女性エグゼクティブの方、アドバイス下さい

レス5
(トピ主0
お気に入り20

キャリア・職場

新米管理職

45歳女性、外資系企業の管理部門で部長に昇進しました。

昇進してから、週末も帰宅後も仕事に追われている感じで気分が休まらず、食欲減退、体調不良です。
物理的な仕事量というより、精神的な面での負担が大きいです(仕事的には、残業しなくてもなんとか回せる程度です。ただ、社内の調整業務や予想できない事案への対応などが多くて、とにかく一日中慌ただしい)。
職場の人間関係は良好で、チームのみんなもとても協力的ですが、上司の立場になって、みんなが過労ではないか、つらくないかと気になってしまい、自分が休暇を取っていても休んでいる気がしません。

家庭では小学生の子供がいて、まだまだ手がかかります。家事はだいぶ手を抜いていますが、学童から帰宅後、夕飯を食べさせて、宿題、家庭学習、ピアノの練習、話を聞いて、お風呂も一緒。なかなか息をつける時間がないですが、子育てはこれ以上手をぬきたくありません。

夫は平日は忙しくて全く当てになりません。

気持ちの持ち方、ストレス解消法、仕事、時間のマネジメント方法など、アドバイス頂きたいです。

ユーザーID:8540466168

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数5

レスする
  • 応援しています

    部下たちは就くことが出来なかったポジションに自分はつけているという誇りでやり過ごすのはどうでしょうか。

    私は46歳、つい半年前まで派遣社員で満期の3年間を過ごし、やっと直雇用の契約社員になりました。
    ワンオペだったのと子供が出来たのが27歳(ポジションが平社員だった)だったので当時正社員だった仕事は諦めました。
    家庭はそれなりに充実していましたし、現在子供は大学生でほぼ手を離れました。

    トピ主さんより1歳年上の今、やっと直雇用(でも非正規)です。
    うちの会社も外資なので同レベルと仮定すると、トピ主さんより年収は500万以上低いです。

    うちの会社にも同年代の女性部長(しかも子供が小学生。トピ主さんではないですよね!?)がいます。
    部署が違うので直接のかかわりはほぼないのですが、社内の対応でいつも忙しそうです。
    でも、私には輝いて見えますよ。
    トピ主さんにないものが私にあるように、私にないものがトピ主さんにある。

    非正規で年齢の高い私はこの先定年までトピ主さんと同じポジションに就くことは叶わないでしょう。
    同様、トピ主さんも今この年代で子育てが一段落し子供にお金がかからなくなるという状況は叶わない。

    お互い自分で選んだ自分のフィールドに誇りを持って過ごしたいですね。

    ユーザーID:9983317189

  • エグゼクティブなんて格好いいものではありませんが

    まず、全てを今まで通り手を抜かずにやり切るのは無理かと思います。

    また、エグゼクティブ、管理職との気負いが大きいように感じられます。いち会社員ですからね。
    責任感をお持ちでお子さんもいて無理もないのかも知れませんが。

    部下をよることも管理職には必要ですが、よほどの長時間労働をさせている、とかメンタル不調が明らかで能率が落ちているなどでない限り、相手も大人なのですから気を回して過労を心配しすぎるのは部下も喜ばないと思います。

    周囲の管理職を続けている女性は子どもや家庭について「何もしてないわ。子どもは勝手に育つものよ。」「夫にも協力してもらいたいけど忙しいし私も無理はしない。」と実にあっさりしています(実際は何もしていない、ということはないでしょうが)。

    むしろそれ位割りきれる、割りきっていると言えるメンタリティがなければ管理職の仕事をしながら家庭も…というのは不可能と思います。

    私の実感からしても、子どもにこれだけすれば大丈夫なんて思えることはありませんし、自分が潰れてしまっては元も子もありません。

    お子さんも小学生ならお風呂や宿題、ピアノ練習などぴったりついていなくてもできるでしょうし、そうなっていく年齢です(これらは手抜きではありません)。
    「ちゃんとしたお母さん」でありたい気持ちはわかりますが、体力も気力も限りがあります。宿題やピアノの横でトピ主さんはくつろげばいいのです。意外と子どもって自分でいろいろできるし、それを尊重すると喜びます。

