男性を立てるとは具体的には?

レス91
(トピ主1
お気に入り161

恋愛・結婚・離婚

悩み

レス

レス数91

レスする
  • そんな男ほっときましょう

    >「男性を立てる」って具体的にはどういうことを言うのでしょうか?
     仕事で成果を上げたとき、男性社員のことを
     「さすが〇〇さん、〇〇さんのおかげて上手くいきました」
     とか・・かな・・・。

     私も男ですが、よくわかりませんが、"男性のおかげ"とでも言って
     ほしいのでしょうか。
     男性でなくても、先輩をたてるとか、上司をたてるとか、意味合いは
     同じじゃないですかね。
     
     そうだとすると
    >「対象の男性よりも女性のほうが能力が高い場合」についてです。
     たてることなんてできないと思います。
     先輩が後輩をたてる、上司が部下をたてることになります。

     いいんですよ。ほっときましょう、そんな男は。
     何も自身がないから、そういうことを言うのだと思います。
     手柄は自分のもの、失敗は他人のせい、こういう考えだと思いますよ。

     できない人が言いそうな言葉です。
     簡単に言うと「かまってちゃん」タイプだと思います。

    ユーザーID:6059308337

  • レディファーストと似たようなもの

    レディファーストは女性を尊重しているわけではなく、危険かもしれない場所に出向く時に、女性を先に行かせたのが始まりです。
    今でも、女性を丁寧に扱うというより、本当に形式的に、すべて女性が先なのです。

    男を立てるというのも、男性が「立てられて喜ぶ場面」で形式的に持ち上げてやることで、本当に男性がどうということではありません。
    立て方はさまざまですが、男性以外にも、年長者を立てるとか、古株を立てるとか、そういう場面はいろいろあります。

    ユーザーID:2850666116

  • たぶん

    9割方は女性がお膳立てして、あとちょっとの1割を男性にやらせ、成果としては「男性さんが仕上げた」ことにする感じだと思います。良く言えば、花を持たせること。
    小さい子がお手伝いをして、ハンバーグを一緒にこねたとします。夕食時に「今日のごはん、私が作ったの!」と言ったら、「あんたはハンバーグちょっとこねただけじゃん。焼いたのは母さんだし、ほかのおかずも母さんが作ったし。」などと言わないのと一緒です。

    女性がデートや飲み会で少なく払うのと背中合わせみたいな風習です。「こんどのプロジェクトが成功したのは◯さんのおかげだね」と持ち上げ、昇進ポイントを稼がせる代わりに、打ち上げの費用はもちろん多めに払ってもらう感じです。

    しかし、私の周囲ではいまどきそんなこと言う男性はいませんが。古い体質の職場なのですね。

    ユーザーID:2850666116

  • 付き合う前なら出来ない振りもアリ。

    もちろん、これは男女の恋愛や結婚における話ですよね?

    だったら、まずトピ主様の前提があり得ません。

    >対象の男性よりも女性のほうが能力が高い場合

    ないです。

    基本的には互いに惹かれ合う男女は総合的に能力が等しいものです。得意分野が違うだけ。
    たまに能力が全く違う男女が仲良くなることはありますが、長続きはしません。
    また、どちらか一方が、自分のほうが能力が優っていると考え始めたとき、その仲は終わっていきます。

    つまり、仲良く長年暮らせる男女は、互いに能力が同じ程度だと信じている人達です。

    その大前提のもとに言います。
    男性は、相手女性より自分のほうが得意分野だと信じていることについては頼って欲しいのです。
    女性もまた、相手男性より自分のほうが得意分野だと信じていることについては褒めて欲しいのです。

    互いに認め合い、尊重しあう。
    その形が、男性は頼られることで満たされ、女性は褒められることで満たされる。

    個人差はありますし、最近の男女は多様化しすぎて何とも言えませんが、一般的には男女の傾向というのはあります。

    例えば、どちらも同じくらい料理ができるとします。
    女性は「美味しいね」がいちばん嬉しいけど、男性は「お料理上手ね」と任されるのが嬉しい。そういう違いです。

    分かりましたか?

    ユーザーID:0142007187

  • 中々・・

    >「女性にはやはり男性を立てて欲しいな」

    この時代に勇気のある発言なのか?
    単に浅はかなのか?
    時代云々関係なく俺はそういう男!亭主関白な男!というアピールなのか?

    女性の方が能力が高い場合・・という事ですが、それも何かポイントが違う気がしますけどね。
    仕事上の事なら能力が高い方が優先されて然るべきだと思うので、「いえいえ私よりも彼の方が適任だと思います」なんておかしいですからね。
    企業側としてもそんな事しないでしょうから。

    仕事以外の事なら「思いやり」の問題になるのかもしれませんが、でもそれは男女関係なくお互いに必要ですからね。

    ちょっと彼の真意は分かりませんね。

    ユーザーID:5154152454

  • 「相手を立てる」で考える

    男性を立てる、と考えるとややこしいので、老若男女を問わず、相手を立てると考えるといいのでは。

    まずは相手の出方を待つ。
    相手の判断を否定しない。
    自分のほうが正しい場合や相手より優れている場合も、相手に恥をかかせないようにふるまう。

    具体的には、例えば
    女性より年収が低い男性と食事に行ったとして、
    どのように会計をするか、男性が言い出すのを待つ。
    男性から「個別で」「割り勘で」「奢ります」と、どのような申し出があっても、その場で否定しない。

    男性から「奢ります」と言われたら、女性への好意か、
    「女性には奢るべき」と思っているだけなのかわかりませんが、
    女性のほうが年収が上でも、男性にも奢る程度の金銭的余裕はあるかもしれないし、
    そこまで抵抗感がなければ、奢ってもらってもいいと思います。
    そのときは素直に感謝すればいいだけ。

    男性から奢ってもらうのは遠慮したい場合は、別に断ってもかまわないと思います。
    ただし、断る理由は、本音では
    『私のほうが収入が上だし。』と思っていても、顔には出さず、
    (男性の立場やプライドを傷つけないよう、角が立たないように)
    「ありがとうございます。でも今日のところは自分で支払います。」と穏やかに伝えればいいのでは。

    そこで、相手がムッとするか、ホッとするかは…ケースバイケースで。

    ユーザーID:9307221474

  • 具体的には「顔を立てる」です。

    男性の体面に気を遣うということです。

    でもねえ。

    それ。
    奥さんがやることで、赤の他人に求めることじゃないと思うんですよね。

    「女性」だから「男性を立てる」のじゃなくて、「奥さん」は「旦那さんを立ててほしい」のではないかと思います。

    例えば、おごりの話ひとつにしても、お付き合いごときで男性がおごらなくてはならない理由は無いと思うんです。
    自分より収入がある人におごりたいと思います?
    私ならおごりません。収入が高いほうがおごると言うのなら、ご馳走になりますが、自分より稼いでない人に「おごる」と言われても受け入れないです。

    でも、夫なら違います。

    結局、夫婦の生活費から出すんですから、その場ではどっちがお金を出そうと同じことです。
    夫が財布を取り出すのが当たり前だと思いますし「ごちそうさま」と言います。
    そこを「私のほうが稼いでるんだから、私が払う」とは言いません。
    自分のほうが年収が高くても「夫を養ってる」とは言いません。

    あと「亭主の好きな赤烏帽子」ですかね。

    可笑しいことだとわかっていも、人前では注意しないということです。
    公衆の面前で罵倒するとかってあり得ませんでしょ?
    でも、もっと軽い「注意する」も男の人ってあり得ないんですよ。
    特に女性に言われると反感持ちます。

    「間違ってる」と言われると「恥をかかされた」と思うらしいです。

    聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥、だと思うんですけども。
    自分から聞くのは良くても、他人に言われるのは嫌らしいです。

    私はやっぱり、これも奥さん限定だと思うんですけどね。

    ユーザーID:7431101336

  • 簡単なこと

    本人がやりたいということは出しゃばらず黙ってやらせてあげる、やりたくなさそうなことは察してやってあげる。

    お母さんかっ!って?
    その通りですね。

    いずれにせよ、言葉にすると簡単なことですよ。
    全てについてそのようにふるまう必要もないですしね。

    男性にも望むことに個人差があるし、少なくともこの方面についての能力のある女性でないとできないと思います。

    ユーザーID:8033599555

  • レス

    男性に矢面に立ってもらった方が、後々丸く収まる事が多いからでは?
    例えば、社会では男性が圧倒的に多い場所があります。
    建築やってますが、力仕事が多いため、男性の数が多いです。
    女性である私と、同じ立場である男性同僚がいる場合、指示は同じように出せますが、明らかに面倒な指示、何回も現場に出向いて騒音満載の建築現場を行き来する場合、最終的に指示するのは、男性からの方がスムーズに行く場合があります。
    男性からの指示にしてもらう事もあります。
    立てているように、見せかけた方がスムーズに行く場面は少なからずあるのですよ。
    何も、現場で声を張り上げるのが偉い、という訳ではないですから。
    適材適所、臨機応変ですよ。
    あと、家に居ても、誰かわからない男性の来客には、男性が対応した方が危なくないですよ。
    あなたが対応しなさいよ、というよりは、頼りにしてるから対応してるわよ、と、男性を立てた方がお互いに気持ちよくさばけますよ。

    ユーザーID:3232398446

  • やはり金銭関係

    >一緒に出掛けた時に女性の方が年収が高くても男性が「おごる」と言えばそれを受け入れるとかですか?

    これはあるでしょうね。
    私が感じる「具体的な例」もやはり金銭絡みが多く思い浮かびます。あとは力仕事関係。
    昨今の世間の価値観はどうあれ、古くから男性が女性をエスコートしたり守ったりが美しいみたいな美徳は世界中にありますからね。

    それで男性がカッコよく見えることに女性が敢えて乗ってあげる、という感じ。
    今の若い人ってこの感覚がわからない人もいてこの先増えていくのかもなあ。
    男女同権が叫ばれてる結果。

    ユーザーID:9335307299

  • なぜ彼に言われたか分かる気がします・・

     人を立てることに無頓着な様ですね。

     「男を立てる」は「女を立てる」と同じ配慮です。
     「男(女)を立てる」は「人間を立てる」と同じです。

     あなたが、彼より優れた女性という前提で話をしたい様ですので、仕事をしたことがあるものとして書きますが・・

     例えば、上司や先輩と一緒に社外の人と話をしたことはありませんか?
     企画の担当者と一緒にその企画に関わる会合に出たことはありませんか?
     上司や担当者を立てるとはどういうことですか?

