料理ができないことに罪悪感を感じます。

レス61
お気に入り86

nao

学ぶ

結婚してもうすぐ半年。
毎日、夕方になってメニューを考えるのが本当に億劫です。
独身時代から一人だから何でもいいやと、あまり料理をすることもなく…
始めると無心になって楽しいかも?と感じることもありますが、毎日重い腰を上げてキッチンに立ちます。

冷蔵庫にある材料で何か作れるものはないかと、ネットを見たり本を見て作りますが、見て作って終わり、この連続で自分のものになっているのかな?と思ってしまいます。
曲がりなりにも、自分なりに頑張ってきたつもりですが、昨夜主人に「だいたい、料理が下手すぎるんだよ!フランス語ばかり勉強しないで料理教室にでも行けば?」と言われてしまいました。フランス語より料理が大事だろう、と言われました。

主人の母の手料理を頂いて、料理が好きな人なんだろうな…と感じました。
「焼いてAとBを入れるだけ、簡単よ〜」と言われますが、焼く工程や順番にもコツがいりますし、そういう細かいことを知らないので難しく感じます。

主人は男性にしては料理が好きな方で、調理器具やスパイスに目がありません。
また、ポン酢やお酢が好きな人なので、私もなるべく使うようにしています。

作っても食べないことはありませんでしたが、無理して食べてる?と思うこともありました。
しかし、昨夜の一言に心が折れました。
もう料理を作る気になれず、出すのが怖くなりました。

料理以外の掃除・洗濯は好きなんですが…
料理教室で学びたい!とも思えず、ある程度できる人でないと楽しくないかなと思います。
ペーパードライバーで料理苦手な専業主婦、何の役にも立ってなく、日々罪悪感を感じます。
料理が上達する方法はありますか?

ユーザーID:2052725416

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数61

レスする
  • 必要にせまられること

    人間、どんなことでも必要にせまられることが大事じゃないかと思う。
    それがないと苦手意識のあることってなかなか上達しませんよ。

    料理もそうだし例えば英会話などもそう。生きていくために必要なんだとなったらやらざるを得ない、重い腰がどうのと言ってられない。
    そんなもんです。

    まずご主人への愛情はちゃんとありますか。専業主婦なら愛するご主人が喜ぶ家を作る、喜ぶご飯を作る、それって大事ですよね。
    そこに回帰してみたら?

    しかしご主人の言いようはちょっと酷いね。
    でもさ、それを見返してやる!って気持ちになればいいんじゃない。
    「胃袋を掴む」っていう言葉があります。旦那さんに美味しいものを食べさせている妻はずっと大事にされる。

    彼は何が好き? どんな献立だと喜ぶ? それ考えて作ってますかね。
    聞いてもいいんですよ。どんなものが食べたい?頑張って作ろうと思うのって。
    結婚して半年なんてそれを原動力にキッチンにたつものじゃないんですか。

    罪悪感を感じるのはね、できない事そのものより自分の怠惰に対してだと思う。
    毎日時間を決めて「さーそろそろ夕食の準備しよう♪」みたく自分を盛り立てて、買い物なりお料理なり努力しなきゃ。

    ただ「だって苦手だし」みたいなのでイヤイヤやってたらどんどん億劫になっていくだけだと思いますよ。
    掃除洗濯が好きなら料理だってきっとできます。継続は力なり。
    これはご主人に知って欲しいんですけど、最初から料理上手の女性って意外とあまりいません。
    自分が少し得意だからって同じことを求めず、少し長い目で見て下さい、って。

    あなたもね、旦那さんの好物を作るぞっていうのを習慣にしちゃえばいつか年季の入った料理上手になれるんじゃないかなあ。

    ユーザーID:4286658508

  • なんとでもなります。

    nao様、こんにちは。

    お料理が得意でなく好きでもなく、それについて指摘をされてどんどん沼に嵌っていくような。
    そんな心境かと推察いたします。

    さて、思うにご主人
    料理が“好き”かもしれませんがさほど“上手”ではないのではないでしょうか。
    大変ものぐさな性格だったとしても、毎日味わって身体を作る大切な食事です。
    本当に料理が好きで出来る方であれば美味しくないの一言で片付けられる問題ではございません。

