妊娠・出産・育児

災害対応の必要な夫婦の子供の世話は誰の責任??

レス60
お気に入り144

つつじ

子供

誰かを責めたりしたいわけではなく色んな意見を聞きたいのでトピ主はどの立場かは明確にしません。
A夫婦かもしれないし、ママ友Bかもしれないし、人事Cかもしれません。
また、ここに登場する人物は全員災害を経験していませんので、災害対応の実感は乏しいです。

仕事で夫婦ともに災害対応の業務の担当になった場合、その夫婦の子供の面倒はどうすればいいのでしょうか??

災害が起こる起こると言われている地方都市に小学3年と4年のお子さんが二人いるA夫婦がいます。
A奥さんは仕事の職種柄、勤務日に災害が起こった際はすぐに帰宅が許されず、災害が起こった日は一日対応が必要になる仕事です。次の日以降は基本的には何も仕事はないはずです。A奥さんは仕事をやめない限り、ずっとこの役割です。
A旦那さんは地方公務員で数年ごとの部署異動で災害対応の部署になりました。
災害対応の部署ではもちろん災害が起こったら数日家に帰れない可能性も高いです。災害対応の部署には3年くらいいてもらう予定です。

A夫婦には近所に親戚もおらず、少し離れたところに高齢の両親がいますが、ただでさえ最近車の運転が危ないのに災害が起こった際に高齢の両親に車を運転してもらうのは危険だと思います。

A夫婦の子供は普段、鍵っ子で両親の帰りが遅いときは勝手に食事を作って食べたりしているのでA奥さんが戻るまでの災害当日くらい子供だけでいてもらおうかとも思いましたがやはり不安は残ります。

A奥さんと仲が良く、よく子供を預かったりしているママ友Bに災害当日だけ預かってもらうという案も出ています。
A夫婦の子供は大人しく自分の子供に比べて手もかかりませんし、子育ては助け合いとママ友Bは思っているので預かってもいいかな〜と思っていますが、
やはりA奥さんもママ友Bも災害当日という日に子供を預かってもいいのか、預けていいのか迷いがあります。

ユーザーID:0435631549

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数60

投稿する
  • 考えるまでもない

    考えるまでもないと思います。

    子供の第1責任者は夫婦です。妻でもなく、夫でもなく、二人に同じだけ責任はあると当然思います。

    ですから、夫婦が共に 災害時に真っ先に駆けつけるような職業である場合は、まず夫婦で話し合うべきではないでしょうか。

    もちろん、私がBさん(トピ主さんがBさんだからトピを立てたのかな、と感じました)なら、自分や家族には災害が影響しない範囲であれば、もちろん協力はします。
    しかし、命の責任は持てませんし、食や水不足であるなら、やはり我が子優先になってしまうと思います。

    ユーザーID:4178461691

  • そんな家族ばかりでは

    トピ文夫婦でなくても共働きなら丸一日帰れないことになる家はたくさんあるんじゃないかと思います。

    看護師とか学校の先生とか、目の前の大事を放って帰宅はできないでしょう。押し切って帰宅する人もいるでしょうが、そういう場合に「帰宅する人」はトピ主さんが記載している夫婦の状態でも帰宅すると思います。

    通勤に電車で1時間や車で1時間、そのくらいかかると交通網が遮断されたらアウトです。私は京都に住んでいますが、夫の勤務地は神戸です。阪神大震災規模のものが起こったら帰って来られないだろうなあと思っています。
    あの時は早朝でしたので、そういう心配や問題は少なかったです。


    不安なのは学校から帰宅してから親が帰る前の時間ですね。
    もしそんなことがあったら、家でおとなしくじっとしてろ、としか言いようがない気がします。
    地域や友人の父母が声をかけてくれて移動することになったら、置手紙を書いて行くように、と。
    誰も声をかけてくれないなら、何日でも家で何とかしてじっとしてるように、と。
    子供だけで「学校が避難所だろうから行こう」というのも心配ですから。

    Bさんが、いくらおとなしいとはいえ人の子にかまっている余裕があるかどうかはわかりません。
    Bさんがあなたの子にかまっているほんの数秒の間でも、Bさんの子供に何かあったら、あなたの子のせいでなくてもBさんはあなたを恨むでしょう。安請け合いした自分を後悔するでしょう。
    大きすぎる災害でなくBさんが自らの意思で気にかけてくれるのでないなら、お願いはやめたほうが良いと思います

    ユーザーID:8407324255

  • 職場でそのような場合の対応は決まっているはず

    各地で自然条件も違うでしょうが、ブラック企業でない限りは職場でそのような場合の対応は決まっているはずです。

    地域や職種によっても対応は違うはずですので。
    公務員であれば決まっていないはずないでしょう。

    ユーザーID:7369085397

  • 考えておくことはいいことだ

    被災当日、学校から出られないのでは?