    「女性のほうが能力が高い場合・・」

     こんなナンセンスな前提を書くことから、普段から人を立てる習慣がない様に感じてしまいます。能力や才能・・まったく関係のないことです。そんな小さなことで人にマウンティングをしたり威張ったりせずに、その集まりの中で「人の立場を尊重しろ!」ということです。あなたは仕事で自分の方が能力があると思えば、上司や担当者(責任者)を差し置いて勝手に話をしてしまうのでしょうか・・

     プライベートでもそういうケースは多々ありますよ。周りにいるのは誰なのか?誰の話をしているのか?
     そういう環境を理解して、その状況に合った行動をする。それが人を立てるということです。

     私が義父母と話をする時は「妻を立てます」しかし同時に妻は「夫(私)を立てます」
    そして二人は「義父母を立てて」話をしますよ。
    その様にして人間関係は成り立って行きます。
    そこに「能力差」や「力関係」は意味がありません。
    あるのは「立場」だけです。

     どちらが偉い、どちらの能力が高い・・ 自分が威張る口実を考えながらの言動を止めてほしいということですよ。
    「その話題やメンバーの中での相手の立場を考えて行動をすること」です。

     「遠慮」や「我慢」ではなく、周りや相手に「配慮」しろということですよ。

    ユーザーID:7997207993

  • 褒めてよ、ってね。

    先ず、男性は見栄を張るものなのですよ。
    こう書くと偏見だと男性に怒られそうですが。。。

    食事で男性が出す態度なら男性に出して貰えばいいけれど、そういうのとはまた別の意味もあるのではないですか?。

    よいしょ、と言うと何だか馬鹿にした響きですが、誰しも褒められれば嬉しいですよね。
    此れは上下関係とか性別関係無くね。

    例えばですが言葉で男性を立てると言うなら、世間で言う「さしすせそ効果」ご存知ですか?。
    「流石ですね。」「知らなかったです。」「凄いですね。」「センス良いですね。」「そうなんですか。」と言う言葉です。
    別に此の言葉で媚びろと言うのではないですよ。
    此の様な言葉って男性は言われると嬉しいですよね?。
    いや、これ等の言葉って男性を立てるだけではなく親子でも上司と部下でも性別関係無く言われれば嬉しい。

    妻が夫より収入が多いと、妻は夫を尊重出来ませんかね?。
    女性上司だと男性部下を尊重出来ませんかね?。
    そんな事ないですよね?。
    素直に言葉に出して上記の事言うのも男性を立てるのだと思います。

    また男性を立てて掌で転がす女性も居そうですけれど。。。
    褒めて育てるみたいな。。。こうなると話別ですが。

    男女平等が呼ばれる様になって久しいですが、多分昔からの男性優位が言葉に出して言わないけれど、どこかにそう思っている男性が何気にまだいますので女性には立てて貰いたい的な考えが残っているのかもしれません。
    でも出来る女性ほど男性を立てているかもしれませんよ。

    ユーザーID:8471039709

  • ややこしく考え過ぎだな

    >対象の男性よりも女性のほうが能力が高い場合

    あのさ、能力なんて何種類もあって当然でしょう?
    大半がというならば、ダメンズ相手の交際ってことになる。

    給料とかデートの支払いというのは、経済感覚を合わせるのが一番多い。
    当然のように男性が支払う、大目に支払う、割り勘、奢り合うなど
    人によって、付き合いの深さによって色々変化していくでしょう。
    だから、これ1つとっても絶対にこうだなんてものはない。

    しかしながら、彼が食事に行くのが1万程度の予算ならそれで満足できるかなんです。
    相手のプランを受け入れることが相手を立てていることになるのです。

    実際はね、外と内で違って当然なんですよ。

    男を立てるっていうのはさ、付き合っている男女間の話じゃないんだよ。
    そこにいる誰か第三者(友人・知人を含めて)どう見られるかの話なんです。

    デートの食事の会計で男性がまとめて払う。
    その男性そのものへというよりも、店員さんに向けた姿勢でもあるわけです。

    良妻賢母なんて言葉があるように、能力が高くても問題ないんです。
    男女関係なければ、リーダーと懐刀のような関係です。

    能力が高い人がいます。その人を上手に扱えるリーダー、大切にしてくれるリーダー
    それに対して感謝を示すこと、それだけでも相手を立てることになるんです。

    凄い才能がある人が『この人を尊敬しています』『この人が恩師です』
    といって紹介してくれたら、その紹介された人に好感を抱きませんか?

    これと同じなんですよ。
    男を立てるなんてものではなくて、相手を尊敬できるか、敬意を示せるか。
    それが最も重要なのではないでしょうか?

    ユーザーID:7979688486

  • おバカであれ

    賢くてはダメ。
    はっきり物を言うのもダメ。

    >「女性としてはできるけどできないふりをして、お願いっていう態度をとればいいですか」
    こんな理詰めは最もダメ。
    だから働く女はダメなんだ…と寿退社全盛期のごく一部のキャリアウーマンは、そんな洗礼を受けてます。

    >対象の男性よりも女性のほうが能力が高い場合
    ギャップ萌えは必要です。
    バリバリだけど弱いところもある、俺が守らないと…のような。普段理詰めで物事を考えているのに、彼の前だとフワフワと無邪気に話す…みたいな。

    >年収
    私の母(70代)は稼ぎが上でも黙ってました。
    ただ、娘の私から見ても「そこは聞き流せばいい雑談なのに、なぜ詳細に解説したり、理屈で相手を説得したがる。」という部分はありました。母の仕事柄仕方がなかったのかと、大人になると分かりましたが…父は嫌がっていましたね。

    「黙って話を聞いてウンウン頷いて適度に褒めて、可愛くおねだりしておけば良いのよ。」と夫の母(70代専業主婦)に言われた時は、随分と男性をバカにしてるとも思いました。でも夫の父は、可愛い可愛いとベタ惚れ。僕がいないと妻は大変なんだ〜と言ってましたが、亡き後の夫の母は、葬儀直後から1人のびのびと何でも出来ています。

    本人は自覚していませんけど、おバカに見せておいて実情はおバカじゃないのです。

    >奢り
    財布は出して「支払います」と申し出る。
    相手が支払いを断った、あるいは女性の分を少なめの負担にしたらお礼と「ご馳走様でした。」
    後日。何かしらの差し入れ、または少額のプレゼントをする。

    というのが、私の若い頃「女性の常識」とされていました。

    ええ、面倒くさかったです。
    一部分でも対等に会話出来る男性を選んだ方が良いですよ。

    ユーザーID:5683335539

  • 同僚でなく彼氏(候補)に対してですよね?

    つまり 「どうして収入も能力(仕事上のですか?)も下である貴方が好きか。」
    これを分かりやすく チャンスある度に 言葉や態度で示すようにすれば良いのではないでしょうか?

    上下関係でなく 存在価値を感じたい というような意味に取ればよいのでは?
    立ててほしい は
    対外的な 自己顕示欲の高いタイプなのか 2人きりの時も立ててほしい という自信のないタイプなのか
    そこで邪魔くさささは変わりますが、愛情表現として納得のいく範囲で協力してあげるのも 人間関係のうちかも。

    お互い 気持ちよく一緒に居られたら良いねえ って工夫する上で、相手の好みが分かりやすいのはプラスかも。
    私は 立ててほしい とか言われると相手が出来る人でもイマイチな人でも 同じくらい引きますが。
    ちょっとニンマリさせてあげたい気持ちでヨイショするのは好きです。

    ユーザーID:0661956049

  • 収入は無関係かなぁ・・

    「顔を立てる」「手柄を立てる」っていうのを男性に譲ることかな。
    例えば夫婦で成し遂げたことがあったとして、
    それが実際には奥さんの功績が大きかったとしても
    人前で「主人のお陰です」と言えば男を立たせたことになるんじゃないかな。
    ただ「仕事の場」では男を立てる必要も機会もあまり無いかも。
    トピ主さんと後輩男性が一緒に企画した仕事が上手く行ったとしても
    別にそこで「後輩男性のおかげ」と男を立てる必要は無いと思う。
    仲間内の飲み会などで男性が支払ってくれるというなら
    「ごちそうさま」と素直におごってもらえばいいわけで。
    でもそのぐらいのことで男が立つとは思えないですけどね。
    どちらかと言えば恋人同士とか夫婦とか、そういう間柄での行いかと思います。

    ユーザーID:6832859491

  • こっちの得意なとこを発見して、上手に使ってくれってこと

    男です。

    もちろん、女性同様、男も一人一人違うので、この意見は自分一人の独断と偏見でしかないのですが

    「男を立てろ」ていうのは、つまり
    「俺が立てる場所を作ってくれ!」ってことですね



    男に限った話でもないけど
    誰かにこっちの弱点ばっかり突かれると立つ瀬がないでしょう?

    特に女性と男性では、得意分野も違うし、関心のあることも違うことが多いから
    女性の関心の高い分野では、男は大抵女性に勝てない。
    つまり、そこは男の弱点なんですよね

    で、可愛い女性にそういう弱点ばっかり突かれると、男としては立つ瀬がない。


    自分の好きな女性に、女性の関心のある分野ばかりに注目するんじゃなくて
    男の得意なとこを発見して、上手におだてて使ってもらえ、なおかつ時々褒めてもらえると
    こっちも立つ瀬があるというか、生きがいをかんじられて嬉しいわけですよ

    ユーザーID:3563160157

  • 身近な一例ですが。

    割り勘の場合、レジで男性に全額を立て替えてもらって、お店の外で女性は半額を渡すこと。
    らしいです。

    ユーザーID:9268732629

  • くだらん男だ

    今の時代に問題ありそうな発言だから、トピ主に突っ込まれてごまかしただけじゃないのかな。
    今時、男を立ててとか男女とも渇いた笑いしかでないね。

    能力が男より高かろうと低かろうと望むのは俺より前にでるな、気の効いた仕事してくれたらそれは俺の手柄にするよ。
    でも、俺が自分から言ったらカッコ悪いし体裁あるでしょ?だからおまえからどうぞってお願いしろよ、て事。

    トピ主の例でいうなら、他人の目があるところでは奢ってもらって「ありがとうございます!」で、駐車場やら他人の目が無くなったら割り勘してね、て事じゃないですかね。
    要するに見栄はりたいから、人前では俺をすごいやつに飾り立ててって話です。

    「相手を立てる」こういうのは性別関係なく、応援したい相手にするもんです。
    ちなみに能力が低いと相手をうまく立てることは難しいと思います。
    なので、立てる側の能力が高くないとそもそも成立しないんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:5539830199

  • 第三者がいる前で褒める

    同僚でも、友人でも、親でも、その人の関係者の前で褒めちぎればいいです。
    「立ててほしい」と口にしちゃう男は、逆のことを女にはやってくれませんので、注意。

    女の方が能力すごい場合。

    馬鹿馬鹿しいでしょうが、わざとらしいくらい持ち上げてあげましょう。
    できない男ほど敵に回すと後々面倒くさくなります。
    能力が高く賢い女性は、わかっていてその場限りの馬鹿を演じられると思います。

    ユーザーID:2827757260

  • 十分では?

