姑の言葉に胃が痛い

レス61
お気に入り129
トピ主のみ0

メイメイ

ひと

子供を妊娠している時に、子宮頸がんの手前の前癌病変になり、出産後2ヶ月の検査で癌になった・・・。子供を産んだばかりで、どうしよう、、、私が死んだらこの子はママがいない子になってしまうと落ち込み毎日泣いていた。
手術の時に2歳の娘と産まれたばかりの子供を思いながら手術。手術は無事に終わりあとは、癌がどこまで侵攻しているのか病理検査の結果をドキドキしながら不安で待っている時に2人の幼子を姑に預けているので電話をした。
【ご迷惑おかけしてすみません】っと謝ると、【あなたには悪いけどとっても楽しいわ!】っと息子と孫との生活が楽しいと・・・。
こちらは、死んでしまったら我が子が・・・と不安で不安でしょうがないのに・・・。姑の言葉に胃が痛くなり、悲しかった。 はじめて胃が痛いと思った。 数年がたちお盆の時期に姑の家に行かないと行けないが胸がキュッっと締め付けられる感覚になる。 姑なので今後も関係がずっと続くがどうしても許せない。
人生で底辺の時の姑の言葉・・・。
何年も根に持っている私が行けないのでしょうか?

ユーザーID:8862895438

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数61

レスする
  • もうすぐお盆ですね

    いった本人は覚えていないと思いますが
    些細なことでも
    された側は一生忘れられないです

    許せとは言いません
    その事にどんなに蓋をしたところで、やっぱり嫌なものは嫌でいいと思います

    それでも、毎年お盆には顔を出すのだから
    よく頑張っているとおもいます

    姑なんて大嫌い
    それでいいと思います

    せめて、ご主人に理解してもらえるといいですね


    私も姑にいろいろ言われました
    命にかかわることじゃないけど

    あり得ないと思っています

    本人に悪気はないし
    べつに悪人でもいい人でもないけど
    だから余計に質が悪い

    愚かな人だと思っています

    年に数度、義理をはたすために会いに行っています
    それは姑のためではありません
    主人のためです

    早く帰省が必要なくなる日が来ないかと心待ちにしています

    ユーザーID:1149423876

  • 許すふり

    嫁と姑って難しいです。
    これは古今東西変わらないことって言われています。
    この先もずっとそうでしょう。

    それもあってあなたと義母さんの会話は「まああることかな」っていう感じですね、第三者からしたら。
    もちろん義母さんが無神経、お嫁さんは傷ついただろうなとは思いますが。。

    刺さった言葉の棘というのはなかなか抜けないものです。
    抜けていないからふとした時に痛みだす。
    その度に痛み止めを塗って乗り切らないといけない。
    片頭痛持ちみたく捉えてその都度対応していくしかないと思う。

    あなたの場合その痛み止めは「お母さんは無神経で無知で(病気はなった本人にしかわからないものです)気の毒な高齢者だから」と言い聞かせて許すこと。
    上から目線になって構わないので「許し」ましょう。その時だけでもいいから。
    「いいえ、絶対に許せない」じゃなくてね。ふりでもいいから。

    それを繰り返していくうちに、少しずつラクになるかなと思います。
    棘は一生、抜けなくても。

    ユーザーID:0762123603

  • ストレスで再発しそうだから行かない

    「義実家行ったらストレスで再発しそうだから、子供たちのために行かない」
    と宣言しちまえ。

    ストレスはマジ馬鹿にできんのんだぞ。

    ユーザーID:0924129329

  • 許せなくて当たり前

    悪気がなくても絶対に言ってはいけない時と場合がありますよね。

    同じ女性としても、その姑の発言はあり得ないと思います。

    一生許さなくても良いと思う。

    私も一生許せないと思った言葉があります。
    やっぱりずっと忘れはしないけど、でも「その時」のように爆発的な怒りはなくなりました。
    だから、胃の痛みはそのうちなくなると思う。
    もちろん、〇年とかでは無理で、〇十年はかかると思うけど。

