妻のメンタルをサポートしたい

レス20
(トピ主1
お気に入り33

心や体の悩み

くまさん

トピの閲覧ありがとうございます。
トピ主48歳、妻46歳、結婚8年目、子なしです。

女性のデリケートな問題のため、男の私に皆様のお知恵を拝借したいと思います。

近々、妻が子宮と片方の卵巣の同時摘出手術を受ける事になり、妻が少しナーバスになっています。
「摘出すると身体は楽になるだろうけど、自分が女でなくなる気がする」、「本当に子供を産めない身体になるんだなあ」など、切ない独り言があり、何と言って励まして良いかわからなくなりました。

もちろん、私はそんな事は気にした事もないし、妻も私の気持ちを理解しているようですが、本人の中で寂しい思いがあるようです。

最寄りにメンタルクリニックはあり、家事も最大限協力していますが、女性特有の事情もあり、気の利いた言葉が見つからない状態です。

まずは手術(全身麻酔で内視鏡)の無事成功が一番ですが、術後の妻のメンタルが不安定になった場合、どのようなサポートが良いでしょうか。

ユーザーID:5856015069

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数20

レスする
  • 手術を受ける病院に心療内科はあるか?

    ナーバスなのは、誰しもだと思います。
    男であっても、妻のことを考えて行動を尽くせば伝わると思いますよ。
    愛情のこもった言動で軽くなるかも。
    甲斐甲斐しくケアなさることでフォローできる場合もあります。

    逆に、ご主人が内心心配しているのに、奥様に全く伝わっていない場合には、更に落ち込んでしまって残念な結果となるでしょう。

    過度であれば、術前の薬の副作用かもしれません。
    次の受診時に二人で主治医に相談なさったらどうですか?

    手術を受ける病院に心療内科が有れば、夫婦で受けてみたらいかがですか?
    産婦人科単科病院でも、マタニティブルーや産後鬱などのサポートのために通いの心療内科医がいたりします。

    私は過去に余りにも産婦人科の治療が心身辛く、元夫に吐露しても何もしてくれなかったことが相当傷つきましたし後々まで響いてきました。
    後から内心心配していたと言われても、何を今更!でしかありません。
    主さんは「今」実行して何度でもいろんな方法でも伝えてください。

    ユーザーID:2772565945

  • 嫌いにならないでね!

    優しい旦那様ですね。
    奥様の切ない言葉には、同情します。

    婦人科系の病気ではありませんが、私は癌で長年とても具合が悪いです。
    家事も辛いし、夫婦関係は無くなりました。

    同じ屋根の下に住み、夫婦を演じているだけです。
    きっと夫の親戚には、私は至らないひどい妻と言っていると思います。
    冷たい態度で分かります。

    一人で生きて行くほど働けないので、離婚と言う選択は出来ません。
    ですからこれから先、奥様が辛さを訴えて今までの生活が一変する事があっても、嫌いにならないでほしいです。
    好きで病気になったのではないから。

    お子さんが居なくても、もっと楽しいご夫婦でい続けられますように。

    どうぞ、後遺症や精神的な落ち込みが少ないようにと思います。

    ユーザーID:1495968984

  • 心情お察し致します。

    誰だってナーバスになりますよね。
    婦人科系ではありませんでしたが命を落とす確率が五分五分という手術に向かった経験のある者です。

    当人の奥様が一番堪えているのでしょうけれど、そんな状況の奥様を手をもみ絞って見ているしかない貴方もさぞ辛い思いをされているのですよね。私の夫もそういう状況でした。

    トピを読んで貴方が奥様を日頃から大切にされている様子が伝わって来ました。
    サポートしたいという気持ちは奥様にちゃんと届いているのではないかと思いましたが、何よりも心に染みる優しい言葉が今の奥様には一番だと思います。

    ”いつも僕が一緒だよ”
    主人が私に言ってくれた言葉です。

    ユーザーID:6635886211

  • 私が奥様だったら・・・。

    やっぱり、何も言葉はなくていいから、ハグしてほしいかも。

    あと、ほんとに美味しいレストランやお寿司屋さんなどに
    連れ出すのもいいと思いますよ。
    辛い時、美味しいものって、生きててよかった、て
    思わせる力がありますから。