    小学生なら、親が迎えにくるまで帰宅不可

    自宅で避難が必要ならば、小学校に行く
    大体避難所になっているはずです

    もう小学4年なら、自分で判断もできるでしょう
    というわけで、いざというときの話し合いと避難訓練をしましょう

    子供を預かる関係ならばママ友B
    気にかけていてほしいというくらい

    絶対に行ける補償がないのは
    仕事ないようにかかわらず、実親ですら同じことです

    高齢の両親ですが
    すこし離れたところとは?
    車というくらいなのだから、徒歩圏内ではないのでしょう

    それでも、かわいい孫のためなら大人として動くと思います
    そもそも、被災しているときは車で移動は厳禁ですよ

    非常事態の時に絶対はありません
    誰でもリスクがある話です

    あてがあるからこそ、混乱しそうですね
    あてがなければ自宅か避難所しかありませんからね

    基本災害時には3日は自宅避難できる準備を考えるべきだと思っています

    ユーザーID:0294035735

  • 津波を経験して

    例えば、災害時に他所のお宅に預かってもらう約束をしていたとしても、絶対その日在宅しているか、そのお家が安全な状態かは確証はありません。
    もし災害時に家に親もいないという時もあります。まず電話連絡もできないです。(停電とかネットも混乱します)
    よって、災害時は避難所に行きなさいと教えるべきですね。玄関辺りにリュックや鍵、懐中電灯を置いておくとかしましょう。どんな災害かということもありますね。
    水害でマンションの高層にいるならでない方がいいですし。地震なら倒壊の恐れがあるだろうしと何パターンか考えておくべきです。

    ユーザーID:2687276634

  • 昔の話ですが。

    南関東出身ですが、両親が公立中の教員で、災害時には学校に開設される避難所の運営にあたるので数日は帰れないと言われてました。

    当時確か私は中学生(弟は小学生)でしたが、「もし東海大地震があったら保育園で一緒だった親しいお家のママを頼るように」と聞いていて、子供同士も仲が良く日頃からお世話になっていた方だったので安心していました。

    ただ、昔は今より子供を預けたり預かったりが多かったのでそういうこともできましたけど、今はなかなか難しいかもですよね。

    うちの子が小学校低学年の時に東日本大地震があり、引き取りが夜11時ごろになった子もいて学校(避難所開設)で預かったそうですが、あらかじめ対応が想定されていたわけではなかったそうです(PTA本部役員をしていたので運営委員会で聞きました)。でもその後問題点の洗い出しで上がっていた件ではあったので、今は何か対処策が考えられているかもしれません。先生方にも他人事でない話ですしね。

    トピの方達の学校でどういう対応を想定しているか確認されてみては?他にも個人で悩んでおられる方もいらっしゃるかもしれませんし。

    ユーザーID:9615290874

  • 無理があります

    いつ、どのタイミングで起こるのか、何が起こるのかがわからないのが災害です。
    小学校にいる間であればまだ大人がいます。
    ですが、小学校を離れたら、ご兄弟だけではまだまだ幼いように思います。
    一時的にお友達にお願いできたとしても、災害の状況によってはお友達も自分の家族をみることしか余裕のない状況下になるかもしれません。
    それに、そのご夫婦も我が子が心細い想いをしている中、他の人のために動かなければならないというのも酷だと思います。
    私がご夫婦の立場であれば、子どもたちにはすぐに連絡の取れるよう携帯を持たせる、奥さまとご主人様の職場に今のご夫婦の状況を伝え、この3年間の間に何かあったら子どもを迎えに行く時間をどちらかがもちたいことを相談されてはいかがですか??
    そして、一時的にお友達へ迎えに行くまでの間や何か急なことがあった場合にはお世話をかけてしまうかもしれないことをお伝えしてみればどうでしょうか??
    災害状況によっては、迎えに行くことさえも厳しいかもしれませんが、ありとあらゆることを想定しておくにこしたことはないと思います。
    我が家も共働きなので、何かあった時のことを夫婦で話し合わなければというきっかけを与えていただきました。

