現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

また同じになったら。。。婚活恐怖症?

sirayuki
2019年7月20日 20:14

沢山のトピが有る中で見て頂きありがとうございます。

私は、39歳の販売員です。
4年前に離婚して、子供は居ません。

元旦那とは、結婚相談所で27歳の時に出会い、30歳で結婚しました。
正直、見た目はタイプではなかったけど、経済力も包容力も有り面白くて優しい人でした。
(お付き合い中は。。。)

結婚したら一年も経たず、暴言暴力、束縛、借金、元旦那は自分の親にも私がお金使いが荒いからと私のせいにしてお金を多額に借りていました。その事で元旦那の親は、私を嫌って居ました。(↑私も当時パートをしていて生活費は私が少ないながらもまかなって居ました。元旦那の給料はすべて元旦那が使って居ました。元旦那は、浪費癖が酷く趣味にお金を使う人でした。)

離婚前に元旦那に聞いたことが有りました。どうして私と結婚したの?

言われたのは、【嫁さんってものが欲しかった誰でも良かった。男も結婚したかったら猫くらい被る】でした。。。

私自身、DVに慣れてしまっていて離婚を決めるのに時間がかかりました。
最後は、警察やDVセンターの方に間に入ってもらい離婚しました。

離婚して4年。。。
精神的にも落ち着き。。。子供の居る家庭を持ちたいと思うようになりました。
年齢的にもギリギリなので焦る気持ちも有ります。

一週間前に行って婚活パーティーで今の自分の状態が改めて分かりました。
元旦那とは外見が違う男性たちなのに急に息苦しくなり怖くなり、途中で帰りました。

職場では、大丈夫なのに婚活の場に居る男性たちが怖くて仕方がないのです。。。
未だに町を歩いてて元旦那に似ている人を見ると全身が震えて怖くて動けなくなる時が有ります。
離婚して4年、過去に囚われ過ぎて自分でも情けないです。

同じような経験や、色々なご意見が聞けたらと思います。
よろしくお願いします。

ユーザーID:6647285104  


お気に入り登録数:33
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:11本

タイトル 投稿者 更新時間
そのとおり
う〜む
2019年7月21日 5:06

付き合ってるときは本音は出さないので
結婚後ビックリなんてパターンは多い
これは男女共に同じ傾向なのです
いわゆる、ぶりっ子というやつです。

なので結婚は一種のギャンブルと同じで
外れることもあるってことです
仮に当たったとしても長い年月で
お互いの趣味趣向や方針が変化して
意見が合わなくなり大喧嘩になることも
多いのです

つまり安定した結婚生活を長期間維持
することはとても困難なのであります。

ユーザーID:5016845950
残酷なようですがお子さんは諦めた方がいいかも
40代男性
2019年7月21日 10:37

なぜなら焦りは目を曇らすからです。
トピ主さんの婚活の目的は何ですか?
とにかくお子さんが欲しいからですか?
それでは元ご主人の結婚理由とあまり変わらないと思います。
そうじゃないですよね。

お子さんには時間制限があっても結婚に時間制限はありません。
制限から解放されるだけで気持ちが楽になれると思います。
その楽な気持ちが大事なのでは?

>職場では、大丈夫なのに婚活の場に居る男性たちが怖くて仕方がないのです。。。

元ご主人のような男性はごく少数です。
またあたる可能性は低いので心配しなくても大丈夫です。
それに結婚してみなければどうなるかは分からないですよ。
もし同じになったらまた離婚すればいい。
トピ主さんなら今度はもっと早く決断出来るはずです。

ユーザーID:7655281871
子供を持つ人生は既に難しいかと
れいれいまま
2019年7月21日 13:34

トピ主さんは39歳ですよね?
女性は37歳を超えるあたりで、劇的に妊娠できる確率が下がるという
事実をご存じないのではありませんか?

今後、トピ主さんが妊娠する為には治療することは必須条件となりますし
それでも40を過ぎて妊娠することは、かなり難しいですよ。

結婚妊娠するどころか、男性恐怖症の状態とのことですし、出産を目的と
した結婚を考えておられるのでしたら、婚活も断念された方が貴方自身
楽になるのではないでしょうか?

