精神疾患を家族に理解してもらえない

レス18
(トピ主0
お気に入り62

心や体の悩み

kei

現在、双極性障害の2型と診断されて服用を続けています。
精神科に通院を始めてから7年が経つのですが、家族が、早く治ってほしいと思っているようで、そのことをプレッシャーに感じています。
躁鬱というのは、一生付き合っていかなければならない精神疾患なのに、私が少し元気そうにしていると、とても嬉しそうにして、病院の話などをすると表情を曇らせます。
同居する家族にいつまでも理解してもらえないだけでも悲しいのに、治りもしないものの完治を期待されるなんて、本当にむなしいです。

今更理解を求めて専門書を手渡すなんてできません。昔、理解してもらおうと病院に着いてきてもらったこともありますが、かんばしい反応はありませんでした。
薬や主治医との相性の良さや、時間が経って私自身が成長したこともあり、最近は随分と落ち着いて生活できています。でも、これも一時的なもので、時が経てばまた鬱状態になることをしっています、また、失望されるのだと思います。

ここまで読んでくださってありがとうございます。家族に理解を求めることは、もう諦めたほうがいいのでしょうか。ご教示をお願いします。

ユーザーID:4419700036

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数18

レスする
  • 息子がそうです

    診断されてから三年経ちます。

     今は、障害者雇用で働いています。
    はじめショックで(ごめんなさい)本を読みまくりました。深刻な病気ということがわかりました。

    家族が大変なことになったのに、夫は、ネットで調べて事足れりとしているのが不満でした。でも、それは仕事が激務ということや、
    ネットでもかなりの情報が取れることで納得しました。いつも心配しているのは一緒なので。

     身体障害の方と比べて、見た目健常者と全く変わらないため、親でも時々忘れて息子に注意されたりします。それはこの病気じゃ無理だよと。

     それで、ノートに書き抜きしておいた病気の特徴などを読み返しては、記憶を新たにしています。

     これは本好き、記録好きな自分だからやっているだけで、スマホを持っていないからでもあります。

     あなたのご家族も、心配していないはずはありません。スマホで時々情報を得ているものと思われます。

     息子は4、5、6月と体調はよかったものの、今は低空飛行が続いているそうです。心配でないときはありません、生きている限り。

     私も、初期の頃は、薬の量が減ったか聞いたりして、治るものじゃないからと叱られ、聞かないことにしました。

     とにかく、再発しないように願っています。あなたも。

     

    ユーザーID:4019278410

  • 諦めましたが

    私はうつ(大うつ病/反復性うつ病)ですが、親に理解してもらうのは諦めました。
    夫はトピ主さんと同じ双極性感情障害II型ですが、最初から義両親に理解を求めていないような…。

    ちなみに、うちの親は自分から病院についてきて、まだ薬をやめられないのか等、主治医にいろいろ言ってしまいました。
    その後は私が主治医に「親と距離を置いて、連絡も取らない方が楽なんです」と言うと、主治医にも遠い目で同意されるようになってしまいました。

    ともかく、うちは夫婦とも服薬しながらそれなりに働いて、親と連絡を取らずに暮らしています。
    夫は鬱状態が長かったですが、鬱の前に必ず軽躁ぎみになるので、そこで上がるのを抑えるよう気をつけたら(頓服薬を飲んで仕事を減らす減らす)鬱に落ち込むこともなくなりました。

    ユーザーID:2277093468

  • 理解されにくいものです

    おつかれ様です。
    メンタル系は特に、いくら家族でも理解されにくいです。
    治ったように振る舞うのは辛いでしょうね。

    年代がわからないのでなんとも言えませんが…
    お仕事などは差し支えありませんか?
    もし仕事をセーブしてご家族と同居されているなら
    あまり波風立てないように
    やり過ごすことも手かと思います。

    私も若い頃に躁鬱を発症し
    一生付き合っていくものと考えています。
    私の場合は一度再発したものの
    現在は仕事も家事もほどほどを心掛けていて
    15年ほど通院も薬も必要としていません。
    それでも完治とは思っていません。

    家族は、病気が大変だった頃に
    たくさん甘え、迷惑もかけ、傷付けてしまったと感じています。
    私以上に病気の知識を勉強してくれましたが
    本人の辛さは想像もつかないと思います。
    やっぱり別物ですから。

    現在は新しい家庭を築き
    病気とも辛抱強く付き合っています。
    夫には、あまり説明しなくても
    なんとなく察して貰えるのでありがたいです。
    なるべく浮き沈みのないように心穏やかに暮らしたいです。

