収入が多い人はお小遣い制は少ない?

レス46
お気に入り61
トピ主のみ1

takako

男女

20代女で、今年から弁護士20人くらいの法律事務所に勤めています。
事務所の飲み会の際に家庭の話が出たときに、30代後半のパートナー弁護士の方に
「先生のところはお小遣い制ですか?」と聞いたら、
「うちの子はまだ幼稚園児なのでお小遣い制ではないですね」
と言われたので、笑いながら「お子さんのことじゃなくて先生ですよ」と言いました。
そしたら、先生は???私がお小遣い?どういうこと?という感じの反応で、
少し沈黙のあと、「ああ、そういうことか、いや、もちろん違いますよ」と答えてくれました。
その先生が、何人かの先生にお小遣い制かどうか聞いてましたが、皆さん、まさか、という感じで否定していました。

当然皆さん高収入ですが、高収入だとお小遣い制ではないのでしょうか?
それとも会社員と違って収入に変動があるから?
でも収入が少なくて不安定なら仕方ないですが、
年収何千万も稼いでいてそれだと奥さんは旦那さんが何にいくら使ってるか分からなくて不安にならないのでしょうか?
私が奥さんだったら一応のお小遣いは決めておいて欲しいのですが、お金を稼ぐ人って縛られるのも嫌いなのでしょうかね。

ユーザーID:1716043435

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数46

レスする
  • そうですね

    夫が比較的高収入で、給料以外のものも入りましたから、我が家もずっとお小遣い制ではなかったですね。

    私はボランティア的な仕事だったので、私自身の稼ぎはなかったため、夫から生活費や医療費など必要なものだけもらっていました。
    私が自由に遣える小遣いも毎月。

    だから、残りを夫がどう使っていたのか、いくらくらい小遣いにしていたのかも知りません。

    でも、結婚して40年以上経ちますが、お金でもめたことも、不審に感じたことも何もなかったですね。

    私自身、実家がそんな感じでした。
    専業主婦の母が父から生活費や必要な経費だけもらっていたのを知っていたから、
    そういうものだと思っていました。

    だから、学生時代に友達との話の中で、「お父さんが毎月お小遣いをもらっている」というのを知って、びっくりしたものです。

    だって、お父さんが自分で働いて稼いだものを自由に出来ず、お小遣いとしてもらってるなんて(それも足りないらしい)なんだか気の毒に思えましたしね。


    もう私どもの子供は結婚しましたが、息子の奥さんはフルタイムで働く人なので、二人分の給料を合わせて、その中からそれぞれのお小遣いを配分しているみたいです。

    だけど、今の時代それではなかなか十分ではないだろうから、我が家に遊びに来た時、ちょこっとお小遣いをあげます。
    もちろん、息子だけでなくお嫁さんにも平等にね。

    ユーザーID:9241643053

  • 答えは自分で書いてる。

    何千万も稼いでいるにも関わらず、「旦那さん本人が」妻によって何にいくら使われているか分からないのは、もっと不安で理不尽ですよね。

    それに、立場のある人にはお金を使うべき時って、あります。
    部下達に気前よくおごったり。
    商機になりそうな場所に出かけていったり。
    その時に「今月小遣い厳しいから〜」とためらう男では、お話になりません。
    追加で何か使うたびに妻に頭を下げさせられたり、「浪費じゃないのか」「浮気じゃないのか」とネチネチやられたらたまりません。

    家計の話になると必ず
    「夫にカネを握らせておくと浮気する」とかいう主張が出ますが
    妻の側が散財する話だって、枚挙にいとまがありません。
    弁護士なんてやっていれば「財産をめぐって骨肉の争い」なんて相談は日常茶飯事なことを知っていますから
    「奥さんに財布を預けて安心」なんて無邪気にはいられないでしょうしね。

