現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

親の通院の付き添いについて

ねこ
2019年7月18日 18:07

50歳主婦、自宅で仕事をしているので日中の時間は自分で都合がつけられる生活です。
双方の親とは別居で、私の父は兄夫婦と同居。主人の母は一人暮らしです。

私の父(ガン闘病中)と主人の母(リウマチ闘病中)ですが、二人とも高齢になり(70代後半)、病院にかかる頻度が増えてきました。
高齢ということもあり理解力が低下し、自分の身体の状態を医師に伝える事も難しく、医師の説明も理解しづらくなって来ました。

その上、市立病院規模になると施設が大きく、色々な検査が入ると場所も迷い、疲れ果てるようになってきました。本人の希望もあり、75歳頃から大きな病院の通院は毎回私が付き添うようにしています。(かかりつけ医は一人で通院)

このところ主人の母の理解力がますます低下し、自分で医師に身体の状態を話すことも、医師の話を理解することも努力しないようになって来ました。

主人の兄嫁に随分以前ですが、私が通院に付き添っていることを「親の自立を阻止してるのと一緒」と言われたことがあり、ずっとそれが頭に残ってるのですが、義母がこのような状態になってきた今、義姉の言うとおりだったのでは…と思うようになってきました。
兄嫁はその考えが今もあるのか、今も一切義母の通院の付き添いをしませんし、お礼も言われたこともありません。

親の通院に付き添わず、本人で努力してもらうべきだったのでしょうか。
義母の今の状態に問題があるので、私から義母に自分でも理解するように努力しないといけない旨は何度も話しています。薬の管理は義母にしてもらって、わからなくなったら私に声をかけるようにしてもらっています。

一緒に暮らせているわけではないので私が出来る事を…と思いしてきた事ですが、本当に良かったのか。今後どうすればいいのか悩んでいます。
アドバイスをどうぞよろしくお願い致します。

ユーザーID:4630990622  


お気に入り登録数:14
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:11本

タイトル 投稿者 更新時間
お疲れ様です
romi
2019年7月18日 20:06

親御さんが75歳を過ぎてから通院の付き添いをされているとのこと。
お手伝いができる方がいるのであれば、ぜひ付き添ってあげてほしいと思います。

親の自立を阻むなんて詭弁、気にすることはないですよ。
自分が手を貸したくないから言い訳しているとしか思えません。
世の中にはどうしても助けを借りられない高齢者もたくさんいると思いますが
幸運にも手助けできる環境にあるのでしたら助けてあげてください。

私も母親の通院に付き添っていますが、大学病院などでは途方に暮れているお年寄りをよく見かけます。歩くのにも苦労するような方が、広い病院内を行ったり来たり。
できるだけ声をかけるようにしていますが、ご苦労されている方を見かけると胸が痛みます。

これから先、ますます出来ないことが増えて当たり前です。
どうか兄嫁さんのことなど気にせずに、堂々と助けてあげて下さい。

ユーザーID:9213325832
義母もありがたいし、心強いと思っていますyo.
70代
2019年7月18日 22:13

広い病院、高齢なら迷ってしまう事もあるでしょうし、エレベーターの位置が解らず階段上る羽目になるかも知れません。

私もお嫁さんが始めて行く病院などは付き添ってくれます、まだ70前半ですが。
先日も大学病院送って貰いました。
大きな病院は目的の所に行くまでに書類(紹介状)を提出したり、初めて病院に掛かるには手続きも必要、歳を取れば取るほど大変になります。
病院関係者は病院の隅々まで知っていて説明してくれますが、初めての病院は自分の立ち位置も解って居ません。

毎日1500人位が診察を受けに通う様です。
そんな時、座っていれば手続してくれる、本当にありがたいです。
主様の義母様もきっと私同様有難いと思っています。

年寄りに自立を求めても何にもなりません。
義姉の態度は只冷たいだけです。
理解力は衰えても認知症でない限り、まともです。
只遅いだけです。

ユーザーID:8668047942
偉い
るか
2019年7月18日 22:53

トピ主さんに頭が下がります。

夫の母の、病院行きに付き添って、それでもご自身のお世話が十分なのだろうかと
気になさっている と、思いました。

夫側の兄嫁さんは、それなりに考えがあり、無視。わかります。


わが家の場合、夫の親は、生活別で2回の渡り廊下で繋がっていて、ドアは、こちら側で鍵。普段の行き来は、夫のみ。私は、たまの必要な用事のみ、夫と行く。

両親80代で、整形外科にリハビリで、週2で通院。夫の姉が、週1で1泊2日で面倒を看に、車2Hで来てくださいます。

夫に母が『膝下の足が腫れて、歩き辛い。診てもらったら、大病院の紹介状を渡されたから、明日連れて行ってほしい。』と、言われ、翌日、夫婦と母とで行く。

夫は、車や車いすの移動が主。ずっと、スマホ見。私が手続きや初診の質問(先生の前に看護師さんから)、診察室で先生からの質問は夫婦で対応。母は、話が通じないことがあり、夫婦で先生と母に、問いかけて対応。