    それにしても、無事に手術が終了し、あなたが全快して良かったです。
    良かったね。こっちの世界に戻ってこれて。
    子供さんの為にも。あなた自身の為にも。
    私が代わりにあなたに寄り添うわ。
    帰ってきてくれてありがとう。

    無理に許す必要なし。そのうち、痛くもかゆくもなくなるから。
    全然、心動じなくなるから。

    まだまだこの先長いから、嫌な人のことはなるべく考えない。

    あなたは自分のことを、子供さんのことを、考えて
    毎日笑って暮らしてください。

    ユーザーID:7174953068

  • 謝ってもらう

    どうして、そんなこと言ったんだろうか?
    もし、励ますつもりとか、冗談だったら、すっごい間違いだと思います。

    このことについて、夫さんから叱ってもらうとか、謝罪とかありましたか?

    だけど、お子さんからしたら、姑さんより若いお母さんがいいに決まったます。
    お母さんが元気なのが一番です。

    嫌なことは、忘れるようにして、お子さんたちとの楽しい日々をいっぱい増やしていきましょう。

    ユーザーID:5760051121

  • 所詮他人だからね

    まあ姑なんて所詮は他人なんですから

    しかし、正直な姑さんですね

    でもさ、かえって気楽でいいじゃない
    だって、
    【ご迷惑おかけしてすみません】って謝ってるのに

    「本当にね〜〜こんな小さい子置いて入院だなんてね〜〜」
    「お母さんが居なくて〇〇(お子さん)もかわいそうに〜〜」
    とか
    「私も忙しいのに、子守で大変だわ〜〜」
    とかネチネチ言われるより良いかもしれませんよ

    確かに無神経な言葉です
    許せないという気持ちもわかります

    でもこの先付き合って行かなければならないのなら

    許さなくてもいいと思います
    酷い、許せない、でも
    もっと酷いこと言われなくてよかった

    もしかしたら、気にしなくて良いのよという
    姑なりの気遣いだったのかもしれない
    (まあ絶対違うんでしょうけれどね)

    と良い方にとらえる努力をしてみましょう

    だって、そんな無神経な発言をするような姑さんですよ?
    この先だって、多分色々言われそうです

    でもそのつど気にしてたら、それこそやっていけません

    悪い方にとらえるのは簡単です
    でもいい方にとらえてみましょう

    なんで嫁ばかりが我慢しなきゃならないの
    という意見もあるでしょう

    でも我慢じゃなく、自分のため
    自身が成長するための糧してしまいましょう

    まあ私もこんな風に言える(思える)ようになるには
    10年以上はかかりましたし
    簡単に出来るものでは無いと思いますけれどもね

    ユーザーID:1703270965

  • 私もわかります。

    いろんな思いをしてきたので、お気持ちは私にもよ〜くわかります。
    ですが、私は自分自身の精神衛生の為に、
    「お姑さんがダウンしてしまって、子供たちを見てくれる人がいなくなってしまったよりはマシ」とか「子供が大けがをしたよりはマシ」とか「家が火事になったよりはマシ」とか「夫が交通事故にあったよりはマシ」と考えるようにして乗り切りました。
    そうでないと、人格が破壊されそうでしたから。

    大にこにこで「楽しいわ」なんて、ありがたいではありませんか。
    お姑さんだって100%楽しいなんてあるはずないじゃありませんか。
    何かあっても、子供の命ですから弁償できるはずもなく、それはそれは神経を張り詰めて、ものすごいストレスの中を来る日も来る日も頑張ってくれていたはずですよ。トイレ一つだって、ゆっくりできないんですよ。
    お嫁さんに安心してほしくて、言った言葉だと思いましょうよ。
    確かに配慮すべき点はあるにしても、ここまで悪者にされるなんて、立つ瀬がありません。
    発想の転換をする訓練をもっともっと現代の日本人はしてほしいと思っています。
    それが人間関係を円滑にするもっともはやい道ではありませんか。

