小学生の頃両親から下級生と遊ぶなと言われました

レス31
お気に入り27
トピ主のみ1

竜太郎

ひと

ご閲覧頂きありがとうございます。
小学生の頃に両親から下級生と遊ぶな!と言われて育ちました。
私が最年長者になったら私が責任者となりもし一緒に遊んでいる下級生が
ケガをしたり事故に遭ったら私の責任になるからです。
逆に上級生と遊ぶのは文句を言われませんでした。
それはその上級生が責任者となるからです。
これが中学生になると微妙に変わり「中学・高校は先輩・後輩の上下関係を
学ぶ場だ!」という考え方になり先輩・後輩と遊ぶのを認めてくれました。
私は両親の言っていることが一見筋が通っているように思えますがその反面
理不尽なようにも思えます。
これについて皆さんはどう思われますでしょうか?
特に現在子育て真っ最中の親御さんからの意見を聞かせて下さい。

ユーザーID:3747135156

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数31

レスする
  • 自分も同じこと言われた。

    自分も子供の頃 父親にそう言われたけど 反発しましたよ。

    近所に同い年の子がいましたけど その子は上級生と遊ぶのが好き。
    ちょっとおませで アイドルの写真を見たり 男の子の話 恋バナで上級生とキャアキャアいってました。

    自分は ちょっと奥手で そういう話についていけず 小さい子と室内で静かに遊ぶのが好きでした。近所のお母さんたちも信頼してくれて「買い物に行ってくる1時間ほどお願いね」みたいな感じで。

    責任感というか 怪我をしないよう いろいろ気を使うことを無意識のうちに訓練できた気がします。
    いま 小学校教員をしていますが その頃の体験が随分役に立っています。

    ユーザーID:5574329121

  • うーん

    私は、子ども同士の中には責任は生じてこないと思っています。全責任はやはり親にあると思います。それが上級生でも下級生でも同級生でも。
    特に小学生であれば、例えば1年生の子が6年生の子と公園で遊んでいて、1年生の子が不注意で怪我をしてしまっても6年生の子の責任にはならないと思いますよ。
    故意に6年生の子が怪我をさせたならそれは6年生の子の責任というか罪ですけど、不注意はその子の責任ですから。
    ただ、6年生の子の親だった場合は、表面的には謝罪に行くかな...でも、子どもを責めることはしないと思います。
    最近はうるさい親が多いので、子どもの付き合いは制限したい気持ちもありますが、その時はその時と思って自由にさせています。
    責任とまではいかなくても、まぁ、年下の子には優しくというか気配り目配り心配りは必要ですから、そういうことは学んでほしいと思います。

    ユーザーID:9986627994

  • うちも言われた

    でもうちの親は、トピ主さんの親御さんみたく、
    責任がどうかとかではなくて。
    ただ単に、”自分の子が同年代ではなく、年下の子と遊ぶのが恥ずかしいから” というエゴからでした。

    昭和の時代真っ只中の、団塊の世代の親でしたから、世間体を気にするのは理解でしましたけど、今思っても良いことでは無いですね。

    同年代の子と遊ぶのも、下級生や上級生と交流を持つのも、どれも必要だし良いことだと思っています。

    大切なのは年齢ではなくて、人本来の質の部分であると考えます。
    自分の子には、そのように教えています。

    ユーザーID:3706095488

  • 年令が違うから

    小学生、それも低学年の子と遊んで何かあったら年上の子のせいにされます。もちろん年上と言っても子供だから法的な責任は無いですよ。でも親同士にしたらビミョーな感情は沸きますよね。でもって余計なトラブルの素は前もって避けたい、となる訳です。

    でも中学高校になれば分別も付いて自分で身を守れる様になる。そこら辺の土台が出来ているんですよ。事故や災害は別として幼い子供の様な事はしないでしょ?