    男性陣のその発言が許されているだけで十分男性が立てられていると思いますが。
    うちの会社だったらセクシャルハラスメントとして
    その場で失職、失職は免れたとしても一生地方の持ち株会社を転々とすることになります。

    それ以上男性を立てるとなると
    女性はコピー取りやお茶汲みのみの職種に従事する、
    女性のみお給料は入社時のまま据え置きとし、男女の給与格差の解消には寄与しない、
    などでしょうか。
    労働基準法や雇用機会均等法という観点から見ると
    かなり危険な領域に入ってくると思いますのでおすすめいたしかねますが。

    ユーザーID:3929437439

  • 立てる、は分からないけど

    私も具体的に「男性を立てる」とは
    はっきりとは分からないのですが、
    以前にこういうことがありました。

    友人達の集まりで、何組かの夫婦が
    いた時のことです。Aさん夫妻は
    美男美女で、A夫さんはとても優しく
    家事も育児もしてくれる人でした。

    ですが、A夫さんがした家事のやり方が
    気に入らなかったらしいA妻さんは、
    友人達が同席している目の前で夫の
    やり方に文句を言い、馬鹿だの何だのと
    夫を罵っていました。

    これは、「夫を立てる」の反対の行為かな
    とも思います。もちろん、普段の夫婦の
    あり方や、日頃の不満なんかは他人には
    分かりませんが。

    「立てる」の意味を考えるなら、友人達が
    帰った後で、「こういう風にしてほしかった」
    と穏やかに伝える、とかでしょうかね。

    目の前であれだけ人を馬鹿にする人間を
    見たのも初めてだったので、本当に驚きました。

    ああいう真似をしないだけでも、あれよりは
    多少は「まともな奥さん(もしくは夫)」と
    あれ以来思ってしまいますね…。

    ユーザーID:7243736020

  • 手柄はもたせ、俺が頼れる人に見えるように振る舞って

    こういう意味です。

    最近のトピで「ワリカンだけどレジでは俺のプライドを立てて俺に払わせて」と言ったために女性にこっぴどく振られた男性の話がありましたが、職場の男性もおなじで、どれだけ女性に失礼なこと言ってるかわかっていないんでしょうね。
    これが男性優位だとも気が付けないほど男性優位が心の底に染み付いていてるんだと思います。

    トピ主さんがそんな理不尽なこと理解できないのは当たり前なので、理解しなくていいです。私は理解しようとすればするほど混乱して苦しみました。

    どんどん変な悪習がなくなるようにしていきましょうね。

    ユーザーID:4775826848

  • 普通のことです。

     逆に能力が下のものが、能力の上のものを「立てる」ことは、おこがましいと言われます。
    さて、答えですが、ポイントは1 「一歩引く」2 「自分の手柄を相手に上げること」と思ってください。例えば、成功の功労度が自分が7、相手が3としましょう。その場合でも相手を立てる、持ち上げて、相手が7、自分が3程度に、3 「対外的」に見せることです。本当の貢献度はわかっている人はわかっていますから。

    ユーザーID:2495080186

  • 同じことで悩んでいました。

    私もかつて同じことで悩んでいました。

    「男を立てる」の意味は相手との関係次第でだいぶ違います。

    「夫を立てる」方法ならば、私の場合は夫の苗字になって先祖代々の土地に住んでいる時点で完了していると思ってるので。

    しいて言えば、自分ひとりで判断して進めることができることでも、一応は「自分は〇〇しようと思うんだけど、どう思う?」と男性の意見を聞いてみて、受け入れられる意見ならば受け入れる、ということで十分だと思います。

    できることでもできないフリして「おねがーい」と甘えるのは、男を立てるというよりむしろバカにしているようで腹が立つ、という男性もいるので要注意。

    ユーザーID:7872494772

  • 「男性をたてる」なんて、今の時代にそぐわない

    私はタイトルのように思います。トピ主さんはおそらくお若い方ではないでしょうか。そうだとすると、ピンとこなくて当たり前ではないでしょうか。そんな事、考えなくていいですし、ましてやしなくていいのではないですか。

    そんなことを求める男性なんて、ろくな人いないですし。(笑)

    まあ、今後の人生に、ほとんど必要ないと思いますが、トピ主さんが回答をほしがっているようなので、私の主観ですが、回答を。

    例えば、デート時のお会計。男性にまとめてお会計をしてもらって、後でこっそり自分の分を渡すとか。男女でけんかになった時、女性が折れて、悪くないと思っても「ごめんなさい」するとか。

    既婚者でいうと、旦那さんと奥さんの意見が分かれたら、「お父さんがこういってるから、うちではこうね」と子どもに言い聞かせるとか。旦那さんの意見を通すとか。

    ね?くだらないでしょう?(笑) 今の若い方はしなくていいです。

    まあ、「男をたてろ」と言ってくる人がいたら、「残念な人」認定してあげて、さっさと逃げてください。(笑)

    ユーザーID:2520813881

  • だいたい

    「男を立てろ」って言う男ほど立てるところが見当たらないんですよね。
    彼らの「立てろ」の理由が「自分が男だから」なんですよ、同じ男としても全く意味がわかりません。
    「自分は男だから自動的に優先される」って意識があるんでしょうね。
    尊敬できないような男を、嘘をついて尊敬したフリなんかしなくてもいいと思いますよ。

    ちなみに「立てる」って、尊敬するって事だと思うんですよ。
    敬いの心があれば自然とその人を立てられるんじゃないでしょうか。
    男性側も立てられたければ、それに値する行動や言動をすればいいだけのことだと思います。
    ちゃんと他者に対して思いやりと敬意を持って接していれば、周囲だって自然とその人の存在を認めると思うのです。

    >一緒に出掛けた時に女性の方が年収が高くても男性が「おごる」と言えばそれを受け入れるとかですか?
    別にそれは立てるとか立てないって話じゃなく、その男性に甘えられるかどうかの問題じゃないのかな?
    その場では奢られても、別の日にそれと同等のプレゼントをしてあげるなどで、男性に見栄を張らせたまま借りを作らない手段だってあります。

    正直その辺りの男女どちらが優位性を持つかって狐と狸の化かし合いみたいなところがあって、相手が何を望んでいるのかを見透かして「ハイハイそう来たのね」って承知しつつ相手の思いに乗ってあげたりするのが、互いの関係を上手に運営するコツだと思うんですよ。
    上手くやらなくてもいい関係の場合は、自分の気持ちに正直に行動すればいい(立てるような事を意識しなくていい)と思います。

    そもそも女性が気を使って立てなきゃいけないような男なんてろくなもんじゃないと思いますよ。
    女性に気を使わせてるって時点で「自分は男としてまだまだなんだな」って反省すべきでしょ。

    ユーザーID:6502766950

  • うーん

    割り勘でも、レジではおれに払わせろ、みたいな事じゃないの?

    店の外に出てから、キミの分はキッチリ払ってね、でも店員の前では俺が奢った事にしてね、みたいな。

    同棲・結婚して、生活費が折半で、実は妻の方が子供の買い物で多く出してても、子供や周囲の人には、俺のお金で養っている事にしてね。

    俺を立てる=俺の親も立てる事だから、何を言われても、逆らわず尽くすべき。

    そんな事を言いたいのでは?

    ユーザーID:6849709141

  • あと、それから

    立て続けですみません。

    男性ってひとくくりにしてますが、男性って言っても一人一人立ててあげるポイントや立て方は千差万別だと思うんですよ。

    女性が一歩引くのが「立てられてる」と感じる男性もいるでしょうし、もしかしたら殿様のように傅かれる事を「立てられる」と感じる男性だっていると思います。
    夫婦で収入差がある場合(女性の方が高い場合)でも、黙ってることが立てることだという家庭もあるでしょうし、収入差があっても互いを尊敬しあっていれば立てているという家庭だってあると思いますよ。

    「こうすることが立てているんだ!」って思い込んで、自分の意思をを抑えて黙って奢られっ放しとか、男性のいいなりになるのもちょっと違うんじゃないかな?
    もし私がそんな事をされたら「バカにしてる?」って感じるかもしれません。

    トピ主さんは、自然と敬意を持てる相手と付き合った方が、難しい事を考えずに自然に振る舞えるんじゃないでしょうか。
    間違っても、自分から「俺を立てろ」などと言う男性には近づかない事をオススメします。

    最後にもう一度言っておきます、「男を立てろ」と言う男にロクな奴はいません。

    ユーザーID:6502766950

  • 能ある鷹は爪を隠す

    相手を傷つけないやり方をするということでしょうか。
    相手に花を持たせる、マイルドな自分下げ・相手上げ、みたいなことで、満足する男性にはそうしてあげてください。

    職場は、必ずしも能力順に昇進するわけではないので、相手への配慮が自分への高評価になることもあります。
    能力があっても?という点は、能ある鷹は爪を隠す、または、ピーターの法則、と言っておきます。

    ユーザーID:0695188183

  • 自分で言う?

    真に能力のある男性は(性別に関わらず、ですが)
    そのような事は言いません。

    デキル人ほど謙虚で礼儀正しいですよね。

    能力があり、人間的に尊敬できる人であれば周りが
    ほっておかず、自然と尊敬が集まり、自然と「立て」られる
    立場に居ますよね。

    自分で立てて欲しい、なんて雑魚の言うセリフ。
    普通に接してあげれば良いでしょう。

    何寝ぼけた事を言っているのでしょうね。
    自分を磨け!と思います。

    ユーザーID:0986517613

  • 内助の功ってやつ

    その同僚、かなり感じ悪いですねー。
    多分ですがその人の辞書には、女性が男性を上回るなんていう
    状況そのものが存在しません。

    なんというのかな、女性というだけで最初から大幅減点されていて、
    だから女性が男性同等かそれ以上の能力を持っていても、
    その謎の減点とやらのせいで対等になりえない、みたいな考えの人。

    そういう人が「だから女性は仕事をしながらでも、
    家事育児介護をすべき(それでやっと男性と同等になるから)」
    みたいな理屈を持っているんですよねえ。

    で、そういう事を踏まえて、
    とはいえ実際には能力関係が男=女、もしくは男<女なのは
    当然あります。そういう時に彼らが思う「男の立て方」は、
    「女性が全てのおぜん立てをして、男が最後の一手だけ打ち、
    さも全ては男性の力によって成しえたもののようにする」
    事じゃないでしょうか。いわゆる「内助の功」です。
    雇用関係やポジションの違いでそういう役割分担が無いとは
    当然言いませんが、それを性差にも適用して欲しいんでしょう。
    あとは男女双方の手柄でも女は「〇〇君のお陰です」みたいな
    謙遜をすべきとか。仕事においてはそういう事では?

    夫婦間の年収格差の場合は、物理的な話なのでどうしようもないですが、
    想像するなら「あなたが優しいから、私は仕事を頑張れてる結果よ」
    とか言うんですかねえ。

    という事で、最初から不愉快な話しか浮かんでこないですが、
    まあ、そのあたりなんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:4221148883

  • うーん…

    男を立ててほしいなんて抽象的な事語る人、正直本人が微妙だと思います(苦笑)
    あまり気にしなくていいと思いますが。

    立てるというか…、思いやりなのかなと思ってます。
    私は基本的に主人が悪く言われるよりは私が悪く言われてもいいって思ってますし、主人もそんな思いがあるのか、お互い自分だけ得したい!みたいな感情を持ってないのがわかるのであまりもめません。

    やり方とか、考え方が違うのでちょこちょこぶつかったりはしますが、あまりお互い否定しないので激しいケンカになることもないですね。
    根本の性格、相性にもよるとは思いますが。

    多分主人に男を立てるとか思うか聞いても特には…って答えると思います。
    私も主人も、相手を立てる、相手を尊重する、と思ってる感じです。
    わざわざマイナスなことや気持ちが下がるような言葉を口にしないとか、伝え方を工夫するとか。思いやりですよね。

    ユーザーID:9770098917

  • 出来ないフリはしなくても?

