現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

父の死 私のせいで亡くなった 後悔ばかり

うめ
2019年7月24日 14:48

先日父が亡くなりました。70歳でした。
私は独身30代前半です。

腹痛で受診した所、大腸がんの疑いでそのまま入院し、数日後急変して緊急手術、1ヶ月ほど集中治療室におり、目を開けてうなずいてくれたり、字を書こうとしましたがうまくいかず、文字盤を使って少しはやり取りができましたが、人工呼吸器のためきちんと話すこともできず亡くなってしまいました。

亡くなってから1ヶ月ほど経ちましたが、毎日苦しいです。
私の判断ミスで亡くなったんじゃないかと後悔しています。(時間の都合であまり評判の良くない病院に連れて行ってしまいました)

また、生前も、同居していたのに私は自分の事で精一杯で、父の事を気にかけてあげていなかったと今になって後悔しています。父に借金があるのを知っていましたが、私もお金がなく助けてあげませんでした。


現在転職活動中で仕事をしていない為、毎日引きこもり状態で過ごしています。
父が元気な時から、自分は何のために生きているのか分からず、自分を変えたいと思って長く働いた前職を辞めて前向きに頑張っていた矢先の父の死でした。
今思うと、元気そうに見えたこの時も父はすでに末期がんの状態だったのに気づけませんでした。

今日、やっとハローワークに行ってきました。
でもどこにいても、ふと父の苦しんでいる顔が浮かんできて涙が出てきました。
父はあんなに苦しんで亡くなったのに、私は普通に生きている。
これからどうやって生きていけばいいのか分かりません。
もちろん、生活していく為には働かなくてはいけませんし、母がいるので母を支えなければいけないのは分かっています。
でも、普通に生活している自分が想像できません。

同じような思いをされている方いらっしゃいますでしょうか?
気持ちは段々変化していきましたか?
今はどのように毎日を送っていますか?
お話聞かせていただけたら嬉しいです。

ユーザーID:6766016465  


お気に入り登録数:33
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:27本

タイトル 投稿者 更新時間
うめさんは、何も悪くない
絹子
2019年7月24日 16:35

自分のせいにしないでください。

大腸がんなら、自覚症状があったはずだし、お父さんは、分かっていたのです。
いくら親孝行したいと思っていても、うめさんはまだ若いし、
お父さんは、人生経験を重ねた人です。

もう、後悔は辞めて、自分の心の中にいるお父さんを、大切にしていましょう。

ユーザーID:1251376971
お父様はそう思っていないと思います
テツコ
2019年7月24日 16:45

私は実母を70歳で亡くしました。

体調がよくないと連絡をもらって実家に行ってみると、起き上がるのも
しんどい様子で、病院に連れていけない状態でした。
最終的に救急搬送が可能ということで、かかりつけの病院を聞かれ、
父から最近とある病院に行ったと聞き、そこにお願いしました。

翌日検査をしましたが、かなり状態が悪いが原因がわからないといわれ、
転院を勧められました。その時にはすでに危篤状態になってました。
転院先で、病名が分かり、手を尽くしましたが、息を引き取りました。

私の判断で命を落としたかもしれません。

でも、どうにもならないことですよね。
あとあと聞けば、かなり前から病気を患っていたようですが、治療を行っている
痕跡がありませんでした。処方された薬もほぼ手つかずで残っていたり。
まるで、病気が寿命と思っていたかのようです。

私は親の立場でもありますが、親が子に思うことは幸せに暮らしてくれればいい
それだけです。
順番で言えば、親が先に死ぬのが幸せだと思いますし、それまでに子供が
自分でしっかり生きていけるようになっていれば、親の仕事はできたと感じます。

どうか、自分の人生を歩んでくださいね。
何かのドラマのセリフだったかと思いますが、
「人間は悲しみを抱えて生きていく」というのが心にしみます。
ほとんどの人が何かしら悲しみを抱えて生きていくんですよ。

ユーザーID:7669805145
びっくりです。トピ主さんに。
けい
2019年7月24日 16:47

何がびっくりって
お父さんですよ。70歳ですよね。まだまだ自分の意思で判断できる年齢ですよね。
冷たいこといいますが、大腸がんなんて、ご自分でちゃんと毎年検診を受けていればよかっただけです。
トピ主さんが気を付けてとか関係ないです。

