教え子を贔屓したっていいよね

レス70
(トピ主0
お気に入り139

キャリア・職場

かんぱち先生

レス

レス数70

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを停止しました
  • だって人間だもの。

    って事ですよね。わかります。

    でも、まだ小学生の子どもを持つ身としては聞きたくなかったな〜。

    ユーザーID:8499354518

  • 混乱のもと

    みなさん

    えこひいき と ひいきを同列に使っているけど?

    ひいき=えこひいき ではないよ。

    辞書をひいてみたら?

    ユーザーID:6769796195

  • 分かります!

     手のかかる子に疲弊しているときに、天使の笑顔で接してくれたら癒されますよね。同じ気持ちで、なんて理想論だと思います。小学生の時、女の子ばかり贔屓して男の子が嫌いな先生が何人もいました。子供時代は憤慨していましたが、今では気持ちは分かります。

     でも手のかかる子って化けることありませんか?あんなに言うこと聞かなかったのに、もうバカにされてるとしか思えなかったのに、ある時から素直になったり。そういうことがあるので、絶対にあきらめない!好きでいることを辞めない!と決意してます。ああ今日も分かってくれなかった…と一人涙しても…次会うときは笑顔です!難しいけど、頑張りましょう!!

    ユーザーID:5535975627

  • 悩んでいるんでしょうね

    でも、自分の保育が「自分の思うように子どもをコントロールしている」ことに気づいていますか?
    子どもはあなたの気持ちに気づきますよ。
    表に出さないようにしている、と言っても、無意識のうちに表情や行動に出るものです。

    保育は、子どもの福祉です。一人ひとりの子どもの健やかな育ちを支えるものですよね。
    あなたの思うような理想の姿に当てはめていくものではないでしょう?

    もちろん、思うような保育ができなくて悩むことはたくさんあるでしょう。
    悩んでいるならば、こうした場で「肯定」を求めるのではなく、上司や同僚、研修で相談すべきです。
    保育士の悩みは、保育の専門職の中できちんと議論してください。

    多分、自分の考えは否定されると思うからこうしたところに書き込むのでしょうけど、それが専門職の行動として許されるとは思えません。

    ちなみに私は、福祉の専門職養成に関わっています。
    卒業生がこのような発言をしていたら、「保育」の基礎をもう一度学んでから出直してこい、と強く指導するところです。

    ユーザーID:0521485088

  • 贔屓はダメでしょ

    教師や保育士も人間だから、
    好きな生徒もいれば嫌いな生徒もいるでしょう。
    お気に入りの生徒が良いことをすれば嬉しいし、
    気に入らない生徒が良いことをしてもどうとも感じないかも。
    それは別にいいと思います。

    でも、態度に出してはダメでしょう。
    また態度に出ないよう、自分を律することは必要と思います。
    子供も結構敏感だったり聡い子もいますから、
    ちょっとした表情や言の葉で気づかれてしまうことはあるかも。

    その場合、客観的に見て明らかに扱いに不公平があれば、
    結構面倒なことになるんじゃないかなーと思います。

    ユーザーID:4869110706

  • 誰の為の保育をなさっていますか?

    保育士です。「子どもにこんな姿に育ってほしい」と思う気持ちは、一体誰の為ですか?

    あなたと同じような考え方をする同僚が私の職場にもいるのですが、ハッキリ言って「子どもの成長=自分の成果」としか捉えていないように思います。態度に出さずとも、子どもはちゃんと見抜きます。

    偉そうに書きましたが、かつて若い頃は私もそうでした。頭であれこれ理屈を並べ、勉強もし、努力もしました。もちろん子どもたちも可愛く、精一杯の愛情を注いだつもりです。でも「子どもの人生は子どものもの」「私たちは子育てのお手伝いをさせていただいているだけ」という当たり前のことが抜け落ちていた気がします。

    私の保育によって、この子は変われるはず!いや、変えなければならない。この子が変わったのは私の保育の成果。なんて…今思えば、恥ずかしい限りです。

    子どもにもちゃんと人格や考えがあります。大人にとって「問題行動」であっても、それは個性であったりSOSであったりします。それにひとつひとつ向き合っていく事こそが保育であると思います。保育園時代で結果を出そうとする保育士も多いですが、それこそが驕りではないかと思います。子どもにとって、保育園時代は人生における通過点です。後々花開く可能性摘まずに見守ることこそが私たちにできる事。

    保育士は(教師も)、お山の大将になりがちです。私がこのクラスのルール!とばかりに思っている人も少なくありません。「贔屓したっていいよね」という考え方がまさにそうでしょう。そんなクラス運営では、子どもたちが先生を信頼できるわけがないと思うのですが、どうですか?

