男性を立てるとは具体的には?

レス91
お気に入り161
トピ主のみ1

悩み

男女

職場の人たちとお茶のみ中の会話で疑問に思ったのですが、「男性を立てる」って具体的にはどういうことを言うのでしょうか?

その時の会話の流れをかいつまんで書きますと、

「女性にはやはり男性を立てて欲しいな」
「立てるっていうのは、男性の立場を尊重して女性が一歩引くっていうことです?」
「うんうん、そうそう」
「それって、女性としてはできるけどできないふりをして、お願いっていう態度をとればいいんですか?」
「うーん、できないふりをするのも違うんだよなあ」

私は頭の中で???が乱れ飛びました。

もし対象となる男性と、自分(女性)が対等に力があった場合、立てることができなくなるのでしょうか。
それとも控えめにして、できるけど言わない、主張しないというのが正しいですか?でもそれって男女の別ないことだと思います。自慢って鼻につくことありますし。

仮に、対象の男性よりも女性のほうが能力があった場合、その女性は男性を立てることができなくなるのでしょうか。

もちろんすべての行動について言っているわけではありません。
男性の気持ちを尊重し、意見を聞いたり、受け入れたりはするとしても、能力が違えば例えば年収もかわってくるわけです。夫より妻のほうが年収が高くなっても黙っていれば「男性を立てている」ことになるんでしょうか。

例えばお付き合いしている男女が、一緒に出掛けた時に女性の方が年収が高くても男性が「おごる」と言えばそれを受け入れるとかですか?

よくわからなくなってしまったので、具体例などで示してくださるかたがいたらお願いします。
特に聞きたいのは「対象の男性よりも女性のほうが能力が高い場合」についてです。

ユーザーID:7578283321

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数91

レスする
  • そんな男ほっときましょう

    >「男性を立てる」って具体的にはどういうことを言うのでしょうか?
     仕事で成果を上げたとき、男性社員のことを
     「さすが〇〇さん、〇〇さんのおかげて上手くいきました」
     とか・・かな・・・。

     私も男ですが、よくわかりませんが、"男性のおかげ"とでも言って
     ほしいのでしょうか。
     男性でなくても、先輩をたてるとか、上司をたてるとか、意味合いは
     同じじゃないですかね。
     
     そうだとすると
    >「対象の男性よりも女性のほうが能力が高い場合」についてです。
     たてることなんてできないと思います。
     先輩が後輩をたてる、上司が部下をたてることになります。

     いいんですよ。ほっときましょう、そんな男は。
     何も自身がないから、そういうことを言うのだと思います。
     手柄は自分のもの、失敗は他人のせい、こういう考えだと思いますよ。

     できない人が言いそうな言葉です。
     簡単に言うと「かまってちゃん」タイプだと思います。

    ユーザーID:6059308337

  • レディファーストと似たようなもの

    レディファーストは女性を尊重しているわけではなく、危険かもしれない場所に出向く時に、女性を先に行かせたのが始まりです。
    今でも、女性を丁寧に扱うというより、本当に形式的に、すべて女性が先なのです。

    男を立てるというのも、男性が「立てられて喜ぶ場面」で形式的に持ち上げてやることで、本当に男性がどうということではありません。
    立て方はさまざまですが、男性以外にも、年長者を立てるとか、古株を立てるとか、そういう場面はいろいろあります。

    ユーザーID:2850666116

  • たぶん

    9割方は女性がお膳立てして、あとちょっとの1割を男性にやらせ、成果としては「男性さんが仕上げた」ことにする感じだと思います。良く言えば、花を持たせること。
    小さい子がお手伝いをして、ハンバーグを一緒にこねたとします。夕食時に「今日のごはん、私が作ったの!」と言ったら、「あんたはハンバーグちょっとこねただけじゃん。焼いたのは母さんだし、ほかのおかずも母さんが作ったし。」などと言わないのと一緒です。

    女性がデートや飲み会で少なく払うのと背中合わせみたいな風習です。「こんどのプロジェクトが成功したのは◯さんのおかげだね」と持ち上げ、昇進ポイントを稼がせる代わりに、打ち上げの費用はもちろん多めに払ってもらう感じです。

    しかし、私の周囲ではいまどきそんなこと言う男性はいませんが。古い体質の職場なのですね。

    ユーザーID:2850666116

  • 付き合う前なら出来ない振りもアリ。

    もちろん、これは男女の恋愛や結婚における話ですよね?