    ユーザーID:7726831946

  • うーん

    私は、逆に思ったことをなんの気なしに言ってしまってすごく後悔するタイプです。あれも傷つけたかな、これもかな、と。しばらくウジウジ悩みます。そんなのが数限りなくあります。

     割と勝ち気な相手だとすぐその場で「ひどい」的なことを言い返してくれるので、すぐ謝れるのですが、優しい人相手だと、ただ距離をとられます。悲しい。

     と、いうことで、即座にやんわりでも言い返す訓練をしてみてはいかがでしょう。

     私の様に、それを待っているオバアもいますよ。(年下だとつい気を抜いて余計なことを言っちゃうのよね。)
     
    自分の方にも余計な恨みが溜まらなくて、精神的にも健康でいられると思います。

     

     

    ユーザーID:7739476645

  • わかるんだけどね

    2歳とゼロ歳を預けたんですか。

    義母さん、本当は大変だったと思います。可愛いけど楽しいばかりではないはず。

    実際あなたはそう思いませんか?

    2歳1人だけでも大変なのに赤ちゃんまで。どれだけてんてこ舞いされたことか想像できませんか?

    その苦労を考えたら、

    楽しいなんて言ってはいけないけど私を心配させまいと思って言ったのかもしれないな、くらいの寛容性を持ってほしいものです。

    預かって面倒みたのは姑さんです。オムツを変えミルクを作り授乳しながら上の子と遊び上の子の食事まで作る。偉いと思います。
    そのことに関してはちゃんと感謝すべきです。それを思ったらそんなに後々まで
    根に持つことはないと思います。

    トピ主さんは、自分の身体の心配と子供の心配で頭がいっぱいで、預かって面倒見る人の大変さが二の次になっていると思います。

    そしてこういう場合は何と言えばいいのでしょうか。

    「ほんと大変だったわ、しんどかったわ」って正直に言った方がいいのでしょうか。

    「ううん、全然平気よ」これもあなたに張り合ってるように見えませんか。

    「迷惑なんて思ってないわ」
    これは育児の重労働をしてここまでお嫁さんに気を遣う必要はないと思います。

    トピ主さんがどう言ってもらったら納得できたか教えてください。

    ユーザーID:5965142266

  • 嫁と姑って哀しい

    としみじみ思います。

    私も昔は嫁で今は姑の立場です。

    まだ子ども達を育てている時に大病し、入院とその後は長期の安静が必要でした。
    だから、もし私がいなくなったら、子ども達は・・・主人だけでもずっと元気なら良いけどそんな保証もない、と夜になると枕を濡らしました。

    だからあなたの気持ち、ほんとうにわかります。不安で不安でどうしようもない時に言われた事って、いつまでも残ってしまうんです。

    うちもお姑さんが「見てあげる」と言って子ども達を連れて行って下さいました。主人は一人で家に帰って、週末には子供を連れてくる生活でした。

    突然の事で挨拶もしないで入院してしまったので、少し落ち着いてお姑さんに電話しました。でもあまり機嫌の良い感じではなく、

    「気にしなくてもいいよ、子供達は良い子にしてる。遊んでいても(私は専業主婦)病気になる時はなるから。気をしっかり持たないとだめだよ」

    と言ってくれたのが、何かとても哀しかったです。

    今から考えると突然幼児2人の世話をしなければならなくなり、期間もいつともわからない、同居している長男夫婦にも遠慮があり、甥達も受験で大変な時に、幼児の24時間の世話はどんなにか体も心も大変だったはずです。

    でもその頃はそんな事は全く考えないで、「あんな言い方をした」とクヨクヨ思っていました。

    あなたも難しいかもしれませんが、出来るだけ善意に考えて上げる事は出来ませんか?お姑さんが日頃見てない幼児と乳児を預かって、そのお世話が大変でないわけはありません。楽しいだけなんて絶対にあり得ません。