ユーザーID:2326825422
今もがかないと取り返しがつかなくなります
ちび
2019年7月24日 16:50

トピ主さん、大変でしたね。
この1ヶ月はとても長く苦しい日々だったとお察しします。
でもどうか、強く生きて欲しいと思いました。

私は父を亡くして10年以上経ちます。
当時は母もまだ定年前で働いており、私も30前半で仕事に恋愛に一番忙しい頃でした。
思い返すと、あの頃が本当に人生のピークだったんだな、と思います。
あなたと同じように、父の最期のために、全てを投げ出したかった。
会社なんか行かないで、1日中父のそばに居たかった。
だけど、父は私と母に職場に行くように促し、最後の日も、
私たちに普段と変わらない行動を望んでいたように思います。
だってね、もう今にも息を引き取りそうなのに、
「タバコ吸ってこいよ。」
って言ったんですよ。
笑っちゃいました。

あなたのお父様も、きっとあなたの幸せだけを願っていらっしゃると思います。
悲しみに沈んで何もできないでいるあなたをみて、お父様は喜ぶと思いますか?
親の死は辛いですが、人として、超えなくてはならない壁ではないでしょうか。
人生は待った無しです。
普通に生活している自分が想像できなかろうがどうであろうが、
あなたは生活していかなくてはならないのです。
世の中のほとんどの人は、親を亡くしたりこれから亡くすのに、普通に生活しているんです。
あなただけできない訳が無いとは思いませんか。

どうか強くなって欲しいと思います。
苦しみをバネにすると、とても強い反動がついて大きくジャンプできます。
どうか悲しみに打ち勝って、幸せになってください。
心から応援しています。

ユーザーID:9640855758
しっかり泣いて下さい。携帯からの書き込み
トトロ
2019年7月24日 17:20

私は「後悔」と言う言葉が大嫌いです。
しかし、私にも後悔した経験はありますし、分からない未来を手探りで生きていれば仕方ない事だと思います。

主さんは、後悔してらっしゃいますが、一生懸命働いていれば、色々気にかけられなくなるのは仕方ない事だと思います。
自分の事で精一杯だったからこそショックも大きかったんでしょう。

時間を戻す事はできないので、沢山泣いて下さい。気が済むまで。何度でも。何時間でも。

自分のせいにしてみたり
仕方なかったと言い聞かせてみたり
苦しみながら死なせてゴメンと謝ったり
もう一度会いたいと思ったり
しながら、沢山泣いて下さい。

そして、立ち上がれるようになったら、お父さんに心配かけないように、お父さんが安心して成仏出来るように、また精一杯頑張りましょう。

ユーザーID:4422196491
お父様が望んでいること
午後の紅茶
2019年7月24日 17:43

お父様は、トピ主さんが苦しむことを望んでいないと思いますよ。
トピ主さんが笑顔で幸せに生活することを望んでいるのではないでしょうか。

ユーザーID:9369306673
レスします
あさり
2019年7月24日 18:42

誰でも、大切な人を亡くした時には
もっと他に出来る事があったのではないだろうか?
自分の判断が間違ったせいで助けてあげられなかったのでは?
…等々、悔やむ気持ちになる事があります。

でも、あなたのせいではありませんよ。
お父様を助けたくて、その時に出来る精一杯の事をしたのですから。
ご自分を責めないで下さいね。

私もトピ主さんと同年代の時に、父を亡くしました。
突然の事で、同じように病院もよく考えて決める事も出来ず、
家族皆、後悔があったと思います。
亡くなってからも半年ほど、毎日の様に泣きました。
昼間は仕事に出て気が紛れましたが、帰宅して1人になると涙が出ました。

私の場合は、とにかく身体を動かす事で少しずつ立ち直れました。
精神を集中すると、頭の中が真っ白になり、
辛さや悲しさを、その時だけでも忘れることが出来ました。
その積み重ねでしたね。

トピ主さんにはお母様がいらっしゃいます。
私にも母がおり、当時の母を見ていて
「娘や息子たちでは、夫の代わりにはなれないんだな…」
と感じました。
それでも、せめてこれからは母の為にも強く生きなければと思いました。

トピ主さんも、無理せず少しずつ『普段』を取り戻して下さいね。
ご自身が納得出来る生き方をするのが、一番だと思います。
それから、お母様のことも大切になさって下さいね。

