人の上に立つにはどうしたらいいですか?

レス62
お気に入り66

進次郎

働く

25歳男性会社員です。大学卒です。

一応大企業と言われる会社に入社して2年になります。

仕事は今の所何とか無難にこなしてきていると思っています。

ただ、同期が数人いますので当然その人達との競争があり、数年後には

給料に差がつくはずです。

ということは、既に競争が始まっているのと同じです。

会社員ですから人より給料を多く貰うためには当然人の上の立つ、即ち

昇進することが必要です。

そのためには、仕事のスキルアップはもちろん、人との接し方が重要に

なってくると思います。

特に上司、先輩後輩の同僚との接し方が重要なってくると思います。

もちろん学歴・学閥・運・さらには持って生まれた性格的な要素が

あるかも知れませんが、そういう人達との立ち回りで特に注意すべ

き点があればご教示願います。

私としては会社員になったからには、やはり人の上に立ちたいという欲

はあります。

ユーザーID:1568524261

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数62

レスする
  • 出世したければ

    出世しようと思うな

    って言ってた人がいましたが

    上を大切にする

    下から慕われる

    大きく分けて2通りらしいですね

    ユーザーID:2852492892

  • レスします

    >人の上に立つにはどうしたいいですか?

    人の嫌がる仕事を率先してやる。
    お仕事、頑張って出世してください。

    ユーザーID:8188094299

  • 小説はお好きですか?

    タイトル通りです。

    池波正太郎さんの
    「鬼平犯科帳」はご存知ですか?

    今も昔も、人の上に立つ事がどんな事か?
    どうしたら下の者がついてくるか?
    長谷川平蔵と言う主人公から、学べる事が山程あります。

    主人公は
    私自身、理想の上司であり目標でもあります。

    是非、読んでみて下さい。

    ユーザーID:9438613191

  • 懸命に働くしかない

    出世、昇進のために対人関係をつくっていれば、賢い上司ならすぐに見抜きます。

    昇進への早道や、いやらしいゴマすりを考えても無駄。

    大事なのは、今やるべき仕事を一所懸命やるのみ!

    ユーザーID:3741149972

  • 誰にも負けない量と質の仕事をする

    1。誰にも負けない量と質の仕事をする。これで職場のほとんどの人に一目置かれます。
    2。上司を大切に。上司があなたの将来を決める訳ですからキーパーソンです。
    3。上下関係なく笑顔で接して、人の良いところは必ず褒めるようにして、周りの人に好印象を与えるように努力する。

    ユーザーID:6068393676

  • 会社によるけど

    元職場は従業員1万人規模です。配属された部署は、海外・全国に支店があります。私は本社勤務でしたが、退職して15年、入社は平成元年。社内結婚なので、妻の視点から。

    平成元年の部署新人は50名ほどですが、ほぼ男性は院卒、女性は大卒。
    平成2年は80名、平成3年は100名ほどで、その後、人数は絞られていきます。
    夫は昭和63年入社で、同期は30名。私とは同じ部署でした。
    初級管理者へは、ほぼ横並びで昇進します。
    中間管理職の段階でばらつきが出ます。
    それは、時の運もあれば、部署単位での業績もある。
    そして、上級管理者はマネジメントの適性が評価されます。
    単純に計算して、3年間の部署新人約200人が上級管理者になれるわけがないことはお分かりいただけると思いますが…


    夫の同期は支店含め部署長数名います。後輩もいます。後輩のほうが先に部署長ということもありました。同期でも先輩でも中間管理職が大勢います。

    役職とは別に、職務等級の昇級試験もあります。これは給与に直結します。
    同じ部署長であっても、職務等級は下位、という場合もある。
    部署長にならずとも、職務等級は上位、もある。

    人の上に立つ、ということがトピさんにとっての目標のようですが
    仕事をしていく上で、結果が出せれば評価が高まる。
    人との接し方で左右される部分は、ごく、小さな部分でしょう。
    極端な例だと、秀でた上司についていても、その上司がそれ以上上がらなければあがれないんですから。

    私の夫は人との接し方は非常に不得手ですが、職務等級上位で部署長で、成績はこれ以上上がらないらしい。次のステップは、本人の努力ではなく、引き上げがあってはじめて叶います。ただ、ごますって上がれるってことじゃないんですよね。