    あなたを安心させようと、精いっぱい言って下さった言葉だと思いますが。

    少し関係が離れるとわかる事も、嫁と姑という関係になると見えなくなる、ただ私を痛めつける言葉だと思ってしまう。嫁と姑って哀しいです。

    ユーザーID:4778483940

  • 会わなくていい

    また、すごい事を言葉にする姑ですね・・・。

    私なら、会いません。

    夫にきっちり話をして、例えそれでケンカになっても行きません。

    先日、義父が亡くなったのですが、夫の弟の奥さんは、お線香をあげに顔を出しただけ。
    その後の49日も「子どもの予定があるので」と理由をつけて一切顔を出しませんでした。

    それでも「仕方ないね」でおしまいです。そんなものです。

    しかし、義理だろうが実だろうが、母親ってのは、何で人の地雷を踏むような心無い言葉を、平気で言うんでしょうか?

    私も姑にも、実母にも、許せない言葉を浴びせられました。

    言い放った母達は、ケロっと忘れていますが、私は忘れることはありません。

    ご自身を大切にしてください。

    ユーザーID:8811145331

  • 気にしないでいいよ、と言いたかった

    トピ主さんは、誰かから依頼を受けた時に
    「迷惑かけてごめんね」と恐縮されたら
    『こっちは大丈夫よ
    (本当は負担もあったけど)大変じゃないよ』
    と今まで答えた事は無いですか?
    無理矢理、善意にとりなさいって訳じゃなく
    割と聞く相手を思いやった受け答えだと
    思いますけど。
    姑さんのそれがベストな答えじゃなかったかも
    しれませんが、根底は、「気にしないで養生してね」
    という意味ではないのかしら。

    実際には姑さんを頼って益を得たのだし、
    なかなか他人を自分の気持ちにピタリと合わせるのは
    無理って事も理解して、過去の嫌だった瞬間に執着
    するのはやめたほうが良いと思います。

    ユーザーID:7205374230

  • エールの仕方を間違えたのでは?

    他の方も書いてらしたけど…
    お義母さんは孫二人の面倒と家族の面倒を見て、本当はかなり大変だったと思いますよ。
    特に寝かしつける時なんてどれだけ大変だった事か…
    それを「もう大変よ。早く帰って来て!」と言われるよりは良かったと思います。
    もちろん言い方とタイミングがよくなかったと思いますけれど。
    今、何より心配なのは、あなたがストレスを溜める事です。
    一度、お義母さんと話し合ってみては如何ですか?

    ユーザーID:6942139462

  • ありえないけど…

    おそらく、お姑さんがトピ主さんに気を使わせたくなく言った言葉なんじゃないかな。でも、使い方間違えちゃったんだと思います。気が強い人って気を使っていること知られたくないために、変なこと言っちゃうことが多々あるんです。

    私もあります、言い方間違えちゃったこと。親友にも「ありえない」こと言われたことあります。多分トピ主さんもそんなつもりで言ったのではなくても、言われた方は???っとなることあったと思うんです。

    トピ主さんにとってはすごく不安な時期に言われたので許せないと思うでしょうが、きっといつか「おバカなお姑さん」って思えますよ。

    そんなことより自分のからだ!大切にしてくださいね。

    ユーザーID:0488956271

  • 言葉のチョイスが下手な人かもしれません。

    其の後お身体の具合は如何ですか?。

    既に書かれている方も居ますが、私ももしかしたら其の言葉はお姑さんなりの気を遣った言葉なのかもしれないと思いました。

    確かに癌になり不安なっているトピ主さんに無神経な言葉なのですけれど。
    お姑さんなりに「子供の事は心配しなくて大丈夫。今の貴女は自分の身体の事だけを心配していなさい。」と言う意味だったのかもしれませんよ。
    無神経に聞こえたかもしれませんが、言葉を選ぶのが下手で誤解されやすい人居ますからね。

    実際自分が落ち込んでいる時に良かれと思って頑張ってと言う人も居ますしね。
    落ち込んでいて頑張るのは大変なのに他人の言う頑張っての軽い言葉。
    また頑張っているのに他人事の頑張っての言葉って余計落ち込ませたりもします。