    スパイスや調味料はコレクションの対象なのでしょう。
    男性にはそういった方多いです。

    味覚も10人10色。
    仮に料理教室に行ったところでその味がご主人にハマるとは限りません。

    さて、手っ取り早く無難に料理が出来るようになる方法として
    私がお勧めするのはやはりレシピの本です。

    なぜか。

    ネットでは理屈が分かる人が時短や簡単と言った言葉を使って
    手順を省略したり似たものと置き換えたレシピを公開しているので、逆に難しいことがある。
    好き嫌いで選べるので結局出来るものしかしない。

    この2点です。

    その点本にはある程度丁寧に工程が記載されていて
    中にはそのレシピの由来や材料の特徴まで書いてあります。
    なにより、毎日1ページずつ作っていけば選ぶ必要なく様々な調理法を経験することになるからです。

    どうしても選択できる権利があればあれやこれや理由をつけて逃げます。

    退路を絶ってページを開き
    あ、今日は蒸し料理だ…となった時
    順番に乗り越えるしかないんです。

    幸い様々な調味料が揃っているようなので、なんでもチャレンジ

    そして、ご主人にどうしたらいいのか
    教室の人が美味しいと思う料理がしたいわけじゃあない。
    貴方が美味しいと思う味を教えて欲しいと、毎日聞いてみましょう。

    具体的に手直ししてもらってもいいです。
    共にキッチンに立つ事はコミュニケーションにもつながります。

    ユーザーID:0273471713

  • フランス語を学んでおられるのなら。

    トルコ料理、中華料理、フランス料理は、世界三大料理と呼ばれるそうです。

    せっかくフランス語を学ばれていらっしゃるのなら、例えばフランス語で書かれたフランス料理のレシピ本を購入して、翻訳しながらその中で簡単な料理を実践するのはいかがですか?

    ブイヤベースは魚介の煮込み料理ですから比較的簡単にできそうですし、いきなり料理にチャレンジするよりも、クッキーやチョコレート菓子のようなデザート作りから始めるのも一案です。

    ユーザーID:2884428931

  • 酷なことを言うようですが

    料理の苦手な人が、冷蔵庫を見て、何を作ろうかと考えても、ろくなものしか作れないでしょう。
    あるもので、何か作れるのは、応用が利くレベルの人です。
    初心者では無理。

    まずは料理本を見て、その通りに材料を買うところから始めなければ。
    応用が出来る人なら、この食材はないけど、あれで代用ができる・・とか、臨機応変に考えられるけれど、初心者では無理でしょうから。

    そのためには、高級な料理本でなく、家庭料理の本を選んでくださいね。

    ご主人の夕飯の時間が何時なのか判らないけれど、夕方から腰を上げるのでは、初心者は遅いですよ。
    午前中からメニューを選んで、昼には買い物に出かけて下準備しなければだめよ。
    そのくらい、余裕をもって取り組まないと。

    料理教室に行くのもいいけれど、大抵5人くらいのグループで作るので、要領が悪い人は皿洗いばかりやる羽目になる。
    積極的な人が、さっさとメインの食材を取って調理し始めてしまうので、初心者はオロオロ。
    料理教室に沢山関わってきたので、そうした光景はよく見かけましたよ。
    だから、よく考えてね。

    主さんが外で仕事をしている主婦なら、ご主人も文句言わないで料理をすべき・・・とも思うけれど、もし専業主婦なら(あるいはそれに近ければ)、料理が下手でマズイというのは、ご主人に対して失礼だし申し訳ないですよ。

    主さんの合うやり方で、頑張って上手になりましょう。
    努力あるのみよ。
    一日では上手くならないけど、諦めないでね。

    ユーザーID:3744947320

  • フランス語より料理が大事

    子供ができたら、色々な食材を使って、好き嫌いなく育てたいと思いませんか?
    ご主人に美味しい料理を作ってあげたいと思いませんか?

    まずは自分が食べることを好きになる事です

    ユーザーID:7438401029

  • 仕事と思えば?