    だったら、まずトピ主様の前提があり得ません。

    >対象の男性よりも女性のほうが能力が高い場合

    ないです。

    基本的には互いに惹かれ合う男女は総合的に能力が等しいものです。得意分野が違うだけ。
    たまに能力が全く違う男女が仲良くなることはありますが、長続きはしません。
    また、どちらか一方が、自分のほうが能力が優っていると考え始めたとき、その仲は終わっていきます。

    つまり、仲良く長年暮らせる男女は、互いに能力が同じ程度だと信じている人達です。

    その大前提のもとに言います。
    男性は、相手女性より自分のほうが得意分野だと信じていることについては頼って欲しいのです。
    女性もまた、相手男性より自分のほうが得意分野だと信じていることについては褒めて欲しいのです。

    互いに認め合い、尊重しあう。
    その形が、男性は頼られることで満たされ、女性は褒められることで満たされる。

    個人差はありますし、最近の男女は多様化しすぎて何とも言えませんが、一般的には男女の傾向というのはあります。

    例えば、どちらも同じくらい料理ができるとします。
    女性は「美味しいね」がいちばん嬉しいけど、男性は「お料理上手ね」と任されるのが嬉しい。そういう違いです。

    分かりましたか?

    ユーザーID:0142007187

  • 中々・・

    >「女性にはやはり男性を立てて欲しいな」

    この時代に勇気のある発言なのか?
    単に浅はかなのか?
    時代云々関係なく俺はそういう男!亭主関白な男!というアピールなのか?

    女性の方が能力が高い場合・・という事ですが、それも何かポイントが違う気がしますけどね。
    仕事上の事なら能力が高い方が優先されて然るべきだと思うので、「いえいえ私よりも彼の方が適任だと思います」なんておかしいですからね。
    企業側としてもそんな事しないでしょうから。

    仕事以外の事なら「思いやり」の問題になるのかもしれませんが、でもそれは男女関係なくお互いに必要ですからね。

    ちょっと彼の真意は分かりませんね。

    ユーザーID:5154152454

  • 「相手を立てる」で考える

    男性を立てる、と考えるとややこしいので、老若男女を問わず、相手を立てると考えるといいのでは。

    まずは相手の出方を待つ。
    相手の判断を否定しない。
    自分のほうが正しい場合や相手より優れている場合も、相手に恥をかかせないようにふるまう。

    具体的には、例えば
    女性より年収が低い男性と食事に行ったとして、
    どのように会計をするか、男性が言い出すのを待つ。
    男性から「個別で」「割り勘で」「奢ります」と、どのような申し出があっても、その場で否定しない。

    男性から「奢ります」と言われたら、女性への好意か、
    「女性には奢るべき」と思っているだけなのかわかりませんが、
    女性のほうが年収が上でも、男性にも奢る程度の金銭的余裕はあるかもしれないし、
    そこまで抵抗感がなければ、奢ってもらってもいいと思います。
    そのときは素直に感謝すればいいだけ。

    男性から奢ってもらうのは遠慮したい場合は、別に断ってもかまわないと思います。
    ただし、断る理由は、本音では
    『私のほうが収入が上だし。』と思っていても、顔には出さず、
    (男性の立場やプライドを傷つけないよう、角が立たないように)
    「ありがとうございます。でも今日のところは自分で支払います。」と穏やかに伝えればいいのでは。

    そこで、相手がムッとするか、ホッとするかは…ケースバイケースで。

    ユーザーID:9307221474

  • 具体的には「顔を立てる」です。

    男性の体面に気を遣うということです。

    でもねえ。

    それ。
    奥さんがやることで、赤の他人に求めることじゃないと思うんですよね。

    「女性」だから「男性を立てる」のじゃなくて、「奥さん」は「旦那さんを立ててほしい」のではないかと思います。

    例えば、おごりの話ひとつにしても、お付き合いごときで男性がおごらなくてはならない理由は無いと思うんです。
    自分より収入がある人におごりたいと思います?
    私ならおごりません。収入が高いほうがおごると言うのなら、ご馳走になりますが、自分より稼いでない人に「おごる」と言われても受け入れないです。