    >何にいくら使ってるか分からなくて不安
    ならば夫婦がお互いの給料の額と使い道を公開しあえばいいのです。
    「お互いの稼ぎの中から、毎月いくらは貯蓄に回そう」
    と取り決めればいいのです。
    稼いでいない側の人間が家計を握る理由、稼いでいる側を小遣い制にする理由にはなりません。

    「私は家事をやっている」というご主張であれば、家計簿を夫に公開して毎月の生活費と家事貢献分の小遣いを、夫からもらえばいいのです。

    もちろん、稼いでいる側の人間が「家計の管理は面倒だから君に任せる」というタイプの人間ならそのようにすればいいですが、稼ぎのない側の人間が主張するのはおかしなことと気づかねばなりません。

    ユーザーID:9667988556

  • 何故不安を感じるかでは?

    家庭に必要な金額に色を付け、高額出費の際はご主人が出し、妻の使い道に何も言わない家庭なら、あなたの言う「不安」とやらは無いに等しいと思いますが?

    ご主人がお金を握ると直ぐに「浮気・不倫・ギャンブル」と言う方も居ますが、それは一部の男性であって、全てには当てはまらないでしょう
    一方、妻が家計を握ると「ブランド物・宝石」など買いあさるなど言われますがこれも一部でしょうね

    うちは主人が家計をしてます。給料じたい幾らか知りません。
    不労収入等合わせた年収は知ってます。高額年収者です
    妻の私、個人事業してます。管理は主人にお任せです

    基本的に家・子供にかかる費用は主人、その他は分かりません
    私は給料ありますし、食費・雑費貰ってますから

    使い道を知りたいなんて何故ですか?知った所で何もならないのに

    夫婦といえど隠し事はある物だし、プライベートももちろんある
    高額年収の方は出て行くお金、経費等もそれなりにありますからね
    いちいち、「何故料亭行ったの?」とか「何人で行ったの?」
    「後輩に奢るなんてしないで!」とか言うんですか?・・・・・

    使い道なんてお互いに価値観の問題も出てくる様なもめ事をわざわざ自分から聞いたりする行為がわかりませんね

    同じ職業なら口出しはあるのかも?しれませんが関係無いのに自分の価値観で攻めたりする事になりますよね?

    そもそも論になりますが「金銭的にだらしない・信用が無い」人に家計を任せたり・金銭を自由にしてりさせる夫婦は居ないと思いますよ

    ユーザーID:0596345899

  • 互いに必要なだけ使う

    単に収入に余裕があり自制が効くなら上限を決めなくても良いというだけです。
    また、高学歴であれば伴侶も同じような階層であることが多いわけで
    互いに収入があればお小遣いにする理由すらないですよね。

    ユーザーID:1469258919

  • お小遣い制ではない人多いと思います

    お小遣い制って、なんか夫が働いてるのに夫にお小遣い?って単純に変ですよね。
    そのことに気づかない人もいると思いますけど。

    稼ぐ人はお小遣い制の人ってあまりいないように思います。
    だいたいたくさん稼いでくるのに、「はい、お小遣い」なんて決められたら空しいですよ。
    もし、自分が稼ぐ男性の立場ならそう思いませんか?

    弁護士などではなくても、会社員でも稼ぐ会社員はお小遣い制少ないと思います。

    逆に言えば、お小遣い制ではないから夫はどんどん稼ぐんでは?とすら思ってます。
    お小遣い制で奥さんがご主人を絞めているような家庭って、出世もしなさそうですしね。

    それだけ、男性を信頼してないってことでもあるし、妻の支配欲で夫が小さくなるように思います。

    というわけで、稼ぐ人って、まず妻が夫に対してお小遣い制にしてないと思います。

    だからと言って、夫がむやみにお金を使うわけでもないでしょう。

    夫婦の信頼関係と、夫を立てるという意味で、お小遣い制ではないことのメリットは大きいと思います。

    ユーザーID:2124002623

  • 弁護士さん・・・

    歳の割に少ないお給料の夫がいます。
    当然お小遣い制です。
    いい大人ですから、別に小遣い制が好きなわけじゃありません。
    でも会社員なので月々の賃金には限りがあり、夫が自由に使える額も決めざるを得ません。だから小遣い制なんですよ。