ユーザーID:5925654924
時間がなぐさめてくれますよ。
もち
2019年7月24日 18:43

私の話を少し。
数年前に母を先に、父を2年ほど後に相次いで亡くしました。

父の方が体調を悪くしていたのに、母の方が突然、心臓疾患で亡くなってしまいました。あまりに急で、悲しむどころかあっけに取られてしまいました。その後父は少し遠方の知人の介護施設に入所しましたが、本当は自宅で暮らしたかったようです。でも一人暮らしは無理ですし、私もフルタイムで仕事をしていたことなどがあり、自宅に戻して先の見えない介護をする決心がつきませんでした。兄弟はわれ関せずといった感じだったので、一人で悩み対応していました。

父が肺炎で入院した際に、実家近くに転院できないかと相談しましたが、その体調では勧められないと言われました。それでも何とか方法がないかと検討しているうちに、急変して亡くなってしまいました。80歳でした。もっと良い方法があったのではないか、でも実際は無理だった、などと一人でグルグル考えていました。

お父様は集中治療室にトピ主さんが来て気をかけていたことを嬉しく思っていたと思います。判断ミスとかおっしゃっていますが、出来ることをしたのです。後悔することはないですよ。
私の父母もトピ主さんのお父様も、みな独立した一人の人間で、色々ある人生を生きて、そして亡くなっていったのだと思います。そして私たちもたどる道です。

私も病院での場面が脳裏に焼き付いていますが、年月を経るに従い、少しずつ柔らかい印象になってきたように思います。時折り思い出してはひそかに寂しく感じつつも、普通に生活しています。

忘れられない辛い思い出は、無理に忘れようとせずに、そのことに新しい意味づけをしてあげるといいそうです。私は父母が亡くなり、新しい人生を切り開くきっかけ、バトンを受け取ったとして行動を起こすようにしています。時間がかかるかもしれませんが、どうぞ焦らずに。

ユーザーID:2043373788
しっかり泣いて
beru
2019年7月24日 18:50

後悔ではなく
お父様の死を悼んでしっかり泣きましょう
お父様との楽しい思い出だけを心に残し
苦しそうな顔は忘れてあげてください
そうしたら、貴方の心の中で、お父様はいつも楽しそうに生続けるでしょう。

早かれ遅かれ人は死にます。
貴方が幸せでいることが
お父様に対する供養なのでは?

親は、我が子の幸せを何よりも望んでいると思います。

後悔をしたってお父様は戻ってこないし
ほかの病院に連れて行ったとしても、すでに末期だったのならどうしようもなかったかもしれません。
死への恐怖に苛まされる時間が少なかったことが、お父様に取ってはせめて良かったのではないですか?

沢山泣いた後は前を向いて、貴方がしっかり幸せを感じられるように生きていくことが、お父様への供養です。

ユーザーID:5545003967
人生は無常。
アクアブルー
2019年7月24日 19:33

悲しい時は思い切り悲しめばいいでんすよ。
でも自分以外の「人の生き死に」を自分のせいにするのは違いますよ、あなたがお父さんの立場ならどう思いますか?そんな風に悩んでほしくないでしょう?

たらればで自分を責めても何にもなりません、現実を受け止めて生き続けて行く、悲しくても辛くても。

すぐに切り替えるのは無理ですから少しずつ明るい方へ進みましょうよ、人生は無常です、時は全てをいやしてくれますから。
お父さんに胸の張れる生き方をして、あなたがいつか心から笑えますように。

ユーザーID:1876624907
私も苦しんでます
ネコ
2019年7月24日 19:49

母を大腸がんでなくしました。
元気な時に、借金してでも北海道につれて行けばよかった。
首に縄つけてでも病院に連れていけばよかった。
父を無視してでも、仕事辞めてでも、つききりで看病すればよかった。母が死んだのはわがままだった私のせいだ…

母が死んでから私の中の時計も止まったままです。
心の一部がなくなってしまいました。
でも死ねないから、生きています。
多分どんなに尽くしても、きっと後悔はすると思います。
後悔しながら生きていくしかないんだろうと思います。

皆がいつかは自分の親を失うんだから、私だけに降りかかる不幸ではないからと思うけど、辛いですよね。

私もいつかは死ぬんだと考えると、なるべく後悔のないように生きたいと思うので、やりたかった事を少しずつですが、はじめています。そして残りの人生をほんの少しでいいから、人の役に立てたらと思っています。