    でも、夫なら違います。

    結局、夫婦の生活費から出すんですから、その場ではどっちがお金を出そうと同じことです。
    夫が財布を取り出すのが当たり前だと思いますし「ごちそうさま」と言います。
    そこを「私のほうが稼いでるんだから、私が払う」とは言いません。
    自分のほうが年収が高くても「夫を養ってる」とは言いません。

    あと「亭主の好きな赤烏帽子」ですかね。

    可笑しいことだとわかっていも、人前では注意しないということです。
    公衆の面前で罵倒するとかってあり得ませんでしょ?
    でも、もっと軽い「注意する」も男の人ってあり得ないんですよ。
    特に女性に言われると反感持ちます。

    「間違ってる」と言われると「恥をかかされた」と思うらしいです。

    聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥、だと思うんですけども。
    自分から聞くのは良くても、他人に言われるのは嫌らしいです。

    私はやっぱり、これも奥さん限定だと思うんですけどね。

    ユーザーID:7431101336

  • 簡単なこと

    本人がやりたいということは出しゃばらず黙ってやらせてあげる、やりたくなさそうなことは察してやってあげる。

    お母さんかっ!って?
    その通りですね。

    いずれにせよ、言葉にすると簡単なことですよ。
    全てについてそのようにふるまう必要もないですしね。

    男性にも望むことに個人差があるし、少なくともこの方面についての能力のある女性でないとできないと思います。

    ユーザーID:8033599555

  • レス

    男性に矢面に立ってもらった方が、後々丸く収まる事が多いからでは?
    例えば、社会では男性が圧倒的に多い場所があります。
    建築やってますが、力仕事が多いため、男性の数が多いです。
    女性である私と、同じ立場である男性同僚がいる場合、指示は同じように出せますが、明らかに面倒な指示、何回も現場に出向いて騒音満載の建築現場を行き来する場合、最終的に指示するのは、男性からの方がスムーズに行く場合があります。
    男性からの指示にしてもらう事もあります。
    立てているように、見せかけた方がスムーズに行く場面は少なからずあるのですよ。
    何も、現場で声を張り上げるのが偉い、という訳ではないですから。
    適材適所、臨機応変ですよ。
    あと、家に居ても、誰かわからない男性の来客には、男性が対応した方が危なくないですよ。
    あなたが対応しなさいよ、というよりは、頼りにしてるから対応してるわよ、と、男性を立てた方がお互いに気持ちよくさばけますよ。

    ユーザーID:3232398446

  • やはり金銭関係

    >一緒に出掛けた時に女性の方が年収が高くても男性が「おごる」と言えばそれを受け入れるとかですか?

    これはあるでしょうね。
    私が感じる「具体的な例」もやはり金銭絡みが多く思い浮かびます。あとは力仕事関係。
    昨今の世間の価値観はどうあれ、古くから男性が女性をエスコートしたり守ったりが美しいみたいな美徳は世界中にありますからね。

    それで男性がカッコよく見えることに女性が敢えて乗ってあげる、という感じ。
    今の若い人ってこの感覚がわからない人もいてこの先増えていくのかもなあ。
    男女同権が叫ばれてる結果。

    ユーザーID:9335307299

  • なぜ彼に言われたか分かる気がします・・

     人を立てることに無頓着な様ですね。

     「男を立てる」は「女を立てる」と同じ配慮です。
     「男(女)を立てる」は「人間を立てる」と同じです。

     あなたが、彼より優れた女性という前提で話をしたい様ですので、仕事をしたことがあるものとして書きますが・・

     例えば、上司や先輩と一緒に社外の人と話をしたことはありませんか?
     企画の担当者と一緒にその企画に関わる会合に出たことはありませんか?
     上司や担当者を立てるとはどういうことですか?