    >主張しない
    というのは正しいのでは?
    あくまでも「自分がやってます」「自分がしてあげてます」感を出さない。
    自分がやるべきことはやってそれは主張せず、相手がしてくれたことに感謝する。
    じゃないでしょうか?

    トピ主の言うような持ち上げ方で満足する人も居れば不満に思う(逆にバカにしてる?と思う)人もいます。

    驕られるかどうかってことより
    相手が自分に対しそういう気遣いをしてくれていることに感謝することじゃないでしょうか?
    そしてそれをちゃんと伝える。

    例えば自分の方が収入が多いしデートも全部割り勘の場合で
    友人から「割り勘なんて嫌じゃないの?」と聞かれたとして
    「でも私の方が収入もあるし」という答え方は立ててませんが
    「そう?でもイベント事とか彼はいつも真剣に色んな事考えてくれてるよ」と言えば彼を立てていると取れるのでは?

    「調子に乗せろ」ではなくて「相手の良い面を引き出す、伝える」ことなんじゃないかなって思います。


    カップルで無くてもバリキャリの女上司が上司に「業績が良かった」と褒められたとき
    「ありがとうございます。」だけではなくて「部下が皆必死に頑張ってくれたおかげです」と一声添えるだけで
    「部下を立てる上司」と思いませんか?

    ユーザーID:1063685693

  • あほらし

    一番レスの「おとこ」様に同意です。
    そんなしょうもないことを言う男性のことは放っておきましょう。情けない、男性優位の考えを持った人です。

    >夫より妻のほうが年収が高くなっても黙っていれば「男性を立てている」ことになるんでしょうか。

    妻が年収が上であることを黙っているだけじゃないですよ。

    実は妻のお金で建てた家も、妻のお金で買った高級車も、みーんな夫の稼ぎで買ったものにしてあげて、妻はそのことも誰にも言ってはいけないんですよ。
    その上、夫の親にも「○○さん(夫)のお陰で立派な家に住めるし、車にも乗れます。」って言わないといけないの。

    妻と夫の親が同時に介護が必要になった場合、何をおいても夫の親の介護を優先し、更に年収が上の妻のお金を仕送りしてあげて、それも黙って夫のお金だと思わせる。
    たぶん、自分の子供に対しても、妻のお金で生活のやり繰りをしていても「パパのお陰で安定した生活が送れるのよ。パパに感謝しようね。」って言わせるんだよ。

    ついでに、「男を立てる」為に、いくら妻の年収が上でも、家事育児は女の仕事と言われて全部押し付けられるでしょう。年収の低い、能力の低い夫は、家でゴロゴロするだけで、ご近所様にも「あそこのご主人はしっかり稼いでいるので、立派な家を建てて、高級車に乗って、奥様は幸せよねー。」なんて言われるのを笑顔で受け止めなければならないんですよ。

    ほーんと、あほらし。
    そんなに男性優位に立ちたかったら、本当に上を目指す!というようなガッツのある人でないと相手にする必要なし。

    ユーザーID:7738835571

  • 3の功を褒めたたえ、感謝する

    7:3で女性の能力が高い関係だとします。

    男を立てるとは
    女性は7の功績を一切自慢しない。
    男の3の力をさも重要なことであるようにほめる。
    事がうまくいってるのは男性のおかげだと感謝する。
    これが疑いなく自然に聞こえたら、男は自分が3しかできない事実を忘れて、とても気分がよくなる。

    事実を突きつけると、拗ねてやさぐれて総合力0かマイナスになってしまう男もいるでしょうから、気分よくさせて男の能力を引き出す、人間操縦法の一つでしょうか。男は実力に関係なく、プライドが高いですからね。

    ユーザーID:9773942746

  • さすがに茶番


    >うーん、できないふりをするのも違うんだよなあ

    さすがにふりをされても惨めなんじゃないですかね?
    だってあきらかに女性のほうが出来るのに
    「あーん できなーい 男性〜た〜すけて〜」って黄色い声でやるんですよね?
    さすがに茶番ですよ。
    まあそれでも満足な人ならいいけど。

    ところで、このご時世にすごい発言する男性もいたもんですね。
    退社後や業務時間外のプライベートの発言であってもさすがに脇が甘すぎかと。
    その男性、ほかにもジェンダー絡みでやらかしてると思うので
    早晩処分されるかも。
    媚びても居なくなったら媚び損なのでほどほどにしておいたほうがいいですよ。

    ユーザーID:0462604153

  • 相手が男性でも女性でも

    あからさまな非難はしない
    一刀両断、バッサリ否定をするのではなく
    一旦は相手の意見を聞く
    尊重したうえで、反論がある場合は、こういう考え方もある・・・という風に言う

    相手が良かれと思ってしたことが、実際は有難迷惑だったとしても
    その何かをしてくれたこと自体には感謝を表す

    相手を立てるとはそんな風な事だと思います。

    で、男性だから立てるのではなく、
    女性でも男性でも、
    年上でも年下でも
    敬意を表して相手を認める事なのだと、私は思います。

    ユーザーID:5582820319

  • 頭でっかち

    私は、男を「盾にする」ことの方が多い。
    仕事ならクレーマー相手にとか、家でならしつこい勧誘相手にとか。
    机の中では男女平等、って議論されてますけど、実際の場面で、女より男が身体わ、張ったら危険回避の確率は高い。
    割と自ら、「タテになってやるよ」という男性は多いですが、どうですか?

    ユーザーID:3058203229

  • 花を持たせる

    「男性の方が能力が高い」場合は放っておいても「男性が立っている」状態では。
    その場合は、わざわざ「男を立てて欲しい」などと要求する必要は無いと思います。

    問題は「女性の方が能力が高い場合」でしょうね。
    そういう場合でも「男のプライドを考えて男をやり込めたりせず持ち上げて花を持たせて欲しい」ということだと思います。

    「え、こんなことも知らないの?!」と思ってもそうストレートに言わず、さりげなく相手に伝えるとか、要は男のプライドを傷つけないようにということでは。
    それだけ繊細に扱って欲しいということなんでしょうね。

    女性の方が収入が高くても「私がこうして仕事が出来るのは夫の応援があってこそ」みたいに夫を立てるとかね。

    ちなみに私が男性に「女性にはやはり男性を立てて欲しいな」などと言われたら、「男性の方が能力が高ければ放っておいても男が立つのでは?それって自分が出来なくても女性に花を持たせて欲しいということですよね。なんか、そんなこと言う男性って小さい、恥ずかしくないのかと思います。」ってクソミソに言い込めてやりますよ。
    「そんなこと言う男なんてほんと情けない」って。

    最終的にその男性も同意せざるを得ないほど、徹底的に言ってやる。そういう行動がまさに「男を立てない行動」だと思います。

    もし「そうですよね、最近は女性も強くなって来たがやはり男性にはかなわないところがある、女性は男性を立ててこそ、やはり人間的にも魅力が感じられますよね」と「女性は一歩引くべき」的なことを言って同意してあげるのが「男を立てる」行為だと思います。

    ユーザーID:6845719601

  • 痛い男性ですね

    プライベートでお付き合いしているのと
    仕事上の立場が絡む場合とだとまた違うのでは?
    特に職場で「女性は男性を立てるべき」なんて言ったら
    厄介なことになりますよね?
    プライベートではお好きにどうぞですけど。

    でも今時、
    仕事でもプライベートでも
    能力がなくても男だからという理由だけで
    立ててほしいだなんていくら本音でも言ってる方が惨めじゃないのかな?
    と思います。
    だって周りは見抜いてますよね?
    男だからって空威張りしちゃって
    能力もないのに鼻高々になっちゃって、
    なんて恥ずかしい人なんだろう。
    仕事もできないのに痛い人だな〜って。

    まあそんな人物がどうなろうが関係ないと思うので
    適当にはいはいすごいですね おみそれしました〜ってやっとくのが
    一番害がないかと思います。
    出世しない人相手にマジになっても時間勿体無いしねz

    ユーザーID:0462604153

  • 普通に

    彼が誰かと話してる時に横から口を挟まないとかでしょ

    彼の友達だの知り合いだのなのに距離感なく話に入ってきて
    自分の知識をひけらかすような女性は真逆ということです

    ユーザーID:6454680769

  • 良い立てかたと、悪い立てかた

    全ての「立てる」がいいものではないです

    立てるとは、立場を与えるってことですね
    仕事のポストに限らず、何かちょっとした事でも頼りにするなら該当するでしょう

    それが適材適所の場合もあるし
    能力不足だが下駄を履かせて立たせてあげる事もある
    能力不足だから絶対悪いってわけでもなくて
    応援したい人に期待を込めて、頑張れと立てることもある

    立てるという行為は、選ぶこと、認めることであると同時に
    そこに私情が入りやすいため一歩間違えば
    不公平となり人を虐げたり傷つけたりします
    これが悪い立てかたと思います

    でも、公平ではないから絶対悪いというわけではなく
    他の人を虐げたり傷つけたりしないのであれば
    応援したい人を、自分の私情を込めて立てるのはアリだと思います

    男らしく、女らしく、全員がその型にハマるわけではありませんので
    男らしいと扱われたい男性、女らしいと扱われたい女性に限っての話であり
    相手の気持ちを考える必要がありますが

    男でも女でもないただの人間、そこらへんにいる誰でも無い人、として扱うのではなく
    男らしい男性だと認めてそう扱ってあげる、というのが一つの、男を立てるかなと思います
    女性にしても、女らしい女性として扱ってあげる、というのが一つの尊重の仕方と思います

    重ねて言いますが、男らしい、女らしい、そう扱われて嬉しい人限定です
    そこの見極めは大事です
    相手のことを良く見て、理解し、認めることが、良い立てるです

    仕事上で能力とは無関係に贔屓によって誰かを立てる、としたら
    それは不利益を受ける人が発生してますので悪い立て方ですね

    ユーザーID:7098746431

  • 男性をたてる=男のメンツを潰さない

    男性を立てるとは即ち、男のメンツを立てる。メンツとは体面と同義語です。

    例)
    A子:昨日の晩、我が家にデッカイGが飛んできて大騒ぎになったのよ。無事にやっつけたんだけどね。

    B子:誰がやっつけたの?