    ほかの会社を知らないので、たくさんのレスがもらえるといいですね。

    ユーザーID:0535585213

  • お疲れ様です。

    主さんのその意欲は買います。
    やる気がないより、あった方が良い。

    でも、こういうところでチョチョッと聞いてしまおうとする、その姿勢は応援できません。

    若いから仕方ないのかもしれませんが、ダメな部類に入ると思います。

    なぜなら、世の中には多くのビジネス書があり、そこにいくらでも主さんが知りたいことも書かれているからです。
    今や電子書籍もあり簡単に手に入るのですから、まずは「自分で調べる」ことからだと思いますよ。

    主さんは昇進してからも、こうやって他人に聞いて簡単に答を得られると思いますか?


    さて、一番簡単な方法ですが、主さんの上司で尊敬できる方がいらっしゃいませんか?
    もしいらっしゃるなら、よく観察することです。

    逆もしかり、失礼な言い方ですが、昇進していない先輩がいるなら、その人も観察することです。

    そうすれば、主さんの職場で「うまくいく人、そうでない人」それぞれを知ることができます。

    身近で経験することは一番の勉強になりますし、体感することで身になります。

    合わせて、書籍からも学びましょう。
    まずは「(職場の)チームとは何か?」から入れば、トピの答は得られると思いますよ。

    ユーザーID:3223364834

  • 出世欲は大事ですが

    社会人として、一人の人間として、人に認められてより多くの給料を貰いたい!

    そう言う前向きな欲は確かに大事です。

    人の上に立つと言うのは、あなたが他人より前に出て(他人を押しのけて)仕事をこなし、発言をし、他人より目立つことがとても大事....ではありません。

    人に認めてもらうと言うのは、日頃のあなたの仕事ぶりや人を思いやる心遣い、仕事で意見がぶつかっても、相手の案が通ったら素直にそれを認め、助けて成功させる。
    そうやって人に信頼してもらった結果が、人の上に立てる人間だと思います。

    極端ですが、あなたが宝くじで数億円当たったとします。
    そのお金を元手に会社を立ち上げ社長になりました。
    求人募集で社員を集めて、さあ仕事をしようと思っても、誰があなたを信頼し・協力して会社経営を手伝ってくれるでしょう?

    学生時代に体育部系のクラブに所属されていたら、主将と言われる先輩や同期がいたはずです。彼らは他の部員と何が違いますか?
    お金を沢山持っているわけでも無い、でも人望・信頼はあったはずです。

    今のあなたは、ただの欲の塊にすぎません。
    能ある鷹は爪を隠すと言いますが、できる奴はガツガツしていません。
    ここぞと言うときに本領を発揮し、人から信頼され、そして人を動かせるのです。

    努力の結果が人の上に立っていた...それだけです。

    ユーザーID:4668831705

  • 敵を作らない

    人に好かれて損することはありません

    長年の社会人経験からですが、最後にトップになる人には敵がいません
    仕事が出来ることも重要ですがそれと同じくらいに大切なのが同僚に嫌われないことです
    嫌われる人には情報が入りません
    舌禍には気をつけてください

    あとは明るく誠実に常に正しくあることです

    ユーザーID:9034409923

  • 誰かに方法を

    尋ねているうちは、まだ真っ白な新米さんですね。
    失礼ですが、入社2年、まだ貢献より吸収の時期である若い人が、こうすればよいといった小手先のノウハウを持ってしても出来ることはありません。

    経験を重ねるうちに自分なりの考えや展望が固まり、実際に遂行する能力が伴ったときおのずと答えが出ると思います。

    まずは今の仕事で一人前になることからです。

    それと気になったのが「人の上に立つ」との言葉です。
    いわゆる「上に立つ」立場とは、人を自分の配下として扱うということではありません。
    上に行けば行くほど、皆に助けて協力してもらわなければ何事もなし得ないのです。これを勘違いしている人がとても多いです。人間性がものを言います。

    仕事でもプライベートでもとにかく学ぶ時期ですので、焦らず今やるべきことをしっかりやって豊かな人になってください。

    ユーザーID:5241223141

  • 観察と自己分析

    人の上に立つ「リーダー」にも色々なタイプがあります。

    私はいくつかの会社で働いた経験がありますが、職場ごとにリーダーをしている人のキャラが様々でした。

    あなたの会社のリーダーはどんなタイプのリーダーが多いですか?