    言う人はそんなつもりでは無いのでしょうけれど、受け取る人にとっては、結局気持ち分かって貰えないと落ち込んだりしますね。

    実際お姑さんは其の後トピ主さんに対しどんな態度なのですか?。
    其の時の言葉は酷かったけれど、其の後も無神経な言葉を吐く様な人でないなら、其の時に言葉の使い方が間違っただけと思った方が今後も付き合い続けるなら気が楽かもしれません。

    ユーザーID:4653572524

  • 姑に限らないよ

    トピ主さん、姑以外にも、そういうことを言った人はいませんでしたか。

    私の場合は、最悪なのは義妹でした。

    つくづく思いました。

    「大病をしたことのない人は、病人の気持ちがわからない。無神経そのもの」と。

    他人だと、それこそ他人行儀で「お大事に」くらいしか言わないものね。

    でも、家族や親友や、職場で日々接するごく近い人達だと、「無神経」の本質が見えてしまうのだと思います。

    トピ主さん、姑で顔を合わせないといけないから、辛いのでしょうね。

    私は、「人間なんてそんなものだ」と、すっかり人間不信が板について、あきらめて、慣れてしまいましたよ・・・。

    でも私は、病人の気持ちがわかる優しい人になりたいと思っていますけどね・・・。

    そこまで黒い気持ちが消えないのなら、一度本人に言ってみるのもいいと思います。言い訳を聞く結果になるでしょうけど、今後は少しは気遣いしてくれるようになるかも?? まあ、それが期待できそうな姑の場合は・・・ですが。

    期待できそうにない姑でも、苦しいのなら、言ってしまってもいいと思いますよ。数十年後、姑が年で病気になったときに、「あの時言っておいてよかった」と思うときがくるかもしれない。

    ユーザーID:5510549879

  • レスします

    イヤな思いされましたね。
    孫を預かって嬉しくて、孫ハイテンションになってたんでしょうね。姑って、所詮息子と孫だけが可愛いんですよ。
    せめて、たまにしか会わないんだから〜と華麗に受け流してください。私なんて同居ですからね(涙)いちいち気にするとキリがないので、スルーですよ、すべて。

    ユーザーID:6114234162

  • 前向きなお姑さんだと取るしかない

    今、私が元気なので受け取り方を変えればいいのではと思いました。
    当時のトピさんの状態だと、もちろん難しかったろうと思いますから、
    気持ちが元気になったときは試してみてください。

    「こんなに小さな赤ちゃんを預けられててんやわんや、調べることも多い。
    でも家族の一大事だし、お母さんが来るまでの一時だからもちろん頑張る!
    ここは私が踏ん張らなくては、成り立たない!
    一時だけだと思えば・・・、

    『赤ちゃんの一番かわいい頃だし、楽しいわ!』←実際に口に出したところ

    と前向きに考えていれば、大丈夫!お嫁さんには心配かけてはいけないし。
    治療に専念してもらわないと。
    体力的にも、しばらくなら、なんとかなりそう・・・」

    といったところでしょうか。
    上記の事は想像ですが、もちろんそういう気持ちもクルクルと巡ったと思いますよ。

    自分を奮い立たせて、お嫁さんも励ましたつもりだったんだと思います。
    だって40代(私がそうですが)以降の子育て(しかもベビー2人+息子)なんて、
    もともと体力ありましたが、もう体力的にも気力的にも、大変すぎて想像できません。

    ユーザーID:6586665018

  • 前向きに図太く

    病気になって不安な時だったから余計に落ち込む言葉だったのでしょうね。
    しかしもう過ぎ去ったことで同居でなければ毎日会う相手でもないでしょう?
    また何か無神経なこと言われてもやんわりと反撃してもいいんですよ。
    図太くなりましょう。
    何年経っても思い出しては腹の立つ言葉はありますよ、私にも。
    心から許せることはないし忘れないけど忘れたフリはできます。
    言われた事は酷かったかもしれないけど、
    大切なお子さんを面倒見てくれた恩はあるわけです。
    いつまでも過去にこだわるよりサッパリ忘れて(忘れたフリして)
    次に無神経な事言われたら「ひどーい」でも何でも
    思ったこと言っちゃいましょ。
    嫌いな相手に嫌われてもいいじゃない?

