現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

2年生からミニバス。試合に出れない。 携帯からの書き込み

デニーロ
2019年8月12日 0:12

いつも楽しく拝見しています。6年生の娘で2年生からミニバスをしています。
辛いのは唯一6年生の中では試合にも出してもらってません。競争心が少ない子で上手でないので仕方ないとは思ってます。
それでも下の学年の子や後から入った6年生とそんなに変わらないだろうと親の欲目で思いますが、背が低い事もあり戦力に欠けるのか出してもらえない日々がずーっとです。今までの卒団して見送った6年生も皆出してもらってたのに、、。

うちのチームは保護者さんもバスケ経験者が多く卒団生もよく練習に来られる熱いチーム。
監督も熱心で保護者のお父さん連中も熱く時々指導に来ていますが、レギュラーの子達や目立つ子達だけに親しみをこめて指導。監督もです。
娘は相手にされておらず。「試合にでない子はあっち行って。」と言われた事もあり腹立たしい思いを今までたくさんしました。
確かに娘は上手くない。のんびり屋で教えがいがないのかもしれない。
だけど毎回欠かさず休まず頑張る娘。
娘はバスケが好きと言ってます。親バカですが本当に尊敬しています。親が腐っちゃいけないと言い聞かせ日々試合も車出しなどサポート頑張ってるつもりです。

6年生の中では娘が一番先に入団しました。当然キャプテンではありません。親の立場としては長くいても居心地は良いものではないなというのが実感です。試合に出れない事を言ってもひがみになるし言えません。我の強い押しの強い親子さんほど上手く渡っているようです。

あと半年で卒団。試合に出れないのに頑張ってる娘は淡々と「なんでもいいよ。最後まで続ける。」と言ってます。
娘が続ける以上は試合に出れないままでもサポートしようとは思うのですが。
補欠のままで卒団された方でこんな事で役に立ったよ、とか力になった経験談などお聞かせいただきたいです。よろしくお願いします。

ユーザーID:3373385178  


お気に入り登録数:21
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:28本

タイトル 投稿者 更新時間
小学生とか特にそうかも
ぎんじ
2019年8月12日 15:59

小学校時代までは、学校内でも外でも親の力とか、子供の持って生まれた能力とか、そういうのが大きいと思います。

うちの子も体も小さく目立たず、親の私もあまり人付き合いが活発でないことから、子どもはあまり楽しくない小学生時代を過ごしてきたと思います。

トピ主さんも娘さんも、つらい思いをなさっているのでしょう…。
でも、とても真面目でがんばりやさんなお嬢さん。

今後、中学高校と成長するにつれ、そういうお子さんはメキメキと実力をつけて、小学校時代に大した苦労もなく目立ってきていた子を抜きますよ。
その未来を目指して、今は耐えるときかもしれません。

小学校を卒業してから、 …いえ、もっと成長してから檜舞台に立てるように、今はとにかく努力をして力を付けましょう。

がんばり屋さんには、いずれ必ず花咲くときが来ます。

うちの子は中学に入ってから、ある分野で花が開き始め、今メキメキと差を広げつつあります。頑張ってコツコツやっていれば、必ずそういうときがきますので、今は耐えて頑張ってください。

後で必ず、笑顔になれるときがやってきますよ。

ユーザーID:3936731043
本人が良いのなら
romihi
2019年8月13日 8:34

仕方ないです。

能力の差って、どんなに努力しても縮まらないし。
今まさに、高校野球の真っ最中だけど、ベンチにも入れず、スタンドで大声を出して応援している子たちを見るにつけ、「この子の親御さんはどんな思いなんだろう」と考えてしまうときがあります。
たとえレギュラーになれなくても、ともに戦ってきた息子を誇りに思います!!と言う言葉に嘘は無いのでしょう。
でも、やっぱり・・・と言う気持ちはわずかでも有るのではないかな。
本人ならなおさらかも知れない。
でもそう言うものを全部ひっくるめてスポーツだと思うのです。

受験だって、誰かが落ちるから誰かが受かる。
就職だって同じ事。
ただ、あなたのモヤモヤとした気持ちは本当にわかります。
我が子の努力が報われない、親としたら悲しいですよね!!