    会社からリーダーとなることを望まれた人の「仕事ぶり」や「キャラ」をよく観察してみてはいかがでしょうか。

    きっとそれは、会社から望まれる「働き方」に応えている結果や、リーダーとして適正のある振る舞いを行っている結果だと思います。

    そして自己分析をして、自分はどんな「リーダーキャラ」に向いているのか考えてみましょう。

    私も尊敬できる同僚に出会えたことがきっかけで、とても良い影響を受け、成長できた経験があります。

    最初は憧れからマネをして、そして成熟してきたら自分なりのオリジナリティも探究していく・・・そんな風になれたらいいのかなと思います。

    ユーザーID:6037258596

  • 出世したいなら

    異動や応援は絶対に断らない事。特に前者を断ると「評価対象外」にされて退職するまで今の評価のままです。今後どのような努力をしても、他の人が評価され昇格や昇進されます。

    会社行事には、余程の事情がない限り出席すること。特に社員旅行を欠席すると「協調性がない」と評価する上司もいます。欠席続けると会社に貢献する気がないと見なされ、仕事で結果を出してもそこで汚点されます。

    会社の人とは「本音を言わない」ことを心がける。何処に敵がいるかわかりません。あなたが成功や昇格すれば面白くない、足を引っ張ってやろうと思う人は必ずいます。当たり障りない会話をするようにして下さい。

    学歴は入社して1年だけ言われるだけ。後は仕事で結果を出すことに専念して下さい。学閥はあまり聞かないですが、それに寄って出世が左右するのは評価の判断に迷った時ぐらいです。
    評価は総合評価です。直属の上司が判断します。勿論周りの人と適度なコミュニケーションを取る必要もあります。

    何で粗探しをされて、他の人に昇格や昇進されるかわかりません。
    基本的な事ですが、遅刻早退外出はやむを得ない事情以外しないこと。特に遅刻と早退は評価に響きます。
    管理職になるまえに、昇格(等級が上がる)することを目標にしましょう。会社はイエスマンであれば好かれます。

    ユーザーID:1239649651

  • そうですね。

    うちの父は会社を経営しておりますが
    「人の上に立とうと画策する者は人の上には立てん」とよく言ってます。
    何事もコツコツ真面目が一番。
    キチンと仕事をする人を会社はちゃんと見ています。
    そして父が私の息子(孫)によく言うセリフを贈ります。
    「人に媚びるな」

    ユーザーID:6967717728

  • 素晴らしい

    出世はそこそこでいい・・・、と上昇志向が減退してる現在で素晴らしいです。
    仕事柄様々な業界の方と話して感じるのは優秀だなと思えるトップの方々に共通しているのは一言“責任感”ですね。
    決められた事が出来なかった時、部下のミス等の際の責任ある行動が素晴らしいです。危機管理能力が光ってます。そしてそんな方々は腰が低いです。
    “実るほど頭を垂れる稲穂かな“を地で行ってます。
    そんな方との仕事はたとえ上手くいかなかったとしてもまた次回に繋げたいと思います。
    トピ主さんも部下のミスも自分が被るくらいの責任感があればどんどん出世すると思います。
    がんばれー! 

    ユーザーID:9417282565

  • 上に立っている人を観察する

    勤続20年ぐらいの中年です。
    私自身はちっとも上に立てる器がないが、上の人々を見ているとたしかに共通する器がある。

    ・よく見ている
    ・よく気付く
    ・しかし口を出すのは大事なこと、大切な一点のみ
    ・要所要所をよく踏まえている
    ・中間職を労いながら、きちんと人を統率する上で何がポイントか伝えている
    ・整理整頓及び勉強ができるひとばかり
    ・遊びが上手いひとばかり
    ・総じて、つまりいい男・いい女である

    みたいな点です。
    他にもいろいろあるでしょう。観察するといいと思います。

    最後に、2点…。
    まずこれは自分が20年近くやっていて思いますが、社会人は案外と
    「素直さ」
    を持っていると役に立つ、上に好かれる(というか嫌われない??)ようですね。

