相続と売却

レス8
お気に入り24
トピ主のみ0

ペコリ

ひと

初めて投稿します。お手柔らかに‥

私の祖父母の家の事でモヤモヤしたので愚痴寄りの質問です。
祖父母は既に亡くなり空き家でしたが母と母の姉が管理していました。

昨日突然母から 相続放棄し(疎遠になっていた)兄(叔父)に譲った話をききました。

叔父さんは祖父母が亡くなるまでどこに居るかもわからず。
母と連絡のみで亡くなった話を聞いて尚、葬儀には出ず‥
生きてる間も母、叔母さんに任せっきりでした。

私自身相続など分からず、きっと金銭面で譲る事にしたのかな。と理解は出来ましたが
叔父さんは遺品整理もせずそのまま売却してしまいました。

私は祖父母の残した物が欲しかったのですが
不動産?に売却された以上、上がる事が出来なくなり悲しいです。

私自身平成生まれで、大好きだった祖父母が映るモノクロなボロい写真こそ価値があると考えていました。私が知らない若い祖父母を知れるアルバムも遺影、位牌もそのまま。

なぜ?と怒りすら感じます。
大人の都合でしょうがあまりにもひどい。
売却という事は当然業者に連絡しても上がれませんよね‥?

ちなみに叔父さんは祖父母との仲はいたって普通でした。
年一回お土産を届けてるのは知ってました。
しかし、親戚の方とはかなり仲が悪く
叔父さん不在の場で親戚の方が悪口を言っている事もしばしば‥

ユーザーID:5583243048

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数8

レスする
  • 思い出は手が届かないから美しい

    トピ主さんの気持ちは理解できます。

    60代の私ですら亡くなった祖母の家は好きです。
    田舎で戦前に建てられた土間がある日本家屋です。
    不便なつくりですが健在です。

    現実的に考えれば
    不動産は負動産になりかねません。
    叔父さんが手入れができなくて
    朽ち果てていくよりは売却して
    新しい持ち主に住んでもらうほうが得策なのです。

    写真はお母さんや叔母さんが持っていないですか?
    あなたのアルバムの中に祖父母の家で撮った写真はありませんか?

    写真って意外と処分に困るものなのです。
    あなたにとって大事なものでしょうが
    あなたが亡くなった時、それはゴミになっちゃうのです。
    大切な物も、大切にしている人がいるからこそ値打ちがあるのです。
    その人がいなくなったらゴミでしかありません。
    (キツイ書き方ですみません)

    我が家も本家ですので古い写真はあります。
    私からみたら先代、先々代はわかりますが
    それ以外は誰なのかさっぱりです。
    捨てるに捨てられず保管しているという感じです。

    若いトピ主さんには理解できないかもしれませんが
    相続放棄したお母さんや叔母さんの気持ちに寄り添うことも大切です。

    祖父母の遺品で欲しいものがあったなら
    葬儀の後すぐにお母さんに言えばよかったのにと思いました。
    後手になっていると感じます。

    ユーザーID:6748676615

  • そんなに気になるなら

    あなたの母親に気持ちを話して、業者に連絡してみたらどうですか?
    売却してどのくらい経ってるのか分かりませんけど、まだそのままなら
    業者としても多少なりとも家屋の中のものが処分できればそれに越した
    ことないですからね。骨董品とかあるかもしれませんよ?

    お母さんたちが管理している間に、少しずつ整理しておけばよかったの
    ですけどね。

    ユーザーID:5143597288

  • 伯父だけを責められないのでは…?

    レスを拝見する限り、伯父だけを責められないのでは?という印象を持ちました。

    お母様と伯母が何を思って自分達は相続放棄をし、伯父に相続させようと思ったのかは分かりませんが、居場所も分からず、実家には年1回しか顔を出さない、親の葬儀にも参列しない伯父が、位牌など仏壇の管理をしてくれると思っていたのなら、お母様と伯母の判断の甘さもあったのではありませんか。

    お母様達が位牌や仏壇などどうでもいい、と思っていた可能性も無きにしも非ずですが、伯父が実家をどうするにしても、位牌や仏壇の管理だけはして欲しいとそれは伝えなければならなかったと思います。

    また、祖父母が亡くなってからどのくらい時間が経過しているのか分かりませんが、家をどうするかはともかく、お母様達のどちらかが家に住むという形で家を継ぐつもりがなかったのなら、仏壇をどうするか、お母様と伯母のどちらかが引き取るのかなどは、考えなければならなかったことだとも思います。

    お母様達が管理しているといっても、実際は出入りをする、様子を見に行っているだけで遺品整理もしてなかった、伯父が当てにできない状況で、今後のことを何も考えていなかったのでしょう。

    そういったことを考えたら、伯父だけを責めることは出来ないと思いますし、お母様達は自分達が持て余した実家や仏壇を、欲しいと言った伯父に丸投げしたという見方も出来ます。

    また、トピ主さんも平成生まれということは、いい大人ですよね。
    祖父母の家に関して、これまで積極的に関わったり、お母様達にアドバイスをしたり、相談に乗ったりしていたのですか。

    祖父母の残した物で欲しいと思う物があれば、もっと早くにお母様に相談していればよかったのではありませんか。

    他人の手に渡ってから何だかんだと、伯父だけが悪いかのように言うのは、フェアじゃないと思いますよ。

    ユーザーID:0918469561

  • 祖父母が亡くなったときに形見分けしなかったんですか?