    夫婦の役割分担で貴女が料理担当と決めたのなら、まずは「仕事」のつもりで頑張ってみればと思う。

    会社での仕事なら、やりたくなくても向かないと思ってもとにかく何とか努力するのでは?
    やらないといけない仕事なのに「重い腰を上げて嫌々」という態度で臨み、「これで自分のものになっているのかな?と思ってしまう」なんてあり得ない、「自分のものにする」努力をまずするのでは?

    「やるべき仕事をする気になれず怖くなった」ってそんなことで通用する?

    仕事から帰って来て夫は食事が楽しみなのだと思う。夫においしいもの、喜ぶものを食べさせてあげたいとは思わない?
    貴女の今の料理の上手下手より、貴女に努力する気があるように見えないことが、夫は嫌なのだと思う。

    フランス語は趣味でしょう?趣味より「仕事」が先決では。きちんと仕事をした上での趣味なら夫はそんなこと言わないと思う。

    「冷蔵庫の残り物で」などはある程度料理に慣れた人がすること。「行程や順番にもコツが要る、そういうことを知らない」のなら、本でも教室でもいいからなぜきちんと勉強しようとしないの?「知らない」から「できないもん」でおしまい?

    本当に罪悪感感じてるの?「教室行けば」と夫も言ってくれてるならそうするとか、本読むとか、やることはいくらでもあるのに被害者ぶってるだけ。ここで聞く前に自分で考えて出来ることがまだあるのではと疑問に感じる。

    まだ半年でしょう?自分でやる気を出して努力すればまだまだ上達の余地はある。後、2、3年もすればすいすい料理出来るようになってる可能性も大だよ。

    夫をここまで絶望的な気持ちにさせておきながら、自分が被害者?夫の方がよほど心折れてると思うよ。

    貴女が努力していると感じられたら夫はそれだけでうれしいし、不味くても努力を喜んでくれるのでは?

    被害者ぶらずにもう一度自分を見つめ直せばと思います。

    ユーザーID:4190362403

  • 食事は家庭の中で最も大事だと思う。

    トピ主さんは、これから子作りされますか?
    子供からみても食事ってほんとうに大事で、場合によっては
    子供からもダメの烙印を押されかねないことなんです。

    といのも、私がそうでした。

    私の母の料理は上手ではありませんでした。
    小さい頃は疑問に思わないのですが、私が小学生のころ、友人宅での
    食事をするとあまりに美味しくて、自分の母が下手なのだと気が付きます。
    そのうち母の存在が恥ずかしくなります。
    恥ずかしくて友人を招けなくなります。

    それは大人になっても認識は変わらず、私にとっては母恥ずかしい母でした。
    母もそれを感じますので辛い人生だったと思います。

    いつか自分の子供たちから呆れ顔されないように、今から努力したほうが
    いいと思います。

    ユーザーID:7927857806

  • そりゃあフランス語より料理が先でしょうね

    専業主婦なんですから、ソコちゃんとしないと。

    ネットだと出来そうとか好みとかで偏ってしまいそうなので
    例えば栗原はるみさんの本を買って片っ端から作ってみてはどうでしょうか。

    もし本当に無理と言うのなら、食材の宅配サービスを頼んでみるのも手です。
    献立考えなくていいしね。

    でも専業主婦ならちょっと手抜き過ぎかなぁ。

    ユーザーID:7925097968

  • 勉強好きなの?

    料理の本(基本的なものがおすすめ。端折った時短料理は駄目です)を読み込む。
    料理って、基礎の部分はその国の料理内で共通点があるので、何冊か(だいたい国別で数冊ずつ)読み込んでゆくとその共通点と他の国との差異が見えてきます。
    出し(スープ)の基礎、材料の下拵えと入れる順番等を知れば、そこそこ応用も利くようになると思うんですが。
    あと、食べるの好きですか?
    美味しいものを食べないと美味しいもの(少なくとも自分が食べて美味しいもの)は作れませんよ。
    私は料理は「自分が食べたい味を想像してそこに近づけていく作業」だと思っていますので。
    やはり実際にプロの手元、手順を見ると勉強になりますから、一度は料理教室に行ってみるのもいいかも知れません。
    「自分達では作らずに見るだけ、後で試食」という教室もありますので探してみたらどうでしょうか。