    いい意味でのいい加減(良い加減)さをもってやれないのであれば、もう少し下のポジションで自分にとってバランスの良い職業生活・家庭生活が良いのかもしれません。
    多くの女性があまり上位までの昇進を望まないのはこちらを選んでいるからでしょう。
    それも一つの選択かと思います。

    ユーザーID:3427856249

  • 楽になるように作る

    私はトピ主さんより年上、同じく外資系企業の管理部門の部長で、もう10年ほどになります。

    トピ主さんは、ご自身のことを「エグゼクティブ」と感じていらっしゃるようなので、私なんかよりかなり大きな企業にお勤めなのかもしれませんが、いちおう先輩としての経験から言うと、少し気負い込みすぎかなと感じました。

    いくらチームのことを考えていても、それが安定的な環境でないと、メンバーは右往左往するばかりです。安定的に自分がチームを管理するためには、結局は自分が楽にできるように業務を構築しないと、続けられませんよね。
    だから、まず自分がやってて楽になるにはどうすればいいかを考え、さらにそれでチームも楽にできるように考えるというのが、方向性としては望ましいのかなと。

    管理職は、最終の決済と、通常ルーチンからはみ出たところの判断をする役割なので、できれば全部のことを把握していたいでしょう。
    でも、基本的な範囲を把握出来たら、些末な部分まで常に把握していようとしないほうがいいです。問題が起こったときに、その場その場で担当者に説明してもらうようにしたほうが、気にしてないといけないことは減ります。

    また他部門との調整なども、積極的に介入したほうが話は早いのですが、入り口と出口だけ押さえて、あとは担当者レベルで詰めてもらったほうが、自分も楽ですし、人や時間も少なくて済みます。

    自分が関与することで個別の業務を円滑にするよりは、重要な部分だけ気にして、あとは部下が育つことを手助けする側に回ったほうが、自分も楽になるし、部下も掣肘されることが少なくて楽であることが多いです。

    どこまで自分の手を離すかというのが、いちばん難しいところだと思いますが、そこは状況を見ながら、自分が気にするべき範囲を把握していくというのが、まずは管理職としての自分の育成ではないかなと思います。

    ユーザーID:7314671729

  • 何もかも自分でやろうとしない

    50代女性、メーカーで管理部門の部長職をしています。

    まずは昇格おめでとうございます!
    女性の部長はすでに何人かいらっしゃるのですか?それともトピ主さんが初めて?
    投稿を拝見し、失礼ながら、少し肩に力が入りすぎではないか、と思いました。

    どのくらいの規模の部なのかわかりませんが、ご自身の下に次長や課長が何人かいらっしゃいますよね?
    もっと彼ら彼女らを頼っていいと思います。
    今のままだと心身が疲弊してダウンしてしまいますよ。

    「部長なんだから」「昇進したんだから」失敗できない。とか
    自分が全部目を通して自分が全部決定しなきゃ。とか思わないこと。
    部下(次長や課長)を信頼して任せること。

    たまには定時で仕事を切り上げることも必要です。
    さっさと帰る姿を部下に見せましょう。

    家庭のことは、ルンバとかブラーバとか、家事の外注化とか、当たり前のことはすでにやってますよね?
    部長になったんだから、それらの費用は必要経費と割り切って払いましょう。

    そんな感じかなー。ご参考まで、です。

    ユーザーID:0564883076

  • 女性でなくてすまない

    今は家庭のことまで手が回らなくても仕方ないだろう。
    落ち着いてきたらそれなりに回るようになるのではないか。
    旦那は当てにするな、まあ当てにはならないものだ。
    家庭のことまでこなせる、だから昇進したのだろう。
    腹心がいないのなら、作った方が楽になる。
    しかしこれも当てにしてはダメだ。
    突然いなくなることを想定しておくべきだ。
    あまり好きな方法ではないが、贔屓は必要だろう。
    頼りにしていることをほのめかすと、
    意気に感じるタイプなら組みやすい。
    また個人のことに踏み込まないのは当たり前のこととなっているが、
    それが全ていいことだとは思わない。
    簡単な家庭環境が把握できるのなら、それを知っていて損はない。
    たまには家族のことを気にかける余裕があってもいいと思う。
    そして部下の失敗は笑顔で赦す、これに尽きると思う。

    ユーザーID:9356254682

レス求!トピ一覧