    「女性のほうが能力が高い場合・・」

     こんなナンセンスな前提を書くことから、普段から人を立てる習慣がない様に感じてしまいます。能力や才能・・まったく関係のないことです。そんな小さなことで人にマウンティングをしたり威張ったりせずに、その集まりの中で「人の立場を尊重しろ!」ということです。あなたは仕事で自分の方が能力があると思えば、上司や担当者(責任者)を差し置いて勝手に話をしてしまうのでしょうか・・

     プライベートでもそういうケースは多々ありますよ。周りにいるのは誰なのか?誰の話をしているのか?
     そういう環境を理解して、その状況に合った行動をする。それが人を立てるということです。

     私が義父母と話をする時は「妻を立てます」しかし同時に妻は「夫(私)を立てます」
    そして二人は「義父母を立てて」話をしますよ。
    その様にして人間関係は成り立って行きます。
    そこに「能力差」や「力関係」は意味がありません。
    あるのは「立場」だけです。

     どちらが偉い、どちらの能力が高い・・ 自分が威張る口実を考えながらの言動を止めてほしいということですよ。
    「その話題やメンバーの中での相手の立場を考えて行動をすること」です。

     「遠慮」や「我慢」ではなく、周りや相手に「配慮」しろということですよ。

    ユーザーID:7997207993

  • 褒めてよ、ってね。

    先ず、男性は見栄を張るものなのですよ。
    こう書くと偏見だと男性に怒られそうですが。。。

    食事で男性が出す態度なら男性に出して貰えばいいけれど、そういうのとはまた別の意味もあるのではないですか?。

    よいしょ、と言うと何だか馬鹿にした響きですが、誰しも褒められれば嬉しいですよね。
    此れは上下関係とか性別関係無くね。

    例えばですが言葉で男性を立てると言うなら、世間で言う「さしすせそ効果」ご存知ですか?。
    「流石ですね。」「知らなかったです。」「凄いですね。」「センス良いですね。」「そうなんですか。」と言う言葉です。
    別に此の言葉で媚びろと言うのではないですよ。
    此の様な言葉って男性は言われると嬉しいですよね?。
    いや、これ等の言葉って男性を立てるだけではなく親子でも上司と部下でも性別関係無く言われれば嬉しい。

    妻が夫より収入が多いと、妻は夫を尊重出来ませんかね?。
    女性上司だと男性部下を尊重出来ませんかね?。
    そんな事ないですよね?。
    素直に言葉に出して上記の事言うのも男性を立てるのだと思います。

    また男性を立てて掌で転がす女性も居そうですけれど。。。
    褒めて育てるみたいな。。。こうなると話別ですが。

    男女平等が呼ばれる様になって久しいですが、多分昔からの男性優位が言葉に出して言わないけれど、どこかにそう思っている男性が何気にまだいますので女性には立てて貰いたい的な考えが残っているのかもしれません。
    でも出来る女性ほど男性を立てているかもしれませんよ。

    ユーザーID:8471039709

  • ややこしく考え過ぎだな

    >対象の男性よりも女性のほうが能力が高い場合

    あのさ、能力なんて何種類もあって当然でしょう?
    大半がというならば、ダメンズ相手の交際ってことになる。

    給料とかデートの支払いというのは、経済感覚を合わせるのが一番多い。
    当然のように男性が支払う、大目に支払う、割り勘、奢り合うなど
    人によって、付き合いの深さによって色々変化していくでしょう。
    だから、これ1つとっても絶対にこうだなんてものはない。

    しかしながら、彼が食事に行くのが1万程度の予算ならそれで満足できるかなんです。
    相手のプランを受け入れることが相手を立てていることになるのです。

    実際はね、外と内で違って当然なんですよ。

    男を立てるっていうのはさ、付き合っている男女間の話じゃないんだよ。
    そこにいる誰か第三者(友人・知人を含めて)どう見られるかの話なんです。

    デートの食事の会計で男性がまとめて払う。
    その男性そのものへというよりも、店員さんに向けた姿勢でもあるわけです。

    良妻賢母なんて言葉があるように、能力が高くても問題ないんです。
    男女関係なければ、リーダーと懐刀のような関係です。

    能力が高い人がいます。その人を上手に扱えるリーダー、大切にしてくれるリーダー
    それに対して感謝を示すこと、それだけでも相手を立てることになるんです。

    凄い才能がある人が『この人を尊敬しています』『この人が恩師です』
    といって紹介してくれたら、その紹介された人に好感を抱きませんか?

