• ホーム
  • 話題
  • ルバーブのジャム入りおにぎりの可能性(駄)

ルバーブのジャム入りおにぎりの可能性(駄)

レス27
(トピ主1
お気に入り35

生活・身近な話題

おにぎり山

職場に毎日、おにぎりを作って持って行っています。
今朝も、おにぎりを作ったのですが、具に肉味噌を入れるつもりで、ついうっかり、似たような容器に入っていた、ルバーブのジャムを入れてしまいました。(半分寝ぼけていたのに加え、庭で栽培したルバーブを使って作った手作りジャムのため、市販のように鮮やかなルビー色ではなく、くすんだ色だったので、パッと見が肉味噌に似ていた)

白いご飯の上にジャムを乗せ、軽く握ったところで間違いに気付き、慌ててジャムの部分をすくって捨てようとした瞬間、隣にいた母が「待って!捨てるのはもったいないから、そのおにぎりお母さんが食べるわ」と言い出しました。
出勤時間の関係もあり、言い合っている暇も無かったので、そのままジャム入りおにぎりを握り、母に渡しました。

夕方、帰宅した私に、母が言いました。
「食べられない事は無かったけど、やっぱりジャムはパンに塗って食べた方が美味しいわ〜」

そりゃそうだ、と思いつつ。
でも、北海道では塩漬けのハスカップをおにぎりの具にする所もあるし、東南アジアでは果物の入ったおこわのようなお菓子もある。
考えてみれば、おにぎりの具の代表格の梅干しだって、果実を塩漬けにした物だよね…。

例えばいちご大福のように、「ジャムをおにぎりの具材」にする事も、ごく当たり前になる未来が来る可能性って、あり得るでしょうか?

ユーザーID:6060051151

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数27

レスする
  • おにぎりの不思議

    おはぎはおいしいのに、あんこおにぎりはおいしくない(作ったことあります)

    ルバーブおにぎりはおいしくないと思う。


    ルバーブジャムでアレンジしたおはぎはおいしいかも。

    ユーザーID:1795980135

  • 例えば

    パンとかクレープ、パンケーキなど小麦で出来ているものは甘いものと塩っぱいものどちらにでも合います。

    でもご飯はやはり甘い味つけだけでは合わないですよ。甘塩っぱければ良いのですけど。私はブルーベリージャムを肉料理のソースに使う事があります。醤油やバルサミコ酢等と作ります。後はマーマレードジャムをスペアリブの下味に使うとか。とてもご飯にも合う味です。でもだからと言ってジャムとご飯はどうかというと、、、うーん全く食指が動きません。

    ジャムおにぎりを食べたお母さま、とてもエライと思いました。

    ユーザーID:6920650731

  • 慣れればイケそう

    ごはんにあんこ、または砂糖と牛乳。死んだ祖父が好んで食していたものです。それを見てうっとなったけど、大人になった今ではごはんにあんこは「おはぎ」だし、砂糖と牛乳は「ミルクがゆ」と無い訳でもない、と思ってます。
    また始めて北海道のお赤飯を食べたら甘くてびっくりしたけれど慣れたら大好きになりました。

    ごはんには塩っぱいものとの先入感があるからビックリするけれど、幼児期から食べていたら大丈夫になるかも知れませんね。孫が産まれたらやってみたいです(コラコラ)

    ユーザーID:3185783538

  • ルバーブおにぎり

    ルバーブの塩煮は海外で梅干しがない時、代用するようですよ。

    ユーザーID:4934567979

  • あると思います!

    ドイツ在住です。ルバーブ大好きです。酸っぱいし、梅の代わりになれると思ってました。
    海外在住あるあるの、アプリコットで梅干しの代用品も作ってます。
    おはぎだってお米に甘い味で食べてるし、やりようによっては、新しいおにぎりになれる可能性は、あると思います!
    ただ、それが「ごく当たり前」になるには、日本には美味しいものが溢れすぎてるかも…
    でも、珍しいものが人気になることが多いから、一度は出てこれてもすぐすたれるかも…?