次が検査で、待たされるので、私に不満やら愚痴、移動が車いすでも、どこへ連れて行くのか質問ぜめ。大病院は、初めてで圧倒された様子。

結果は、経過観察のみで、3か月後に再診。
途中で、姉から電話。実家で待っていると。

帰宅後、母は、ありがとう。姉は、ご苦労さま(これはイヤ。ありがとう が普通かな?)

姉を見た、母の顔、満面の笑み。やっぱり、嫁より娘。痛感。

私は、時に、他お手伝いしても、自分で出来ることは無理なく、心を込めてさせて頂きます。が、一蹴、批判あり。夫に相談しても『理解していない事が歳のためあり、都度 言うのみ。』と。夫と母、週1程で口争いあり。

トピ主さんの夫は兄のみ。男。嫁は他人。
兄嫁さんは、わかっていらっしゃるようですね。

無理なく、お世話でいいと思う。応援しています。

ユーザーID:5848573408
義姉は義母の世話をしたくない
ゆで卵
2019年7月19日 0:25

子供は日々成長するから見守りだけでいい。
高齢者は日々できないことが増えるので必要なサポートは増える。

ガンもリウマチも注意事項が多い病気で適切な治療を受けるためには付き添いは必要。
還暦の私も3ヶ月に1度総合病院を受診しますが待ち時間も長く疲れます。
トピ主さんも大変だと思いますがサポートをしてあげてください。
義姉も高齢者になればサポートのありがたさが分かるでしょう。

ユーザーID:9771858839
年齢の限界はある
山が好き
2019年7月19日 11:05

高齢者ホームなどで、何から何までお世話してしまうのは本人のためにならない、という話は聞きますよね。
でも、それも程度問題だと思います。

私の義母はあけすけに言ってしまえば負けず嫌いで、自分から他人に手助けを求めることはしない人でした。
こちらから申し出ても、大丈夫しか言いません。
でも、80近くなったころから、通院や検査の付き添いは拒まなくなりました。

病院って、なぜか元気な人でも疲れるんですよね。
後期高齢者には大変なところだと思います。
親御さんたちの状態は、ごく当たり前の加齢現象に思えます。

私も、お義姉さんの言葉は責任逃れに感じます。
高齢者の実態を知らず、本気でそう思っているだけかもしれませんが。

これからどんどん加齢による衰えは進むと思います。
ある時点で、公的手助けの利用も必要になるかもしれません。
必要があれば、お義姉さん(まずお義兄さんかな)の手助けだって求めていいと思います。
80近くなって完全に自立している人なんて、世の中そうはいませんから。
無理をなさいませんように。

ユーザーID:1170982019
兄嫁さんの説も一理あるかな
あらかん
2019年7月19日 11:49

付き添って病院の送り迎えは必要だと思いますが、
>自分で医師に身体の状態を話すことも、医師の話を理解することも努力しない
点に関しては、兄嫁さんの主張に一理あるかな、と思いました。
診察室には一緒に入って話を聞く必要は確かにあると思います。
でも、トピ主さんが把握している現状について義母さんの前で話さなくてもよいのでは?
私がよくやる手法は、パソコンで前回受診時からの変化、気になる状態を簡潔にまとめたものを診察受付時に渡すことです。
実際の診察の際には医師はそれを基に患者本人に質問してくれます。
トピ主さんの場合は、診察時の医師からの指示はメモに取って、これまたまとめて本人とお兄さんに渡すとよいと思います。
生き死にに直接関わらないかぎり、あとはお任せですね。
そうすることによって、単に面倒なのか、認知力が落ちてきたのか気づきやすくなると思いますよ。

