貧乏性はどうやって、直り(直し)ましたか?

レス92
お気に入り118

千尋

話題

ひどい貧乏性です。

交通費はいつも最安、
食べ物買うにも洋服買うにもいくつもの店やサイトを比較します。

それだけならまだ一般的な話だし、
ある程度の節約はむしろ美徳だと思っていたので良いのですが、
歳をとって(30代になって)程度が悪化してきました。
普通逆じゃないの?

「乗換3回と出てくるけど、この駅からこの駅まで10分歩けば乗換2回で済んで安いな」とか、
「飛行機のトランジット便でこの国を経由して尚且つ1泊した方が割安でお得だな」とか、
「いやそもそも日にちを2日早めると安くなるけど…、そうすると到着時刻が遅くなるから滞在時間的にはちょっと損だな…」とか!

とてもじゃないけどワンタッチで検索可能なレベルじゃなく、
「このパターンもある!」「このパターンもあるっ!」とかなりの量の選択肢を検討して天秤にかけるため、労力がすごくて節約した金額に見合っていません。

自分でも時々ホント馬鹿だなあ、多少高くてもスッと買った方が絶対お得だったよなあと思ってもやめられません。
旅行だと二週間に渡って何度も調べて2〜3千円浮く、とか…。

似たような状況から脱した人の話を聞きたいです。

ユーザーID:1437046071

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数92

レスする
  • そうそう

    スマホのせいらしいです

    先日テレビでスマホ出現してから若い人達の脳は汚部屋状態とコメンテーターが言ってて
    そうなのかも、と思いました。情報が多すぎるんだそうです

    要は底値買いをしようとすると毎日延々と更なる底値が更新されて止まらない!!笑

    でも個人的にはネットでの底値買いはしなくなりました。
    商品の質が悪すぎたり、すぐ壊れたのに返品交換をして貰えなかったなど悪質な店もあって
    ネット購入は慎重になりましたよ。

    歳をとると、交通費は最安よりも楽に早くを求めるので金額は気にしなくなりました

    ユーザーID:0486437065

  • 大丈夫です!

    私も同じですが大丈夫です。
    50歳も過ぎれば、気力・体力ともに衰えて、そこそこ見あったところで手が打てるようになります。
    ちなみにそのような貧乏性気質は、時に仕事で絶大な威力を発揮しました。
    絶対に無理だ、と思われたスケジュールやアポイントのセッティングを可能としましたから。
    全力で駆け抜けて行っても、やがて自然にペースダウンできますよ。
    ちなみに私は現在60代半ばですが、以前は何品も料理をして、出来上がったときには最後に使った鍋以外の洗い物は全部終ってる、なんてやってましたが、最近は努めて「ゆっくり、ゆっくり」と自分に言い聞かせながら家事やってます。
    どうしても気が急いてしまうなら、毎朝晩瞑想するといいかも、です。

    ユーザーID:0179759933

  • 高齢者になってから脱しました

    トピ主さんが、貯蓄が増え続けてるなら、今のままで良いと思います。

    私も安価な選択を賢く行いました。

    貯蓄するのが目的です。飲酒を止めた時から貯蓄は増え続けました。

    今は高齢者です。貯蓄が豊富なので使いきれない。

    最近はスーパーで食材を購入するとき値段を気にしない。外食も増えました。

    最後のクルマだからと、値段を気にせず購入。

    値段を気にしないで買い物するので、「似たような状況から脱した人の話」です。

    ユーザーID:6054034293

  • 時間も大切

    お金も大切だけど、時間はそれ以上に大切と分かった時。
    お金も大切だけど、自分はお金を掛ける価値がある大切な存在なんだと考えて、自分で自分をもてなすことも大事だと思った時。

    ユーザーID:7192719459

  • 計画を立てるのが趣味

    それ貧乏性なんですか?
    私は旅行の計画を立てるのが趣味です。
    夏の旅行にしても、北海道・信州・北陸・沖縄と4カ所も計画を立てて行くのは1カ所だけですよ?
    しかも時刻表・地図・ストリートビューを眺めながら綿密に。
    乗り換え案内等では出てこないルートもありますから。

    旅行に行っている時間より、計画している時間の方が遙かに長い。
    とても楽しい時間です。
    トピ主さんも「計画するのが趣味」だと割り切って下さい。

    ユーザーID:8634878031

  • 健康だから

    私も基本、歩ける距離は30分くらいなら歩く人でした。
    自転車があれば1時間くらいの距離でも平気です。

    スーパーで特売をしていても、車を使う距離であるならガソリン代とのかねあいで損得をはかります。
    電車代50円浮かせるために、500m遠くて普通しかとまらない駅を選ぶほどでした。

