現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

PTAからの手紙が「やさしい日本語」で書かれていたら?

かけだし
2019年8月7日 0:35

こんにちは。今年から小学校PTAの役員になったかけだしです。突然ですが、みなさんは「やさしい日本語」という言葉を聞いたことはありますか? 「やさしい日本語」とは、日本語に不慣れな外国人にもわかりやすいように、簡単な表現を使ったり、漢字にふりがなをつけたりしたものです。もともとは、地震などの災害があったときに、被害にあった外国人に、避難や生活に関係する必要な情報を伝えるために考えられました。子供や、お年寄りにもわかりやすい日本語です。
いま、私の子供が通っている学校のPTAは、会員の約10%が外国人の保護者です。今年、私はあるPTA行事の責任者になりました。9月に、その行事についてのおしらせの手紙をPTA会員にだす予定です。そのときに、この「やさしい日本語」で、文章を作ろうと考えています。
これまでは、「保護者各位 残暑の候ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素よりPTA活動にご尽力、ご協力賜り誠にありがとうございます。云々」という丁寧な手紙でした。
今回は、「こんにちは。○月○日に△△があります。その日に、是非学校に手伝いにきてください。子供たちを応援して下さい。集まる時間は、○時○分、場所は体育館です。エプロンとスリッパを持ってきて下さい。」(漢字にはふりがなをつけます)というような文章にしようと考えています。
読者のなかで、日本人の方は、このような手紙を受け取ったら、どのような気持ちになりますか? 敬意が足りない、丁寧さがない、と不愉快になりますか?

ユーザーID:8116647374  


お気に入り登録数:142
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:186本

タイトル 投稿者 更新時間
文章よりレイアウト
通りすがり子
2019年8月7日 11:34

わかりやすい日本語、良いと思います。
必要な事が、きちんとわかりやすく書かれている事が大事だと思います。

ですので、堅苦しい文章ではないという事に関しては、良いと思います。
ただ、必要な事がだらだらと文章で書かれていたら、それはそれで読みにくい、わかりにくい、印象に残りにくいです。
------
こんにちは。●●の行事のお知らせです。
お手伝いの募集をして言いますので、ぜひ参加をお待ちしています。

・集合時間 ●日●時
・集合場所 ●●●
・持ち物  ●●●
------
こんな感じに必要な事は箇条書きにまとめてあるとイイですね。

あと、なんだか改行も少なく、良くわからない装飾がされていたりすると、「友達に渡す手紙じゃないんだから」とは思ってしまいます。

言葉づかいが優しくなるのは良いですが、外国人の方も含め、忙しい家庭の方でもパッと見てすぐわかるようなお手紙がいいですね。

ちなみに、子供会の役員をやっていた事がありますが、やはり外国人の方が多かったので、その時は裏目には英語で書かれた同じ内容を掲載しようかと思いましたが、英文を作成できる人がいなかったので断念しました。

ユーザーID:3752602651
大変結構なことと思いますが最初に一言欲しいかな
カイン
2019年8月7日 11:44

私は大変結構なことと思います。
ルビついてりゃ「あー外国人保護者向けざんすね」って思うし、ちょっと協力しようかなとか(そういう資料結構ウチあるし)。

ただまあ、いろんな保護者がいますから、
最初に一言あった方がいいかな。
トピ文にあるような「やさしい日本語」についての説明と、
「今年はやさしい日本語での書面作成を試験的に行ってみます」みたいな宣言とを。
PTAの最初の会合で話す…のはもう無理だろうから、
一枚そういう趣旨のプリントを配るなどして。

ユーザーID:8179966749
文書の最後に言い訳をつけておく
あらふぃふですの
2019年8月7日 11:53

外国籍の方には大変助かるご案内だと思いますが、純日本人の目からすると、敬意に欠けるというより、この人は案内文も書いたことがないの、ちょっと大丈夫なの、という感想になるかもしれません。トピ主さんが損です。

