マタハラに対する仕返しに夫が不満を持っています

レス101
お気に入り1,033

マーヤ

ひと

夫とタイトルの件で揉めています。
私としては、夫から当時への謝罪がない限りは許せません。

2010年と2012年に子どもを出産。
もともと定額制で共通のお財布にお金を入れるという内容だったが、育休期間中も私の負担額を減らすことに夫は反対。
フル勤務だった2009年ではおおよそですが、夫の年収500万で私が400万くらいでした。

上記の件もあり、第2子出産後は子どもに寂しい思いさせた気もしますが早めの復帰をしました。
小さい子がいる中での勉強も大変でしたが、勤める会社で必要なスキルアップ自習も少しは進めることができました。

ここまでが前置きとなりますが、今年の4月に夫は子会社転籍になりました。
夫に対して言い方悪いですが左遷的な転籍だと思います。年収もたぶん400〜450万だと思われます。(おおよそ200万ダウン)

私ですが、4月に昇格して見込みですが年収600〜650万くらいになりました。
夫は俺の収入下がったし、家計費負担率の見直しを迫っています。
私は育休当時に夫が受け入れずに個人貯金切り崩しましたので、拒否しています。
皆さんだったら、どう解決しますか?

・過去は水に流して、許してあげる(負担率の見直し)
・私が崩した貯金額と同じ金額までは、負担率の見直しを許さない
・今更ですが家事負担などを夫寄りにして、その代わりに負担率を見直す
・抜本的に家計管理を見直し、お小遣い制にする(夫は嫌がっていますが)
・その他いい案あれば

転籍になった会社では、親会社と比べて残業も少ないのと親会社と同じポジションでマイナス100万円と聞いています。
なので、年間残業減でマイナス100万円、転籍でマイナス100万円といった感じみたいです。
今の会社では、前の年収に戻るためには課長昇進では足りないのと、部長職以上は親会社で経営層の転籍からでしかなれない文化のようです。

ユーザーID:8579068795

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数101

レスする
  • ご主人は何と言っていますか?

    あなたの育休で収入が下がったのと、今回のご自分の転籍で収入が下がったのとの区別について、

    どう違うのか、まずはそれを教えてほしいな。

    どういう理由で、あなたはダメで、ご主人はいいのか、基準があるんでしょ?

    ユーザーID:3128587616

  • 将来どっちかが病気で働けなくなった場合はどうするの?

    さみしい家庭だね。心情的には許せない気持ちはわかりますが。

    最初にお互い稼いでるし、自由にやりたいって気持ちがあって、
    女性は妊娠出産期間があるのに、きちんと決めて置かなかったのが良くなかったですね。


    それぞれ一馬力でやっていけるくらいの稼ぎもあるのだから、片方の稼ぎはまるまる貯金くらいの余裕があって、世帯収入でやっていれば何も問題無かったのに。


    何のために結婚したの??


    主さんからルールを撤廃して、一つの世帯にしようって言える最初で?最後のチャンスだと思う。


    家庭に男がふたり居る状態って上手くいかない。
    稼ぎはあっても柔軟な姿勢を。

    謝罪が欲しければ喧嘩して、とことんやる。きちんとした謝罪と反省が無ければ今のルールで行くなど。夫婦なんだから、仲直りは出来るよ。

    そして主さんの昇給は、早い復帰のおかげだから、努力の賜物だけどきっかけは切羽詰った環境のおかげだったりもするよ。
    主さんひとりで今のステージに居るんじゃないって思わないと。

    でもあのときどれだけさみしく思ったか、辛かったか、それを伝えることが大事。

    旦那さんも焦りがあったのかも。それをいま向こうの分の悪い状態のときに攻撃するのも優しくはないけど。


    そしてお子さんだって、さみしいだけじゃなかったと思うよ。


    稼ぐ額で抜いても見下したら駄目。お金に人生が奪われてしまうよ。
    全てが平等じゃないのに、比べるのは違う。
    男だから女なのに、で責めるのも違う。
    稼ぐ額が変わっただけで世帯収入はダウンしてないんだからさ。

