現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

祖母のことが苦手です。 携帯からの書き込み

Uhr
2019年7月13日 0:09

私は父方の祖母が苦手です。

きっかけは些細な事で、私の弟と父が親子喧嘩を始めた時のことです。

その時父はかなり酔っていて、とても理不尽なことで弟に怒鳴り散らし始めました(いい父ですが酒癖が悪い)。ひどい怒り方だったので、私は父を諌めて抗議しました。そこでなぜか祖母が介入し、事の発端を見てもいないのに父の味方を始めたのです。お父さんのいうことが絶対に正しい、謝れ謝れ、と私と弟を罵りました。

私がいくら父の方が間違っていると主張しても聞く耳を持ってくれませんでした。結局泥仕合になってしまい、私と祖母は初めて激しい言い争いをしました。

その夜、父と祖母が寝ている部屋を通りがかったとき、「やっぱり女の子は母親に似るからだめだ、おばあちゃんが今日みたいに公平に取りはからわないと」という祖母の声が聞こえ、強い怒りが湧きました。祖母は自分が公平さを欠いていることに気づいていないばかりか、私を超えて私の母まで馬鹿にしていたのです。

もともと祖母はプライドが高く前近代的な思想が強い(女性、妻は控えめにあるべきで、優先されるのは何が何でも男、夫)ところがありましたが、今回のことで祖母が心の底では私や私の母を馬鹿にしているのだと気付きました。父がその祖母の言葉に、頷いて私や母のことを謝罪しているのも聞こえてショックでした。

それ以来、祖母のことがとても苦手です。向こうは喧嘩のことなどすっかり忘れて普通に接してくるのですが、私はあの祖母の一言がどうしても忘れられないのです。けれど表立ってつんけんしたらまた母が悪く言われるのではと、祖母のことが大好きな優しい良い孫を演じていることがとても苦痛です。

家族の誰にもあの祖母の台詞や私の本心を話せずにいるのが辛いです。本当のことを話したら、取り返しのつかないことになってしまいそうで怖い。いったいこれからどう祖母に接したら良いのでしょうか。

ユーザーID:2215124404  


お気に入り登録数:4
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:3本


タイトル 投稿者 更新時間
父親の酒癖携帯からの書き込み
やま
2019年7月13日 11:59

が問題なんじゃないですか?

酒癖が悪いから、息子(弟)に突っかかるのです。
飲まなきゃいい人でも飲んだら豹変するのは、決していい人ではありません。
失礼だけど、軽蔑するタイプです。

おばあさんとは同居ですよね?
だから放っておけばよいことを、つい口出ししてくるのです。
それもケンカの内容は関係なく、父親は自分の子どもで無条件にかわいいからみかたをするのですよ。
むしろ親ならば、子どもの酒癖の悪さを諌めてもいいくらいなのに。
男性優位に息子を甘やかしてきたのでしょうね。

祖母と母親は嫁姑の関係だから、元々いろいろな問題があるのでしょう。あって当然だと思います。

でも今回のことを誰かに言う必要はなし。
トピ主さんのモヤモヤはわかりますが、言ったところで変わらないしより関係がギクシャクするかもしれないので流せませんか?
化石のような思想で生きてきた人は、死ぬまで変わりませんから。

祖母のことも嫌いでいいんじゃない?
特別優しくもしないし、ツンケンしないで接することはできませんか?

私はそれよりも酒癖の悪い父親がイヤですね。
自分でセーブできないのなら飲むなよ!
家族の環境を壊しているのは誰だよ!
と父親には言ってやりたいですね。

ユーザーID:6395144096
誰かに相談できてよかった
Uhr
2019年7月13日 19:13

やま様、レスありがとうございます。
レスを読んでみて、しみじみその通りだなあと思いました。私は父に対してはとても複雑な感情を抱いています。日頃は厳しくも優しく、尊敬できる父なのに、時たまひどく他人を傷つけることがあります。その落差があることで、父の酒癖の悪さを見るたびに動揺し、悲しい気持ちになります。私のことを慈しんで今まで育ててくれた父のことは大好きなのに。

祖母と母に関しては、確かにまだまだ子供の私には計り知れない問題があって、またあり続けるのだと思います。母は優しく穏やかで、いつもわたしたち子供のことを考えてくれる素晴らしい人です。だからこそ、そんな母を不当に悪くいう(ひょっとしたら、祖母には祖母なりの言い分があるのかもしれないけれど)祖母を、もう好きになることはできないと思います。

でも、かつて私が祖母を好きだったことも事実なのです。私が少しずつ成長して、周りのいろいろなことがようやく見えてくるようになった時期に、今回のようなことが起こりました。とても混乱しています。今まで身近に過ごしていた人のことが決定的に嫌いになってしまった。

やま様のおっしゃる通り、何事もなかったかのように流すのが誰も傷つかない一番の方法かもしれません。そうできるかは、私の心の強さによると思いますが……。
ともあれ、溜め込んでいたことを誰かに聞いていただけて、楽になりました。長い話を聞いてくださって、やま様、本当にありがとうございました。

ユーザーID:1006794783
つらいですね
ミリコ
2019年7月15日 0:22

お父さんの酒癖の悪さは、心の内側にいろんな不満があるからでしょう。
ふだんおとなしい人でも飲むと大胆になったり、びっくりすることがありますから。
仕事とか家庭のこととかわからないけど、飲むとストレス発散のように爆発するのだと思います。
だけどそれを他人(家族含む)に向けてはダメですね。
楽しめないお酒ならば、飲む資格なしと思います。(私も飲むのは好きだからいつもそれを考えています)

おばあさんに関しては、そういう前近代的な思想は変わることはありません。
多分そういう教育や環境で育った世代だから。
特に高齢者になると、柔軟な考えはまず持てません。
反論したところで、自分がイヤな思いをするだけです。

だからトピ主さんも「そういう人」と思って、淡々と接するしかないのでは?
私なら多少冷たくしちゃうかな。

孫に嫌われたのは自分が蒔いた種です。
簡単には元に戻れないでしょう。(本人はまさか嫌われたとは思っていない)

トピ主さんにはいつもお母さんの味方でいてほしいですね。
その家でお父さんとおばあさんは実の親子で、お母さんは他人です。
古〜〜い考えのおばあさんだから、多分お母さんは「家の嫁」扱いだと思うから。

お父さんも先のことを考えたら酒癖の悪さを直してほしいですね。
いっそのこと断酒するとか。

いずれおばあさんがいなくなれば、お父さんは孤立しますよ。
子どもたちはお母さんの味方だし、今のままでいたら結局自分の居場所がなくなるかもしれないのだから。

ユーザーID:0167346994
 


現在位置は
です