    ちなみに私は、長年「これだけは無理」と思っていた「ミルヒライス」という、お米がヨーグルトに入っているような見た目の、ドイツのデザートを、美味しく食べれるようになりました。ミルクで作ったおかゆを甘くして冷やしたみたいなものです。

    ユーザーID:5595773167

  • 料理なんて実験から始まってる。

    ルパープのジャム入りおにぎりは「勿論」食べた事無いですけれど、タイトル通り食材や料理なんて、食べれるか?食べてみようと実験から始まった様なものですからね。

    食材だって果物では無いけれど例えば海産物なんて一見見た目グロテスクなものが多いですけれど、最初に食べた人が美味しいと感じ広まって行ったのでしょう。

    お母様もルパープジャムはパンの付けてと先入観あるのでやっぱりパンに似合うわとなったのでしょうが、もしパンが日本に無く最初からご飯にかけて食べていたらそれはそれで美味しいとなったかもしれませんね。

    例えば寿司がアメリカに流行った何十年か前寿司ネタとしてアボカド載せられたのを初めて見た日にはビックリしましたが今は日本人もそんな寿司食べて居たりしますね。

    ジャム入りおにぎりも工夫次第でおにぎりの中身となるのではないのでしょうか?。
    ジャムだけれどもう少し甘みを抑えて他の「何か」を入れてみるとか?。の何かが何も浮かびませんが。う〜ん。料理の才能ないもので。

    此処はトピ主さんが色々なジャムをもう少し進化させて、ジャムおにぎりの発案者となるのは如何でしょう。
    もしトピ主さんがジャムおにぎりを発案し、其れが世に出たら必ず購入しますよ。

    ユーザーID:2364195985

  • 丁寧な暮らし

    うさんくさい言葉だなぁと思っていたんです、「丁寧な暮らし」というのが。
    きっと実態を想像できなかったからなんですね。

    でも、トピ主さんの思考や文才、手間をかけて育てたものを
    食卓にのせる、そういった暮らしぶりを思い浮かべ、
    まさにこういうことが丁寧な暮らしなのだと、良い意味での変換ができました。

    素敵なトピ、素敵なトピ主さんに出会えて、朝からゴキゲンです。

    ちなみに、「パンにジャム」さえ好きではない私には
    「ジャムをおにぎりの具材に」は個人的にはナシですが
    ジャムの糖度や粘度を考慮したものなら、アリかもしれませんね。

    なんとなく北欧のショットブラー(のミートとジャムの組み合わせ)を思い浮かべました。

    ユーザーID:3508944021

  • たたき梅の代用

     先日タイムリーにルバーブジャムを作りました。
    その際ジャム以外に何かないかと思っていたら、ルバーブと塩でたたき梅の代用になると知りました。
    まだ試してはいませんが、それだとおにぎりに入れても違和感はないかもしれませんね(笑)

     ちょっと本筋からズレタ気もしますが、このとき作ったルバーブジャムは実は豚肉のソテーにかけて食べました。
    イメージはベリーソースだったのですが、ジャムをそのまま使ったのでイメージよりは甘かったです。
     
     甘みの付け方によってはジャムもそのままおにぎりの具としてコンビニに並ぶ日が来るかもしれませんよ。

    ユーザーID:8085988152

  • もち米もご飯だから

    おにぎりの具に甘いもの、ではなく、最初からデザートを作る具材のひとつがお米、という方向で考えたらポテンシャルが広がる気がします。

    おはぎなんて半分以上が炊いたお米だし。
    東南アジアには様々な種類のお米を使ったスイーツがたくさんありますよね。
    名称は分かりませんが、パラッとした細長い黒いお米を炊いたのとあずきを混ぜた上にココナッツミルクがかかったもの。大好きです。
    あと、餅米の上にマンゴーのざく切りを乗せてこれも上にココナッツミルク。餅米はうっすら塩味だったかな。
    でもねー太るんだよね。。美味しいのに、悲しい。

    ユーザーID:5103686348

  • あり得るけど

    あなたの例で言う大福や、おはぎ、お団子だって
    要は米と甘いものの組み合わせです。
    おにぎりの中にルバーブジャムをいれて
    外側をザラメ糖と塩でまぶしてちょっと焼いたりしたら
    結構美味しそうと思います。
    私はもち米をココナッツミルクで炊いたものに
    マンゴーを載せたタイのスイーツが大好きです。
    甘い牛乳で作るお粥、ライスプディングというものもあります。
    シナモンとかレーズンをかけて食べます。
    世の中には思いがけず美味しい組み合わせが多くあります。