    A子:旦那に決まってるじゃない。
    (本当のとこ旦那は、大の虫嫌いでGが飛んできた時、悲鳴をあげて逃げ回っていた。Gは、もちろんA子がやっつけた)

    ユーザーID:6017512801

  • 立てて欲しいなんて人は大したこと無いよ

    ど昭和生まれのアラ還です。

    私の若い頃はモラハラの定義も無く、
    社会では「男を立てる女はいい女」と言う認識が一般的でした。
    私は過剰な「男を立てて欲しい」言動はモラハラだと思いますよ。

    男性の方が優秀であると承認してあげて、
    「凄いですね」としょっちゅう言ってあげるとか、
    トピ主さんの例のように「本当はできるけどできないふりしてやってもらい、
    そしてそれをしてくれた男性を持ち上げる」とか、
    肝心なところの決定権を男性に渡すとか、
    いわゆる「出しゃばらない、控え目な」女として存在し、
    男性がすごく優秀で頼り甲斐があると見えるように振る舞うことが、、
    男を立てるだったと思います。

    しゃらくさい!!。

    立ててもらわなければ自分に自信が無いような人は、
    そもそも頼り甲斐なんて無い情けない人ですよ。

    立てて欲しいなんて言ってくるような人、
    立てる価値は無いし、
    もう女性が男性を立てろなんて時代は終わったと思います。

    自分のプライドは人によって守られるのでは無い。
    自分のプライドは自分で守る。
    それこそがプライドってものだと思うんですよね。

    もういい加減、男を立てろ社会はやめにして欲しいです。
    くだらないから。
    男性であれ女性であれ、人望が集まる人は、
    自然と皆から頼り甲斐があると認識されるしね。

    ユーザーID:7825836689

  • 同性といる時もそんな感じ?

    >もし対象となる男性と、自分(女性)が対等に力があった場合、立てることができなくなるのでしょうか。
    >それとも控えめにして、できるけど言わない、主張しないというのが正しいですか?

    要するに、相手に対する思いやりだと思いますよ。
    私は結婚して15年になります。レストランの会計では夫に支払いをしてもらいます。
    夫を立てるためです。
    この場合あなたの発想では「夫が払った=妻には支払い能力がないと判断される」という事なんでしょうか?
    そんな風に世間の人が考えると思いますか?
    スーパーでもセレクトショップでも買い物に行ったときは夫が荷物を持ってくれます。
    どんなに軽いものでも「持つよ」と言ってくれます。
    夫は「だって僕の方が体が大きいし力も強いんだから同じ重さの荷物を持つのでも大変さが違うでしょ?」と笑って言ってくれます。
    こういう光景もあなたからすれば「妻に荷物持ちをさせられている哀れな夫」になるのでしょうか?
    私は「ありがとう」と素直にお礼を言っていますが。

    人間関係は持ちつ持たれつだと思います。
    そもそも男女で立てて欲しい場面や言って欲しい言葉も違います。そこを持ちつ持たれつしないで一緒にいて楽しいとは思えません。
    あなたのように「能力の勝ち負け」に比重を置いていたら人間関係きっと楽しくないでしょうね。

    質問ですけど、男女ではなく能力も立場も対等の女性と一緒にいる場合、トピ主はどうするんでしょう?
    例えば、そういう女性と二人一組で取引先の方に花束を贈呈する場合など。
    トピ主は頑として花束を贈呈する役をゆずらないのでしょうか?
    また、花束贈呈を第三者としてみる場合、花束を渡す人のことを見て「ああ、あの人の方が能力か立場が上だからなのね」と花束贈呈を担当しなかった人を蔑むのでしょうか?
    それとも同性なら相手を立てられるけど、異性なら絶対に相手を立てないということですか?

    ユーザーID:7749420281

  • 死語の世界

    一般論的にはいちいち立てなきゃご機嫌斜めな男なんて構っていられるか、と思いますが、結婚ともなると「男を立てる」シーンが多くなってきます。

    まずは「姓」をどちらにするか、では96%が夫側の姓を名乗ることになります。
    これも謎習慣で、「結婚しても姓を変えない」「ミドルネームで独身時の姓も残せる」「夫婦別姓」といろいろなやり方があるのに、反対するおっさんが多く実現しません。

    じゃあ「男」が悪いのか、というと、姓の問題も含めて「男」を立てろ、というのは案外姑だったりするので、「夫」には男女平等を求めても「息子」になると話が違ってくる。

    それでも私たちが若かった時代(昭和後期)までは、ごはんやお酒を飲みに行くとたいていは男性が奢ってくれましたし、専業主婦も多かった時代です。男を立てておだてるメリットはありましたが、今は割り勘、共働きの時代。なんで立てなきゃいかんのか意味が分かりません。時代が変わったので「男を立てる」ってのは死語でいいんじゃないか、と。

    ユーザーID:4445987986

  • できない振りはしなくていい

    男性がやる、というならお願いしておけばいいんだと思います。
    一方の能力が高くても、能力が高い方が全部やらねばならないって事はないと思うし、
    出来る方が全部やっちゃうのは違うと思います。

    「できない振り」をするのでなく、信頼して任せるって事じゃないでしょうか。
    夫より妻の方が年収が高くても、比較対象は収入だけじゃないし
    その分家の事を多くやってくれたり、気遣いのある行動をしてくれるならそれでいい。
    ようは相手の良いところを見て、お互いに尊重し合いましょうってことじゃないかな。

    逆にいうと女だからってバカにしたり下にみたり、感謝のない人を立てる必要はない。

    ユーザーID:5140518773

  • まだそんな事いう男性がいるんだ(びっくり)

    それって独身男性が語った理想の奥様象かなにかの会話でしょうか?

    まぁ夢は好きに語ればよろしい。
    そんな戯言を真剣に考える必要もなし。

    だと思いますけどね。

    >特に聞きたいのは「対象の男性よりも女性のほうが能力が高い場合」についてです。

    女性は男性より能力が高い場合は控えないといけないのかな?
    例えば経済力がある場合、それをひけらかして人を馬鹿にすることは男性でも女性でも嫌われるしスマートじゃありませんよね。
    夫婦で夫が経済力があるから、ない妻をしいたげてもいいのでしょうか?
    違いますよね。妻が経済力があることに対して夫が卑屈になるから隠せ?
    それも違いますよね。

    どっちに経済力があってもそれをかさにきたら夫婦としては終わりだと思ってます。

    ユーザーID:4960873546

  • なんだかな

    男性にはスマートに奢ってほしいだの
    男性にはレディーファーストでいてほしいだの
    レストランでの座りの位置を気にしてほしいだの

    といったい何が違うというのでしょうね
    こちらも死語の世界ですか?

    ユーザーID:6454680769

  • 時代は進んだなあ

    「男を立てるってどういう事?」っ議論が持ち上がるほどの世の中になったというのは、おばさんとしては嬉しいですね。
    何故なら私が若い女性だった30年ほど前は、女性は男性を立てるのが当たり前だったから。

    「女性が能力が上の場合」とありますので、わかりやすいようにTOEICやTEAPで彼女の方が点数が良かったカップルがいたとして、しかも二人共英語力を求められる仕事をしている、という状況を想定してみます。

    その場合、友人を交えての飲み会の時に「そう言えばこの間の試験二人共受けたんでしょ?何点とれた?」と友人から聞かれたりしたら、「男性を立てる賢い女性」であれば「点数?わすれちゃったぁ。まああんなものは仕事の出来る出来ないとは関係ないしね。実際の現場に立ったら彼みたいに理論的な会話ができた方がいいんだけど、私はなかなかそうはいかなくて…」などと上手くごまかしつつ彼の何かを皆の前で褒めます。
    「男性を立てられない女性」であれば「彼は何点、私は何点」と、そのまま応えるでしょう。

    これが点数が男女逆で、聞かれたのが男声であれば多分、「俺は何点、彼女は何点」と多くの男性は鼻高々に答えるでしょう。
    これはこれで「男が立った」事になるので問題なし。

    つまりは「男の方が女よりもすばらしいのだ」という状況を、主に第三者がいる所ではちゃんと作り上げてあげるのが「男を立てられる」女性のありかたです。

    ま、正直言っちゃえば、周りは見ていて何となくわかってしまってりするものですけどね。

    ユーザーID:1650236689

  • サポート役

    具体例の一つ目は、創業者の松下幸之助の妻。
    貧乏な時代から彼に寄り添い、従業員の食事の世話から教育から会社の会計までもを一手に引き受け。
    妻がいなければ幸之助氏は偉業を成し遂げられなかったと言われますが、彼女の立場はあくまで「幸之助の妻」であって、妻本人は出世もしていないし、殆ど存在すら知られていませんよね。

    男性陣に絶大な人気を誇ったマンガ「タッチ」の南ちゃんも、彼女本人が全国大会に行けるような物凄い才能の持ち主なのに、芽すら出ていない彼氏の才能の方を「信じ」て野球部のマネージャーとして彼氏の「世話」をし、雑用をこなし、甲子園に「連れてって」とやる。

    つまり、男を立てる女性は、男性より能力が高くても、男より高給取りにはなり得ないのです。
    サポート役に徹して自分の能力は男の成功のために費やし、華の部分は男に持っていかせるからです。

    身近な例では、他の方も書いている
    「レジでは俺に払わせろ」男。私は現実に遭遇したことがあります。
    その男に言わせると、ビタ一文奢らないくせに「人前では女は財布を出さず、あたかも男が奢っているように振る舞った上で、誰も見てない所で自分の分の金額をそっと差し出すのが女のたしなみ」なのだそうです。
    もちろん、次のデートには応じませんでしたけどね。

    昭和の時代には、同じ仕事をこなしているのに男子が学級委員長で女子が副委員長、というのもありました。今はどうなんでしょうね。

    バカげた話です。
    それでも、すぐれた男が何かに真剣に取り組んでいれば、女はそれなりにサポートしたくなるものです。
    「男を立ててよ」とか言ってくる男は、「男」であること(差別意識)以外に立ててもらえる要素がない男の遠吠えですから、放っておけばいいのですよ。

    ユーザーID:5000797980

  • 横ですがみどりさんへ

    レディファーストって、本来そんな意味なんですか!?
    知りませんでした。とても勉強になりました。

    思いっきり男性優位ですね〜。昔だからこそですね。
    貴様と言う言葉も、昔(室町時代後半〜江戸時代前半)は文字通りあなた様と尊敬を込めた意味で使われていたようですもんね。

    例えばお店などに入る時、男性がドアを開け先に女性を通すレディファーストな振る舞い、これからは主人を先に行かせようと思います(笑)

    ユーザーID:1837345504

  • 人間関係の基本がわかっていれば簡単なこと

    男を立てるではなく相手を立てると考えれば分かるはずです。
    人間関係の基本です。

    できないふりをするのは違います。
    無視しない、感謝する、持ち上げるなど基本的なことです。

    例えば仕事なら、トピ主が一から十まで完全に1人でする仕事なら勝手に1人でやればいい。
    でもそこに何か少しでもかかわる人がいたら一声かける。
    無視をしない。
    「こういうふうに進めようと思っているのですがどう思いますか?」
    「これで大丈夫ですか」

    本人に感謝
    「おかげで助かりました」
    「頼りにしてます」
    「すごい、さすが〇〇さん」

    上司などに同僚〇〇さんのことを持ち上げる
    「〇〇さんのおかげです」
    「〇〇さんが助けてくれました」
    「〇〇さんがいてくれるので心強いです」

    こんな感じでちょっとしたことだけど言葉で配慮することじゃないかな。

    恋愛(おごる)だとまたちょっと違うけど、基本(無視しない、感謝、持ち上げる)は同じかも。

    受け入れればいいということではなく、お互いの事情など組み込んで臨機応変に。
    断るにしても「おごりたいと思ってくれた気持ちが嬉しい」と伝えること。

    嫌いな人におごりたいとは誰も思いません。
    彼は彼女を好きだからおごりたいと思ったはず。

    彼の気持ちに喜びや感謝を伝えることです。
    おごりたいと思ってくれた気持ちを無視しない。
    おごってくれようとしたことには感謝する。
    その気持ちが嬉しいと持ち上げる。
    ということです。