ユーザーID:4026872755
いきなり婚活ではなくて
とんそく
2019年7月21日 14:54

まずは趣味や活動の場を広げて男性の友人を作ることから始めてはいかがでしょうか?

職場か婚活しか男性を知らないから恐怖なのだと思います。職場で急に暴力をふるわれることも暴言を吐かれることもありませんから、恐怖はないのでしょう。婚活はその先の結婚生活を想像するから恐怖が甦るのではないでしょうか?

まずは結婚を意識せず既婚、未婚問わず色々な男性と話てみてはいかがでしょうか?職場にも既婚女性はいると思いますが、その方が暴力に怯えているでしょうか?「また同じになったら」と考えるのは男性に対しても失礼です。元旦那さんのような人が特別なのです。まずはその事実に気づくことが大切だと思います。

ユーザーID:9596339732
レスします
ももこ
2019年7月21日 16:29

どなたかが結婚はギャンブルと書いておられましたが、全くその通り。私はハズレました。
結婚後、1年で子供が生まれましたが、そのあたりから豹変してきました。うちの夫はモラハラ男です。
どんな人間を見ても、裏の顔がある、時間が経てば裏の顔を見せるに違いないという思いが常に頭から離れません。
もう人間を信用できません。
なので、主さんの気持ちがよくわかります。

再婚を望む気持ちがあるのは立派です。
私にできなかった離婚、それだけでも立派です。
なんとか今までのぶんを取り返すくらいの、幸せな結婚をして欲しいです。

ユーザーID:4870190865
まずは親しい人から携帯からの書き込み
腹の上のナントカ
2019年7月21日 17:04

そう、結婚はギャンブル、賭けなんです。一見当たりのように見えても、途中で変化することだってある。だから当たりであったとしても継続には双方の努力が必要です。

私も元夫から暴言暴力を受けて弁護士を立てて調停離婚で離婚しましたので、トピ主さんのお気持ちは理解できます。

なので、私はまずは自身の回復に努めました。趣味を充実させ、仕事を変え、資格の勉強をし、笑顔で暮らせるようになった頃、先輩から紹介の話が舞い込みました。

もし次に男性と縁があるとすれば、自分は見る目がないので紹介のみと決めていました。信頼できる先輩ということで話を進めた結果、縁会って交際から再婚に至りました。

結婚相談所は身元は確かかもしれませんが、赤の他人でしょう。トピ主さんも紹介という手はいかがですか。

まぁ、紹介があるかないかは確実ではないので、子どもを持つことは考えないようにした方がいいかもしれませんけれども。

こういう人もいますということで。

ユーザーID:4283264125
無理はしないほうが…
しずく
2019年7月21日 20:59

正直に申し上げますが、39歳でまだ相手もいないのに「子どもが欲しい」と願うのはかなり厳しいかと思います。

それに、婚活の場でそこまで苦痛を感じるのであれば、仮に今素敵な男性から交際を申し込まれても、OKできないでしょう。きっとその男性を疑いの眼で見てしまい、ちょっとでも怪しいことがあったら不安でたまらなくなってしまう。そしてその男性を問い詰めたり、主さん自身も非常に苦しい思いをすると思います。

子どもがいなくても幸せなご夫婦はたくさんいると思いますし、現在の主さんがこのまま婚活を続けたら「子どもが欲しいから好きじゃないけど結婚した」ってなってしまいそうで心配です。

ユーザーID:3796175928
本当に、自分の産んだ子どもが欲しいのなら・・・・
2019年7月22日 7:42

今更のんびり男性恐怖症の克服やら、婚活やってる場合じゃないでしょう。

今すぐにでも、海外に行って精子提供受けて妊娠するくらいじゃないと
自分の遺伝子を持った子供を持つことは
年齢的に難しいでしょうねぇ・・・

時間をかけて男性恐怖症を克服し
シングルファーザーと結婚して、その子と養子縁組するとか
結婚して、夫婦で養子縁組里親になるとかなら、まだ希望はありそうですが
そういった選択肢は検討できそうですか?
それとも、どうしても自分の産んだ子供にこだわりますか?