    ユーザーID:4051753302

  • はるさんに同意

    タイトルどおりです。
    同じように人生の辛い時にもっと嫌味を言う人もいます。
    トピさん的には傷ついたかもですが、、姑さんからしたら気を使わせない為の精一杯悪者になってくれたのかもですよ。
    幼子を無事預かってもらえただけでもよかったと思い、あとはご自身の為に水に流すこよです。

    くれぐれもご自愛くださいませ。

    ユーザーID:1006177332

  • 姑さんなりの気遣いの発言では?

    要するに「こちらのことは気遣い不要!孫と過ごせる時間を貰えて
    楽しくやっているから」という意味の発言だったのではありませんか?
    そもそも、楽しいばかりではなく、結構、大変だったはずだと思いますし
    それを貴方に感じさせないようにとの思いやりからの発言だったのでは
    ありませんか?

    確かに少し無神経な言い方だったのだとは思いますが、そんなに根を持つ
    程、酷い発言ではないと思いますよ。

    人生の底辺の時期だったとのことですが、今や、癌なんて二人に一人は
    なるものなのですよ。
    あなた一人が悲劇のヒロインだった訳ではないのですし、結局のところ
    姑さんのサポートもあったからこそ回復できたということなのですから
    もう少し感謝の念を持っても良いのではありませんか?

    ユーザーID:4894435198

  • はるさんに同意します

    言葉の選び方は問題あるかもしれませんが、
    2歳と0歳を預かるのは大変だったと思います。
    うちは私の2児出産時私の父親(近い親族は私の父しか残っていないため。夫は連休を取ってくれていたが、出産がかなり遅れ、連休に合わなかった)に10日間預けました。本来は5日くらいの入院の予定でしたが、私の健康に問題が生じ退院できませんでした。
    うちも長男は当時2歳です。

    ご迷惑おかけしてすみません、と言われたから「すみませんてことないのよ、楽しくすごしてるから気にしなくていいのよ」という意味で言ったんだと思います。

    うちの父親も一言も私に何も言いません。一言もしんどかったとか大変だったとか10年たった今も言いません。「あの時は大変だったでしょう」と今言っても「それなりに楽しくすごしたよ」と言います。言葉のセレクトは違えどトピ主さんの姑と同じ返答ですよ。
    でもうちは発達障害もある子ですのでそりゃもう大変だったと思います。
    正直夫にはできなかったと思います。
    父には本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

    トピ主さんにとっての姑や私の父から「大変だった」「つらかった」と言われないと「ごめんなさい」「ありがとう」と思えないのは違うと思います。
    大変そうに「大変だった」と言う人より、更に「気を遣う」ということまでしてくれているということを忘れてはいけません。

    数年が経ってもまだ思うということは、姑が嫌いなんでしょう。
    でも預かってもらったことに対してどうこう思ったり言ったりすることは違うと思います。

    ユーザーID:7964097733

  • はるさんのコメントに賛同します。

    姑さんの言い方が悪かったとは思いますが、本当に大変だったと思います。
    ここは貴女に心配をかけてはいけないと思い、楽しいと言ってしまったとの解釈も出来ます。
    子供はすぐに忘れてしまうけれど、大人はいつまでも根にもちます。
    嫌な事をいつまでも思っていても、それはつまらないです。
    それこそ赤ちゃん二人も面倒を見てくれたのですから、感謝すべきだと思います。

    ユーザーID:1229319592

  • もしかしたら

    あなたを気遣っての言葉だったかもしれないなと思いました。

    2歳と0歳の子をあずかるのは体力的にも精神的にも大変です。楽しいを通り越すことです。
    それにお姑さんにとっても息子の妻が出産後すぐに癌になってしまった、今後どうなるのだろうというのは不安で仕方ないことですよ。

    お姑さんは本当は「私には気を使わないで大丈夫よ、子どもたちもいい子にしているわよ」とあなたを安心させたかったのかもしれません。

    ユーザーID:1454213633

  • 姑なりの気遣い

    トピ主さんが謝っているから、
    ここで、とっても大変なの!と言ったら、ますます申し訳なくなりますよね。
    だから、トピ主さんがもう謝らない様に、
    とっても楽しませてもらってるわ、と明るく言ったのではないですか?