    そこから年下の子にどうやって接すれば良いのか学びなさいって言いたいんじゃないかと思ったんですが、どうでしょう。

    若い頃は正義感があるから親の言う事がずるいんじゃないの?と感じる時があります。でも親ごさんも自分で痛い目に遭って学んだんですよね。
    子供同士は楽しく遊ばせたい、でも何かあったら困るってのは正直な気持ちでもあるんです。

    ユーザーID:5055068426

  • ウチはちょっと違いました

    友達は選べ、自分より下のヤツとは付き合うなと言われました。
    これは年齢は関係なく、学ぶべきものがないヤツとは
    上級生、下級生関係なく×ということでした。

    最初は楽しければ良いじゃないか!と思ってましたが、
    要らぬトラブルに巻き込まれないためには、
    楽しいだけでは駄目だということです。

    大学生の頃になったらその意味が分かりました。

    ユーザーID:5146707114

  • うちも言われてた

    私も同じように言われてました。
    今子供を持つ年齢になって、同じ状況になったらやはり似たようなことを言うと思います。

    小学生同士の上級生・下級生って、結局どちらもまだ考えの幼い子供なのですよ。
    まだまだ適宜正しい判断をするのは難しい年齢です。
    トラブルが起きた時、大人だって慌てる状況でどう立ち回るべきかなんて考えることは困難です。

    それでも、下級生の親にとっては上級生は責任者に近いものになってしまいます。
    「なんでその時上級生のあなたが止めなかったの?」
    「なんでこんな小さな子と、交通量の多い道路で遊ぼうと思ったの?」
    「あなたがやろうって誘ったからうちの子がこんな目に!」
    「あなたは気軽に言っただけでも、下級生は指示されたら従うしかないでしょう!」
    と責める対象になるのです。

    実際にそのようなトラブルを見てきたこともあり、親となった今、子供をトラブルに巻き込まれないようにするために言います。
    小学生同士の「単純だけど起きたら大事故」が怖いのです。

    中学生以上同士であれば、下級生の方にも自衛心や判断力がついてくるので、「単純だけど起きたら大事故」は減るでしょう。
    それに、やっと上下関係を学ぶステージに来たという意味もあると思います。
    「6年生と中1で違うのか」という意見もあると思います。
    判断力などは個人差がありますが、上下関係を学ぶステージがいつか来るならば中学という節目がちょうど良いから中学生でと思っています。
    実際は子供の成熟度を見ながらです。

    理不尽に思えるかもしれませんが、親御さんはトピ主さんをトラブルから防ぐために言ったのだと思いますよ。

    ユーザーID:4617677002

  • 息子に言いました

    今、高校生の息子が小学生の時言いました。

    人なつっこかった息子に、低学年の子供たちが数人でちょっかいを出してきます。
    だんだんエスカレートして叩いたり引っ張ったり。
    低学年の子だって数人いれば、息子一人より全然強いです。
    まあ、息子はそれほど怒ってなかったけど、しつこかったのでランドセルを引っ張ったら転んで大泣き。そのお母さまから「体の大きさも力も違うんだから手を出さないで」って怒られました。しつこくちょっかい出してきたのはそっちなのに…って思いながらも謝りましたよ。
    小学生の上級生、下級生ってこういうことです。
    同じことしてても、基本怒られるのは年上です。
    責任とまではいかないけど、ケガや事故があれば「どうしてそんなことをした?どうしてそこに行った?」と言われるのは上級生です。
    下級生に「上級生に誘われた」とか言われたら、下級生親にせめられるんです。

    中学生、高校生の上下関係は別です。
    お互いある程度成長しているし、大人も一方的に年上が悪いって考えもない。

    理不尽ですかね?正直、わが子がトラブルに巻き込まれてほしくないと思う親心なんですがね。一方的に相手親に怒られてる幼い我が子見てられません。

    ユーザーID:8471390404

  • 自分勝手だと思う。

    1学年3クラスある新興住宅地(校区は狭い)だったのでわざわざ他学年の子と遊ばなくても間に合っていましたが、ちょうど自分の次の学年から1学年2クラスで子供が少し少なかったので、友達の下の兄弟が来れば仲間に入れてました。ギャーギャー泣かれたり、ハンディつけてあげたりわずらわしくもあったけど「私の時は近くに同級生いっぱいいたけど○○ちゃんは1番近い子があそこにしかいないからかわいそうだな」って感じでした。
    自分の子が年下の子と遊ぶのはNGで年上の子と遊ぶのはOKなんですよね?申し訳ありませんが「自分の子さえ良ければいい親」に思えます。
    私の母は「先進的」で、「自分が連絡取り合っている親の子じゃないと駄目」とか「友達を家に入れるのは1度に何人まで(舅姑が同居でいた。ちなみに父がいる時はNG)」とか言う人で、当時はそんなうるさいご時世でもなかったので浮いていました。「あんな親にはなりたくない」と思って育ちましたが、私の親のタイプの親が増えたなというのが実感です。