    好きで一緒になって、理不尽でもやってきたんでしょ。
    そんな相手でも乗り越えられるなんて奇特なひとだよ。
    主さんにしかできないミッションだよ。

    やっと本当の家族になるチャンスなんだよ。話し合ってみて。

    ユーザーID:4661864683

  • おや?ご主人はブーメランですね

    私ならですが、

    >・私が崩した貯金額と同じ金額までは、負担率の見直しを許さない
    これを当面実施して、崩した貯金額と同等になったなら、

    >・抜本的に家計管理を見直し、お小遣い制にする(夫は嫌がっていますが)
    お小遣い制にします。

    夫婦別財布って、自由で便利ですが、夫婦の性格によっては貯蓄が思うように貯まっていない事が多いと聴いたことがありますから、将来のために貯蓄に励まれた方が良いように思います。

    この先、こ主人が離職、転職とかの備えにもなりますしね、子供が小さい今が貯め時です。

    ユーザーID:9782983308

  • ダブスタだね

    お子さん二人いらっしゃるので夫婦仲はよいのだとお見受けします。
    私なら育休中に平常時と同じ負担を求める人とは暮らせないし、一生分かり合えないでしょう。
    挙句の果て、己の給与が下がったら負担率の見直しを迫る?
    恥ずかしくないのかしらん。
    短絡的な私とは違い、トピ主さんは前向きで愛情深い方なのでしょうね。

    ならば、「抜本的に家計管理を見直し、お小遣い制にする」に一票を。
    今後も収入は上下するものと思われます。
    縁起の悪い話ですが、病気や事故の可能性だってあるわけです。
    その都度、負担率がどうだ、と自分の都合ばっかりあげつらっていては、長期的な計画も立てられません。
    過去の仕打ちを持ち出しだせば、まとまるものもまとまらないでしょう。
    それぞれ収入の1〜2割をお小遣いにし、それ以外は家計で管理して、紛争のネタを減らしましょう。

    ご主人、わがままですね。
    そこが可愛いのかな?

    ユーザーID:2213941400

  • 勝手すぎる

    育児休暇という自分にも責任のある状況での収入減にもかかわらず
    今まで通りの負担を求めておきながら自分の責任で左遷され収入が減ったからと
    負担減を求めるってプライドというものが無いのでしょうか
    二番目か四番目が妥当だと思います
    それでも抵抗が酷いようなら双方の親兄弟、または友人知人に意見を聞いてみるわと提案しますね

    ユーザーID:6458520208

  • 頑張れ、お母さん

    マーヤ様、こんにちは。

    2人のお子様のご出産、おめでとうございます。
    結婚後は2人の家計といいながらもじゃぁどちらがどれだけ負担して、どれだけを懐に収めるのか
    となるとやはり同じ財布とは言いづらい関係ですよね。

    失礼ながらご主人の収入が減ったのは、仕事力、上司との関係、同僚との関係等様々な点でご主人の力不足によるもの
    仕方のないことといえばそれまでなのですが、そんな事になるとは露ほどにもおもって居なかった当時は
    自分がより多く負担するのが嫌で育児休暇中といえど定額の姿勢は崩さなかったのでしょう。

    つくずく自分のことしか考えてないなと感じます。

    仕返しという表現の仕方のは違和感を覚えますが、
    貯蓄を切り崩し、ご主人の定額制への固執にも耐えたのですから、将来の収入の目処がつこうがつくまいが関係なく
    そのスタンスは変えないで良いと思います。

    自分が不利になった時だけ条件を甘くするのか。と

    これから2人のお子様を育て上げるのにお金が必要になります。
    私が辛かった時も負担率の見直しはしなかった、だから今回もしないけど
    互いに見直しを図って子供に全力を注ぐためこづかい制という事なら考える余地がある。
    と言うことではいかがでしょうか。

    あと、家事負担をさせたところで些細な汚れや不手際が気になってより仕事が増えるだけです。

    ユーザーID:9591178305

  • 断固拒否

    他人のご主人ながら、自分の子をお腹で育ててくれる奥さんに酷いなあと思ってしまいました。
    私なら過去は水に流せません。
    「あなたは育休の時でも家計費負担は平等にと主張したのだから家計費負担は見直さない。平等に。」と主張しちゃうなあ。

    ご主人の家事負担を増やして、家計費負担を減らすのも主さんから言うのは筋が違う気がする。
    頭を下げて「この家事とこの家事とこの家事(具体的に言わせる)を責任を持ってやりますから100万負担を下げてください」と言えばまあ考えてあげても良いけど。

    なんか自分のお金死守って感じがします。

    ユーザーID:5730539757

  • 『負担率の見直しを許さない』のみ

    基本は『私が崩した貯金額と同じ金額』は抜きで
    『負担率の見直しを許さない』でいいのでは?