    嫁と姑だと、どちらも相手の言葉を悪い方に解釈しがちです。
    あなたは病気で我が子と離れて、その不安からどんな言葉をかけられても、
    姑憎し!になっていたと思います。
    子供をお世話してくれて、明るく楽しわ!と孫を可愛がってくれているのだから、
    良いお姑さんだと思います。

    あと、あなたも将来姑になったら、
    お嫁さんかお婿さんに、良かれと思って発言した事が、
    今のあなたの様に解釈され、ずっと恨まれる事になる可能性がある、と知っておいて下さいね。

    ユーザーID:8813744170

  • 夫に言いましたか?

    姑は嫁が自分に孫たちを預けてくれたので、余程嬉しかったのでしょう。

    まぎれもない本音。
    別問題として夫はそんな母親の妻への発言をどう思ったのでしょう。
    姑の顔を見ずに暮らせて幸せなら、自分で姑に言う。

    同じように姑が居ない生活で楽しいので悪いですがお盆には行きません。
    言われたことは一生消えません。
    心に消えない言葉として何度も姑に言い、姑のように夫と子供たちの楽しい生活だと何度も自分の口で言う事です。

    夫がどう言ってくれるのか。
    夫が一人で帰省してくれて妻の味方が出来るか次第です。

    ユーザーID:4669193992

  • 楽しんでるから気にするな、と言いたかったのでは

    言い方一つだと思うんですが、

    嫁「ご迷惑おかけしてすみません」
    姑「良いのよ。孫の世話ができてこちらも嬉しいのだから気にしないで」

    って言われていたら、そこまで根に持ちました?
    多分、根に持ったりせず感謝してたんじゃないでしょうか。

    でも、根本的に言ってることは同じですよね。
    お姑さんとしてはトピ主さんが気に病まないようにわざと明るく言ったのかもしれない。

    それに、迷惑かけるよりは楽しんでもらった方がはるかに良いじゃないですか。
    何が悪いのか分かりません。
    結局、「自分の不在で苦しんでほしい」ってだけですよね。


    多分、トピ主さんはお姑さんからトピ主を気遣ったり慰める言葉が欲しかったのだと思いますけど、我が子の面倒見てもらってる感謝の電話でそれを求めるのは筋違いですよね。

    それに、前癌病変なら、癌になったわけじゃない。
    なるかも、ってだけ。
    必ずしも癌になるわけでもない。
    自分の事なのに、病気のことを正しく理解もせずに「私がいなくなったら」「どこまで進行してるのか」なんて言ってたのでしょうか。

    ちょっと大げさすぎますよ。



    私の母と姉もトピ主さんと同じタイプです。

    病気になると大騒ぎして必要以上に悲観して悲劇のヒロイン気分に浸り、自分の求める気遣いをしてくれない人のことを後々まで「あの人はあの時こう言った」「この人はこんなこともしてくれなかった」とグチグチグチグチ…

    そのくせ、自分が大騒ぎして周囲に迷惑や心配をかけたことは当然とばかりにこれっぽっちも感謝しないし反省もしない。

    私はもう母と姉の「病気アピール」は相手にしてません。


    トピ主さんはまず、お姑さんに心から感謝すべきじゃないのでしょうか。

    ユーザーID:5383364054

  • それは姑さんなりの気遣いでしょ?

