子宮全摘種後の体力低下が戻りません

レス9
(トピ主2
お気に入り34

心や体の悩み

ももちゃん

45歳の主婦です。

4月に子宮全摘(開腹)手術を受けて3ヶ月になります。
手術を受けて体力がガタッと落ちて戻りません。
体が軽いときはウォーキングやストレッチなどやってますが、なにもしてない日もとにかく疲れてぐったりです。
更年期のような症状も出て、胸の圧迫感や動悸、発汗など、清々しいという日があまりありません。
高血圧もありこちらは病院にかかってますが、薬で落ち着いてるので自律神経が乱れているのでは?とのことです。
もともと不眠症や心身症などあります。

主人は「内蔵をと取ってまだ3ヶ月しか経ってない」と気遣ってくれます。
しかしながら、術前から生理やひどい貧血でさんざん迷惑をかけてきたこともあり、申し訳ない気持ちでいっぱいになります…。
卵巣膿腫もありましたが、卵巣は右左残していて排卵やPMSもあるので更年期はありません。

子宮を取ったら寝たきりになったというようなことも聞き、あまりの体力のなさに不安になります…。
子宮を摘出した方でこんなに長く体調が戻らなかった方はいらっしゃいますか?

自分の中の予定では今頃は元気に過ごしているつもりだったのですが…。
手術跡も赤くなって痛いです(泣

ユーザーID:1114154681

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数9

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 軽い運動はどうですか?

    6年前に内視鏡手術で全摘しました。
    「1週間で元の生活に戻れる」という主治医の言葉を信じていましたが、
    それは全然無理でした 笑

    お腹に力が入らないし、ちょっとした荷物を上の階に運ぶとお腹が痛くなるし、
    疲れ易いし辛かったです。
    やっと回復してきたなと感じたのは、術後2ヶ月を過ぎた頃からです。

    どんな手術でも早くから活動することが早い回復につながると信じて、
    休日にはハイキングやウォーキングなどの運動も取り入れるようにしました。

    ユーザーID:1893361800

  • 答えになってないですが…

    私も、子宮、卵巣、リンパ節取りました。1ヶ月です。やはり疲れやすいです。
    また、急に暑くなりましたから、外出してもぐったりしますね。
    日に日に、家事に耐えられる時間が長くなり、横になる時間は短くなりつつありますが、四日に一日くらいは、なーんにもしたくない日があります。そういうときは、眠ります。
    仕事も休んでいますから、早く回復して働きたいと気持ちばかり焦ります。しかし、開腹の手術ってやっぱり大きな手術だし、大変なものだと思うのです。
    この現状と気持ちを全て主治医に話したら、まだ療養中という気持ちでゆったりしていたらいいんですよ、と言われました。
    母も、長い人生、半年くらいはゆったりしなさいと。
    回復度合いも副作用も人それぞれ、って考えたら少し楽になりました。
    お互いにしっかり療養していきましょうね!
    お大事に。

    ユーザーID:6334582791

  • 無理は禁物

    私もちょうど2年前に子宮の全摘をしました。
    術後5日で退院しましたが、自宅から少し出歩けるようになったが
    やっと3週間後、さらに電車に乗れるようになるまでに2ヶ月必要でした。

    ちょうどそのころ気晴らしに少し遠出をしたのですが、
    まだ回復しきっていなかったようで、途中で疲労からふらつきが出て転倒、
    骨折して手術のためにまた入院する羽目に(涙)

    本格的に体調が戻るまでには半年くらいかかったと思います。
    どうぞ今は絶対に無理せず焦らず、お大事にしてください。

    ユーザーID:0150720323

  • 無理をしない方が良いですよ。

    今年は、6月から7月にかけての気温や湿度の変化が 体に負担のようで、例年より体調不良の人が増えているとテレビでも言ってました。ですから、主様が、この気温の変化に 体がなじめなくて疲れやすくても仕方ないと思います。

    私は、昨年秋に 内視鏡手術で子宮を取りました。一週間で退院したし、一か月後には、生活の制限もほぼ取れたのですが、筋力が落ちていて、フライパンを片手で持つだけでも 手は震えるし、お腹に負担が来る感じでした。しかし、私の夫は、全く家事をしない人で、退院した次の日から 私が料理をして当たり前と思ってるような人で…「医者からの制限があるから、ダメ。」と拒否しましたけれど。そういうわけで、制限の取れた一か月後に家事をしないわけに行かず、回復のために 腕と大腿の筋力トレーニングをぼちぼちしました。昨年年末には、帰省した子供たちのためにも何とか働けたので、体力は戻ったと思って 散らかりまくった家をぼちぼと片付けていたのですが。