    これと同じなんですよ。
    男を立てるなんてものではなくて、相手を尊敬できるか、敬意を示せるか。
    それが最も重要なのではないでしょうか?

    ユーザーID:7979688486

  • おバカであれ

    賢くてはダメ。
    はっきり物を言うのもダメ。

    >「女性としてはできるけどできないふりをして、お願いっていう態度をとればいいですか」
    こんな理詰めは最もダメ。
    だから働く女はダメなんだ…と寿退社全盛期のごく一部のキャリアウーマンは、そんな洗礼を受けてます。

    >対象の男性よりも女性のほうが能力が高い場合
    ギャップ萌えは必要です。
    バリバリだけど弱いところもある、俺が守らないと…のような。普段理詰めで物事を考えているのに、彼の前だとフワフワと無邪気に話す…みたいな。

    >年収
    私の母(70代)は稼ぎが上でも黙ってました。
    ただ、娘の私から見ても「そこは聞き流せばいい雑談なのに、なぜ詳細に解説したり、理屈で相手を説得したがる。」という部分はありました。母の仕事柄仕方がなかったのかと、大人になると分かりましたが…父は嫌がっていましたね。

    「黙って話を聞いてウンウン頷いて適度に褒めて、可愛くおねだりしておけば良いのよ。」と夫の母(70代専業主婦)に言われた時は、随分と男性をバカにしてるとも思いました。でも夫の父は、可愛い可愛いとベタ惚れ。僕がいないと妻は大変なんだ〜と言ってましたが、亡き後の夫の母は、葬儀直後から1人のびのびと何でも出来ています。

    本人は自覚していませんけど、おバカに見せておいて実情はおバカじゃないのです。

    >奢り
    財布は出して「支払います」と申し出る。
    相手が支払いを断った、あるいは女性の分を少なめの負担にしたらお礼と「ご馳走様でした。」
    後日。何かしらの差し入れ、または少額のプレゼントをする。

    というのが、私の若い頃「女性の常識」とされていました。

    ええ、面倒くさかったです。
    一部分でも対等に会話出来る男性を選んだ方が良いですよ。

    ユーザーID:5683335539

  • 同僚でなく彼氏(候補)に対してですよね?

    つまり 「どうして収入も能力(仕事上のですか?)も下である貴方が好きか。」
    これを分かりやすく チャンスある度に 言葉や態度で示すようにすれば良いのではないでしょうか?

    上下関係でなく 存在価値を感じたい というような意味に取ればよいのでは?
    立ててほしい は
    対外的な 自己顕示欲の高いタイプなのか 2人きりの時も立ててほしい という自信のないタイプなのか
    そこで邪魔くさささは変わりますが、愛情表現として納得のいく範囲で協力してあげるのも 人間関係のうちかも。

    お互い 気持ちよく一緒に居られたら良いねえ って工夫する上で、相手の好みが分かりやすいのはプラスかも。
    私は 立ててほしい とか言われると相手が出来る人でもイマイチな人でも 同じくらい引きますが。
    ちょっとニンマリさせてあげたい気持ちでヨイショするのは好きです。

    ユーザーID:0661956049

  • 収入は無関係かなぁ・・

    「顔を立てる」「手柄を立てる」っていうのを男性に譲ることかな。
    例えば夫婦で成し遂げたことがあったとして、
    それが実際には奥さんの功績が大きかったとしても
    人前で「主人のお陰です」と言えば男を立たせたことになるんじゃないかな。
    ただ「仕事の場」では男を立てる必要も機会もあまり無いかも。
    トピ主さんと後輩男性が一緒に企画した仕事が上手く行ったとしても
    別にそこで「後輩男性のおかげ」と男を立てる必要は無いと思う。
    仲間内の飲み会などで男性が支払ってくれるというなら
    「ごちそうさま」と素直におごってもらえばいいわけで。
    でもそのぐらいのことで男が立つとは思えないですけどね。
    どちらかと言えば恋人同士とか夫婦とか、そういう間柄での行いかと思います。

