何の犬種(大型犬)だと推測しますか?

レス38
(トピ主2
お気に入り46

生活・身近な話題

わんわんこ

レス

レス数38

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ロットワイラーに一票

    勿論現物がいないので正解も無い、ということではありますが、私もロットワイラーだと思うな。
    しかし、仮にロットワイラーの次にボクサーを飼っていたなら、その飼い主さん、なかなか強面好きで一貫してますね。
    短毛、黒か茶の模様無し、耳タレ、

    ユーザーID:6697440386

  • 黒い秋田犬では?

    秋田の耳は立っていますが
    尖ったシルエットではないので
    ピンと立っているイメージが残らなくても不思議はないと思います

    チャウチャウかなとも思いましたが
    50年前でチャウチャウ買っている家はかなり稀だったのでは?
    私の従弟の家は40数年前にチャウチャウを飼っていましたが
    その同時でも日本にまだ何匹という状況だったと思います

    ユーザーID:3653849792

  • ドーベルマン?

    断耳していないドーベルマンはたれ耳でやややさしい印象になります。
    通常は断耳、断尾しています。

    ユーザーID:9668893400

  • 時代が鍵かも

    50年前、日本で飼育されていた大型犬。
    やっぱりかなり限られてくると思います。

    当時私は5歳くらいで、
    よく知られている大型犬といえば、
    ジャーマン・シェパード、コリー、そして秋田犬だったでしょう。
    実際、この3犬種は近所で飼っている家がありました。

    犬好きの子供だったので、
    チャウチャウも知識としては知っていましたが、
    飼っている人は見たことがない。
    お隣の中国原産だから日本でも古くから入っていた気もします。

    うちの近所はドイツ系の方が多かったせいか、
    ドーベルマンやグレートデンもいました。
    が、当時は断耳・断尾をさせないという選択はなかったと思います。
    それが彼らのあるべき姿でしたから。
    (今は動物愛護という考えから切らない飼い主も多いようですね)

    ロットワイラーは当時の日本にいたのかなぁ。
    割と最近(といっても、ここ20〜30年?)のような気もします。

    「短い毛」という印象が気になりますが、
    一番しっくりくるのがチャウチャウ。次点で秋田犬かな。

    ・・・・あぁ、気になる!(笑)

    ユーザーID:1846576944

  • トピ主です。

    たくさんのレスありがとうございました。皆さんに教えていただいたわんこの写真を見まくりました。眼福でございました。レオンベルガーは全く知らない犬種でした。写真を見た途端「かわいい!欲しい!」と叫んでしまいました。チベタンマスティフ、アイリッシュウルフハウンドも初めて見ました。あんなに大きなわんこ達がいるんですね。

    肝心のクマに似た犬ですが、写真を見ても個体差があったり私の記憶が曖昧なので特定はできませんが、ある樺太犬の写真を見た時似てるかもと思いました。と同時に、クマの足が太かったことを思い出しました。もしかしたら毛は長かったのかもしれません。年を取っていた、もしくはあまり手入れされてなかったなどの理由からあまりモフモフ感が無かったのかも・・・。わかりませんが。

    クマは高い石塀に囲まれたお家で放し飼いされていました。私はクマの飼い主の女の子が大好きで、石塀の外から「〇〇えちゃーん!あーそーびーまーしょーーっ」と大声で叫んでいたのですが、大きな木の門扉の隙間からクマが歩いているのが見えると「うわっ!クマだ!」と言って逃げ帰ったのを思い出します。でも、クマに吠えられたことは一度もありませんでした。賢いワンちゃんだったのでしょうね。

    皆さんのレス楽しく拝読しました。「世界の犬種図鑑」面白そうですね。中古で安く購入できそうなので読んでみようと思います。チャウチャウはちゃうんじゃないかと思いました。昔初めてチャウチャウを見た時クマを思い出さなかったので。ロトワイラーは大人になってから触れ合う機会がありましたが、多分クマとは違うかなと思います。

    最近札幌で出没している熊の画像が何度もニュースなどで流されるのですが、見るたびに、「やっぱりクマに似てる」と思う私なのでした。

    もわっとしたトピにお付き合いいただきありがとうございました。

    ユーザーID:0027974415

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 消去法でいくと

    私の中でですが、チャウチャウは一番に外れました。
    ボクサーを知ってる主さんが短い毛だと言ってるのです。

    >クマと比べるとボクサーは毛がない、スッキリしている、

    とまで言ってるのですから、チャウチャウなどは「長毛」で思い浮かべる犬です。
    ボクサーと比べるまでもなく長毛です。

    柴犬を飼われていたという点から秋田犬も外れるかなと思います。
    しかも尻尾が特徴的で印象に残るはず・・・。
    他の日本犬も体高や尻尾の形で外れるかと。

    グレート・デンは尻尾が長いのが特徴的・・・。
    記憶がない=断尾されていると考えたらロットワイラーかドーベルマン。

    当時の認知度、人気で考えると、垂れ耳のままのドーベルマン、若しくは、
    断耳して垂れている(立ち上がらなかった)ドーベルマン。←これが一番耳の印象がなくなるかなとも思います。

    と私の予測でした。

    飼い主がマニアで外国から取り寄せたかもしれないし、そうなるとわからないですね。

    ユーザーID:4004762230

  • 素敵な思い出

    素敵な思い出ですね。主さんのお友達の家へ行った時の様子が目に浮かびます。
    わたしも小学生の頃出会った犬はどの犬も印象に残っています。

    樺太犬っぽいですね。短毛の条件で引っかかったのですが、短毛種もいるようです。
    その女の子に会う機会はないのでしょうか?会うことがあれば是非正解を聞いてくださいね。

    ユーザーID:9423516257

  • トピ主です。(2)

    皆さんからのレスを見ながらクマのようなわんこをまだ考えています。

    「世界の犬種図鑑」手に入れました。多分ずっと前からこんな本が欲しかったのかもしれないです。写真もよいし、確かに解説が面白いです。また、愛読書のヘリオット著のドッグストーリーズの中に出てくる様々な犬種が気になっていたので、この図鑑が役に立ちそうです。

    図鑑の中で気になったわんこがいます。皆さんからのレスにもあったニューファドランドです。足が毛に覆われて太く、尾が下に下がっているとお尻の毛と一緒になって尾が見えなくなりそうです。気になったのがその解説で、「気立てのいい熊のようなこの犬」「ほとんど吠えない」「動き回るのに十分な広さの庭があれば長い散歩に連れ出す必要もない」これを読んで、これこそクマなのではないか?と思いました。

    ただニューファンドランドは日本では今でも珍しいといるレスがあったのでそこら辺も考えてみました。その私の友人のお父様の職業はお医者様でした。なので、もしかしたら私と友人が知り合う以前にお父様は海外にいた経験があったかもしれない。それなら、海外でクマに出会い、日本に連れてきた可能性はなくはないかなと思いました。

    ボクサーを飼い始めてまもなくその友人は何百キロも離れた県へ引っ越して行き、私も今では当時住んでいた家からは遠く離れた県に住んでいます。このトピを彼女が見たら自分の事と思うかな?などと思いながらトピを立てました。このトピを立ててから、彼女との思い出が蘇ってきてとても懐かしい時間を過ごせました。

    今私は小型の雑種のおじいちゃんわんこと暮らしています。私の人生最後のわんこです。「元気で長生きだよ!」「逝くときはポックリ逝くんだよ!」と時々彼を説得しています。

    レスありがとうございました。

    ユーザーID:0027974415

  • トピ主のコメント(2件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