糖尿病になりました

レス20
(トピ主3
お気に入り51

心や体の悩み

シュシュ

夫が糖尿病と診断されました。

生まれてから一度もタバコ吸ったことがなく、お酒もほとんど飲みません。
暴食もせず、スポーツは大好きです。
とても真面目な性格です。
幼いときから魚や野菜中心の食生活です。
お菓子もあまり食べません。
それでも糖尿病になりました。

人生は不公平ですね。

ユーザーID:1834895308

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数20

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを停止しました
  • 妻はお酒が大好きです

    夫と違って、妻はお酒が大好きです。
    毎晩浴びるほど酒を飲んでますし、妻の血族は酒豪ぞろいです。
    妻はスポーツが大嫌い、長年ぐうたら生活を送っています。
    妻の体脂肪率は、37%、
    妻の体年齢は、実年齢+10歳

    ところが妻の血液検査の結果は正常そのもの、肝臓も腎臓も問題なし、コレステロール値も問題なし、と言われました。

    人生は不公平ですね。

    ユーザーID:1834895308

  • 炭水化物

    お米やパンや麺類の食事量はどうですか?

    ご飯おかわり沢山していませんか?

    パンも1枚でなく数枚食べていませんか?

    ラーメンの替え玉頼んでませんか?

    ご主人の両親は糖尿ありませんか?

    もともとインスリンの出が悪いとか、インスリンの効きが悪いとか、そういった事がなければ
    血糖値を上げるのは糖質ですから

    糖質を控えてみると
    血糖値は物理的に上がりません

    ユーザーID:3390063584

  • 原因は色々ですものね

    健康的な暮らしをしていてもなる時はなるんですね
    もしかして一型ですか?

    一型は二型とは違って生活習慣などと関連がないようなので
    治療法もまた変わってきますよね

    今後は病気とうまく付き合っていくということが求められると思いますし
    奥様であるトピ主さんも大変な思いをされることもあるかと思いますが
    あまり悲観的にならず悪化しないための前向きな治療を進めてくださいね

    ユーザーID:8357068645

  • ジュース

    スポーツもなさるとの事

    スポーツドリンクの飲み過ぎはありませんか?

    ジュースも飲んでませんか?

    スポーツドリンクは体に良いと思ってがぶ飲みすると
    血糖値は急上昇します

    ユーザーID:3390063584

  • 原因はある。

    食生活しか、ないです。

    トピ主さんは、夫の食事、朝から寝るまで監視してないでしょう。
    勤務先での、昼食・おやつ の、量まで見えませんよね。

    甘いお菓子、炭水化物の取りすぎ。ストレスからの食べ過ぎ。

    人生不公平なんて、言ってる間に、専門病院で栄養指導、あります。

    妻、夫の健康に一層努力、トピ主さんもダイエットか健康になります。

    ユーザーID:7084835063

  • 一型なら仕方ない

    生活習慣や肥満が原因ではありませんからね

    ユーザーID:1841731182

  • そんなこと言ってたら…

    まじめに生きてるのに白血病になる人は、超不公平ですよね?
    子供なのにガンになるのは?

    病気は、すべからく不公平なもんです。
    妻は不摂生なのに病気にならない→ズルイ っていう発想じゃなくて、妻は不摂生をできる才能を持ってるんです。

    他人のことをズルイって思い始めたら、人生に前向きになれません。
    糖尿病は、とりあえず投薬治療ができるんだから、不幸中の幸いです。
    世の中には、投薬さえもできない病気がたくさんありますから。

    ユーザーID:6161584063

  • 食べ物です!

    妊娠中に妊娠糖尿病で引っかかりました。
    ずーっと痩せていたので、まさか私が??と
    落ち込みました。

    食べ物を書き出し、食後の血糖値も測ることに…。

    炭水化物の摂取です。
    糖質です。

    甘いもの、私も苦手でした。
    が、米、パン、麺が大好きでした。
    産後は体調崩したこともあり
    食べ物に気をつけるようになりました。

    朝、夜は糖質はとっていません。
    意識するようになってから
    世の中は糖質まみれな事に気付きました。

    糖質過多すぎます。

    ゾッとします。。

    今、わかりやすい本も沢山出ています。
    是非読んでみてください!
    糖質を控えると
    空腹の感じ方が変わってきます!