私なら「こんなに頑張っているんだから試合でたいよね!!」って言ってしまうかも。
少しぐらい報われても良いじゃ無い?って思うの当たり前です。

そんな思いの親御さんがどれほど居るのかな、って今日も高校野球を見ながらぼんやり思っています。

ユーザーID:7584201842
レスします
匿名
2019年8月13日 9:45

実力がある者だけが試合に出られる。
これは、わかっているよね?
同情であなたの子を試合に出させて、かわりに実力のある子が出られない。
これはどう思うの?
かわりに外されたのが自分の子だったら、納得いかないんじゃないの?

のんびり屋だけど頑張っているって、他の子は必死で頑張っているんだよ。
頑張りが足りないのか、努力しても実力がつかないのか。
どちらにせよ、あなたの子は試合に出られる実力はない。
先生の態度は冷たいし酷いと思う。
でも、それとこれとは別だよ。

試合に出られない子の親ってよくこういうこと言うけど、試合に出ている子達はメンバーから外されないように必死でやってる。
同情なんかでスポーツは成り立たないんだよ(スポーツじゃなくてもね)。
叶わない夢もあるって、ちゃんと子に教えなきゃ。

ユーザーID:3378876036
レスします。
匿名
2019年8月13日 11:01

私も小学校2年生からバスケをしていました。
6年生の頃はキャプテンもしていたので違うところもあると思いますが…。
私はその当時ただただバスケが好きで上手くなりたいというよりバスケがしたい!それだけでした。
走り続けるのは体力がないのので得意じゃなかったしドリブルだってそこまででした。
でもシュートの練習だけは何故かひたすらやってましたね。暇があればずーっといろんな場所からシュートの練習をしてました。
後にいろんな場所からの距離感をつかみどこからでも入るようになっていつしか監督からみんなへの指示さえも「とりあえずゴール前にきたらあいつにボールを渡せ」でした。
中学でも1年生から先輩を抜いてのスタメン入りになりました。

どこで開花するかわかりません。
娘さんはきっと試合に出れなくてもバスケは好きだからやっていたいって思ってるのかもしれませんよ。
私は消極的で和を乱したくない性格だったので一人黙々とシュートだけ練習してました。でもそれが試合に活かされると自信に繋がり、いつしか闘争心も芽生えました。

娘さんの気持ち次第だと思います。試合に出てみたいなーって思うのなら自然と何か努力を始めると思います。
別に試合に出れなくてもいいやーって思ってるのならそれまでです。
誰がどこで見てるかわからないですからね、ただ与えられたものだけやってればいいというのはダメです。試合に出る人は才能もありますが影の努力もありますので。
娘さんの頑張り次第ですよ。
応援してます!

ユーザーID:8819753841
性格の問題ではないかも知れませんよ?
半分の努力
2019年8月13日 11:23

バスケは強靭な持久力、瞬発力、腕力、ジャンプ力、俊敏性がバランスよく、人よりも抜きん出ない限り、
試合に出られる事は有り得ません(強豪チームの話です)
私はまず毎日10キロ走り基礎体力を上げました。ゆっくり走るなんて話じゃないですよ?短距離走並みの速さで走れるまで毎日取り組むのです。
腹筋や背筋、縄跳びを500回(前、後、あや飛び、二重飛び)ペットボトル二リットルに紐をつけ、棒にまいて
真っ直ぐ伸ばした腕で何回も巻き上げて握力強化。
左右、前後、上下の動きを早くするトレーニング、これらを
自宅でも当たり前のようにしていた私はずっと試合に出れました。血豆を潰して試合に出た事も沢山あります。
地獄絵みたいな青春期でした。
少し練習した程度で、私は下手だし、は違うかな?と思います。みんな陰で必死にトレーニングしているから
魅了するように、まるで空中で止まった?と思うようなプレーが出来るのです。
死ぬ位毎日努力した時、人よりも頭二つ分飛び出た
実力を身につけています。
まずは地獄のトレーニングを頑張りましょうか。

ユーザーID:5822890752
勝ち負けがあるなら仕方がない
匿名
2019年8月13日 11:50

小学生のチームでも、試合があって、勝敗を決めるのなら、上手い子が出て、そうでない子は常に補欠であっても、仕方ないでしょう。
同好会ならみんなが平等に試合に出るのが良いけれど、スポーツなら、小学生でも高校野球でも同じ。
3年生なのに、たったひとりだけベンチに入れず、スタンドから応援・・という高校もありますよね。
1年生や2年生がベンチ入りしているのにね。

