現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

福祉業界、今後の働き方 携帯からの書き込み

りりか
2019年7月9日 22:12

29歳の時に独学で保育士の資格をとり、児童福祉の仕事に携わっています。3年正規職員をして子供の入学を機に非常勤に変わって2年目です。
今後、子どもの教育費や老後のことを考えて再び正規職員で働きたいと考えています。また、現在社会福祉士の資格取得を目指しており、来年度の受験を考えています。

そこで、今後どのような職種を選ぶかで悩んでいます。現在考えているのは、障害のある子どもの発達支援、放課後デイか大人の発達障害の方向けの就労支援の仕事です。どちらも現在の仕事を通して興味を持ちました。

年齢は三十代半ば、子どもは中学生と小学生です。収入はもちろん大切ですが、福祉業界にやりがいをもって働きたいと考えています。

放課後デイや就労支援の仕事をされている方、実情はどうですか?三十代半ばでも正規職員として採用の可能性はあるでしょうか?また、児童福祉分野で活躍されている社会福祉士さんはどのような仕事をされていますか?

ユーザーID:3228239613  


お気に入り登録数:5
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:1本


タイトル 投稿者 更新時間
まずは放課後デイ
正職員15年目
2019年7月15日 17:42

保育士の経験がすぐ生かせると思います。流れも似ています。個人の持つ課題を指導する仕事です。子供は伸びしろが有るのでやりがいを持ちやすいです。平日は6時間程度のパートが多いです。
その間に社会福祉士の資格を取れたら良いですね。福祉では強い資格で重宝されます。
放課後デイで障害児との関わりに慣れたところで、社会福祉士資格を持った就労施設の正職員になるのが正解かと思います。

ただ社会福祉士になると残業は増えると思います。
関係機関の調整が遅かったり、書類の作成が終わらなかったり、本人や家族からの無理難題されたり。全部抱えて右往左往ばかり、誰のために何をしてるのかがわからないという人もいます。真面目で融通が効かないと正義の人過ぎて、現場では浮いたり煙たがられたりするようです。各方面との顔つなぎが大変モノを言うだけに、人間関係に不得手なら、単なる施設正職員の方が良いですよ。
個人的な感想ですから軽めの参考にしてください。

ユーザーID:2139490465
 


現在位置は
です