    ユーザーID:6783014538

  • レスします。


    手をつないでもいいし

    そっと背中に手をあててもいいし

    あとはやっぱりハグですよね。


    摘出しても

    (おくさまの名前やニックネームをいれて)

    〇〇さんは〇〇さんで

    ぼくのだいじな奥さんだよ

    なにもかわらないよと

    ぼくのそばにいてくれるのが何よりだよと

    いってさしあげてくださいね

    ユーザーID:5516975911

  • とぴ主さまにしかできません

    奥様が不安そうなときはハグして、ヨシヨシしてあげてください。
    そして言葉でハッキリと、何度でも同じことを、安心するまで伝えてあげて下さい。

    「妻ちゃんさえ側にいてくれたらそれでいいんだ。子供なんていらないんだよ。
     妻ちゃんとこうして2人で一緒にいることが一番幸せなんだ
     妻ちゃんが大好きなんだよ」って。

    いま、きちんと言葉にして伝えてあげないと一生奥様は一人悩むと思います。本当はあの時、夫はどう思っていたんだろうって。

    ユーザーID:0742597335

  • 普通でいい

    わざとらしいスキンシップって要りますか?
    悲しいけど乗り越えなきゃいけない試練じゃないのでは?
    これが20代30代なら落ち込むのはわかるけど、健康でも妊娠は難しい年齢。
    そして女であること以前に、健康で溌剌と生活するのが大事です。
    命を大事にするという信念を奥樣に伝えてください。すでにそういう年齢です。

    ユーザーID:6484912994

  • いつも通り、普段通り

    私の場合は、何も変わらない対応を望みました。

    こればかりは、個人の性格によりますし、薬の影響もあり、気持ちの浮沈みの波があると思いますので、正直よくわかりません。
    本人に聞くのが一番だと思いますし、他の小町の皆様のレスがすでに的を得ているように思います。

    私も婦人科を含め複数の手術を経験していますが、一番困ったのが、私より夫がメンタルをやられたことです。
    せめて妻の前だけでも、どっしり構えてください。

    だからトピとは逆に、これはやらない方が良い、又は注意するべきことを書きます。(あくまでも私個人の意見)

    ・妻より落ち込んだり、心配したりして動揺しない。
    ・妻の前で泣かない。
    ・あれこれ病気の事を妻に聞かない。
    ・入院中の自分の生活の心配を妻に相談しない。
    ・お金の話を自分からはしない。
    ・妻が入院中、家に義家族などを勝手に泊めない。
    ・妻に相談なく、見舞いの人を増やさない。
    ・妻の病気を勝手に人に言わない。
    ・家事は今からしっかりやること。
    ・入院中の妻の食事を横取りして食べないこと。
    ・入院中の妻のベッドで疲れて寝てしまわないこと。
    ・旦那様は笑顔でいてください。

    なんかコレ、私の夫に書いてる気分になってきた…すみません。

    それと老婆心ながら、手術後すぐには水が飲めません。唇が乾く場合があるので奥様から希望があれば看護師に相談の上、水を濡らしたカーゼで唇を拭ってあげて。
    それと麻酔の影響か、直後は末端の手足が冷たかったりします。マッサージしてあげると安心すると思います。
    頭痛や吐気があったりする場合もあるので、看護師さんの指示をしっかり聞いてください。

    手術が無事に成功し、奥様に笑顔が戻られるよう、お祈り致します。

    ユーザーID:5037038206

  • 私は42で取りましたが

    女じゃなくなるとかは、思わなかったですね。

    それに、46って、自然妊娠はもちろん、不妊治療も難しい年なのに、子供が産めなくなるってセリフ自体、違和感を感じました。今更感がありますし。

    生理があれば、妊娠できると誤解されているのでは?

    年だから妊娠できないのを病気にすり替えてる印象ですね。

    元気でいてくれたら、十分だよといって、普通にする。

    それで良いと思いますよ。

    ユーザーID:9322038475

  • 奥様に聞いてあげて

    私は別の婦人科系のガンになり、その体の一部を手術で削除しました。40代前半でした。私の周りの女性のほとんどは、全摘手術をしたあと再生手術を受けていました。私は、自然のままにしました。何歳になっても、女性の象徴を失うのって悲しいものですよ。おくさま46歳でも、女性の象徴の臓器をなくすのは、女で無くなる”気“がするというのは共感できます。