ユーザーID:7258190385
喜ばれてると思います。
ゆりこ
2019年7月19日 12:23

義姉さんは親の世話をしたくなかっただけなのでは。
ですから、何か言われても気になさる必要などないと思います。

ユーザーID:0193206788
義姉は他人ですよね?
おば
2019年7月19日 14:26

>お礼も言われたこともありません。
とあることから、義姉はお礼を言うべきだと思っているようですが

自分の意思で義母の付き添いをしているのだから
義姉にとにかく言うことじゃないとおもいますよ


義兄、ご主人後義母がとぴ主さんに感謝しているのなら
ご主人の母親のことは義姉には基本的には関係ない話だとおもいます

ユーザーID:3834949684
相手が祖母だと思えば
あああ
2019年7月19日 16:47

義姉さんのおっしゃる面は確かにあると思います。
私の祖母は80過ぎまで一人暮らしで自分で家事でも何でもしていましたが、うちに来て同居するようになるとやることが無くなり、急速に衰えました。

私の義母もそれまで息子が遠方にいたから頑張っていたのですが、近くに引っ越してきて夫がなんやかんやと世話をするようになってから、自分で考える事を放棄。
今はもう「役所から来た書類」というだけで分からないと決めつけるわ、自分が病院に行くべきかどうかまで夫に相談するようになってしまいました。

人間易きに流れるのが常です。

義姉さんに言われたのは「ずいぶん前」ということですので、恐らくまだ親も60代位だったでしょう。
その頃ならばある程度自分の事は自分で、特に病状の説明とか、何か判断をすることは自分でやってもらった方が良かっただろうと思います。

でもやはり人間後期高齢者になると判断力も鈍ってくるし、気力も体力もがっくりと下降してしまうものだと親を見ていて思うので、トピ主さんのされている事は優しいと思いましよ。

75歳から始めて今おいくつか分かりませんが、もう若い者に頼ってもいいころ合いではないかと思います。

義姉さんは身近にお年寄りがいなかったのかもしれないし、幸運にも高齢になってもしっかりした親をお持ちなのかもしれません。

でももし相手が祖母だったら病院に付き添いも当然かなと思えてきます。

同じ70代でも祖母なら誰かにお世話されて当然だけど、親ならもっとしっかりしてよって思う。不思議ですね。自分がその年に近づいたから衰えが許せないのか、親が衰えるのが許せないのか分かりませんが。

きっと義母さんもご主人もすごく感謝されていると思いますよ。

ユーザーID:3727398992
ありがとうございます
ねこ(トピ主)
2019年7月19日 18:24

トピ主です。

皆さま、たくさんのアドバイスを本当にありがとうございます。
ずっとモヤモヤしていたので、皆さまのアドバイスが本当に有難いです。

義姉の言ったことを決して間違ってるとは思っていたわけではないので、こうやって思い悩むことになったのだと思います。
言葉足らずでしたが、義姉に言われたのは義母が60代の時で、ガンの検査結果を聞きに行くのを「一人では不安だから一緒に行って欲しい」と言われ付き添った時の事です。検査結果を聞く時の不安は理解できるので付き添いました。
その当時義母もまだ若く、リウマチの通院や他の通院も一人で行っていました。60代から毎回付き添っていたわけではなく、義母が理解しづらくなった75歳以降から私が付き添うようになった次第です。

色々なアドバイスを頂き、本当に涙が出ます。
特に義母と同世代の方のアドバイスや、親の通院の付き添いをされている方のアドバイスが聞けて、心が救われたような気持ちになりました。

義母はいつも本当に感謝してくれています。
主人も通院の日、必ず朝「今日お願いね」と言ってくれ、夜も「今日ありがとうね」と言ってくれます。なので母に付き添うことを苦に思わず出来ているのだと思います。


私が親の付き添いをしてあげられる環境にあることをラッキーだと思い、これからも付き添いは変わらずしていこうと思います。
ただ義姉の言葉も頭において、手出しし過ぎず、義母が自分で判断し自分で行動出来るように見守り、あくまでサポートとして私は動いていくのがいいのではないかと、皆さまのアドバイスから感じました。
今回は義母のことがきっかけでの悩みでしたが、私の父の事も同様にしていくつもりです。

親が今後もしっかりとした生活が出来る様に、子として出来る範囲の事をサポートしていきたいと思います。

ユーザーID:4630990622
慣れた家と病院とは緊張感が違う
いか素麺
2019年7月19日 18:43

高齢者も可能な限り自分でできることは自分でした方がいいです。
それは長年行ってきたこと、着替えなど身の回りのことや家事、趣味でのことでしょう。
高齢といっても個人差もありますが。
トピ主両親は近所の開業医には自分だけでも行けます。
付き添うのは大きな病院を受診する時ですね。トピ主両親は持病があって服薬も必要ですから付き添ってあげた方が安心です。

後々後悔するよりサポートしてあげた方がいいでしょう。

ユーザーID:5240053198
 
現在位置は
です