    ただ、前途のタイのスイーツ、タモリさんの番組で紹介され
    試食した皆んなが複雑な顔をしていました。
    あんなに美味しいのに、大多数はこういう捉え方をするのかと驚きました。
    酢豚のパイナップルさえ許せない国民の
    先入観を取り除くのは、容易ではないかもしれません。

    ユーザーID:9852655724

  • おはぎ

    おはぎはある意味小豆ジャムの入った(まとった)おにぎりと言えない事も無いですね。

    それの果物バージョンだとすると、あり得るのではないでしょうか。
    ただ普通のイチゴジャムなどとは違い、それなりに塩分も隠し味として入っている必要がある気がします。

    むしろご飯の甘味と果実の甘味のマッチングの問題なのかな?


    昔と比べて複雑な味、甘じょっぱい味とか、チーズ+はちみつピザとか、生ハムメロンなどは一般的になってきたので、いずれそういう味が受け入れられる日が来るかもしれません。

    ユーザーID:2720497818

  • もち米ならOK

    タイのカオニャオマムアンも、韓国の薬食も、日本のおはぎも、
    おやつにするものは大体もち米です。
    従って、もち米だったらルバーブジャムも合うんじゃないですかね。

    ユーザーID:1268696646

  • 好みは人それぞれですが

    小さい子供の頃は、デンブや鯛味噌をたっぷり混ぜた甘いご飯が大好物でしたし、おはぎやちまきは今でも普通に食べていますので、ご飯が甘いという事には抵抗はありません。

    とはいえ、記事のように、脂気も塩気もない白いご飯に少量のジャムを包み込んでも、物足りない感じがするのではないかと思います。

    肉味噌などの塩辛い物よりも、かなり多目に入れないと、ジャムの味を楽しめないような気がします。

    ただ、ご飯に薄い塩味がついていれば、具材としておにぎりの芯にジャムが入っていても美味しいのではないでしょうか。

    また、ジャムをご飯全体にたっぷり混ぜこめば、甘めの酢飯としても食べられそうです。

    ミルク粥のトッピングにジャムを一匙、なんてのも、美味しそうですね。

    ユーザーID:0975812697

  • 個人的にはない

    おにぎりの具にジャム類はありえるか
    子供に聞いてみたら「絶対ない!」とのことです(笑)
    私個人的にも全く同感です。
    (そもそも、おはぎでさえ大嫌いなので(笑))
    甘い米粒が嫌いな人には受け入れられないでしょうね。

    そういえば、昔ニューヨークに旅行した時に
    同行者がどうしてもお米が食べたい!!と
    なにをトチ狂ったのか「ライスプディング」をオーダー
    出てきたのは激甘タイライス系の長いお米の
    カスタード固めのようなもので
    衝撃的に甘く不味かったです(笑)
    ああいうのが美味しいと思える人なら
    ジャムおにぎりはいけると思います(笑)

    私にゃ無理です。。

    ユーザーID:2204296695

  • カンボジアの軽食

    アンコールワットを見に行ったときのことです。
    そこの屋台で、名前は思い出せませんが、ココナッツウォーター?で炊いてしょっぱい小豆を散らしたもち米が、竹筒に入って売っていました。
    もち米はほんのり甘くて美味しく、小豆がアクセントになっていて、もう1つ買っても良かったと後悔しました。

    ルバーブジャム入りおにぎりも、隠し味に塩気があるといけるかも、と思いました。

    ユーザーID:5479360846

  • こっちじゃ甘くてミルク入りの緑茶が大流行り

    海外です

    例の日本の粉のお抹茶(グリーンティ)が、ガンやその他の病気の予防に良いとわかって大流行してます

    日本では、お抹茶は苦いものだったけど
    こちらでは、シャカシャカとお濃茶を作った後、泡だてた牛乳や豆乳、アーモンドミルクなどをたっぷり注ぎ
    お砂糖や甘味料も入って
    全く別の飲み物です(それなりに美味いです)

    日本の寿司も大流行りで、特に巻き寿司ガ人気ですが、
    ほとんどはお店の独創的創作寿司で、アボカドやカニの唐揚げなど複数のコンビネーションを巻いたものに、うなぎのタレやシラッチャのマヨネーズがたっぷりかかっていたりします

    ルーバブのおにぎりが、はやる日もくるかも?