    子供が小学生のとき、役員で違う学年の子のお母さんと知り合いました。
    ご主人は勤務する弁護士さんで、案の定お金の使い方や金額が会社員家庭のそれと全然違いました。
    私は6年生の母なので、一年限りの仲とわかっていたから何でも話してくれて。
    方針で小学校は公立に通わせていました。

    弁護士先生が小遣い制なんかしないと思いますよ。
    収入の変動といっても、低いときのそれさえべらぼうに高いだろうし。

    ユーザーID:5082614613

  • 好きなだけ使っているみたい

    前提として、それなりに収入いいです
    夫が稼いだお金は全部夫のモノなので
    そこからお小遣いをあげるという感覚には当然なりませんね

    奥さんが収入を全部コントロールしている家庭の感覚なんでしょうね

    私もコントロールしようと思えばできますが、そんなことはしません
    私は商売人の娘だったからでしょうか、月に決まった額をやりくりする会社員の家庭に育たなかったからかもしれませんが
    いい年した男性がお小遣いをもらうという感覚がちっちゃいなぁと感じてしまうので
    夫はのびのび放し飼いです
    すくすく育って、よく出世しています

    ユーザーID:3843487765

  • ずっとお小遣い制です

    会社員ですが年収はそこそこ高額です。でも、ずっと妻に全額使えるようにして、私はお小遣い制で、月収の2パーセントくらいですが十分です(笑)。
    意味の無い事に時間やお金使わないので十分です。数年ごとに買う自家用車でも月収の2割以下です。
    昔からお小遣いですけど、何も問題ないです。

    ユーザーID:1014033095

  • ないない

    夫の月収は150〜200万円ですが(サラリーマンではありません)
    私には、夫をお小遣い制にする発想がありません。
    そもそも夫の収入に私が口を出すことはしません。

    食費・生活費に妻のお小遣いを足して充分な額を毎月受け取り、
    あとは夫の自由です。
    収入の大半が貯金に回っていることは知っています。
    それで充分です。

    ユーザーID:4026573012

  • 成功している男性はお金の管理もキッチリ

    お金を稼いでいる男性が、全額を妻に渡して自分はお小遣いをもらう、というのは少数派だと思います。
    むしろ、生活費とお小遣いを妻に渡して残りは投資や貯蓄、そして自分の趣味などに使う方が多いのではないでしょうか。

    ユーザーID:7965131928

  • 奥さんが気を配るべきお金ではない

    旦那さんが何にいくら使ってるか分からなくて不安なのは収入が多くないからではないでしょうか。
    最近次のような記事を読みました。
    婚活で男性に高収入を求める女性は夫の収入をすべて自分が管理できると勘違いしているが、
    そのような男性は妻にすべての収入を渡さない、というものでした。
    確かに妻に十分なお金を渡していていれば残りは無駄遣いしようが夫の自由ですよね。
    そこを管理したいというのは、夫の稼ぎで贅沢したいという気持ちの表れでしょう。
    浮気の心配などなら、お小遣い制でなくても使い道の開示だけで充分です。
    一方で夫が好き勝手に使っては生活に支障がでるようであればお小遣い制にしてほしいのは当然でしょう。

    ユーザーID:9979751210

  • その通り

    我が家もそうです。
    お小遣い制ではありません。

    夫一馬力で稼いでいて、貯金も順調にできています。
    家計も夫が管理していて私は毎月食費を渡されます。

    高収入の人はお金を扱う能力にも長けているので自己管理する人が多いと聞いたことがあります。

    心配になるか?
    なりませんね。そんな心配がある人とは最初から結婚しません。
    家族の誰よりも堅実で将来のことを気にかけ質素に暮らしている様をずっと近くで見てきています。
    どちらかのいうと私の方が浪費癖があるので管理されていてちょうど良いです。

    仕事ができる人はお金を賢く貯めるのも上手なんですよ。

    ユーザーID:2087196366

  • ずっと自由裁量制です

    結婚して約30年、お互い、何にどれくらい使っているか完全オープンなので、お小遣い制にする必要性を一切感じません。
    お互い、浪費はしないし物欲もあまり無い方ですし。

    引っ掛かったのは、トピ主さんは何故夫が浪費しないかという点が不安なのですか?
    妻の方が浪費しまくっている夫婦だっているのに。
    トピ主さんは、結婚後は夫を自分の支配下に置きたいと暗に思っているだけではないですか?