    ユーザーID:0833066802

  • 本当にそうかなあ

    子供のころの一歳差ってすごく大きいですから、
    年下と遊んでれば何をやっても自分が優位だし、言うこともきかせやすいですよね。
    ご両親はトピ主さんに、まずは対等な人間関係を築けるようになってほしかったのでは?
    年下に囲まれる心地よい万能感にアディクトしてしまう前に。

    というようなことを説明したところで、
    小学生だったトピ主さんが理解して納得したとは思えないのですよね。
    子供って、ほっとくと自分がラクで心地いいほうにどんどん流れて行っちゃうから。

    当時は理不尽だと感じるとしても、大人になればそのあたりも想像がつくだろう、
    理解できるようになるだろうとご両親は思っていたんじゃないでしょうか。
    実際にはそうならなかったようで残念ですが。

    責任云々というのは方便だと思いますよ。
    ひとつやふたつ年上だってだけで小学生に責任負わせるなんて、無理に決まってるでしょう?

    ユーザーID:0067361330

  • 利己的だ

    >私が最年長者になったら私が責任者となりもし一緒に遊んでいる下級生が
    ケガをしたり事故に遭ったら私の責任になるからです。

    >逆に上級生と遊ぶのは文句を言われませんでした。
    それはその上級生が責任者となるからです

    要するに責任をかぶる立場になるな
    よその子が責任をとらされるのはかまわないと言うことですね。

    ものすごく利己的なことを子供に言っていることに
    恥ずかしいと思わないのでしょうか?

    下級生と遊ぶなと言うなら
    上級生とも遊ぶなと言うのなら分かりますが。

    子供から見ても嫌な大人だと思いますけど。

    当時、そう言う母親をトピ主はどう感じたか教えて下さい。
    おかしいと思いませんでしたか?

    ユーザーID:3839345301

  • そういう考え方もあると思う。

    小学生男子を育てています。
    どんな主張にも、良い面と悪い面があると思っていますので、
    親御さんのような考え方も一理あるとおもいます。

    良い面:人間関係の幅が増える、年下への気遣いができる、リーダーシップが取れる。
    悪い面:責任が発生する、対等な関係を学べない、同年にない面倒が増える(トイレとか)。

    といったところでしょうか。
    別に、理不尽ではないと思います。
    親御さんは、年下と遊ぶと、
    良い面よりも悪い面の方が多いと考えたわけで理屈は通っています。
    実際、小さい頃は、体力的にも精神的にも年齢差が大きいので、
    年上がちゃんと手加減して遊ぶ、というのが困難ですし、
    年上だからといって状況判断を正しくできるわけでもないのが確かです。

    我が子の教育で、どこに比重を置くかは人それぞれです。
    利己的な考えであることは間違いがないのですが、
    親が我が子と我が身の保身を優先するのは、私は当たり前だと思いますので、
    子供であるトピ主さんだけに言ったことであれば、
    全然恥ずかしくないです。
    大勢の大人や子供の前で言ったら、もちろんヒンシュクですけどね。

    中学、高校になれば、
    良い面が悪い面を上回ると考えたのでしょう。
    それも、理屈は通っています。

    子供の成長に合わせて、状況を読んで判断するのは大事なことです。

    ちなみに、私は、息子には同じことを言ったことはありませんが、
    下級生とばかり遊んでいたら、もちろん心配はすると思いますね。
    クラスメイトとの関係がうまくいっていないことを反映していると思うので。
    まずは同級生との対等な関係をベースにして、上級生や下級生と交流していくのが
    理想的だと思います。