私は中学生のチームに少しだけ関わったことがありますが、試合後の反省会の時、
「試合に出られなくて、面白くなかった」
「みんなが同じように試合に出るべきだ」と言う子がいて、驚いたものです。
たぶん、小学校の時は同好会みたいな部活しか経験がなかったために、上手い子だけが試合に出るというのが納得できなかったのでしょうね。

我が子が頑張っているのに報われないと、
親はどうしても不憫になってしまいます。
一番古くからやっていても、実力がなければ仕方がない。
スポーツは実力次第。
それをしっかり教えてあげて下さい。

もっとも、今回の場合は、お子さんではなく親の方がモヤモヤしているのですね。
それもちょっと困りますね。
最近、多いのですけど・・

もちろん、どんなにうまくてもチームワークを乱したり、仲間に信頼されない子は、試合には出しませんけどね。

ユーザーID:4755111843
人生これから・・
マッチ
2019年8月13日 11:57

仕方ないと思います。

もし試合に出ても負けていいと思うのは娘さんの性格であって、
他のメンバーや親御さんはそんなこと微塵にも思わないし、
それは団体スポーツをやっている以上、許される問題じゃないです。

やるからには勝つ。勝つつもりでやるわけで、
そこがノンビリした娘さんとトピ主さんとは違うんですね。

子供は子供ながらに必死でやろうとします。
その必死さが監督や他の親御さんに伝わるから
下の学年の子でも試合に出してあげようってなります。

まあ娘さん自身もこの状態でも「最後まで続ける」って
言っているんですからいいんじゃないですかね?
根気のある、我慢強い、そしてネガティブに考えない娘さんだと思います。

ただ競争心というか、ここ一番の自分の見せどころとか
そういう勝負事には弱い性格(気が弱い、わけではない)なんだろうと
思いますから、これからそういうのを教えてあげれば
いいんじゃないでしょうか。

逆を言えば、試合に出られるメンバーだって本人の力もあるでしょうけど、
親御さんの力(押しの力?)もあるわけで決して本人だけの実力では
ないってことです。そういう子が今後挫折するような時が来て、
自分で立ち上がれるかどうか?もあると思いますよ。

ユーザーID:4753040789
ありがとうございます。携帯からの書き込み
デニーロ(トピ主)
2019年8月13日 12:29

ぎんじさん、romihiさん、心温まるメッセージありがとうございます。
共感していただき、報われる思いです。
本当に嬉しいです、、。

確かに実力差って努力したところで埋まらない事ありますよね。それに私はバスケ未経験者。同じミニバス仲間の親御さん達に教わって自主練習などしたり、バスケットゴールがある公園などを探してドリブルの練習など付き合ったりしますが、それだけでは追いつかない事も思い知らされます。

いつかはこの頑張りが花咲かせる時がくるかもしれませんね。親は長い目で(なかなか難しいですが)サポートしていこうと思います。ありがとうございました!

ユーザーID:3373385178
レス
すずめ
2019年8月13日 13:55

いいな。
お母さんが協力してくれて。
だから、かもしれないけど、本人に強い意思ややる気が出ないのかも。
恵まれてるから。

私は独りで頑張ったよ。
ボールだけは買ってもらったけど、それでいつもドリブルしたり、塀にぶつけてリバウンドの練習したり(うるさくしてごめんなさい)、ゴールはないからシュートは出来ないけど、形を確認したり。色々。
だって、巧い人はもっと練習してるはずだから、巧くない自分はもっともっともっと頑張らなくてはと思ってたから。
でも、楽しかったよ。
試合に出られることは少なかったけど、出てる人は私より巧いし、それは努力の結果と分かるからね。
スポーツは努力しただけではだめ。
結果がでなければ。