    ユーザーID:5480361307

  • タイタニック号

    まず、前提として災害規模によりませんか?
    大災害時に友人に預けるとか子供だけで食事するなんて言ってられません。
    しかし、
    船の船長は沈没する時でも最後まで残らなければなりません。
    役所の災害担当であれば同じです。
    これは災害規模によりません。
    家族より市民です。
    会社の災害担当であれば、そこまでする必要があるのかと思います。
    会社よりも家族が大事です。
    これも役職によって違ってくると思います。担当というだけでなく、管理者など責任ある立場なら義務が生じるでしょうね。
    ですから、
    夫婦の子供の面倒はどうすればいいのでしょうかについての答えは「誰でもない」「誰もいない」です。
    夫婦で災害担当になることがおかしいと思います。
    どちらかは外れるべきです。
    責任を負えないなら辞めたらよろしい。

    ユーザーID:1553755418

  • 何の災害かにもよるけど

    B家と仲がいいのは母親同士のようなので、災害時に他人の子を預かることをB父が了承していれば可能でしょう。

    両家がいい関係で話が決まっていれば、A家の子たちも不安な夜を子だけで過ごさなくてもよくなります。
    災害の夜を子だけで留守番は止めた方がいいですよね。
    大人でも不安で潰されそうになります。

    ただし、どんな災害が降りかかるかは想定できないですよね。
    もしかすると、B家も自分たちだけが逃げることが精一杯かも知れない。
    何とかA家の子たちと避難所に行けたらいいですが。。


    私の経験ですが。
    20数年前の地震で被災しました。
    夫の仕事がライフライン関係なので、災害時こそ駆けつけなければなりません。
    倒れた家具を起こしたら、夫は仕事に行ってしまいました。

    自宅に残ったのは私と1才3ヵ月の息子でした。
    マンションのほとんどの方が数分先に避難したとご近所のご主人が教えてくれたので、私も息子と避難所に行きました。

    夕方、足らないものを取りに帰りたくて、交流のあるママ友に息子をお願いして自宅に戻りました。
    10数分後に避難所に戻ると、息子が2階の部屋から出て階段の踊り場にいました。
    私は驚いて別の恐怖を感じました。
    ママ友の姿は近くにないし、その後も目を離したことに触れることもなく・・
    他の大人も1才の子が1人でいても関心はないようでした。

    翌朝に実父の勤務先に連絡して、何とか運行中の電車と徒歩で迎えに来てもらい、実家に身を寄せました。
    夫とは仕事に出てから会ってません。
    携帯もなかった時代でした。


    災害時は、本当にパニックで冷静ではいられません。
    誰もが、まず我が子を守るだけで必死になると思います。
    仲が良くても責任は負えないかも知れません。

    ユーザーID:4703945993

  • 家族の災害対応

    ご公務ご苦労様です。

    私も非常勤ですがそのような立場にいましたが、
    彼の大災害を目の当たりに自分の家族が(も)守れないことから退職した経験があります。

    お立場上自助はご存知と思います。またお国を守るご公務の家族のとるべき立場もご存知かと思います。

    てんでんこ、この言葉に集約されるかと思います。

    重ね重ねご公務ご苦労様です。

    ユーザーID:5042748308

  • Bさん?