ユーザーID:8883906507
ひどいことを言うようだけど
ささみ
2019年7月22日 9:44

無責任なことを言うようで申し訳ないのですが、DV男を惹きつけるタイプかもしれません
よく「DVする人(男女関わらず)は、しても抵抗(別れるとか離婚とか)をしない人を選んでいる」って聞きます。
私なんかは気が強いどころかDVされたら寝込みを襲います(笑)
だからか交際人数も婚姻回数も幾らかありますがDV男に当たったことは一度もありません。

そういう人はDVされたい悲劇のヒロインでもない限りもう結婚しない方がご自身の幸せのためかも知れません。

情けないなんてこと絶対にないですよ。
むしろボコボコにされた(恋愛ではなく道端のトラブルで)のに何もトラウマになっていない私みたいな人のほうがよっぽどオカシイですから。
男だ女だとかそういうのは忘れて、自分の幸せを見つけましょう。

ユーザーID:9576137658
トピ主です。
sirayuki(トピ主)
2019年7月22日 21:34

コメント頂いた皆様、ありがとうございました。
 
お一人お一人お礼を言えず申し訳ありません。

皆様に、コメントを頂き一つ一つ読ませて頂きました。

婚活に踏み切ったのは、子供のある家庭を望んでの事でした。

昔から子供が好きでいつか母親になりたいと思って居ました。

知識不足で恥ずかしいです。

自分の産んだ子供じゃないと駄目なわけではないのでいつかご縁のある方に出会えてその

方に子供さんが居たら良いとも思います。

でも、今は、仕事や趣味に集中し、自分自身の回復に努めようと思います。

色々なご意見本当にありがとうございました。

(読みにくく、まとまりがない文章ですみません。)

ユーザーID:6647285104
婚活の闇の部分だよね。
くま
2019年7月23日 10:47

>嫁さんってものが欲しかった誰でも良かった。男も結婚したかったら猫くらい被る

こんなことを言うと怒られるかもしれないけど婚活の仕組み上、これに近しい結婚は多いんじゃないかな?
こういうトピ主さんのご主人のような極端な結果になることは稀であっても。

そもそも結婚を手に入れたくて自分の求める基準をある程度満たしていればいいという相手と結婚をするのが婚活。
男性に限った話ではなく女性も同じように猫を被り結婚に持ち込むスタイルは婚活としては当たりまえに起きているように感じる。

もちろん、婚活であってもそういう結婚ではないものもあると思う。
ただ、残念だけど相手の本心は判らない。
恋愛にもこういう傾向がないわけではないと思うけど婚活よりは可能性は低いんじゃないかな?

相手と一緒にいたくて結婚という形を選ぶことと、結婚を手に入れたくて相手を探すことの決定的な違いだよ。

ただ、トピ主さんたちに限って思うのは、ご主人もそういう結婚をしたとはいえ、トピ主さんを好きになれるかもしれないという可能性に賭けたことはあったと感じる。
婚活での出会いとはいえ、そこまで割り切るというよりも当然手放しで好きだと言える相手ではないにせよ、好きになれるかもしれないくらいの想いはあったんじゃないかな?

DV加害者を擁護するつもりはない。
だけど、婚活で「好きになれるかもしれない相手」と結婚に臨んだ結果、そうはならなかった結婚生活に何か問題はあったのかもしれない。
今回は弱い立場のトピ主さんがDV被害を被ったということだけど。

本当に感覚的な発言で申し訳ないけど婚活での結婚をするなら、こういう傾向のある男性を避けるのと同時にトピ主さんの過去の結婚生活の見直しも必要かもしれない。

恋愛でも婚活でも相手がDV加害者に豹変することはあると思う。
結婚生活にヒントがあるのかもしれない。

ユーザーID:7260750508
 
現在位置は
です