    でも、50を過ぎて、あちこちにガタが来たり自分の体力が持たなくなったら、そんなチマチマ生活がしんどくなりました。
    夜行バスではなくて新幹線を使うようになったしたかが数百円でゆったりできるなら、指定席を取ります。
    な〜んだ、こんなに楽ちんだったんだ〜 って思ったら セコイお金の使い方をするのが止まりました(笑)
    私の場合は、年を取って、ありがたいことに老後の目安ができたのも大きいのかも知れませんが
    余裕ができれば「時間」や「労力」とお金を交換することが少しも惜しいと思わなくなります。

    特に「時間」は健康と並んで何ものにも代え難く感じます。

    ユーザーID:9659404996

  • 趣味なんです


    お洋服の節約の場合、確かに調べた割には得しなくて時間を損した、、、なんて思うこともあります。
    でも、旅行に関しては違います。

    趣味なんです!

    昔は分厚い「時刻表」を眺めて妄想しているしかありませんでした。
    でも、今は、飛行機のトランジットとか、選択の幅が半端ではありませんね。
    先月は、友人夫婦の沖縄旅行まで、散々調べ上げた挙句、「代理店のツアー、キャンセルがあったので取れた」で完結されたこともあります。(私の調べた個人旅行の方が楽しいのに、、、)

    トピ様の場合、
    「その節約した時間でもっと有意義なことができたか?」がポイントです。
    もっと馬鹿馬鹿しいことに使ったかも知れません。

    1 無料で妄想旅行ができたと考える。

    2 パートなどを増やしてそんなヒマがないほど忙しくする。

    ユーザーID:3570439876

  • 昔はそうだった、、、

    でも、それは、どんな可能性があるか確かめたくて、やっていました。楽しんでやっていた、、、と言う感じです。

    しかし、仕事で本当に自分の時間がなくなってきたら、パタッとそんな事、どうでも良くなりました。
    そもそも、旅行は出張ばかりで、秘書がどんどんスケジュールに合わせた便を取ってくるし、価格の事も自前ではないし。そして、その癖が、プライベートで旅する時も、そのままになりました。数日前なら安いけど、そんな融通はつけられないし、その為に高い給料もらってるんだ!と思うようになり、探す時間の方が勿体無いと感じるようになりました。

    でも、その割には、どこのスーパーは卵がいくら、と10円、20円の事を時々考えたりして、貧乏性は健在だ!と嬉しくなります。

    別に、良いのではないでしょうか?それが楽しみで、時間のゆとりが有る内は、大いに貧乏性を発揮してください。

    ユーザーID:7360660739

  • ええええええ!?

    2週間も時間をかけて調べて、たった2〜3千円の差なんですか!?

    そんなことで悩んだりしている間に、別のことをしたほうが、
    よほど、建設的だし、経済的だと思いますけどね。

    一度、自分が悩んでる時間を計算してみたらいかがでしょう。
    きっと、バカバカしくなりますよ。

    お金で買うものは、その物ずばりだけでなく、
    時間、サービス、付加価値などさまざまにあります。
    そうしたものに目が行かない人って、可哀想だなぁ〜と思います

    ユーザーID:9999254313

  • それを楽しんでいるならいいと思います。

    私も、トランジットで、わざわざ韓国の空港にあるスパで1泊したりとか、せっかくなら、ストップオーバーで2泊ドイツとか。。。
    飛行機で1時間の代わりに、バスで5時間でその間に読書、浮いたお金で美味しものを食べるとか。。。そういうの大好きです。
    自分1人での移動の時にしかしません。
    誰にも迷惑かけていないですし、そうやって色々探すのも楽しんでいるならいいのではないでしょうか。貧乏性というより、ちょっと得した気分になる活動が好きなんじゃないかなー。

    ユーザーID:0583905996

  • えーと

    駄、とないので真面目にお答えします。

    トピ主さんに欠如しているのは時給換算です。
    例えばトピ主さんが時給千円で働いているとすると10分ではおよそ166円。
    乗り換えが少なくなった分と比較してみましょう。

    しかしトピック文章からは切実さが伝わってきません。
    あれこれ考えるのも楽しいのではないですか?