    ユーザーID:1898535870

  • 私も料理本をおすすめ

    私も料理本をすすめます。

    やはり素人の方が考えるのとは違いますよ。
    料理本を出すまでに、たとえば砂糖の量だって「小さじ1、1.5、2、どれが一番おいしいか」を全て試しているんだそうですよ。素人じゃできない仕事だと思います。

    あと、献立の立て方が案外難しいと思うので、今はいろんなところで「調理すれば食べられるようになっている食材を毎日宅配してくれるサービス」がありますよね。これを頼むか、頼まなくてもそれの献立を見てまねるかですね。

    私が一番悩むのは献立の立て方ですから、主さんもそこが大変かなと思いました。
    献立も一度決まってしまえば「鯖のみそ煮の日は茶わん蒸しとおひたしをプラスするのがいつものお決まり」みたいにローテーションできるようになりますよ。

    調理に慣れてくれば「レシピには小松菜って書いてあるけどホウレンソウしかないわ、いいや入れよう」とかってできるようになります。いわば「冷蔵庫の中身を見て決める」ってことですね。

    ユーザーID:6907456924

  • フランス料理の料理学校に行ったらどうだろう

    まあ御主人は「お惣菜」みたいなのを習ってくるのを期待してると思うし、
    トピ主さんも「冷蔵庫の残り物でパパッと」っていうようなのを志向してるというのは分かるんですがね、
    そういう料理学校に行くのはゲンナリなんでしょ?

    トピ主さん、なんかしらんフランス語がそんなに好きなんならフランスが好きなんでしょ。
    ならフランス料理習いに行けばいいじゃん。
    別にコルドン・ブルー東京校や神戸校に行けっつうんじゃなくてさ(…いや、ちょっとだけ「寧ろコルドンブルーに突っ込んでって本格さにテンション上がり狂ってウワーッて全てをほっぽらかしてそれだけに集中して大化けして旦那ほっぽってフランスに修行に行っちまうってのが幸せなんじゃないかこの人」…と思ったりもするんだがな)、
    なんかマッダームが集うようなとこあるじゃん、そゆとことか。

    フランス語を何の見返りもなく夫が怒るほどやり続けてるところを見ても、モチベーション上がればすっげぇ努力するタイプなんでしょ?
    最初はダメダメのゼロからスタートの方が寧ろ良いかもしれないし、そゆとこ行ってみれば?
    せっかく「料理学校行け」って行ってくれてんだしさー御主人。

    ユーザーID:2254781905

  • しょうらい

    子供生まれた時も考えましょう。

    ジャンクフードじゃ持たないでしょう。

    料理なんて
    焼く
    煮る
    炒める
    でしょう。

    今は電子レンジ優秀だから、下ごしらえ出来れば問題ないよ。

    ユーザーID:4610836366

  • 王道料理を覚える

    肉じゃが、豚汁、すき焼き、オムライス、ハンバーグ・・・
    何でもいいですが、定番の夕食メニューをマスターするといいのではないでしょうか。
    レシピはネットでも料理本でもどこでもありますし。

    副菜は、味噌汁や冷ややっこ、きゅうりのたたき、冷やしトマトなど簡単なものを2つほど用意すれば、ちゃんとした夕食メニューになると思いますよ。

    ユーザーID:4934579810

  • 頑張れ

    まずはやる気の問題かな。
    イヤイヤ台所に立つのでは、料理はたぶん不味い。
    美味しいものを作ろうという気持ちから、入りましょ。
    努力してる事が解ると、ご質問の言動も変わるかも。
    頑張ってね。

    ユーザーID:2474525143

  • 慣れ

    料理上手なお義母さんだって、最初から上手だった訳じゃないですよ。
    毎日毎日苦手ながらでも続けていってれば、少しずつコツも掴めて
    要領もわかってくるし、テキパキ出来るようになります。

    自分は料理が出来ない!と自分で決め付けるより、少しずつでも
    ランクアップすればいいんですよ。
    先週よりは今週のほうがほんの少しだけ腕が上がれば上出来。