    ユーザーID:6832859491

  • こっちの得意なとこを発見して、上手に使ってくれってこと

    男です。

    もちろん、女性同様、男も一人一人違うので、この意見は自分一人の独断と偏見でしかないのですが

    「男を立てろ」ていうのは、つまり
    「俺が立てる場所を作ってくれ!」ってことですね



    男に限った話でもないけど
    誰かにこっちの弱点ばっかり突かれると立つ瀬がないでしょう?

    特に女性と男性では、得意分野も違うし、関心のあることも違うことが多いから
    女性の関心の高い分野では、男は大抵女性に勝てない。
    つまり、そこは男の弱点なんですよね

    で、可愛い女性にそういう弱点ばっかり突かれると、男としては立つ瀬がない。


    自分の好きな女性に、女性の関心のある分野ばかりに注目するんじゃなくて
    男の得意なとこを発見して、上手におだてて使ってもらえ、なおかつ時々褒めてもらえると
    こっちも立つ瀬があるというか、生きがいをかんじられて嬉しいわけですよ

    ユーザーID:3563160157

  • 身近な一例ですが。

    割り勘の場合、レジで男性に全額を立て替えてもらって、お店の外で女性は半額を渡すこと。
    らしいです。

    ユーザーID:9268732629

  • くだらん男だ

    今の時代に問題ありそうな発言だから、トピ主に突っ込まれてごまかしただけじゃないのかな。
    今時、男を立ててとか男女とも渇いた笑いしかでないね。

    能力が男より高かろうと低かろうと望むのは俺より前にでるな、気の効いた仕事してくれたらそれは俺の手柄にするよ。
    でも、俺が自分から言ったらカッコ悪いし体裁あるでしょ?だからおまえからどうぞってお願いしろよ、て事。

    トピ主の例でいうなら、他人の目があるところでは奢ってもらって「ありがとうございます!」で、駐車場やら他人の目が無くなったら割り勘してね、て事じゃないですかね。
    要するに見栄はりたいから、人前では俺をすごいやつに飾り立ててって話です。

    「相手を立てる」こういうのは性別関係なく、応援したい相手にするもんです。
    ちなみに能力が低いと相手をうまく立てることは難しいと思います。
    なので、立てる側の能力が高くないとそもそも成立しないんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:5539830199

  • 第三者がいる前で褒める

    同僚でも、友人でも、親でも、その人の関係者の前で褒めちぎればいいです。
    「立ててほしい」と口にしちゃう男は、逆のことを女にはやってくれませんので、注意。

    女の方が能力すごい場合。

    馬鹿馬鹿しいでしょうが、わざとらしいくらい持ち上げてあげましょう。
    できない男ほど敵に回すと後々面倒くさくなります。
    能力が高く賢い女性は、わかっていてその場限りの馬鹿を演じられると思います。

    ユーザーID:2827757260

  • 十分では?

    男性陣のその発言が許されているだけで十分男性が立てられていると思いますが。
    うちの会社だったらセクシャルハラスメントとして
    その場で失職、失職は免れたとしても一生地方の持ち株会社を転々とすることになります。

    それ以上男性を立てるとなると
    女性はコピー取りやお茶汲みのみの職種に従事する、
    女性のみお給料は入社時のまま据え置きとし、男女の給与格差の解消には寄与しない、
    などでしょうか。
    労働基準法や雇用機会均等法という観点から見ると
    かなり危険な領域に入ってくると思いますのでおすすめいたしかねますが。