    ユーザーID:3737359894

  • 貧乏性の何がいけない?

    貧乏性、自分で言う分には全然問題ないと思います。トピ主さんは克服したいのですか?今より高いお金を払って飛行機はビジネスクラス、宿泊先は5つ星以外には泊まらないとかするだけで貧乏性は克服出来るでしょうけど結果だけですよね。気持ち的には楽しくないのではないでしょうか?

    貧乏性と自分に向けて言う人はそれを楽しんでいると思います。私もいかに安く旅行するか考えますが、決してランクを下げるとかではない形で節約を考えます。でもそれは自分だけの時に限るけど、これが家族と一緒だと相手の事も考えるのでそんなに自己都合では節約出来ません。小さな子供がいる時は乗り換えは避けるのでお金がかかり、中年になって夫との旅行ではちょっと豪華にするなど時間と金銭的な余裕も出来れば少し違います。

    そもそも本当に貧乏性なら海外旅行に行こうとは思わないでしょう。旅行は人生の中でも贅沢な部類だと思いますよ。

    ユーザーID:5095323743

  • わかる!

    40代後半です。
    もう、わかる!
    でも、買い物や旅行の計画は基本楽しいものなので、
    それも含めて楽しくないですか?

    私は、時間をかけて熟考に熟考を重ねた結果、
    やっと購入のボタンを押したにもかかわらず、
    ポイントサイトの経由を忘れたりするので、
    そういうときは自分のアホさに本当にがっかりします。。

    ユーザーID:1825795011

  • それが趣味になってるんだと思います。

    普通の人(トピ主さんの言う貧乏性じゃない人)は、数千円を浮かすために2週間も旅行プランを調べる気力がありません。

    安くなるに越したことはないけど、そこまでの労力を費やせないから、「ちょっと調べて安くて良いと思った旅行プラン」を選ぶんです。


    >自分でも時々ホント馬鹿だなあ、多少高くてもスッと買った方が絶対お得だったよなあと思ってもやめられません。

    それはね、そうやって調べて調べて調べ尽くして最安値を見つける!というのがトピ主さんにとっての楽しみになってるからです。
    要するに、「一番安いものを買う」のが目的じゃなくて、「一番安いものを探し出す」という趣味になってる。

    趣味っていうのは時間を費やすものです。
    元々、労力に見合う効果(リターン)なんて度外視なのが趣味というものなので、トピ主さんはそのままでいいと思いますよ。

    ただ、誰かと一緒の旅行とかではちょっと我慢して、相手の価値観に合わせる必要もあるかと思いますが。

    ユーザーID:1218766843

  • 30代後半になってかわりました

    私も貧乏性でした。

    最短距離より、最安値。
    お金はなくても時間はある。そんな20代でした。

    ただ、30代から経済的にも余裕ができて、高級ホテルにも泊まれるようになって、安くてキツキツよりもリラクゼーションというかストレスを貯めないのが好きになりました。人生、あとなんか旅行に行けるかわからないから素敵なホテルに泊まっておきたいです

    旅行は飛行機か新幹線。昔のような高速バスとかよりもらくして早く着くのがいいです。
    タクシーもそこそこ使います。

    たぶん体力がなくなったから。乗り継ぎとかでもけっこう体力が消耗されるよで、肝心な目的を果たせない恐れがあるので。

    数千円は気にならないかな。まだまだだけど、ゆとりって大事なって思います。

    ユーザーID:4254584781

  • ヒマなのね

    それだけ調べる時間があるということですよね。
    ヒマをもてあましているなら、働いたら?
    それとも、働いているのに、残りの時間をそんなことに費やしているのかな?

    自分の収入を時給に換算してみましょう。
    ネットで調べているあれこれ調べる時間は、一体いくらになるのか考えたら
    バカバカしくなってきますよ。
    それほどの節約は出来ないんだから。

    一駅歩いて乗換回数を減らす....ヒマがなければ出来ないことです。
    その無駄な時間の使い方を考え直した方がよさそうですね。

    ユーザーID:3133265001

  • 脱してはいませんが共感!!