    ご主人さんには頑張るから長い目で見てねって言えばいいんです。
    家事の中で食事の準備が一番大切で大変です。
    掃除や洗濯は一日くらい休んでもなんとかなるけど、料理は休めない。

    みんな最初は不安ですよ。
    慣れるしかないです。こればっかりは。
    頑張ってください。
    そして手抜きできる時はコッソリしましょう。

    ユーザーID:5977635372

  • 大事なことは

    料理が上達する上で大切なこと
    1.愛情、思い遣り
    食べる人に美味しいと思ってもらうこと、喜んでもらうことを考えて料理しましょう。
    料理に取り組む姿勢が一番大事です。
    2.知識、経験
    美味しい料理には、美味しい理由が、不味い料理には不味い理由があります。
    正しい知識に基づいて、味の組み立てを理解しましょう。
    究極的には、味は、塩加減で火加減で決まります。
    手際が悪いと火加減はコントロールできませんので、経験あるのみです。
    3.創意工夫と好奇心
    レシピ本通りの食材や調味料が無いこともあります。
    味の組み立てが分かれば、工夫次第で違うもので代用することもできます。
    1つのレシピから色々なバリエーションに派生させることもできます。
    そうやって、色々な変化を楽しむことも大切です。
    好奇心を持たないと、創意工夫も出来ないと思います。

    ユーザーID:5507924622

  • 昔も今も

    掃除と片付けは得意です。

    料理学校にも行き、家庭料理習いましたが、グループで実習となると、自然、得意な人がメインを作り、下手は食器並べや備え付け野菜盛り付け と別れます。
    下手がメインを作ろうものなら、得意な人からさっと退けられます。流儀です。


    料理は、ほぼ苦痛しかありません。
    料理の本どおり作っても、私風の仕上がり。本だけは、いっぱい持っています。

    でも作らなければならない。

    ごはん・味噌汁(夜)・もう1品は、野菜等のみ買い、フライパンで調味材混ぜる品。麻婆豆腐や麻婆なす。

    カレーは、大丈夫でした。カレー(箱)を2種使うとおいしい。上乗せのトンカツは買う。

    それと基本、素材がいいものは、おいしいです。お米でも野菜でもお肉でも。
    調理器具もちょっといいものでそろえる。食器も凝る。

    スーパーでも、野菜やお肉にA級とB級品があるそうで、それは見たらわかるので
    スーパーも決めて、高くても、品質がいいお店、店員さん教育されているお店。

    しいては、店長がしっかりしているお店です。

    結婚前、職場の一人者のおじさんが『お嫁に行っても困らない家庭料理』の、本を見ていて、即買い。出来そうが、実行はなし。見るだけで楽しい。

    ついに、見かねた夫が休日、作ってみようか と。

    炒めご飯・お好み焼き・カレー・親子どんぶり・ハンバーグ。
    初めて作ったのに、とってもおいしい!

    うんと褒めて、得意顔。私の方が歴史は長いのに、カルチャーショック。

    この手を使わない方法はないので、休日は、夫当番。
    横でさっさと、洗い物済ませる。

    料理番組だと、手際の良さでも刺激になる。

    やる気になる、きっかけと、憂鬱時間に、音楽かけるとか、夕方番組だと
    旬の素材の料理、紹介していませんか。

    絶対、出来ます。

    ユーザーID:1685703024

  • テレビ放映の有名料理番組の月刊テキストを買う

    テレビで放映されている料理番組。
    毎月、スーパーや書店でその月のテキストを売っています。
    買いましょう。

    長寿番組の王道は、「キュー○ー3分クッキング」と「きょ○の料理」です。前者は民放、後者は公共放送です。

    どちらもホームページもありますが、初心者は、書店やスーパーで売っているテキストを買ったほうがいいですよ。雑誌として見ていて楽しいし、すごくわかりやすく工夫されてつくられています。部数が多いせいか、割と安いです。テレビにはない情報も載っていますよ。

    トピ主さんには「キュー○ー」のほうがお勧めかな。こっちのほうが簡単で、洋風が多い。「きょうの料理」は、簡単なものや洋風もありますが、和風や伝統の料理、挑戦してみたいような料理も載っています。まずは「キュー○ー」、次に「きょ○の料理」がいいんじゃないかしら。