ユーザーID:4227303623
お子さんの意思を大切に!
たいよう
2019年8月13日 15:00

高校生になる子どもはミニバス経験者です。私はバスケ未経験者。
息子も上手な方ではなく、試合は4ピリオドのうち1ピリオドだけ出るという感じでした。そして、試合に出れば出たでミスをし、コーチから罵声を浴びせられるという状態でした。
子ども本人は「バスケが好き!」と言ってましたが…親としては、何が楽しくて続けているのか?よく理解できませんでした。だから、私は何回も「辞めかったら、辞めていいよ。辞めた方がいいんじゃないの?」と子ども本人にも伝えていました。でも、辞めずに卒団まで続けました。

お子さんが「バスケが好き。最後まで続けたい。」というのなら、最後まで見守ってあげて欲しいです。見てる親としては、本当に辛いと思いますが…。
あと、親として出来ることはただ黙々と活動のお手伝いをすることだけだと思います。2年生から参加していると「以前はこうだった」とついつい意見したくなるかもしれませんが、じっと我慢!ましてや監督に物申しても、お子さんの立場が余計に悪くなる可能性もあるかもしれません。

現状だけをみると辛い状況ですが、ずっと続くわけでないです。通過点にすぎません。

ユーザーID:5277417349
的外れかもしれませんが
たこ兄弟の母
2019年8月13日 15:32

私自身も、我が子たちも個人競技なので、的外れな意見かもしれませんが。

バスケは5人で戦う団体スポーツです。
チームワークが大切で、ボールの取り合いなど
激しくぶつかり合うこともあると聞いたことがあります。

でも、5人の中の一人が消極的な場合、そのフォローを4人がすることになるのでは?

5人vs4人になったら、試合は圧倒的に不利になります。

技術的にはそこそこできていても、ボールをとれない
ぶつかりあうシーンでは腰が引けてしまうとなれば
試合に出るのは無理ではないでしょうか。

頑張っている自分に満足しているなら、今のままでいいと思いますが
チームの勝利に貢献する、仲間の足を引っ張ってはいけない、
そう発想を転換すれば、もっとバスケを上手になりたいと思えるはずです。

ユーザーID:9158976827
うーん
みな
2019年8月13日 18:46

バスケは中高と六年間やっていました。

>我の強い押しの強い親子さんほど上手く渡っているようです

これは違うと思います。
本人が上手ければ、親は関係なく試合には出されるでしょうし、試合に出てもボール取られてばかりなら、親がいくらプッシュしても、試合には出せません。
一つ言えるのは、親が見て…と言っても、トピ主さんはバスケやったことのない素人ですし、他の親御さんは経験者。
例えば、軸足が動いてしまっているとか、3歩目でボールを放せていないとか、感覚的なものが違うのかも。
小学生は、違反のトラベリングが非常に多いですよ。
それで違反取られてばかりだと、試合には出せませんよね。
そのあたりどうですか?

ユーザーID:8300841594
自分の気持ちと混同してはいけない
まき
2019年8月13日 18:58

お気持ちは痛いほどわかります。

でも、バスケをやっているのはお子さんで、本人は
「どっちでもいい。最後まで続ける」と言っているのですよね。

だったら、ただ、笑顔で応援してあげることしかできません。
本心がどうかは、もちろん本人にしかわかりません。
でも、自分の気持ちに折り合いをつけて前を向いているんです。
お子さんの足を引っ張るようなことはしないであげてください。

トピ主さんの、モヤモヤする気持ちは自分でなんとかしましょう。

私もバスケやってました。
運動神経もよくないし、性格的にむいてなくて、弱小チームの万年補欠でした。
でもかっこいいチームメートが好きだったし、練習に行くのも楽しかったですよ。
バスケのユニフォームとか、シューズとか、すごく可愛いし
ほかの人に怒られそうですが、「バスケ部にいる自分」が大好きでした。
スポーツの目的って色々です。

ユーザーID:2184758446
追加です。
printomama
2019年8月13日 20:48

お勧めのトレーニング方法。

練習を動画を採って見せてあげる。

この時の注意点として、
 アドバイスはしない。
 個人的な感想も一切言わない。
 駄目だしなんてもってのほか。

自分を客観視できないだけで、子供は賢いから自分に足りないものに自分で気付けます。

それと、親が思っているより子供は親の感情に敏感です。
あまりマイナスの感情は持たないようにしましょうね。

「試合でれなかったね。」「●●が出来なかったね。」なんて、自分でわかっています。
ドリブルをしてシュートを失敗しても、「今日はドリブルがうまくできたね。シューと決めれたら完璧だった。次は入るよ」
ボールを取りにいって取れなくても「積極的に取りにいっていたね。」と声を掛けてあげてください。