なぜ、このような表現にしたかが大切なので、文末に「外国籍の方にもお分かりいただけるよう、簡易な形式と表現にしております。皆様にはご無礼をお許しくだされば幸いです。」(これはルビなしでもいいかも)くらいつけておいてはどうでしょうか。

ユーザーID:5665776535
はじめに一言書いておけば
高校生の親
2019年8月7日 11:56

うちの子の幼稚園〜中学までの仲良しの子のママが外国出身の方で、やはり「プリント類だと理解しきれない」と時々内容について質問されました。会話はあまり不自由なくできる漢字文化圏内の方でもそうなので、他の地域の方だとなおさら困っておられると思います。うちの子の学校では両親のどちらかが日本人というケースがほとんどでしたけど、両親外国出身ということも今後は増えるのかもしれませんし。
なので、やさしい日本語を使うのはとても良いと思います。もし保護者の方が日本語の読み書きが難しくてもお子さんが理解できれば説明できるかもしれませんし。

ただ、突然だと日本人保護者はビックリするかもなので、初めに一言お断りを書いておくと良いんじゃないかなと思いました。

ユーザーID:9304379600
状況次第ですよね
みどふぁど
2019年8月7日 12:24

状況によります。
文章にあるような、外国人の父母にもおわかりいただく為という事情があるのなら敬意が足りないだの丁寧さがないだの全く思わないですよ。
それが必要でそうしているわけなんだから。
完全に日本人だけのPTAでそのような書かれ方ならば当然ギョッとしますけれどね。

日本人には別途「こういうわけで優しい日本語を使います」という但し書きを添えるか、あるいは二通り作ったら。私ならそうするかも。
外国人にはやさしい日本語で。
日本人には通常の日本語で。

当方海外なんですが、英語、スペイン語、日本語と3か国語で資料は作ってました。PTAに相当する団体では。

ユーザーID:4654410757
注釈を入れておけばいいです
キリンさん
2019年8月7日 12:41

敬意がなくて不快!というよりは、作った人はビジネス用語が使えないのかしら。と思われる可能性はあるかもしれませんね。
文末に、「※試験的に当案内は[やさしい日本語]で書かせて頂いております」とか注釈をつければ、波風立たないと思います。

ユーザーID:4604267238
事前に一枚配布
ABC
2019年8月7日 14:30

「やさしい日本語」の手紙、全然不快ではないです。
あれ、なんでこんなフランクな文章なのかなあとちょっと不思議に思うかもしれませんが。

私は不快ではないですが、いろいろな人がいるので、中には「なんだこれは!」などという人がいる可能性もあります。
なので、その「やさしい日本語」の手紙をいきなり渡すのではなく、事前に説明しておけばよいのでは?

これこれこういう事情なので、次回からは「やさしい日本語」で書いたものを配りますというように。
考えてみれば、そのような文章なら、低学年のお子さんでも内容が理解できていいかもしれませんね。

ユーザーID:1437462007
そのおたよりを受け取る保護者としての意見
たろすけ
2019年8月7日 15:33

としては、10%の会員が外国人であるなら、おたよりとしては親切だと受け止めます。

が、
トピさんがご担当の行事のおたより「だけ」であれば、1度きりのことです。

私なら「やさしい日本語」でおたよりを作成することを、運営委員会で話し合ってもらいます。本部発行、各行事発行のものはもちろん、今年だけでなく、来年も再来年も続けていくことが出来る方法を、みんなで話し合い、採用するのであればすべてのおたよりをそのように改訂し(おそらく前年度の引継ぎデータで作成される)引継ぎをする。

その際、学校が発行するおたよりについても状況を確認します。学校はおそらく「やさしい日本語」ではおたよりを作成していないでしょう。その時に、担任が都度フリガナを振る、電話で読み上げるなどの対応をしているか。
また、新1年生ならともかく、中学年以上であればおおよその文章は読めます。
子どもは学校で日本語を習いますからね。それでも情報が届かない現実があるかどうか、そういう時にどうしているか、も調べます。そのうえで、PTAとしての対応をどうするか話し合ってもらいます。
(以前、目に障害のある方がいらしたので、データでメール送信しました。その方は読み上げソフトがあるので紙媒体よりデータが助かったようです。)