    1年買って続けることをお勧めします。

    ユーザーID:7241496091

  • 応援してます

    私は料理好きな母に子供の頃から仕込まれて、好き嫌い以前に気づいた時には料理ができるようになってました。
    その点は感謝してますが、母はトピ主さんと違って掃除洗濯、整理整頓が無頓着。
    料理下手の母親が恥ずかしかったというご意見ありましたが
    私は掃除の行き届いていない家が恥ずかしかったです。
    トピ主さんは出来ないことばかりを気にしていますが総合的にはきちんとした人なんじゃないですかね。

    料理教室も色々ありますから、初心者向けの料理教室に行かれてはどうですか。
    基本のキから教えてくれる教室は生徒全員同レベルです。
    仲間がいれば心強いでしょう。

    料理本はベターホーム協会のものがオススメです。
    「お料理一年生」もいいですが「料理のことば」という料理用語解説の本は勉強になりますよ。
    ベターホーム協会の料理教室で、「ここで落しぶたをしてください」と言ったら鍋のふたを本当に床に落とした生徒さんがいたとか。
    この本を作るきっかけになったエピソードです。

    それとペーパードライバー教習に行く気はないですか?
    私も20年以上ペーパドライバーでしたが、諸事情により40代後半で運転再開しました。
    ペーパドライバー教習必死に通いました。
    「今日が人生で最も若い日」と自分に言い聞かせて。

    夫に文句を言われて自信喪失したのが一番の問題です。
    何でもいいからできることを増やせば、そこを突破口に料理を学ぶ前向きな気持ちになれるかもしれない。

    どんな分野でも自分の先を行く人はとても立派に見えるものです。
    ところが成長して肩を並べてみると「なんだ、自分と大して変わらない」となる。

    騙されたと思って料理の基本を丁寧に学んでみてください。
    夫の料理の腕前がどのレベルかわかるようになります。
    夫を打ち負かせということじゃなく、夫の言動にいちいち傷付かないですむ落ち着きが生まれます。

    応援してます。

    ユーザーID:4427928622

  • 大丈夫!!

    私も実家では料理を全くやらず、母が買ってくれた料理の本一冊を持って独り暮らし始めました。

    その料理の本が万能で、レシピが半分、食材の下ごしらえと切り方が半分載っている物でした。(今でもそのような本が書店で売っていると思います。)

    最初は、その調味料がどんな役割で使っているのか、野菜はどんな切り方が向いているのか、その本に従い作ることで覚えていきました。

    レパートリーは、母のあの料理美味しかったなぁと、その料理にしたり、旬の食材を使うのが新鮮、安いので、その食材を使ったメニューにしています。

    最初は時間がかかると思うので、メインは本とにらめっこしながら、忠実に作り、副菜はおひたしや味噌汁で品数を増やし、時短します。笑

    そうこうしているうちに一年もたてば、徐々に料理の腕があがると思いますよ。

    私はそのようなスタートから、今では料理上手と夫や友人から言われます。

    ユーザーID:4598880270

  • 私は料理が嫌い

    結婚して25年。ずっと料理を作り続けてきましたがいまだに面倒です。
    最初は苦労しましたが今はそれなりにやっています。

    結婚当初、私が利用したのは食材宅配サービス。
    レシピもあるので献立を考えなくてすみます。
    あとはクックドゥなどの市販の合わせ調味料を使うと間違いないです。

    料理はもともとのセンスによるところが大きいと思います。
    料理の得意な友人は、これとこれを合わせるとどういう味になるか想像がつくと言いますが、私は全然ダメです。
    でも慣れればどうにかなるので、罪悪感なんか持つ必要ないですよ。

    ユーザーID:1999955479

  • 初心者用の料理番組もある

    テレビの料理番組を勧めるレスがあるが、私も賛成。

    どういう手順で料理するのか、またちょっとしたコツも言ってくれるので、時間のある時に眺めているだけでも次第に基本的なことが自然に身に付いて来て、貴女の「焼く工程や順番にもコツがいりますし、そういう細かいことを知らない」という悩みが解消されようになると思う。

