様の影の教育の賜物です。
    奥様はトピ主様を手のひらで転がすのが上手ですね。
    けなしていません。褒めてます。
    今更ですが、幸せな結婚をおめでとうございます。
    奥様を大切になさってください。

    ユーザーID:7400765616

  • 料理は私の役目

     孫もいる爺さんです。トピ主さん良いですねえ。
     私なんか、もともと料理が好きで得意で、結婚当初から、子育ての時期も、休日や早く帰れるときは料理は私です。子供たちには母の味というより、親父の味という感じの育ち方をしました。
     というわけで、今じゃ全然当たり前のことで、トピ主さんのように感謝されたかったですねえ。

    ユーザーID:5644190955

  • 熟年離婚もある世の中・・・

    それはいい事ですね。

    他の男性たちに見習って欲しいです。
    料理だけでなく他の家事仕事までやってるんですね。
    そりゃあ、奥さんあなたに惚れ惚れですよ。

    奥さんも今まで頑張ったし
    根底にあるのは
    やはり愛情ですかね。

    お幸せに。

    ユーザーID:9584582317

  • トピ主です

    めーてるさま

    有り難うございます。
    妻の料理嫌いについて、私がもっと早く気づけていたら良かったのに、と考えると今でも少々胸の痛むところです。
    なので、これからは夫婦共々、今まで以上に楽しく暮らせたらなと願っています。


    ななこさま

    私がおめでたいという点、これはいい話じゃないという点、私も同意です。
    25年間も一緒に居ながら、妻の本心に気付く事ができなかったわけですから。
    妻の言葉については、確かに褒め言葉ともイヤミとも取れますね。
    でも妻の言葉の裏を疑って不機嫌に過ごすよりは、妻の言葉に乗せられておめでたく過ごす方が私は好きなので(笑)
    ただ、人の言葉をどう受け止めるかで、その後の関係が良くも悪くもなると思いますから、自戒の為に葭葦(よしあし)と称することにしています。


    かえでさま

    そうですね、今思えば子供たちが手を離れて、ちょうど夫婦の関係を見直す時期だったのかもしれません。
    かえでさまの仰るように、妻は私を上手に掌の中で転がしているのでしょう。
    なので私は、いっそう転がり易いように心も体も(笑)丸く在りたいと思います。

    ユーザーID:7889463413

  • 素晴らしい!

    素晴らしいの一言ですね!

    お互いを思いやる気持ちが伝わってきます!
    長年一緒に暮らしていても気付くことが出来ないことが
    多い中、奥様の意見を真摯に受け止めて且つご自身の行動を
    見直していけることがとても尊敬に値します!

    奥様と末永くお過ごし下さい!

    ユーザーID:1152910441

  • トピ主です

    じいじいさま

    料理がお得意であるとのこと、とても羨ましい限りです。
    じいじいさまのご家庭では、じいじいさまが料理される姿が自然なことなのでしょう。
    私のところは、まだまだその境地には達していないようです。
    いつか、私が料理していても、誰も何も思わないくらい自然なことになれたらいいと思っています。


    殿様のお上さん。さま

    有り難うございます。
    私の職場でも、夫婦仲をすっかり諦めている人達が意外に多くてびっくりしています。
    熟年離婚になりそうだな、というご夫婦も散見されますし。
    せっかく縁があって結婚したものを、そんな風では寂しく思います。
    私としては、退職後は私が料理番でもいいと常々言っているのですが、長年台所を守ってきた妻にとってはそれも寂しいようで、最近は当番などを決めずに二人でキッチンに立つ事が多いです。
    妻に言わせると、普通の家事は分担すればバラバラにやることになるけど、料理は二人でできるから楽しいんだそうで(笑)


    きてたちさま

    尊敬などとは恥ずかしくて冷や汗をかきそうです。
    実は私は、通算すると10年あまりも単身赴任をしていまして、実に銀婚式までの三分の一以上の期間に及びます。
    妻には大変な苦労をかけてしまいました。
    その間妻は寂しいという以外には愚痴も溢さず、また浮気などの悪さについても微塵も疑われた事がありませんでした。
    こうまで信じ切られると、裏切る事などできませんからね(笑)
    なので私は、新婚以来全く変わらぬ妻の一途さを密かに尊敬しているのです。


    皆さま様々なレスを頂き、有り難うございました。
    改めて感謝申し上げます。

    ユーザーID:7889463413

  • まだ三年

    これからも料理だけならね、たぶん好きでいられますよ。

    でも、奥さんがやってきたこと、

    ・掃除機がけ(吸い取ったホコリを棄てるところまで)
    ・拭き掃除(材料やクイックルを補充することも含む)
    ・洗濯(洗剤を買う→洗濯機に洗濯物を入れる→干す→アイロン→たたんで仕舞う)
    ・風呂・トイレ掃除
    ・定期的な布団干し
    ・ベッドメイク
    ・定期的な窓・網戸そうじ
    ・見えない家事(洗剤・ゴミ袋・トイレットペーパー・ティシューの補充・電球交換などなど)
    ・子育て(家事をやりながら、一日数回、不眠不休で授乳・オムツ替え。ミルク・オムツ補充)
    ・家計管理
    ・料理(現在のトピ主のように、時間と経済的に余裕がある、いわゆる「男の料理」ではなく、新婚時代の給料という限られた予算で一日3回美味しくて栄養のあるものを作る「やりくり」の努力が必要なもの)
    ・子どもの学校関係のあらゆること(送迎・弁当・制服や体操着のの購入・授業参観・PTAの付き合い・連絡ごとの処理など)

    これを全部、毎日毎日、25年やってみたら?まず料理から嫌いになります。一番面倒なうえに、「おふくろの味」とか寝言いわれて、やってアタリマエと思われてますから。

    あ、我が家は子無しで、夫が会社経営で夕食は接待で外食だったので、30年間(朝、パンを焼く以外の)料理をしたことがありません。これからもしません。幸せです。

    ユーザーID:6441754445

  • たぶんうちの夫も。

    うちは結婚14年ですが、多分家の夫も、
    私が好きで料理してると思ってます。

    毎回の料理が大変で、私はフルタイムで
    仕事もしてますので、夫に聞いてみたんです、
    「私、料理するの、やめてもいい?」って。

    そしたら夫が即答で
    「全然いいよ。○○(私)が気晴らしになるかと思ってた」
    とのこと。気晴らしなわけねーだろ!バキ!と
    夫のあばら骨を折りました、心の中で。

    そして翌日の昼。夫が近づいてきて私に聞くんです。
    「今日のお昼ご飯、なあに?」と。
    昨日やめていいって言っただろ!バギューン!と
    夫の心臓をぶち抜きました、心の中で。

    確かにね、私は料理を大事にしてます。それは好きだから
    じゃなくて、食生活が元気と健康の礎だと思っているから、
    ちゃんとした食生活を準備する責任があるからなんです。

    ほんとに料理がわかってない世の男性に、食生活の
    大切さと大変さを理解してほしいです。
    買い出しから調味料のそろえ、献立、食材選び、
    食器揃え、調理具揃え、保管など、もろもろ
    料理に全部含まれてるって分かってほしい。

    もし、我が家が富裕層で、料理人を雇えるなら、私は
    さっさと雇います。もちろんあれこれ注文はつけます。
    でも、そんなお金はないから、自分でやってるんです。
    別に好き好んでやってるわけじゃないです。

    以上、夫に今度言ってみよう。トピ主さんはご立派です。
    ご自分で率先して家事をなさるとは・・・。
    すばらしいです。是非、世の殿方に広めてください。

    ユーザーID:2575281460

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