    ユーザーID:3929437439

  • 立てる、は分からないけど

    私も具体的に「男性を立てる」とは
    はっきりとは分からないのですが、
    以前にこういうことがありました。

    友人達の集まりで、何組かの夫婦が
    いた時のことです。Aさん夫妻は
    美男美女で、A夫さんはとても優しく
    家事も育児もしてくれる人でした。

    ですが、A夫さんがした家事のやり方が
    気に入らなかったらしいA妻さんは、
    友人達が同席している目の前で夫の
    やり方に文句を言い、馬鹿だの何だのと
    夫を罵っていました。

    これは、「夫を立てる」の反対の行為かな
    とも思います。もちろん、普段の夫婦の
    あり方や、日頃の不満なんかは他人には
    分かりませんが。

    「立てる」の意味を考えるなら、友人達が
    帰った後で、「こういう風にしてほしかった」
    と穏やかに伝える、とかでしょうかね。

    目の前であれだけ人を馬鹿にする人間を
    見たのも初めてだったので、本当に驚きました。

    ああいう真似をしないだけでも、あれよりは
    多少は「まともな奥さん(もしくは夫)」と
    あれ以来思ってしまいますね…。

    ユーザーID:7243736020

  • 手柄はもたせ、俺が頼れる人に見えるように振る舞って

    こういう意味です。

    最近のトピで「ワリカンだけどレジでは俺のプライドを立てて俺に払わせて」と言ったために女性にこっぴどく振られた男性の話がありましたが、職場の男性もおなじで、どれだけ女性に失礼なこと言ってるかわかっていないんでしょうね。
    これが男性優位だとも気が付けないほど男性優位が心の底に染み付いていてるんだと思います。

    トピ主さんがそんな理不尽なこと理解できないのは当たり前なので、理解しなくていいです。私は理解しようとすればするほど混乱して苦しみました。

    どんどん変な悪習がなくなるようにしていきましょうね。

    ユーザーID:4775826848

  • 普通のことです。

     逆に能力が下のものが、能力の上のものを「立てる」ことは、おこがましいと言われます。
    さて、答えですが、ポイントは1 「一歩引く」2 「自分の手柄を相手に上げること」と思ってください。例えば、成功の功労度が自分が7、相手が3としましょう。その場合でも相手を立てる、持ち上げて、相手が7、自分が3程度に、3 「対外的」に見せることです。本当の貢献度はわかっている人はわかっていますから。

    ユーザーID:2495080186

  • 同じことで悩んでいました。

    私もかつて同じことで悩んでいました。

    「男を立てる」の意味は相手との関係次第でだいぶ違います。

    「夫を立てる」方法ならば、私の場合は夫の苗字になって先祖代々の土地に住んでいる時点で完了していると思ってるので。

    しいて言えば、自分ひとりで判断して進めることができることでも、一応は「自分は〇〇しようと思うんだけど、どう思う?」と男性の意見を聞いてみて、受け入れられる意見ならば受け入れる、ということで十分だと思います。

    できることでもできないフリして「おねがーい」と甘えるのは、男を立てるというよりむしろバカにしているようで腹が立つ、という男性もいるので要注意。

    ユーザーID:7872494772

  • 「男性をたてる」なんて、今の時代にそぐわない

    私はタイトルのように思います。トピ主さんはおそらくお若い方ではないでしょうか。そうだとすると、ピンとこなくて当たり前ではないでしょうか。そんな事、考えなくていいですし、ましてやしなくていいのではないですか。

    そんなことを求める男性なんて、ろくな人いないですし。(笑)

    まあ、今後の人生に、ほとんど必要ないと思いますが、トピ主さんが回答をほしがっているようなので、私の主観ですが、回答を。

    例えば、デート時のお会計。男性にまとめてお会計をしてもらって、後でこっそり自分の分を渡すとか。男女でけんかになった時、女性が折れて、悪くないと思っても「ごめんなさい」するとか。

    既婚者でいうと、旦那さんと奥さんの意見が分かれたら、「お父さんがこういってるから、うちではこうね」と子どもに言い聞かせるとか。旦那さんの意見を通すとか。

    ね?くだらないでしょう?(笑) 今の若い方はしなくていいです。

    まあ、「男をたてろ」と言ってくる人がいたら、「残念な人」認定してあげて、さっさと逃げてください。(笑)