    ユーザーID:4591638143

  • お互い、好きなように使ってますね

    我が家も家計管理っていう点から言ったら、良い加減なものですね

    お互い、クレカ持ってて好きなように使っていますから
    いざとなったら、いつ何に使ったか、後からわかりますけどね



    おこづかい制って言うけど、家計簿などもつけるの?
    主さんには、そこまで自分や夫のお金を管理するのに費やす時間や気力があるんですか?

    ユーザーID:2284202984

  • 決まってる

    一応のお小遣いは決まっていますよ。

    手取り月収50万円でお小遣い50万円は有り得ないでしょう?
    収入がいくらであっても、一応の自由に使える金額は決まっているのです。

    お小遣い制かどうかというのは、手続き上のお話です。
    妻が通帳を持って給与を引き出し夫にお小遣いを渡すのか、夫が通帳を持って給与を引き出し妻に生活費を渡すのか。

    形が違うだけでやってることは同じなんです。
    お小遣い制で小遣い3万円の人が、お小遣い制では無いからと言って月10万円も使えるわけがないのです。
    収入の中でやり繰りすることに変わりはないのですから。

    収入が多い人にお小遣い制が少ないのは、自分で管理できるだけの頭脳があるか、有り余る収入があるかです。

    ユーザーID:1534517504

  • 共同財布型

    うちは共同財布ですね。

    トピ主さんは「私が奥さんだったら」とおっしゃってますが、弁護士さんなら奥様も同業だったりそこそこ稼いでる可能性はありませんか?
    うちは夫が医師なのでそこそこ収入はありますが、私も働いてるのでそんなに敏感になる必要は感じていません。

    もちろん、お互いにどのくらい貯金してるかは開示してますし、ある程度のターゲット観などは共有しています。

    お小遣い制でなくても、それなりに貯金はできますし、収入が多くても普通に働いてる人が毎月ドカドカとブランド品を買う必要もありません。
    多少の自由はあるものの、お小遣い制との差は月10万とか20万とか、収入から考えるとそんなに使ってるわけでもない程度なのが一般的ではないでしょうか。

    ユーザーID:1705909641

  • 小遣い制にする必要がない

    お小遣い制にするのは、そうしなきゃいけない理由があるからです。
    1.そもそも収入が少ないので、毎月の経費と貯金額を引いたら自由に使えるお金が2-3万円しか残らない。
    2.夫に計画性や物欲をコントロールする力がなく、あるだけ浪費してしまうから最低限の小遣いしか渡せない。
    ‥とかね。

    こういう人は、弁護士には殆どいないはずなので(賢くないと、訴訟に勝てないですからね)
    お小遣い制にする必要がないんだと思いますけど。

    それで奥さんが不安になるというのは、問題が別のところにありますよ。
    要は相手を信用できない、お金に関する大事なことを話し合えない、相談もできない。
    夫婦でありながら、最低限のコミュニケーションもできない、価値観を共有できない。

    そういうことですから。
    お小遣い制にしたところで、解決する話ではないです。

    ユーザーID:6539391210

  • 夫が弁護士ですが

    夫が弁護士ですがお小遣い制ではないです。
    夫の周りでも、お小遣い制は一人しか聞いたことないと言っていました。
    理由としては、収入に変動があることと、経営者の場合、経費が掛かるので手元に現金が必要だからです。