    信頼できるドクターと出会えたことは何よりです。
    うまく浮き沈みをコントロールして
    季節や疲れなど、記録を付けたり
    休憩を多くとり
    なるべく落ち込む前に浮上できるように
    私の場合はそうやって乗り越えています。
    参考までに。

    ユーザーID:8368030286

  • 理解してもらうのは結構難しいですよ。

    経験者ですが、病気って(特に精神病)理解してもらうの難しいですよ。
    私は統合失調症、鬱でしたが世間は「甘え」という認識でしたしね。

    どの病気にも言えることですが、自分が経験しないと深くは理解できません。
    頭が痛いと言われても「大丈夫?」というくらいで実際痛みを想像して「大丈夫?」となりますか?
    自分がその立場にならない限り上辺の心配の言葉になるのは当然のような気がします。

    精神病は頭痛のように誰もが経験したことがあるものではないので特に理解し辛いでしょう。
    それに理解しようと思ってない人に理解してと言っても無理な話です。

    なので理解してもらうのではなく、放っておいてほしいということを伝える方が大事なのではないでしょうか?
    急かされて治るものではないですし、プレッシャーも悪化させる気がします。

    ユーザーID:7021153727

  • 自立

    自立するし道はないけど
    自立はできないのでしょう。

    病気の理解って何?

    病気だから あなたが悪態ついても
    家族は我慢して当然だと思ってる?

    家族は支え合うものだけど
    それにも 限度はある。

    例えば認知症であなたが支える立場だとしたら
    無条件で愛情いっぱいに不満抱かずに支えることができるかな?

    親が暴言吐いて罵られたとして
    最初のうちは情で支えることができても
    いずれ介護する側は、暴言悪態を受け続ければ限界がくる。

    さらに、経済的に親が老後破綻で面倒みないといけない状況で
    親への経済援助していたら、自分の老後資金はない
    それでも、今を何とかしなければの状況だと
    支える側も先行きが不安になる。

    治る可能性あるなら
    周りに迷惑かけないでやっていける可能性あるなら
    それを望む事はダメなのかな?

    支える側だって人間だよ。感情がある。

    親の対応に不満があるなら
    家を出て自立しかない

    それが出来ず 居候で 親へ迷惑かけてるなら
    謙虚にならないといけないのでは?

    ユーザーID:5287588019

  • 家族に正しい症状を理解してもらった方がいい。

    病気、特に完治が難しく一生付き合っていく病気の場合
    自分なら家族に現実を知ってもらい、理解してもらいたいと思います。
    そうすれば「失望させる」こともなくなると思います。
    諦める必要はないと思いますよ。

    トピ主さんが今落ち着いてるのがなによりな事ですし
    家族のみんなにしっかり「正しく」症状を理解してもらう
    正しく理解してもらえれば怖い事もありません。
    諦めて話をはぐらかす方が後々やっぱり憂いが残ると思います。
    家族のみなさんも考え方を変えないとダメかもですが

    これが一番だと思います。

    ユーザーID:7073977655

  • 逆の立場になったら、どうですか?

    人間として生まれたからには必ず死ぬし、誰でも病気になることはあるので、
    一家の中で、病気なのは主さんだけではない時期が絶対やってきますよ


    もしも主さんの夫が、慢性で治らない病気になったら、
    あるいは、自分と同じ病気になったら、
    自分はどう思うのか?
    どういう対応を取るのか?
    夫に何が出来るのか?

    一回、考えてみたらいかがですか?


    それを考えたら、病気になった夫へ取るのと同じ優しい対応を、今すぐしてあげたらいかがですか?
    夫だって、主さんへの余分の気遣いを常に要求されて疲れ切っているんですよ



    病気への思いやりが欲しいなら、お疲れな家族への思いやりをまず自分からも示すのが、
    母親として、子供への教育には、一番じゃないでしょうか?



    病気になってしまった人は辛いでしょうが
    病気になった家族に、ずーっと思いやりや余分の気遣いを要求される家族だって辛いんです
    逃げ出したいんです

    その辛さを思いやって、感謝できないと、愛情がだんだんと枯渇していくし
    家族として成り立っていかないと、個人的には思います

    ユーザーID:9095872985

  • 家族は大切

    精神の病気にとって、家族の理解は大切な要素です。心配したり、喜んだりしてくれる家族がいることはありがたいことです。でもそれがプレッシャーになることも一面ですよね。お医者様に相談して、精神科訪問看護をつけてもらったらどうですか。家族の心配の相談にのったり、対応の仕方をアドバイスするのも訪問看護の仕事です。いろいろな情報も教えてくれますよ。