ユーザーID:7522680834
辛かったね・・・
わかるよ
2019年7月24日 22:55

まず、お父様の死はトピ主さんのせいでは無いとの思いをハッキリさせた方が良いと思います。

私も少し前に父を亡くしました。やはり癌でしたが、癌が見つかる寸前まで不仲で口もきいていず
母に、「癌になったのはお前のせい」だと言われ、余りにも悲しかったので、主治医や父自身に話した(聞いた)んです。
そしたら両者、私のせいでは無いと言ってくれ、とりあえずホッとした経緯が有ります。
後にカウンセラーにも話しました。余りにも辛かったので。

テレビなどでも、癌になるには相当な年月(10年〜30年)を要すると耳にしました。
ストレスなどが積もり積もって、免疫に異常を来して、など理由は色々有るかと。
それを見付けられるか否かも、本人や医師でさえなかなか難しい。

トピ主さんだって、もしもお父様に聞いたなら、お前のせいでは無いと言ってくれたハズです、絶対に。

ただ、亡くなる人を目の前にすると、どんなに力を尽くしても、後悔や罪悪感を持ってしまうのは仕方がない事。
しかし、自分が生きている事まで罪悪感を持つ必要などないし、お父様はトピ主さんが生き続ける事や
幸せになる事をきっと望んでいると思います。御自分の分まで。

今は未だ1か月しか経過していず、悲しみの過中にいる事と思いますが、段々と普通の感情に戻れます。
その為に、理解しあえる人達の支援を得る事をお勧めします。グリーフワークなど。
一人で鬱鬱としてるより、共感や傾聴して貰うのが何よりも大切かと。
今は、就職活動で頑張り過ぎるより、御自分を労わってあげて欲しい。凄いダメージを受けてると思うから。

焦らないで。お父様は、どんなあなたでも、いつもあなたを想ってるから。

ユーザーID:3159259599
本当にお父様に申し訳ないと思うなら…。
藁子
2019年7月25日 8:50

本当にお父様に申し訳ないと思うなら、幸せをつかみにいかなきゃ。

49日までは、思う存分泣いてください。
それを過ぎたら、まずは借金や相続、遺品などの終わっていない整理に取りかかりましょう。
それから、短い時間でいいからアルバイトから始めてみて。
自分の生活を建て直すことです。

どんな事をしても、とんなに頑張っても後悔するの、それが親を看取るって事なんです。
そのうち、ちゃんと前を向けるようになります。

親の旅立ちは運命なんです。
親は、残された子供に対して、そんな後悔ばかりで過ごしてもらっても、ちっとも嬉しくない。
仏前には笑顔で楽しい報告を待ってるはずです。

親の希望はトピ主様に楽しく幸せに生きて欲しいだけです。

ユーザーID:6506325505
トピ主のせいではありません。携帯からの書き込み
匿名
2019年7月25日 21:16

これだけは、間違いないです。
親の借金のこと、あなたが気にする必要もないです。
あなたは自分の人生をしっかり歩み、幸せになってください。
普通の親なら、それを望むはずですから。

ユーザーID:4959404338
今は届かないかもしれませんが、エールを!
theory
2019年7月25日 21:27

こんなふうに、お父様を思いやれる気持ちがある
主様を育てたお父様ですもの
主様に責任をとって欲しいなんて思う形とは思いません。

きっと自分のことよりも
娘の幸せを願っていたはず。

金銭的な負担も、娘にはかけたくなかったはず。

悲しみの矛先を、娘には向けて欲しくないはずです。

私も、親孝行を常にしたいと思いますが
母には、あなたが幸せならそれでいいのよと言われてしまいます。

子供に育てた恩を返して欲しいと思う親ならば
主様に責任を求めるかもしれませんが
そうではなかったのではありませんか?

お父様の大事な命から
今お感じになってらっしゃる大切なことを忘れないように
1日1日大切に生きていきましょう。

私は最近、大切な人が天国にいるから
自分の命が終わることが怖くなくなりました。
でもそのかわり、胸を張って報告できる生き方を
しないといけないなと思い、日々精進しております。

時間が日にち薬になりますように。
お父様と過ごした大切な時間や思い出が
また明るく楽しく思い出せますように。

ユーザーID:5284487517
お父様を覚えていてください
もうすぐ還暦
2019年7月26日 0:19

今までもよりも、今後の方が短い歳になりました。

「偉くなりたい」「有名になりたい」と思って行動していた偉人や歴史的人物のことを考えると、人間は「自分が生きていたこと。存在していたことが」を忘れないで欲しいのだと思うようになりました。