    今年の梅雨半ばから、一気にガクッと反動が来ました。体が冷えて仕方ない、夜眠れない、耳下リンパ腺が腫れあがる、ヘルペスが次から次へとできてピリピリ痛むようになりました。私自身は、熱も鼻水もないし、深刻に思ってなかったのですが、医者から「家事は一切しないで 安静に。」と言われました。薬剤師が 出された薬の量を見て「多すぎる。通常の2倍です。医者に確認しましたが、これで良いと言われました。」と びっくりしてました。よほど、深刻な状態だったみたいです。リンパ腺の腫れやヘルペスは、収まりましたが、まだ、できるだけ安静にしてるようにと言われています。医者が「薬が効いてくれて、良かった良かった。」と言ってました。

    主様は、ご主人に理解があるのですから、そこは甘えましょうよ。焦らない方が良いと思いますよ。

    ユーザーID:8008309797

  • お察しします

    私も、5年ほど前に開腹による全摘しました。
    私の場合、人より痛みに強いのか、入院中も起き上がる時のお腹をガッと掴まれているような痛みさえ我慢すれば、あとは何をしても(もちろんクシャミは別です笑)痛くてどうしようもないなんてことはありませんでした。
    同じ全摘をされた同部屋の方達は、皆さん痛み止めを処方してもらっていたようですが。

    なので、人それぞれなんだと思います。
    周りにお気を遣われるのは分かりますが、焦らず、ゆっくり自分のペースでいいんじゃないかと思いますよ。
    ご主人の言うとおり、開腹して、臓器を採ったのですから、すぐに元のようになんて・・・。

    頑張ってくださいね。

    ユーザーID:2229875592

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • 三ヶ月検診が終わりました。

    レスが遅くなってすみません。
    7月末に3ヶ月検診が終わりました。
    傷の方は問題ありませんでしたが、卵巣に水?が溜まっているようです。
    子宮とってもらったときに切除してもらったんですが、排卵がまだあるのでは?とのことでした。

    そして本題の、術後に体力が落ちることがあるのか?というのを主治医に聞いてみました。
    結果は、入院中もしくは退院あと1週間はきついことはあるが、三ヶ月もたってたら元気になっているはずだということで、なんだか一掃されてしまった感じに終わってしまいました。
    お医者さんとしては、手術のせいだと思われるのは心外なのはわかりますが、思い切り突き放された感じで通院が終わってしまいました。

    前回書いていませんでしたが、退院したあとすぐに在宅仕事が始まり、毎月何本もの締切に終われてデスクワークですが猛烈なストレスがかかっています。
    小町を拝見していると、すぐに仕事に復帰した方などもいらっしゃって、それが普通なのだと思い込んでいました。
    きっとみなさんツラい中頑張っていらっしゃるはずなのに、それが当然なのだから自分もやらなくてはいけないのだというのもあったのかもしれません。

    とにかく今は自律神経が苦しいので、軽いスポーツを始めたり、在宅も減らそうかと思います。
    健康あっての仕事というのもありますが、私が発作で倒れそうなとき、子供を不安にしてしまっているようです。
    あまりに苦しく、ネガティブになりすぎていました。
    ゆっくりあせらず、手術して爽快!と言える日がくることを願ってやみません。 

    私のような後ろ向きながらトピに優しいコメント本当にありがとうございました。
    皆様もご自愛なさってください!

    ユーザーID:1114154681

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 休養しましょう

    優しい旦那さんでなにより。
    良かったですね。

    今は旦那さんの優しさに甘えましょう。
    体にメスを入れる、って体だけではなく、
    心も相当ストレスを感じるそうですよ。

    >体力がガタッと落ちて戻りません

    そう、だから体をいたわってあげて下さい。
    今はそういう時なんです。
    猛暑だし、無理したら体がかわいそうです。

    元気になるために、休みましょう。

    ユーザーID:6892278923

  • mariさんへ

    ありがとうございます。

    確かに体に傷を作るのは負担かもしれません。
    手術前はのんきに考えて、盲腸と同列に扱ってましたが、そんなわけない!と医者に怒られました。

    許可もおりたので日曜日に温泉に行ってきました。
    露天につかりながら、この日までずっと緊張して過ごしてたのがよくわかりました。
    家事のときも傷を庇ったり、行動ひとつひとつが前と同じにはいかなくて、こないだ名倉潤さんの休養のときに見かけた「手術の侵襲」というのがなんとなくわかった気がします。

    暑さが去って秋頃にはよくなってるといいなぁ、と。

    ユーザーID:1114154681

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 体を切ったのですから

    傷を塞ぐのは、人間が持っている治癒力でしか出来ないので、術後はものすごく体力無くなるようです。

    かなり昔になりますが、夫が20代後半に手術をしました。他の病気もなく、傷も小さかったですが
    それでも術後1ヶ月は仕事無しで、自宅療養でしたよ。息切れが酷くて大変そうでした。体力は普通の男性並みでした。

    20代の夫ですらそうなんですから、主さんがキツくて当然です。年齢も違う分、傷の治りも遅くなりますし、その間ずっと体は無理をしています。
    辛いときは、無理せずゆっくりと休んでくださいね。

    ユーザーID:4721460634

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