    ユーザーID:2520813881

  • だいたい

    「男を立てろ」って言う男ほど立てるところが見当たらないんですよね。
    彼らの「立てろ」の理由が「自分が男だから」なんですよ、同じ男としても全く意味がわかりません。
    「自分は男だから自動的に優先される」って意識があるんでしょうね。
    尊敬できないような男を、嘘をついて尊敬したフリなんかしなくてもいいと思いますよ。

    ちなみに「立てる」って、尊敬するって事だと思うんですよ。
    敬いの心があれば自然とその人を立てられるんじゃないでしょうか。
    男性側も立てられたければ、それに値する行動や言動をすればいいだけのことだと思います。
    ちゃんと他者に対して思いやりと敬意を持って接していれば、周囲だって自然とその人の存在を認めると思うのです。

    >一緒に出掛けた時に女性の方が年収が高くても男性が「おごる」と言えばそれを受け入れるとかですか?
    別にそれは立てるとか立てないって話じゃなく、その男性に甘えられるかどうかの問題じゃないのかな?
    その場では奢られても、別の日にそれと同等のプレゼントをしてあげるなどで、男性に見栄を張らせたまま借りを作らない手段だってあります。

    正直その辺りの男女どちらが優位性を持つかって狐と狸の化かし合いみたいなところがあって、相手が何を望んでいるのかを見透かして「ハイハイそう来たのね」って承知しつつ相手の思いに乗ってあげたりするのが、互いの関係を上手に運営するコツだと思うんですよ。
    上手くやらなくてもいい関係の場合は、自分の気持ちに正直に行動すればいい(立てるような事を意識しなくていい)と思います。

    そもそも女性が気を使って立てなきゃいけないような男なんてろくなもんじゃないと思いますよ。
    女性に気を使わせてるって時点で「自分は男としてまだまだなんだな」って反省すべきでしょ。

    ユーザーID:6502766950

  • うーん

    割り勘でも、レジではおれに払わせろ、みたいな事じゃないの?

    店の外に出てから、キミの分はキッチリ払ってね、でも店員の前では俺が奢った事にしてね、みたいな。

    同棲・結婚して、生活費が折半で、実は妻の方が子供の買い物で多く出してても、子供や周囲の人には、俺のお金で養っている事にしてね。

    俺を立てる=俺の親も立てる事だから、何を言われても、逆らわず尽くすべき。

    そんな事を言いたいのでは?

    ユーザーID:6849709141

  • あと、それから

    立て続けですみません。

    男性ってひとくくりにしてますが、男性って言っても一人一人立ててあげるポイントや立て方は千差万別だと思うんですよ。

    女性が一歩引くのが「立てられてる」と感じる男性もいるでしょうし、もしかしたら殿様のように傅かれる事を「立てられる」と感じる男性だっていると思います。
    夫婦で収入差がある場合(女性の方が高い場合)でも、黙ってることが立てることだという家庭もあるでしょうし、収入差があっても互いを尊敬しあっていれば立てているという家庭だってあると思いますよ。

    「こうすることが立てているんだ!」って思い込んで、自分の意思をを抑えて黙って奢られっ放しとか、男性のいいなりになるのもちょっと違うんじゃないかな?
    もし私がそんな事をされたら「バカにしてる?」って感じるかもしれません。

    トピ主さんは、自然と敬意を持てる相手と付き合った方が、難しい事を考えずに自然に振る舞えるんじゃないでしょうか。
    間違っても、自分から「俺を立てろ」などと言う男性には近づかない事をオススメします。

    最後にもう一度言っておきます、「男を立てろ」と言う男にロクな奴はいません。

    ユーザーID:6502766950

  • 能ある鷹は爪を隠す

    相手を傷つけないやり方をするということでしょうか。
    相手に花を持たせる、マイルドな自分下げ・相手上げ、みたいなことで、満足する男性にはそうしてあげてください。

    職場は、必ずしも能力順に昇進するわけではないので、相手への配慮が自分への高評価になることもあります。
    能力があっても?という点は、能ある鷹は爪を隠す、または、ピーターの法則、と言っておきます。

    ユーザーID:0695188183

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