トピさんの場合は10%という大勢が対象ですので個別対応は難しい。
けれど、とぴさんが独断で「やさしい日本語」で発行すると、ほかのおたより作成する人から反発を買うと思います。


もし、既に本部などに相談済みであれば失礼しました。

ユーザーID:1813566104
校正は?
のほほん
2019年8月7日 16:14

どなたがされるのでしょうか。
校長先生とPTA会長の名前が連名の公文書だと、必ず内容を教頭先生と会長さんにチェックされました。
トピ主さんの学校では、PTAから出される文書であっても、役員が好きに書いて出してもいい所なのでしょうか。

ユーザーID:5289094575
日本には日本の手紙の書き方がありますから
まい
2019年8月7日 16:21

仕事のできない人と思われるだけソンです。
別にやさしい日本語にしなくとも
タイトル 〇〇の行事お手伝い募集
季節の挨拶
記と以上を使えばいいだけです

行事の名前
日時場所
持参するもの
その他
以上

文章全部読まなくとも
記と以上の間の部分で理解できると思います。
理解できないのならやさしい日本語でも理解は出来ないと思います。

ユーザーID:3740254643
二種類用意できませんか?携帯からの書き込み
コールドブラッド
2019年8月7日 17:25

日本人家庭向けに従来型、外国人家庭向けに「やさしい文章」型。

事前の説明がなければ日本人保護者の中には違和感にとどまらず、クレームにまで発展するのでは?
児童の両親だけではなく、その祖父母世代の方が読むかもしれませんので。

ユーザーID:1885956463
正確さはほしくないですか。
ひろひろ
2019年8月7日 17:51

外国人の保護者さんたちは今後も日本で、日本語で暮らしていくのでしょう。
「正確な日本語」を使えるようになる必要があると思います。
「使えない人」扱いして子供相手のような不完全な文章で接するのではなく、
難易度は下げつつ「オフィシャルな文章」の定形は維持するべきだと思います。
彼らが正確な言い回しを覚えることが、お子さんたちの日本語習得に不可欠だとも思います。

「こんにちは。暑いですがみなさまお元気でお過ごしでしょうか。」
など、「文頭の定形」はあったほうがいいと思います。

「是非」はやめましょう。それこそ難解です。
あと、対象は「ご両親」ですか「ご家族」ですか。
小さいご兄弟なども含む「ご家族全員」が来ちゃっても大丈夫ですか。
というか「きてください」とだけお書きですが、
時間厳守ですか。というか参加必須ですか自由参加ですか。
そういう具体的な指示をすっとばしちゃって大丈夫ですか。
いくらなんでも情報が少なすぎではありませんか。

じつは細かいことはみんな口コミなどで知っていて今までの読みにくいプリントでも問題ないのだけど、形式だけ「やさしいニホンゴ」にしたいということなのでしょうか。

「△△というイベントについてのお知らせです。
○月○日のxx時からyy時まで、△△というイベントがあります。zzをするイベントです。
その日は生徒さんのお母さん、お父さんも学校にきてください。
イベントのてつだいや子供たちの応援をしてほしいのです。
来ていただく時間は○時○分、場所は体育館です。遅れても大丈夫です。
エプロンとスリッパを持ってきて下さい。
みなさんと一緒に楽しいイベントにしましょう。」

一般日本人の保護者は、「正確な日本語で」「必要な情報が出ていれば」文体は気にしないと思います。

ユーザーID:9677116447
その方達は易しい日本語にして欲しいと希望していますか?
元日本在住国際家族
2019年8月7日 18:02

私達家族は国際結婚で、日本、英語圏、非英語圏在住経験が有ります。

日本在住時、子供関係の書類は一般的な日本語で届き、私が読んでいましたが、日本人ではない夫宛の物は主様の仰る
>やさしい日本語
で届く事がありました。

>読者のなかで、日本人の方は、このような手紙を受け取ったら、どのような気持ちになりますか? 敬意が足りない、丁寧さがない、と不愉快になりますか?