    『育休期間中も私の負担額を減らすことに夫は反対』したでしょ?
    どうして収入が下がったからって負担額を減らす選択肢があるの?
    私ならそういいます。

    ユーザーID:6328531966

  • 自分のした事は自分に返る

    >・私が崩した貯金額と同じ金額までは、負担率の見直しを許さない

    これは確実に実行すべきです。
    マタハラは罪深いですよ。
    今現在夫は妊娠中でもないし
    貯金吐き出させましょう。

    自分の番に鳴ったら甘くしてとは
    情けない夫です。
    こんな夫要らないと言いたいですね。

    ユーザーID:7817350300

  • 目には目をに大賛成

    変えなくていいと思います。

    だって二人の子供なのに、トピ主さんだけに負担がかかる状態で、それを良しとしていたわけですよね?だったら左遷なんて、会社の意向でそれこそトピ主さんに関係ないんですもの、「あら?私たちの子供だったけどこうだったよね、関係ないとは言わないけど、少し考えを改めるチャンスかもよ〜」とか私だったら言います。

    それでも忍びないというのであれば、お小遣い制がいいのかな。嫌がることをあえて我慢してもらうのも、反省につながりそう。

    とにかく、トピ主さんが主導権を握っていい案件だと思います。仕事みたいな言い方になりました。笑

    ユーザーID:5716368296

  • 話し合いの前に

    主さん、ご自分で「過去の謝罪が無くては許せない」と
    仰っていますよね。
    まずはそこで話を止めておくことは出来ないのでしょうか。

    主さんはおそらくきちんとした方なのでしょう。
    考え得る着地点を先に列挙しておられます。
    まあ大人なのですから、当然の行動ではあります。

    だけど、夫婦とか家庭において、
    やっぱり感情面ておろそかにしてはいけないと思うんです。
    ある程度は理性で封じ込めるにしても、
    これだけは絶対ダメ!という何かがあってもいい。

    まずはそこを主さんご自身が認めてみてはどうですか。
    冒頭の感情をスルーして話し合いのテーブルはつかないし、
    夫にも、そこを経由せずに交渉に応じてもらえるなと
    言い渡してもいいと思うんですけどね。

    夫は「済んだことを今更」という論法に転じたり、
    「いつまでもゴネて」という論点のずらしで応じるでしょう。
    で、主さんのようにある程度論理的思考に長けている方は、
    理屈で考えたらここに着地するしかないのだから、
    その為に自分はどうすべきか、という思考に行き、
    結局は夫に主導権を握られてしまうような気がします。

    今回はそんな大人の振る舞いは不要じゃないかなあ。

    会社組織ではなく、感情も愛情もある家族なのですから、
    主さんのそういう一面も見せていいはずだと思います。

    ユーザーID:2151024549

  • マタハラってそういう時使いません

     夫婦間で「マタハラ」は使いません。それは職場などで起こることを指しています。使い方は間違っていますが、あなたたち夫婦の婚姻生活って、まるで会社ですよね。
     家庭も子ど立ても割り勘なのですね。やったらやり返す、それも夫婦生活ではないです。あなたたちは、結婚や子育てに向いていなかったのでしょうね。子供も割り勘して、別れたらいかがですか。
     私から見てまったく夫婦の意味がないです。

    ユーザーID:1828382232

  • 左遷は自業自得だよね

    妊娠出産は夫婦の責任ですが、左遷は夫の努力不足ですよね。

    夫婦の責任で収入減となっても負担額を見直さなかったのだから、夫の努力不足での収入減でも負担額を見直す必要はないと思います。

    私なら、

    >・私が崩した貯金額と同じ金額までは、負担率の見直しを許さない
    >・抜本的に家計管理を見直し、お小遣い制にする(夫は嫌がっていますが)

    このどちらかを夫に選ばせます。
    あれもこれも嫌、は通用しません。


    そもそも、200万も減額になるほどの左遷的な転籍って、何やらかしたんですか?
    ただ業績を上げられなかった、にしては額が大きいように思います。
    親会社の業績悪化のためのリストラなら、転籍するより転職したほうが良い場合もありますし、そうでないなら下手をしたら不祥事を起こしての懲罰的人事かもしれませんよ。

    そこのところをしっかり確認したほうが良いと思います。

    ユーザーID:8419514417

  • あなたの案だけど?

