キャリア・職場

実家の親からの援助

レス7
お気に入り11

なつ

働く

結婚してから、孫のお誕生日や入学や帰省や送られた荷物の中に数万円頂くことなど、申し訳ないですが、実際助かりますので有り難く感謝を持って受けていました。
何年か前から、自分達が亡くなってからは跡取り(兄弟)に全部いくからと、自分達が元気なうちに!と、この数年の間に、新車一台(約300万円)、現金400万円ほど頂きました。これから子供達が次々と進学を控えていますので、本当に助かりますが、両親とも70代ですので、このまま素直に頂いていいのか、気持ちだけ頂いて返すべきじゃないのかと、考えております。
ただ我が家は今はまだ一馬力で正直余裕あるわけではありません。
私は甘えすぎに入るのでしょうか。

ユーザーID:2771463526

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数7

投稿する
  • 甘えすぎではないと思いました。

    与えてもらうものすべてが、ご両親からの愛です。
    金額ではない、物でもない、
    子どもたちの未来のためにくださったもの、
    感謝を伝え、頂けばよいと思います。

    ご兄弟にはあまり言わない方がいいかもしれないですけどね(笑

    ユーザーID:5632712519

  • なぜ「返す」のかわからない。

     頂いておけばよいではないですか。


    お返しすることのメリットは?
    もし、ご実家が将来なにか経済的にお困りになったらその時に精一杯の恩返しをすればよいだけではないですか?


    支援する側の気持ちとしては、素直に支援を受け入れてくれるほど嬉しいことはありませんよ。
    「貰っておくのも親孝行」、「甘えるのも親孝行」です。



    下品な考え方ですが、自分で預金・資産を持ち続けてなにかの折にまとめて失っちゃうより、資産をイロイロな形で分散配置(その一つとして「恩を売る?」)しておくのはリスク管理の観点からも優れた考え方だと思いますよ。
    もっとも、裕福なご実家はそんな下品な考えはこれっぽっちも持っていないと確信しますがね。


    ちなみに現金でまとめて400万円もらっちゃうと贈与税が55万かな?
    自動車の方も名義を主さんにしてお支払いをご実家がしたとなると贈与税の対象になっちゃいますね・・・。
    上手に処理することをお勧めします。

    蛇足ですが例えば、お子さんの入学金や学費をおじいさんから直接振り込んでもらうのは扶養行為の一つといえるので贈与ではありません。現金や主さんの預金口座を経由したら贈与になっちゃうので避けるほうが・・・。
    自動車はおじいさんの名義にしておいて「常時、お借りする」とかね。

    現金・預金・自動車など換金性のある資産を受け取っちゃら贈与です。 

    ユーザーID:5740263393

  • ご回答有り難うございます

    なぜ返そうと思うかについて 私は結婚式も新婚旅行もマイホーム取得時も一切親からの支援は受けずに、(マイホームについては今も主人の稼ぎでローン支払い中ですが。)やって来ました。 
    親からの援助はここ数年、急に額の大きなものになり、新車を買って頂く前にも、親が購入して2年程乗っただけの車を譲ってもらったり、ここ数年の年に一回の家族旅行、一回約30万円程を都度出してくれたり。そして元気なうちはまだ支援すると言ってくれています。本当に本当に有り難いです。子供達にはお金がいるばかりなので。ただ、私の金銭や親に対する甘えが生じてきています、、。主人に対しても私の親はこれだけ援助してくれてるんだから感謝してほしいわなどの感情もうまれてきます。

    ユーザーID:2771463526

  • 相続の時にご兄弟と揉めないでくださいね

    贈与については適切な処理をして、ご両親に感謝されればいいと思うけど、相続の時にはご兄弟の考えに従って、あまり自分の権利行使に拘らないでくださいね。
    私の夫の母は特別裕福なわけではなかったけど、娘に生前贈与をしていて、それどころか全財産を娘に遺すという遺言状まで書いてました。
    揉めましたよ〜。義妹は財産さえもらえばそれでいいとばかりに、初七日にも顔を出さなかったし、その後の法事も一切来ていません。夫が自腹で法事をやっています。
    相続の時に揉めるような財産分けをする親は、結局愚かなのだと思います。
    トピ主さんも感謝だけしてくださいね。

    ユーザーID:1221526820

  • 親への感謝

    親への感謝 大変有り難く感謝の気持ちでいっぱいです。
    もちろん兄弟とは絶対に揉めたくなどありません。相続の際、揉めごとになるくらいなら、一円もいらないです。親亡き後も、自分の生まれ故郷には帰省したいですもの。
    ところで、贈与税について、詳しくは調べていませんでしたが、、。税務署など分かるものなのでしょうか?一度だけ、一年間の限度?
    110万をこえたことがあります。

    ユーザーID:2771463526

  • 税務署が・・・

    まず、贈与税は、
    ある特定の人が1月から12月に贈与された金額の総額で判断します。
    複数の人からもらったらその総額です。 「貰った人」基準です。


    さて、たかだか数百万円程度の贈与行為に税務署が気付くわけないじゃないですか。
    税務署が気付く可能性があるのは、収入に見合わない高額の買い物(特に不動産)を購入したときくらいのものです。
    普通のサラリーマンが数百万〜1千万くらいの買い物をしても「あぁ、節約して預貯金を貯めたんだな」くらいのことでそんなことに注目もしませんし調査もしません。そんなことに人件費を投下するほど無駄なことはしません。
    (脱税額も小さいので回収できる税額も投下人件費に比べて小さいから)


    でも、気付かれなければそれでいいってのは日本人として間違っています。
    日本では「納税は自主申告して行う」のが法律に規定されているのですから。

    「スーパーでレジを通さずガムをポケットに入れたら店員さんは気付きますか」
    って質問と同じです。気付かれなければよいって話ではないのです。



    旅行の代金をその都度負担してくれる、使っていた自動車を恒久的に貸してくれているってのは、贈与税の節税を意識した良い手段です。
    2年乗った中古車なら名義変更しても金銭的価値が下がっているでしょう。


    110万円以上をもらってしまったのが今年なら(2019年1月以降)、来年の2月から3月15日までに贈与税の申告をして贈与税を納税するか、
    一部をお返しして控除枠内(110万以下)に収めるのどちらかがお勧めです。
    昨年以前の贈与でしたら、基本的に贈与税(と延滞税)を納めるのがあるべき姿です。

    なんにせよ、「現預金を直接的に受け取る」のを極力回避するのが節税のコツです。

    ユーザーID:5740263393

  • 税金・・・

    うちの親も同じ理由で少し援助してくれることがありますが
    1年間で110万未満ですよ
    トピ主さん、新車300万の援助とかやばくないですか?
    400万は何年間の間にもらってますか?30万の旅行代金は?
    親に返す以前に、贈与税のことを全く考えてないのが怖いです。

    ユーザーID:1887713272

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