    ユーザーID:2651009216

  • 理解してもらうのは

    残念ながら難しいのではないかと思います。

    病気の辛さは罹患した人にしかわからない。
    特にメンタル系の病気は治療やカウンセリングに正誤がなく、トピ主様もお分かりかと思いますが医師との相性で随分と差が出てきますよね。

    私の姉はパニック障害があるのですが、心理学を学んだわたしでもどう対応してあげたほうが良いのか判らない。
    というか、相手はクライアントでもなく「家族」な分だけ「ナンデソウナルノ!」と思ってしまうのよね・・・・・ごめんなさい。

    医者は一人の患者さんとほんの数分・数十分(カウンセリングなら1時間かな)対面していれば良いけれど、家族となるとそれこそ「終わりが見えない」がゆえに目をそむけたくなるのね。

    可能であれば家からお出になったほうがかえって心身ともに楽かもしれません。

    姉は現在一人暮らしをしています。
    自分のペースで生活できるからなのか、随分と安定しているようです。

    病気の種類が違いますから、同じになるとは思いませんけれど、現状を変えることも手段の一つとしてお考えになっても良いのででゃないでしょうか。

    ユーザーID:6834078789

  • 私はあきらめました。

    トピ主さん、お辛いですね。

    私も双極性障害2型、15年になります。

    始めはうつ病と診断され、10年前に転院したところ、双極性障害だと
    変わりました。

    今は薬が効いて、小康状態です。

    私の場合は夫がまるで理解しない。例えば、しきりに、「早く元気になって
    せめて旅行ぐらいしたい」と言ってくる。
    旅行がどれほど堪えるか、ネットでちょっと調べれば、鬱状態の時
    旅行などの気晴らしは無理だと書いてあるのに。

    医者から何もしなくていい、ただベッドで横になっていればいい、と
    言われている、と伝えているのに、毎日「気晴らしに」散歩しよう、と
    誘ってくる。

    料理だけは頑張ろう、と思って、必死に作っているのに、
    「料理はいい気晴らしになるだろう」と言ってくる。

    夫の理解を期待すると、裏切られて落ち込むだけなので、
    もうとっくにあきらめてます。ある種の偏見があるのだと思います。
    鬱状態なんて、気の持ちようだ、という。
    本当に、家族の理解は得られません。

    トピ主さんもあきらめましょう。期待しないことです。

    ユーザーID:6485349971

  • 諦めた方が良いと思います

    そして、トピ主さんが理解するのです。
    残念ですが、精神疾患を理解出来ない人達もいるのだと言う事を。

    友達なら物理的に距離を置くという事も出来ますが、同居の家族なら難しいですね。
    トピ主さんが家族思いだからこそ、辛いんでしょう。
    ご家族は、トピ主さんの病気を認める事が怖いんだと思います。無意識の自己防衛が無理解に繋がっているような気がします。

    話しは逸れますが、認知症を発症した人の家族、特にその子供は認める事が難しいとよく聞きます。
    親に対しての色々な思い込みが、現実を見たり知ったりする事の邪魔をしているのでしょう。

    トピ主さんと同じような悩みを持っている方は多いと思います。病識はあるが家族が理解してくれない、そういった集まりやサイト等の情報を主治医に相談して見たらどうでしょうか。

    ユーザーID:4956763500

  • 家族に理解してもらおうとは全く思わない

    別の疾患ですが、当事者です。しかし、結婚していて、子供を含む家族がいます。
    まず、心の病を配偶者に理解してもらおうとは、全く思いません。
    気分がどうのこうのなんて、説明してわかってもらっても仕方ないし、見ていないところで、三か月に一度の通院に、ささっと一人で行って帰ってきています。
    唯一、血のつながった兄弟や親、子供には、どういう病気かは会話するけれど、子供には、高校生になるまで、そういう病院に通っていることは内緒にしていました。実家関係だけですね。大いに話題になるのは。
    配偶者の認識としては、精神科の病気にしろ、婦人系疾患にしろ、病気の類は、ベッドで休むしか方法がないという考えで、大いに横になっていてもよいので、全然気持ちが楽です。家事も最低限はやっていれば問題なしにしていてくれます。
    たまに御馳走を作って、家族サービスをして、年末などの大掃除もパートをこなしながら、計画的にやっていれば、問題ないので、気持ちは楽です。
    むしろ病気の理解を求めるのは、血縁関係のある実家家族と、病院の先生程度だと思います。他人には理解されなくても構わないと私は思っています。