    うちの夫の場合、月の売り上げが平均300万円ですが、150万から500万くらいの幅があります。
    その上で、少なくとも毎月80万程度の経費(事務所家賃や従業員の給料の負担分)が掛かります。

    しかも、税金も自分で支払うので、3月、6月、9月には多額の現金が必要です。
    なので、夫がお金を管理してくれないとどうしようもないのです。
    うちの場合、毎月35万円振り込んでもらい、残りは夫が管理しています。

    夫の年収は手取り1500万円くらいあり、夫がお金を管理しているので、
    使おうと思えば毎月100万円近くのお小遣いを使えますが、もちろんそんな浪費家ではありません。
    きちんと貯金してくれているので、細かい使い道は聞きませんし、心配もしていません。

    お小遣い制でなくても、お互いに信頼関係があり、きちんとした人であれば問題ないですよ。

    ユーザーID:6693002427

  • トピ主さんのような縛り方は

    トピ主さんのような縛り方は嫌われるかもしれないですね。
    お小遣い制というと、必要な額より少なく設定したがりますからね。使途について説明するのも面倒ですし。

    だいたい、自分が稼いだお金をなぜお小遣いとして一部だけ渡される形になるのか理解できません。残りを預けておいたら、無駄遣いせず、投資などできっちり増やしてくれるわけでもないし、なぜ無駄に縛られなきゃいけないのかと。

    ユーザーID:0866866960

  • 逆はあるけどね…

    収入が多い人は小遣い制は少ないというのは違うと思います。
    でも、その逆である収入が少ない人の場合は小遣い制に『せざるを得ない』
    ということは真実に近いと思います。

    当然、どの程度の収入なんて目安はつかないでしょう。
    家計収入の割合だって糧によって違うだろうし、家計支出だって違う。
    大都市と地方でも事情は違うし、家族の人数だって必要な生活費や貯蓄は変わるからね。

    その必要なラインが各家庭で違っているのだが、それを余裕で超える収入があるなら
    『小遣い制』の必要性は著しく変わるんですよ。

    お金が無い人は何にもできないけどさ、余裕があれば単にお金を貯めるだけでもない。
    投資とか資産運用なんてものもあるので、それを家庭でするか個々人でするかも自由。

    あともう1つ重要なのは、サラリーマンと個人事業主の違いだよね。
    拘束時間が決まっていて、細かい支出はその都度、経費とか仮払いをする会社員と、
    どこまでがプライベートでどこからが仕事なのかが曖昧な個人事業主。
    当然、どれが私的な使用で、どこからが経費扱いかもわかりませんよね?
    手持ち現金だけでなく、クレカ清算だってあるわけで、小遣い制は向いてない。

    別に稼ぎと使ったものが開示される関係なら問題ないはず。
    でも、トピ主さんの本音はトピ文の最後でしょ?

    >私が奥さんだったら一応のお小遣いは決めておいて欲しいのですが、
    >お金を稼ぐ人って縛られるのも嫌いなのでしょうかね。

    開示がされているならトピ文前半の悩みなら問題ないはずだけど違うよね。
    トピ主さんが夫の収入を可能な限り管理して『縛りたい』ってことでしょ?

    例えばですが、旦那さんの収入が500万でも1000万でも2000万でもね、
    上記のいずれの年収でも月30万でやりくりしてくれって言われたらどう?

    小遣い制で制限される立場が逆になると一定額の生活費を渡されるのと同じですが。

    ユーザーID:5491945170

  • 意味を考えて

    世のお父さん→お小遣い制
    って発想が貧弱な発想ですよ。
    なんでお小遣い制って言うのが生まれたか?お小遣い制にしている男性がいるのか?よく考えてみましょう。
    いろいろ理由はあるのかもしれませんが、貯蓄に回したい、教育費をねん出したい、お金を節約するためにお小遣い制にします。収入が少ないから起こることです。
    先にお小遣い制があるのではなく、必要があるからお小遣い制にせざるを得ないのです。

    ユーザーID:5735519119

  • お小遣いとは何でしょう?

