現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

歯が悪い事で母親を恨む

ピコ
2019年8月5日 18:37

50歳女性です。
私は子供の頃から歯並びが悪く虫歯だらけで、
今まで生きてきて歯の事は色々すごくコンプレックスです。
彼氏とデートのディナー中に前歯が欠けてしまって、
そそくさ帰路に着いた事もあります。

私の母親は、
特に何もせずとも出産するまで虫歯ゼロだった人で、
子供の歯のケアに無頓着な人でした。
小学校の歯科検診で、
私が不正咬合と診断されても何もしてくれませんでした。

また最近歯が痛くなって、
本日歯科医院に行って来ました。
診察の結果、
虫歯の疑いのある歯が有るが、
歯並びの悪い隣の歯(神経を抜いてクラウンを被せてある歯)を抜かないと治療できないと言われました。
親不知以外の抜歯は初めてで、ショックが大きいです。
歯が悪い事は、
自分の人生の半分くらいを暗くしています。
どうして子供の頃にちゃんと歯のケアを教えてくれなかったのか、
母親を恨んでしまいます。

ユーザーID:6615010654  


お気に入り登録数:60
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:30本

タイトル 投稿者 更新時間
分かりますが…
前歯
2019年8月5日 21:57

私もアラフィフ、歯の悩みは同じです。
私たちが子供だった頃は、多くの親はそんなに歯に対しての興味はなかったのではないですか?
私も小学生の頃にすでに虫歯がいっぱいあって、軽い気持ちで削って治療していました。
本当に悔しいし、親に文句を言いたいところです。しかし私は30歳になる前に歯の矯正を自分で決断してやりましたし、ホワイトニングもしました。保険外のクラウンなどを使って見た目にはきれいにできましたよ?

トピ主さんもいい大人ですし、自分でなんとかすればいいのではないでしょうか?
確かに子供のうちは親の責任だと思いますが、20代頃だったら自分で何かしらの決断ができたのではないかなあと思います。
人のせいにするのは簡単ですが、親を恨んでも何もなりませんよ。と私は悟りました。

ユーザーID:2262814824
アラフィフのおばさんです。
おばちゃん
2019年8月5日 22:45

私も、出っ歯で歯並びが悪く、虫歯も多く嫌な思いをしました。

でも、社会人となりお金を貯めて、自分で歯科矯正しました。
神経を取った歯は、動きが悪く今も隙間が空いています。
虫歯のないきれいな歯を抜歯しました。

それでもしないよりは、良くなりました!

大人でも矯正は出来ます。
恨んでいても治らないでしょう?
情報を集めて自分で矯正してください。

50歳の方は身近にいませんでしたが、40歳過ぎで矯正した方がいましたよ。

ユーザーID:0075549813
わかります
tantu
2019年8月5日 22:56

私の親も歯に関心がまったくなく、歯磨きチェックなど皆無。おかげで虫歯たくさんで義歯だらけです。
そのせいで私は子供の歯にはとても気を付けており、矯正もさせていますし、日々気にかけていて虫歯もゼロです。
義歯ってやはり自前の歯とは違いますし、やり直したりもあるのでお金もかかりますね。
IPS細胞で歯の再生ができればいいのになと妄想してます。

ユーザーID:3816796651
その年齢まで何を?携帯からの書き込み
julia13
2019年8月6日 1:08

うちもあなたと状況は同じです。不正咬合と、歯磨きを教わらず育ち虫歯の治療ばかりの子供時代でした。
社会人になり預金で治そうと考えましたがまだこれからもお金がいるかもと諦め、結婚し子供が小学校に上がる前に今だと思い、歯科矯正と奥の銀歯含めセラミックにしてもらい、かなりかかりましたが今に至ります。歯のクリーニングと虫歯チェックにひと月おきに歯科にも通ってます。
社会人になって今まで治療のチャンスも時間もかなりあったと思いますが、50にもなり親の責任はとうに終わっていますよ。今からでも矯正と治療は間に合うのではないですか?
矯正しない方も沢山居ますので、治療とケアだけでも随分違いますよ。