    ユーザーID:3777437612

  • 変なの

    責任とか、小学生に何を言っているのだろうと思います

    小学生くらいの子供が下級生とばかり遊ぶと

    同級生と遊べない理由があったり
    結局自分よりも弱い相手としか遊べないということで
    色々困ったことになりがちです

    そういう意味かと思いました

    中学生になって自分の交友関係は自分できめるべきでしょうね

    大きな問題がなければ
    親が子供の交友関係に口出しするべきじゃないと思います

    ユーザーID:5307243399

  • ご両親に聞かないとわからない

    下級生の中に、保護者が厄介な子がいたのでは?
    または、制御不能の悪ガキがいたとか。
    それこそ、我が子が自分で転んでできたような些細なすり傷でも、「誰にやられた!?責任とれ!」と大事にしちゃうような保護者はいますからね。
    あの子とは遊ぶなと言うのはあまりに大人気ないので、代わりに、下級生全員と遊ばせないという作戦。

    どちらにしても、私は好きではありませんね、そういう言い方は。

    子どもには保護者が必ずいるものでしょう?
    子どもの不始末の責任は親が担うものでしょう。

    主様のためを思ってというムードですが、実際は、保護者(ご両親)が面倒に巻き込まれたくないためだと思います。

    実際のところは、ご両親に直接聞かないとわからないと思います。
    聞いてみたらどうですか?

    ユーザーID:8403113073

  • レス

    「年下と遊ぶな」って、ご両親が言った背景や状況を書かないとわかりませんね。
    例えば、小学生のあなたが年下とばっかり遊んでいたり、年下の子を連れてお店などに出入りしたら「年下と遊ぶな」と言われも仕方ないのでは?
    私は同級生と遊ぶ事が多かったから特に言われたことはないけど、誰かが弟や妹を連れてきたり、小さい子を連れてあちこちウロウロしたら、うちの親は非常に気は使ってましたね。
    だって、小学生の弟、妹って、かなり小さい幼児ですから、気を使って当然です。
    中学生なら、まあ大丈夫かと思うけど。
    一概に「年下と遊ぶな」って意味じゃないと思いますよ、そういう事を考えると。

    ユーザーID:1235366240

  • シンプルに

    小学生より年下って、まだごく小さいからですよ。
    小学低学年や幼稚園児と遊ぶのって、その親の承諾が要ると思います。
    大きくなったら、それぞれがそれなりに責任もてますからね。
    シンプルな理由ですよ。

    ユーザーID:3469358483

  • 同じです

    小学生の頃、妹、弟を連れて遊びに来る同級生を母は嫌がっていました。
    責任がとれないということだと思います。自分が母親になってわかりました。
    子どもの友達がくるだけでも怪我しないかなど気を使います。それが、もっと小さい子がいたらずっと見張っていないといけません。一緒に連れ言ってもらわないとこまる家庭もあるのですね。
    幸い私の子どもの友達は妹、弟を連れてくる子はいませんでした。

    中学生となれば大人ですから自分の責任で友人とどういう付き合い方をするかは決められます。
    親の監督下で遊ぶことも無くなります。
    そういうことではないですか。

    ユーザーID:7492626021

  • 息子の学校では

    「縦割り活動」を推進しています。

    少子化のこの時代、兄弟がいない子が増え
    塾や習い事で、近所に住む年の近いこと大勢で遊ぶことも減っている。

    そんな子たちに、自分より年上、年下の子供たち同士で触れ合う機会を増やそうというものです。

    そうやって育った子は、年上から小さい子への接し方や、時には理不尽さも(笑)学んでいきます。

    ただそれは、あくまで保護者や教師など大人の目があってこそ。
    子供は感情のままに動くものですから思わぬ事故やトラブルがないとも限りません。
    その意味で、ご両親の考えはわからなくもありません。