    奥様の場合卵巣も一つとるので、ホルモンの補充をしないと、更年期障害のような状態が出ると思います。ホットフラッシュとか、不安症とか。心療内科も大事ですし、奥様と同じような手術を受けた方の患者会がないか、病院で聞いてください。同じ仲間と集って不安を共有しあったり、頑張れと励ましあったりするのは重要です。

    夫として何ができるか、具体的に奥様に聞いてあげてください。奥様とは普段からハグしていますか?していないのに急にするのもおかしような。だから奥様に聞いてくださいね。

    私だった、不安になったときに話をウンウンと聞いて欲しいかな。

    とっても優しい夫さんだと思います。

    ユーザーID:3081289485

  • 先日私も同じ手術しました

    毎月半分は寝込む程体調を崩していましたが、症状が一気に悪化した為先日手術しました。奥様と同じ子宮と片卵巣摘出です。

    夫からは「元気になってくれたら、それでいい。何でもサポートする」と言われ、言葉通り心身共に支えてもらってます。

    私は不妊治療の末に子供を出産。その子もある程度大きくなり、それ以上子供は望んでいませんでしたから、手術しても失った事より痛みも辛さも無くなったことにホッとしていますし、手術した事に後悔はありません。
    子宮が失くなったといって、女性でなくなると言う人もいますけど。夫が今まで通り変わらず…ちゃんと女性扱い(ちょっぴり過保護なくらい笑)してくれているのがとても嬉しいし、自分の価値は下がっていない、私はここにいてもいいんだと言う安心感にも繋がってます。

    奥様の場合は子を授かれなかったことで、色々言われたり落ち込んだりされてませんでしたか?
    その上子宮も失くしてしまう…と、恐らくトピ主さんの想像以上に女性としての価値が損なわれると落ち込まれているかもしれません。

    子宮を失ったから、女性でなくなることはありません。
    でも、この言葉はストレートに言っても私の心には響きませんでした。

    奥様の素晴らしさは、夫である貴方が一番よく分かってらっしゃると思います。
    感謝や君が大事だよ…という気持ちを言葉と態度で伝えて欲しいです。
    奥様を守ってあげられるのは、夫であるあなただけです。

    このトピを立てた貴方ならきっと出来ます。応援してます。

    ユーザーID:7283038814

  • 奥様お幸せ

    優しい旦那様がいらして、奥様は お幸せですね。
    余計なことは言わずに「僕には君が必要なんだ。」って言ってくれたら嬉しいです。
    その一言だけで十分。後は常に気にかけて、家事をサポートしてくれたらありがたいです。
    少し元気になったら、涼しい高原でゆっくり静養されたら如何でしょう。
    イヤ〜、トピ主さん、良い旦那さんだなぁ

    今回の事がなくても、そろそろ更年期が始まります。って言うか本人は認めないかもしれないけど、すでに始まっている可能性大です。
    私は30代後半から「やけに汗をかくなぁ」と体の変化に気付きましたから。
    10年ぐらい掛けて、だんだん変化していく体調と、子供を産む機能が失われて行く事に慣れて受け入れて行くんでしょうね。
    もうそんな予定がなくても、ちょっとさみしい気持ちになるので、お子さんがいらっしゃらなければ余計でしょう。
    でも「女性」でなくなるわけではありません。一生女性である事には変わらない。
    イライラしたりする時も、鬱っぽくなる時もあるけど、まるごと受け止めて差し上げて下さい。
    いざとなったら心療内科の先生に頼るのも良いですが、旦那さんの日頃のケアの方が、断然効くと思います。

    ユーザーID:4160790360

  • 術後は一気にホルモンバランスが変わるそうですよ

    子宮、卵巣といったものを摘出すると、一気にホルモンバランスが崩れていく
    為に、云わば更年期障害が怒涛のように押し寄せるような状態になるようですよ。

    奥様の場合、術前からメンタルの落ち込みがみられるようですし、術後は
    身体的にも辛い思いをする可能性は高いですし、寝たり起きたりの生活が
    続くようになることも今から覚悟しておくべきかと思います。

    まぁ奥様には「何があっても、君は君のまま、変わりはないと
    自分は思っているよ。君と少しでも長く一緒に暮らすことが自分の願いだから」
    と話してあげてください。

    ユーザーID:6865570460

  • 家事をさせない

    ます、家事は「協力」ではなく、全面的にあなたがやって下さい。

    ご主人が病気のとき、掃除や洗濯、炊事をさせる奥さんはいません。

    なのに主婦が病気になると、身体の不調を我慢しながら家事をやる。

    これっておかしいと思いませんか?