    えっと、私が提示しているのは、
    過去にあなたが提案した案なんだけど?
    私は貯金から出したのだから、
    同額までは出してね。
    これは私からの提案ではなく、あなたが決めたルールだよ。

    と私なら言いますけど。
    ずっとは無理なので、同額か同年数かな。

    ユーザーID:7752416500

  • ご主人のリアクションを教えてほしい。

    トピ主様が、育休当時の減額反対を理由に今回の減額請求を拒否していることについて、ご主人はなんと言っていますか?
    もめているということですが、具体的にはどのような言い分なのでしょうか?
    私ならとても恥ずかしくて減額要求なんてできませんが。
    本人はそれとこれは別とでも?

    ユーザーID:8069775702

  • 経済DV

    マタハラっていうか・・・経済DVだと思います。
    妊娠中の主さんに対して行った所業は。
    誰の子だと思っているの?って感じです。

    主さんは無事出産できて子供もおそらく何もなくお元気なんでしょう。
    そして主さんは頑張って年収を上げられたからこんな結果になっているのでしょうが
    大体なんだかんだで女性の年収が下がったりするパターンが多いですし、
    仮に主さんが出産時に危険なことになって
    お仕事が続けられなくて一生貯金を取り崩しなんて事も考えられたと思います。
    お母さんも元気で子供も元気で出産が終わると思っている本当におバカさんだと思います。
    命がけって事なんでわからないのかなぁって。


    「抜本的に家計管理を見直し、お小遣い制にする」
    しか選択肢はありませんね。

    気持ちとしては
    「私が崩した貯金額と同じ金額までは、負担率の見直しを許さない」
    を支持したいですが、これって経済DVだと思いますので、
    この所業をタテに「抜本的に家計管理を見直し、お小遣い制にする」を飲ませる事をお勧めします。

    ユーザーID:3356251125

  • 不思議

    なんで現行の負担率を書かないんですか?

    収入比例させる考え方なら、答えは2番目だと思う。
    (夫500万、妻400万の時、負担割合は5:4だった時)

    折半という考え方なら、収入が変わったからといって配慮の必要はないはず。
    (夫500万、妻400万の時、負担割合は5:5だった時)
    収入ゼロでも妻に負担があったのなら、こちらの考え方をしていたのかな?とも思ったけど、どうも書かれていることと違和感がある。

    基礎となる考え方が分からないのに、どうして判断ができましょうや?

    ユーザーID:7886999670

  • 夫婦って助け合うものだと思っていましたが違うんだ

    負担額は同額なんですか?それとも年収に連動した比率なんですか?
    年収450万では払うのがきつい金額なんですか?

    主さんが過去のことを引き合いに出すのなら夫が無職になって収入がないときに
    「貯金から払え」は正当な主張だと思います。

    負担額に差があるならそのルールに乗って決めたらいいし、
    現金で納入が不可なら家事等の労力提供は当然だと思います。

    それ以前に困っている人の傷口に塩を塗るような考え方が怖いです。
    夫がふざけたりサボった結果のリストラなのか一生懸命努力した結果
    なのかにもよりますが、それが夫婦なんですか?

    ユーザーID:9816851326

  • 心情的には許すまじ!…でも…

    正直、「負担率の見直し?ふざけないでね。あなたが私にした仕打ちでしょ?貯金削って出すのが当然でしょ」と言いたいところです。

    が、それでは あまりにギスギスするので、私なら夫に説明を求めます。
    「あなたは私が育休中、私の負担を減らすことに反対したよね?だから、私は自分の貯金を削って出したよ。なのに、あなたは左遷になったから自分の負担を減らせってのは、どういう了見?私はあの時のあなたを許せていないのだけど、あなたは自分がした私への仕打ちをどう思っているか教えてくれる?」と聞きます。