    ユーザーID:7240726283

  • いちごジャム+牛肉

    昔々、50代の私が小学生だった頃、漫画にでてきたおにぎりがタイトルの通りでした。
    牛肉はしぐれ煮のように甘辛くしていちごジャムと一緒に握る特大おにぎりがとのすごくおいしそうに思えて、絶対いつか作ろう!と決心して約四十年、未だに実際に作る勇気がでません。

    ユーザーID:9467477570

  • 酢豚にパインがダメだったら…

    2度目です。いちご大福って出てきたとき本当にびっくりしましたけど、美味しいし、すぐ慣れて、栗大福より好きになってしまったのを思い出しました。

    ジャムの方を、甘くしないのもありかもしれないですよね。
    マンゴーチャツネだったら入ってても大丈夫なんじゃないかな?みたいな。
    海苔佃煮はジャムっぽいけど甘くない。そういうの他にないかなと考えると、チーズに乗せて食べる、アプリコットとかいちじくから出来てるけどピリっとしてる、見た目はジャム、でもトーストには乗せないやつがあります。それだったらおにぎりに入ってても許せそう。トピずれでしたらすみません

    あと、酢豚にパインがダメな人は受け入れないのでは…とすると、世間の半分は無理と考えられるかも?
    でも私はいけます!色々開拓していきましょう〜

    ユーザーID:5595773167

  • もち米ならある、、、かも

    おはぎとかみたいに
    モチ米なら可能性はあるかもしれませんね。
    もしくはすでにそういう食べ方をしている人が
    世の中のどこかにいるかもしれません。

    おにぎりではありませんが、
    中学校の同級生のお弁当が衝撃的でした。
    甘いピーナツバター(クリーム?)のサンドイッチに
    甘くない卵焼きが挟まっていたのです。
    あとベーコンとジャムっていうのもありました。
    一口食べさせてもらってどちらも体が震えました。

    味覚は人それぞれなんだなと子供心に思った出来事です。

    ユーザーID:9643134291

  • あんずのおにぎり

    北海道に暮らす親族が持たせて下さったおにぎりには、あんずの甘露煮が入っていてビックリしました。

    北海道道南地方ではお馴染みの味のようで、北海道出身者は大喜びで食べていました。

    ユーザーID:4982610830

  • 素晴らしい柔軟性

    ジャムおにぎりを「捨てないで!食べてみる」と言ったお母様も、そこから思考を広げていくトピ主さんも、いいですねー。
    生活のゆとりを感じます。
    何かが創造されるのに、ゆとりがあるって大事だと思ってましたが、再認識させてもらいました。

    私の祖母はユニークでちょっと破天荒な人でした。
    ミルク粥(牛乳と米と砂糖)が好きで、自分のためだけにそれを作ってたまに食べてたんです。ある時、冷蔵庫にコーヒー牛乳しかなく、コーヒー牛乳で作ってみたら美味しかったと、コーヒー牛乳粥も時々作ってました。
    私の祖母もトピの状況だったら、ルバーブジャムおにぎりを「捨てないで。食べるから」と言ったのかなあ、と思います。
    祖母は調理の仕事をしていたので、私たち孫が行く時は普通の美味しい料理を作ってくれましたが
    祖父と二人だと、色々とんでもない料理を編み出していたみたいです。
    甘い焼きそば(美味しいと思って、と言っていた)とか、カレーがある日にお刺身もらって海鮮丼カレーがけ、とか。
    祖父は、あれはまずかった、あれは美味かったと淡々としていました。
    ミルク粥は嫌いだったようです。

    本題ですが。
    果物の塩漬けや佃煮なら、おにぎりの具になる可能性は高いと思います。
    砂糖煮は、野菜であっても合わないかなあ。
    おはぎから広げて考えるのが一番近いかもしれないけど、おにぎりとおはぎは、主食とお菓子という違いがあるし。
    オヤツ系の甘いおにぎり。ジャム入りのおにぎりを天ぷらにして砂糖をパラパラ。カロリーすごそう。

