温暖化の現代日本で、6月・9月の浴衣や夏着物はアリ?

レス5
お気に入り8
トピ主のみ1

なんちゃって着物好き

東京都に在住の(もう中年の)女性です。
十数年前のアンティーク着物ブームをきっかけに着物にハマりました。
当時は染め、今は織りの着物が好き。
手頃な価格のユーズド着物をカジュアルに着るのが中心で、普段も時々着ていきます。
デザイナーの横森美奈子さんの着物スタイルが好きで、着物でもミックスコーデ派です。

さて、着物についての自分の立ち位置をご紹介したところで、
皆さんのご意見をうかがいたいのは、表題の件です。

最近の日本は酷暑すぎ、暑がりの自分には、7〜8月に着物(浴衣も薄物も)を着るのは、もはや苦行で無理。
先日も夜からの外出だから大丈夫かと浴衣を着たところ、ぐったり消耗してしまいました。
でも、浴衣も薄物も軽やかで美しく、着物として好きなのです。

6月下旬や9月中旬頃なら、浴衣や夏着物(薄物)でも、少しは着やすそうなんだけどな。
地色が淡い色ではなく濃い色なら、季節外れ感も少なめかも?

こんな風に思っていますが、皆さんはどう思われますか?
「シチュエーション限定でOK(秋祭りなら浴衣OKとか)「やっぱり季節外れ。無し」
「一見しても違いは分からないから別にいいんじゃない?」など、
着物に詳しい方、着物に興味がない方など、色々な方の率直なご意見をお聞きできれば幸いです。

ユーザーID:5347134196

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数5

レスする
  • 天候に合わせるのが良いと思います

    90才の母や亡き祖母が自分で着物を縫って、普段着から晴れ着までいろいろ持ち、よく着ていました。

    とはいえ、当時だって夏は暑いから、たいてい洋服(ワンピース)だったと思います。

    以前は月と季節が今ほど異なっていませんでしたが、「○月だから」というよりも「今日は暑いから、寒いから」と着る物を選んでいたと思います。

    俳句には季語があって、「○月」の範囲が指定されていますが、着る物は天候や自分の感覚に応じて選ぶべきであり「○月」で選ぶ物ではないと思います。

    「衣替え」という行事も、(移行期間はあるにせよ)6月1日・10月1日と決まっていましたが、温暖化によりだんだん変化しています。

    極端なことを言えば、南半球のオーストラリアなどに行って着物を着るときは、冬の8月に浴衣を着て、夏の2月に冬物を着るわけではありません。

    「月外れ」なら「月」で判断すべきでしょうが、「季節」に合っているかどうかを判断するから「季節外れ」と称するのだと思います。

    沖縄や奄美大島の人々も昔は着物(の一種)を着ていたわけで、やはり天候に応じて着る物を使い分けていたと思います。

    冠婚葬祭などの祭礼用は特別として、普段着る着物や服については天候に合わせて着るべきだと思います。

    ユーザーID:3774696834

  • 普段着なら問題なし

    普段着の着物なら6月、9月に着て全く問題なし!
    自分は今年は5月の末に絽を着ました、だって気温30度越えだったから!
    着物に着慣れている人ほど「気候に合わせて着ればそれで良い」と言う傾向がありますね。
    ただ、柄や色合わせは少し気にした方が良いかもしれません。
    6月なら夏に向けた色柄、9月なら秋に向けた色柄、という風に。

    衣替えを気にすべきはフォーマルシーンかなと思います。

    普段着なら好きに着て良いのです。

    ユーザーID:4991901556

  • 元々浴衣は6月から

    浴衣は元から6月OKですよ。
    浴衣を着始めるとされるお祭りは各地に
    姫路の浴衣祭り、広島とうかさん、大阪の愛染祭り(宵宮)
    とありますが、全て6月です。
    この直前になれば堂々と浴衣OKです。

    また、福岡では新しい浴衣をおろす日と言われる
    法生会は9月です。
    こんな風に昔から、気候や風土に合わせているのです。

    現代の日本で悩むなら5月の夏日になった時の浴衣では?

    ユーザーID:2873629187

  • ありがとうございました(トピ主)

    トピ主です。三人の方々、レスをありがとうございます。
    まとめてで恐縮ですが、お礼を申し上げます。

    「浴衣は元から6月OK」
    …知りませんでした。これで堂々と6月から着られます。ありがとうございます。

    「南半球のオーストラリアなどに行って着物を着るときは、冬の8月に浴衣を着て、夏の2月に冬物を着るわけではない」
    …なるほどー。そうですね。この説明、どこかで使わせていただきそう。

    「柄や色合わせは少し気にした方が良いかもしれません。
    6月なら夏に向けた色柄、9月なら秋に向けた色柄、という風に」
    …そうですよね。もう8月も下旬だから、初秋思わせる秋草柄などでしょうか。

    引き続き、涼しく見せるコーディネート、涼しく着る工夫など、教えていただければ幸いです。

    ユーザーID:5347134196

  • 東京は5月から浴衣解禁説有り

    東京在住です。

    日本は東西南北に長いので、他の方々のレスの通り、冠婚葬祭やドレスコードが無い場なら、
    体感温度や気候で決めて良いかと思います。

    ちなみに東京では5月には神田祭や三社祭があり浴衣解禁といわれていますし、
    GWあたりには綿コーマや綿紬の浴衣姿を見かけますので、ごく普通かと思います。
    住宅街でも公民館を出入りしている踊り?民謡?のご高齢の人たちも紺白の浴衣姿です。

    私は断然着物は麻です。
    涼しいから。
    ネット通販で買った激安のシルクの肌着とフレアパンツを肌襦袢裾除け代わりにしたりしています。
    例えば、紺の麻に黒の肌着とフレアパンツなら、透けないので残暑の秋まで気にしません。
    古い麻の襦袢をダイロンプレミアムで極濃色に染めて透けにくくして着たりもしています。

    ユーザーID:6279471502

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