    なぜ他人のBさんが出て来るのでしょうか?
    Bさんにはお願いしてはいけないと思います。
    災害時は、Bさんは自分と自分の子供の命を守らなければなりません。
    他人の子なんて構っている状態ではないと思います。
    Bさんに精神的・肉体的な負担を掛けるのダメだと思います。
    Aさんのお子さんが大けがを負ったり、行方不明になったりなどという
    最悪の状態になってしまった場合、Bさんには何かの判断を下す権限がありませんし。
    そして、自分の親への負担に配慮して、他人に負担を負わせるってとても変ですよ。
    仮に、Bさんが自分から「私が」と親切心で言ってくれたとしても、
    口約束を真に受けてお願いするなんて、どうかしていると思います。
    A奥さんもBさんも、他人の子供に対する責任を軽く考えすぎだと思います。

    >A奥さんが戻るまでの災害当日くらい子供だけでいてもらおうか
    一番最悪ですね。
    潰れた家の中で、倒れた家具の下で、子供だけで助けを待てば良いのですか?
    火災が起きた街にある家の中で、自宅への延焼に怯えながら
    子供だけで助けを待てば良いのですか?
    割れたガラスや転倒などによるけがを負った状態で、子供だけで待てば良いのですか?
    災害が起きた時に、家も子供も無事だなんて保証はどこにもありません。

    災害時こそ、自分の家庭のことは自分で責任を持つことが必要だと思います。
    家族の命は人任せにせず、自分で守るべきだと思います。
    私は、せめて子供の義務教育が終わる頃までは、Aさん夫妻のどちらかが
    災害時には家に戻れる仕事に異動か転職するのが良いと思います。
    そんなに簡単にはできないとは思いますが。
    無理な場合は、Aさん夫妻のご両親に近くに住んでもらい、
    A夫妻の代理となってもらうことを検討した方が良いと思います。

    ユーザーID:2306218898

  • トピ主さんはどのような災害を想定しているのですか

    災害当日と書かれていますが、継続して続くかもしれませんよ。
    災害というのは、想定通りになるものではありません。
    経験がないから漠然と自分の家やまわりがそのまま同じ環境だと思っていませんか。

    災害(仮に地震)で家も損壊し避難所にしか居所がないとか、家は大丈夫でも停電・断水で子供達だけで留守宅にいられないなどの可能性もあります。
    水災もそうですが遅れて火災が発生するかもしれません。

    そんな中に3年・4年の子だけで大丈夫でしょうか。

    電話やラインのような情報伝達も即可能かわかりません。
    また遠方の高齢祖父母が現場までやってこれるか(道路の被害による問題)もあります。

    被害がなく軽微なら一日くらい留守番もできるでしょうが、長くかかるなら預ける(預かる)事も必要でしょう。
    その場合に親族や夫婦の職場への連絡先や取り決めはしておいた方がいいかもしれません。

    ただ、実際に罹災となった場合にその預かる方のご家族が必ずしも預かれる状況にあるかはわかりません。
    全員で避難所に行く場合もあるでしょうし、また両親ともに無事に戻ってくるかもわからないかもしれません。

    誰も頼れない状況が発生した場合に、子供達にどう行動したらいいか、高齢だろうがなんだろうが最終的に自分の親族に連絡をとる方法も教えこんでおいた方がいいと思います。
    またそのための備えも必要です。
    最終的には命が助かるよう身一つでもいいということも伝えて下さい。

    地震・水害・津波・土砂災害・噴火、トピ主さんのお住まいの地域で考えられる災害をハザードマップとともに確認することをおすすめします。

    我が家は夫が災害発生になると月単位で帰ってこられない状況です。
    今の所最長3ヶ月(当時は6か月と言われた)でした。
    私は職場から戻れるので、子供だけで日をまたいだことはないです。

    ユーザーID:0639433358

  • 昨年、地震災害にあいました。

    地方自治体で働いてます。

    私の上司(課長)は、夫婦で課長職(管理職)で、
    災害では一番先頭に立って指示しなければいけない立場ですが、
    実際の災害時は、子ども2人いるので奥さんは出勤しませんでしたよ。
    代わりに課長代理が指揮をとってました。
    こういう時はやはり女性の管理職は周りのサポートがないと厳しいと思いましたが…。

    災害の場合、どちらかというと、その日というより、
    復旧するまでに数日から数週間かかるので、
    無理やり、自分たちだけで何とかしようとしても無理だと思います。

    職場の周りの人と、普段から協力関係を気付けるよう、
    コミュニケーションを取るのが大事だと思いましたね。

    ユーザーID:5745020707

  • 東日本大震災の時

    当時、我が子は小学生でした。

    震災が起きた時間は下校前だったので、全員体育館で待機。
    保護者が迎えに来るまでです。
    親族ならば代理も可、しかしママ友では認められませんでしたよ。
    保護者が仕事の関係ですぐに迎えに来られない場合であっても、です。
    結果、最後のお迎えは夜中の12時だったと聞きました。

