現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

お中元、お歳暮のやりとり 携帯からの書き込み

きい
2019年7月9日 11:57

私は結婚して5年目になります


結婚して初めての夏に、私の母から
お中元お歳暮は送らなくていいと言われているので送っていませんが、
夫が自分の両親に聞いたところ、
送るのが当たり前と食い気味に言われたので
義理の両親には毎年送っています。


私の両親は離婚しているので
私の母と、夫の両親が
お中元、お歳暮のやりとりをしているのですが
1人暮らしの母に、素麺の詰め合わせを送ってこられて
消費できずに困っていたり、
ハムなどの詰め合わせも、母は食べないので消費できないようです。

そして人付き合いが苦手な母なので、
お礼の電話も、めんどくさいようです。
(母からのお中元が届いたら連絡があり、義理の両親から届いたら、今度はこちらから連絡しないといけません。短期間で2度も電話するのは疲れるようです)



お中元お歳暮のやりとりを
辞めさせたいのですが、
夫にそれとなく言って欲しいんですが、
どのように言った方が良いかアドバイスをいただけないでしょうか?

ユーザーID:2818253833  


お気に入り登録数:7
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:5本

タイトル 投稿者 更新時間
わかります
二男の妻
2019年7月9日 13:19

うちは夫の母が、トピ主さんのお母さん
みたいな方でした。
結婚して2年ほどで夫の父が亡くなってしまい、
一人暮らしでは食べ物も食べきれず、そもそも
お中元やお歳暮を贈るためにデパートなどに
出向くのや、お礼の電話や礼状なども気が重い
ようでした。

ただ私の親は田舎の古い考えの人だったので
「嫁の実家からやめようなんて言い出せない」と
言いましたので、夫が間に入って「もう母も
一人暮らしで食べ切れませんし、そのような
お気遣いはお互いもうおしまいにしましょうか」
ということにして、年賀状だけのやりとりに
なりました。

トピ主さんのご主人がご両親に「妻のお母さんは
お一人だし、食べ物もたくさんは要らないし、
お返しいただくのも負担になるし、結婚して
もう五年も経ったから、そろそろ辞めにしても
いいんじゃない?」みたいにソフトに断って
くださると良いですね。

ユーザーID:4060358405
主です携帯からの書き込み
きい(トピ主)
2019年7月9日 21:58

アドバイスありがとうございます!

そうなんです、何を贈るか考えることや
買いにいくこと、お礼の電話、
全てが気が重いようで、、、


アドバイスいただいたように、
夫に伝えてもらうよう言ってみます

ありがとうございました。

ユーザーID:2818253833
お母さん本人から切り出す
ぎんねこ
2019年7月9日 22:12

義理の娘であるトピ主様が、義両親に何か言うと、角が立ちます。ここは年の功で、お母さまから、先方からお中元が届いたとき、「結構なものをいただきましてありがとうございました。これからはどうかお気遣いなくお願いします。ふつつかな娘ですがよろしくお願いします。仲良くやっているようなので安心していますが、どうかこれからは私のところに何も送らないでください」と切り出してもらったほうが、丸くいくと思います。
ここは、年の功だと思うのよ、で解決すると思います。

ユーザーID:8229532655
トピ主さんのお母さんの気持ちがよくわかります
道知辺
2019年7月10日 2:32

お礼を言うのも、
デパートに買いに行くのも
おっくうです。

私は子供の結婚相手のお里だけは、なんとか贈っています。
子供のためと思ってしています。

ただ、歳を重ねてきてだいぶ贈り先を減らしました。
こちらが目上の場合はまだ言いやすいです。
年金生活ですので交際費を減らしたいです。
もうお互いやめませんか?ってズバリ言います。

まぁ、相手先も教育費やらがピークか年金生活ですので
すんなりやめてくれます。

逆に贈り合いではなく、
お世話になった方に贈っていたのですが
相手から恐縮されて、もう贈らなくていいですよ
と言われてやめたこともあります。

勇気を出して言うことです。
ただ、私も他の方が書かれているように
お母さんが言うほうがいいと思います。

ユーザーID:7854952516
気持ちはわかりますが
ワッツ
2019年7月10日 11:46

「母からのお中元が届いたら連絡があり、義理の両親から届いたら、今度はこちらから連絡しないといけません」
は、義両親以外でも対人関係で常識的なことではありませんか?

電話が嫌なら、礼状はがきでいいじゃないですか。
表面は宛名と差し出し人住所、裏面は絵はがきにして短文で「いつもお心にかけていただいてありがとうございます」というふうなありきたりの文面。
とぴ主さんがはがきを作ってあげて、数行だけ自筆で。

頂き物の不要なのはとぴ主さんがもらえば?
あるいはご近所やお友達でお世話になっている方に差し上げればいいじゃないですか。

買い物さえ億劫ならかわりにとぴ主さんはお母さまの名で出すとか(あとで代金はもらえばいいし、お中元代わりに出してあげてもいいし)

面倒な部分を回避する方法を考えてもいいのでは?

止めるのはもうちょっと先で。実際に義両親さまとお母さまが会う機会があると時でいいのでは?

電話もいいが口下手なお母さまのよう、うまく伝えればいいのですが。。。
表情が見える時の方が断るにしても相手が拒否されたという感情を持たなくていいと思うのですが。

年をとれば人付き合いも億劫になるのは分かりますが、年2回くらい。
逃げていたらだんだん誰とも没交渉になってしまいます。
老化進行・孤立化につながります。したくないことをするのも一種の予防。
他と「つながりたくない」のは要注意の段階の前兆。
親をかばう気持ちも分かりますが、積極的に背中を押すのも娘ならではの応援の仕方だと思います。

ユーザーID:3233323031
 
現在位置は
です