    書かれていること全て自分に当てはまって、普段は見ているだけなのに思わず書き込んでしまいました(笑)

    >似たような状況から脱した人の話を聞きたいです。
    脱していないので申し訳ないのですが…。

    旅行にしても買い物にしても、ちょっと調べたり少し妥協して条件を変えれば安くなるパターンがたくさんあって、おトクに買えることにテンションが上がり楽しくなってしまうんですよね。
    自分だけだと自由度もかなり上がるので、一時期一人旅ばかりしていました。

    その「ちょっと調べる」や「少しの妥協」がエスカレートしていって、
    >労力がすごくて節約した金額に見合っていません。
    まさにこの通りなのですが、やらずに損をするのも気持ちが悪いので性質だと思って諦めています。
    実際トータルでかなり節約できているので、その分他のことに使えているわけですしね!

    ただ買い物では、高くて迷った末に妥協せず買った物の方が愛着がわいたり長く大事に使える率が高い気がして、安物買いの銭失いにならないよう気をつけています。
    もちろんいくつものサイトを価格・獲得ポイント込みで比較するのは絶対ですが(笑)

    ユーザーID:6575004447

  • 飛行機旅行に行く時点で貧乏性じゃないと思うが

    飛行機旅行って出張とか受診とかじゃなくて観光とかリラクゼーションとか、まあ娯楽のためのもんなんでしょ?
    それ自体が豪儀なので、そういうの行く時点で貧乏性というのとは違うと思うがなあ。

    「得するのが大好き・娯楽」の人でしょ?
    よくいる、「近くのスーパーより卵10円安いから遠くのスーパーまで往復1時間かけて自転車漕いでいく」とか「サラダ油30円安いから遠くのスーパーまで車で往復してガソリンいっぱい使う」とか、
    何やってんだかわかんない系の娯楽。
    別にそれが娯楽なんだったらそこで「安さの追求」に無駄な時間と自分の労力をザブザブかけても構わないと思うけどなあ。
    無駄なことするのが娯楽の醍醐味だから。

    ユーザーID:6063622016

  • 私もおケチでしたが。。。

    トピを読んで、私そっくり!と思った五十代のおばちゃんです。

    そうですよ。もーう底値大好き。数百円お得になるなら、面倒なことも何のその。

    どうすれば、一番コスパがよいのか?考えることにワクワクしていました。

    ヌシ様、30代ということで、家族構成どんな感じでしょうかね?

    うちには社会人と大学生の、子どもがおりますが、そんな私のコスパ命の思い通りにいかないのが、子どもらの教育費なんですよね。

    それこそ、ずっと公立。チャレンジとかZ会だけで、自宅から通える旧帝大に進学してくれたら、それこそ数百万、へたすりゃ一千万円以上。お得な算段ですよね。

    残念なことに、ふたりとも、高校からは私立、大学も私立の理系。自宅から通えない・・・

    こーんな感じで、私がチマチマ節約した分は、焼け石に水のごとく。でした。

    でも、散財もせず、計画的に、家計をまわしてきたので、子どもが独立するころには、これからの生活の目途がたってきたんですよね。

    人生100年って言ったって、体も動いて、おいしいものも食べらる。健康寿命って、あと20年くらい?

    そう思うと、この頃あまりせせこましい事しなくなりましたよ。

    時間や、便利さ、ゆとり、みたいなものを優先させるようになりますよ。

    でも、そのためには、今の貧乏性のスタンスでしばらくはいいんじゃないですかね?

    私もずーっとチマチマやっていてこの頃、なんかゆとりあっていいなぁ。と、思い始めたので。。。。

    ユーザーID:9137481044

  • 大丈夫。

    生活にゆとりがあるという方たちを相手にしている仕事です。

    みんな、主様と同じです。
    それ、貧乏性じゃなく倹約です。

    昔、デジカメで写真を撮ったあとすぐ主電源を切るくせがある方がいて、
    次に撮ろうとすると起動が遅くみんなしばし待つ。
    このあと数枚撮るんだから切らなきゃいいのに。
    でも、みんなそんな感じです!

    2週間かかってたった2,000円でも塵も積もれば山となる。
    2,000円分の自由を手にしているのです。
    たった2週間で情報だけで2,000円もお得しています。
    主様の思考はお金持ち思考ですよ。お金に手間がかけられるのはお金持ち思考。
    時は金なりとどんどん外注するのは、本当のトップビジネスマン以外は貧乏思考。
    苦じゃないなら、このまま続けて小金をどんどん貯めてください。倹約素晴らしいです。
    もちろん、情報は倹約させないようにしてますから、戦いです。
    私はめんどくさくて働けど働けどお金貯まりません、、、。