    空腹を満たすのは
    タンパク質にしたら体が変わります。

    ユーザーID:1782867137

  • ストレス。痛みなど・・

    血糖値って食べ物だけであがるわけではないですよ。

    ストレスや、身体に傷みがあるだけで
    (痛みもストレスの一つですが)上がります。

    あと、やはり遺伝的なものは大きいですね。

    私は母が糖尿病体質で、7人兄弟姉妹で6人が
    糖尿病でした。
    中でも母が一番重度。私はその体質を貰って産まれました。
    母は若いころ、食べ歩きとかしたらしいです。

    私は子供の頃の飲み物は麦茶。ジュースなんて
    クリスマス会や誕生日などの特別な日のみ。
    コンビニもありませんから、自分で買うお菓子は
    駄菓子程度。
    そんな生活でも、18歳で糖尿病の疑いがありました。
    (検査をした結果、その時は大丈夫とのことで)

    結局数十年後に発病。今に至ります。
    血糖値の測定を自宅でしますが、傷みがある日は
    確実に上がります。(食事していなくても)

    なので、ご主人様。
    何かストレスなど抱えていませんか?

    不公平は確かにありますよね。
    私の親友は、野菜嫌いで食べる物ほとんどが炭水化物。
    もう若いころから今も(アラフィフ)
    お菓子と麺類ばっかり食べてますが健康です。
    ほんと不公平だなと思いますが、体質は仕方ないですね。
    ご主人様に、あまり気を落とさないようお伝えください。

    悪化させないように、それだけはお気をつけて。

    ユーザーID:0357972278

  • 食事改善を

    血糖値をあげるのは糖質です。糖質というのは炭水化物−食物繊維のこと。
    それ以外にはないです。

    野菜だからと言ってジャガイモなどのイモ類、ニンジン、レンコン、かぼちゃ、トウモロコシ、これらは糖尿病の食品成分としては炭水化物になりますので多くは摂取しない方がいいです
    食事はバランスよくご飯を最後に食べることです。

    妻もその生活ならば予備軍でしょうね。ご主人は遺伝が関係してると思いますよ。

    合併症が恐ろしい病気ですから食事改善をしてください。

    ユーザーID:8954769355

  • 病気は不公平ですよ

    ご主人、お大事にしてください。
    病気っていうのは不平等で不公平で理不尽なことが多いです。
    ただご主人のように生活が乱れてない方であれば管理の仕方も簡単かもしれません。
    ご夫婦で理解してうまくコントロールしてください。

    ユーザーID:3098023004

  • 体質とか遺伝もある

    詳しいことはわかりませんが
    レスにもあるように、一型と二型では原因が違うようで

    義母が重度の糖尿病です
    でも、田舎の年配者の典型と言う感じで、朝は6時前に起きて
    家事を済ませ夜は9時には就寝、食事の時間もほぼ3食決まった時間で
    1回の食事量も平均的なものだと思うし
    それこそ、寝る前に食べたりとかいうことも無し
    間食でおやつ程度のものも食べることはありますが
    スナック菓子などではなく、果物や焼き芋のようなものや
    おかきを少しとかその程度、
    外食もほとんどしないし、味付けも薄味で、レトルトなんかも
    ほぼ使いません(市販の味付けのたれなんかもほぼ使ってません)

    やはり一型だったかなだそうで
    生活習慣ではいそうです

    年のせいもあるのかその後
    糖尿から来る合併症で
    心臓手術2回しています

    糖尿病だと心臓や目に影響がでることが多いらしいので
    定期的な検査はきちんと行きましょう

    それと
    糖質が良くないということは確かですが
    極端な減らし方は良くないです

    義母は糖尿病初期の頃、気にして糖質を控えすぎたせいで
    逆に低血糖で倒れました

    まあ病気に限らず人生というか世の中不公平なことだらけです
    でも糖尿病よりもっと重い病気だってあるんです

    嘆くより先のこと考えましょう

    ユーザーID:0833914690

  • こういうときに使う言葉ではないと思います

    病気を発症されたことはお気の毒です。だけど、何の病気でも持って生まれた体質、因子が関係してる場合があることは周知の事実ですよね。難病になる人だって、健康的な生活していても突然なった人もいらっしゃる。