    後日の保護者会で、下校したあと(つまり親不在の自宅)で被災した場合は、避難所へ行くように子供に指導してくださいと話がありました。
    近所のママ友に預かってもらう、はダメでしょう。
    もし2次災害にあった時に、責任問題が発生しますよ。

    ユーザーID:1421349486

  • 誰の責任かとなると

    追加です。

    誰の責任かとなると「親の責任」だと思います。

    いざ災害時になるとトピ主さんのような事情で職場に出勤してこれない人もいるのではないでしょうか。
    もしトピ主さんが人事だとしたら、そういう要素も加味して担当の他に次点でその仕事をしてもらう担当も決めておいては。

    子供を人に預けるにしても、故意でない限りは「何があっても」自分が命を預けたのだと納得するしかないと思います。

    ユーザーID:0639433358

  • 1日だけなら家か避難所

    どれくらいの災害がいつおこるかわかりませんね。
    3年と4年の二人なら、一晩くらい親なしで大丈夫でしょう。
    確実に母は翌日帰ってくるのでしょうから。

    うちは子一人で、両親とも自転車で通勤できるくらいの距離に勤めていましたが、何かあれば家か避難所になる学校で。と言っていました。
    どこかよその家に行ってしまうとわからなくなるから、家か学校。もし誰かの家に行くならメモを残して行くように伝えていました。
    あとは、勝手に祖父母の家へ行かない事。(遠方の為)

    安易にご近所さんにお願いしない、ご近所さんは安請け合いしない方がいいと思います。

    近所に仲の良いママ友は何人かいますが、何もお願いしませんでした。
    何かあればきっと気にかけてくれるとは思いますが。

    ユーザーID:3658876313

  • 高齢の両親と同居することは考えられないのですか

    私の娘夫婦は別別の自治体の地方公務員です。
    私の住む県は比較的災害が多いです。
    私は娘夫婦の住む市の隣の、わりと高台で地盤の安定した市に家を建てて住んでいます。

    先日県内に豪雨の予想がでて、お婿さんが娘と孫二人を避難させてきました。(娘は育休中です)
    戻って行ったお婿さんは職場で待機を命じられたそうです。
    娘の育休が開けたら、我が家に同居して、何かあった時は、私が家から徒歩5分の保育園に迎えに行くことになっています。娘の通勤時間は片道1時間かな。

    災害担当なら、万が一の時のことを予測して、対応をしておくべきですね。
    災害の時は、子どもを他人に預けたり、一人にしておいたりできませんよ。安全な家に住み、高齢でも両親に見てもらって、備蓄とかしっかりしましょう。

    ユーザーID:1730234690

  • 責任?災害?

    責任は誰にあるのかというと「A両親」に決まっていますよね。何が本当に知りたいことなのでしょう。

    又災害と言っても色々です。全ての災害に親ですら対応できるかどうか分からないのにましてや他人が全て担いきれるはずがありません。たまたま助け合える環境なら手を差し伸べてくれると思いますが、前もって必ず対応するよう約束してくれなんて無責任にもほどがあると思うのですが。

    夫婦で災害対応の担当になったとのこと。そういうケースは多くはないと思いますが、夫婦がそれぞれ会社に相談するしかないのでは?ただお子さんも食事を作れるほどには大きいとの事。基本は自宅待機が望ましいのかと思いますがどうでしょう。

    ご友人Bには基本的にはどうしても連絡がとれない時の安否確認程度の依頼にしておいて、「いざというときの最後の藁」程度にとどめておいた方が良いと思います。

    もしご友人が預かったことによって逆にB,B子たち、A子全員被害にあわれたら?
    もしA子を迎えに行っている間待っていたB子たちが帰らぬ人となった場合。AはBに責任とれますか?BはAを許せますか?