    ユーザーID:6781605367

  • 面倒臭くなったら

    面倒臭くなったら止めますよ(笑)
    今は安くあげる事が趣味みたいになっているので
    その趣味を謳歌なさればいいと思います。

    私も安くあげることに執念を燃やしたりしますが
    元々ネットがあまり普及していなかった頃からの人間なので
    今の情報量の多さにはちょっとヘキヘキしちゃう所もあるかな…。

    今は存じ上げませんが昔は旅行雑誌に飛行機の全路線の運行表が付いてまして
    それを見ながらトランジット先を探した事を懐かしく思います。

    バリ島に行くのに、大阪→新幹線で名古屋→バス空港→飛行機バリ島でした。
    大韓航空でソウル経由で欧州に行った事もあったな。
    もちろん仁川空港の無い時代で他に日本人は一人も居ませんでした。
    今なら関空から直行便だもん。そんな面倒臭い事してられない…(笑)

    ユーザーID:0055073131

  • 年とともに

    倹約したり無駄をなくすのはいいことです。
    でも、年と共に、親戚や友達の子供へのお祝いや、会社の付き合いでも上に立つものは、ある程度は出費が必要ですよね。
    そういう所にケチるのは頂けませんね。
    私は、そういう立場になってきた時に、いつまでも貧乏症ではダメだなあ、と思うようになりました。
    まあ、金は天下の回りものというし、自分一人の力だけで生きてはいけないから、大らかになることでしょうか。

    ユーザーID:6095460675

  • 未だに貧乏性です

    もう高齢者なので、確かに時間的余裕はあり暇でもあるわね。
    若い頃から貧乏性でしたから、いろいろと頭を使って脳を鍛えているつもりになっています。多少歩いて節約ってのは、運動不足解消になります。
    でも、時間が勿体ないとは思いましたよ、時給換算にして幾らよってことでしたが、そんな切れ切れの時間でバイトも出来ないし、ネット商売や投資でも稼げる時間的な状況にはなかった。時給換算しても、捕らぬタヌキのようで意味のない思いもしました。

    年取ってからは、貧乏性でも寧ろ健康維持になっているし、経済的に余裕があるので、メリハリを付けたお金の使い方をするのが良いと考えています。

    楽しく貧乏性しているのなら、程度の問題ですから、直すとつまらなくなりそうですよ。

    ユーザーID:3729392535

  • 治らないかも・・・でもいいの

    私も貧乏性です。
    底値ノートつけていて、ほぼあらゆる物は底値でしか買わないです。
    半額セール、見切り品大好きですよ。

    海外小町ですが日本に一時帰国した時でさえ、見切り品狙います。

    ただし60代になったので、さすがに「時間や快適さを
    お金で買えるなら、そっちにする」ようになりました。
    お金はまあ持っているけど、時間はお金では買えないですからね。

    飛行機・・・混んでいるならビジネスにします。
    ホテル・・・安い所が取れないなら、高くても納得して払います。
    飛行機に大荷物を預けるよりは、日本で郵便局から船便で自宅へ送ります。

    大金持ちでも細かい節約はしますし、そういう感性でないと
    大金持ちであることを維持はできないと思います。

    貧乏性は治らないだろうな〜 いくつになっても。
    でもそれで良いと思ってます。

    不毛な浪費よりは、貧乏性の方が回りにも社会にも迷惑かけませんから。

    ユーザーID:4491383074

  • 私も同じ

    若い頃はお金のことなんて、深く考えずに
    ジャンジャン使ってました。

    そこから結婚して家計を管理するようになり
    なんと今までムダなお金を使っていたのかと
    反省するようになり。

    お得を検索するようになると調査しないと気が済まなくなり

    ああ、お金に縛られてるーーー。
    若くてなにも考えてなかった時の方が
    幸せだったかも。と思っています。

    でも、そのころは漠然としたお金の不安が
    常につきまとっていたんですよ。

    黒い影が背後にある..というか。
    どよーんとした不安。
    それに気づかないふりしてるけど
    きづいてるからモヤモヤして。


    今はお金に関しては、きちんとすべて把握しているので
    漠然とした不安はありません。
    毎日スッキリした気分です。


    お得検索も、なんだかんだ言って
    楽しいんですよねー。パズルを解いてるみたいな楽しさ。


    ケチだなーと思いつつ楽しいなーって。
    人には絶対言えませんが。

    なので、調べ尽して疲れ果てることと
    お金のモヤモヤを常に抱えてる不安と
    どっちが嫌かを比べたら
    私は後者のほうが嫌なので、結果、このまま貧乏性で
    生きていこうと思ってマス!