    断るにしても相手を立てつつ、つまり相手に恥をかかせずに断るということです。

    例「嬉しい。ありがとう。でも誕生日とかじゃないし一緒に楽しみたいから割り勘にしよ?」

    ユーザーID:6108440355

  • 「男を立てよ」は男は弱いから

    男性は一般的にプライドが高く、エエカッコシイなんです

    例えば(うちの場合)飲み会の後、日付変更時間に私に迎えに来させて、
    さらに同僚も一緒に送っていくよう命令するんです
    偉そうにのたまいます

    私は、「悪いね」と恐縮する同僚には、「いいえ、ついでですから大丈夫ですよ」と何の迷惑も感じてないように笑顔で返事をします

    が、最後の同僚を降ろしてドアがバタンと閉まった瞬間から声が1オクターブ下がってブーブー文句と仏頂面で帰宅

    それでも、旦那はご機嫌
    同僚の前で「俺のいう事を聞く女房」を見せつけたのだから
    私は夫の鼻をへし折らずに伸ばしたのです

    夫が好きだから、少しでも夫が気分よくいられるように気づかいします
    妻が大切にしてくれるから、単純な夫は妻の為に頑張って働きます
    結果、夫は所得が伸び、私は恩恵に預かれるわけでして

    夫から絶対的な信頼を勝ち取った私は、いつのまにか私の天下になっているのです
    「手の上で転がす」とも言いますね


    男が偉い女は下という訳じゃなく、男女とか年齢関係なく相手を大切にする
    それが「立てる」
    要はお互いの思いやりに尽きると思います

    ユーザーID:7528036750

  • そもそも

    女性に立ててもらわないと、いけないような
    ショウモナイ男性を相手にしなきゃイイだけです。

    自分は情けない男です
    と晒しているようなものだと思います。

    ユーザーID:5636663482

  • 主です ありがとうございます

    トピ主です、様々な意見を聞かせていただいてありがたいです。

    一番しっくりきたのは「力のある男性であれば、女性が立てようとする必要は無い」というご意見でした。

    また、男をいい気分にさせておくと回りまわって自分にもメリットがあるケースもあるよ、ということもあり得ますね。

    立てるようなことをわざわざされたくないという男性がいるのもわかります。

    会話に割り込まない、互いに認め合う、尊重する、相手を否定しない、人前でけなさない、良いところは褒める、については、男女問わず人間関係については当たり前のことなので「男を立てる」には該当しないのでは?
    上司や年長者に配慮する、も性別に関係ないですね。

    無条件に「男は女よりも上の立場にいてしかるべき」と考えている人が、「男を立てろ」というみたいですね。プロセスはどうあれ、手柄は男に渡せ、目立たせろ、メンツを保たせろ、と。

    風と共に去りぬという小説に出てきた通りですね。映画では略されてしまっています。

    結婚前は何もわからない無知な女のふりをして男性に頼りなさい。結婚後は家のことを全て取り仕切れる賢い妻になりなさい。賢い女性だと思われると男性から結婚相手として選ばれませんよ、と主人公が母親や乳母からお説教されるシーンがあります。

    風と共に去りぬは南北戦争頃のアメリカが舞台なので…もう150年前のことです。それがまだ続いているんだなあ。

    実際、日本でも男性よりも女性の平均年収は低いし、まだまだそういう時代ってことなんですね。

    私の中の現在の結論は「自分の手柄をひけらかさない、謙虚でいる、控えめでいる、男性のできることには手出ししないで任せる」という態度でいればいいのかな、ということです。

    他の意見などありましたら参考にさせてください。

    ユーザーID:7578283321

  • 感慨深いトピです。

    還暦のおばさんです。
    主さんはお若いのでしょう?
    こういう質問が出る時代になったんだなあ、と感慨深いです。
    わたしの若いころは、男は立てて当たり前、でしたから。
    ぶっちゃけていうと、「女は男の前に立つな」これが男を立てろ、ということでした。
    女は男より稼ぐな、女は弱いままでいろ、女は男より前へ出るな。出ようとするな。
    本当にこういう時代だったんです。

    給料が男より高いなんて「あってはいけない」こと。

    人間として尊重してくれ、ならわかりますが、「男を立てろ」というのは
    言葉を変えても、結局のところ、女は男より低くあれ、ということですよね。

    ユーザーID:8495802813

  • 男らしく振る舞ってもらうこと

    男らしくというのが重要な点だと思います。

    重い物をひょいと運んでもらったとか。

    逆に、いくら料理の能力が高くても
    「お料理が上手ですね」って褒めるのは
    立てているというか逆な感じがしますね。
    編み物とか裁縫とか、女性らしい趣味が達者とかいうのは
    すごい事だけど、男が立つかというと・・うーん。

    悪いやつをやっつけるというのもありですが
    そうそう暴漢に襲われるシュチュエーションはないでしょうから
    虫がそばに寄ってきたときに、よけてもらうとか。

    トピ主さんが、本当は武道の達人で
    暴漢が現れても、ていやーって上段蹴りで一蹴できたとしても
    殿方に譲ってあげる寛容さが大事ですし
    ベンチプレスで120キロひょいと上げられたとしても
    10キロくらい荷物で
    「きゃー、重たーい、誰か助けてー」などと
    悲鳴を上げてみたりとか

    本当は虫なんか全然怖くも無いのに
    「きゃー気持ち悪ーい」とかって大騒ぎしてみるとか。

    トピ主さんは普段スポーツカーを乗り回しているのに
    「きゃー、私、ペーパードライバーで
    運転下手くそなんですー」って
    わざと急ブレーキをがつーんと踏んでみるとかも。
    すると男は、「大変だねー俺が運転してやるよ−」
    にんまり、ですよ。やれやれですよね。

    なんか馬鹿馬鹿しいけど、こういう事なんだと思いますよ。

    ユーザーID:9401445867

  • 昭和の人間です

    人から尊敬される人であれば
    おのずと一目置かれる存在になれます。

    あえて立てなくてはと
    思わせる人は、さほど秀でた人ではないのでは
    ないでしょうか。

    その場合、立てることに
    秀でている人に拍手を送りたいです。

    ユーザーID:6405685116

  • 思ったのですけど

    お茶のみ中の雑談でしょう?

    立てて欲しいと言った男性も、「男が上」「男のほうが偉い」という意味で言ったのではないのでは?
    その男性だってさすがにそんな時代じゃないことくらいは込みで言っていると思います。

    その男性がごく普通の男性なら、ですが。
    「立ててくれたら力仕事とか気持ち良くやっちゃうよ」くらいの、「男だからやって当り前」みたいな態度はやめて欲しいな、くらいの気持ちなのではないでしょうか。

    トピ主さんがどうも少しずれているように感じます。

    >私の中の現在の結論は「自分の手柄をひけらかさない、謙虚でいる、控えめでいる、男性のできることには手出ししないで任せる」という態度でいればいいのかな、ということです。

    男性を立てるって「必要なことは言う」ことです。
    トピ主さんの結論だと「必要なことすら言わずに黙っている」「男を動かして自分は何もしない」になってしまいそう。
    これでは男を立てることにはならないのでは?

    男を立てるとは、言うベきことは言い、余計なことは言わない。

    >男女問わず人間関係については当たり前のことなので「男を立てる」には該当しないのでは?

    これがもう違うと思うんです。
    男を立てるの基本は人間関係です。
    男女問わず人間関係で当り前のことを、少し応用するだけ。

    トピ主さん、真面目過ぎるとか硬すぎると言われるタイプなのでは?

    ユーザーID:6108440355

  • 迷宮入りしたな

    ひねくれアドバイスに感化されて迷宮入りしたなと思いました。
    人を立てるというのは、別に中身が伴わないものを過大評価しろということではありません。
    相手にわかりづらくなっているブラックボックスな過程というものが物事にはあるもので、それを分かりやすく伝える説明力のこと。
    例えば、○○さんは高収入で優しくて、家の「悩み」は幸福者だわーと主さんのお母さんが言ったとして、僕が仕事に集中できるのも「悩み」がサポートしてくれているお陰ですから。が妻を立てるということ。

    お母さんは過去の同居時や学生時代の記憶だよりだったり、今を知らないがゆえに過小評価してるかもしれません。
    それに対して、あたかも良い旦那を捕まえただけのラッキー任せではなく、きちんとこなしてくれていますと説明するのです。
    事実に沿う形で理解してもらう。

    正直、くすぐったいかも知れませんが、皆がそれなりに幸せに安心できる事だと思います。
    理解してくれているのだと。

    これを穿った見かたのみで、ヨイショしろと言われているなんてネガティブシンキングしてるようじゃ、誰と幸せになるつもりなんだろうと思ってしまう。
    共存社会に前向きに生きる気はあるのだろうか。

    ユーザーID:1836901242

  • 「人の前では褒めて!」

    実際は何もしなくても、出来た夫だと言ってくれって事だと思う。

    ユーザーID:0126979174

  • プライドを傷つけない

    トピ主さんの出した結論で合っていると思います。

    要するに人前でプライドを傷つけないということです。
    男性だけではなく、女性も同じだと思いますけどね。

    ユーザーID:3902620285

  • いつの時代の話をしているのだ?

    昔の女性たちが考え出した、
    女性の女性による女性のための処世術
    だと思っている。
    それを本気で欲している働き盛りの男性はほぼ絶滅したと思えばいい。
    それをされたら喜ぶ男性は、多分前期高齢者以上の年配層だろう。

    俺がもしそうされたとしたら、その気配りを無にしたくはないから、
    そうしてくれた女性に敬意を表して一応喜ぶふりをする。

    年号も変わったのだから、もうそんなものはいらないんじゃないか?