お子さんは「そんな事ないよ。点を取れないと意味がない。」「お母さんは何もわかってない」って否定しても、周りはポジティブな事を言ってあげるだけでいい。
欠点は、自分でみて自分で気付いてなおすのが一番です。

環境を用意して、自分を振返る機会をあげて、相談されたら相談にのってあげる。
それ以外は、ただひたすらポジティブに応援する。


今の経験が活きるかを気にされていますが、そんな事を気にしなくても、
娘さんは人の痛みが分かって、努力できる素敵な女性に成長しますよ。
そんな事よりも、子供と一緒に楽しく応援しましょう。

ユーザーID:4692400232
ミニバスでそれはおかしい
kuroko
2019年8月14日 0:25

昨年まで息子がミニバスチームに所属していました。地域では強豪チームで、息子は6年時キャプテンでした。

他の方のレスにある通り、バスケは体格とともに高い身体能力も必要とされ、それに長けた選手が起用されるのは他のスポーツと同じです。しかし、このトピ主さんのお嬢さんがプレーしているのはミニバスです。競技の理念が根本的に違うのです。たくさんの子どもたちにバスケットボールというスポーツに親しみ楽しくプレーをしてもらう、バスケットボールを通して「友情・ほほえみ・フェアプレー」を学ぶ。だからこそミニバスは10人出場させなければいけないし、本試合に出られない子に出場機会を与えるためにフレッシュ(サテライト)・プチなどのカテゴリーもあるのです。

上手くないから?他の子の足を引っ張るから?だからってトピ主さんのお嬢さんが「あっちに行って」なんて言われる必要はないのです。優勝をかけた試合でベストメンバーに入れないことはあっても、練習試合や交流戦などお嬢さんが出場できる試合はいくらでもあるはず。点差がついて勝っていたら交代でベンチの6年生を優先的に出場させる。そういった配慮もせず、練習を休まずに頑張っている子どもの心を傷付ける監督・コーチは指導者失格です。

お嬢さんとトピ主さんの気持ちを思うと、これを書きながら泣けてきました。お嬢さん、我が子がいたチームに来ればいいのに!どんな子でも大切な仲間、試合に勝てたのは一緒に練習をしてくれたチームメイト全員のおかげ、そういうチームだったからこそ強かったのです。卒業までの約半年、トピ主さんがたくさんお嬢さんを誉めてあげて下さい。ベンチでの動きが良かった、とか低学年の面倒をよく見ていたね、などでも良いのです。そういったこともミニバスです。そして半年後にお嬢さんがバスケットボールをやっていて良かった!と笑顔で卒団できますように、祈っております。

ユーザーID:4146573891
えらいなぁ携帯からの書き込み
うみホタル
2019年8月14日 6:00

娘さん、素晴らしいと思います!
我が子はスポーツ大嫌い、超インドア、根性無しのグータラ小学生です(涙)。
スポーツやってるだけで尊敬です。そして試合に一人だけ出れなくてもひたむきに続けてる娘さん、もっと尊敬です!我が子みたいな子を持つ親からしたら夢のようですよ、ホントに。
これからも娘さんを応援してあげてください。
スポーツ関連ド素人からのコメントでスミマセン。