ユーザーID:6760932064
a
2019年8月6日 4:01

私は、六十で、祖母、父親、ともに歯が無く、母親も歯に対しては無頓着だったので、虫歯がありましたが、今は、電動歯ブラシを使用したりして、気を付けてます。で、トピさん、歯医者を変えて別の歯医者の意見も聞いた方が良いと思います。抜かなくても治療できる方法もあるはず。もし、次の歯医者も同じ意見でしたら、3軒目も行ってみてください。それから親の歯の手入れ法を悔やんでも仕方ないですので、最新の歯のケア情報を得て、自分で手入れして下さい。

ユーザーID:3170686891
自分でなんとかすれば?
おんせんねこ
2019年8月6日 6:27

もう大人なんでしょ?人を恨んでどうにかなるんですか?自分のことは自分でしましょう。

私は人生がやっと安定して来た50代に入ってから歯科矯正、歯茎の治療などしました。今でも治療継続中。もちろん自分の判断とお金で。大変でしたがしてよかったです。トピ主さんもコンプレックスから自分で抜け出しましょう。がんばって!

ユーザーID:3082763408
自分でできたはず
やや
2019年8月6日 7:04

私も小3からかみ合わせが悪く、顎関節症でした。
乳歯が1本残っており、そのせいでかみ合わせが悪いんです、
いつ抜けてもおかしくないと言われ続けてきたその乳歯は、
子供を二人産んだ今でも現役です。

二十歳のときにお金を貯め始め、25歳で歯列矯正をしました。
顎関節症は今でも治らずですが、見た目は綺麗になり満足です。
三か月に一度、歯の健康を保つため歯医者に通い、
銀の詰め物だらけだった奥歯も、少しずつ白いものに替えています。
トピ主さんは50代のようですが、成人してからの30年間何をしてたんでしょうか。

ユーザーID:2958123170
50歳ですよね。
一休
2019年8月6日 7:13

私も同じようなものでしたが、働きだしてから自分で治療しました。

人生の6割は、貴女の責任100%だと思います。

ユーザーID:8827491086
前歯さんに同意
Auntie
2019年8月6日 8:49

もう親のせいにする年齢じゃないですよ。昔の親は、今みたいな予防医学の知識はなかったと思いますよ。

私なんて、かかりつけの歯科医が、よほどの悪影響がない限り、親知らずを抜かない主義だったので、その言葉に従っていたら、20代後半になってストレス原因の歯ぎしりと合わさって歯列がガタガタになりました。ずっと気になってましたけど、子育てやなにやらで自分の歯列矯正にお金と時間をかける余裕がなくて、50代になった今、歯列矯正してます。この年齢になって、歯医者に行くことが楽しみになるなんて思いもしませんでしたよ。

やり場のない怒りをもてあましていらっしゃることは分かりますが、これからご自分でできることにエネルギーを費やされたほうが、ご自分にとっていい結果が出ると思いますよ。

ユーザーID:3804124698
別の歯科に行ってみたら?
道知辺
2019年8月6日 9:22

もしかしたら抜歯しなくてもいいかも…

まだまだ人生続くのだから
残っている歯を大事にしましょう。

私は60代ですが
私達の親の世代は歯磨きに関してはおざなりだったと思います。
50代だと矯正をするより
歯周病ケアとかを大事にしたほうがいいと思います。

私は曾祖父母、祖父母、母と歯磨き習慣がない家系でしたが
私の子供の代でやっと負の連鎖を断ち切りましたよ。
子供は虫歯がありません。

これでよしとしています。

ユーザーID:3739584497
自分で自分を大切に…携帯からの書き込み
ビタミン
2019年8月6日 9:33

子どもの頃の歯の不調はどうしようもないですね。
歯科に行くにもお金がいりますもんね。

でも! トピ主さんももうとっくに大人ですよ。
お母さんを恨む気持ちも分かりますが、これからは自分で自分を大切にしてあげましょうよ。

いつまでもお母さんのせいにしたって…
時間と気持ちの無駄だと思いませんか。

ユーザーID:1313401290
とんでもない逆恨み
もち
2019年8月6日 10:05

ピコ様、こんにちは。

おっしゃりたい事はよくわかります。
ご自身の歯がわるい事について、人生の半分も暗いお気持ちで過ごさねばならず
あまつさえ親知らず以外の抜歯なんてとんでもない、と。

例えば幼い頃に字を丁寧に書く方法を教えて貰わなかったから履歴書の選考で落ちた、とか
料理を教えてもらえなかったから健康的な食生活が出来ず、太ったとか。
こんなことがあったら、貴方様はご両親を恨んだのでしょうか。