    あとに、「自分自身が何に尽くして仕事をするのか」という、私欲を超えた「義」みたいなものを自分に見つけ出せたら強いですね…以上です。

    ユーザーID:4034974839

  • 出世したいなら

    会社が黒を白と言ったら
    それは白だとなんのためらいもなく言える事だ。
    特に管理職になれば会社の意向が全て。
    会社が間違っていようがいまいが関係ない。

    それが出来ないから私は出世から縁遠くなってしまいましたが。

    ユーザーID:8258865259

  • まずは話し方

    秘書をして、いろいろな会社の役職の方と接する機会がありました。
    大企業で出世している方は、皆さん話がお上手でした。
    えー、あのー、じつは、〇〇の方(ほう)、〇〇なやつ、などの無駄な言葉を会話に使うことはほとんどの方がありませんでした。きちんと起承転結があり話の内容が明確でした。
    それに引き換え、ポジションの変わらない方は、結局何がいいたいのと思うような話方をする人が多かったと思います。
    また、自慢話は控えめもしくはしない、する場合はユーモアがあり参考になるなど、なるほどと思わせる会話術がありました。
    まずは、彼は仕事ができると評価されるように仕事を頑張る中で、会話上手になる事をおすすめ致します。
    上司になった際は、部下の手柄を自分の手柄にするなどは間違ってもしないで下さい。
    部下が仕事を進める為に縁の下の力持ちになる努力、部下のミスを受け止める度量など、自分がこんな上司ならいいのにと、現在の立場で感じている事を実践すればいいのではないでしょうか。
    出世欲のある若い方なんて珍しいような気持ちがしました。

    ユーザーID:8921214672

  • 目標と手段を間違えないで

    私自身も、ヒラで終わるのは嫌だと思っていたので、気持ちはわかります。
    お知りになりたいのは、上に立つための技量ではなく、上に立つための
    上司同僚との立ち回り方であり、注意点ですよね?

    だとしたら、平社員の主さんには、その「上に立ちたい」という気持ちを
    いったん捨てなさい、と言いたいですね。
    まずは、自分の立ち位置は、新入社員に毛の生えた平社員だと自覚し、
    一流の平社員を目指すことです。

    わたしは中間管理職どまりですが、そもそも、上に来れる人って、上に立つのが
    目標ではなく、手段なんです。
    今の仕事をどうやったらもっと伸ばせるのか、もっと大きな仕事をするには
    どうすべきか、大きな仕事をしたいのが目標なんです。

    上に立ちたい、という思いが目的になると、見抜かれますし、そんな人を
    上に引き上げたいと思う人はいません。

    自分の意見はしっかり言いつつ、上司や周りの意見にも耳を素直に傾け、
    優秀な平社員になってやる。
    そういう気持ちが大切かなと思います。

    ユーザーID:1123644281

  • 謙虚に。

    「人の上に」立ちたい・・・文字にすると何だか嫌な言葉ですね。
    多くの人を上から見下ろしたい、偉い偉いと持ち上げられたい、そんな思惑が感じられます。

    出世、昇進、いろんな言葉がある中でのこの言葉のチョイス、細かい事のようですがこの細かい事こそ大事だと思います。
    どんどんと上に登って行く人には「運」もありますがそれだけでない人として魅力、視野の広さ、これ資質の部分が大きいんですよ。
    あなたの今までの人間力はどうだったのでしょう。

    仕事をそつなくこなすなら多くの人が出来る、それだけでない「何か」を自分で見つけないと。

    魅力のある人は「緩急のある人」。瞬間瞬間に最善を見極め、力の抜きどころの分かっている人です、難しいですよ。
    もう一言言うなら、トピ文の一行ごとの改行、読みづらいです、読んでくれる人の事考えましたか?

    「人」の上に立ちたいと思うなら、「人」の事を一番に考えないとね。

    ユーザーID:9689988843

  • 尊敬できる上司を見つける

    あなたから見て、あんな上司になりたいな、って人はいますか?