    私も結婚したての20代のころは給与収入しか無かったので、妻に全額渡してお小遣い制でした。少ない収入で4人家族が暮らしていくにはこれしか方法がなかったからです。
    いつの頃からか小遣い制ではなくなったのですが、おそらく妻も私も副業で個人事業主を始めたためだろうと思います。

    小遣い制は給与収入のように毎月定額が入ってくる収入の簡易的な管理方法としてはそれなりに優れていると思います。ですが、変動したり経費が乗っている自営業の収入の場合は経営指標も複雑になります。

    弁護士の方がどのように報酬をもらっているのかわからないのですが、おそらく個人事業主なのではないでしょうか。

    妻が細かく把握したいのであれば経理を担当して税理士との窓口をやるくらいの努力は必要だと思います。その場合でも妻は経営者ではないので勝手に経営に口出ししたり判断をするのは控えたほうが良いでしょう。

    ちなみに我が家は私が妻の分も含めて決算処理をしてますが、妻がやるというならすぐにでも移管したいです。

    ユーザーID:2449784494

  • 弁護士さんだからでは?

    高収入がいくらかはそれぞれですが、うちはずーっとお小遣い制です。
    お金を使う事が少ないからかな?
    私と一緒の時は家計費で払うし、自営なので仕事上の付き合いは経費だし、出張する度に実費で出張手当がつくのでお小遣いとは別にお金が増えるし、プライベートの飲み代くらいがお小遣いです。

    あと姉のご主人は開業医ですが、お小遣い制です。
    姉が経理を担当しています。
    小遣い額は聞いた事はないのですがいつも仲良く一緒にいて外食するときとか姉が払っているのでお小遣いとの線引きも曖昧なのかもしれません。

    ユーザーID:7079923456

  • 私の夫は弁護士じゃない

    けれど、小遣い制じゃありません。
    出産を機に私は専業主婦になりましたが、毎月、生活に必要なお金を預かっています。私が夫にお小遣いをボーナス時にいただいています。私が独身時代からかけていた年金型の保険は夫が解約しないほうがいい、と判断し、払っていただいています。

    夫は、銀行マンの父と専業主婦の母という家庭でした。どうだったかは知りません。
    私は会社経営の父と経理をしていた母という家庭でした。

    小遣い制のご夫婦は、妻は夫の収入を貯金することも含め管理しているのでしょう。妻が収入がある場合は取り決めもしているのでしょう。ほかのレスにもあるように、そうしたほうが、というより、そうせざるを得ない、のかも。

    うちは、社内結婚で、社内預金のほうが利率がいいとか知っていますし、住居を構える際に私が目的別に封筒を分けて管理しているのを夫が見て、同じやり方をしていますので(封筒が口座であったりもする)特に不安はありません。

    私には独身時代の資産の運用や不労所得で収入があります。住宅ローンの繰り上げ返済に充てたりしていますが、タイミングが合えばそうしてきただけで、基本的には夫から預かるお金で生活が回っていて、夫は私の収入には関心がないです。

    自分に収入がなければ、管理したくなるかもしれませんね。

    ユーザーID:4094672871

  • いちいち型にはめようとしない

    人や家族に寄って色々ある事を学びましょう。

    ユーザーID:6307503188

  • うちはお小遣い制

    総合病院で働く外科医の妻です。
    うちはお小遣い制ですね〜学会やらなんやらでお金が必要な時は、都度渡しています。
    それ以外はまだ若手と言うこともあり当直も多くお金を使うところがあまりない&趣味が手術みたいな変な人なので、お小遣い制でも充分みたいです。
    収入はそれなりにありますが、やはりその人次第ですよね、付き合いが多くていちいちお小遣いなんかにしていられない、もしくは自分が稼いできたお金をなぜお小遣いという形でしか貰えないのか、そういったプライドも関係してくるかも。
    主人の同僚は半々ぐらいな感じですが、主人は家ではぼけ〜とした人なので、あてにならないかも笑
    そういう人だから私は助かっていますね、いくら収入が良くても浪費家ならお金はたまらないですし。