    奥様の身体が完全に回復するまでは、キッチンに入るのはご主人。
    掃除も洗濯もご主人。

    可能なら奥様は仕事を辞めて専業主婦になる。
    (仕事をしておられるなら)

    私が体調を崩したとき、夫は「ゆっくり休んでいて」と言いました。

    言うだけです。

    家事をお願いしても料理は作れないし、洗濯機も「どうやって動かすの?」と訊く始末。

    掃除も、掃除機の置き場所ひとつ知らずいちいち「どこ?」と訊いてくる。

    休めたものではありません。

    イライラして返答すると「せっかくやってるのに」と激怒してやめてしまう。

    こちらも「いちいち訊くならやらなくていい」と言ってしまいます。

    専業主婦は家政婦じゃないし、ロボットでもない。

    通院して点滴から帰宅しても、洗濯機にはたくさんの洗濯物。
    長い病院の待ち時間でうんざりして体調もよくないのに、休む間もなく家事。

    思い切ってご飯の支度はやめました。
    夫は買ってきたコンビニ弁当を黙々と食べていました。

    体調に波があるので、今も食事は滅多に作りません。
    もともと料理は大嫌いです。
    精神面でも影響するので、気が向いたときだけ作ります。

    男性がたまに作ると張り切るでしょう。
    あれと同じです。

    こんなに便利な時代、手作り神話に踊らされるのは間違っています。
    総菜や冷凍食品、スーパーやコンビニのお弁当、毎日コレで乗り切れます。

    私はこうして精神面の危うさを克服しました。

    夫は不満で、会社帰り実家に寄って母親(80代)の手料理を食べて帰宅します。

    どうぞお好きに。

    ユーザーID:7891770626

  • あなたのできる精一杯を

    私なら、言葉もハグもいりません。
    私の弱音や不安、愚痴を、否定せずに聞いてくれてうんうんと頷いてくれる。
    それだけでいいです。
    そして、あなたがここでおっしゃった通り
    「寄り添ってあげたい気持ちがあるんだけど、どうしたらいいか、何を言ってあげたらいいか分からない。頼りなくてごめんね。」
    「でも、一番に考えてるから。」
    と伝えてくれたらそれだけで充分です。


    こんな風に言われたから、と、自分にできること以上の事をしなくてもいい。無理しなくていいんです。
    あなたができる精一杯の気持ちを示したら、それだけでいいと思います。

    ユーザーID:8791841698

  • メンタルというのは、

    手術する人だけではなく、その看護をする人のメンタルも大事です。

    奥さんは確かに大変ですが、
    46歳という年齢であることも頭に入れて欲しいと思います。その年齢で子供がいれば、自分より子供優先になり振り回されている人はたくさんいます。
    それに比べたら自分の心配だけで済む奥さんは幸せです。
    トピ主さんも看護疲れしないように、自分の身体を大事にしてください。
    男女とも50の手前は波がある時期です。
    「君は笑顔が一番」と言ってあげるだけで十分良い旦那様です。

    ユーザーID:0113390393

  • レスが遅くなりました。

    皆様の親身なアドバイス、誠に感謝いたします。
    厳しい意見もありますが、私がしっかりしなければ、と奮い起たせて頂きました。

    また、妻の独り言についてですが、共感して下さる方がいらっしゃる一方、同じように辛い思いや、命に関わる程大変な思いをされている方がいらっしゃるにも関わらず、配慮なくそのまま掲載してしまった事に深くお詫び申し上げます。