    A夫婦は自力でできる方法を考えて会社と交渉するなり努力しなければならないし、BはA夫婦がどうしてもできない場合のみ。そして責任が取れるという範囲内のみにした方が良いと思います。

    地域柄もありますから難しいと思いますが、どちらにしろ事前の約束はやめた方が良いと思います。

    ユーザーID:2640544372

  • 1つだけ

    ここにBの協力を含めるのだけはダメなのでは。
    A夫婦の就業にBは無関係です。しかも災害時の頼みの綱に
    Bをアテにするのは間違いです。


    Bはここに登場する人物ではないでしょう。
    B自身が「できだけ協力するよ」と申し出たとしても
    受け入れてはダメでしょう。
    平時にちょっと預かってもらうのとはわけがちがいます。
    Bはいないものとして考えるべきだと思います。

    ユーザーID:3341804318

  • 東日本大震災の時

    夫婦ともに公務員の人は、職場に子を連れてきている人もいましたよ。

    小学校3、4年生なら仕事の邪魔もせず、大人しくできると思います。

    通常はあり得ませんが、上記が許されるくらいの非常事態でしたから。

    ユーザーID:6387503773

  • 災害は激甚で長期化することを予め考慮

    A小学生きょうだいの責任を負うのはA夫婦。

    想定外の激甚災害に至る可能性を考えれば、己の命の確保だけで精一杯、
    つまりはたとえ実際には結果は軽い災害だったとしても、Bのことは一切考えない方がAB双方にとって良いことです。

    Aきょうだいは小学校に残り、小学校が避難所であればそのまま残ってA夫婦が引き取るまで何日でも避難所で過ごす。
    小学校以外が避難所であっても、一時避難所は足腰の弱い高齢者でも徒歩でたどり着ける近隣なはずですから、まずは子供たちだけで一時避難所へ行く。
    一次避難所へたどり着ければ、その後は子供たちだけでもとにかく近隣住民の一団にくっついて一緒に行動する。

    東日本のように小学校・避難所も津波等の危険が有れば、小学校に避難してきた住民と一緒に移動し高台等の安全な場所に避難し、その避難先で過ごす。
    A夫婦は任務が解除されたら子供と両親の引き取り。
    これでお子さんと老いた両親の安全は確保できます。

    ※たとえ小学生であっても、自分の命や自分の安全は自分でしか守れません。
    東日本の時のように小学生だけで避難所にいた教諭や自治会長や大人の皆から連れ戻されても、誰が何と怒られようとも、制止の手を振り切って裏山に逃げて駆け上がった子たち「だけ」が生き延びた重要な前例もありますから、
    前もって、自分の命は自分で守る「てんでんこ」をどうするかは現場見分して家族会議しておくこと。

    ユーザーID:1017355395

  • いわゆる「災害弱者」に位置付けすべき。

    親の支援を期待できない小学校低学年の児童は、高齢者や身障者と同等の「災害弱者」として位置付けられるべきであり、それを前提として避難や保護活動を組み立てるべきでしょう。

    一口に災害といっても、地震災害と豪雨災害では対策はまるで異なります。
    地震について、「阪神淡路震災」のような直下型なら臨機応変とならざるを得ない。事前にできるのは、避難場所の確認、自宅の耐震補強、落下物対策、物資の備蓄を日頃から進めることくらいでしょう。

    南海トラフの巨大地震対策については、国がようやく「臨時情報」の提供など仕組みを整備し始めたところで、住民レベルでは五里霧中と言わざるを得ません。

    そもそもこうした情報は自治体の防災担当者であるA父親が精通しているはずですから、まずは彼に我が子の避難・保護プランを立案させるべきです。

    豪雨災害については、気象庁が5段階の警戒レベル制度を発足させました。
    おそらく父親は、警戒レベル2の段階で職場に動員されるでしょう。
    母親はどのような勤務体制になるかわかりませんけど、父親より時間的余裕があれば、二人の子どもを祖父母宅に預けて、自分は自宅待機とする。
    そして警戒レベル3に移行した時点で、祖父母とともに避難してもらえばいい。

    もちろん祖父母宅が川や山の斜面から離れており、しかも高台にあれば、避難せずにそのまま滞在してもいいでしょう。

    結論として、A夫妻には自助努力で対応させるべきです。Bさんは、まず自分の足元を固めることに専念しましょう。

    ユーザーID:4024698602

  • 丸一日帰宅しない?

    小学生なら、天災が発生した際は無理に帰宅せず、学校に留まれるようになってませんか?