    夫が素直に謝り、自分から家事の負担を増やすなどを提案してくるなら水に流します。
    けれど、自分の行動を正当化したり、トピ主さんを「冷酷、ケチ、守銭奴」などと罵ったり、言い訳を挙げ連ねるなら許しません。

    本音は「どのツラ下げて、そんな恥ずかしいこと よく言えたな」と罵ってやりたいですけどね。

    ユーザーID:7986926587

  • それはムカつきますね

    一番ご主人にとって厳しいのは、

    トピ主さんが崩した分と同じ金額までは見直ししない。

    で、

    トピ主さんが崩した分と同じ金額になったら負担率を見直して、家事負担をご主人に多くする。

    かなと思います。

    でもご主人が過去を反省してきちんと謝罪してくれたら、許してもいいかも。

    けれど、今後、夫婦の年収差でご主人がすねたり八つ当たりすることはないか気になりますね。

    ユーザーID:6576899475

  • 今後も含めて悩みます

    短時間に沢山のレスを頂きまして、ありがとうございます。
    はるさんのレスまで拝見しました。

    あのねの根さんと泡沫の夢さんへの回答ですが、結婚当初から50対50の同額です。
    共有財布の額を増やしたくなったらお互いに入れる額を増やす感じで、金額は変わっても比率は変えていません。
    夫の元会社時代は残業も多く、夕食等の経費も必要でしたので手元に残る金額が夫多いのは仕方ないと思っていました。
    ですが、出産時にはその金額では私に赤字となってしまい、第1子の時は我慢していたのですが…
    第2子の時も夫は変わらなかったので、早期復帰と昇進昇格を目指すことにして今に至ります。
    子どもの学費貯金など2009年当時からすれば財布に入れる額を増やしており、今の夫では残額が手元に残らないかもです。

    夫とは業界も会社も違うので、夫がサボったのか優秀でも避けられなかったのかはわかりません。
    夫は親会社のIT部門におり、既に存在するIT子会社へ転籍となったとだけ聞いています。

    家事負担は夫に相談しましたが、いい顔しませんでした。
    転籍先はフレックスタイムになったのはいいのですが、親会社時代と比べて片道30分増えました。
    通勤時間で1時間少し増えたから以前とあまり在宅時間変わらないし無理というのが夫の言い分です。

    夫の言い分が正しければ、今の私の年収を定年まで超えないかもしれません。
    課長で600万くらい。部長職は生え抜きや未役職転籍者ではなれないと夫は言うので。
    夫が過去を反省してくれるなら、なおさらちゃんと話し合いたいとは思います。

    後、親(特に義実家)へ相談については離婚レベルの揉め事になるまでは隠します。
    義母は夫の味方をするはずですが、義父からは夫が鉄拳制裁を浴びてしまう可能性が否定できず…
    この点は詳細を伏せますが、義弟がそういう実績ありますので…

    ユーザーID:8579068795

  • 主さんの減った貯金額を家計から補填する条件で話し合う

    どーでもいいけど、「マタハラ」って言葉は、そういう時に使わないよ、主さん(笑



    まあ、とりあえず、主さんの減った貯金額を家計か、彼の貯金から補填するって条件で、
    夫さんが、主さんのあげた3択の中から、どれが一番良いと思ってるのか?
    希望を聞くところから始めたら?

    難しいと思うよ
    夫さんは、給料減った分を自分で飲み込もうとしないで家計への負担金を減らす事でやりくりしようとするだろうし
    主さんは、貯金補填と子供の生活費分を余分に請求したいでしょうからね


    個人的には、今後は家計は一括管理でおこづかいの方がのちのち楽だと思うけど、
    じゃないと病気とか、子供関係のお付き合いとか、意外な出費があるたびに揉めるよ
    もしも、別財布を続ける場合には、最低でも、子供の教育費を出し合うって事で、別にして積み立てていくのが良いと思う

    だいたい、別財布の男性ってちゃんと貯金してないってイメージがある(苦笑



    あとね、今さら言っても遅いけど、
    別財布で育児休暇中も同じ金額の負担を!と言われた場合には、
    まずは「じゃあ、育児休暇中も、あなたにも同時間の育児と家事の負担をしてもらう」と請求するところから始めて
    どうせ、無理って言われるから、
    「じゃ、私があなたの分の家事と育児をしてあげる分、お金の負担をして」と、話を持って行くべきだったのよ