    ただ
    年上の子に遊んでもらうのはよい。
    年下の子は責任取れないから嫌だ。

    これは身勝手すぎます。
    縦割りは「お互いさま」でつないでいくものです。

    中学生になると1年生と3年生の差はさほど大きくないし、「上下関係を学ぶ」のはまったく意味が違いますね。

    ユーザーID:3529134300

  • 親が本当の理由を言うとは限らない

    トピ文だけ読むと自分に責任がかかるのを嫌がるやや自己中心的な感じもしますが、トピ主さんのご両親の方針で他にも色々おかしなものがありましたか?
    この件だけなら、トピ主が聞かされた理由は建前かもしれませんよ。
    大人になって職場の部下や上司、あるいは自分の子供やママ友に本当の理由をあからさまには言わず、
    表現を変えて、あるいは隠して伝えることが多々あります。
    当時、下級生に要注意人物がいた。あるいはトピ主さんが危なっかしい子で小さい子と遊ばせるのが不安だった。
    中学生になる頃には状況が変わったのかもしれません。
    気になるなら、ご両親に聞いてみたらどうですか。

    ユーザーID:5931778734

  • 年齢の問題なんじゃない?

    トピ文を読んでぱっと思ったのは
    小学生がなにか問題を起こした時は親の監督責任で
    中高生にもなれば本人の判断って事になるからかな、って思いました。

    小学生がケガをしたりさせたりしたら「親が見てないから悪い」ってなりがちだけど
    中高生にもなったら「本人(とその場にいた人)の不注意」ですからね。
    こどもからみたら理不尽だけど、大人の立場からすると理解できるって
    よくある事だと思いますよ。

    ユーザーID:7300245571

  • 微妙に反論です。自己責任の話かもしれません。

     「下級生と遊ばなければ責任をとらなくていいが、上級生と遊ぶと上級生に責任をとらせることができる」とトピ親が話したのですか。
    そうではなく、「上級生と遊びなにかあった時には、自分の責任は自分で取れるようになれ」ではありませんか。上級生は自己責任でしょうし。そこらへんは微妙にちがうのですよ。
    逃げる話と、自分のことは自分でとはまた違うってわかりませんか?

    ユーザーID:3394355931

  • 小学生の間は分別が付かないからでしょ

    小学生は、危険なことでも遊びとして平気でやったりしますよね。
    低学年だとまだ力加減も分からないから、ちょっと押しただけのつもりが付き倒してしまったり。
    低学年と高学年では体格も力の強さも違うから、簡単なことで相手に怪我をさせてしまうし。

    私も、今考えたらぞっとするような遊びを平気でやってました。
    (土だか岩だかを堀削したような小さな崖の斜面(いつ崩れるか分からないような場所)に昇って狭いくぼみに潜り込んだり、階段を10段くらい上から飛び降りたり)

    そういう分別が付かないから、年下と遊んで事故が起こっても責任取れないので、下級生と遊んではいけない、という教えは(身勝手だとは思うけど)理解できます。
    中学・高校ではさすがに分別がついてるので、次のステップを学べ、という事なのでしょうね。

    ユーザーID:6163361769

  • 別の意味だと思った

    トピ見た時は、「自分の方が優位に立てる、年下の子と遊んでばかりで楽したら成長しない、それより年上の子と遊んで色々刺激を受け成長につなげた方がいい」という親の考えなのだろうと思ったが、違うの?

    そういう意味合いも多少はあったのでは?

    その責任者論のことは考えたことなかったが、確かに昨今、何かあればすぐ訴訟、損害賠償となる風潮では、そういうことを心配する気持ちもわからぬではない。

    何かあっても子ども自身が責任を取り切れるわけじゃない、結局は親が大きな負担を負うことになるなら、親がそれを避けたいと思ってもまあ仕方ないかもと。
    それに、もしそういう事態になれば責任を問われた子ども自体も精神的に傷つき、一生、大きな心の傷になる可能性も。

    幼いうちからそういう心の傷を負わせることを避けたいという親心もあったのではと思います。

    そして中学になるとまた別の指示。

    まあいろいろと考えていろいろと言って来る親なのだなという印象。
    「身勝手な親」というより、「子どものことをいろいろと考える、教育熱心な親」という印象です。単に勉強という意味での教育ではなく、人格形成についても。

    そういう親に育てられ、過干渉、鬱陶しい、他の親より変わっているという印象を持たれたかもと思うが、逆に、そういう子どもの成長に関心が高くあれこれ考えてくれる親に育ててもらい、今に思えばプラスになったことも多いのではと思うのですが。

    ユーザーID:6912958474

  • 間違いでは

    ないって思いますが、そんなの子供の頃から保身に入るようで、何かがおかしくないかと思いました。
    子供の頃はケンカとかから学んでいいと思います。女の子でも!