    ユーザーID:5967599989

  • 私が男を立てる具体例

    面白いトピですね!
    私が男性を立てている具体例を考えました。

    (1)車の運転:仲間内で「車出すよ」となったときには
    自分も車持ちで運転歴は長いですが、男性に譲ることにしてます。
    夫婦で出かけるときには、基本的には夫に運転を任せます。
    夫からお願いされない限り、自分はできるけど運転しない。

    (2)飲食店で店員さんを呼ぶ役:
    女性の方が奥に座るし、声が高いので、店員さんを呼びやすいと思う。
    でも、男性に任せます。お会計も、男性が奢りたいっていうなら甘えますね。
    自分の飲食代は出すのが当然なので、割り勘で全然構わないんですけどね。
    「男を立てて」奢らせてあげます。
    奢りたいって言ってる人に、「割り勘で」と主張して
    メンツを潰すような真似はしませんね。
    他で返しますけど。

    (3)育児:父親の威厳?は立ててますね。
    父親が子供に対して言ったことを全否定を絶対しません。
    間違ってたら訂正やフォローはしますが。
    後から、子供の見ていないところで、「あれは違うんじゃない?」
    とは言うことはありますが、
    子供の前では、夫の悪口は言ってません。

    (4)仕事での注意の仕方
    部下に男性と女性がいるのですが、
    ここだけの話、扱いはちょこっと変えてます。
    立てるってのではないんですけど、
    男性を注意するときのほうが気をつけてやってます。
    あくまでも私の経験上ですが、女に注意されるとそれだけムカついて、
    本当に言いたかった内容を全く理解してくれない男性がいるのです。
    男性上司に同じことを言われたら素直に聞くのに、です。
    女性部下にはそういう気遣いはしなくても、
    ちゃんと聞いてくれます。
    なので、
    男性に対して、きついことを言わなくてはいけないときには、
    褒めることと注意とを混ぜて話すようにしています。

    ユーザーID:0916387585

  • 全部同じ

    性別とか年齢は関係ないです。
    相手が男性なら「男をたてる」と呼ぶだけです。
    相手が妻なら「妻をたてる」になります。
    中身は同じです。

    トピ主が誰にたいしても当然やっていることならそれで良いのでないでしょうか。

    ただ、文章からは相手をたてる能力があるようには見えませんが。

    ユーザーID:5342739959

  • 相手の顔を潰さないことだと思います

    女性から男性に限らず、相手の顔を潰さないことだと思います。


    例えば
    仮に子供に対するご主人(または奥様)の言動が誤ったとして、
    子供の前で、ご主人、(その逆の奥さまでも同じ)で全否定はしない。
    二人のときに、あれば違うのではないかと話をする。
    その後、子供と接する場面で、ご主人でも奥様でも、親としての威厳が
    必要な場面で、相手がそれが保てなくなるようなことはしないというふうに
    解釈しています。

    職場であれ、友人関係であれ
    大勢の前で誤りを指摘したり、叱責をすると、話の主題そのものではなく
    伝え方が原因で別の怨恨が生まれ、問題の解決どころか別の問題がおこり
    かねないと思います。

    「男を立てるとは」そういう対人関係の気遣いのうち、女性から男性に対し
    てのことを指す言葉ではないでしょうか?

    僕はそれを昔の遺物だとは思いません。
    むしろ現代はあらゆる場面でそういう気遣いが欠けてしまって世の中ギスギス
    していると思います。

    ユーザーID:4868199668

  • 状況によっては夫(父親)を立てることも大切だと思う

    私も夫も独身時代からキャリアを順調に積み上げてきました。ですから、立場としては今も昔も対等です。
    ですが現実問題私が出産育児で産休育休を取得しキャリアにブランクができたため、出世は遅れました(業種が違うので年収は対等)。
    それで現状では私より夫の帰宅の方が遅いので必然的に家事育児にかかわる時間は私の方が多くなっています。
    妊娠した時は正直キャリアを自分だけ諦めなければいけないことが辛かったけど我が子がこの世に誕生した瞬間そんなことはどうでもよくなりました。
    こんなかわいい子をわが手に抱くことをできた、そのことは私にとっては積み上げてきた学歴やキャリアなんかどうでもよくなるほどの喜びでした。

    その後夫は出世の階段を上るごとに帰宅時間が遅くなってきています。
    現在小学生の我が子にとって夫は「休日にしかいないおじさん」になりかねない状況です。
    夫もそのことはとても気にしていますが、本人が気にしても現実はどうしようもない。
    そんな感じです。

    私はそういう生活だからこそ、夫を立てるようにしています。
    休日は夫中心に生活し、子供にも「お父さんがいかに外で頑張って働いている人か、人より努力ができる立派な大人なのか」を折りに触れて話しています。
    我が子の中で父親という存在が希薄になることは子供本人にとっても夫にとっても悲しいことだと思うからです。
    夫はどんなに疲れていても週末は子供と過ごすイベントを考えてきて実行する働き者です。
    もちろん毎週出かけるイベントばかりではないですが「一緒にちらしずしを作ろう」「少し遠い公園まで子供の友達と一緒に連れて行ってあげよう」などと子供との約束は裏切らない人です。
    そんな夫のために色々手配するのは実は私ですが、子供には「全部お父さんがしてくれたのよ」と聞かせています。
    こういう形で夫を立てることが今の私の役割だと思っています。

    ユーザーID:7749420281

  • 手柄独り占めしたいとかじゃないでしょう

    わたしもあららさんの言う様にそんな重たい話なの?って思いました

    要は気づかれず手の平で転がせるような女性がいいってだけなんじゃ・・・

    むしろ私の周囲では「出来ない」と相手にやらせたり任せきりの女性は評判悪いですよ
    自分のやるべきことはしっかりやって、相手が嫌がるような事も良い感じに乗せてやる気にさせるような女性の方が人気ですね。

    ・出来ないからやってと丸投げな女は嫌
    ・かといって向こうが何でも仕切って出来ないと怒られるのは嫌
    ・うまく気分乗っけてやる気を引き出してくれるような人が良い

    って言う話じゃない?

    結婚生活で言うなら
    ・「よくわからないからコレやってー」とか「めんどくさそうだからやってー」って自分でやろうともしないで振ってこられるのは嫌
    ・家事を手伝っても「ありがとう」どころか「共働きなんだから当たり前」「ちょっとやっただけじゃん」って言う人も嫌
    ・「ありがとー助かったー。凄く綺麗になったね」と言われたらまたやってもいいかな?って思うし気持ちよくなれるからそうしてもらえると男は単純に「いいよー」ってやる気出せる
    っていう話じゃないの?

    ユーザーID:1063685693

  • レスを読んでいても

    男性おだててその気にさせるとか、手のひらでうまく転がすとか、
    そういうコツがあるのは当然わかるし、多分私もやってます。

    でも「そうしていればいいのに、主さん真面目だね〜」
    というのは、なんかちょっと違うんじゃないかと思う。
    それって、あくまで男性優位から出られなかった時代の、
    女性の処世術だったわけで、今も引き続きそれを守っていけば
    お互い幸せよね、という時代ではないと思うんですよね。

    そもそもその男性の主旨が、実はもっと一般的な話で、
    社会で生きていく上で、相手を立てる振る舞いとは?
    みたいな話だったら、色々な方のレスにある通り、
    それこそ人としての基本マナーという話になると思う。

    だけど「やっぱり女の人には男を立てて欲しいよね〜」と、
    恥ずかし気もなく言っちゃう人は、そういう一般論ではなく、
    女は3歩下がってという意味の事を言いたい気がする。
    それこそ、家事を手伝って欲しい時には奥さんに褒めて欲しい、
    そういうタイプなんだろうなと思います。

    それに違和感を覚えた主さんの感覚はよくわかるし、
    私も「今時、何を甘えたことを」と思う。
    とはいえ、他人を是正することは多分出来ないから、
    冒頭に書いたように適当に転がす手法は今でも現役なのもわかる。
    だけど、やっぱり「それっておかしいよね」という立場で、
    物を考える事って、結構大切だと思うんですよね。

    今時「かわいくお願い」したり「誉めて伸ばす」でないと、
    家事や育児に参加もしない男性なんて、おかしいと思うし。

    個人的にはやっぱりその男性、昭和に生きてる感じしますねー。
    こういう人を「適当に転がしておけばいい」というのが、
    今の女性の最適行動とも思えないかもなあ。

    ユーザーID:4221148883

  • 私はあなたの奥さんじゃないので

    「そういうことは奥さんに頼んでくださいね」でいいんじゃない?
    女と見るやご機嫌取りや女房役を期待する男性にはうんざりですね。

    ユーザーID:5061264452

  • 「男」が持つ意味

    ここで問題なのは
    「夫を立てる」とか「父を立てる」もしくは「相手を立てる」のじゃなくて
    「男を立てる」ことですよね?

    夫を立てれば妻も立てるし、父を立てれば母も立てる、でも
    男を立てても、「女を立てる」とは言わないですよね。
    ここがミソかな、と。

    夫でもなく、父でもなく、男を立ててほしいとは、あくまで、
    女に対して、「男」を立ててほしい、と言うことですよね。

    「女のほうが下であってほしい。男のほうが上にいるように
     思わせてほしい」っていうのは、
    やっぱり今時としてはちょっと問題発言かなと思います。

    ユーザーID:8495802813

  • 違和感の正体

    トピを読んでて何か違和感があるなぁと思っていたのですが。
    なんとなく、このトピは一見『男を立てる』をテーマにしているようでいて、実は『男を立てる為に女性を下げる』がテーマになっているのかな?と感じました。だからトピ主さんも男性たちの言葉に150年前と同じで時代遅れな!と思っているのでは。その気持ちにはとても同意です。

    横になっているものを立てるだけなら誰がどんな立場で立ててもそう変わらないと思うんですよね。それこそ、『顔を立てる』『面目を立てる』と同義で。女性側の地位が高かろうが能力が高かろうが、男性を立てるだけなら別に女性が能力を隠さなくても良い気がします。奢ると言われれば相手の顔を立ててありがとうと奢られればいいし、こちらの立場を主張して、お気持ちは嬉しいけど申し訳ないから半分出させてくださる?と尋ねて相手の出方次第で相手を尊重しながら臨機応変に対応すれば良いだけ。

    そこにはあえて自分の収入を低く言ったり気持ちに反する事を言うなどの『偽り』は必要はないですよね。

    嘘や卑屈な態度は男性を立てるのではなく、女性の立場を下げているだけ。だから時代遅れだし不愉快なのかも。

    ただ、職場の方も「できないふりをするのは違う」とおっしゃっていますよね。偽りは必要ないということでは。

    男性を立てるのに女性の地位や能力は関係なくて。相手を尊重して恥をかかさない気配りがあるかどうかの問題では?

    トピ主さんの中に、過去に読んだ書物の中の『男を立てる=女を下げる』という固定概念があるから「立てるっていうのは、男性の立場を尊重して女性が一歩引くということですか?」という言葉が出たのかなと。
    『男性の立場を尊重』だけで十分。『女性が一歩引く』は不要。男を立てる為に女を下げる必要はないのにそれを同義としている、それが私の感じた違和感の正体でした。

    ユーザーID:0696945212

  • 男を立てる、という事自体が無意味

    そもそもちゃんとした男性なら女から立ててもらわなくともやって行けるはず。少しでも自尊心のある男性なら女性から立ててもらっていると感じたら不快に思うはずです。

    ただ「人前では決して恥をかかせない」というような気遣いならそれは当然ですが、それなら相手が女性であっても同じ気遣いをするべきです。

    もともと「男を立てる」と言うのは女性が男性を幼児のように扱ってコントロールしようという陰謀から生まれたのではないかと思っています。それを一部の男性が信じ込んでしまっているのはちょっと悲しいですね。

    ユーザーID:4661980315

  • 堅っ苦しい

    理屈で男はこうだ女はこうだって、つまらなくないですか?