    公務員の夫はわかりませんが、妻の方は災害対応と言っても、一晩中会社に詰めていなければいけないわけではないでしょう。
    迎えに行けるようになれば学校にとどまっている子供たちを迎えに行けばいい。

    それだけの事では?


    大規模災害となれば、そもそも両親とも会社や役所に待機できるかどうかも、迎えに行けるかどうかも分かりませんよ。

    誰の責任と言うより、家族全員が事前に話し合った通りに各々責任もって行動するしかないでしょう。


    これが、例えば台風などで災害規模が大きくない(上陸するかも〜子供だけで留守番させるのは心配、程度)なら、B宅が好意で預かってくれると言うならお願いしても良いかもとは思いますが。

    ユーザーID:9967423504

  • うちは普通の職だけど。

    うちは共働きで、保育園の子どもがいます。
    わたしも考えますよー。

    旦那は海のそばで働いているため、「津波が来たら、オレはなんともならん。」と言っています。
    わたしは、家から1時間ぐらいの都会に働きに出ているため、交通網次第ではすぐに帰れません。
    保育園からは「すぐにお迎えに」というアナウンスはあるんでしょうけど、実際問題できないこともあるでしょう。
    そうすると、先生が残ってみてくれるわけで。
    でも、先生にも家族・お子さんがいて帰りたいに決まってるし。

    どうしたらいいもんでしょうね。

    ユーザーID:4653579120

  • ママ友Bも被災するかもしれないよね その状況だと

    そんな、一日帰れない状況じゃ、ママ友Bだって、たまたまどこかへ外出してて電車や車大渋滞で帰れないとか、そもそも被災してママ友B本人やお子さんなどがケガ等するかもしれないし。
    ということで、ママ友Bは一番なし。

    こういうときは、ちゃんとしっかり想定しておくのがいいのでは?
    そもそも災害対応が業務なんでしょ。
    業務と一緒です。

    災害の程度ごとの行動と連絡手段を綿密に家族で話し合い、確認しあい、練習するのが一番いいのでは?
    そうする中で、具体的に不安な点、不可能な点、改善すべきところなどがみえてきますよね。

    そもそも、お子さんがもし、何かあったとき、他人任せの覚悟があるということですか?
    だとしたら、ちゃんとお子さんにも言ってきかせるべきだと思うよ。
    お父さん、お母さんは、みんなの為立派な仕事をしている。やらなきゃいけないことがある。っていうことを。
    覚悟っていうのは、親だけじゃなくて子どもにも必要ってことです。
    ちゃんと前もって本人たちが理解していたら、たとえ病院のベッドで危機的状態だとしても、本望でしょうに。

    私が言いたいのは、知らない誰かが被災するのではなくて、自分たちだってその可能性があるということ。

    最後にもちろん、そのようなことないことを心から祈ってます。

    ユーザーID:6889058462

  • 安全な住まいに引っ越す

    うちの夫もトピックの夫婦のような立場なので、私は責任ある仕事をするのは難しいと感じてます。
    結局、仕事<子供の安全 なので。


    トピックの場合
    仕事を辞める選択肢がないとして。

    対策の一つとしては、会社の側に引っ越すこと。
    夫婦揃って災害担当の間だけ賃貸でいいいかと。
    家に帰れないってことですが、昼休憩に一旦帰れる距離なら多少融通は効くはずです。

    そして、地域の防災マップを確認して土砂災害の危険がなく、津波避難ビルに該当するマンションの上階に住むことです。
    家の中の家具類は固定し、窓はガラス飛散防塵フィルムを貼る。地震が起きても安全な室内にしておきます。
    また台風や豪雨で外出できなくても、子どもだけで数日過ごせるようにインスタント食品や水の買い置きを十分にしておきます。

    災害時にどう対応すべきか親子で話し合いシミュレーションして訓練しておきましょう。

    少なくとも家に居れば大丈夫な場所に住むことで、かなり問題の解消になるかと思います。


    災害担当なら何をどうすれば「防災」「減災」になるのか位は把握しているはずです。
    子どもの安全を守る第一次責任者は親ですから、まずは自分達の出来うる最大限の対策をすべきです。

    もし子どもを預かった場合、預かった側が第一次責任者になります。
    たとえば学校にいる間の安全管理は学校側に責任がありますよね。
    もしBさんが預かっているときに何かあったらBさんの責任になりますから、本来Bさんは預かるべきではないでしょう。

    ユーザーID:4876240277

  • みんな無傷が前提?