    ユーザーID:5454455105

  • 海苔は無しで

    ルバーブジャムに鴨肉いれて塩むすび、なら何とかイケルかも。。。

    鴨肉や鹿肉はジャムのような果物の甘味が合いますよね。


    ヨコですが、私は滑らかなお豆腐に 黄な粉と黒蜜を掛けて食べたりします。
    ヨーグルト+黄な粉+はちみつ+豆腐+シリアル+果物の朝食にハマっています。

    おはぎやライスプディングもあるのですから、完全にナシでは無いですね。
    取り合わせで美味しくなる・・・かも?

    ユーザーID:6511918577

  • ブタか牛をガーリック風味で炒めて

    少ししょうゆをたらしたところにジャムを混ぜ込んだら、おにぎりでもいけると思います。
    アレンジ次第ではないでしょうか。

    ユーザーID:2092935701

  • トピ主です

    レスをいただきありがとうございます。
    まとめてのお礼になりますが、全てのレスを興味深く拝見させていただきました。

    調理にジャムを利用する。
    これは我が家でも実践しています。
    肉料理にジャムを付けて食べるも、日常的にやってます。(余談ですが、グースベリーの名前の由来が、「雁の肉に合うベリー」だと知ってからは、「だったら、がんもどきとグースベリーのジャムはマッチするのだろうか?」と、密かに考えていたりもします)
    パイナップル入り酢豚はもちろん、ピザやハンバーグに果物をトッピングするのも好きで、よくやっています。
    お餅とジャムの組み合わせも平気です。

    …と、ここまでは調子良く書いてますが。

    おはぎは好きなのに、ご飯にアンコやきな粉をかけて食べるのは駄目。(砂糖かけご飯も牛乳がけご飯も食べられませんでした)
    みたらし団子は好きなのに、五平餅は苦手。
    ポリッジは好きだけど、ブラウンシュガーなど甘みが加わると食べられない。(ミルク粥やライスプディングも食べられません)
    枝豆は大好物なのに、ずんだ餅は大嫌い。
    甘納豆入りの赤飯に至っては、中学生の時に知らずに口にして、「小豆の産地なのに、甘納豆とか使ってる理由が分からない!」と逆ギレした苦い思い出が…。

    改めて書き出してみると、我ながら謎な嗜好です。

    そんな私が今までやった中で、一番挑戦的な米飯メニューは、「おかゆにカルピスを入れる」です。
    子供の頃から白がゆが苦手で、数年前に入院して、白がゆ以外食べられない状態になった時、とっさに思いついた方法です。(昔読んだ本に、そういう話があった)
    個人的に、苦手だったおかゆ臭さがカルピスの味で中和される気がして、最後にはカルピス無しでも食べられるようになりました。(というか、今となってはカルピス入れて食べる方が無理)

    人間て不思議な生き物ですね。

    ユーザーID:6060051151

  • 今から40年ほど前に

    今から40年ほど前に「イチゴジャムのおにぎり」を持ってきた同級生がいたそうです。

    私は現場を見ていませんが、白いおにぎりの中に赤いイチゴジャムはその子の親のひきおこした他の逸話とともに伝説になっていました。

    でも本人は気にせず食べていたようですよ。

    私が小さい頃は「食事と一緒にコーラなんて」(甘い炭酸飲料と食事が合わないという意味で)という話を聞きましたが、今では抵抗もないですから可能性として色々あるでしょう。
    一時期コーラめしなんて出たことがありましたね。
    (私はチャレンジできませんでした)

    ユーザーID:0606218261

  • 食べたくは無いよ。

    面白い出来事だし、(主さん目が覚めましたね!)
    タイトルが味わい深い…。

    ユーザーID:3600426895

  • 可能性大、というかいつも食べてます!

    海外在住者の間では、手に入らない梅干の代わりとしてルバーブを塩で煮て代用します。もう20年近くおにぎりに入れたり手巻き寿司の具にしたり青魚と煮たりして愛用しています。

    というわけで、砂糖の代わりに塩で煮たルバーブジャム、可能性大です。大活躍です。

    ユーザーID:9669011646

レス求!トピ一覧