    これからの時代は、能力の高い女性がプロポーズすべきでしょうね。

    それでも求愛は男からという理想があるのならば、女を立てなさいと言っているようなものです。

    ユーザーID:4257183411

  • 一人前の人として扱う

    女性の方が能力が高くて、男性の方が少し劣る
    ここで女性が色々と口出しをして男性の行動に制限をつけてしまうと
    母が息子を育てているに近い状況ですよね。
    世間に不慣れな子供ならともかく、同僚であるはずの大人を相手にする態度じゃない。

    仕事仲間なら結果の不出来で自分にも被害が出るので
    口出しは当然ですが、そこで子供相手のように頭ごなしに叱ったり
    有無を言わせず指示するのではなく、
    自分で考えが及ぶようにそちら方面に誘導する。
    これなら自尊心を砕くことなく成功へと導ける。
    バカな人なら自分の手柄だと慢心するだろうし、
    賢い人なら大事なポイントで示唆があったと気づくでしょう。
    そのとき人は「立ててもらった」と感謝すると思います。

    ユーザーID:7047446179

  • 立ててます

    使えない男子をうまく使ってなんぼの仕事してます。
    そうですねえ。
    彼らなりに使えない男子のイメージには傷ついているらしく
    使えないイメージを払拭しようとアピールしてくる時がたまにあります。
    そんな時に無視しないで、仕事風の返しをしてあげるのは大事ですね。
    こちらにしてみれば無視しても差し支えないようなどうでもよい意見なんですが、
    仕事っぽく返してあげると彼らも仕事した気分を味わえるらしく、
    モチベーションがあがるようです。
    めちゃくちゃめんどくさいですよ。
    あとは怒る時ですね。
    彼らが間違えている時には、
    観念して素直に謝罪できるよう
    逃げ道を断ってきっちり怒るのが大事です。

    ユーザーID:0354084366

  • 男性よりも女性の方が能力の高い場合なんだから

    自分で立てない様な男性の場合、女性が立たせてあげて力を貸す。

    あなたは一人で立てないのよというメッセージと、
    私にはあなたを立たせてあげる力があるというメッセージ。

    心密かに見下してる。

    ユーザーID:2640067718

  • コツ

    >「女性にはやはり男性を立てて欲しいな」
    これを自分から言う男は仕事能力が低いので、大事な案件は任せない方がいいですよ。どうでもいい仕事ばっかりさせてニッコリお礼を言いましょう。

    ユーザーID:6530687885

  • 男の部下も大変ですね

    仕事上、部下が男だと立ててあげる、というご意見が散見されますが
    部下が女だとそんな気を使う必要がないんでしょうか。
    男って面倒ですねえ。
    やっぱり女が上だと嫌な人っていますよね。
    お疲れ様です。

    ユーザーID:8495802813

  • 褒め殺して期の途中で異動

    内心では「なんだこいつ使えねえー」と思っていても
    「そんな人生でよく恥ずかしくないですね」とか言ってはいけません。
    「とってもよく出来ましたねー」とか言っておきましょう。

    ただしこれだと上司として評価面談の時に豹変せざるを得ないという問題が発生してしまいます。
    普段から褒められているのに評価はDだった、Fだった、とかクレームされても困りますよね。
    なので評価面談前にそいつが異動になるように社内政治をしましょう。
    期の途中で異動になる人がたまにいますけどこういう背景です。

    なにかおごってもらうとき?
    そうですねぇ、迷惑料ならお支払いいただきたいですけどね。
    同じ空気を吸うのも嫌なので
    一緒に飲食とかいう状況がまず無いですかね。
    もしあるとすれば別のテーブルでお一人で飲んでいただいて、
    女子組全員(10人以上)の飲食代を負担していただくとかならアリですかね。

    ユーザーID:7116148663

  • 自分がの方が能力が上だから

    だからこそ、余裕を持って男性を立てることができるのですよ。

    自分の名前を平仮名で書いて鼻高々の幼児に対し、「は?私なんか漢字で書けるんだけど!」と張り合う大人がいるでしょうか。
    通常は「すごいねえ!」って余裕でほめることができるでしょう。

    年収も社会的地位も対人スキルも、諸々自分が上ならば、それこそ余裕で相手を立てることができると思うんですけどね。

    男性は適当に立てておけば気分良くなってくれるんで、こちらにとっても好都合ですよ。

    ユーザーID:0016901359

  • 敵対心や対抗意識からくる場合、何言ってもダメでしょ

    そもそも社会って(とかく日本では)、自分を低く見せて相手を尊重する文化もあります。
    言葉は悪いですがおべっかぐらい使えない人の方が、融通の利かない人に感じますね。
    客商売にしても取引先の交渉としても、相手の度量を見て態度を変えるのですか?
    出来る人はどんな相手でも、その人を持ち上げて自分に有利になるようにすることでしょう。
    普段のママ友同士でもマウンティングを避けるために、敢えて自分や家族を低くして話したりするでしょ。

    ユーザーID:1328627086

  • 男に限らず

    相手を立てようとおもったら、褒める時はみんなの前で。
    何かを指摘したり、アドバイスしたりするのは、誰もいないところで。
    って言うのが基本じゃないかな。

    ユーザーID:8252765461

  • おごりたい気持ちを尊重しています

    私の方が年収も高いし学歴も上です。でもカレがご馳走するってときは、ありがたくお礼を言っています。できないフリをするのとは違います。私にご馳走したい彼の気持ちが嬉しいです。実際年収も低いのに、大丈夫なのかなとか気にはなりますが、それが彼の愛情表現だと思います。

    他にもコーヒーを入れてくれたり、荷物を持ってくれたり、私は自分できますが、これもカレの愛情表現と思って嬉しく受け取っています。

    あと男性は女性より、お世辞に弱いと思います。ちょこちょこ褒めると喜びますね。でも喜んでやる気になるなら、私も嬉しいです。ちょこっと褒めるだけでいいのです。

    トピ様の言うことで気になったのは、「女性の方が能力が高い場合」とありますが、年収が上だからといって能力が高いわけじゃないですよ。学歴が上でも、それは勉強ができただけです。他の能力すべてで女性が上ということはまず有り得ません。トピ様は傲慢系なので、そりゃ男性を立てるの意味は分からないでしょう。相手の良さも見つけられないのではないでしょうか。現に理解力も低めだしコミュニケーションも上手じゃないですよね?自分にない良さのある男性は魅力あると思います。

    ユーザーID:6208060292

  • 人として当たり前のこと

    >会話に割り込まない、互いに認め合う、尊重する、相手を否定しない、人前でけなさない、良いところは褒める、については、男女問わず人間関係については当たり前

    これが出来ない人がいるのでは?
    そもそも「女性の方が能力が高い場合」と相手を見下す気満々の人が出来るとは思えません。
    互いに認め合うならどちらの能力が高いかなど気にしないはずです。

    相手を立てるのはトピ主さんも言う通り男女関係ないと思います。
    以前の職場で料理自慢でとにかく奥さまをこき下ろす上司がいました。
    普通何を入れればどんな味になるか分かるもんだし、卵焼きとか娘も俺の方が上手いって言ってると自慢気に話してました。
    聞いてて不快になりましたよ。
    例えばこれを「俺は嫁より料理が上手いんだけど、出来ないフリして任せてるんだよ」なんて言ったとしたら、それはそれで直接相手に態度を見せないだけで一緒じゃん、と思うでしょう。
    出来ないふり、とは、相手を馬鹿にした態度なのです。

    職場の人が男性を立てて欲しいな、と言ったのはそれを発言したのが男性だからでしょう。
    男性の立場でただ人として当たり前のことをして欲しいと言っただけです。
    女性はどうでもいいから男を立てるべきという訳ではないのでは。

    ユーザーID:8748157901

  • 私にもわかりません

    皆様のレスを読んでみると大きく三つに分かれていると思いました。

    ・男女の性別は関係なく人としての気遣い。
    ・男性は褒められるとガンバるし掌で転がすほうがものごとがうまく回るのでそうしている。(昔は多かったと思います)
    ・そもそもなぜ男性をていなくてはならないのか疑問を持つ、またどうやって立てていいのかもわからない。(いまどきは多いと思われます)

    そして、「男をたてる」の解釈もいろいろあるものですね。
    定義がそろっていないのでどうすべきかもそれぞれ異なるので実際にどうすることが「男をたてる」ことになるのか本当のところはわかりませんね。
    人によって「たてられている」と感じる人もいれば「そこ?」とお思ってしまうこともある。

    いろいろ考えてみたら
    ・そもそも人としての気遣いは男女関係なく必要
    ・できる人は「男をたてろ」とは言わない(もともと認められているので)/不安があったりすると認めてほしくて「立てて」となるのかも

     「掌でころがす」は実際もめごとはなさそうだし物事もうまく回りそうですね。
     しかし、私のような人間は仕事ならそうしますが家庭ではめんどくさいかな。
     そもそも「男をたてて」という人とは価値観が合わないのでそのような人をパートナーにはしないし、相手もそのような価値観の人を選ぶ。
     
     おばちゃんですが、いろいろ勉強になりました。

    ユーザーID:6195555792

  • 男を立てるって

    昔昔の話で男性の3歩後ろを歩くとかありましたね。
    今の時代で男を立てる、立てなければならないなんて余程の役に立たない男性ばかりだと思います。
    日本って不思議な国で男女平等と叫びながら母が息子を男子優遇で育てる。
    姑立場の女性は息子を立てろ!と言っているでしょう。
    昔々の名残と今の時代とがチグハグに織り交ざり不思議な国を作っていると思います。
    出来るなら男を立てると言う言葉自体死語にしないと本当の意味での先進国はまだまだ先かと。

    ユーザーID:0724845133

  • レスします。

    わざわざ「女性にはやはり男性を立てて欲しいな」と口に出す男性は、一般的に言う他人に対しての心遣いとは違う意味で言っていると思いますよ。
    一部の女性に「男性は奢るべき」とか「男性は大黒柱であるべき」と言う価値観があるのと同じで、異性に対して役割を期待するタイプなのでしょう。

    問題はそういう人たちと付き合えるか付き合えないかということであって、トピ主さんがわざわざ「男を立てる」と言う事を学習する必要は無いと思います。

    そういう男性と付き合いたいなら別ですけどね。

    ユーザーID:8739344696

  • 私の場合

    結婚26年50歳代後半で共働き子供なし11年前より完全分離型二世帯住宅にて
    夫の両親(80歳代半ば)と同居している長男の妻です。

    夫は無口で不器用不愛想ですが実直な人です。
    考え方としてはリベラルな思考の持ち主。
    ただ、ここは四国の田舎町なので周りは前近代的で排他的習慣が多数派。

    私たち夫婦としては他人に恥ずかしくない生き方であっても
    同居している義親の立場も当然あるわけです。
    と言うことで、家の外では私は「夫を立てる妻・嫁」を演じてますね。(笑)

    気分としては「営業・仕事の一環」です。
    ご近所中に自分たちの理念信条を説いて回る事は無理ですからね。
    ましてや理解なんて期待する方が労力の無駄。

    別に相手に日和るつもりはないけれど無用な軋轢を避けるという意味では
    賢い判断だと思っています。
    私が頭一つ下げれば何事もなく平穏に物事が進むのであれば
    それが廻り回って夫を立てる事に繋がるから。

    因みに夫は↑を要求したりはしません。
    あくまでも私の個人的判断です。
    ま、田舎は一度夫を立てる妻・嫁認定されると親切にしてくれるんですね。
    処世術の一つなんでしょう。(笑)

    ユーザーID:9662559776

レス求!トピ一覧