    もしいたら、その人のやることをしっかり見ておきましょう。

    そういう人を目指しましょう。

    あなたがどんな人なのかわからないので、ああしたほうがいい、こうしたほうがいいとは言えません。

    でも、すばらしい人を真似るのは悪いことじゃないし、そこから学べることがたくさんあります。

    ユーザーID:0936103133

  • 湯煙さんに同意

    そうなんですよね。要領よく這い上がり、時には他人を傷つけても自分を押し上げた人は、七合目か八合目までは登っても、頂上には届かないの。
    頂上または頂上のすぐ直近(九合目)まで行くのは、敵がいない人なんだよね…結局。

    ユーザーID:9004831136

  • 運は大きいと思う

    一部上場メーカー勤務でした。昇給試験はありましたが、
    現実として私が感じたことは、

    ・配属部署が会社の花形部署なら出世はしやすい。単体ブランドでCM打っている部署にいれば、地味な事業部よりだんぜん有利。

    ・部長クラスの上司が出世争いに負けたら、自分の立場も危うい。
    私はこれで、転勤命じられました。

    ・オーナー一族のジュニアと同級生(仲良し)社員がいたが、出世は早かった。

    会社の「カラスは白い」発言に、「はいカラスは白です」は、ただのおべっか使いのイエスマン。
    自分の身を守りつつも、会社に「カラスは黒いんだよ」と誘導できる人は、能力もあって周囲からも慕われるのではないかな。

    私は30代で起業しました。のびのびやれてます。

    ユーザーID:1393769383

  • 指揮をとるのではなく引っ張る、かな

    昔、風刺画ではないですがイラストを見た覚えがあり、なるほどと思った事があります。

    ボスとリーダーの絵で、
    ボスは、自分が荷台の上に座って、荷台を引く大勢の人たち(部下)に指示をしている。
    リーダーは、自分が率先して荷台を引き、うしろに大勢の人たち(部下)を従える。という絵です。

    これが示すリーダーのようにいつまでも自分の行動を以って示すような人は尊敬します。

    自分もそうですが、出世欲や向上心を持つ人が減っていて、万年平社員が一番ラクという人が増えている中、ストイックな考えはステキだと思います。

    ユーザーID:2843310795

  • 先見性を身につける

    職場で出世したいなら、やはり業績を上げるのが一番ではないでしょうか?。

    一昔前は、どの上司についてどの派閥に入るかが、出世に影響したというような悪習も聞かれましたが、
    今はそういう時代でも無いと思います。

    そして真の実力とは…先見性だと思います。

    この先、何が当たるのか、
    何が必要とされるのか、
    自社が発展するためにはどうすれば良いのか?
    そのための方策を自分の場所から始めて、地道に着実に結果を積み上げるのが早道かと思います。

    これはでも相当感覚を養わないといかんでしょう。
    経験もものを言うかも。
    鋭敏な感受性と経験値。

    頑張ってください。

    ユーザーID:6680708835

  • それはね

    「人の上に立ちたい」という邪念を捨てる事です。
    やるべき仕事を一生懸命やる、人間関係を円滑にする、謙虚に素直に努力、ちゃんとした会社ならばこれで充分評価されますよ。

    実際に私の夫がそんな感じです。若い頃から出世欲は無いしただ目の前の仕事を一生懸命にしてきただけ。上司や同僚や部下ともそれなりに仲良くコミュニケーションを取ってきただけ。それで家庭を蔑ろにされた事もあります。もう子供は自立したんですけどね。でも数十年の間に役職がどんどん上がって行って今は100人超えの部下が居ます。

    昇進にばかりに拘っていたらいざ家庭を持った時にバランスが取れなくなってしまう場合もありますよ?
    昇進出来ればラッキー!ぐらいに考えた方がいいかもしれない。アナタもいずれは結婚して子供がいる家庭を持つつもりなのなら尚更。

    先ずは小町で出世への近道を質問している自体が甘いし間違ってる。真面目に向上心があるならビジネス本や経済誌を読むなりして自力で勉強しなきゃ。ちなみに私の夫もそれなりに本や新聞を読んでたなぁ。
    アナタと同期で入社したライバル達はもっと早く勉強に入ってるんじゃない?
    だとしたらアナタ既にもう出遅れてるわよ?