敬意が足りない等とは思いません。
ただ私の経験上、そのお気持ち・配慮は有難いですが…
平仮名を多用されたり
>簡単な表現を使ったり
されると、案外、日本人の私がさっと読もうとした時に、逆に内容の分かり難さを感じたり、書類として読み難いと感じる物が多く、「私は」正直、良し悪しだと感じていました。

私達が住んだ経験のある日本以外の国では、現地語が分からないからと言って学校や病院などを含む公的な場で簡単な表現にする事は避け、通訳を入れたり、多言語併記にする事が多いと感じています。
その言語が出来ない事に対する配慮と
>子供や、お年寄りにもわかりやすい
表現にする事は微妙に異なりますから…。

>会員の約10%が外国人の保護者
達の日本語能力や家庭環境によっては、やさしい日本語である必要がない、やさしい日本語も読めない可能性はあると思います。

お手紙作成前に、やさしい日本語が有効か否か、その方達のニーズを事前調査する必要があると私は思います。

ユーザーID:0540966188
上段下段
どんちゃん
2019年8月7日 18:24

プリントの
上半分に難解な日本語お伝えコーナー。

下半分にやさしいコーナー。
あるいはおもて面が難解、裏がやさしい(下を切って提出するとき)。

それですべて解決すると思いますが。

うちの地域では外国籍の方も多く、そうしてます。

ユーザーID:6621726423
ついでに
どんちゃん
2019年8月7日 18:33

コールドブラックさんの意見の
「高齢者向けに大きな字で」というのは大賛成です。
うちは41歳の時の子でして、母の私は老眼…。現在50過ぎてます。

文字大きくしてもらえないかな、と思っていました。
(親が30代〜40代前半の方が多いので、なんかいうのが恥ずかしく…)。
この間も授業参観で親にも配られたプリント、「さぁみんな一緒に歌いましょー!」

先生!B6サイズのプリントにびっしり書かれた歌詞が読めません!
…口パクにしました。

ユーザーID:6621726423
最後に注釈をつける
ほうほう
2019年8月7日 18:36

 最後に注釈をつければいいと思います。

 うちの地域は外国人は少なめですが、全国で行われる学力試験でも平均以下の地域ですが…学習習慣がうまく確立していない家は、子どもだけでなく、その家の大人の読解力にも大いに問題があります。誰でもわかる文章でないと手紙どころか、スクールメールすら読んでくれません。題名だけ読んで内容を理解しようとする強者もいます。書いてあることの意味を曲解することすらもあります。

 そんなわけで、日本人でもやさしい日本語は需要があったりする現状が少なからず存在します。合理的に考えれば、本来ならこむずかしい定型文なんていらないんですよ。内容が正しく伝わればいいのです。

ユーザーID:2681190028
慣れの問題
暁空
2019年8月7日 18:58

やさしい日本語、賛成です。
もともと、仰々しい文章は、日本人のただの慣習でありこれで自尊心をくすぐられたり、敬意を感じ感動する人はいません。
殆どの人は、この2、3行を読み飛ばして内容に入ります。

また、敬語が書いてあるからと末永く保管する保護者もいないでしょう。
たいてい用が済んだら紙布ゴミ。
だから内容だけ簡素に書く。文明開化と思えばいい。
自分がそれに慣れればいいだけです。
文句を言う人はどんなものにでも文句を言います。

急に文体が平易になったのがおかしいというのなら、
同じくらいに、外国人が一割もいるからだとピンと来ないのもおかしいし、
平易になったことで仕事が出来ない人と勘違いするのも十分おかしな人です。
二枚も要りません。紙と時間のムダ。