お父様のことを覚えていてください。時々思い出してください。
お父様は自分のことを覚えていた欲しかったんだと思います。トピ主さんの「判断ミス」なんかじゃありません。
大丈夫ですよ。

ユーザーID:4012895205
出来る仕事を選ぶ。
そう
2019年7月26日 2:17

誰でも皆、主さんと同じ行動しか出来ないよ。

泣いても頑張れ。生きるために踏ん張れ。


お父さんのことを頑張らない理由にしたら駄目だよ。
疲れたら上手に休む。メリハリだね。

ユーザーID:4370452365
生きている限り後悔はつきものです
2019年7月26日 6:50

心が沈んでいる時は、親族の死さえも自分が悪かったのでは無いかと要らぬ後悔をする、人間って主様だけではなく皆同じ思いをします。
この病気は本人さえも気が付かない程症状が出ない様です。
幾ら同居している人間でも、本人が気付くより早く見つけるのは困難だと思いますよ。

主様も一生懸命看病されたのではないですか、それだけでお父様は喜んでおられます。
人間の寿命も生まれた時から決まっているとも言われています。

主様はお父様の年齢に達するまでには後40年もあります。
生きて行く上で、とことん突き詰めて最後は落ち込んでしまう人も居ますが、ある程度で区切りを付け、後はどうなっても仕方が無いと思う気持ちも大事です。
突き詰めて考えても結論が出ない問題は、途中で気持ちを変えるしかありません。

此れからは主様が生きて行くことの方が先決です。
人生リセットしてもう一度頑張るのも主様の人生です。
落ち込む心を引きづらず、前向きに頑張ってください。

人間は忘れる事が出来る動物です。
お父様との関係も良い思い出だけをしまっておけば良いですよ、たくさんあったと思いますから。
後悔など必要ありません。

ユーザーID:5691565611
レスありがとうございます
うめ(トピ主)
2019年7月26日 8:19

絹子さん
父は、分かっていたのですかね…?
糖尿病で毎月内科にかかっていて、便秘薬をもらったりはしていたようですが…
便の状態も自分でチェックしていて血便はないと言っていました。
いずれも後から知った事で、当時から親身に話を聞けば良かったです…。
「自分の心の中にいるお父さん」がよく分からないのです。
小さい頃の私は父にとって良い子どもだったかもしれませんが、最近はダメな子どもだったんです。
なので父に対してどう向きあったら良いのか分からなく、父を思い浮かべても白いもやがかかったような感じなのです。
毎日、ごめんねと言っています。


テツコさん
テツコさんにもそのような事がおありになったのですね。
テツコさんはご両親とは別居だったかと思いますが、私は同居していたのに気づけませんでした。
また、お子さんもいらっしゃるのですね。
父にとって良い娘じゃなかったかもしれないけど、幸せになっても良いのですね。
「人間は悲しみを抱えて生きていく」
重く、でも希望ある言葉ですね。苦しいけど抱えて生きていかなくてはいけないんですよね…。


けいさん
確かに70歳はまだまだ若く判断もできる歳ですね。
母が受けるように言っても父は健康診断を受けず末期の大腸がんになってしまった事については自業自得かと思います。
ただ、私が違う病院に連れていけば、余命何ヵ月かだったかもしれないけれど生きれたんじゃないかと思うんです。
数日抗生剤で治療している間に腸が破れてしまったんです。
破れさえしなければもっと生きれたんじゃないかと思うんです。
たら、れば、は言ったらキリがないのですが…。

ユーザーID:6766016465
そういう後悔は辛いですよ。
pepe
2019年7月26日 9:58

母が離婚しましたので、祖父が、父親代わりでした。

祖父に、私はスーパーでお菓子を買ってもらったり、可愛がってもらったんです。

泣、ここまで書くと私ってなんて親不孝なんだろうって、泣いてしまう。
誤字脱字あったらすみません。

私が祖父を助けられなかった、という思いがまだあって、もう20年以上経ってますが、
仏壇を長男が大事にしないことで祖母の家に移り、祖母も亡くなり、母の再婚相手がここぞとばかり、仏壇は、孫の私に持たせて私も家を出ていくようにされました。

結果的に、毎日、仏壇に手を合わせられることや花を供えられること、良かったと思います。

とても長くなりましたが、
主さんは、後悔しなくていい、お父様は感謝されてると感じました。

ユーザーID:6809156542
 
現在位置は
です