    ユーザーID:7389724249

  • なるほど

    そんな考えもあるのですね。
    私は親から言われたことはありませんでした。

    だいたいが、同級生とその兄弟の組み合わせでの遊びだったからかな。
    兄弟は自分たちより下の子の場合が多かったと思う。

    子供同士での責任って発生しないと思うけど、
    とはいえ何か事故があれば「あの子がちゃんとしていれば」と
    思われる可能性はありますものね。

    ユーザーID:0946256282

  • 子供心に

    <私が最年長者になったら私が責任者となりもし一緒に遊んでいる下級生が
    ケガをしたり事故に遭ったら私の責任になるからです。
    逆に上級生と遊ぶのは文句を言われませんでした。

    これを素直に聞いて
    「コイツらおかしい」って思わなかったから
    このトピ立てたんですよね?

    上記のような子育てをする親は
    無責任
    の一言に尽きます

    そして大人になってなお
    ここでそれを赤の他人に聞かないとわからない
    あなたも相当恥ずかしい人ですよ。
    猛反省して下さい。

    ユーザーID:7815490213

  • うん…

    ご両親の主義主張はトピ主さんが中学生になって微妙に変わってはいないです。根底は一貫していると思います。

    小学生の間はトピ主さんが上級生と遊んでいてその上級生が怪我をしても、下級生のトピ主さんが責められることはない。だから上級生と遊ぶのはOK。
    中学生ともなれば下級生と一緒に遊んでその下級生が怪我したりなんかしても基本は自己責任。そもそもある程度分別がついているから何かが起こる確率も少ない。なのでOk。リスクのない状況ならば、異学年と接するのはむしろ学ぶことが多いので推奨。

    どちらも主さんが「相手に何かあっても相手の親御さんに責められることのない立場だからOK」ってことで一貫してると思いますけどね。筋が通っているとは思いませんが。

    理不尽…とも言えないけれど、他の方も書かれてるように利己的・都合のいい考え方ではありますよね。相手のことは考えてはいないから。
    でも正直出来るだけトラブルには巻き込まれないようにしたいという気持ちはわかりますよ。声高に言えることではないですけれど。

    ユーザーID:4977786572

  • 偏りなく、

    純粋に子供の事だけを考えるなら、当たり前に、歳上の子、歳下の子、同い歳と、それぞれ、まんべんなく付き合った方が、学びや成長に繋がる事は分かりますよね?

    親御さんにしてみたら、お子さんが、小さい頃は、自分の子供の責任=自分の責任になるのが怖く、予防策を考えた結果だと思いますよ。

    少々、心配症で、世間体を気にする方だったのカモ知れませんね。

    ユーザーID:0778660018

  • 人それぞれではあるけど

    何となくわかる気はします。
    高校までの一学年違いって、大学以上のひとつ違いとは凄く意味合いや重さが違いますよね。
    社会人になると同学年の人の方が圧倒的に少なくなり、上とも下とも上手くバランスを取らなきゃいけないし、歳下が上司になる事もザラです。しかしその中でも歳上に対するぶしつけな態度を取らず、相手をたたせつつもイニシアチブを発揮しなければならない。

    これ、聡い人なら中学生で自分の意思でコントロール出来るようになります。
    その場こそ、部活動でしょう。部活動はちょっとした社会の縮図です。
    さらに言うと、中学からは圧倒的に親の介入が減り、担任も下手したら朝と夕礼で見るだけの存在。
    少しずつ大人のルールを学び始める時期です。

    一方で小学生は登下校も5,6年が下級生を連れて行くくらいのもので、スポ少等を除いて皆が全学年と関わる機会は少ない。
    流行り物も一学年違えばかなり違いますし。
    授業も中学以上の個々に勉学に励むのと違って、発表やグループワーク、クラスで何かを取り組む機会が多かったでしょう。
    恋愛も上や下を意識する子もさほど多くない。
    お兄ちゃん達という感じで先輩後輩という意識や概念もない。