ユーザーID:5432284393
わかります。携帯からの書き込み
まるこ
2019年8月14日 6:42

我が家の成人した娘は、小学生5年生から中学生3年生までしてましたが、補欠でした。

背が低いので、ディフェンス専門でした。

こういうのは、続けることが大事だし、レギュラーだけなら、練習もできませんよね。

親としては色々大変だし、試合に行くたびにちょっと寂しいけど、私はミニバスやって娘には自信もついてとても良かったと思います。

親御さんは明るく全力応援。

帰ってきたら美味しいものをたくさん食べさせてあげてください。

きっと将来のよい糧になります。

ユーザーID:0579155883
ものすごく的外れかもしれませんが
バスケ素人
2019年8月14日 6:53

体育の授業以外にバスケをしたことのない素人なので、聞き流してくださって結構ですが、何かヒントになれば・・・とでてきました。

他の方が仰っているように、ボールをとるときにぶつかり合ったりするときに腰が引けていると、指導者の見る目もちがうと思います。

お子さん、日常生活でも我が強いほうではないんですよね。

それが、ゲーム内でも出ていませんか。
それなら、ゲーム内で「我を押し通せる」練習が必要です。

うちののんびりしている既に成人した息子は、小学生の頃から高校生の頃までサッカーをしていました。
そののんびり屋の息子が、ゲーム内で我を押し通せるわけもなく、「対人間」の場面でいつも負けていました。

上手な子は、そこで負けないし、ゲームで目立つ子は、そういう場面で強いんですよね。

そこで、私が息子に付き合った自主練に取り入れたのは、ボールを持たないぶつかり稽古でした。お相撲さんがするような・・・。

徐々にゲーム内で発揮されていきましたよ。

サッカー未経験の私が、息子が小学生のころに特に気を付けて、自主練習に取り組んだことは、「自分の目を養うこと」

下手は下手なりの理由があります。サッカーだって、ただドリブルができればいいというものではありません。

それは、ゲーム内で目立って上手な子と比べると、自分の子が何が足りないか分かりました。
それを克服するには、普段チーム内の練習メニューから単純に取り入れるだけでは足りないので、弱点を克服するのに直結するメニューを考え取り入れました。

長いこと自主練習に付き合い、かなり上手になりました。
いろんな考えがあると思いますが、それが自信につながり、性格も変わりましたし、何より小学生の間という短い時間に、共に同じ目的に向かって時間を過ごしたのは、今では良い思い出です。

始める前に、息子に意向を確認しましたし後で感謝してくれました。

ユーザーID:2808926414
指導者によりますね
スリー
2019年8月14日 7:44

子供がミニバスの頃の指導者もそのタイプでした。
試合に出る子はさらに成長し、出してもらえない子との差は開くばかり。
その頃は下手だから仕方ないと親の私も諦めていたし、無理に出してもらっても周りの熱心な保護者が文句を言い出すのがわかってたので練習だけでも体力作りになるしいいか程度に思ってました。

中学になって指導者が変わり指導方法も変わりました。公式戦では点差が開いた時に控え選手をどんどん出して試合に慣れさせるし、敗者同士の試合には控えのメンバーでやらせたり。接戦が続くと公式戦では出番がなくても練習試合では出してもらえるし、複数チームが集まってやる交流戦なども全員出してもらえました。

そうすることで層が一層厚くなり一部の選手だけでやってた頃は主力選手が怪我したらもう終わりって感じになってたのがカバーできるようになり格段に強くなりました。我が子は相変わらず補欠でしたけど、最後の年はレギュラーとして試合にでるほど成長しました。前の監督だったら最後まで出してもらえず下手なまま終わったと思います。

決してみんな同じように試合に出させるべきってことではありませんが、バスケは短時間で交代させられるので主力選手を少し休憩させるためや伝えたいことがある時に少しだけ入れるとかそんなちょっとしたことでも全く試合に出たことがない子にとってはすごい経験になるんですよね。チーム全体の成長を見てそういう機会を作ることの大切さを痛感しました。

ユーザーID:7205781524
続ける意味
若気の至り
2019年8月14日 7:51

私自身、中学の運動部の話です。

元々運動神経が良いわけでは無いのに、何故か運動部に入り
猛練習の日々でした。
ランニングとなれば後方、全てにおいてその様な感じで
試合ももちろん出られません。

でもいつか試合に出られる日を夢見て、家でも地道に練習を重ねていきました。

劣等感を感じながらも何故やめなかったのか?
ん〜、途中で辞める事が嫌だった、放り出す事が出来なかった。
そんな理由だったと思います。

あれから、30年程経ちますが
あの頃の私に「さっさと辞めなさい」と言いに行きたいです。

劣等感を感じながら続ける理由ってあったのかな?

根性がついたとか?役にたったとか?
特に無いですよ。

得意な分野で、夢中になれる事を続けた方が
自身の為になる。

が、3年間の部活で学んだ事かしら。

ユーザーID:4675077759
 
現在位置は
です