    ユーザーID:5856015069

  • 奥様の気持ちわかります

    そしてトピ主さんご夫婦と結婚年数や子供がいない夫婦である共通点が
    あるので私には奥様の気持ちも痛いほどよく分かります。
    私は42歳の時に癌で子宮卵巣全摘しました、結婚3年目の時でした。
    生殖機能的には40代以降だと普通妊娠も治療しての妊娠もかなり厳しい
    状況であるのは百も承知ですが、そのことと物理的に生殖器を失うのとは全く別問題なんですよね。
    年齢がどうこうじゃないんですよ、同じ女性でもそういうことに鈍感な人は
    「もう産めない歳なんだから命が助かる方がいいに決まってるでしょ」と
    平気で言います、でもそういう問題じゃないんです。
    奥様は結婚当初はひそかに妊娠を望んておられたかもしれない。
    年齢的には厳しいとご自身でもわかっていたでしょうけれど、心と体はまた別なので
    心から子供を諦められる日が来るのは奥様がご自身で納得されて折り合いをつけれた
    時だけなんですよね。だから心の準備(あきらめ)がまだなのに手術によって
    その気持ちと無理やり切り離されてしまう為、ますます現実を受け入れがたく
    なってしまって、そういった言葉が出てしまったのではないでしょうか。
    私が当時まさにそういう気持ちでした、体の一部がなくなる喪失感より
    なんと表現してよいか分かりませんがあえて言うなら心の一部がなくなるような喪失感とでも言いましょうか・・・
    そういう何とも表現しがたい気持ちでした。

    私の場合は術前より術後退院して自宅療養になってからのほうが喪失感が強く
    そういう言葉を発してしまった時がありましたが、その時夫は
    「大丈夫だよ、〇〇(私の名前)は〇〇だから。何も変わらないよ」
    と言って私がもういいよと言うまでずっと抱きしめていてくれました。
    ですのでトピ主さんも普段よりも多くスキンシップして差し上げてほしいです。
    きっと奥様も少しずつ落ち着かれるかと思いますよ。

    ユーザーID:2793662241

  • 私と同じです!

    私は、先月、子宮頸がんで子宮と両卵巣、リンパ節を全摘しました。退院して三週間です。特に不調は無いですが、まだ仕事もダメだし、自宅で時々横になりながら療養しています。家事は、ほとんどやってます。夫は朝が早いので、朝ごはんだけは自分で冷凍ご飯をチンして食べてもらってますが、他は手伝ってくれないですね。トピ主さんは優しい旦那さんですね。

    うちも優しくないわけじゃなく、優しいは優しいんです。ただ、仕事が忙しい。朝は6時半くらいに出かけるし、帰宅は早くて21時。入院中は頑張って来てくれたけど、面会時間終了15分前にギリギリでした。手術の日は休んで付き添ってくれましたが。
    私たちは再婚して一年未満。仕事仕事で子供いなかった私に、夫が「まだ一人くらい頑張れるから」と言ってくれたのが再婚の決め手。しかし、再婚してすぐに子宮全摘(涙)ショックでした。
    一番嬉しかったのは、私が元気でいてくれるのが一番だと言ってくれたことかな。子供欲しかったと泣いたときも、ずっと二人で仲良く生きていこうとかね。あとは、いろいろ連れてってくれたり、これから抗がん剤始まってしばらくきついのですが終わったらあれしようこれしようと言って励ましてくれてます。お金もかかるので、夫は大変だと思いますからそれも感謝です。

    奥様、不安も多いと思いますが、手術はあっという間だし、手術のときは痛いけど毎日少しずつ痛くなくなるし歩けるしご飯も食べれちゃいます!あれこれ不安をぶつけられても「大丈夫だよ」と言って「終わったら○○しようね」と楽しいことを考えるように仕向けてあげてください。頑張って!

    ユーザーID:4872971546

  • 難しく考えない

    トピ主さんは普通に今のままでいいと思います。
    奥さんを思い遣られてる気持ちは十分伝わってるからです。

    家事を全部トピ主がやるのは反対です。医者はそこまで制限していますか?
    家事は生きていくための大切な仕事だからむしろ奥さんが出来る限り無理せず続けるのがいいと思います。
    あとは、トピ主さんが何かしてあげるというより奥さんが自ら生きがいを見つけることでしょうね。
    子宮があってもなくても女は女なので、
    子宮があるから女をいつも意識してる人は殆どいません。その辺は奥さんが一番よくわかってるはず。
    その年齢ではやはり、女であることのこだわりよりどうやったら健康を維持して楽しく生きられるかを考えるのが大事。それは女であることへの鈍感さでも何でもありません。
    >失ったものでないとわからないつらさがある。
    その通りですが、
    それは失った人が上から言う言葉ではなく、周囲の人が相手を思いやるときに心掛けることだと思います。
    トピ主さんがわざとらしいと思う事はしない方がいいと思います。

    ユーザーID:9619518170

レス求!トピ一覧