歯列矯正は大人になってからでも十分に出来ますが貴方様は50を超えるまでなさらなかったのでしょう?
100万円程が相場と言われる矯正よりもご自身の趣味や生活などを優先したのに
どうして親が悪い、と一方的に恨めるのでしょうか、正に逆恨み、です。

子供の頃から虫歯だらけと自覚があったならば歯磨きをすればよろしい、
学校でも歯磨きや食生活、睡眠時間などについて何度も指導があるにも関わらず、
無視したのはだれでしょうか。

お母様を恨むのは勝手ですが、頑張って育てたのにも関わらず、
いわれもない理由で人を恨む心の狭い人間に育ってしまった貴方をお母様も同じように恨めしく思いますよ。

ユーザーID:9281224712
今からでも遅くないですよ
二児の母
2019年8月6日 10:11

同じ世代です.
ですから,親の世代もほぼ同じくらいだと思います。
私たちが子供の頃は,歯医者もめちゃくちゃ混んでいて,子供の虫歯も本当にひどかった時代です。
今みたいに,親から口移しでご飯を食べちゃだめとか,全然浸透していなくて歯磨きも全然してない子も大勢しました.
親も無頓着な人が多かったかもしれません。終戦前後に生まれて,とにかく生きること,働くことに執着している世代です。虫歯とかましてや歯並びなんて二の次みたいな感じです。
私の世代なら,二十歳前後でバブルを経験しているような大人です。
自分で治せば良かったと思います。
還暦すぎてからでも,歯科矯正はできます。
しかも,成人矯正の場合は歯を「間引き」(抜歯)する必要性が高いです。
きれいに並べるスペースを作るためです.
一度,相談されてはいかがですか?

ユーザーID:9857435392
私も同じくです 母より父
匿名55
2019年8月6日 10:12

父親の事業の失敗や女性関係で、父はいないようなものでした。

主婦が働くのはまだ珍しい時代でしたが、母親が働かないと小学生だった私たち含め食べていけないので、母は仕事でほぼ不在。

多忙で子どもなんかには無関心。

暮らしていくだけで精一杯。

歯が痛いと訴えても面倒臭そうにされました。

お金も歯科医に連れて行く時間もなかったのでしょう。

子どもって自然と親の顔色を伺うから、もう言えなくなって。

それでも痛みが限界にきて母に泣きついて診てもらった歯医者は…

当時は歯科医不足だったのですね。
そしてすぐ診てもらえる歯医者がどういうところか…

もうあの痛さと恐怖で益々歯医者が苦手になって。

今、もう抜歯は時間の問題の歯が数本浮いて痛んでいます。

真っさらな口腔に戻ってやり直せるならどんなにいいか。

多分、親に安定した収入のあるご家庭で育った方にはなかなかわかりづらいと思います。

父親に最低限の収入があり、母親は子の健康状態を気にかける事が出来る…
そんな平凡に見えるものも私にとっては羨ましいものでした。

自分の子にはそういう思いをさせたくなくて、しっかり管理しました。
成人になっても虫歯もなく歯並びもきれいで、歯も歯茎もツヤツヤしてます。

私にはないものです。夫に感謝。

今は虫歯に関して正しい知識が得られやすいはずなのに、現代もボロボロの歯のお子さんを見かけるとつらいですね。

ああ…私みたいな家庭環境なんだな…と。

ほんと、歯だけはやり直しが効きません。
親の責任だと思います。

恨んでいいと思いますよ。

そういえば娘が歯科検診で医師に「親に感謝しなさいよ」と言われたそうです。
いろんなケースをご存知なのでしょうね。

ユーザーID:2929734949
いまからでも最善を尽くす!
リリや
2019年8月6日 13:19

トピ主さんが子供の頃の日本は、今とは違って歯をケアする大事さの認識不足や、家計的に厳しい家も多かったでしょう。

また、日本人は欧米より、歯に対するケアがあまりなされていないようで、黄ばんでいたり、歯並びが悪くても気にしない人が割といます。
欧米では歯並びや色の白さで育ちや貧富の差を表すと言われるほどです