    ユーザーID:5895747371

  • まず本。

    主さん、今更専門書なんて、とのことですが、そこはやはり、わかりやすい
    解説本を渡して読んでもらうというのはやってみるべきだと思いますよ。

    同居する家族が、病気のことを詳しく知らなくても、やはり最低限
    知っておいてほしいこと、ありますよね。
    例えば、糖尿病患者に、家族がおやつに饅頭食べろと言ってみたり、
    ジュースを飲め飲めと言われても困りますよね。
    食事制限が大切だ、ということくらい知っておいてほしいですよね。

    気分障害は、気晴らしすれば治るとか、気の持ちようで治るとかいう
    病気ではないこと、服薬が必要なこと、
    脳の気質の病気なので、一生涯付き合っていく必要があること、
    そう状態の場合、治ったわけじゃなく、それ自体が病状であること。
    このくらいは知っていてほしいですよね。

    まずは、わかりやすい病気の説明本を渡してみるのはいかがですか。
    また、ある程度はわかってもらえなくてもしょうがない、と
    割り切るのも大切かなと思います。

    どうかお大事にね。

    ユーザーID:7027600911

  • それは無理な話だと思いますよ

    私の母は私が高校生の頃に発症し、
    それから30年経った今でも治っていません。

    病気を理解する=
    言動を全て許すということです。

    母は病気を隠れ蓑に言いたい放題、やりたい放題です。

    もう母の病気を理解することは出来ないと思います。

    ユーザーID:0690746728

  • 既にお遣りかも知れませんが

    トピ主さんが素晴らしいのは、トピ主さん自身がトピ主さんの病気を理解されていることです。自らの病気については、なかなか理解しにくいものなんです。

    課題である家族に、病気の理解をして欲しいと言うことですが、これは専門家の応援を頂いてはどうでしょうか。
    専門家とは、医師、ソーシャルワーカー、カウンセラーです。
    ご自分の代わりに、説明をしていただかれてはと思います。

    病気の理解は、自分自身が病気にならなければ理解できないのではないかと思います。一般の認識では、治療すれば、服薬すれば直ぐに回復する位に考えています。

    家族の理解を得ることについて焦ることも急ぐこともないのではありませんか。機会を見ながら少しずつ始められたらと思います。

    トピ主さんも、周囲の期待に応えようとしないで、マイペースを保って体調管理優先でお遣りになられたらと思います。
    体調の良い時に、くれぐれもご無理を為さいませんよう。

    ユーザーID:4772396547

  • 再レスです

    お恥ずかしい話ですが、三十近い息子が体調悪そうなとき、夫は「息してるか見てこい」と出勤前に調べさせます。月一、二回あります。

    先週も、「布団が上下していたよ」と伝えたら安心してました。
    そんなものです。
     本人に知られたら鬱陶しいほど案じています。

    ユーザーID:4019278410

  • 私は1度キレてしまいました

    家族の期待はプレッシャーですよね。

    治ってもらいたい、現実を受け入れたくない家族の期待まで背負えないって私は思いました。自分だってこの現実を受け入れて、生活していくのが精一杯です。

    専門書ではなく、病院に置いてあるパンフレットを叩きつけたらどうですか?家族の理解がないとストレスになるし、余計悪化しちゃうからとキレた私です。こんな私で申し訳ないですが、やっぱり家族の期待を背負って自分まで治るフリして生きるのは辛いです。一緒に闘ってくれとまでは思いません。でも一喜一憂されると重いし、私はそれを背負えません。

    でも周期的なものがあるので、自分ではだんだんと慣れてくると思います。ああ、そろそろ良くなるなとか、ああ、また調子悪くなるなとか、調子悪くなるとどれくらい続くかなとか周期をつかんでくると周囲にも言いやすいです。どうしたって悪い時期には放置してもらうしかないです。でもガッカリしないで、半年後にまた話せるようになるって予告した方が周囲も対応できるようになります。

    ユーザーID:6772624165

  • 諦めました。

    統合失調症です。

    家族、当時の恋人…と理解を求めたことがありましたが、
    人それぞれ病状や症状が違うので下手に専門書を渡すと本の内容が全てだと勘違いして、
    その病気のことは全て分かった風な感じであれこれ干渉されたことがありました。

    理解をしてもらうって難しいのかもしれません。
    それに同じ病気の経験者でも、症状が違ったら理解が難しかったり、
    下手したら共依存にもなったりで。
    だから寂しいかもしれませんが、理解をしてほしい!と望むとしんどいと思います。
    自分なりに病気と上手く付き合っていけたらいいですよね。

    ユーザーID:0263670173

レス求!トピ一覧