    祖父母の家、築年数が相当経っていたのでは?
    おそらく売却しても土地代のみ、税金払ったらそれほど残らないから、兄(母の兄なら伯父ですね)に渡す代わりに兄の老後の面倒を押し付けられないように話し合ったのでしょう。

    ところで、

    >私は祖父母の残した物が欲しかったのですが
    不動産?に売却された以上、上がる事が出来なくなり悲しいです。

    祖父母が亡くなったときに形見分けをしてもらえなかったのですか?
    祖父母の思い出の品が欲しかったのなら、お母様にそう言えば良かったではないですか。
    お母様と叔母さまがしばらく管理してたのなら、時間はあったでしょう。
    何故言わなかったの?

    ユーザーID:2980932378

  • 欲しいならサッサと引き取っておけと言うのが管理者の意見

    それまで放置しておいてそれは都合が良過ぎというものです。

    私の親もとあるガレージを借りていて放置していました。
    そろそろガレージを返さないといけないなと思っていましたが
    結構業者をいれないといけないようなゴミもありました。
    ゴミは親が生きていた時は親の使うもので、亡くなった後はゴミに。

    面倒臭くてズルズルと先送りにしていました。
    何かある度にガレージを整理しなきゃときょうだいで話してはいましたが。

    すると放置しすぎて大家さんが改築の際に処分してしまったそうです。
    私としてはまだ使える物もありましたが10年以上放置していたもの。
    それよりも業者を呼んで処分するゴミの方が厄介でした。

    でもきょうだいは引き取りたかったものがあったらしく不機嫌に。
    もう今では手に入らないものです。
    欲しいならサッサと引き取っておけと言うのが管理者の意見です。

    手元に置いておかなかったもので大切なものなんてない!
    何もせずに知らん顔しておいて後でグダグダ言うな!

    欲しいならさっさと整理しに行って引き取っておけば良かったのです。
    少なくとも当方の場合は10年以上もありましたからね。

    ユーザーID:8262787541

  • まずは伯父さんに聞く

    不動産業者に売却手続きをしてもまだ現存しているってことですかね?

    それって売却の手続きはしたけど、不動産屋が仲介しているだけなら
    所有権はまだ伯父さんのまま・・なんじゃないですかね?
    (お母さんの兄なら、叔父ではなく伯父)

    まずそこを確認です。不動産会社所有の物件になっていたら、
    どうしようもありませんね(中身が手つかず状態になっているって
    ことは単に不動産業者仲介物件になっているだけだと思います)。

    所有権が伯父さん以外の第三者に渡っていない状態なら、
    伯父さんに言って鍵を貸してもらい中に入れるはずです。
    もちろん思い出の品も持ち帰ることも可能です。
    (伯父さんが「持ち出しはダメだ」と言ったらそれまでですけど)

    仮に、、、不動産会社所有物件になっていたとしても、
    家財を始め、住んでいた人のものなんて金にはなりませんから、
    身内が(例えば)アルバムを持ち出したい、遺影や位牌を出したいと言えば
    持って出ることは可能だと思いますよ。
    不動産業者にとっては何の価値も意味もないものですから。

    ただ、、なんていうか、今回伯父さん名義にした家を売却手続きするに
    あたり、遺影に位牌、個人が映った写真など回収しようとも思わない
    お母さん、伯母さん(母の姉なら叔母ではなく伯母)、伯父さんって
    どういう神経の持ち主なんだろう?と思います。

    ユーザーID:1105288416

  • 全然大丈夫だと思いますよ

    たぶん不動産屋さんに頼んだだけだろうし、売却完了までかなり時間かかるから、いつでも連絡さえすれば持っていけると思いますよ。
    売却されてたとしても、片付け前なら、位牌とか遺品は持って行ってくれたほうが相手もうれしいと思います。連絡してみては?

    だいたい家引き渡すまで時間はあったはずなのに、お母さんも叔母さんも片づけにも行かないのが、まず考えられないです。
    それに、あなたに引き渡す日も教えなかったのも不自然。
    位牌を放置というのはさらに考えられません。

    お母さん何かあなたに隠してて、本当の事を言ってないかもしれませんよ?
    そういうのも親戚あるある話です。
    伯父さんに面倒なことは全部丸投げしたのかもしれないし。

    ユーザーID:0588622204

  • 文句を言う相手は母親

    男性です。

    相続対象者は母親と叔父、つまり亡くなった方の子供達だけです。相続に関しては残念ながらトピ主は無関係。母親から叔父に譲る・譲ったと言う時点で、当然売却も想定するべきで、何か欲しいものがあるなら、その時点で母親か母親を通じてでも良いので叔父に相談すべきだったのです。

    写真なぞは関係者以外にとっては何の価値も無い物ですので、叔父が不要なら快く譲ってくれたと思いますよ。

    不動産は持っているだけでお金が掛かります。固定資産税もですが、そこを維持管理するとなるとなんだかんだとお金が必要になってきます。正直なところ、母親としても売却する手間を考えると、叔父に譲ったほうが楽だったためだと思いますよ。

    >>私自身相続など分からず...

    と仰っているところから、トピ主も相続後にどうなって行くか深く考えもせず、そのまま残るものだと漠然と思っていたのではないですか?「大人の都合でしょうがあまりにもひどい」と言うのはチョット違うと思いますね。

    大人云々関係なく、当事者の問題です。トピ主は部外者。ま、母親も「何か欲しいものある?」と聞いてくれても良さそうなものですが、古い家や置物、写真等に価値を見出せなかったのでしょう。興味が無い物に関しては、トピ主も例外ではなく誰でもそんなものですよ。

    ユーザーID:8281609443

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