    ユーザーID:0418030263

  • 目的と手段を取り違えています

    グループ社員数万人を擁する知名度抜群の製造業で管理職になりましたが、昇進は手段であり目的ではありません。トピを読むと収入が昇進の目的であるかのように読めますが、そういう考えの人はだいたい管理職昇格の壁を突破できません。昇格して何をしてくれるるのか、そこが会社としては大切なのです。業務習熟の延長線上に管理職昇格があるわけではありません。会社としては業務に習熟していなくても、存続のために有益な視点が持てる人、有益な成果を上げた人を昇格させます。

    一部の人は会社のいうことを何でも聞く「社畜」になれとレスしていらっしゃいますが、大きな会社ほど獅子身中の虫の大切さを心得ています。まだ二年目とのことなので、業務に習熟することをメインに考えていて良いと思いますが、昇格したいなら、会社に必要とされる人間になることです。でも、それは社畜になることではありません。ロジカルに思考した結果、自分の意見をきちんと持ち、表明できることがまず大切だと思います。

    昨夜のTVで有名アーティストがライスワークとライフワークという話をしていました。飯のタネとしての仕事と、社会的使命、このバランスをとることが組織人としても大切だと思います。

    ユーザーID:8805928487

  • トピ主です

    早々にたくさんのレスありがとうございます。

    さすが多くの貴重な経験・体験されてきた諸先輩のレスには感動します。

    自分自身で努力しようとせず、ついこんな所にこういう事を尋ねてしま

    うほど若輩者です。

    2年前に就職が内定した時、私の伯父がお祝いを兼ねて、次のようことをアド

    バイスしてくれたことを思い出しました。

    叔父(50代)は有名企業の部長をしています。

    出世したいのなら、
     ・30までは我武者羅に働け
     ・回り人に対して気遣いすること (言葉遣い、態度、表情)
     ・自分で自分を評価しないこと 
      (上司はお前の周辺の人がお前をどう評価しているかも評価の対象)
     ・昇進するほど責任が重くなることを自覚

    私も2年間働いてきて、色んな人と接しきてましたが、素晴らしい人間性

    の持ち主もいれば、反面教師とすべきという人もいます。

    今は、回りから『あいつは駄目だ、嫌な奴だ』と思われないようだけは

    ここがけているつもりです。

    ユーザーID:9493097691

  • 心配だなぁ

    人の上に立ちたいと言うより、人からいい評価をもらいたいみたいに思えます。

    誰だって仕事を頑張ってるし人にも気配りしてると思う。でもほとんどの人は評価されないし出世もしないんです。トピ主さんはまだ若いから「自分は違う」と思えるんでしょう。

    同期や後輩に追い越され評価が下がるような失敗をしたりして、仕事へのモチベーションや姿勢が試される時が必ず来ます。誰にでも来ます。

    その時、他人の中に指標がある人は脆く自分の中に指標を持つ人は強いです。
    そして人の上に立つ人は後者のタイプのような気がします。

    ユーザーID:6381763684

  • 説得力はにじみ出るものです

    出世を考えるのであれば業績を残すと同時に、自分に自信を持てること、人から信用されることが大事かなと思います。
    挨拶を返さない人にも挨拶し続けることができますか。
    人が見ていないところでもよいことをできますか。
    分け隔てなく人と接することができますか。
    そういう人は信頼されますし、職位が下の人からも上の人からも慕われます。
    そういう人には人格に説得力がにじみ出るので、出世するのだと思います。

    ユーザーID:4861412404

  • まず仕事で結果出そうか

    来年には新入社員の教育係をやる事になるでしょう。教育の仕方で管理職候補になれるかもしれませんね。
    また、就職試験で適性検査をしませんでしたか?あの結果では、本人の気質だけでなく、マネージャー、プロフェッサー、職人の適性も見る事ができます。そこで「コイツはマネージャー無理!」となっていなければ良いですが…。
    『立ち回り』というか、何か仕事をする際に一人でという事は少ない。そこで周りの負担や考え方をどう上手くくみ取って動かせるかは大事だと思いますよ。『根回し』の方が正しいかな?
    後は、部下の人生を左右する事もあるので、その責任を負えるのか?を考えてください。

    ユーザーID:7802117650

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