    主さん
    こんなとこで、あおられて、ストレス溜めたらダメですよ

    お姑さんも、ガンで苦しんでる人に、あなたの子供を預かるのは大変ヨォとはさすがに言えなかっただけ
    お子さんたちと楽しく大事にしているから、安心してねと言いたかったのだと受け取っておきましょうよ

    世の中、なんでも、「モノは取りよう」ですから…



    主さん
    あのね、ついでに言っておくけど
    病気でそんなに苦しい時に、他人様を悪く取っていては、ストレスが溜まって、免疫力低下しちゃうよ
    ストレスと免疫力は密接に関連してるんですからね。

    つまり、「他人様の好意を信じる人」の方が10倍治りやすいんです!!!


    それに、お姑さんは「いざとなったら、ただでお世話になれる大事な戦力」なんですから
    無理にでも、好意を信じて、よく取っておくのが、自分のため!お子さんたちのため!
    ついでに夫のためにも良い



    変なことで悩まず、よく眠って、免疫力を向上させ
    早く良くなられますように祈ってますね!

    ユーザーID:5292878900

  • では、愚痴られていたら?

    お気持は、わかります。
    でも、「許せない」という感覚はわかりません。

    だって、子供を預けられて、助かったのでしょ?
    だって、「いざ」という時、頼らなきゃいけない状態なのでしょ?
    だって、姑さんに、迷惑かけたのでしょ?

    いきなり、2歳児と 2ヶ月の子供。

    例えば、もし、「迷惑をかけて済みません」言った時に

    「上の子がママ、ママって泣いて大変なの」
    「下の子のオムツ替えが大変で」
    と、延々と愚痴られたたら?

    「手術はどうだったの? 貴女のことが心配で・・・」
    と、延々と病気の心配をされたら?

    どういうケースでも、別の感情が湧くでしょうし、
    大抵のケースで「許せない」と感じていたかもしれません。
    癌の手術の後って、感情的にデリケートな時期ですからね。

    -----

    深刻な病気になると
    どうしても「なんで私だけが」という感情が湧きがちです。
    そして、「かわいそうな私」を「大事にしてほしい」と思う、
    それはそれで自然な感情だと思います。

    でも、患者さんの周りは周りで、病気を心配するだけでなく
    しわ寄せの穴埋めのために、実作業が大変なんです。
    乳幼児が2人も居たら、なおさらです。

    夫が、仕事をほとんど休まなくてもよく、
    夫が、子供の心配をせず手術の立ち合いもできたのは、
    お姑さんのおかげでしょう?

    -----

    > 何年も根に持っている私が行けないのでしょうか?

    これは、よくないと思います。

    病気は辛いです。
    どうしても、自分が辛いと、自分中心にものを考えがちです。
    病気で周りに迷惑をかけても、周りの人に「感謝」を忘れがちです。

    今のトピ主さんの状態は、
    自分の病気のためにしてもらった「長時間の労働」について、
    すっかり忘れてしまって
    電話で言われた「数十秒の会話」だけが残っているのは
    お互いに不幸だと思います。

    ユーザーID:1712103836

  • 悪く捉えると自分がつらいだけ

    お姑さんの言葉、トピ主さんが、申し訳ないって謝るから、こどもたちのお世話を「楽しい」っていってくださったと考えましょう。アラ還ぐらいのお姑さんにとって、2歳0歳の2人のお世話がどんなに大変か、考えてみて。「こちらのことは心配せずに治療に専念して」という意味だと捉えた方が、自分がハッピーですよ。
    お姑さんが子供達とご主人のお世話を引き受けてくださったからこそ、入院して手術を受けることができたのでしょう?あの時治療したからこそ今があるのでしょう?
    普段から相性が悪いのなら、いちいち悪意に聞こえるかもしれませんが、私はお姑さんとはとても仲良くできたので、第一子の出産時、陣痛促進剤を使うことになり、あまりの痛みに意識が飛びそうになった時、夫と義母の顔が浮かび、万が一の時はきっと義父母と夫が生まれた子を可愛がって大事に育てくれると確信してお産に臨みました。
    あの時お義母さんが子供達のお世話を引き受けてくださったから、今幸せな家族4人の生活があると感謝の気持ちでいた方が、トピ主さん自身が幸せでいられると思いますよ。

    ユーザーID:2453780358

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