    あと一見良い子に見える子も、心の中には悩みや問題を抱える子もいます。目立たぬ子ほどしっかり見ないといけないと思いますし、しっかり行動できる子はたくさん褒め認めるべきだと思いますよ。今まで手を掛けなくて良い子なんて、1人もいませんでした。

    ユーザーID:2297940517

  • だめです

    「子どもにこんな姿に育ってほしい」という願いを持って保育している
    という時点で、おこがましいことこの上ない、と思います。

    育てるのではなく、育つのを助けるのが保育だと思っています。
    一人一人違った人間が、それぞれの気持ちを持ち寄ってくる保育の現場で、できるだけ個人の育ちを阻まない形で集団をかたちづくる。

    一人一人の心の声に耳を傾けていますか。
    あなたにとって好ましい子ども
    あなたにとって疎ましい子ども
    あなたの視界からこぼれている子ども
    それぞれに正面から向き合っていますか。

    毎日、100%できるものではないと思います。
    贔屓がどうとか呑気なことを言っていられる余裕はどこからくるのでしょう。

    「子どもが好き」で保育士になりたい、という人に私は言います。
    「やめておけ。子どもを嫌いになりたくなければ。」
    対象が子どもなだけであって、人が協働して生活する場のコーディネーターである、という意識を強く持ってください。

    >私の願いどおりの言動をしてくれるお気に入りの子の存在が心の支えになるし、
    >お気に入りの子と関わっている時間はホッと一息つけて、心から楽しいと思えるんです。
    >心中で贔屓の教え子を作ることが、自分の精神の安定に繋がっているんです。

    恐ろしい。
    今の状況が続くようでしたら、一旦お休みになれれることをお勧めします。

    ユーザーID:3584227726

  • 私の同期は

    小学生の頃の私の同期の保育士はこう言いましたよ。
    「幼い子供たちが何でも私の言う通りにする、その信頼が怖い。すごく責任を感じる。」

    戦中に先生をしていた方々も、戦後同じことを言ってました。だから教育は責任重大な仕事だと。

    障がいで手のかかるお子さんも増え、自宅の躾もろくにしてないお子さんが多くなったのも分かりますが、あなたの仕事は何なのか、よく考えたらいいと思います。

    知らずに子供に刷り込んだことは、後年それなりに影響しています。
    私もそうです。大人なんて上辺だけ「子供らしく」していれば、騙される生き物で、贔屓した子のする事は「悪だろうが正義に変換させる生き物」と学びました。

    ま、そのうち我が子が「贔屓されない側」になれば、わかると思いますよ。

    ユーザーID:6349643053

  • 表に出さなければ

    人間誰しも相性の良し悪しはありますよね。
    私も学生の頃に、この先生には妙に気に入られてるなと思うこともあれば、どうも嫌われてるらしいと感じることもありました。
    これは致し方ないことだと思ってます。

    私の娘は、保育園の担任の先生と特に相性が良かったようで、この先生は本当に娘のことを特別気に入ってるなと感じる場面が多々ありました。
    娘もその先生が大好きで、相思相愛といった感じでした。
    でもその先生は娘を特別扱いすることなく、他の子を優先すべき時は優先し、皆に平等に接してくれていたのでむしろ信頼感が増しました。
    私も娘が先生からの好意に増長することがないように気をつけてました。

    心に思うことは仕方ないと思いますが、表には出さずに、平等に子供たちに接していただけると親としては安心して保育園に通わせられます。

    まあ実際、子供たちの方からも、自分はこの先生が一番好き!この先生じゃなければヤダ!っていうのもはっきりあるんですよね。
    それを含めて平等にお願いいたします。

    ユーザーID:7219135092

  • 個性

    一人ひとりの個性にどのくらい注目してますか?

    主さんが「私の言う事を聞いてくれる子が良い子、聞いてくれないのは悪い子」って、自分目線で子どもたちを見ていませんか?

    例えば、着替えしやすいと良い子とか。そんな事をしていたら、子供は贔屓されていると分かりますよ。それが分かると、心に一生治らない深い傷ができます。「私は嫌われているんだ」と、自己否定の始まりです。

    もし、自分の言う事を聞いてくれなくても他の子に優しいとか、多角的な目で見守る事が大切と思いますよ。子供はトピ主さんの操り人形じゃないんです。自分の価値観で測るのはやめましょう。

    ユーザーID:3454117954

レス求!トピ一覧