    不公平という表現はなにか違和感があります。

    それはさておき、
    ご主人の治療がうまくいきますよう、願います。

    ユーザーID:9029406423

  • 病気にも意味はある

    つらい闘病中は
    人生って不平等だと思いがちですが
    どこかで帳尻が合うようにできていますから
    まずは看病に励んでくださいね。

    糖尿病は一般的には生活習慣がメインですが
    生まれつきやストレス、免疫…いろいろですよ。
    1型は小さな子どもがなるイメージだったので
    毎日の注射や食事制限、入院生活など
    辛いだろうにと思います。

    虫歯だって
    甘いものを食べずに歯磨きしっかりしてても
    なる時はなりますからね。
    視力低下も、そう。
    不摂生をしても元気モリモリの人もいますし
    養生していても気力が沸かずヨロヨロの人もいます。
    みんな、大きさの違うエネルギーなので
    不平等に見えても仕方ないよね。

    私も10.20代は病気の連続でした。
    今40代ですが、いろいろな経験を経て
    やっと自分の身体との付き合い方が分かってきた気がします。
    病気は辛いけど、病気になったからこそ
    わかることや思い至ることもあります。
    病気と長く付き合っていくには
    発想の転換をして、病気のおかげで良かったことを
    探してみてはいかがでしょう。
    私は入院や手術の経験が多いので
    その都度、家族の有り難みを感じられました。
    身近な人が辛い時は
    一緒に寄り添っていけるように心の余裕を保ちたいです。

    ユーザーID:9319610325

  • 若い研修医に対して怒っています

    夫の母は7人兄弟、全員が糖尿病患者です。
    みな戦中戦後の貧しい時代に生まれ育ち、贅沢な食事とは無縁です。
    母は、お酒は一滴も飲みません。
    それでも、母もその母もそのまた母も、みな糖尿病でした。
    夫が糖尿病になったと聞いた母は、「お前が4代目だ」と笑っていました。
    インスリン打ちながらも、90歳でピンピン元気な母です。

    そういう訳で夫がいずれ糖尿病になることは覚悟していたし、糖尿については私も夫も長年勉強しています。
    夫は本当に努力してきました。
    努力のおかげで、かなり発病を遅らせることができたと思います。

    しかし教育入院したとき、若い研修医に
    「遺伝もあるが、結局は生活習慣です」
    と軽〜い感じで言われました。
    生活習慣にはかなり気を付けていたことを伝えたら
    「じゃあ、なんで糖尿病になったんですかっ?」
    とキレ気味に言われました。
    こっちが聞きたいよ!

    若い研修医の言葉に、夫の長年の努力を否定されたようで、悲しいし怒りを覚えました。
    私は、原因はほぼ100%遺伝だと思ってます。
    病気になったことは納得してますが、その若い研修医の言葉には納得できません。

    ユーザーID:1834895308

  • 不公平というのではなく・・・

    医学には臨床医学と予防医学があって、病気になったときこうすれば治るという臨床医学は発達しているのですが、こうすればその病気にはならないという予防医学はそれほど進んでいないのです。

    つまり、病気にならないための予防方法などは完全ではないにかかわらす、それさえ守っておればその病気にはならない!と信じているから、「不公平」という言葉がでるのではないでしょうか? しかしそれは不公平でも何でもありません。体が病気になるメカニズムというものが現代医学では完全に解明されていないだけです。

    不完全な予防医学の情報を100%完全のものと思い込まないことです。

    ユーザーID:4294149065

  • 血糖値はストレスでも上がりますよ。

    一見、健康そうな生活をされているのに糖尿病になったということは遺伝が多分にあるのだと思います。体の中のスイッチが入ってしまったんでしょうね。

    血糖値は食生活だけで上がるものではありません。我が家の夫は糖尿病になって5年くらい経ちますがストレスでも数値が30くらい上がるらしいです。実際、仕事絡みのメールを読む前、読んだ後に計ってみるとかなり違うらしいですし、出張など普段と違う生活をすると下がりにくいです。