    ユーザーID:9135480512

  • 私はこれで変わった

    私も同じでしたが、外国で同じことをやって、意識が変わりました。

    わずかでも節約できて同じサービスが受けられるなら、節約しないとその分をどぶに捨てているような感覚があって、ついついやってしまうんですよね。
    しかし、外国ではそうではありませんでした。
    「節約できて同じサービス」は受けられないのです。
    一見同じ会社の同じサービス、同じ商品のはずでも、出した料金で対応が全然違う、貧乏人扱いされ、ないがしろにされるのです。旅行のチケット、ホテル、レストラン、なんでもそうです。
    日本では割引価格でもサービスに差をつけるなんてとんでもない、というような感覚がありますが、外国ではそうではないと思います。そしてそれは、日本でも表面上同じに見えるだけで、実は差はあるんじゃないかと今は思っています。
    割引価格もあることを知っていて敢えて高い料金を出すことは、馬鹿なんじゃなくてわざと、なのかもしれません。
    既にパックされ陳列されているような商品なら、同じかもしれませんが。

    ユーザーID:0536194003

  • コスパで考える

    他の方も書いてらっしゃいますが、トピ主さんの場合は、コスパで考えればいいんじゃないでしょうか。
    2週間もかけて検索して2000円って、時給換算でいくら?

    あと、予算を決めて、これにはこのぐらいは使う、でもここは節約する、と決める。
    めりはりのある使い方をするようにしては。

    私の場合は、本は使ってよいが洋服はバーゲン、コスメは基礎は自然派系プチプラだけど色物は高くてもいいもの、旅行でホテルは3つ星以上だけど飛行機はエコノミー、などそれなりにルールを考えています。まだまだ発展途上ですけどね。

    ユーザーID:1504615699

  • 貧乏性ではないな

    60代の元気なおばさんです

    新幹線、飛行機、普通に電車
    ホテルや旅館
    ネットで料金比較出来るものは
    アレコレ調べるのが 楽しいです

    私にとっては ゲーム、感覚

    車運転も地道を通った場合と、高速通った場合の料金と時間を考えて
    目的地に向かいます

    何回か通ううちに どのコースが一番
    時間と料金の効率が良いかが分かったらゲーム完了
    って感じ

    大手銀行の担当者から 年会費の安いゴールドカードを勧めてもらい
    海外旅行も国内旅行も保険には入る事なく 出発
    もちろん、空港のラウンジも使えて
    コーヒーやジュースは飲み放題

    目一杯利用してます

    語れば 節約&お得情報がいっぱい

    ネットが発達したおかげで
    遊び&ゲーム感覚で あれこれやれて
    楽しいです

    自分アンテナは高く掲げてます

    これは貧乏性ではなく
    好奇心の塊と言うのかな

    ユーザーID:3351273748

  • 自分にお金を使ってあげる。

    主さんは、損をするのが嫌なんですかね。
    同じものを買うなら一番安いものを買いたくて、少しでも高いと
    損した気分になるとか?

    わたしは損をしないことより、自分がいかに気持ちよく日々を過ごせるかの
    ほうが大切だな、と思うと、お金が少しくらいかかってもいいじゃないか、と
    思えるようになりました。

    お金を払い、時間を買って、人生を楽しむ時間を買うんです。
    お金も大切だけど、時間も大切なんですよね。
    特に、若さはもう戻らない。
    倹約はしたほうがいいけれど、わずかなお金をケチって自分を疲弊させるのは、
    自分がかわいそうかな、と思います。

    ユーザーID:1088051840

  • 私もほぼ同じような感じです

    時給換算という声もありますが、
    忙しいビジネスマンではなく時間はありあまっているし
    暇な時間で副業できる訳でもないので、
    例え時給換算で1円になったとしても得なのです。
    スマホという声もありますが、
    スマホでは計算しにくくパソコンではないと大した比較はできません。
    ちなみに電車代200円程度を節約するのに1時間歩き、
    600円を節約するのに往復20キロ自転車で行きます。
    多分趣味なんだと思うので、改めるつもりはありません。
    節約することでたくさん労力を使うのなら体力のありあまる暇人には二重にラッキーです。
    二週間に渡って何度も調べて2〜3千円浮くというのは結果論で、数万円浮くこともあるでしょう。

    ユーザーID:9213717061

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