    ユーザーID:9412178320

  • わかるよ

    お小遣い制ではないですが、夫の通帳はわたし(妻)が持ってるし、クレジットカードの明細も私に渡すだけで本人見ないし。夫がいついくら引き出してるか全部分かります。

    私が専業主婦になった時点で、キャッシュカードまで預けてきたけど、出張も多いし、いい年して時には部下にごちそうすることもあるだろうし、出先で現金がなくて困るとみっともないからキャッシュカードは本人に持たせています。

    ユーザーID:3455063198

  • オトナなのにおこづかい制

    世の中のマンガやドラマでご主人のお小遣い・・・という話を読んだり聞いたりしていましたが、あれは現実の話ではないとずっと思ってました。
    私の父がお小遣い制度ではなかった気がしますし、私の夫も自分の稼ぎは自分で管理してます。
    とはいえ夫は何か購入したいものがある時には細かく私に相談してきますがね。
    「ねえ、買ってもいい?」って聞いてきます。
    「いいよー」と返事するとすごく嬉しそう。
    逆にそのやりとりがないと買い物の喜びが少ないみたいです。
    というか毎月決められた数万円しか使ってはいけないという感じは寂しいと思うのは変でしょうか?

    ユーザーID:3087999965

  • いつも疑問なんですが

    独身の会社員です。トピのターゲットとずれた属性からのレス失礼します

    おこづかい制の方って、毎月現金で支給されてるんでしょうか。
    最近、自分は現金で決済する機会がかなり少ないので、世のおこづかい制の方は、ここをどう解決してるのだろうかと気になってました。
    電子マネーとかクレジット決済せざるを得ない場面って結構ありますよね。

    自分はもちろんおこづかい制ではないですが、月々に使う金額を特に制限もせず自然体でお金を使っています。
    もちろん年間での収支は把握しています。むしろ貯まりすぎ?なくらいです

    自分のお金の使い方って、ある程度把握できませんか。自分の場合は、自然体で使っていても、「気がつけば使いすぎてて大変!」というようなことにはならん、と経験則からわかっています。数ヶ月に一度はチェックもしてますし、まだ経験はありませんが、そこで「ちょっとヤバい」と気づけばその後少し絞ることでリカバリーも可能です。
    こういう状況だと、お小遣いを月々支給、とか、お小遣いを別口座に分けるなんてやり方をわざわざ取る必要がないですよね。
    もしかしたら、ダイエットなんかにも似てるかもしれませんね。毎回の食事のカロリーを気にしないとどんどん体重が増えてしまう食習慣の人もいれば、自然体で好きなものを食べていても無理なく体型維持できる人もいる。
    この例でいうと、高収入の人って体質的に燃費が良い、人に該当すると思います。少々食べ過ぎてもカロリー消費が大きければなかなか太らない(お金を少々使い過ぎても収入が多ければ赤字にならない)
    さらに、元々の食習慣として、さっぱりしたものを好むとか、間食の習慣がない、(浪費の習慣がない)なんて条件が重なれば、特に細かく管理しなくても太りようがない、わけです
    こういう人に毎食カロリー計算(おこづかい制による管理)は、管理の手間が増えるだけでメリットないと思います

    ユーザーID:4231897817

  • 収入額、関係あります?

    私は、知り合いのほとんどはサラリーマンや公務員ですが、厳密に小遣い制の人って聞いたことないです。
    地方で共働きの人が多いからというのもあるかもしれませんが、それぞれで何を担当する(家賃は夫、光熱費は妻みたいな)かを決めて後は自由というやり方をしている人がほとんどです。
    テレビのインタビューで、「小遣い〇万円だから昼ごはんは牛丼しか食べられない」と答えている人がいますが、本当?と思っちゃうんですけどね。
    都会だと違うのかな?

    ユーザーID:1455582914

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