    夫は糖尿病とも長い付き合いですから自分の感覚で「今、高い」とか「低い」とかよくわかるそう。それでも「何か食べたわけでもないのに数値が高い」と言うことも時々起こります。

    毎日2万歩歩いているし、お酒は飲まない、糖質も制限してるんですけど自分ではどうにもならないのが体の神秘なのでしょうね。

    診断されてるのだから「不公平だ」と嘆くのではなく前を見ましょうよ。今、医療最先端の研究をされている方が薬の開発などを日々頑張ってらっしゃると思います。いつか治療ができる日が来ると思いますので、それまではうまく付き合っていけると良いと思います。お医者さんで定期的にチェックしてもらうことが悪化しない一番の薬です。

    それからご主人は真面目な性格とのことなので、ストレスが軽減されるような癒しをご家庭で試してみてはどうでしょうか。

    お互いがんばりましょう。

    ユーザーID:4197303946

  • うん

    トピ主様もすごいですね。
    見た目と中身が違う。(なんか失礼な感じで、すみません)
    たまーーーに、そういう方おられます。

    ご主人もトピ主様と同じで、そういう家系というか体質なので
    仕方ないです。
    どうしようもない。

    でも、たぶんどこかで帳尻が合うようになってるんだと
    思います。

    気にしないのが一番です。

    ユーザーID:5128862156

  • 大切な家族が病気になったら、そう感じるのは普通

    自分や大切な家族が、治らない病気や大変な病気になると、たいていの人が、まずは、なんで私が? なんで家族が?という気持ちになると思います。
    トピ主さんの旦那様は、健康的な生活をされていたのだから、なおさらでしょう。
    理屈ではわかっていても、ひどい不摂生をしている人や、悪いことばかりしている人が元気いっぱいなのを見ると、余計に不公平に思えてくることもあるでしょう。
    人として極めて自然な感情だと思います。

    旦那様は1型か2型かわかりませんが、1型は原因がはっきりわかっておらず、2型は、生活習慣や環境的な要因に加え、遺伝的要素も関係するので、2型だとしたら、遺伝的要因が強いのかもしれません。
    慢性病の治療は、医師との相性が大切です。
    旦那様と相性のいい先生に診てもらってください。
    病気がコントロールできれば、病気に対する気持ちも、徐々に変化すると思います。

    応援しています。

    ユーザーID:1118091772

  • トピ主です−2

    私の投げやりなトピックに温かい言葉をかけていただき、ありがとうございます。
    反省しています。

    夫の母の家系は、ほぼ全員が糖尿病患者です。
    ですから、夫もいずれ糖尿病になることは覚悟していましたし、糖尿について私も夫も長年勉強してきました。
    夫は本当に節制生活をしてきたので、その努力のおかげで発病をかなり遅らせることができたと思います。
    夫の発病を知ったとき母は、「お前で糖尿4代目だ」と笑ってました。
    長年インスリン打ちながら、90歳でも元気ピンピンな母です。

    主な原因は遺伝だと思っていますが、教育入院したとき若い研修医に
    「遺伝もあるけど、結局は生活習慣です」
    と軽〜く片付けられました。
    生活習慣にはかなり気を付けていたと伝えたら
    「じゃあ、なんで糖尿病になったんですかっ?」
    とキレ気味に言われました。
    こっちが聞きたいよっ!

    夫の脚に小さな傷を見つけたら
    「怪我ですかっ? もしや壊死ですかっ?」
    ウキウキした声で近づいてきた研修医、単なるかすり傷と分かり、明らかにガッカリした表情になってました。

    そんな研修医の言葉や態度に、夫の長年の努力を否定されたようで、怒りを覚えました。
    病気になったことは仕方ありませんが、そんな研修医には納得できません。
    あなたの臨床研究のために病気やってるんじゃないのよ!
    腸が煮えくり返りました。

    ユーザーID:1834895308

レス求!トピ一覧