そういう国民性もあり、親が歯に無頓着だったりお金をかけない家庭はいくらでもいますね。


でも、トピ主さんはいい大人。
いまからでも遅くないし、恨んでも仕方ないので、できる限り頑張って手入れして下さい。
歯は宝だと思います。

ユーザーID:5978843568
ありがちな世代
あめちゃん
2019年8月6日 13:56

親世代は子供へのデンタルケアの知識が乏しい世代で、40代以上の人は虫歯がすごく多いですよね。
乳歯も放置された為にガチャ歯になる人も多かったし。
矯正も一般的ではなかったし技術も今ほど良くなく、高額でした。

私も虫歯が多かった方ですが、でもちゃんと定期的に歯医者に行って治療をし、自分で日々ケアすればそれなりに長持ちしますよ。
子供時代の虫歯が影響するのはせいぜい20前半までで、あとは自分の責任です。

痛くなるほど虫歯が放置されてたということは、定期的に検診してなかったということですよね。
親に貰った大切な歯ですから、ちゃんとケアしていきましょう。

ユーザーID:9973335252
大人の矯正
リラ
2019年8月6日 14:15

>歯並びの悪い隣の歯(神経を抜いてクラウンを被せてある歯)を抜かないと治療できないと言われました。

それ、奥歯の話でしょ?割とよくありますよ。
私は前歯を大人になってから矯正しましたが、矢張り奥歯にちょっと傾いてる歯がありましたが、そこまでは本腰入れられなかったですね。
奥歯の治療をする時に歯科医に指摘されましたが、「抜かないと治療できない」って相当ですよ。大抵は難しいながらも治療してくれます。
矯正って、大人になってからでも出来るんですけど、何故今まで放置したんですか?
親のせいではないですよ。

ユーザーID:1147791956
そんな時代でした。
なつ
2019年8月6日 14:53

アラフィフ世代です。
夫も私も、奥歯は全部、銀歯。

子どもが小さいころ、口を開けた私の顔をまじまじ見て、
「どうしてお母さん、歯を銀にしたの?」と驚かれました。

歯ブラシは幼稚園でもくわえていた記憶はあるけど、仕上げ磨きの習慣がなかったですね。

夫も同じく。あの時代離乳食は母親が噛んでつぶしたものを与えたり
夜しか自分で磨かなかったり、今ほど、保健衛生がしっかりしてなかったので
仕方ないと思います。

子どもはしっかり仕上げ磨きをして、大きくなっても虫歯0です。
自分をほめたい。

私は結局、奥歯は銀歯ですが、自分で大人になって矯正しましたよ。

恨んでも仕方ないのでは?

ユーザーID:5222568413
口腔管理
デンター
2019年8月6日 15:04

は、時代や家庭の状況が反映されますね。
シニアの私も放置されていて、歯にはコンプレックスがあります。
まあ、あの時代はそこまで口腔衛生や予防が進んでなかったですもんね。
うちの親も生活するので精いっぱいだったです。

今から治しましょう。
私も銀のクラウンをセラミックに換えました。
お金はかかったけれど、良かったなと思います。
そして、定期的に歯科検診にかかっています。
フロスや歯間ブラシを使うのも当たり前になりました。

私の場合は親を反面教師として、自分の子どもたちの歯はしっかり管理しましたね。
フロスも乳歯の時から使い、仕上げ磨きをしました。

さぁ、腕の良い歯医者さんにゴー!
文句言っても治りませんから、前向きに生きましょう。

ユーザーID:8882766210
「面倒力」ってご存知ですか
ミギー
2019年8月6日 15:22

たとえば「部屋にカーテンを付けるのを面倒がる人が毎朝まぶしい日光に耐える力」とか
「爪切りを探すのが面倒な人が無理やり指で爪を剥がす痛みに毎度毎度耐える力」。

つまり、よろず面倒を避けたいという動機で苦行に耐えてしまう力のことを
「面倒力」といいます。松尾スズキだったか宮沢章夫だったか忘れましたが、
エッセイの中で提唱してました。

トピ主さんの場合は
「矯正代稼ぐのも根気強く医者に通うのも面倒だから、
 手っ取り早く親を怨むことで歯に起因する不幸に耐え続ける力」
ということになるでしょうね。
それはそれで、なんというかとても人間らしくていいんじゃないでしょうか。
慣れない幸福よりも慣れてる不幸を選んでしまう人間の愚かしさ、複雑さというか。
中島みゆき的な世界観ですね。

まあ、自分に近しい人だったら「さっさと歯医者行けば」って言うでしょうけど。

ユーザーID:2444670552
 
現在位置は
です