    主さんの悔しかった気持ちはわかるけど、
    これからも夫婦をしていくなら、いがみ合うよりも、仲良く楽しくやった方が、人生の勝ち組みでいられるよ

    過去の悔しかった気持ちに、今後の人生を負のスパイラルに突き落とされないで、幸せなところに踏みとどまれるように、
    ほどほどにいじめて、ほどほどに引いてあげてね

    ユーザーID:2969415096

  • トピ主への回答としては。。。

     少なくとも、

    >・私が崩した貯金額と同じ金額までは、負担率の見直しを許さない

     ですかね。

     しかし、それよりも、

    >もともと定額制で共通のお財布にお金を入れるという内容だったが、育休期間中も私の負担額を減らすことに夫は反対。

     この↑時点で、夫婦としては、終わっている気がしますけど。
     子供を産み、育てるトピ主に、こんな冷たい対応をする夫って、夫と言えるの?

    ユーザーID:2638486018

  • すごいチャンスですよ!

    主さん、夫婦の財布を話し合うすごいいいチャンスですよ!
    これから先、どちらかが職をなくす、もしくは先に退職することが
    十分あります。
    また、病気になって医療費がかかり、どちらの貯金、と言ってしまえなく
    なることも出てきます。
    完全別財布は、一見、家庭を共に助け合っているように見えますが、
    実は裏を返せば「家族で経済的に助け合わない」ことなんです。
    うちも別財布でしたが、別財布には怖い面もあるんですよ。

    まずわたしだったら負担率をどうするの前に、なぜ、わたしが育休の時
    負担率をさげてくれなかったのか、その心情を教えてほしい、とお願いします。
    とことん夫婦で心情を語り合うのです。
    お金についてどう思っているのか、お金の思いやりってなんなのか。
    家族のお金って何だろう、って。

    その話し合いの先に、主さん夫婦がどうすべきか、見えてくるのでは
    ないでしょうか。

    ユーザーID:0193989292

  • まず、謝れ、話はそこからだ

    誠心誠意の謝罪が必要ですね。
    どれほどの仕打ちをしたのかわかってないみたいですから。

    女が安心して子を産み、育てる環境を提供できない男は子を持つ資格がない。
    わたしなら、あなたの夫みたいな男の子を身を削って産みたくありませんもの。
    離婚案件にすらなりそうですが、よく辛抱しましたね。
    あなたは我慢強いし、努力家で素晴らしい女性です。その夫にはもったいない・・・

    妊娠、出産、産後とホルモンのバランスは崩れ、内外ともに劇的な変化でダメージを受けます。しかも、医療は進んでもお産で命を落とす確率はないことはないわけです。産後の不調を抱えながらの不眠不休の育児の主軸は女性です。

    自分たちの子です。
    産前産後、稼げない、または収入が減っているのに支えないってありえません。
    本当に思いやりのない男ですね、しかもあつかましい。

    既に出てますが、妊娠は1人でしたことじゃないけど、「失脚は自己責任」ですから。それを夫のときだけ一方的に支えろと?笑わせますね。

    でもまあ、女性にしたらトピ主の収入は多いけど、これから先はどうなるか不明。夫も左遷により、かなりの収入ダウン。

    >この所業をタテに「抜本的に家計管理を見直し、お小遣い制にする」を飲ませる

    これを私も勧めます。
    共働き折半家計は増えてるみたいですがねえ、子どもをつくらない前提か、もしくは夫婦ともに高収入の人たちがすることじゃないかなあ。
    あなたがたくらいなら、合算してやりくりしたほうが合理的だと感じます。
    子供にこれからお金はかかるし、老後の設計も各自が管理して不透明なままでは立てにくいですよ。
    フタを開ければ、好き勝手に小遣いをつかっていて、どちらかが貯蓄なしなんてある話です。

    ユーザーID:3048816607

  • これが今の夫婦の姿

    大変ですね。
    有形/無形の助け合いってないんですかね。

    ユーザーID:9646596537

  • 育休期間と同期間だけは、今のままでいいのでは?