    また、「きょうの料理」から派生した「きょうの料理ビギナーズ」という、あまり料理に慣れない人を対象にした番組もあり、これならごく基本的なことも言ってくれるし初心者でも手軽に作れる料理を紹介してくれていいのでは。

    そういうのを眺めるうちに自然にいろいろなことが身に付くと思う。

    料理がまだ苦手なら、まずは面倒でも「材料を揃えてレシピ通り作る」ことから始めたら?
    「冷蔵庫にあるものを工夫してチャチャッと作る」にはまだ実力が不十分なのではと思います。
    めんどくさくても最初はまず基礎から取り組んだ方がいい。

    ベターホーム協会の、基礎から家庭料理を教えてくれる教室に通うのももちろんいいし。

    とにかく「料理は妻の分担」と決めたのなら、面倒でも手間が掛かっても「仕事」と思って取り組めば?

    「お金が掛かるからもったいない、料理教室など行くな」という夫もいるだろうに、「行っても上達してもらいたい」と夫も行くことを嫌がっていないなら、行く努力をすればと思う。

    「ある程度できないと楽しくないのでは」と思うなら、「ある程度出来るようになる努力」をすればいいのに、「教室で学びたいとも思えない」、でも「料理が上達する方法はありますか」って、努力する気があるのかと思う。

    スポーツでも勉強でも、努力するのは面倒だが結果だけあげたいとぐちぐち言っている子どもみたいだと自分でも思わない?

    結局、本気で上達したいのではなく、「料理なんかどうでもいい」「夫が横暴」と言って欲しいだけなのかな。

    ユーザーID:4190362403

  • 大丈夫

    料理って毎日のことだから疲れますよね。
    私も40年近く作っているのでわよくわかります。

    私のおすすめは、他の方もおっしゃっていますが、テレビの「3分間クッキング」
    3〜4人の先生が日替わりで、丁寧に説明してくださいます。
    テキストもあり、読み物としても面白いです。

    私の夫の同級生が、退職後1年間、この番組を利用し料理がそこそこできるようになったって言ってました。

    あと、とにかく定番料理を覚えること。肉じゃが、麻婆豆腐(茄子)、豚カツ、唐揚げ、生姜焼き、どんぶりもの等々。これをだんだん増やしていくと、メインのおかずは1ヶ月や2ケ月ぐらいなら、毎日違うものが出せます。

    焦らないで、地道に取り組むことをおすすめします。
    フランス語も頑張ってね。

    ユーザーID:4210110024

  • 自動調理器使ってます

    私は自動調理器(焼く用、煮る用2種類)使っています。
    うちの旦那も子供も大喜びです。「おいしい、おいしい、これまた作って」と言われたこともないほめ言葉をたくさんもらえるようになりました。

    私の自力だと、料理本通りに作っても、全然だめです。自動調理器を買う前は、私は味付けが下手なんだと思っていました。でも、自動調理器を使って、私の味付け自体はそんなに問題はなく、火加減とか、焼き加減とか、そういうのがダメなんだと分かりました。
    「強火でサッと炒める」とか「弱火でじっくり煮る」とか、そういうのが理解できないんだと思います。ただ、もう自動調理器があるので、それについて悩むのは、やめました。
    自動調理器2つをセットしながら、自分でもできる料理を作ります。これで食卓もいっぱいになるし、家族も喜んでいるしこれで十分です。

    料理以外の、私が得意な分野で「教えて」と頼まれることもありますが「この人はこれ以上教えても、消化しきれないみたいだな、ここまでで十分かな」というのがありますので、人にはそれぞれ得意不得意があって当たり前だし、それでいいと思っています。

    ただ何となく、トピ主夫さんの場合は、自動調理器にはいい印象を持たないかもしれませんけど。

    ちょっと旦那さんも、料理に不満があるだけで、そこまでの言いようもひどいと思います。まあ、トピ主さんがどういうレベルなのかもわからないので何とも言えませんが。

    でも「だいたい」という言葉は会話の最初にいきなり言わないと思うので、何か、その前にいろいろ会話があったんですよね。

    何か話をしているうちにだんだん険悪な雰囲気になって、日ごろちょっとずつ溜まっていた不満がドカーンと爆発して、料理の話に飛び火した感じだったのでしょうか?