    やはり小学校は幼稚園に近く、同い年の子と対等に接する事で自己形成を促す要素が強いと思います。親も放課後や学校行事にもガンガン介入してますしね。
    そんな中で敢えて下ばかりと遊びたがる子は、同い年と上手くいかないから従わせられる年下を捕まえているのでは?と見られるのだと思います。

    小学生は上級生のやる事をカッコイイと思いがちです。
    また、大人から見れば子ども同士なのに、無茶でもお兄ちゃんがやる(やろうと言う)なら大丈夫だ!と思い込む節が強い。
    そうなるとやはり何かあった時に、あなたは年上なんだから止めなきゃダメでしょ!とか、あんたがやらせて逆らえなかったんだろ!と責められやすいですよ。

    ユーザーID:2023571886

  • 貴重なご意見ありがとうございました。

    トピ主です。
    たくさんの方からのレスありがとうございました。
    私が小学生の頃に下級生と遊んでいると両親から「何かあったらお前には
    責任が取れないだろう?」とも言われましたが
    誰かが言った通り下級生とばかり遊んでいると自分が優位に立って楽な方へと
    進み成長しない。上級生は人生の先輩だから学ぶことも多い。という
    考え方も両親から聞かされたこともあります。

    私のことについて書きます。
    私は中学では文化系の部活、高校では体育会系の部活をやっていました。
    そのときは自分で言うのもなんですが先輩受けが良く先輩からとても
    可愛がられました。
    一方、後輩には威張り散らすこともなかったので後輩受けは悪くはなかった
    のですが頼りない先輩という噂を聞かされました。
    社会人になってからも恋愛の相手も年上の彼女ばかりで年下の彼女を持った
    ことは一度もありませんでした。

    両親が下級生よりも同学年や上級生と遊ぶように言われたのは
    私が下級生をリードするタイプではなかったという背景もあったと
    思います。

    ユーザーID:3747135156

  • やはり貴方のことをよく考えた親だと思う

    >下級生とばかり遊んでいると自分が優位に立って楽な方へと進み成長しない。上級生は人生の先輩だから学ぶことも多い。という考え方も両親から聞かされたことも

    やはりそういう親の配慮からの発言だったのではと思います。

    親としては上級生の言動に刺激され、それを標準レベルと考えたり張り合って貴方がより成長することを願ったのでしょうが、貴方は「上級生にも負けたくない!」と張り合う生意気タイプというより素直に上級生を認めかわいがられるタイプ、
    中学生になる頃には上の子ばかりと付き合うことでむしろ甘えてしまって弊害が出てると感じられるようになり、「自分が上の立場になって後輩たちを気遣ったりまとめたりする力もつけるべきでは」と考えて先輩、後輩と遊ぶように助言をしたのだと思います。

    貴方の親はよく子どものことを客観的に観察して把握しておりそんな冷静な指示を出せるなあ、と驚きます。
    一般の親はそこまで子どものことを客観的に見てないしそんな冷静な助言はしないと思う。

    せいぜい「うちの子は性格がよくて上の人にかわいがられるタイプなの〜」と自慢に思って終わりか逆に「もっと人の上に取ってリーダーになりなさい」的に歯がゆい思いをして子どもに文句言うかそのレベル。

    しかも「父が」「母が」でなく「両親が」なのでしょう?両親揃ってそんなに子どもをしっかり観察して冷静に助言する親は珍しいと思う。

    小学生の時の親の意図は「リードするタイプじゃなかったから上の子と遊んで楽しろ」でなく、「そういう少し頼りない印象があるから上の子と遊んで刺激受けてしっかりなれるように」ということだったのではと。

    だけど親の「上の子の刺激でリードできるようなしっかりキャラに」という意図に反し、上の子にリードしてもらって、自分が引っ張るより素直に従うキャラ傾向が強まったので、中学校になって親は慌てて別の指示を出したのだろう。

    ユーザーID:6912958474

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