    旦那さんにも預金はあるでしょうから、トピ主さんの育休期間と同期間だけは現状の金銭負担でいいのではないですか?
    その期間、第一子と第二子で各々1年取得していたなら2年後に見直すと言う方向でいいと思います。

    それにしても、片道30分増えたから家事負担が増えるのは無理って、あれ?残業ってたいしてしてなかったんですか??
    毎日1時間残業計算なら、残業代で年に100万も下がらない気がするんですが。
    在宅時間が変わらないのを主張するなら、休日の家事負担を旦那さんにしてもよさそうですね。
    土日の料理と洗濯をしてくれれば、トピ主さんかなり楽になりますよね。

    ユーザーID:5041185568

  • 感情の問題

    これがシェアハウスとかなら「条件」とか「ルール」で話し合うのでしょうが
    夫婦ですから、こじれるだけだと思います。

    私なら出産時に主さんが切り崩した貯金額に加えて
    主さんが軽減されるはずだった負担額を計算し
    旦那が主さんに現金で渡す。

    それから負担率を見直す。

    主さんの
    >・私が崩した貯金額と同じ金額までは、負担率の見直しを許さない
    に近いかな。
    でも一括でやったほうが、すっきりしませんか?

    家事の負担見直しを「できない」と、言い切るあたり
    旦那さんも相当にプライドが高いなって思います。
    まぁ、左遷になり、収入も主さんの方が多くなり
    ちっさな何かを守るしかない、不器用な方なんでしょう。

    上のお子さんはまもなく中学生ですね。
    そうなると、お金が万単位で飛んで行きます。
    下のお子さんが中学になる頃には、毎月10万単位で教育費がかかります。
    きちんと貯蓄されているようですが、目減りは想像以上です。

    >抜本的に家計管理を見直し、お小遣い制にする(夫は嫌がっていますが)

    これを機会に、そうしたほうがいいかもしれません。

    ユーザーID:3163765482

  • どんな未来を描きたい?

    夫さんと、どんな未来を描きたいですか?

    目の前のお金の問題に対する主さんの気持ちもよくわかります。
    誰の子だ?!と思う。

    ただね。そこにこだわると、本質を見失う。

    お子さん2人いて、4人家族として、どんな家族でありたい?
    あの時こうだったから、今は・・云々といって、常に不満のタネを抱えている家庭。
    あの時こうだったから辛い気持ち分かる。だから今こうしてほしい。
    そうすることで、win-winな関係でハッピーになり、心穏やかな家庭。

    どちらを望みますか?

    ユーザーID:3972106079

  • いつまでも健康とは限らず、いつまでも右肩上がりとは限らない

    健康であっても、年収が減る可能性があるわけです。
    ということは、もしかしたら事故にあったり病気になって、年収がゼロになる可能性もある。
    働けなくなる可能性だってある。

    人間は、全部を完璧にできるわけではないということを、おふたりが学んで話し合うべきでは?

    育休中に負担率を変えてくれなかったご主人には、正直、腹わた煮え繰り返る気持ちだったと
    思いますしわたしがあなたでもそうだと思います。
    でもそれと同じ対応をご主人にいまあなたがしたら、これ、一生そうなりますよね?

    病気になって半年働けなかった、じゃあ、そのときどうするのか?
    自分は悪くないのに不慮の事故に巻き込まれた時、どうするの?

    人生においてすべてがすべて、計画通りにいかないことを、二人でまず合意することです。

    夫婦の歩みにおいても、妥協が必要であり、それができないなら
    夫婦なんてしょせん他人です、他人と人生をともに歩むことなんてできないんですよ。

    だから、これを機会に、お互い意地を張り合うことをやめるべきだと思います。
    ご主人にも謝罪してもらう必要があると思いますが、あなたも左遷されないとは限らない、
    ずっと健康だとは限らないわけですから、ここで強行突破したらなにも学ばないどころか
    ますます夫婦の絆に亀裂がはいります。

    しょせん相手は他人です。
    100パーセントを望むのはおかしい。
    そして自分だっていつでも100パーセント、完璧、右肩上がり、でいれるわけではない。
    それが人生だと思います。

    悪い時も良い時も、妥協しあって歩んでいくのが夫婦ではないでしょうか?

    いま、そういうことをじっくり話し合う、良いチャンスだと思います。

    ユーザーID:3443446568

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