    料理以外にも、ちょっと夫婦として話し合う必要があるのかもしれないですね。

    ユーザーID:0335441162

  • ホントにまずそう

    読んでてホントにまずそうだなと思いました。

    何とかの素を使ったり、だし入り調味料を流用したりでも、そこそこおいしくできるはずなんですがね。
    料理が嫌で、おいしくなさそうって気持ちで作ってたら、そりゃおいしくないですよ。

    >冷蔵庫にある材料で何か作れるもの
    これが大きな要因かなと思います。なんでそんな上級コースに行くんですか。

    習うのも嫌、学ぶのも嫌、毎日あまりもんで作ったの、みたいな料理、そりゃあ食べる方も嫌になりますよ。
    ゴールを決めて買い物に行けばいいのに・・・

    ユーザーID:9808927593

  • 基礎ができてないからじゃない?

    >冷蔵庫にある材料で何か作れるものはないかと、

    これ 結構上級者よ?


    まずは基礎。
    私がやった方法は 和食の基本料理みたいな感じの本を買う。

    1ページずつこなしていきました。
    一冊すべて作るのに 厚手の本だったから半年くらいかかったかな。

    食べたいものを作るんじゃなくて もうそのページのものをその通りに作ることから
    スタートしましたよ。
    1年も経てば たいていの料理は適当に作っても(調味料計らなくても)
    上手に出来るようになりました。

    簡単なページだと 嬉しくて、凝った料理のページだと凹みましたが、
    今となっては良い経験でした。

    ユーザーID:4733461743

  • どちらが大事

    食事は毎日のことです。フランスに永住するつもりですか? 物には優先事項があります。ご主人は仕事でも優先事項を付け業務をしていると考慮します。まず料理学校へ行くこと。ある程度マスターしたら調理師学校へ行きましょう。仲間が増えると貴重な情報が得られます。小生はシステムエンジニアですが、週一回は英語塾に行っています。自分を磨くためです。英語圏に移住するつもりはありません。

    ユーザーID:9230301682

  • 上手な人がしてもいいのでは。

    私は、小学生の頃から料理をしていました。
    しかし、独身の頃はあんまり自分の為に料理はしませんでした。
    結婚してから、仕方なくしていました。

    しかし、最近、子供が自立して夫婦ふたりで暮らすようになって
    はじめて料理を楽しく作れるようになりました。

    naoさんも今は料理上手な夫に作ってもらってもいいのではないですか?
    女性が料理を作らなければならないというものではないと思います。
    上手なひとが作ればいいと思います。

    ちなみにうちで私が作っているのは夫より私の方が料理上手だからです。
    私は下手な料理を食べるのは苦痛なので。

    naoさんが軽い気持ちで料理を作ってもいいなと思えるようになった時に作ればいいと思います。

    ユーザーID:3094851363

  • 上手な人が?

    稼ぐのが苦手だから夫の稼ぎで生活して、
    料理が苦手だから夫の料理を食べて、
    掃除が苦手だから、洗濯が苦手だから
    相手より劣っていることがやらない理由になると?

    それは一般的な理由にはならないでしょう。
    そんな無責任なアドバイスは不幸な結果を招くだけでは。

    ユーザーID:3779164018

  • 専業主婦で料理下手って・・・

    奥さんが専業主婦なのに、働いて帰ってきて、まずい料理を食べさせられるって・・地獄です。
    ご主人の言いようもひどいですが、半年間ガマンにガマンを重ねた上で
    たまりかねての発言だったのでしょう。

    料理教室って結構お値段高いです。
    行っていいって言ってくれているのだから、行けばいいのに。
    専業主婦だから、平日午前中のクラスなら昼食代浮きますし。
    初心者向けの教室なら、包丁も持ち方から丁寧に教えてくれますよ。
    初心者ばかりだから恥ずかしいこともなく、先生に何でも聞けます。

    今は調理機器も進化しているし、
    食材宅配サービス、献立考えなくて済む調理セットを配達してくれるところもいくつもあります。

    毎日家で食べるごはんがおいしいって、本当に幸せなことです。

    ユーザーID:7047724261

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