現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

不安症を治したい 携帯からの書き込み

Kei
2019年7月8日 17:30

些細な心配事が頭から離れずに、いつも不安で仕方ない性格を治したいです。

気分転換になにかしても、すぐに不安を思い出してしまいます。

気にしない性格になるにはどうしたらいいのでしょうか。

ユーザーID:7853409634  


お気に入り登録数:49
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:9本

タイトル 投稿者 更新時間
kinisinai
kuu
2019年7月8日 18:42

あなたと同じかな・・・

些細なことが気になる。。。

そういう性格とわりきるようにしてます。

気にしてる割に何の変化なしです。。

ユーザーID:8827321632
腹をくくる
Juju
2019年7月8日 21:29

私は、えーえぃ、考えても何の役にも立たない、何でも来やがれぃと腹をくくりました。人生、楽になってすごく幸せです。

ユーザーID:0917038184
私もです
アロワナ
2019年7月8日 22:10

私の場合は、過去に起こった出来事や会話の事で不安になります。

「もしかしてあの時他の人に誤解されたかもしれない」
「〇〇さんが私にああ言ったのは、私の事を〇〇だと思っているからだ」

など過去に誰かと話した内容や、誰かに言われた言葉について自分が悪い様に誤解されたのではないかと不安になります。それが被害妄想なのかもしれません。

人間って、悩んではいけないと思うと余計悩んでしまうものなので、最近では悩むことは悪い事じゃないと自分に言い聞かせてとことん悩んでいます。

ユーザーID:2038822798
じょうずに自分とつきあおう
ましろ
2019年7月9日 14:18

自分も小さい頃から不安症で自覚していました。学校に行く時、朝忘れ物に気づいてドキドキ、テストの点悪くてドキドキ。気が小さいんですよね。そんなこともあるさーと思えたらよかったんだけど。

そんな自分は嫌だな、と正直思うけどしょうがない、それが自分だから。
でもなかなかがんばってるしわりといいよね、と思いませんか。

まじめなご性格のようですし、気にしないの助音頭(きにしないのすけおんど)を聞いて歌ってみてはどうでしょう。

ユーザーID:1474396202
山より大きなお化けは出ないと言われます
カズラハウス
2019年7月10日 16:27

トピ主さんは、極々普通の人なんだと思います。人が不安に
陥るのは、自己防衛意識の為せる業です。

とは言っても、四六時中心配していては、何事も思うように
進みません。

トピ主さんの性格性質を一言で言えば、頭脳の遣い過ぎです。
トピ主さんの一日の行動を考えると、それほど沢山の行動を
されてはいないのではありませんか。

起床から就寝までの行動を記録してご覧になれば分かります。
所が、トピ主さんの頭脳は、その行動の何十倍もの思考を行
っているのではないかと思います。

ポイントは、先に考えるか、その最中に考えるか、後で考え
るかではないでしょうか。心配性の方は、先に考える先取り
思考です。

この思考方法は、無駄なことが多いのではないでしょうか。
その場で考える、その場でベストの考えをすると割り切られ
れば、心が楽になるのではありませんか。

トピ主さんが先取り思考を為さっても、その殆どは当たって
いないのではありませんか。問題が生じた時に問題解決に
努力すると覚悟を決められたら良いのです。

ユーザーID:0300382506
HSPでしたら本がありますよ
涼揺
2019年7月11日 0:11

いろいろ敏感で不安に思ってしまう方をHSPっていうんですよね。

そういう本が出ています。ちょうど今日、HSPの方の本を図書館で手にしてざっと読みました。


調べてみてくださいね。


私も不安感が強かったのですが、自分が不安を持った時は、見たときにとても感動した仏像や天女像などの画を思い出しすり替えをして心を落ち着かせていました。

ユーザーID:8301619458
私も私も
かむあ
2019年7月11日 10:28

私もそうです。
常に悩みや不安を探しているのでは?と思っています。

仕事や私生活で悩みが無くなると、今度は自分の健康を気にしたりして、具合が悪くなったりもします。

もうこれで付き合っていくしかないのかなと思います。
他人もそうなんだと思うと、少し気が軽くなります。

重たい悩みはとことん考えると、眠くなるか、
「もういいや」って開き直りになれるので、そうやって耐えています。

昔、「鍵を掛けたか心配になっても絶対に確認しない」という直し方を見て、そこだけは時々実践しています。時々ですけどね・・・ついつい何度も確認しちゃう。

ユーザーID:6163614564
ありがとうございます携帯からの書き込み
Kei(トピ主)
2019年7月13日 11:23

みなさま、ご回答ありがとうございます。

同じ悩みを持つ方に共感さして頂き、なんだかほっとしました。

ユーザーID:7853409634
心に生じた不安から離れる妙法
無常の風
2019年7月15日 14:59

人の心の中は不安と後悔から出来ています。なぜなら人の心は未来や過去へ動くからです。心が未来に動けば不安、過去へ動けば後悔が生まれるからです。

あなたの心の中を見つめてみると、いつも未来の不安や過去の後悔で埋め尽くされているのではありませんか。もしも、自分の心が不安や後悔から離れることができるとすれば、未来や過去を彷徨っている心の時間を現在に戻すことです。

そのためには、未来の不安の一番大きいものを意識することです。あなたにとって未来の不安の一番大きいものは、自分が死ぬかもしれないことではありませんか?それ以上の大きな不安は存在しないでしょう。

もしも、死ぬかもしれないことを意識するきっかけがあるとすれば葬儀や法事ではないでしょうか。お盆のお墓参りもそうかもしれません。そういう体験が自分の死について考えるきっかけとなるのでしょう。
いつか、どこかで自分が死ぬかもしれないことを突き詰めて考えていけば、そういうことを考える自分にとって一番大切なことは、いつか、どこかで死ぬと考えることではなく、今が一番大切な時間であり、自分が居るここが大切な場所であることに気づきます。

それに気づくためには「生」を考えることです。「生」と対称的な位置にあるのが「死」です。「死」から問いかける自分の「生」を意識することができれば、自分が今、ここで生きる覚悟を持つことができるというものです。

あなたには先祖が居たのです。居たからこそ、今、ここにあなたが生きているのです。もしも先祖を仏様として拝み直していくことが出来れば、自分の意識は今、ここに居ることが出来るようになります。

日常的にご先祖様と向き合うことが出来れば、未来の不安や過去の後悔から離れることが出来るでしょう。あなたの心の中に安心という世界が開かれることを願っています。

ユーザーID:7275627311
 
現在位置は
です