姉が健康になってほしい

レス7
お気に入り16

ふら子

ひと

上記タイトルについて真剣な相談です。かなりの長文です。

姉(30代前半)は数年前に離婚し、現在は実家で母と二人暮らし。父は数年前に他界。
私(30代前半)は結婚し家をでて、海外在住。 
他にも兄弟がいますが、みな結婚して家を出ています。

姉は今までに、様々な健康上の問題を抱えてきました。

まずは姉が高校生の時に、対人関係のストレスによる急激な体重減少がありました。身長157センチほどありましたが、3ヶ月で、体重が40キロ台後半から30キロ台にまでなりました。
その後、なんとか40キロ程度には戻ったのものの、食も細く、ずっと体型は細いままです。今思えば、拒食症だったのかもしれません。

もともと気にしいでプライドの高い姉は、20代になってからは、ストレスがあるたびにお酒に逃げるようになりました。家族が飲み過ぎと注意しても、聞く耳を持ちませんでした。今思えば、アルコール依存症だったと思います。

20代半ばで結婚してからは、嫁ぎ先でのストレスをまたお酒で解消していたようです。そして、30歳で急性膵炎を発症しました。もともと細かった姉は、骨と皮だけになってしまいました。

急性膵炎の原因はアルコールの過剰かつ長期間に渡る摂取でした。退院してからは、禁酒を約束していたのにもかかわらず、調子がいいと思って、度々アルコールを飲んでいたそうです。結果、1年で3回急性膵炎にかかりました。

続きます。

ユーザーID:6267056946

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数7

レスする
  • 続き1

    3回目病院に運ばれた時に、姉から母宛に電話があり、
    「また急性膵炎で入院することになっちゃった。どうしよう、またお父さんに怒られる」
    と話したそうです。
    (この時まだ父は存命で、過去に急性膵炎で入院した時も、アルコール摂取を控えるよう、そして命の危険があることを姉に説得していました)

    自身の命の危機よりも誰かに非難されることを気にしてしまう姉の思考回路は、この時すでに正常のものではなくなっていました。

    その後姉は離婚し、実家で暮らすようになってから明らかになったのですが、食事をまともに食べないようなのです。
    母は夜にパートで家を空けることも多いのですが、姉は誰かがそばにいないと夕食をとらずに寝てしまうそうです。
    昼は姉のパート先で賄いをちゃんと食べていると本人は言っていますが、嘘だと思います。なぜなら、家で食べる量が一食につき、二口程度だからです。もうちょっと食べようと周りが言っても、無理でした。

    膵臓が弱っているので、食べることはきついのだと思いますが、病院から処方される高カロリー栄養ドリンクを飲んでいないことがあり、母が飲まないとと促すと、
    「だってまずいから」
    と返されたそうです。
    まずいからなんて言っていられる次元の健康状態ではないのに、姉は自分がどんな状況なのか真剣に向き合おうとしません。

    その割には、自分が病気のせいでみんなに迷惑をかけてしまっているとか、他の兄弟は子供が生まれていいなとか、よく嘆いています。(姉は痩せ過ぎのため、婦人科系の問題も長年抱えています)
    周りに迷惑をかけたくないので、自立のために少しでもお金を稼がなくちゃ、パート入れなきゃと無理をして、結果、体調不良で入院、を繰り返しています。

    自身がきちんと健康になることが、今の状況を解決する一番の近道だと分かってほしいのですが、本人は理解できないようです。

    ユーザーID:6267056946

  • 続き2

    姉は定期的に膵臓の経過をみるために病院に通っていますが、担当医には自宅での食事はきちんとできていると嘘の報告をしていると思います。(本人が、自宅での食事に問題はないから担当医から栄養ドリンクは飲まなくてもいいと言われた、と話していたので。)
    そんな状況なので、症状は一向に良くならず(体重はずっと30キロ代前半)、母が食事を促しても逆ギレ、「私が辛いってわからないの」と捲し立てるようです。

    家族がどんなに健康を願っても、やはり姉自身が自分でこの状況をどうにかしないと、と思わない限りは改善に向かわないと思うのです。

    カウンセリングの提案を試みようと、
    「家族にも言いづらい話もあるだろうから、誰かに話を聞いてもらいに行こうか」
    とやんわり言ってみても
    「私は大丈夫」
    の一点張りです。

    でも、全然大丈夫じゃないんです。
    膵管はすでに人工チューブ、膵臓の機能低下とともに肝臓の機能も低下しており、また血液循環機能が著しく低下しているので内出血ができても1ヶ月は消えません。
    そして筋力が低下しているので、時々椅子から立ち上がれないなど、生活に支障をきたしています。
    早く、自分の深刻な状況に気づいてほしいです。
    家族がいくら言っても、自分が責められていると思って、前に進みません。

    このままだと母にストレスもかかるし、姉も不健康のままです。

    どうしたら、姉は自分の健康に真剣に向き合ってくれますか?
    また、カウンセリングに連れて行くとしたら、どのようにしたら行ってくれますか?

    ユーザーID:6267056946

  • レスありがとうございます

    カリントさん、都市伝説さん、日々草さん、レスありがとうございます。
    母と弟とで主治医に会いに行き、今までの経緯、日々の食生活を説明することになりそうです。かかりつけの病院は心療内科があるので、そこに繋いでもらえるかもしれません。

    今まで、通院時にはたまに家族が同伴していたようですが、このままでは状況が悪化するばかりなので、これからは必ず家族が同伴することになると思います。

    過去の入院期間中に栄養管理の指導は受けたようです。しかし結局、病気に立ち向かう強い意志を持てないので、現在は上記で説明したような食生活になっています。

    パートは数ヶ月前に、本人の強い希望で再開したようです。自宅から徒歩5分、勤め先も姉の健康状況を考慮しての採用とのこと。家の外にでることで気分が明るくなるならと、家族も承諾しました。

    ユーザーID:6267056946

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