    ママ友Bに頼むにしても、災害でママ友Bが負傷するかもしれないし、Bの子供が負傷してママ友Bも他人を見てる余裕なんてないかもしれないし、反対にB一家は無傷でもA夫婦やA子供が負傷するかもしれない…。

    そう考えると、特定の「誰か」に指定して頼むより、自分が動くことを第一に考えつつ周囲に人的ネットワークを張り巡らせるのがいいのかな。
    町内会ってちゃんと機能すれば本当に役に立つのだろうなぁ…

    ユーザーID:2381872661

  • 責任?

    誰が面倒をみるか?ではなく、責任の所在が問題ですか?
    責任は、親だとわたしは思います。

    A妻がずっと災害担当ならば、A夫は職場でそれを伝え、
    子供が自分の身を守れる年齢になるまで、
    災害当日に家族を守れないポジションは避けてもらえないか交渉すべきでは。

    だって、目の前で子供が洪水の中ベランダで助けを求めてたら、
    親ならその瞬間仕事投げ出して何が何でも助けに行くでしょう。
    それはBさんも同じ。
    自分の子が優先順位で一番高い。
    一緒に避難するレベルなら良いけど、
    人数が少ない方が自分の子の命を守れるって場合はどんなにA夫妻に恨まれようが、我が子を選ぶでしょう。

    私は子供の為に働いているので、
    仕事のせいで子供に利益があったら、本末転倒。
    仕事の為に家族が不幸になる、とわかった時点で職場と交渉します。
    子供の命を他人に預けるなんて、絶対できません。
    私は東日本大震災経験者です。

    ユーザーID:4952748751

  • 災害当日に子供達だけ…は止めた方が良いと思います。

    >災害が起こった日
    どんな災害で、何時に起こったか?等によって大きく異なる+想定・予想通りに行くか…分からないと思います。

    悪天候で警報→下校が早まる等の場合は、大体の予想が付くので
    >ママ友Bに災害当日だけ預かってもらう
    も可能かも知れません。
    私は子の保育園時代は勤務先が比較的近かったので、他保護者+園の了承を得て同じマンションの子を一緒に連れて帰り、保護者の帰りを待ったことはあります。

    東日本の様な地震等の場合は、かなり難しいと思います。
    私の住んでいる地域の被害は東北程ではありませんでしたが、当日は保護者の多くが帰宅困難+電話も繋がり難い状態になり、その後は計画停電がありました。
    普段から家族ぐるみの交流をしていたので、帰宅出来た保護者が数名ずつ手分けして自宅で預かり、保育士さん達を家に帰す努力をしましたが、それでも最後の保護者に連絡がつき、お子様が保育園を出たのは夜中です。
    子供達が非常に不安がったので、情報は大人だけがチェックしました。

    >普段、鍵っ子で両親の帰りが遅いときは勝手に食事を作って食べたりしている
    と言っても、災害当日はガラスなどが割れている等の危険有+多少片づけが必要かも知れないし、家・ガス・電気・水道等もチェックせずに使用可能か分かりません。リスク有の状況で子供だけで火を使うのは危険ですし、携帯は駆使したら充電がなくなります。

    >A奥さんが戻るまでの災害当日くらい子供だけ
    3月の関東だから何とかなりましたが…暗い・寒い・食事やトイレ等も困難で、心細い状況で子供達だけは止めた方が良いと思います。
    他の方もご提案の通り、無傷なら学校等の避難場所、怪我等をしていて避難所より近くに大きな医療機関があるなら、そこに向かい、他大人の庇護を受けるのが最善だと私は思います。

    >車を運転
    出来る状況か分かりませんし、ガソリンは温存した方が良いと思います。

    ユーザーID:7981314463

  • コールドブラッドさんに一票

    親がそばにいない子供だけでなく、ハンディのある大人だっているわけですから、
    災害弱者として、地域ごとに登録をし、対応するネットワークを構築すべきだと思います。
    教育委員会、自治体、地元の議員に働きかけましょう。

    ユーザーID:1648601879

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