ユーザーID:0447835778
ご意見ありがとうございます
かけだし(トピ主)
2019年8月7日 19:47

皆様、たくさんのご意見ありがとうございます。PTAのお知らせを「やさしい日本語」で書いたらどうだろうか?というアイデアは、夏休みに入ってから私が勝手に思いついたことですので、まだ役員会などには諮っていません。もちろん、実施の際には関係各位に了解をとるつもりです。トピを立てる際に、背景や情況をもう少し詳しく説明したかったのですが、「やさしい日本語」でトピの文章を作ることが意外に難しく、また、字数の制限もあるため、省いてしまいました。
さて、外国人の保護者と日本人の保護者に二種類用意してはどうかというご意見ですが、これについては配布や作成の手間を考えると、なるべく統一した方がいいかと思っています。多言語でという案も、保護者の国籍は多国籍ですし、正確に訳せる人材が常にPTAにいるとは限らないので、これも難しいですね。
より「ユニバーサルな手段」ということで、「やさしい日本語」がよいのではないかと思った次第です。小学校低学年が理解できるレベルの日本語で書かれたお知らせであれば、子どもが家で保護者に説明することもできるかもしれません。
「やさしい日本語」にすることで、冗長になったり、文意がとりにくくなっては本末転倒ですね。すでに、外国人居住者が多い自治体では、行政文書や地域のお知らせを「やさしい日本語」にする取り組みが行われているので、PTAで文書を作る場合は、そういったものを参考にしたいと思います。

ユーザーID:8116647374
ありがとうございます。
かけだし(トピ主)
2019年8月7日 20:22

私が気にかかる点としては、まず、PTAのお知らせの文体が変わること(情報の量と正確性は保証されるという前提で)で、日本人、外国人両方の保護者の方が気分を害されないかということです。

レスの中でも、『「使えない人」扱いして子供相手のような不完全な文章……』というご指摘がありましたが、まさに、その問題を懸念しています。(念のため、トピに挙げた私の例文は、まだ推敲が足りず不十分なものですが、本来「やさしい日本語」自体が不正確な日本語というわけではありません。)

しかしながら、今年度、はじめてPTAの役員になってみて、日本語を母語としない会員がこれだけ増えているなか、PTAの情報発信が従来のままでいいのだろうかと、疑問が沸きました。実際に、日頃のPTA活動も、そういった保護者の方の参加率がとても低い傾向があります。

もちろん、日本人同様に「参加したくない」という理由で参加しない方もいると思うので、それをもってPTAからの情報が理解できていないということにはなりませんが。

自治体の動静を見ると、この先も外国にルーツをもつ児童の数は増えていくと思われます。そもそもの児童の母数が小さいので、割合としてもどんどん高まっていきます。PTAでも、そのような保護者の方が全体の10%を超えると、「お客様」ではなく、活動の担い手としていっしょに歩んでいく必要があると思いました。

「やさしい日本語」でのお知らせが、まずその一助となればと考えています。

ユーザーID:8116647374
トピさんに提案です
たろすけ
2019年8月7日 21:52

レスも見ました。二度目です。

では、PTAの規約、入会届を、まずは「やさしい日本語」で配布するのがいいと思います。PTAの主旨や活動に関する役割分担、選考の方法などがわからずに、会費だけ払う、みたいな状態だと、親切なおたよりを作成しても、イベントの参加はおろか、活動への参加も見込めないと思います。

全文をやさしい日本語にしなくても、何について書かれているおたよりか、タイトルが子供が読めれば、その件についての連絡先を記載することでおおかたの問題はクリアできるように思います。

行政は、不特定多数が対象です。
でも、PTAは、その学校に通う子供がいる保護者が対象でしょ?
少なくとも子どもは日本語で教育を受けている。親がわからないからといって、子どもに関することに無関心でいるとは思えません。まずは、入会の意思の確認と、入会したらどういったことがあるのかの説明が先で、もしかしたら、非入会の選択があるのならそうするかもしれないのですよ。

トピさんのPTAが、PTAは任意だと説明していて、入会届があり、入会しないという選択もあるのであれば、その方たちが選択して入会であるなら、関心もあり、おのずから知ろうとすると思いますが、いかがですか?

ユーザーID:1813566104
 
現在位置は
です